試し読み 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレ これまでの感想はこちら
クロスボーンのドクロの理由。人と猿? グレイ・ストーク老の依頼!!

jaa_002
クロスボーン・ガンダム スカルハート (2)
クロスボーン・ガンダム スカルハート (6)
IMG_1393
IMG_1381
2005年初版、初代と鋼鉄の間を描く短編集で、ウモンの一年戦争“Bガンダム”も再録!
 戦争に対し、生真面目なジオン兵と若きウモンのやりとりが熱い!
 久々に読んだら、Bガンダムがめっちゃ深い。

 ウモンが言うくだらなさ、“猿がNTになる”珍事、人への呆れと愛情が面白い!!

アムロ奪還作戦!
 本作での“アムロ”、人工脳を育て上げた人造NTなど、NTへの切り口が毎度面白いです
 第1作ラスト、手紙で語られたニュータイプの在り方は金言だと思います
 オフィシャルではございませぬぞぉ!

 ベラとキンケドゥの「その後」が、チラッと出るのも見所。

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート 感想

IMG_1383
 プロローグ
 第1話「バカがボオルでやってくる!」
 第2話「星の王女様」
 第3話「海賊の宝」
 第4話「最終兵士(前)」
 第5話「最終兵士(後)」
 第6話「猿の衛星」

メカニック解説
 クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)
 Bガンダム(改造型ボール)
 バルブス(MS-06MS モンキースペシャル)
 EMS-12 アラナ
 EMS-06-P アラナ・バタラ 
 アマクサ(ジュピター・ガンダム)
 これまでの感想
 トップに戻る

今シリーズのヒロインは、語り部を勤める少女トゥインク

クロスボーン・ガンダム スカルハート (1)
 瞳に星、かつてのSDでのカミーユみたいな。

あらすじ
 U.C.0136、コロニーで騒乱が起こる時、疾風のように現れるモビルスーツが噂となった
 今や「スカルハート」の異名を得た、クロスボーンガンダムX1改・改と
 前後する幾つかの出来事

 U.C.0079、若きウモン・サモンとBガンダム、0133年、トゥインクとトビア

 木星残党とハリソン大尉
 木星じいさん、グレイ・ストークが持ち込んだ“アムロ・レイ”を巡る戦い

 地球に帰還した“猿の兵士”の物語、戦前戦後、様々な物語が今、再び語られた

木星戦役から3年、断片の物語を振り返っていく手記

クロスボーン・ガンダム スカルハート (4)
 いつの日にか公開できる事を信じて…。0169年“ダスト”期はどうなのでしょうね

プロローグ
 後に、0153年代を描く「ゴースト」終盤でも再登場した、トゥインクが語り部。
 本短編集は、木星戦役から3年後、0136年に彼女が書き留めた
 語られなかった(或いは再録された)物語

 彼女自身、名を言いかけた際、第1話に繋がる…、という構成も素敵ですね

 クロスボーン歴戦の勇士だった老人
 ウモンじいさんが、“ボールでドム6機を落とした”大戦期の伝説とは?

 余談ですが、彼の逸話は「機動戦士ゼータガンダム1/2」にも収録されています。

U.C.0079、激闘“ソロモン攻略戦”。幻のガンダムが飛ぶ!!

クロスボーン・ガンダム スカルハート (5)
クロスボーン・ガンダム スカルハート (6) -
クロスボーン・ガンダム スカルハート (6)
クロスボーン・ガンダム スカルハート (7) -
クロスボーン・ガンダム スカルハート (7)
 目を2つ付けてアンテナを生やして、ガンダムにしちまったのさ!

第1話「バカがボオルでやってくる!」
 伝説の機動戦士Bガンダム! 本作では、昔話をせがまれたとして語られます
 もし本当に…、控えめに書いてあるのが笑いどころ
 軍人さんも大変だよ!

