2018年月発売 HGBD-010 1/144 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ これまでの記事はこちら
ガンプラバトルが好き! 言えなくなってた大切なものを、“焼き直した”改造機

190_2321_o_1ci76vjmo1t7nlig2ani1gfbm23
M6A7077
元世界級コウイチが、“鉄に血が通ったような機動”を実現させた改造ガンプラ!
 鉄血は、まだMBS版権が有効で、テレ東番組には出せない為
 改造で「それっぽくなった」として登場!

 永野護氏のガルバルディを、FSSを思わせる鉄血系へ改造たあ面白い!

ガンダムBD 第7話より登場
 本機前提に、“HGUCガルバルディβ”もキット化するなどビルド作品の強みが炸裂!
 敢えてガルバルディを選んだ意味が、二重三重に存在する本機
 相棒、ツカサも踏まえると更に味わい深いです

 シリーズ定番として、“シールド以外は色違いガルバルディβが組める”のもポイント

HGBD ガルバルディリベイク ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 原型機はU.C.0087、機動戦士Zガンダムより
 ガンプラバトルが好き! 一度は引退したベテランの愛機
 コウイチ“真の実力”は…?
 似た者同士? 戦友シバ・ツカサ
 リベイクの由来、“鉄血のオルフェンズ”
 FSSの潮流、永野護デザイン 

コウイチの創意工夫が、鉄に血が通ったような剛柔一体のマニューバを可能とした

00088
00084
 鉄に血がとは、説明書解説より。あくまで鉄血ではございませぬぞ!

RMS-117G11 ガルバルディリベイク
 型番も、ガルバルディの117に、ガンダム・フレーム11号機グシオンを掛け合わせている
 軽量・高機動の原型から、高出力・堅牢化と、真逆にも思えるカスタマイズは
 性能が完成度に左右されるガンプラバトルならでは。

 特筆すべきは、本来の機動特性を損なわず、柔軟な機動性を保っている事!

 単に装甲を増やしたのではなく
 原型機ガルバルディβと、同じ重量バランス、操縦特性を保っているという事

 コウイチは苦心し、“愛機”の経験を活かせるよう改造したらしい

箱の厚みは1/100キットにも匹敵! 原型パーツ、ほぼそっくり入ってます!

00001
153_2321_o_1ci76aa301umj6o4vk36ng1pe923
M6A7075
 一番下の“未塗装サンプル”は、電撃ホビーWEBガンプラジャーナルより

原型キット「HGUC ガルバルディβ
 ランナーを比較してみましたが、シールド(Dランナー)を除き、原型パーツが全同梱
 ガンダムBDシリーズは、多くが元パーツを残しており高額気味ですね
 もちろん原型機シールは付いてませんが。

 またシールは、モノアイとレールが一体化した珍しい仕様

 全身の白いマーキング
 鉄血でお馴染み、矢じりを思わせるマーキングも付属

 全身を汚しまくりたくなるガンプラですねえ

ランナーA1~3は、ガルバルディβ流用

00002
00004
00006
 大判ランナーを成型後、割って梱包したらしく、折れ目が生々しい。

いろプラ
 元々、ガルバルディβはガズL/R流用を前提に、たくさんスイッチが存在
 やろうと思えば、不要パーツをある程度は削げるはずですが
 そのまま残っています

 サンドカラーのガルバルディβを組めるっぽいですね

 ビームサーベルの柄も残っており、一般的なSB-13サーベルを流用可能。

ランナーB1、B2もガルバルディ流用

00008
00010
 B2ではスイッチを、2個組む為に必要なパーツ以外を削ぎ落とされてます

ライトブラウン
 肩アーマーなどは不使用ですが、足アーマー大部分はベース機そのまま。
 前腕は、クロー付きに刷新されているので
 今回は不使用に。

 同じく使いませんが、原型機頭部もそっくり残ってます

 ガズLとRでは使わない為
 ランナースイッチを使い、除外できる仕様となってますがそのまま。

 設定上、頭部に信号弾が入っている珍しい機体。

ランナーC1、C2もガルバルディ流用

00012
00014
 C2も、2個組む為のパーツを残し、C1からスイッチで削ぎ落とされてます

軟質ブラウン
 設定上、リベイクではライフルが無くなりますが、専用の持ち手ごと残っています。
 このライフルは、原型機にとっても“繋がり”を示すパーツで
 初代ガンダムのゲルググと同型

 照準器以外はそのままで、ゲルググ系列機だと示しています

 ガズLとガズRも、同型ライフルを持っていますが
 あっちはランスのが有名ですよね!

