公式サイト ヤマノススメ サードシーズン 3期 第4話 感想 クラスメイトと遊ぼう!レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前回はこちら
あおい、クラスメートと初めての放課後カラオケ? 彼女が選んだ曲も良かった!!

00297
00284
00281
放送事故ったかと思えた夏色プレゼントから、盛り上がっていくのが最高だった!
 岳人の歌かと思いきや、第2期前半オープニング曲を使うなんて
 曲のチョイスも嬉しく楽しい

 ていうかまた一人原画回! ふわふわ動く可愛い作画でしたわ!!

むーまくん無双回
 いつもあおいを見ていたという少女、みおちゃんの話の広げ方が(個人的に)圧巻!
 あおいの、とつとつバラバラに広がっていく話を拾い
 楽しそうに盛り上げてた!

 夏色プレゼント、“わお!”が唱和にぴったりで最高でしたね!

ヤマノススメ 3期 第4話 感想

 本編
 挿入歌「夏色プレゼント」歌詞  
 制作スタッフ
 これまでの感想

今週も一人作画! 松本憲生さん作画回で、ふわっふわな動きが楽しい!!

00330
 下書きもいれずバンバン描くという方で、火垂るの墓でも動画班を担当したベテラン!

あらすじ
 二学期が始まり一ヶ月。十月になり、衣替えもあったがあおいは未だにクラスに馴染めない
 だが、今まであおいを気にかけていたみおが話しかけてきてくれ
 彼女たちと放課後一緒に遊ぶことに

 ひなたにみお、かすみ、ゆりと、初めてのカラオケに繰り出したあおい

 人知れずパニックを起こすあおい
 だがひなたの選曲、周りの空気に落ち着きを取り戻し、なんとか成功裏に終わった

 次は何処へ行こうか? あおいの世界は、学校でも広がって行く

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第5話

あおい『二学期が始まって一月が経ち、10月になりました』

00004
 前回、あおいは新品の登山靴を試すべく、飯能アルプスに挑戦
 独りで登った開放感、全能感に酔いしれたあおいだが
 やがて力尽きてしまう

 幸いここなと出会い、熱意を取り戻し、あおいは改めて富士登頂を目指すのだった

『そして…、冬服に衣替えです♪』

00005
00006
00007
00010
00013
 ひなたの成長はさておき、新しい制服でしっかり、勉学と山登りに励むのですっ

ジャーンジャジャーン!
 のっけから可愛い! 何せ一年生、“冬服”への衣替えってだけでちょっとした特別感
 ハイテンションなあおい、それ以上のテンションなひなたですが
 相変らずあしらい方が酷い!

 ひなたは成長…、胸だって! と主張するもアオイ=サンこれをスルー

 さすがあおいちゃん、ブレない!
 冒頭回転!

 本作作画ってば、ホント全力で“動かして”きますね!

おっはよー♪』『……おはよーございます……』

00017
00019
00021
00025
 二学期になって一月経ったけど…、クラス以内にはまだ、ひなた以外友達がいません

僕は友達が少ない
 とまあ今回、サブタイそのままに「友達」と、孤立しがちなあおいの回
 先頃も、縫い物をしてるフリして会話から逃れたり
 バリアーが得意なあおい

 しかし本人は、むしろ周りと接したい、友達になりたい…!

 でも内心、割と手厳しい独白が多い子ですしねえ

『と、いうように。飯能は江戸時代は林業で栄えていたんだ』

00029
00030
00033
 授業中。クラスメイトが既に可愛過ぎますが、そんな舞台は飯能市
 実在する埼玉県の都市で、人口は約8万人
 江戸時代は林業で栄えたそうな

 江戸は“河川”を積極的に利用してましたから、船で物資輸送できたのがポイントなのね

『ひなたちゃんも野球に興味あるの?』『え? 別にないよ?

00039
00042
00048
00051
00052
 どしたのあおい?/あ、いや何でもないよ!

ずーん
 授業中、昨日のバラエティを思い出したあおいは、ひなたと話そうと思ってましたが
 ひなたは、クラスメイトと盛り上がっており
 結果、挙動不審に

 ひなたは全く興味ない野球の話でも関わるとか、積極的なのにね!

 見事に対比になっておられる…
 でも可愛かった!

 ひなたー、と、ふんわり近付いてく姿が可愛かった!