 歴史とは語られぬ断片があり、人は生きる為に努力するもの

 確かに、両方あてはまってるけどおかしい!
 なお上司に殴られた模様

 当時ウモンは、上司ヨナ・キニスン(18歳)に恋をし、彼女の為に奮戦したという…ッ!

広がる戦場伝説! デマって、こうして広がっていくんだね!!

クロスボーン・ガンダム スカルハート (8) -
クロスボーン・ガンダム スカルハート (8)
クロスボーン・ガンダム スカルハート (9)
クロスボーン・ガンダム スカルハート (10)
IMG_1432
 うっかり宙を舞ったBガンダム、これが思わぬ形で歴史を動かすッ!

噂は飛ぶ
 0083登場の撃墜王ガトーが、アムロとぶつからなかった理由をサラッと補完(捏造)
 また、ジム比で「ガンダムってクソデカいです!」と噂が広がり
 ジオングが巨大化したとか…

 Bガンダムの名称もですが、ホント自由闊達に“歴史”を描く!

 推定40mの“ガンダム”
 ジオンにとって、伝説的なエースが敗れまくった理由に納得する兵士たち

 確かに、40mじゃ勝てなくても仕方ないよね!

ソロモン司令ドズルが用意した、“対ガンダム小隊”は迎撃へ出撃

IMG_1431
IMG_1430
IMG_1428
IMG_1429
 人間もやっぱり動物じゃな わが友デミトリーよ… お前のザクレロは… 正しかったぞ!

これがニュータイプ!?
 本作屈指の名言!弟ガルマを殺され、わざわざラルを派遣したほどのドズルです
 子飼いの艦隊も潰された彼が、対ガンダム小隊を用意していた!
 要塞トップクラスのドム部隊だ!

 しかし偶然の連続が、彼らを次々と撃墜せしめる事に

 あまりの偶然に、ニュータイプだと焦って撃墜
 うっかり目が離せず撃墜…

 ここまでの戦いでも、“ハッタリ”に驚いたドム3機、計5機を落とす事に

兄者は激怒した。人が真面目にやってるのに、連邦はやる気があるのか!と

IMG_1426

 恥と命とどっちが大事だっ!
 愛と恥とどっちが大事だーっ!

 はなから 戦争なんてくだらねえことしてるのに
 説教たれんじゃねええっ!


IMG_1425
IMG_1424
 敗れる? わしが? こんなところで? 歴戦の勇士が? こんなことで?

「たしかに…、くだらぬ…な」
 確かに、この話に限らず「そりゃねえよ!」と思う展開が多々ある長谷川節!
 しかしそもそも、戦争なんて下らない!ってこと
 生きるのが大切!って事

 人は生きたい! その大前提を前面に出すのが美しいと思う!!

 ああそうだ、くだらない。そうあるべきなんだ…。みたいな最期が切ない
 戦うことが正しい社会なんて良くない、と

 ものすごく当たり前の話、「戦うなんてくだらない」と。 

ウモン爺さんは、きっと生涯、この想い出を忘れなかった

IMG_1423
IMG_1422
IMG_1421
 クロスボーンガンダムに、何故ドクロが付いている? それを描いた前日譚

そのぐらいでちょうど良いのじゃ!
 この戦いで、ドクロ付きドムに仰天した爺さん、後年「ガンダム」にも描くよう提案
 もちろん、ダサいんじゃ?とキンケドゥは返しましたが
 ハッタリが大事だと

 カッコつけるより、ダサくてもこけおどしでも、生きる為に最善をと

 なおヨナ隊長は婚約していたと判明
 クロスボーンの紅一点、ケンカに強いヨナさんのお婆ちゃんだったんですね

 婚約してなければ、ロマンスもあったんでしょうけどねえ

UC0133、ティンカーベルがフック船長を乗せてやって来た

IMG_1420
IMG_1419
IMG_1417
IMG_1418
 本作の語り部、トゥインク・ステラ・ラベラドゥとトビア君との出会い

第2話「星の王女様」
 本編3巻2話相当、衛星イオの戦いで、物資を使いきってしまったマザー・バンガードは
 木星軍が、資源衛星を使って張った“罠”に足止めされ
 トビアは住人に助けられます

