公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第17話 感想 共同戦線 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 2時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
敵は鏡、敵は友! ユッキーとドージの共同戦線! サラの影、次はタイガーと水着回!!

00262
00208
00234
変えようとして大失敗、でも変えるべきは変える、どれを選ぶか全ては自分で決める事
 ユッキーも、“自分”と戦い、量産機と射撃戦が好きな自分は変えず
 リクに並ぶべく新たな一歩へ!

 迷走したら立ち止まり、自分の持ち味を考える! ドージさんかっこいいぞ!!

バグで“戦闘超人機ノウムギャザー”爆誕!
 でも一蹴! 自分自身との戦い、が今回の主眼だったから活躍期間が短すぎた!!
 下部に大穴があった事から、「ガンダム消しゴム」だったらしい
 エンピツ刺す穴が弱点なワケね!

 0ガンダムで王貞治! 中の人で星飛雄馬! 実に美味しいボケだった!!

いわゆるガン消し。ミョーに固定造形っぽかったのはそれでか!

1000064413_1
 バンダイ「復刻!ガシャポン戦士シリーズSDガンダムワールド2」より。

「ガシャポン戦士」シリーズ
 1990年代、いわゆる「ガシャガシャ」で買え、SD好き少年少女が愛したフィギュア
 カプセルトイの一種で、キン肉マン消しゴム「キン消し」等と共に
 手軽さも手伝って愛されました

 エンピツに刺せるよう(材料節約の為に?)、裏に穴があったのが特徴

ガンダムビルドダイバーズ 第17話 感想

00360
 冒頭
 Aパート
 今週のコーラサワー(刹那コスチューム)
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記
 制作スタッフ
 これまでの感想

貰える報酬は己の成長と名誉のみ、知る人ぞ知るミッション! いいね燃えるね!!

00347
 ジェガンにガンダムⅩ2個やZZ、ストフリにセラフィムにジェスタキャノン!

あらすじ
 フォースネストが完成、設計に奮闘したユッキーはコーイチたちに賞賛されるが
 彼自身、リクに置いていかれている危機感があり
 マギーに頼んで特訓ミッションに参加

 同じく、兄に追いつきたくて焦るドージ、ついでにサラと3人で挑む

 ユッキーとドージは、無意味にも思えばミッションに困惑するが
 やがて己の長所を磨く大切さを学ぶ

 しかしサラは我知らずバグを起こし、運営に警戒を抱かせて…?

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」

モモ『すごい! これが新しいフォースネスト!?』

00000
 前々回、リク達は初の本格SD戦に苦戦するも、辛くも下し勝利を手にする
 フォースネストとなる島、フォース同盟「アライアンス」を得て
 順風満帆にGBNの日々は続く

 しかし前回は特番だった! “実際の世界チャンプ”たちのガンプラが登場した。

ユッキー『ボクとリッくんが設計したんだ♪』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
00011
00012
 ユッキー、カタパルトの方は?/もちろん!

ズゴックは泳いでないんですか?
 購入した島に付いていた簡易ネストを、OPに出ている“船型”フォースネストに大改築!
 リビング、展望デッキに、海中展望室!
 更に

 何これ?! すっごーい!

 滝の裏から発進するカタパルト付き!
 でも惜しい!

 いつもの発進と同じより、発進シークエンスにこだわって欲しかったな!!

コーイチ『まさか、こんな立派なフォースネストが手に入るなんてね』

00015
 アヤメさんは、これも皆のがんばりだと言い、コーイチさんも感嘆する
 でも忘れちゃいけません、ユッキーは「コーイチさんのおかげ」
 ロータスチャレンジの勝因はあなたでした
 と賞賛

 シャトルをフルスクラッチ(手作り)、一体どんだけ切ったり貼ったりしたんでしょうね

コーイチ『操縦はかなり、モモちゃん頼りだったけどね?』

00016
00017
00018
 ユッキー君だって、一杯活躍したろ?(コーイチ)

ハイヤー・ザン・スカイ
 ロータスチャレンジでは、モモの度胸ある操縦が、前回はアヤメさんとモモの活躍が
 自分より、今があるのは皆とリクのおかげだ
 と、ユッキーが言う

 ううん、それよりも…、リッくんがすごかった…。本当に強くなった

 自分より凄いのはリク
 リクはスカイ制作時、高く空を飛ぶイメージを機体に込めました

 でもそれが、ユッキーを考え込ませていく事に。

ユッキー『ボクは…、どうだろう。……もっとやれたんじゃ』

00019
 高く飛ぶリクに、まさしく“手が届かなくなった”と感じて苦しむユッキー
 思えば、ロータスチャレンジで彼が大活躍した事も
 ここに繋がっている気がします

 そうじゃない、ユッキーは頑張ってる。視聴者としてそう強く感じますから

ユッキー『ボクも…、強くなりたい!』

00020
00022
00023
00025
 何? ユキオ君? ガンプラ新しくしたいの?