『(友達は増えたけど、クラスの中ではひなただけ…)』

00054
00055
00059
 こうして見ると、「登山始めて良かったね」と真顔で言いたくなります

僕は友達が少なすぎる
 結局、いつものように編み物を始め、「好きで独りでいる」とアピールするあおい
 ひなたが、アクティブにクラスメイトに関わってるのを
 横目でチラチラみるばかり

 ほのかちゃんに回想とはいえ出番が…!

 しかし、小さいですねほのかちゃん。

『(中学の時も居なかったから、別に構わないけど…)』

00061
 居たら居たで、いいかなと独りごちるあおいさん
 ホント、高校でひなたと再会できて良かった
 本当に良かった…

 あおい、「たわいもないおしゃべりも悪くない(やりたい)」と想ってしまうも

雪村さんっ! なに編んでるの? マフラー?』

00063
00064
00067
00069
00070
00075
00080
00093
00097
 この前は手袋編んでたよね? その前はコースター?

縦横無尽
 そんなあおいに話しかけてきたポニーテールの子、ちょくちょく出ている彼女
 実は今までも、ずっとあおいの事を見ており
 バイトへと話を広げます

 上手いと褒め、自分は下手だ、と“それはスゴイ事だよ”と膨らませて

 あおい「が」、編んだ物をバイト先の先輩に贈ったと話したら
 バイトしてると知ってると続けて。

 この子、デキる…!

あおい『あのね? 山に登るのに色々お金かかるから…』

00099
 あおいが、どことなく脱線気味に、つまりながら話を広げてしまうのに
 嫌な顔ひとつせず、「知ってること」で話を膨らませる彼女
 いよいよ登山の話へ

 ひなたと登っていることも、もちろん彼女は知っていて…

『結構アウトドアなんだね? 意外~♪』

00108
00110
00111
00113
00117
 (あおい…、少しは成長したじゃん! これも山登りのおかげだね~)

うんうん 
 気付き、盗み見ながらドヤ顔するひなたさん。あおいの話もどんどん転がります
 そも、いつも学校では編み物ばかりしてる彼女が
 アウトドアしてるのも意外

 どころか思った以上に、あちこち行ってたことに“彼女”は驚いた様子

 てっきり、ちょっと近所に足を伸ばす程度だ
 と思っていたのでしょうか

 ひなたさんも、保護者的視点が実にひなたである

『今日はバイト休みなんだ? じゃあ放課後、遊びに行こうよっ』

00120
00122
 こうして、とんとん拍子に、“欲しかったもの”が転がり込んできたあおい
 性格的に、さすがに二つ返事とはいかなかったものの
 じゃあ行こうか
 と

 ブラボー! おお…ブラボー!!

ひなた『どうしたのさ?』

00124
00128
00130
00133
00136
 あの集団に入れる自信ない…

ケースバイケース
 しかし帰り道、やっぱりひなたと二人なの? と思ったらコレだよ!
 性格上、「ひなたと3人」を想定してたのかもですが
 実際はこう!

 割と、友達付き合いあるあるな気がします。

 ひなたがいてくれて良かった…?

ひなた『フツーに話せばいいんだって?』

00140
 ここで改めて、視聴者向けに名前を紹介していく親切設計
 みお、かすみ、ゆりっぺ。
 と

 とまれ、ひなたには簡単な話ですが…

あおい『その普通が解んないんだって…』

00142
00143
00146
00148
 たしかー、かすみとは同じ中/おーい! 早く早くっ!!

リラックスリラックス♪
 割と大事な台詞をうっかり聞き逃す達人芸、眼鏡さんが実は同じ中学だと。
 しっかり、色々聞き込んでるひなたさんホント強い。
 強い。

 なんでそんな上から目線なのよ~…

 あおいは今すぐ帰りたそう
 ひなたが、ぐいぐい引っ張ってカラオケに行く事に…、と。

あおい『(どうしよう…!)』

00150
00153
00155
00157
00158
 カラオケボックスなんて入ったの、初めて…!?

趣味はキャラオケです
 戦慄するあおい、なにごとかと思ったら、カラオケにさえ緊張する15歳
 箸が転がっても緊張しそうな年頃です
 と

 う…、上手いッ!(あおい)

 いちいち、内心リアクションが面白すぎるあおいさん
 そりゃ周りも誘いたくなりますわ

 アカン、年頃キラキラ空間にあおいさんのライフがデッドゾーン…!