 彼女は何もない開拓衛星で生まれ、両親も失い、寄る辺は“物語”だけ

 両親は、死んで“地球に帰る”事が出来た
 でも自分は、ここで生まれたから、きっと死んでも魂はここ以外に帰れない…

 生きても死んでも、永遠にひとりぼっち。途方もない…。

トビア『10年… こんな? 何もないところに? 10年だって?』

IMG_1416
IMG_1415
 しかし彼女は必死に考えていた、“両親の星”を返して欲しいと。

アンバランス
 彼女は「外」を知りません、だから、本当に“妖精の粉”があればいいなと願ってた
 絵本のような、魔法が外にはあるかもしれないと願ってた
 でも、トビア来訪は“夢”を壊す事に

 やがて彼女は、トビアを木星軍に差し出し、星を返してと頼み嘲笑されます

 たった2冊の絵本で育った、彼女の懸命な着想でしたが
 実は、鉱山としても掘り尽くされていた

 他に縋るものがなかった、でも縋った手には、やっぱり悪意しかなかったと。

颯爽登場X1! しかし弾切れ、トビアの“ペズ・バタラ”も動かない!!

IMG_1414
IMG_1413
IMG_1412
 なら話は簡単だ、ペズ・バタラを武器にしちゃえばいいじゃん!

もう妖精の粉はいらない
 カラス先生愛用の旧式MAノーティラス! たぶん本当に“旧式”だったんでしょうが
 モビルアーマーの巨体で、武器を使い尽くしたX1を追い詰めるも
 ペズ・パタラ自体をアックスに用いて逆転

 トゥインクはこの時、たくさんの本を貰い、外を勉強して戦後に合流へ

 戦後、ブラックロー運送の優秀なスタッフとなりますが
 もう完全にヒロインでしたね!

 総扉絵でも存在感あるし、間違いなく、本スカルハートでのヒロインだった!

木星戦役から2年、木星軍残党に拿捕された船を、“海賊”が襲った!

IMG_1411
IMG_1410
 トビア君名物、爆破工作! この子、ホント工作力が高ェな!!

第3話「海賊の宝」
 戦役では、敵として味方として戦った、連邦軍F91パイロットのハリソン大尉
 連邦高官の汚職、木星戦役で敵に便宜を図って賄賂を貰った証拠を
 木星残党から奪い返すべく派遣された

 しかし、現場に海賊軍も現れ、3者でにらみ合いに

 木星残党も、あの戦役で帰れなくなってしまったのか
 連邦を脅し生活資金を得るべく戦闘

 トビアはせこいと言いますが、これもまた、“生きる”為なりふりかまわんのね!

動かなかったクロスボーンガンダム、その理由は

IMG_1408
IMG_1407
 ガンダムを取り押さえ、キレた残党! まあ気持ちは解る!!

誰のせいだ! てめええぇ!!
 実はトビアは、「ガンダム」を動かさない事で、他2つの軍にプレッシャーを与えつつ
 自身、コア・ファイターで得意の潜入工作を敢行
 人質達を解放した

 しかし助けようとした為に、両手が塞がれ、大ピンチに陥る場面も

 MSは、両手を失えば戦闘力を失います
 かといって大型固定火器は、そのぶん機体重量、コストが増えるし困りもの

 敵が、「ムラマサバスターもどき」を持ってるのも面白い!

クロスボーン得意の離れ技! サブタイ回収、“海賊の宝”とは

IMG_1406
IMG_1405
IMG_1404
 U.C.0135年には親に、なら子供は、“ダスト”期は30過ぎという事…?

