公式サイト ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第12話【最終回】 感想 ラストピリオドレビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未プレイ 16時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
オールスター最終回! エピローグにも、楽しさと懐かしさが詰まってた!!

00648
00610
00548
サファイアさんの可愛さは世界を救う! ガジェルの趣味が変なところで役立った!!
 良いガチャが引けない、スマホゲーに付きまとう問題まで絡めて
 ルルナちゃん、救われて良かった!

 何故ちょこが狙われ、ハル達をわざわざ鍛えたか? 続きはゲームで!

エピローグ楽しすぎ!
 特にけもフレルムに、ひぐらし一行が観光に来てたのは変な笑いしか出ません!
 村長大集結、何あのカオス空間!?
 正装国王様かわいい!

 モンク達が駆けつけたのが、特に嬉しかった! 多すぎィ!!
 
ラストピリオド 第12話【最終回】 感想

00591
 冒頭
 Aパート
 Bパート
 Cパート
 感想追記
 制作スタッフ
 これまでの感想

エピローグは色んな面々、あの人ヒューマレルムだったのねー。

00600
 案外振り回されてるようで、ゼクスさん微笑ましい。

あらすじ
 人の闇を取り込んだスパイラル・マーズは、欲望と絶望を融合、世界を喰らわんと動く
 際し、ちょこを取り込み、彼女を救うべくハルは奮闘
 エーリカや仲間たちが駆けつけ討伐した

 支部破綻事件の真相は、彼ら3人とエーリカを鍛える、本部長の計画

 本部長は計画を終了、間接的に雇われていたワイズマン達は解雇となり
 自ら希望したルルナと旅立った

 ハル達は平和を夢見、今日も戦い続けるのだった(終)

 原作会社オリジナル作品、「Phantom in the Twilight」が来期スタート。

ガジェル『何だありゃ?! どうしてこっちにもスパイラルがいるんだよ!』

00011
 前回、カンパネルラは、ワイズマンが心配なあまりハル達に救援を要請
 ワイズマンもまた、ルルナを心配し決死の奮戦を繰り広げ 
 AndroidがGalaxy

 しかしカッテ村とイバリ村、超巨大スパイラルを従え、最強村・決定戦レディーゴー…?

『実は、先にスパイラルを飼い慣らしたのは、イバリ村の方なのですオロ…』

00013
00017
00018
00020
 不毛な競争だ…、血を吐きながら続ける哀しいマラソンだ…、って言ってるー♪

軍備拡張競争
 先にスパイラルを飼いならし、近隣諸村に覇を唱えたのはイバリ村だった
 現実の“核兵器”をオマージュする以上
 こうなっちゃうのね!

 その行き着いた先が、コレって事ですか…!?

 いきなり風刺ネタからスタート
 ブラック企業だの、ガチャだの全く気が利いたシナリオでしたが、いよいよ最終回!

 これじゃ、スパイラルの方が被害者みたいな構図ですね

カッテ村尊大で厚顔無恥なイバリ村よ!

00024
 無慈悲な鉄槌とか言いだしぞオイ! やはりカッテ村は、北朝鮮オマージュ
 対し米国オマージュ、イバリ村も威張りちらし
 ナンバーワンだと戦いを挑む

 ナンバーワーン! って、そんなキン肉マン的に言えば、ネプチューンマンみたいな!!

『村人たちの避難は済んでますオロ! 私達も逃げましょう!!』

00027
00034
00038
00045
00051
00052
00053
 人の闇を力にした、最強のスパイラルカテ~!

形勢逆転
 ルルナのペンダントで起動したカッテ村、対しイバリ村は、ただデカいだけだった
 人の闇を糧にした分、戦いは一転してカッテ村に傾き
 イバリ村のは片腕を失う

 文字通り、火の粉を散らすイバリ村と、燃え上がるハザマ村!

 おそらく、避難訓練が行き届いているんでしょうね!
 おい誰かJアラート用意して!

 際し、ちょこが「人の闇」に反応、やっぱり特殊な存在だった!