あおい『(う、うまーい!?)』

00162
00163
00164
 何という事でしょう、みんな上手かった! とセカンド戦慄するあおい
 みお、かすみ、ゆりはみんなカラオケが上手く
 気後れしてしまうあおい
 おお…。

 オラなんだかワクワクしてきたぞ!

あおい『(この流れは…、次は私ぃ!?)』

00169
00170
00173
00177
00179
 ほいっ! あおいも何か曲入れなよ~♪

いきなり退路断たれたぁ~!
 心の緊急事態に、トイレ・エスケープを試みたあおいさんでしたが
 知ってか! 知らずか!! ひなたがフォロー
 退路を断たれてしまう事に

 ひなたの性格上、解ってやってる可能性もある聡い子!

 何て冷静で的確なトイレ阻止なんだ!

『(ひなた…、うらむわよ…!)』

00180
 歌い終え、笑顔を見せるゆりちゃんの可愛い事!
 他方、あおいは心の暗黒面
 ひなたさん恨まれてる!

 これが信長ならとっくに本能寺だよ!

『(知ってる曲…、! この歌、歌える!! ………でも)』

00182
00185
00186
00188
00190
00191
00194
00196
00197
00198
 なぁんて事になったらどうしよう…!

崖っぷちでも諦めない(曲名)
 必死に歌える曲を探したあおい、見つけたのは前回でも歌った岳人の歌!!
 しかし、仮にこれを歌ったら「マイナーソングだね」と
 飽きられるのは必至…

 と、心でマイナスに捉え、やる前から諦めてしまうあおい

 心のゆりちゃんがひどい!

ひなた『あ、私わたし~♪

00203
00205
00208
00210
 エーッ!? ひなた、そんなマイナーな歌…!

Eマイナーでギンガナム部隊の花火を上げる!
 しかし、あおいが躊躇ったマイナー曲(失礼!)をひなたが先行してチョイス!
 むーま君、今週仕事し過ぎじゃないですかね!
 ギャラいくら貰ってるの!?

 とまれ、きっと赤っ恥だと覚悟したあおいちゃんですが…。

 そんなワケもなく。

あおい『(あれ…?)』

00216
00219
00221
 いいのかな…、あれこれ考えなくて……

若さって躊躇わない事さ
 周りはみんな楽しそうに聴き、ひなた自身も、楽しそうに歌っていた
 自分の考えすぎだったのかも?
 と

 あっ…、これなら歌えるかも………、えい!

 考えを改めたあおいさん、勇気で選んだ一曲とは!
 何てスリリングな展開なんだ!

 前回、岳人の歌を歌ったの、前振りだったんですねえ

みお『この曲、初めて聴いた~♪』

00226
 ただ、「ひなたが、あおいが知らないうちに歌って聞かせてた」可能性もありました
 盛り上がってたのは、既にみお達も知っていたから
 彼女たちにはマイナーでなかったから。
 みたいな

 しかし、そんな事もなく! 純粋にいい子らだよコレ!!
 
『? これ誰~♪』『いっしょに かけぬけた とき』

00227
00232
00234
00235
00236
00238
00241
00244
00251
00259
00260

■第2期 前半オープニングテーマ「夏色プレゼント」歌詞
 作詞:稲葉エミ、作曲・編曲:Tom-H@ck

 夏色プレゼント
 一緒に駆け抜けた時間(とき)
 最高のプレゼント
 この胸の一番の 宝物だよ “わお!

 ねぇ お互いの 指と指 四角を作ったら
 目の前の景色ぜんぶ切り取って持ってけるかな

 って、だって、二度と来ない今日の日
 空の青 感動の “わお!”
 顔見合わせて笑顔

 そう おそろいのプレゼント
 泣いて笑ったPrecious days
 10年後 100年後
 色あせない思い出
 半分持ってて “わお!”

 黄昏の不思議色 こっそり深呼吸で
 この胸に閉じ込めて ずっとずっと とっとけるかな

 って、なんてピュアな気持ち どうしよう?
 胸のキュン 世界のチューン
 重ねた手と手 フォーチュン

 ねぇ 夏色プレゼント
 嬉しくて楽しくて
 泣きそうなプレゼント
 思い出じゃもったいないね

 カレイドスコープな毎日
 一瞬の奇跡待って
 くるくるメマグルシイ

 ねぇ 夏色プレゼント
 一緒に駆け抜けた時間(とき)
 最高のプレゼント
 ラッピングは七色の風

 なんだってやれるような気がした
 キラキラの季節
 たくさんのプレゼント
 Thanks my friends!
 宝物だよ “わお!”