ガンダムベースにて
 悩むユッキーは新作を模索、ナナミさんに声をかけられますが、話をそらしてしまいます
 ネストが出来たので、遊びに来ませんか?
 で

 綺麗なワンピース着て、頭にお花とかつけてみたり~♪

 いや、それがどうして“こうなる”の!?
 次回でいよいよ?

 余談ですが、前回の特番見た今は、「ガンダムベースの再現度すげえ」って思う!

『リッ君みたいに強くなりたい?』

00026
 困ったユッキーが相談したのは、久々に“相談”をしたのはマギーさんでした
 前回言ってたように、シーズンイベントのレイドバトル 
 即ち、“大規模戦”も近付いているから
 強くなりたい

 余談ですがモブにガンダムSEED,Z、00系の「どっかで見た」姿が多いですね!

マギー『…もー! ユッキーったら本当に可愛いぼっちゃんなんだからー!』

00027
00028
00029
00030
00031
00032
00033
00034
 ミラーって鏡のこと? どうしてそんな名前が…?

刹那じゃなくてコーラやんか!
 Gガンダム・パロ率の高いミッションリストはともかく、お勧めは“ミラー・ミッション”
 前回の予告を含め、SDナイト系の古株ファンはピンと来る!
 が

 どうしてそんな名前が?/ひ・み・トゥ♪

 とはいえ、ガンダム的にミラーといえばコロニー・ミラー?
 ミラー・リポート?

 ユッキーは情報不足、おちゃめなマギーさん、詳細は教えてくれない!

マギーさん『…そうね、ちょっとだけ教えてあげるわ』

00035
 待ち受けるのは様々な試練、一度も出会った事がない困難が待っている!
 と、散々に煽って行くマギーさん
 盛り上げ上手!

 しかも、クリアしても“卒業バッジ”が貰えるのみ!

マギー『人気はイマイチなんだけど~、ここだけの話』

00037
00038
00039
00040
00041
 タイガちゃんやシャフリちゃん、チャンピオンだって、このミッションに助けて貰ったのよ?

Z・刻をこえて
 実益がなく、人気もないが、実は名うての強豪たちが皆お世話になったというもの
 ネトゲ的に、これほど燃えるポイントがあるでしょうか!
 いや、ある!

 というワケで、“GBN~四季を超えて~”に挑むユッキー

 タイトルはZガンダム主題歌のパロディ
 Z・刻をこえて

 Crying 今は見えなくとも. Searching 道しるべは浮かぶ、なのです…!

『『ミラーミッションに、エントリーします!』』

00045
 エントリィィィ! しようとしたユッキーですが、なんとcv松岡禎丞さんが!
 こうして、久々の「ドージ」と鉢合わせたユッキーは
 どちらが挑むか押し問答に

 というのもコレ、一ヶ月に一度しかチャレンジできないらしい。

『……お腹が弱い人?』

00047
00049
00050
00051
00052
 3名のエントリーを受注しました。一度リタイアしてしまうと、一ヶ月間再受注が出来なくなります

快適なミッションを!
 話しても分かり合えない! 問答無用! 押し問答していた二人でしたが
 いつものように、この辺をうろついてたサラが登場
 モルが勝手に受注してしまう

 すると受付は3人で挑戦ですね? と、送り込まれてしまうのでした…

 敗因:サラちゃんへの注意不足
 ダメだなあユッキー、あの辺、サラちゃんの出現ポイントじゃあないですか

 ペットも付いて、ますます攻撃的に自由になりましたね!

『フェイズ1からフェイズ4、4つのチャレンジをクリアして、最後にファイナルフェイズ…』

00053
 ミラーミッションは5段階、ただし、内容は入ってみないと分からない
 特に、慎重派なユッキーには少し怖いですが…
 絶対にクリアする!
 と

 強くなりたい! いいねえ、ユッキーは男の子!!

サラ『強く? ユッキーは今でも強いよ?』

00057
00058
00059
 あっ…、でもサラちゃんは…/いく!

お主はもう十分に強い
 強くなりたい! そんなユッキーを不思議がるサラ。その想いは多分チーム共通です
 チームメイトで、足手まといと思ってる人はいないはず
 が

 モルちゃんも行きたいって♪/わかった! わかったからー!