エーリカさん『ナチュラルチート…』

00055
 急行しつつ、ルルナのペンダントの異常さをカンパさんは解説
 彼女のコールは、確率が偏った“天然の不正”
 無数の犠牲で成り立っている

 星5を引く事で、他の人たちは引けず不幸に、その闇をペンダントが貯めていた

カンパネルラ『苛立ち、やっかみ、不平感、そして果てしなき欲望…』

00056
00058
00061
00063
00064
00068
00069
00072
 こんな事になるとは、思ってもいませんでした…

ピリオド支部
 星5確定はルルナ自身の力、彼女が引くたびに、引けなかった人の闇が貯まる
 実は、彼女はピリオド本部がカンパネルラに預けた
 研究対象だったらしい

 とにかく急ぐぞ! アイツらだけで片づけられる事態じゃねえ!

 元々本部は、エーリカ達の支部に“試練”を課していたが
 ルルナは別枠だった

 本部の想定を越えた事態となれば、気がねなく助けに行けるワケね!、
 
偉大なるイバリ村がヤられるワケないエラ…』

00081
 これはフェイクだ! フェイクだと訴えるトランプ・イバリ村大村長!
 トランプ氏の就任は2017年1月!
 丸一年以上経ってる!

 となれば、こうしてネタにして作れる余地があったのか!

ちょこ『ハル…、何か、来る!』

00082
00087
00091
00099
00107
00109
00110
00115
00120
00121
 合体してる!?

俺とお前が超融合
 元より、スパイラルとは人間の絶望によるもの、負の感情による産物
 今、ルルナが意図せず溜めこんだ“人の闇”が力を与え
 暴走を促してしまう

 人の欲望と絶望が融合してるんだ…、総てを喰らいつくそうとして!

 中の人なんていたんですか!
 特撮モノのように、背中から出てくるファンサービス、好きな人にはたまらんね!!

 潰しあえばいいのに、更なるパワーアップを果たしおった!

スパイラル『……強い、力』

00125

 ドウシテ、ボクバッカ、アタンナインダ!
 ホカノヤツバッカズルイ!
 ピックアップ トハ…
 確率3%ッテ ウソダロー!
 札束ノ ナグリアイ!
 トツゼンのカホウシュウセイ!
 数値ニ問題ガハッセイシマシタ!
 課金エラー!

 ハル「これは…、僕だ! 僕の心の闇だ!!」


00128
00130
00137
00140
00147
00148
00161
00163
00173
00178
00180
 お前のだけじゃねえ! これは、世界中の奴等が持ってる闇だ!!

クレームをネタにしていくスタイル
 更なる力を求めたスパイラルは、ちょこを捕獲、端末たちが人の形をとる
 以前、レアを引きたくてもがいたハルは「闇」に共感し
 自分が生んだものだと悔いる

 逃げられねえ“感情”だ!

 だがガジェルは尊かった!
 悔いる事はない、同じ事を世界中みんなが考えているのだから

 第一、“感情”から人は逃げる事が出来ない!

ミザル『だけど、その気持ちはそれだけじゃない!』

00183

 ミザル「だけど、その気持ちはそれだけじゃない!
 グル「もっと明るい気持ちもあるグル!
 リーザ「それが誰かを助ける事もあるわ!

 イワザル「ンッンー!
 キカザル「こんな感情だけを寄せ集めるからいけない! だって!!
 キカザル「うっりゃー!

 ハル「みんな…
 ガジェル「だからハル、俺たちの敵は、アイツだけだ!


00185
00186
00187
00188
00189
00193
00195
00196
00201
00204
00206
00207
00208
00210
 キカザル、なーんか楽しいんだよねっ!

詫び石はよ!
 結局、人が“感情”を持っている以上、悪い風に考えないワケがないし
 感情があるから、他人を助ける事へも繋がる
 ひっくるめて“感情”だと

 ハルハル達と一緒に戦えるのがさっ!

 エーリカさん、ジレッドおじさんとノインも到着
 カンパネルラの激も飛ぶ!

 カンパさん、完全に上司気質を身につけてしまった! 

『いいね~、青春だね~、イオナちゃん意外とこういうのに弱いんだよね~』

00213
 ただこの件、“誰が悪い”となると、ルルナが自分を責めてしまうも
 そんな事はない、と皆だって解っているという。
 あのイオナさんが!
 あのイオナさんが!

