公式サイト ヤマノススメ サードシーズン 3期 第3話 感想 飯能にアルプス!? レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 15時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
正しく失敗フラグで失敗するソロハイク! 救いの手は、山の申し子・天狗ガール!!

00244
00257
00291
鼻歌楽しいソロハイク! のっけから、来るぞ来るぞと感じた失敗フラグでしたけど
 失敗、限界を知った事は「それを越える」という指標を得る事
 ここなさんはやはり無敵ですね!

 でもあおいが「行きたい」と言ったから、ここなも勧められた。そこがいい!

ユガテ(湯ヶ手)
 オチに使われたように、気になる地名で、つい足を伸ばすハイカーが多いのでしょうねー
 今回は、足腰守護の神さま「子ノ権現天龍寺」へ行ったのも
 こんなのあるの!?って楽しかった!

 オープニング映像一新、これまでを踏まえこれからへ、いい構成だった!

ヤマノススメ 3期 第3話 感想

00034
 オープニングテーマ「地平線ストライド」歌詞(聞き取り)
 本編
 感想追記
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 これまでの感想

圧倒的ここなさん回! 強い尊い妖精っぽい!! さすが!

00195
 山を歩けば森ガールに当たる。基本。

あらすじ
 富士登山再挑戦を目指す特訓に、まず、あおいは地元・飯能アルプスに挑戦
 都合が合わず、独りで登った山に開放感を覚えるあおいだが
 徐々に足は鈍っていった

 もう帰ろうかと思った時、現れたのはここなちゃん!

 共に登る楽しさはあおいの足を速め
 彼女が熱意を見せた事に、ここなは子ノ権現天龍寺を勧めてくれる

 新品の登山靴、足腰守護の神さまにお祈りし、あおいは再び挑戦に燃えた

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第4話

だって 地球は宝箱♪ ※歌詞(聞き取り)

00026
■オープニングテーマ「地平線ストライド」歌詞(聞き取り)
 作詞:稲葉エミ、作曲 :Tom-H@ck 、編曲:うたたね歌菜
 歌 :あおい(井口裕香)、ひなた(阿澄佳奈)、かえで(日笠陽子)、ここな(小倉唯)

 だって地球は宝箱♪(きゅん! ふぁん! きゅん! ふぁん!)
 もっと夢中を閉じらせ中です(だい! ふぁーいっ! たいっ!)
 ススメ ミラクル・ストライド!

 好き 究めたい 満場一致
 心の地図 広げあって
 ゆるめプレゼン 東西南北
 星五つ あげれる場所へ
 行こう
 わくわくという名の原石一つ持って
 集合
 友情全開
 発車オーライっ!

 だって地球は宝箱
 こじ開けたい
 うずわれたい

 一歩ごとに 引き分けあって
 ステップ・バイ・ステップ
 描け カラフル・ストライド! 


00000
00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00010
00011
00012
00013
00014
00015
00017
00019
00020
00021
00022
00023
00025
00026
00027
00028
00029
00030
00031
00033
00034
00035
00036
00037
00039
00041
00042
00043
 登山靴を買うまでは「入り口」! 今期は、ここからが本番だ!!

地平線ストライド
 旧作同様、流用オープニング動画だった1~2話から、完全新規で再出発!!
 ラスト、ほのかちゃんが可愛い!
 楽しみ!

 数年越しの3期、懐かしい旧作をめいっぱい盛り込んでるのがイイですね!

 わんぱくななかえでさん、注意するゆうかちゃんが可愛い!
 ラスト、写真が多すぎて笑った!

 写真っていいよねー、と思ったら畳み掛けすぎ!! 

あおい『飯能アルプス?』

00044
 前回、あおいとひなたは、初めて本格的な登山靴を購入
 お値段4万円、しぶしぶと貯金をはたいたあおいだが
 こうかはばつぐんだ!