 彼らを置いていきたいドージ
 しかし、同時受注してしまった立場上そうもいかずにふくれっ面するばかり

 後から思うと、特にドージ、“後ろめたい”思いがあったようで。

そんな3人を見守る結晶鳳凰

00060
 前回は、謎のスパークを見守っていた結晶鳳凰
 新OPでも、運営と重なるように登場するなど
 中身は女性運営ダイバー…?

 しかし見守るばかり。そこにあるばかり つのるばかり。

ユッキー『まず最初のフェイズ1は……』

00061
 劇場版「SDガンダムまつり」、SD戦国伝~天下泰平編~の於雄得山
 かつて、四人の大将軍と殺駆(ザク)一族の頭領らが訪れた地を模し
 NPDモンスターと戦えという

 四季のフィールドの、“春”というワケですね

ドージ『ンなの! ラクショーに暴れてやるっつーの!!』

00062
00063
00064
00065
00066
00067
00068
00069
00070
00071
00073
00076
 この“射程(レンジ)”は僕の間合いだけど…、でも数が多すぎる!?

オオエの山の鬼退治!
 敵はもちろん鬼! 幸いにして出現位置は遠く、ユッキー得意の射程でしたが
 テンパったのか、ミサイルを使いそびれてたかられる事に
 ブルデュエルか君は!

 また、同じくSDガンダム系、ナイト世界“ドラゴンベビー”が出現

 が、こっちはフツーに平和な存在であるらしく
 サラたちとお遊戯に。

 温度差すごい!?

ドージ『そういやお前、いつも遠距離で戦ってたよなー?』

00082
 たかられたユッキーを嘲るドージ、得意レンジで押し負けるなんて情けない!
 それでも男ですか軟弱者!
 と

 曰く自分のスタイルでそんなに苦戦するなんて、プップクプーだぜ!

ドージ『ン? …お前がボスってわけか!

00083
00086
00088
00090
00091
00092
 “囮<デコイ>”!?

桜を越えて
 しかしドージも、これみよがしな罠に引っかかってしまい大苦戦
 一撃な、決して強い敵ではなかったはずなのに
 散々に貰ってしまった

 フェイズクリアするも肩で息をし、早くも満身創痍

 ガンダムビルドファイターズ第1話も連想させるフィールド
 美しい花吹雪

 しかし二人には苦い教訓に。

ドージ『こんな雑魚モンスターに押されるなんて…!』

00093
00094
00095
00096
00097
 リっくんだったら、こんなに苦戦しないはず……

フェイズ1クリア
 勝ちは勝ち、しかし「兄なら」「リクなら」と、比較して苦しむユッキー達に
 サラは心配げな視線を向ける事しか出来ない
 と

 ううん…、まだミッションは始まったばかり!

 後から思えば、サラも「対応したミッション」として戦っている扱いらしく
 ドラゴンベビーは“彼女の敵”だったらしい

 あっち向いてホイと、○×ゲームしかしてないやん!

ユッキー『フェイズ2のエリアに到着したはずなんだけど…?』

00101
 次のエリアは、人間サイズの「0ガンダム」。0と書いてオーと読むきん!!
 この場合、往年の名バッター王貞治氏にかけた
 王ガンダムなのか!
 ハハッ!

 更に、中の人が同じcv古谷徹、“星飛雄馬”というトリプルネタなんだな!

ユッキー『てかなんで千本ノックー!?

00104
00106
00109
00114
00116
00117
00118
00119
 GBNで、何ビビってんだ!(ドージ)

重いコンダラァ!
 唐突に始まった千本ノック! 戸惑うユッキー、即応するドージ!!
 君、野球の捕手が似合いすぎてない!?
 球児なの!?

 弾幕薄いよ何やってんのー!(ドージ)

 これ言いたいだけやろって言う!
 完全にドージに助けられ、ユッキーもGBNならではの身体能力を発揮!!

 なおサラは、ボールを洗うだけで良かった模様。

ユッキー『フェイズ3の試練は……』

00123
 世界の知恵の輪大集合! さっきよりはガンプラに近い気がする!!
 しかしドージは、見ての通り頭を使うのが苦手で
 今回は大苦戦!

 まあ、ドージさんったらいけない人!

ユッキー『力任せに引っ張って、外れるわけないだろー?』

00125
00127
00129
 うるせえ!

ウ~ン、近代オモチャにゃかなわん…
 コツはまさかの方向にひねってみること! さすがユッキーは見た目通りの賢さ!
 きっと、ルービックキューブなんかも得意に違いない!
 彼の見せ場だった!