 ただやはりペンダントが壊れ、状況は変化していた

『だいじょーぶ、もうルルナちゃんには、普通のコールをする力しか残ってないよっ』

00218
00223
00231
00234
00237
00239
 こんな時に期待に応えられないようじゃ、コールガールの名が廃るってね♪

でも本当にそうなのかな…?
 ルルナの星5コールは、他の人の引きを悪化させ、人の闇を喚起し抽出していた
 しかし、吸収装置だったペンダントが壊れてしまった事で
 通常コールしかできなくなったらしい

 それはそれで、皆の力になれないが、それでも大丈夫!

 イオナも、前回イロレンジャーを引けたように
 運気が良くなっていた

 もう星1を連引きし、ハルハルをブチ壊した彼女じゃないのだ!

エーリカ『…あいつが喋っているのか?』

00241

 つ…、よい力
 我が手に

 何もかも、喰らう為


00255
00258
00261
00267
00270
00272
00274
00275
 一体、なんでちょこを!

ちょこの謎
 何故かちょこを返そうとしないスパイラルが、手を一振りするとスパイラルが生まれた
 中には見た事ないもの、見覚えがあるもの達が!
 と

 ちょこは…、僕が守る!

 温泉回での巨大スパイラル!
 あの時は、星5メルディアさんと協力、他にもハル達が倒してきたのが続々!

 最終回は再登場ラッシュと相場が決まってる!

ジレッドおじさん『ハルを援護しろ!

00274
00275
00276
00279
00280
00283
00291
00295
00299
00301
00302
00307
00308
00310
00311
00313
00316
00320
00326
00327
00330
00332
00334
00337
00338
 また呼ばれちまったか/手は貸してやる、雑魚共。だが、ケリはお前につけて貰うぜ。小僧

星5揃い踏み
 無限に湧き出すスパイラル! 突破させたのは、これまで出会った星5の面々
 水着回アイキャッチだけしか出てない気がする人まで!
 と

 ぼやぼやすんな! 片っ端からブッ潰せ!!

 水着回での吸血鬼さん
 正装したダイヤさん、ハルが破滅したドキュメント回のゲストさんも!

 ワイズマン、激を飛ばされまくりですね!

スパイラル『もう…、遅い』

00344

 もう…、遅い
 この世の、全てを飲み込む…

 ハル「待て…、ちょこを返せ!
 ガジェル「やべえ!
 リーザ「このままじゃ世界が!!


00352
00353
00359
00362
00367
00368
00370
00371
00373
00377
 ハルさん、お久しぶりです!/間に合って良かったぜ!

いやその登場はおかしい
 翼を生やしたスパイラルは、世界を相手に飛び立とうとしたのだったが
 赤と青モンク、大量コールした星1の方々が!
 星1すげえな!
 
 行って、ハル、ずびしっ子を!/助けて来い!

 ガジェルも、拳一発で岩を巻き上げるパワー!
 リーザは岩を冷気で固定

 二人とも進歩してる! そりゃワイズマン達じゃ勝てなくなってるワケだよ!!

ハル『あの約束を果たすまで、僕らはずっと一緒にいなきゃならないんだ!』

00383

 ちょこ、待ってて…
 あの約束を果たすまで、僕らはずっと一緒にいなきゃならないんだ
 だから僕は、君を助ける!
 それが運命だから

 この運命を、変える為に!


00391
00396
00399
00402
00403
00405
00406
00412
00416
00422
00425
00429
 この程度の絶望なんて、絶望だなんて思わない!

アートの一撃
 元スパイラルだというミウ、空を飛ぶ…、んじゃなくてトランポリンになった!
 前回、広げて使ってたのは前振りだったのね!
 ミウさん大活躍!

 お待たせ、ちょこ!/うにゅ、だいぶ待ったぞ

 ミウに弾かれた推力で貫通するハル
 ミウの弾力最強説

 炎迎撃、壁走りに触手一蹴、ハルハルもめちゃくちゃ人間離れしてた!

『後は、エーリカちゃんがピッと号令かけちゃいなっ、ス♪』

00431
00433
00435
00437
00439
00441
00442
00446
 私が?! …では

ピリオド
 いつの間にか来てた!? ハルの師匠にあたるピリオド、“モエギ”さんも来てた!
 第1話冒頭、それに水着回に出てた人!
 で

 あのスパイラルを、討伐せよ!