お元気そうで何よりです
 絶対絶命、しかし、飛び出したアンクルアーマー(足首装甲)で武器を絡めて逆転
 ヒート・ダガーで逆転する流れ、往年のキンケドゥのようでしたね!
 ダメじゃないか死んでなきゃあ!

 海賊の意図を理解したハリソンは、敢えて彼らを見逃して一件落着

 トビア達の乱入は
 ただ、自分達へのシーブックとセシリーの手紙を回収する為だったと

 同じく世間から身を隠し生き、残党にも「働け!」って言いたかったのかもですね

さらわれたアムロ・レイを助けて欲しい。グレイ・ストーク老の不可解な依頼

IMG_1403
IMG_1402
IMG_1401
IMG_1400
IMG_1399
IMG_1398
IMG_1396
 グレイ・ストーク、その正体は、「Vガンダム外伝」で示唆されている

第4話「最終兵士(前)」
 アムロ救出、50年以上前に生死不明となった、初代ガンダム主人公“そのもの”。
 彼のデータから、擬似的に戦闘力だけ再現したバイオ脳が作られた
 これを奪還せよという話!

 曰く、人の脳と同じ働きをするバイオ脳を、アムロのデータと戦わせ育成

 培養された人造脳は、AIとは違い“人の脳”に近く、文字通り人造ニュータイプになりうる
 アムロと互角に戦える個体が育ちうる

 何千と失敗してでも、偶然でも、たった一つでも育てば良いのだと。

最強のニュータイプと互角の実力を持ち、命令に従順な“兵士”を作るのだ

IMG_1395
IMG_1394
 わずか17秒! 17秒で… フリントが3機落とされた!(トビア)

第5話「最終兵士(後)」
 タイトルの意味は、勝利をもたらす最終兵器ならぬ、“最終兵士”を生み出す事!
 しかも、木星圏がクロスボーンX2や、彼ら自身の蓄積から生んだ
 初の「クロスボーン以上」の機体に搭載

 アマクサを前には、撃っても近付いても、数で押しても突破できない!

 幸い、トビアらの強襲に焦った敵は命令変更を忘れ
 木星残党も標的としていた

 しかしアマクサ、地球圏ならクロスボーン同等のフリントさえ、瞬殺する猛威!

トビア『ひとつ…、賭けてみませんか? ストークさん』

IMG_1393
IMG_1392
IMG_1391
 どんなニュータイプでも 初めて見る武器は 反応が遅れるものだって(トビア)

人の心
 決着は一瞬でした、シザー・アンカーという、“初見の武器”が勝利の鍵
 アマクサのハンマー、その軌道をアンカーで変え逆転
 しかし基地が崩壊し始めます
 
 やがてバイオ脳は電力を失い“脳死”、寸前、トビア達を助け出す事に

 経緯上、バイオ脳は戦闘力しか学べなかったはずです
 でも心が生まれたのかもしれない

 結局、人は、自分自身の事さえ解らない。と本事件は締めくくられる事に

連邦の青い閃光”、F91vsザクⅡ!? 性能差を埋めたパイロットの力!?

IMG_1389
IMG_1388
IMG_1387
IMG_1386
 生真面目さ、ロリコン疑惑ゆえ、出世できないとか言われるハリソン大尉

第6話「猿の衛星」
 ある時、暗礁宙域で事故が多発するので、隊を派遣したところザクⅡを発見した
 ところがパイロットが猿! わけがわからないよと頭を抱えた司令は
 ハリソン大尉らに丸投げする

 曰く、捕獲時にMS5機を大破、意味不明だが放置も出来ない

 折衷案として、エース部隊に民間人の協力者を付けるという
 無茶振りする司令!

 余談ですが、本作のモチーフは映画「猿の惑星」。

大戦を知るジオン古老は言う、これは禁断のE計画!? おお、ジーク・ジオ…!!

IMG_1385


 誰とは申しませぬ
 私は言っておりませぬ…
 おおお、オフィシャルではございませぬぞ!