 なおサラは、知恵の輪でデコってあげてたら通過できたらしい

 温度差すごいな!

ユッキー『フェイズ4は……、アスレチック!?

00130
 春は鬼退治、夏は千本ノック、秋のチエノ輪マンをくぐり抜けた3人を待っていたのは
 4番目、冬エリアのアスレチックでした
 ガンプラ関係ねえ!
 関係ねえ!

 さすがに、そろそろ「もしかしてミッション間違えたんじゃ?」と疑問に思うも…

ドージ『気をつけろよ? 滑って落ちたら、氷の池だぜ!』

00132
00134
00135
00137
00138
00139
00140
00142
00144
00147
00148
00150
00151
00152
00155
00157
 助けて! 僕泳げないんだ!/俺もー!?

結晶鳳凰「楽しそうだなあ…」
 知力体力時の運、さながら結晶鳳凰が求める“心、技、体”が如きミッションは続き
 二人は、そうあのドージ君も!
 サラを庇い落下

 幸い池は浅く、バカバカしい、とばかりに気持ちよく笑いあう事に

 第1話、2話と悪辣だったドージ君
 しかし兄に追いつきたい、一刻も早くポイントを貯めたいと精一杯だったんでしょうか

 一皮むけば彼もまた、気の良い少年だったのでした、と。

ドージ『リクみたいになりたくて…?』

00159
 タイガー編では、「ダイバーは超人」として描かれたワケですが
 本ミッションは、少女ひとり持ち上げるのに苦戦するなど
 常人同様に描かれる事に

※外伝では、「空腹を感じるエリアもある」など、GBN内で分かれているとも明言。

ユッキー『キミはどうして? …あ、…言いたくないんだったら…』

00160

■ドージ
 俺の兄ちゃんも、前にこのミッションにトライした事があるんだ
 兄ちゃん、今も新しいガンプラ作っててさ
 もっと強くなる為に

 もっともっと、“旨いバトル”を喰らう為に

 ふふ、兄ちゃんは、バトル美食家<グルメ>だから


00165

 いつの日か、究極のバトルを味わう為にって…
 いつも自分と、ガンプラを鍛えてる
 今のままでも十分強いのに

 まだまだ、もっともっとどんどん強くなって……

 そして俺は置いてけぼりになる。


00175

 俺、兄ちゃんに憧れてガンプラバトル始めたんだ
 兄ちゃんの大きくてデッカい背中を追いかけて、少しでも近づきたくて
 バトルの腕も磨いて

 でも、そんなの関係なく、兄ちゃんは遠くまで進んでいく


00177

 あげく、“ブレイクデカール<あんなもの>”にまで俺、手え出しちゃって…

 だから俺は、少しでも離されない様に
 少しでも近付く為に

 もっと強くなりたいんだ…。


00178
00182
 そっか…、解るよ。その気持ち。…僕は逆なんだ(ユッキー)

あの背中を追いかけて
 二人の思いは一つ、先を行く兄の、いつの間にか追い越していったリクの背中に
 傍らの背中に、置いていかれないように強くなりたいんだ
 と

 だから、僕も置いていかれないように強くならなくっちゃ。って

 そもそもリクはガンプラを知りませんでした
 ユキオがたまたまチケットを余らせ、彼をガンダムベースに誘ったのが全ての始まり

 しかし歩く歩幅が違う以上、今や、“追いつく”ことさえもが難しい。

サラ『応援してるよ? …応援してる、ちゃんと届いてるっ!』

00183

 応援してるよ?

 応援してる
 ちゃんと届いてるっ

 ユッキー気持ち、ドージの気持ち、二人のガンプラが大好きって気持ち、皆に!


00184
00185
00186
00187
00190
00194
00196
 あ…、あのさ! 俺、お前立ちにその…、BDとか、悪いことしたなって…、ずっと…

焼き土下座!
 例によって、「何の役に立つの!?」と困惑していたミッションからの共感と励まし
 改めて、3人は互いに自己紹介しあい
 実りある旅路に

 あ、謝りたくて…、…ん、なんでもねえ!

 そして素直になれないドージ
 保護者、もといフォースの面々が見てたら、さぞニヤニヤしたに違いない 

 実際、ドージめっちゃ応援されてるものねえ

ドージ『そ、そうだ!

00202
 話を変えよう! ドージは、ユッキーの「サポートする」戦いにヒントを感じ
 彼を真似て、兄をサポートする戦い方をしたいと提案
 ユッキーもリクを真似て近接戦に!