 わお! わお!! わ? わお!? わお!!!
 わお! わお!! わ? わお!? わお!!!


00266
00268
00281
00284
00287
00291
00295
00297
00299
00304
00307
 なんか…、楽しかった。私…、ちょっとは馴染めてるのかな?

次は
 暗い顔で、平板に歌いだしたあおい、あやうく放送事故かと思われましたが
 ゆりが「私も知ってる」、とデュエットして盛り上げてくれ
 ひなたもツネって緊張を解す

 終わってみれば大成功、初めてのカラオケ大成功だった!

 それでも、あおいはついつい疑ってしまうものの
 周りはそんな事もなく。
 次は?と

 また一緒に出かけよう、てらいなく言ってくれた

『い、いつもはどこ行ってるの?』

00310
00311
00317
00319
00324
 ひなたの奴、ドヤ顔で! …でも、独りだけで来てたらきっとうまく歌えなかっただろうし

微速前進
 池袋などいかにも女子高生らしい場所に出かけているという彼女たち
 少しだけ、打ち解けたあおいにドヤ顔のひなた!
 と

 ちょっとだけ感謝…、かな。ありがと

 ひなたが「いてくれた」
 やっぱり、あおいにとってThanks my friends!なひなた

 新しい友達と友情と、いい一歩前進だった!

2018年7月23日 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」

00099
 山本監督が演出を担当

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ:寺東克己
 演出:山本裕介
 総作画監督:松尾祐輔
 作画:松本憲生
 アニメ制作:エイトビット
 原作:漫画/しろ/アーススター・エンターテイメント/2011年より連載中

あらすじ
 10月になり、衣替えの季節。しかしあおいはいまだにクラスに馴染めず、クラスの中に友だちはひなただけだと思っていた。休み時間、ひとりで編み物をしているとき、ふとクラスメイトのみおに話しかけられる。それをきっかけにふたりで話をするうちに、放課後、同じクラスメイトのゆりやかすみ、そしてひなたも一緒にカラオケへ出かけることに。

ソロより二人、学校でも広がった輪。あおいの二学期は“人の輪”が広がるね!

00059
00140
00330
00334
 先日の3話は20代の若手、対し今回はベテランだ!

松本憲生氏の一人原画回
 1989年ピーターパンの冒険から原画に参加、「逮捕しちゃうぞ」39話ではほぼ一人原画
 それでいて、メディア露出を嫌うという職人気質な人物で
 インタビューなどもないらしう

 そんな氏が手がけた上、第2期OP活用とかチョイスが楽しすぎる!

 岳人の歌をとられ、あまり今時の曲に詳しいイメージもなかったので
 正直「詰んだ!?」と思いました

 本作は登山と共に、人付き合い苦手なあおいの成長譚でもあると再確認しますね

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第5話

ヤマノススメ 3期 第4話 感想

 本編
 挿入歌「夏色プレゼント」歌詞  
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る

ヤマノススメ セカンドシーズン 感想 2014年7月~12月

 十三合目「不思議なホタルの物語」
 十四合目「お母さんと霧ヶ峰!」
 十五合目「雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?」
 十六合目「思いをうけついで」
 十七合目「高いところって、平気?」
 十八合目「アルバイト、始めます!」
 十九合目「宿題が終わらないよぉ」
 二十合目「ここなの飯能大冒険」
 二十一合目「想い出の山へ」
 二十二合目「ともだちになろ?」
 二十三合目「約束」
 最終話「さよなら、わたしたちの夏」
 最終話追記、エンディング画像集「さよなら、わたしたちの夏」感想。
 放送終了後、自ブログ感想まとめ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第2 OP主題歌「毎日コハルビヨリ」歌詞
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第3 ED主題歌「Cocoiro Rainbow」歌詞


 ヤマノススメ サードシーズン 第1話「筑波山で初デート!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第5話「思い出を写そう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」
 ヤマノススメ サードシーズン 第9話「それぞれの景色」
 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」
 ヤマノススメ サードシーズン 第11話「ぎこちない縦走」
 ヤマノススメ サードシーズン 第12話「ともだち」
 ヤマノススメ サードシーズン 第13話「秘密だよ?」【最終回】