 続くDランナーは省略、シールドのみ含む小さいランナーでした。

ランナーE1、E2は、ガルバルディリベイク新造パーツ

00016
00018
 これまた2個組み用パーツ以外、E2では削がれています

サンドイエロー
 グシオンリベイクのブースターや、ジオン系MSを連想させる肩アーマーや
 リベイクフルシティを思わせる角張った腰アーマーなど
 大きな外装パーツが新造

 また顔の真正面に合わせ目がくる、今どき珍しい設計となってます

 口吻部は別パーツ。
 未塗装サンプルから見た感じ、ピッタリ張り合うのであまり目立たないっぽい?

 この顔、どことなくヴェイガン感もありますね。

ランナーF1とF2も新造、軟質ランナー

00020
00022
 これまた必要パーツを残し削ぎ落とし。武器がとにかくデカい!

軟質ブラウン
 魅惑の大型武器群が入ったランナー、実弾装備縛りとなっているのは
 鉄血のオルフェンズへのオマージュなのでしょうね
 プライヤーといい。

 初登場フォース戦では、きっちり熱い昭弘オマージュしてくれました

 また、実弾である“長所”を活かし
 曲射攻撃も披露

 ビームより弾速は遅いものの、弾は山なりの軌跡を描いて飛び、敵陣を強襲します
 
新造ランナーG、ポリキャップはPC-002

00024
00026
 もはや定番、軟質樹脂関節併用ポリキャップ。

イエロー
 各部ダクトや、右腕に設けられたクロー状のナックルガードなどのパーツ
 本機でも、特に造形がまろやかになっているパーツで
 磨き削って鋭くしたい部分

 巨大な一本角は、ジオン系というより開いてVアンテナになりそうな形ですよね

 原型がティターンズ関連なので、バーザムも連想させます。

設定画比では再現度十分。違和感は、だいたい大張氏作画のせいさー!!

190_2321_o_1ci76vjmo1t7nlig2ani1gfbm23

■HGBD 1/144 ガルバルディリベイク
 価格2,376円(税込)
 発売日2018年07月14日
 対象年齢8才以上

『ガンダムビルドダイバーズ』より2つの大型武器を装備したガルバルディリベイクが登場!
■ガルバルディβをカスタマイズしたガンプラ。
■大型の格闘武器と、バックパックに射撃武器を装備。
■シールドが付属。

【付属品】
■ハンマープライヤー(仮)×1
■シールドライフル(仮)×1
■ナックルガード(仮)×1
■榴弾砲(仮)×1

【商品内容】
■成形品×11
■ホイルシール×1
■取扱説明書×1


157_2321_o_1ci76at8c12851rvrm0u16bpkgv2n
155_2321_o_1ci76ak931be1sag1unmue513ro2d
156_2321_o_1ci76ap0hj5ph4vv4c17ht12ts2i
158_2321_o_1ci76b2db12ku7sksrh1u2n15ka2s
159_2321_o_1ci76b6ts1fls1bqo1u8u1s3d14v631
153_2321_o_1ci76aa301umj6o4vk36ng1pe923
pct_01
M6A7075
M6A7076
M6A7077
 一番下3枚、“未塗装サンプル”は、電撃ホビーWEBガンプラジャーナルより

HGBD-010 ガルバルディリベイク
 第1話オープニング時、版権が切れてないのに鉄血MSが!? と驚かせたリベイク!
 ただ同映像での、あまりにもメリハリ利いたプロポーションに対し
 ガンプラは設定画に忠実に立体化

 つまり欲しいなら自分で作れ! その点、チャレンジブルかもしれませんね!!

 初登場から、キット化まで結構時間がかかってしまいましたし
 登場回以降は割とサポートが中心

 しかしこんな面白ガンプラ、買わない手はなかった!

原典機は、機動戦士Zガンダム登場の“ガルバルディβ”

157_2280_s_6n6fcrwh1vwahqjb46nkxlnektb1
ガリバルディβ (5)
00004
00005
 原型機の原型機から、ネオ・ジオンは、ガズLとガズRを作り出した。

RMS-117G11 ガルバルディリベイク
 原典はZガンダム登場のガルバルディβ、宇宙世紀0087年に活躍したMS.
 更に遡ると、初代ガンダム打ち切りで、没になってしまったMSで
 模型企画MS-Ⅹにて、大河原氏がデザインするも
 Zガンダム制作決定でMSXも中断

 Zガンダムでガルバルディβが生まれ、若き永野護氏がデザイン

 ガルバルディβはガンプラ化
 ガンダムZZでは、その流用キット「ガズL/R」が誕生

 と、幾度も「リベイク」された機体が、コウイチさんの愛機というのも面白いところ

大人はいつも面倒くさい。理屈をつけ、自分の気持ちにさえフタをしてしまう

00388
00105
 好きな事は…、続けていくだけじゃダメなのかよ…!(コウイチ)