IMG_1384
IMG_1383
 シーナ・カッツィユッキー老は、アシスタントの椎名かつゆき氏らしい

禁断のE計画
 実は大戦期に地上に降りた、“ギレン総帥以外の、やんごとなき方”の発案。
 類人猿館を視察し、TVゲームする猿を見たガルマ様
 ならMSも操縦できるんじゃ?と

 大戦期のパイロット不足、公国民の犠牲に胸を傷めての優しい発案

 半世紀をかけ、クローン培養したサルを用いて研究し
 遂に成し遂げたのです!

 おお、さすがやんごとなんきお方はオフィシャルではございませぬぞ!

類人猿が! 半世紀前の機体で! 最新鋭量産機をことごとく屠るッ!!

IMG_1382

 ハリソン「まさかっ…、こいつら? ニュータイプ、なのか?
 シーナ老「ばかなああ!? 

 ニュータイプですと?

 ありえぬ!
 あるわけがないっ!
 猿がニュータイプになったというのですかあ!?

 かつて ジオン・ズム・ダイクンが提唱したニュータイプは
 人の革新であり進化だったはず!
 人類の次にくるべきもの!

 猿がニュータイプになってしまってはつじつまがあわぬっ!

 っていうか全否定!
 ニュータイプは 人の進化ではなかったというのですかあ!?


IMG_1381
IMG_1380
IMG_1379
IMG_1378
IMG_1377
 結局人間は、猿からどれだけ進化できたんだろう? というお話

っていうか全否定!
 結局、トビア即興の「バナナ型バルーン」作戦で、事態は収拾成功しますが
 猿の遺伝子は人類と95%同じだし、捕えた同種をいたぶるといった
 いわば残虐性さえ人類に近いものがある

 ニュータイプは“人の次”だけど、人そのものが、猿と変わらないとしたら?

 ボール回もですが、人なんて「くだらない事」をするバカな生き物で
 ロクに進化しちゃいないのかもしれない

 でもだからこそ、これを描き、読む“人間”は、成長しないとね!というテーマか

キンケドゥから譲り受け、民間伝承となってゆくモビルスーツ

IMG_1376
 外観の違いとして、胸部クロスボーン紋章を消し、ドクロに改められている

クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)
 胸にドクロを持った3号機から、キンケドゥに譲り受けた「改」に乗り換えたトビア
 更なる改造で、改・改という分かりやすい発展を加えつつ
 当時、ささやかに活動していた

 パーツに関しては、同フレーム機F99が試験中なので、融通して貰っている

 本来なら、本機の量産タイプをF97フリントとして販売予定だったが
 木星戦役でお流れになってしまった

 そこでサナリィは本体を流用、開発費を抑えている…、という恩恵でしょうか

昔から器用だったウモン爺さんは、大戦期に勝手なカスタム化を施した

IMG_1374
 数あるボール改修機でも、異彩以外の何物でもないからちきしょう!

Bガンダム(改造型ボール)
 ジオン軍がガンダムを怖がっているなら、これで「俺は生き延びる事が出来る」と。
 そんな、どっかのナレーションのような発想から生まれた改造機で
 無許可改造なので記録上は存在しない

 しかし、威容と異様にビビった敵をジムと連携して仕留め、ドム3機を撃墜

 その後の戦いでは、改造によって重いわバランス悪いわと
 著しく悪くなった性能を発揮

 結果、見事に生き延びつつドム6機撃破は、ガンダム史上でも屈指と言える

人は進化できるのか? その答えを示したMS“バルブス”

IMG_1373
 人は進化できるの? まだ進化すらしちゃいねえよっていう。

バルブス(MS-06MS モンキースペシャル)
 MSが二つ合わさり最強に見えますが、基本性能は大戦期レベル。
 とはいえ、ビームライフルやマグネットコーティングなど
 著しく性能向上した部分も

 肝は4つ腕で、足を手のように使う、猿の操作感反映している

 お前がサルになるんだよ!
 しかし、最新鋭量産機であるジェムズガン、ジャベリンを瞬殺している

 その性能は、やはりニュータイプだったとしか…?