 エーリカさん、ちゃん付けなんですね!
 号令一下、殲滅を完遂

 人の闇を吸い、世界を狙った巨大スパイラル、田舎村の抗争で果てる事に。

『ホンット~、に申し訳ありませんでしたオロ…』

00450
 ビタ一悪くないどころか、飛び火して大火事になったハザマ村が気の毒ゥ!
 しかし、イバリ村がイバったのが大体悪いと
 再び応酬に

 全く反省していない…!

ガジェル『ま、これからは…』

00458
00461
00463
00464
00482
00485
 皆でサファイアさんの応援でもして、仲良く暮らせよな!

これはさすがに大草原
 ところがぎっちょん、何やら意味深に出てきたガジェル、ファンの鑑な発言をする
 結果、マヌケ達が見つかったようだぜ!
 と

 こんな近くに同志がいたとは!

 和解できるのかよ!
 ガジェルの趣味、意外すぎるところで役立った!!

 唯一ファンじゃなかったハザマ村村長、ある意味、すげえ前向きな人である

ハル『支部のゼルは最初から盗まれていなかったんですか!?』

00491
 第1話の種明かし、全ては、エーリカ支部長とハル達を鍛える為の試練
 カンパさんではなく、本部からの試練だったというワケ
 カンパさんも従ってただけなのね

 仮面も手作りし、「良心が痛むわー♪」とノリノリ! カンパさん人生楽しみすぎ!!
 
カンパネルラ『ホント、狙いは大成功だって本部長は言ってましたよ~』

00492
00494
00495
00496
00501
00506
00510
00511
 立場は変わらなくても、僕たちきっと、前よりきっと強くなったもの♪

種明かしに残された謎
 アンドロイド回で、ハル達だけを狙ったのも、あくまで彼らを鍛える試練だったから
 支部は復帰し、第1話で離れた正規ピリオド達も戻ってくる
 一番下っ端に戻るのだ

 うにゅ…、ハルのくせに偉そう!

 支部長はともかく、何故そこまでハル達にこだわるかは不明のまま 
 ちょこが狙われた理由も謎

 ただ本作スタイルだと、「主人公だから」とか、ちょこがサラッと言いそうな感も!

エーリカさん『お前、あいつらの方は良いのか?』

00512
00516
00519
00520
00523
00524
00527
00530
00542
 ンー/あの漫画、読み終ってて良かった、だって♪
 
始まり
 こちらもご破算で元通り、寮は取り壊されたが、“元通りだね”と旅立つのだ
 ハル達と、根っこが相通じるワイズマン達!
 が

 クロパネルラは、ルルナの好きにしなさいって…

 ハル達が強くなれたように
 ワイズマン達も、彼ら、ルルナとの絆を作れた事で確かに変化したと。

 ルルナ、星5確定を失って解放されたのでしょうか

『ワイズマン…、ルルナも一緒に…、連れて行って!』

00546
00548
00549
00550
00556
00560
00567
00568
00574
 よし…、じゃあ行くか!

素顔はお預け!
 お前が言うなとばかりに「旅は厳しい」というグル、実際、根無し草は辛いけど
 でも、「きっと楽しい」とルルナは肯定
 一行は旅立ちへ

 またね、ルルナちゃんっ

 馬車も失ったみたいですが
 もうコールガールじゃなく、“ルルナ”として、損得抜きな感じが微笑ましい

 本作、一番救われたのは彼女だったんですね

エピローグ、列車を見送るハル達。乗っているのは

00579
00581
00587
00588
00589
00591
00592
00593
00594
00596
00599
00600
 エピローグ、再び列車で、各々が本来いるべきレルムへ帰っていくモンク達

女王かわいい!
 イチャつくジレッド兄さんとコレットさん、生暖かい目で見守られてる…
 ノインちゃん、すげえ生暖かい目をしてらっしゃる!
 ニヤニヤしておる!

 また、ネロと組んでたイケメン“ゼクス”、ヒューマレルム所属だったらしい

 水着回後半でメインを張った、フィオラ・ヒューマレルム・エストリア
 フィオ女王の護衛役だとか何だとか

 野獣的スタイルなので、てっきりアニマルレルムだと思ったらたまげたなぁ…。

後日談、アニマルレルムの方々

00603
00604
00605
00607
00610
 相変らず国王、ネロさん好き過ぎ案件

ツンデレルム
 また、アニマル回メインのたつき監督、もといユミルは今日も元気にやっている
 だが男だ。
 また

 よく見れば、お客は3話のひぐらしズである。どうしてこんなところに!