ナナセ・コウイチ(第6話 
 ガルバルディ使いコウイチは、原典での乗り手ライラに通じる、“ベテラン”プレイヤー
 しかし、仲間と共に入れ込んだバトルゲーム「GPD」は廃れてしまい
 彼は取り残されてしまいます

 やがてGPDと一緒に、“ガンプラバトルが好き”という事まで否定する事に

 だから主人公リクは、彼がバトルが大好きだと知っていくに連れ
 その想いだけは取り戻して欲しいと奔走

 自分を思いやってくれた少年達に応え、コウイチは再び立ち上がるのでした

ガルバルディリベイク、“好きな事を、し続ける為に変化した”ガンプラ!

00280
00286
00186
 かつては軽量なレッドフレームと共に、戦場を縦横に駆ける攻撃型だった様子

ガルバルディリベイク
 好きなものは手放さず、時代に合わせ変化する事。それがきっとコウイチの学びでした
 だから彼は、敢えて「軽量・高機動」が売りのガルバルディを
 真逆の重装甲型MSへ変えます

 大事な愛機を、“仲間を支える”新たな役割へ変化させた機体

 別機体ベースにしちゃ意味がない
 コウイチは、昔の仲間との想い出が詰まったガルバルディも大切だから。

 実際の兵器ならナンセンス、でも完成度=強さ、“ガンプラ”だからこれが出来る!

ただし、“真のコウイチの実力”は覆い隠されてしまった感も?

00256
 かつては、軽量・高機動のガルバルディを縦横無尽に駆るエースでした
 しかし今は、ブランクや、“これが自分の役割”と思っているのか
 指揮を中心に、後方支援をメインにしています
 切り込みはリクが担当

 再び軽量高機動、彼自身の全力を出し切る戦いも、見てみたい気がする!

GPD時代の相棒シバ・ツカサも、奇しくも似たコンセプトで改造を進めていた

00001
00239
00346
00403
 コウイチと袂を分かった後、稼動し続けるGPDを渡り歩いたのか、大改造していた

ガンダムアストレイノーネイム(第13話
 相棒ツカサの場合は、“好き”と貫きたいあまり、我知らず変わり果てた象徴か。
 改造を繰り返し、元の形すら失ってしまった愛機の姿は
 暴走したツカサ自身に重なります

 また本機は、近中遠距離、多対一、“独りで何でも出来る姿に

 仲間と別れた後、彼がどんなバトルを歩んできたのか
 備えた能力が如実に語っています

 元の形を失ったツカサ、敢えて変わったコウイチ、似た者同士が切ない

もう一つのモチーフ、グシオンも“改造で様変わり”したMS!

00001
00000
 当初は上の姿で登場し、外装を大改造、下の姿となった

鉄血のオルフェンズ
 似ているけど真逆、重量級MSを改造し、汎用機化したのがグシオンリベイク!
 パイロット昭弘は、「仲間を支える」筋肉質で口下手な青年で
 コウイチの性格にも若干重なります

 同作では機体フレームが、MS性能に直結する設定を重視

 同一フレームなら同一機体
 ガンダムフレームなら、どんなに奇抜だろうとガンダム

 作中設定を、一番感じさせたMSとも言える!

ガルバルディβのデザイナーは“永野護”である事! 氏の代表作と言えば!!

51Qx-N5H6lL
51ASZiExNLL
 ボークス社がキット化した「黒騎士バッシュ・ザ・ブラックナイト」

ファイブスター物語
 FSSとは、ガルバルディβをデザインした永野護氏が、ライフワーク的に連載する漫画
 氏がデザインした、モーターヘッド(後にGTMに変更)が売りで
 これがとにかくカッコイイ!

 鉄血は、生物的で極端に細い腰やハイヒール、フレーム設定等FSSを思わせます

 リベイクは、鉄血風にかこつけて、永野護氏がデザインしたガルバルディβを
 氏の手がけたモーターヘッド風に改造した感も。

 ボトムズを模したレッドベレーの前例からも、「絶対わざとだよね!」って私は思う!

HGBD ガルバルディリベイク ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 原型機はU.C.0087、機動戦士Zガンダムより
 ガンプラバトルが好き! 一度は引退したベテランの愛機
 コウイチ“真の実力”は…?
 似た者同士? 戦友シバ・ツカサ
 リベイクの由来、“鉄血のオルフェンズ”
 FSSの潮流、永野護デザイン
 トップに戻る 


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91
 HGBD-010 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