 次の富士開山は一年先、あおいは特訓の為、今できる事に挑戦する事に

ひなた『ごめーん、明日は家族とドライブいくんだ~』

00045
00046
00047
00048
00051
00053
 一人で大丈夫?/近場だし、全然平気だよ~♪

登山靴を試そう!
 地元、飯能にも“飯能アルプス”があった! 登山靴を買いワクワクしていたあおいは
 母から聞いた登山道に、独りで行くことを決意
 さくさくとルートを決定する

 3期1話でも自分で調べてたし、あおいちゃん、胸以外は立派になって…!

 新しい装備はワクワクの源泉!
 でも、「平気だよ~」と一人で準備はフラグ!! 完全に失敗フラグやであおいはん!

 ひなたの扱いが雑なのが、ザ・あおいって感じ!

母『気をつけていってくるのよ? おにぎり、持っていきなさいっ』

00056
00059
 早朝、出掛けに母がおにぎりを作ってくれたが、これが予想外の重さ!
 何だなんだと思ったら、でっかい爆弾おにぎりだ!
 滋養たっぷり栄養強壮
 美味しそう!

 曰く、ひなたちゃんの分も作ったわよ、と。

『(一人なんだけどなー、でもそれを言ったら心配するだろうから)行って来ますっ!』

00061
00062
00065
00067
00068
00071
00074
00076
00078
 到着っ! 東吾野駅っ!!

他に人がいねえ!?
 見るからに重そうな荷物を背負い、早朝から出かけていくあおいちゃん
 ただでさえ体力を使うのに、時には早起きまで必要なんだから
 登山って、そりゃ消耗するワケですねえ

 とまれあおい、独りで東吾野駅まで到着!

 荷物は重いけど、狙いは体力作り
 だからこれでいい!

 また、購入した靴底ハードな登山靴は、重い荷物にも威力を発揮するそうな

『天覚山はこっちでよし! …ユガテ、って何だろう…?』

00080
 重い荷物に閉口、今までのあおいなら、文句たらたらだったでしょうが
 明確に、富士登山への体力作り、という目的意識があるので
 今回、バリバリにやってますね!
 やっちゃってますね!

 やっぱり目的意識、って大切ですよね!

『涼しい~♪ …沢筋コースと、尾根コース?』

00082
00083
00084
00085
00087
00092
00093
00094
00095
00098
00100
00101
00104
00110
00112
 そっか…、わたし今、ひとりなんだっ

ソロ・ハイク
 よし、よし!と気合十分に確認しつつ、天覚山に入ったあおいちゃんですが
 地図をつきあわせ、「難易度が高い」尾根コースを避け
 沢筋コースへと進みます

 歩くコースだけじゃなく、なんでも自分で決められるんだっ

 皆でやるのは楽しい!
 そんな本作ですが、元々ソロ活動を得意とするあおいは、開放感も覚えたようで

 だって、歩くコースもペース、なんでも自分で決められる!

『自分のペースで歩いていいんだ、全て自分も思い通りっ』

00115
 この世の全てが私のもの~♪ このおいちゃんノリノリである
 早く歩いてもいい、ゆっくり歩いたっていい!
 そんなに合わせるのがイヤか!
 ハイそうです!

 ソロ最高! なんだかオラ、ゆるキャンを思い出してきたぞ!!

『あの人は来るかしら~ 花をくわえて~うわぁ!?

00123
00125
00127

■岳人の唄

 星が降るあのコール グリセードで
 あの人は来るかしら 花をくわえて
 アルプスの恋唄 心ときめくよ
 懐かしの岳人 やさし彼の君

 白樺にもたれるは いとし乙女か
 黒百合の花を 胸にいだいて
 アルプスの黒百合 心ときめくよ
 懐かしの岳人 やさし彼の君


00128
00130
00131
00133
00135
00136
 読めない~、この道で合ってるんだよね~…?