 1話きりかと思ったら、変なところで出てきた!
 バカじゃないの!(絶賛)

 まったく、最終回らしいオールスターだ!

もちろん最終回なので、サファイアさんも登場した

00613
00615
00617
00618
00621
00622
00623
00624
00628
 ただしテロップがかかっている。Blu-rayだとノーテロップ版があるのかも(迫真)

オールスター!
 やたら遠く、苦労したブラッドレルムまで、遠征に行ったファン魂には頭が下がります
 また、水着回では軍艦を乗り入れて皆を困らせた方々
 スペアレルム艦隊司令たち

 彼女らも今度はボートで、平和に訪れたらしい。Nice boat.

 どころか、村長たちが第3話の村に集まる下りは
 中の人が大変そうである!

 ちゃっかりアンドロイド・ソニアも出てくるとか、スタッフさんイイですねえ!

ハル『ピリオド、それは絶望より生まれる異形の怪物、スパイラルを討ち』

00634

 ピリオド
 それは絶望より生まれる異形の怪物、スパイラルを討ち

 終止符を打つ者たちの名である


00635
00636
00637
00638
00640
00641
00644
00646
00648
00651
00653
00657
00658
 僕達はピリオド、絶望の輪廻を断ち切る、唯一の希望…!

いつも心は虹色に!
 絶望が“絶望の怪物スパイラル”を生み出し、スパイラルがまた絶望を生む
 終わりのない負の連鎖を、断ち切るからこそピリオド
 ハル達が目指すものなのだと

 うにゅ、続きはゲームで!/ちょこ、何言ってるの?

 本作は、幾度も「これは創作です」と繰り返してきました
 これはゲームなのです

 だからまあ、「続きはゲームでね!」というオチも本作らしいと思いました

感想追記

 アニメ版ラストピリオド・完結
 支部閉鎖事件の真相
 ルルナ、☆5確定コール
 人の絶望=スパイラルと、人の欲望=ガチャの合わせ技
 ちょこ 

最終回だけにめちゃくちゃ動いてた! アニメ版・完結

00402
 代わりに作画班が大量に必要で、「バトルアニメって難しい」と改めて感じます

“アニメ版”ラストピリオド
 ゲームでは絵は一枚絵、戦闘はCG処理されますが、アニメはそうはいきません
 ゲーム絵は、しっかり書き込まれたモノが嬉しいに決まってますが
 アニメに転用するには複雑

 多少簡易化しても、動かすのは大変で、“原作そのまま”アニメ化は難しい作品

 そこでバトル要素を抑え、日常物・社会ネタを多めに盛り込んだ
 全く異なるスタイルを採ったのでしょうか?

 制作元、同時制作「食戟のソーマ」でも静止画連発になっちゃってましたし。

作画は崩れないし、特に終盤回(ギャラクシー回)など意外な展開!

00315
 メタフィクションとして楽しかったですけど、原作ファン的に複雑よね的アニメ
 しかし、バトルアニメ化すると予算が青天井になるしで
 アニメって難しいなー

 って、改めて思う作品でしたホント。

第1話以来の謎だった、「カンパネルラのバレバレ暗躍事件」

00352
 正解は、本部がエーリカとハル達3人を鍛える為に指示し、カンパが実行役を担ったもの

本部の試練
 バレバレな暗躍の意図を、最後まで引っ張ったのは少しダレる面もありました
 ハル達を鍛える為、という意図は最初から透けていたので
 引っ張ったにしては物足りないというか

 なら何故、初心者であるハル達なの? という事とか

 12話をかけ「本作は作りものだ」とちょこが度々主張
 ゲームである以上、主人公ハル達が軸になるのは、当たり前と言えば当たり前ですが!

 ちょこが狙われた理由とか、謎がモヤッとした!

人の闇に反応したり、ホントちょこちゃん何だったんだ!