 リクのようになりたいなら、“リクと同じプレイスタイル”に変えるんだ!

『俺は遠距離から兄ちゃんを守る!』『僕はリク君みたいな戦い方!』

00203
00204
 そしてモルちゃんのこの表情である

迷走人生
 BDに手を染めたように、いまいち、兄の考え方が解っていないドージ
 多分、実際にやったら「邪魔すんな!」と怒って
 えらい事になる気が

 同じくユッキーも、リクのようになりたいからリクの戦法という安易さ

 古人曰く、下手な考え休むに似たりってな!

『よし、ファイナルフェイズはこのミッションで学んだことを生かして戦うガンプラバトルだ!』

00205
 こうして答えが出た二人に、立ちはだかったのは黒い改造ガンプラ!
 ジムⅢ、赤いカメラアイがお似合いですね!
 かっこいいじゃん!

 かくて二人は、“新しいバトルスタイル”の見せ場だ!! と突撃! 

『兄ちゃんの役に立つ為に!』『僕だって、リッくんみたいに!』

00208
00210
00211
00212
00213
00214
00215
00216
00217
00219
00222
00224
 ダメだよ! まずは身を隠せる所に位置取りして!!

止まるんじゃねえぞ
 かくて始まった新スタイル戦! しかし、武器を借りたドージは戦法を理解せず
 ユッキーもまた、白兵戦のノウハウが足りなかった
 と

 止まるな! 狙い撃ちにされるぞッ!!(ドージ)

 隠れる事と止まる事
 いつもと逆!

 哀しいかな、絵に描いたような付け焼刃に!

ドージ『何やってんだよ! 動きを止めちゃいけないって!!』

00225
 ドージ自慢の煌・ギラーガはたいしたもので、中距離レンジに優れる上
 元々、Xラウンダー(超感覚持ちパイロット)用だけに
 敏捷性にも優れておる!
 やりおるわ!

 対しジムⅢビームマスター、ミサイルだの何だの、装備が重いったら!

サラ『あっ……、あ…?』

00229
00230
00231
00234
00237
00238
00239
00244
 そっちこそ! 自分の位置を知られないようにするのは支援攻撃の基礎じゃないか!

サラ・シャドウ
 サラに課された試練もまた、“彼女自身”。彼女はガンプラに乗っていないから?
 それとも、ジムⅢなど同様に「戦闘用データ」と判定され
 複製されたのか

 他方ドージは、敵味方の位置を把握しつつ、身を隠す事を求められ苦戦

 普段は、敵を見つけてガンガン押していくだけに
 急に言われても解らない!

 そもそもユッキーも日頃、あまり身を隠してない気もするけど!

ドージ『変な感じだ…、何だか自分と戦ってるみたいな!』

00246
00247
00248
00249
 ここはデータ世界、二人の戦闘データから作られた複製だったのです!

マン・イン・ザ・アルキメデス・ミラー
 ミッション名ミラーとはまさにそれ、鏡合わせの、自分自身と戦うミッション!
 マギー曰く、“出会った事も無い困難”とは
 己との戦い!

 て事は俺達は、捨てたはずの自分自身に苦戦してるって事か!

 ただ今回は少し変則的
 戦法を変えた二人は、「従来戦法が、いかに合ってるか」を再確認する事に

 己を越えるのでなく、己がいかに強いかの再確認!

サラ・シャドウ『…あなたは、だれ?』

00251
 また、バーサルシャドウ、もとい「鏡」と向き合わされたサラですが
 再現されたサラは、自分が何か理解できなかったらしく
 サラ自身に答えを求めます

 GBNに“記録されたデータ”では、サラを再現できなかったのでしょうか

ユッキー『仕様!?(そういうルールなの?という意味)』

00254
00256
00259
00260
00262
00265
00270
00275
00279
00280
00283
00286
 射撃の精度が上がってる…?(ユッキー)

思考と反射の融合だ!
 サラが触れ合った時、シャドウはバグを引き起こし、ジムⅢとギラーガを超融合!
 SDガンダムまつり“戦闘超人機ノウムギャザー”を誕生!
 が

 動体視力と、反射速度が上がってるんだ!

 第1フェイズでは、多数の鬼を捌き切れなかったユッキーの進化!!
 しかし第2フェイズの特訓が活きた!

 さすがレア任務、貰える経験値が多かった!(?)

ドージ『触手は任せたぜユッキー!

00289
 ユッキーに触手を任せて飛んだドージ! 支援と前衛の融合だ!!
 しかし、あからさまな「弱点」を狙おうとしたドージ
 ふと第1フェイズを思い出す

 第2フェイズでも、ユッキーが「よく見て、隠された仕掛けを読み解く」大切さを説いた

ドージ『絶対ェ、あの目玉が急所に…! ハッ!