そして少女は大人となってゆく
 上機嫌で歌、口ずさみ、心かろく安らげば! 気付けば鈍足、力尽き
 あおいちゃん、“独り”の困難さを知ってしまう事に
 と

 誰にも会わないから確認できない~……

 独りは自由で開放感!
 まあ素敵! なーんて思ってたあおいですが、“初心者”ですものねえ

 市街地と違い、通りすがりに道を聞く事も不可!

『よいしょっと…』

00140
 軍手、持って来て良かった…。と、ホッとしながら倒木をまたいでゆくあおい
 別に、軍手なしでもいいじゃないかと思われるかもですが
 案外と、手の平を切ったりしますから
 割とあなどれません

 ええ、先日、同じようにしてコンクリート塀を乗越えて手を切りましたから。

『靴のおかげで足は平気だけど、ザックが重いなあ…』

00144
00149
00154
00164
00166
00170
 しんどい…、楽しくない……、もう帰ろうかなあ………

MS-06F ザック
 天覚山登頂…、いつもなら、ヤッタァ! ヒャッハー!!と盛り上がる場面ですが
 完全、盛り下がってベンチに寝っころがるあおいちゃん
 何が登山だバカバカしい!

 せっかくの休みに、なんでこんな苦行をしているのでしょうか

 そこに山があったから仕方ないとはいえ
 力尽き横渡る少女、、薄い本なら、ドヤドヤとむくつけき男達が現れそう

 決して、アクティブじゃないあおいには辛い…!

あおい『ン……、幻聴? 幻覚…?』

00175
00178
00184
00187
00188
00190
00195
00197
 あおいさん!?/ここなちゃん!?

ここな様!
 こんな山にいられるか! 私は家に帰らせて貰う! そんな気分になっていたあおい
 救ったのは、本作でも圧倒的トータルスペックを誇る少女
 青羽 ここなさんでした…!

 良かった、てっきり行き倒れてるのかと思いましたっ♪(ここな)

 なかなかひどい!
 ここなサン、前回は出てこなかったですが、こんな最高の場面で降臨されるとは…

 大事な人だから、最後に出てきました!
 
『偶然だね…』『はいっ♪ 私、かもしかさんに会いに来たんですっ♪』

00198
 発言すべてがファンタジックな森ガール、やっぱりここなさんは凄い!
 あおいがくたびれた山中を、はつらつと登ってきたここな
 やはり彼女は尾根コース

 道中、楽しみながら登ってきたらしい

『むーま君の素敵なベンチがあったり、可愛い看板があったりしました~♪』

00199
00201
00202
00206
00208
 ご一緒しても良いですかっ?

登山靴コンビ
 楽しく素敵に登ってきたここなさんに、さすがに「帰ろうとしてた」とは言えない!
 あおい、思いもかけず楽しい妖精を得るのでした
 と

 ええ!? う、うん…、もちろん!

 顔を映さず声から始まった登場
 ここなさん、「あの人が!?」と大物感あふれる登場シーンでしたね!

 休みの日は登山、考える事はみな同じ!

『ごめんね…、ペットボトル持ってもらっちゃって…』

00216
 あおいが辛そうにしてると見てとり、ペットボトルを持ってくれるここなさん
 こうして彼女にも、「富士登山の為に体力作りしてる」
 と、あおいの指針が伝わる事に。

 思えば彼女だけ、まだ聞いてなかったんですねえ

あおい『いきなりバテちゃったけどね~…』

00219
00221
 限界が分かっただけ、大進歩じゃないですか♪ トレーニングで、越えていけば良いんですっ

納得力と説得力
 自虐するあおいですが、今何ができるか、どこまでいけるか“指針”を得たのです
 たとえば、もしまた、天覚山に登った時にスイスイ進めたら
 成長を実感できるワケね!

 なるほど!(ここなちゃんが言うと説得力あるわっ)

 かえでさんが言う⇒格が違いすぎる
 ひなたが⇒ひなただから…

 ここなちゃんが言うと、確かな説得力がある!