皆さんご存知、あの機体の“正統な完成版”予定機

IMG_1372
 デス・ゲイルズの小型機アビジョが、本来の「次期主力量産機」として完成した姿

EMS-12 アラナ
 全高10m程まで小型化、機体出力に対し、重量が軽くなればなるほど機動性は上がり
 余剰出力が生まれ、様々な武装を扱いうるのが「小型機」だが…?
 地球侵攻用に新開発されていた

 背中のフィン・ノズルにより、多様方向に推力を発する高機動量産機

 アビジョの場合、運動性と機動性に全振りして改造され
 索敵及び牽制を担った

 後に、ある軍隊に大量配備されていた。

指揮官機こそ旧式だったのも面白いところ。汎用機「バタラ」改造品

IMG_1371
 クロスボーンのムラマサ・バスターを模倣し、オリジナル制作した剣を持つ

EMS-06-P アラナ・バタラ
 型式が示す通り、戦役時の木星軍主力機をベースに、“アラナ”用パーツを組み込んでいる
 新型開発時、新構造のバランスなどを試すべく作られ
 残党軍ではリーダーを張った

 寸法は違うが、UC0091期、連邦もジェガン開発時同様の事があった

 また、バタラはただでさえ各部がブロック化されている為
 改造は容易だったと思われる

 蜘蛛の様な外観となったが、実際「アラナ」は蜘蛛という意味を持つ

木星戦役、投降してきたクロスボーンX2を元に開発された

IMG_1369
 当時はコア・ファイターやスラスターを再現できず、今回も大型化してしまっている

アマクサ(ジュピター・ガンダム
 初代ガンダム同等、18mクラス“大型機”となるが、総合性能はクロスボーンを上回った
 これは、木星戦役時は技術的に叶わなかった事であり
 技術陣には悲願の機体と呼べる

 シールドは“アムロ”に合わせたのか、量産型はビームシールドとなる

 戦役では、特化機でガンダムに対抗するプランを採用した為
 開発・運用データは多様に蓄積された

 対ガンダム機、ガンダム再現機、木星技術陣は新たなステップへと向かって行く

収録

クロスボーン・ガンダム スカルハート (4)
 彼女の手記から、ダストのニコル君は正体を知ったりするんでしょうか

 角川コミックス・エース『 機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート 全1巻』
 長谷川裕一、ガンダムエース連載、KADOKAWA発行
 2005年1月

収録
 プロローグ
 第1話「バカがボオルでやってくる!」
 第2話「星の王女様」
 第3話「海賊の宝」
 第4話「最終兵士(前)」
 第5話「最終兵士(後)」
 第6話「猿の衛星」

メカニック解説
 クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)
 Bガンダム(改造型ボール)
 バルブス(MS-06MS モンキースペシャル)
 EMS-12 アラナ
 EMS-06-P アラナ・バタラ 
 アマクサ(ジュピター・ガンダム)
 これまでの感想
 トップに戻る

UC0153.機動戦士 クロスボーン・ガンダム ゴースト 感想

 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン(新装版)“ジョニー・ライデンって知ってるかい?”
  機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 4巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 5巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 6巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 7巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 8巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 9巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 10巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 11巻
 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト 12巻(完結)
 常に「完結」してきた過去3作に対し、ゴーストはハッキリ“続編ありき”で終了。

UC.0169 機動戦士クロスボーン・ガンダム ダスト DUST 感想

 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 1巻“灰とライオン”
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 2巻“亡霊”と巨人
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 3巻“君は理想に辿り着くか?”農業王の憂鬱
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 4巻 特装版“クロスボーンX…”カグヤの事情
 機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST 5巻“木星夫妻”アッシュ・キングの目指す先