00290
00295
00296
00298
00299
00301
00302
00303
00307
00309
00312
 じゃあ、本物の急所は…? お尻の穴かよ!

いわゆる「ガン消し」
 読み解けば簡単だった、どうやら巨大な「ガンダム消しゴム」だったらしい
 道理で、こいつ殆ど動かなかったワケだ!
 と

 ようやく見つけたぜ!/うん! これが僕たちの!!

 ガン消しは、エンピツを差すための穴が下部に空いていますが
 どうやらそこが弱点だった

 破壊すると正常化し、ご丁寧に、一旦戻ってから爆散! ミッションクリア!!

『『戦い方だ!』』

00314
 彼らは自分自身と、鏡と戦う事で、「己を越える」のではなかった。
 自分が、いかに自分に合った戦いをしているか
 己の長所を知る事に

 だから今度こそ胸を張って、“これが俺達の戦い方だ”と言える!

ユッキー『鏡に映った自分を見て、気付く事もあるんだね?』

00315
00319
00320
00321
 ああ、俺達は俺達の信じる戦い方を貫けばいいんだ!

そして時は動き出す?
 また、“サラの鏡”に、彼女へ本格的に確信を持ったのか、結晶鳳凰が飛来
 しかし鳳凰、何も(名古屋弁で)喋ることなく
 姿を消してしまう

 まさかのノーコメント! 意味深に出てきてノーコメント!!

 何か喋って下さいよ名古屋弁で!!

おかえりー! ……って、え?』

00324
 ユッキー達が戻るのを待っていたリク達、一同揃っておでむかえですが
 予想外の顔、ドージがいた事にリクが目を丸くする一方
 モモちゃんは誰か解ってる?
 厳しいですね!

 アヤメさんは、「ブレイクデカール購入者」として、顔を覚えていたんでしょうか

ごめん!』『え?』

00327
00328
00333

 ごめん!
 今まで悪かった!
 騙してバトルさせたり、ブレイクデカールなんて卑怯なモン使って勝とうとしたり…

 でも、もう二度と恥ずかしいバトルはやらないって約束する!

 だから…
 本当に…

 ごめんなさい。


00336

 でもな!
 いくらお前が強くなったって、俺の兄ちゃんの方がずっとずっと強いんだからな!
 それは忘れんなよ?

 リク「……ああ、俺も負けない!」

 変えなくて良いものもある
 でも、「変えたほうがいいもの」は、変えたほうがいいんだ!

 今日はサンキュ、またな!


00337
00341
00342
 ブレイクデカールで残っていた「しこり」も、一緒に解消された。

アヤメ&コーイチさんもニッコリ
 今回、ドージとユッキーは「変えなくていい」と、長所を伸ばす大切さを知りました
 同時に、素直に謝れずに胸に残っていた痛みから
 今、解放されたんですね

 全てはケースバイケース、自分で考える事がきっと大切

 絶対の答えなんてそうはない
 ドージもツカサも、「悪」と割り切れるものじゃなかったみたいに、色んな面がある

 ユッキーも、“変えるべき、変えないところ”にもう一歩!

『ユキオ君、ガンプラ新しくするんだ?』

00343

 はい!
 リク君みたいに強くなる為に

 自分のバトルスタイルが、もっと伸ばせるガンプラを作ろうと思って!!


00345
00346
00347
00348
 選んだ機体は、RGM-86R ジムⅢの後継機、RGM-89 ジェガンだ!

僕らの勲章
 ユッキーは己のスタイルを変えず、もっと伸ばすべく想像力を膨らませる一方
 彼自身、量産機ジムⅢを愛していた事を受け継ぎ
 後継量産機ジェガンへ!

 だが射撃が得意”な面は、大胆に伸ばす! それが答え!!

 予告のように、けっこう派手好きな面があるユッキー
 ガンダムⅩ2個からパーツ取り

 ツインじゃなく2門! Xは大出力ビームサーベルが付いてるしね!!

『何? 今度はミラーミッションのサーバーで?』

00350
00351
00352
 累積する発生数は無視できない。くれぐれも警戒は怠らないよう

累積するバグ
 事後、まるで悪役のように険しい顔をしたGM、“ガンダイバー”の下にバグが報告
 影響は殆どなく、システムへの被害もないなど
 部下は軽く見ている様子

 しかしモニタや台詞からして、同様のバグが無視できない数らしい

 ゲームマスターが、サラにたどり着く日も遠くない
 また、やけに悪い顔なのは…?