ここな『あおいさん、それ、新しい登山靴ですか?』

00223
00225
00226
00231
 うん、思い切って買ったんだっ/素敵ですね~♪

天狗さんとだって戦えます!
 前回のエピソードに出てこなかったここなちゃん、でも第2期で靴を貰ったんです
 だから、互いに「新しい靴だ!」と確認しあうのが嬉しい!
 と

 ここなちゃんは、誕生日にお母さんに貰った靴だよね~♪

 助け合う(助けてもらう)事
 そして、自慢の新しい道具に気付いて貰う、気付くという事

 はい、って笑う、ここなちゃん嬉しそう!
 
『? …っ、ここなちゃん、ここなちゃんっ』

00238
00241
00243
00244
00246
00252
00255
 カモシカさんの親子っ♪

鴨志田さん!
 道中、ここなちゃんのお目当てだったカモシカ親子も発見
 さっきまで、力尽きていたあおいも…
 と

 独りも良かったけど、誰かと一緒のほうが楽しいな…

 独りでは力尽きたあおい
 でも今は、ここなちゃんに手を貸して貰ったり、笑い合いながら登っていく

 ソロも楽しいけど、本作はやっぱり“一緒”なのね…!

ばくだんおにぎりですねっ、ありがとうございます♪』

00257
 ひなたに、と持たせてもらったお握りもここなさんの小さなお腹へ!
 あおいも、二つも食べられないと思っていたのでピッタリ!
 顔に匹敵するサイズ!
 小さい!(顔が)

 しっとりした海苔、おかずが嬉しい!

ここな『梅干し♪ 疲れた身体に沁みます…っ』

00262
00263
00268
00270
00271
00273
00277
 ここなちゃん、もうちょっと歩こうか?

山がとっても青いから
 予定では帰るつもりだったあおいですが、俄然やる気が出てきてしまった!
 当初は逆で、切り上げて帰ろうとしてたと思うと
 人間って不思議

 そうだ! この先に良いところがあるんですよっ

 梅干しの素晴らしさが解る中学生!
 疲れてるときの梅干しって、こう、「身体が求めてる」って感じの味がしますよね!!

 科学的にはクエン酸云々だろうけど、とにかく旨い!

あおい『うわぁ~…、立派な杉の木!?』

00281
00283
00285
00286
00287
00289
00291
00296
00300
00304
00306
00311
00312
00314
00317
00318
 仁王像、カラフルだねっ/可愛いです♪

子ノ権現天龍寺
 仁王像さえここなさんの前では愛でるべきモノ…、とまれ案内して貰ったのは子ノ権現
 巨大わらじを祀り、祈ると足腰を護ってくれるという神様だ
 と

 子ノ権では、足腰守護の神さまを祀ってあるんですっ

 トレーニングしていると聞き
 ここなちゃん、出来ればここまで来て欲しいな、と思っていたんだそうな。

 あおいが、「もうちょっと」と言った事で繋がったのね!

『どうかお願いします、どうか今度こそは、富士山の一番上まで登れますように…』

00323
00326
00330
 しんどかったし、辛かったけど…、ゴールしたらどうでもよくなるんだなぁ

また一つ新しく
 あおい自身の熱意と、ここなの助言で、また一つ新しい場所を知ったエピソード
 辛かったけど、得るものも多い旅路になりました
 と

 たくさん歩いて、ちょっとだけ自信もついた…、かな?

 富士登山に向けた一年の始まりですね!

『それにしても…、ユガテ、って何だったんだろう?』

00331
 ユガテとは、湯ヶ手、ハイキングガイドによく出てくるそうで
 曰く、村といっても、二軒ほど農家があるだけ
 外界から遮断された桃源郷
 だそうな

 あおいが惹かれたように、多くの人に首をかしげさせてるのでしょうね!

感想追記。登山靴に感動! しかし、問題はやっぱり山積み?