00120
 今まで散々、メタ的な台詞を言ってきた理由が、ここで回収されるのか!
 と思ったが、そんな事なかったぜ!というオチですが
 ホント何だったのか

 原作側で、特殊な力を持った存在だった、とか後々解るパターンなんでしょうかね

ルルナ星5コールは、ペンダントが壊れた事で機能しなくなった

00063
00064
 その正体は、「ナチュラルチート」として、ピリオド本部から研究依頼されていた

ナチュラルチート
 ルルナが☆5を引くと、他の人が引けなくなり、“ガチャが当たらない!”と苦しむ
 すると、人の闇、と呼ばれるエネルギーとなって
 ペンダントに蓄積される

 我知らず、他人を不幸にしてエネルギーを蓄積していたルルナ

 しかし、ペンダントが壊れた事で能力は失われ
 普通のコールガールに

 どうしてそうなったかは不明ですが、“☆5コール”はこうして解決に

イオナの異常な引きの悪さも、ルルナの傍にいたから?

00342
 これは僕とコールの問題なんです! だったイオナちゃん回!
 当時は、ルルナが近くにいると知らなかったので
 気付かなかった的な。

 いずれにせよ、イオナちゃんに悪意はなかったんですね! 許された!!

予告にも出た、恐ろしげな怪物の正体は「人の闇」だった

00147
 人の絶望スパイラルと、“欲しい”というガチャへの欲望が超融合!

欲望と絶望の融合体
 ゲーム運営に対する怨嗟の声を、そのままアニメに出すとかメタネタだった!
 詫び石とは、運営側にミスがあったとき「お詫び」として
 ガチャ権利を提供するというアレか

 ハル自身が、これを“生み出した一人”だから、否定しきれなかった

 けど皆が同じ思いで、ハルが特別おかしいわけじゃないし
 ゲームって楽しいからやる!

 良いも悪いもひっくるめて感情、ガジェルが男前な回でしたねー。

ピリオドが求めたなら、ちょこは“悪い力”なのか? それとも

00258
 本作世界で特別な存在であるハル、その特別な人であるちょこ
 彼女は、この世界全体にとって特別である…
 みたいな論法だったのかもですね

 或いはメタネタ連呼=プレイヤー、力の源である、みたいな。

2018年6月27日 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第12話「ラストピリオド【最終回】」

00370
 岩崎良明監督が参加し、絵コンテ演出から大変な数!

スタッフ
 脚本:白根秀樹
 絵コンテ:檜川 信夫/橋本 敏一/岩崎 良明
 演出:岩崎 良明/橋本 敏一/工藤 利春/尾鉄 大
 作画監督:高橋みか、伊東葉子、佐野はるか、芝田千紗、坂本哲也、
 中田久美子、森七奈、冷水由紀絵、藤部生馬、
 中西愛、上田みねこ
 アニメ制作:J.C.STAFF Co.,Ltd.ジェー・シー・スタッフ
 原作:スマートフォン用RPG
 制作協力:なし

あらすじ
 激突する二体の巨大スパイラル。炎と瓦礫の中、逃げ出そうとする一同だが、自分たちピリオドの使命は暴れるスパイラルを倒すことだと言い切るハル。しかし巨大スパイラルには歯が立たず一旦引くことに。その時、防戦一方だったスパイラル・マーズの中で、黒い塊が胎動するように動いた……。

これにてアニメ版完結! 続きはゲームで!!

00307
00308
00310
00311
00313
 原作会社オリジナル作品、「Phantom in the Twilight」が来期スタート。

謎はゲームで解決してね!
 ちょこに秘められた力の正体は、ゲームで解決エンド! ハル達が試練にあったのは
 本作スタイル上、「主人公だから…」とざっくり答えるのかもだし
 同じく秘密があるのかも

 故郷をスパイラルに焼かれ、ハルとちょこが約束した事は何か?

 シンプルに、“こんな悲劇は終わらせ、ピリオドを打とう”って話なんでしょうが
 アニメとしてはモヤモヤする終わり方でした

 でも本作はゲーム! そう言い続けただけに、違和感ないオチだった気がします

ラストピリオド 第12話【最終回】 感想

 冒頭
 Aパート
 Bパート
 Cパート
 感想追記
 トップに戻る


 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第1話「終了のお知らせ」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第2話「温泉改」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第3話「その日暮らし」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第4話「おゼル持ち」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第5話「沼の名は。」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第6話「仮面の告白」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第7話「あにまるトモダチ」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第8話「水着貝」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第9話「膨張する銀河」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第10話「はぴえれ怪」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第11話「架空の話」
 ラストピリオド 終わりなき螺旋の物語 第12話「ラストピリオド【最終回】」