 おそらく、キョウヤがGM側に付き、リクと決戦を繰り広げる事となるのか…?

予告リク『ドージもユッキーも、強くなる為にミッションをクリアした…!』

00360

 リク「ドージもユッキーも、強くなる為にミッションをクリアした…!
 リク「俺も負けてられない!

 タイガー「お前は成長したぜ? リク! とてつもなくな?

 リク「タイガーさん!
 タイガー「俺が一人の男と認めるまでに強くなった…!
 リク「ありがとうございます!

 タイガー「だからよリク、俺と闘え

 リク「え?
 タイガー「本当に本気のガチバトルだ!
 リク「次回、「男の意地」

 タイガー「一切手加減しねえ! お前もそのつもりでこい!!


00358
00359
00363
 次回は水着回! そしてリクを心配する? コーイチさんと泰然自若のマギーさん!

次回、男の意地!
 次回、マギーのラヴファントムに惨敗したタイガーさんはどういう場面か?
 その1、最近どうもムシャクシャして本気が出なかった
 その2、ガチ負け
 
 その3、実は回想シーン、かつてタイガーはマギーに惨敗していた?

 マギーさん、初心者に尽くしたり、遊んで回ったりしていますが
 過去はガチガチな勝利至上主義だった…

 なーんて、ありそうかも?

次回、リクvsタイガー! 先日「戦いたくて待っていた」はマジだった!!

00366
 強さを究めようとするタイガー、リクが強くなった今、ガチりたいのは当然!

タイガーが見せる意地とは…?
 作画が大変そうなデザインの上、近接白兵戦を極めているという設定上
 本来、めちゃくちゃ作画が大変そうなヒトの担当回!
 遂に白兵戦しまくるのか?

 また彼担当の逸話、「必殺技」もいよいよ言及されるのか?

 トランザム+光の翼も強力ですが
 予約受付中のプラモ、タイガーさんの必殺技モーションが重なって感じます

 次回で必殺技発動、って流れになるんじゃないでしょうか

次回、サクッと倒される? 初代ガンダム登場!

00355
00001
00002
 下は初代ガンダムのオープニング、完全に一致という奴だ!

赤いガンダム
 また配色からいえば、Zガンダムに登場した連邦軍仕様のジムⅡでしょうか
 更に言うと、「ジムⅡを基に作ったガンダム」なのかもしれません
 形が似てるので改造にピッタリなんです

 昔はガンプラが日進月歩で、そこを活かした改造もありました

 当時キットのジムⅡは、似てる上にポリキャップを使った「新しい設計」
 ガンダムの素体に持ってこいだったのです

 何よりプラモ狂四郎も、“ジムⅡ”をベースに改造し、ガンダムを作っています

これはジムⅡのキットをベースに補修したベストガンダムだ!』

00000
00053
 プラモ狂四郎最終章、ホビートピア編では、「黒い三連星」と戦った

ベストガンダム!
 腰が四方に開く、それだけで革命的なキットだったんですよ昔はァ!!
 対し、1/144の300円キット版ガンダムは最初期の設計で
 形はともかく全てが古かった

 そこで後年のキットをベースに、自分なりに作るのも楽しみだったのです

 今では、初代ガンダムに「飽きた…」と言われますが
 何となくこれが下敷にある気がします

 ビルドシリーズは、何かと狂四郎を感じさせるネタがありますし。

感想追記

 ユッキー、“ジェガン”改造に着手!
 結晶鳳凰は、敵ではないのか?
 謎の新人声優が操った「オー・ガンダム」
 己の影と戦う「ミラー・ミッション」  

ユッキー、待望の“サテライト・ジェガン”開発に着手!

00309
00310
00348
00347
155_2823_o_1chhm932jbvruku1iql61260i2d
 こんな超かっけージェガンを作っちゃうとか、ユッキーは才能の塊ですよ!

ユッキー専用ジェガン(正式名称などはこちら/発表時のパーツ考察はこちら
 改造にあたっては、敢えて、ダブルエックスのツインサテライトキャノンではなく
 ガンダムⅩの、前期主役機「ガンダムⅩ」のサテライトキャノンを2門使い
 Ⅹ特有の直結型ビーム・サーベルを継承

 素材はZZガンダム、セラフィム、ジェスタキャノン、ストライクフリーダム

 宇宙世紀量産機をベースに、Ⅹ・00・SEEDと世界観を越えて集約し
 わがままボディな大火力機に!