00010
 富士登山は一年後! 物理的に遠い困難に、あおいは改めて挑む

飯能アルプス
 作者氏がツイッターで写真を挙げておられますが、とにかく道が解らないという天覚山
 また今回は、定番の「初心者主人公の一人立ち」でしたが
 あおいにはやはり厳しかった

 やってみて解る独りの楽しさ、別れて解る皆と居る楽しさ

 元々ソロ気質があり、またちょっと見通しが甘い所もあるあおいちゃん
 納得の再出発回だなーって思いました

 失敗や孤独、積み重ねて少女は大人になっていくのね!

天使で天狗な森ガール、ここなちゃん回!

00015
 ときおり、ついていけないレベルでファンタジーな事もある彼女

困った時の森ガール!
 もし現れたのがかえでさんなら、それはそれで実りがあったと思います。
 でも、「一緒に登るって楽しい!」と強調するのは
 やっぱりここなちゃんだなーって

 なんというか、楓さんはばりばり登り、手を貸してくれるタイプって思うので

 あと何より、ここなちゃんは唐突に出てくるのが一番似合う子だと思うので!

公式ツイッターより

























































































































2018年7月16日 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」

00027
 今週は原画10人に第2原画(仕上げ)、前回はホント超人芸だったのね!

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ&演出:重原克也
 作画監督:みやち 
 アニメ制作:エイトビット
 原作:漫画/しろ/アーススター・エンターテイメント/2011年より連載中

あらすじ
 富士山登山再挑戦に向けて体力をつけるため、新品の登山靴を履いて「飯能アルプス」踏破をすることにしたあおい。今回はひとりでの登山だ。飯能アルプス最初の山・天覚山を登り始めたころは鼻歌交じりで快調だったあおいの足取り。だが次第にバテてしまい……。

富士登山修行編開幕! これからが本当の3期だ…!!

00175
00184
00187
 ここなさんの「来た…!」感、本当素晴らしかった!

サードシーズン富士登山修行編
 最初に、期せずして神さまへのお祈りになるのも、登山らしいエピソード
 山と神社は、縁が深いものですから。
 にしても自由だった!

 自由を満喫するあおい、やっぱりソロ気質なんだな君は!!

 この流れに、今だとどうしてもゆるキャンを連想
 あちらは「ソロも別の楽しさがある」とし、方向性を分けてるのも面白いですね

 色んな考え方が、感想には個人差がありますものね!

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第4話

ヤマノススメ 3期 第3話 感想

 オープニングテーマ「地平線ストライド」歌詞(聞き取り)
 本編
 感想追記
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 トップに戻る

ヤマノススメ セカンドシーズン 感想 2014年7月~12月

 十三合目「不思議なホタルの物語」
 十四合目「お母さんと霧ヶ峰!」
 十五合目「雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?」
 十六合目「思いをうけついで」
 十七合目「高いところって、平気?」
 十八合目「アルバイト、始めます!」
 十九合目「宿題が終わらないよぉ」
 二十合目「ここなの飯能大冒険」
 二十一合目「想い出の山へ」
 二十二合目「ともだちになろ?」
 二十三合目「約束」
 最終話「さよなら、わたしたちの夏」
 最終話追記、エンディング画像集「さよなら、わたしたちの夏」感想。
 放送終了後、自ブログ感想まとめ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第2 OP主題歌「毎日コハルビヨリ」歌詞
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第3 ED主題歌「Cocoiro Rainbow」歌詞


 ヤマノススメ サードシーズン 第1話「筑波山で初デート!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第5話「思い出を写そう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」
 ヤマノススメ サードシーズン 第9話「それぞれの景色」
 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」
 ヤマノススメ サードシーズン 第11話「ぎこちない縦走」
 ヤマノススメ サードシーズン 第12話「ともだち」
 ヤマノススメ サードシーズン 第13話「秘密だよ?」【最終回】