 リクが、世界観を問わずガンダムを組み合わせたのと同じなのね

自分の影、自分自身と戦わされるミッションで、サラも出会う

00320
 サラもデータ(?)、メインプログラムに関与する存在だ、と前振りするミッションに

シャドウサラ可愛い!
 サラを追う謎の女性、探していたなら、連れ戻すのが目的かと思われましたが
 既に、様々な方面から怪しいと解っているはずなのに
 監視に務め「顔」も見せたこと

 結晶鳳凰は、彼女が今、幸せかどうかを見極めたのでしょうか?

 元々、リクとサラがマスダイバーと疑っていたゲームマスターは
 本格的に疑ってきそう

 対し、鳳凰も運営と思われますが、敵ではないということなのでしょうか。

オー・ガンダムならぬ「王ガンダム」? 思い込んだら試練の道を!!

00101
00098
 00(ダブルオー)のように、0(オー)と読む。1と書く「アイガンダム」も存在する

0ガンダム
 ガンダム00世界における最初のガンダムで、マイスター(パイロット)はリボンズ。
 主人公・刹那が、幼い日に本機を目撃してしまった事件が
 彼と、リボンズの運命を分けた

 オーで、元巨人軍バッター・王貞治(おう さだはる)氏をパロっている

 氏の「一本足打法」を模し
 また、リボンズ役を演じた謎の声優・蒼月昇氏は、アムロ役の古谷徹氏だった

 古谷徹氏が、同じ巨人軍の「星飛雄馬」を演じた事もパロっている

ミラーミッションってどういう意味? ユッキーが困惑した“鏡”のミッション

item_0000010179_01
 SDガンダム外伝 ジークジオン編「光の騎士」編に登場。

アルガスシャドウ・騎士ゼータシャドウ
 全般にSD色が高い回で、特にラストは、まさかのガン消しだったらしい等々
 今回、「鏡」と戦う事でユッキーとドージは己を見つめなおし
 成長する事が出来ました

 また「鏡」で、己の影と戦うSDと言えば、ジークジオン編に登場

 鏡の間(銀の間)と呼ばれる場所で、主人公バーサルナイトらは
 己の陰と戦わされる一幕がありました

 同・巨人編のドラゴンベビーも出てますし、たぶん意図的だった気がします

自分のコピーと戦う”展開もまた、プラモ狂四郎でも登場

00001
 文庫版6巻、友の裏切りに落ち込んでいた四郎は、「自分自身」と戦う事に

サイボット狂四郎
 四郎を再現したロボットにプラモを作らせ、シミュレータで競わせるという展開で
 代名詞パーフェクトガンダムと、ロボットの作った同型機
 同性能、同じ癖で戦うというものでした

 本GBDでは、そこで長所を見つめ直す、というのが面白かったですね!

 逆のプレイスタイルを、機体そのまま、付け焼刃でやろうとしたり
 ユッキーとドージの迷走感もすごかった!

 二人がラスト、バッジを握ったガッツポーズで伝え合った姿に友情を感じました 

2018年7月31日 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」

00144
オリジナルアニメ「コメットルシファー」の野村祐一氏が脚本。軍隊は怖いぞ! 

スタッフ
 脚本:野村祐一
 絵コンテ:西澤 晋
 演出:池野昭二
 キャラクター作画監督:斎藤 香、尾崎正幸、山崎克之、中島 渚
 メカ作画監督:高瀬健一
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 ビルドダイバーズの新たなフォースネストを存分に満喫するメンバー達。有名フォースにも引けを取らない充実したこの環境は、ダイバーとして大きくレベルアップしたリクのおかげだと称えるユッキー。しかし彼の胸中には、同時に芽生える想いもあった。

次回、リクvsタイガー!? ベテラン勢に再びの見せ場シリーズ・スタート?

00118
00119
 ドージが弾幕叫んでるの見ると、「この子もガンダム好きなんだなあ」と温かい気持ちに

「強豪」連戦シリーズ突入…?
 今回が子供の迷いなら、次回は大人の迷いになりそうな展開を見せるBD
 タイガーの次は、シャフリや新生オーガも待ったなしでしょうし
 以降は「強豪との対決」シリーズ?

 だとすれば、シャフリさんvsユッキーとかめちゃくちゃ火力対決しそう!!

 変えるべきは変える!
 胸にモヤってた、リク達への申し訳ない想いを謝ったドージ

 またリクへの敵対心は、あくまで、“兄”前提なんだなあと改めて思いました

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」

ガンダムビルドダイバーズ 第17話 感想

 冒頭
 Aパート
 今週のコーラサワー(刹那コスチューム)
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」