公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第13話 感想 デュエル -決闘- レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 15時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
リクvsツカサ! 作り上げても壊してまた作って 何百回もAgain&Again!!

00115
00353
00031
原型が無くなるほど改造された愛機は、シバがやり抜き、愛し抜いた証だったのだと。
 何だか、「ガンプラが好き」って、気持ちで頑張り抜いたはずが
 迷走するシバ自身に重なりますね

 でも好きなら、僕らも好きな事を否定しないで、ってリクの気持ちも解る!

アヤメさんが美し幸せだからそれでオールOKとする!
 背景のマザーバンガード、エンジェルハイロウ、U.C.0100年代ネタも楽しかった!
 シバ、端々に見える根っこの人の良さ、久々のGPDと
 リクに解って貰えると思い込んでの哄笑!

 これは「自分の好き」と違うと思っても、守る為に貫いたリクと対照的でしたね

HGBDアストレイノーネイム、8月発売決定! 原型はレッド? ロード?

Dgm2H52VMAAvlhU
 仮名にて8月発売予約受付中、ライフルも9月予定と見たなァ小生は!

アストレイノーネイム
 アストレイ「王道ではない」という機体名が奇しくもピッタリだった本機も8月発売!
 本機のようなギミックは、アストレイではお約束となっており…
 やっぱりシバさんガノタだよ!

 大丈夫、確かにアヤメさんを泣かせたのは許されないけど許されるよ!

 だってよ、こんなにカッコいいんだぜ!!(個別記事はこちら

ガンダムビルドダイバーズ 第13話 感想

00036
 冒頭(今週のコーラサワー)
 Aパート
 Bパート
 500戦以上を越えた相棒
 ガンプラバトルの真髄
 GBNにいたから作れた
 これで最後にしますから 
 アヤメの笑顔は美しい
 予告
 感想追記
 これまでの感想

シバは悪党です、鬼子です! でもそれらを脇に置いてでも

00239
 Aパート最後の笑顔、“熟練者なら、やれば良さが解る”と確信してたんだろうなって

あらすじ
 BD撲滅が進む中、アヤメが姿を消し、黒幕が“彼女のガンプラを返してやる”と伝えてきた
 リクは、ガンプラを実際に動かし戦うGPデュエルで
 黒幕シバ・ツカサと激突する

 壊れるか壊されるか、ギリギリの駆け引きこそGPデュエルの醍醐味!

 だが両腕を失ったリクは、奇策に懸けて勝利を呼び込み
 敗れたツカサはコウイチと再会する

 アヤメもまた“仲間”の存在を実感し、BD事件は終息を迎えた

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」

おめでとう、有志連合の諸君!

00000
 前回、マスダイバー“黒幕”と決戦の最中、ダブルオーダイバーエースが光る翼を発生
 ブレイクデカールの影響を打ち消し、システムを正常化させ
 ゲストに偽装した黒幕を退散させる事に成功した

 また、この場面の後姿から、「鉄仮面ズ」にフル・フロンタルもいたらしい。

『諸君らの活躍によって、GBN崩壊という最悪の事態は防ぐ事が出来た!』

00002
00003
00004
 当たり前だけど、ちゃっかりコーラサワー! ダニエルもいるネー!!

ゴッドロンメル大勝利!
 あの戦い以降、マスダイバーによる被害報告もピタリと止み、有志連合大勝利!
 希望の未来へ レディー・ゴー!と呼べる結果
 だから今日はお祝いだ!

 今宵はログアウトするまで、思う存分楽しんで欲しい!

 呑気ッ! 呑気だぜ!!
 他作品なら、「奴など囮に過ぎなかった」、とか言われて暗躍されそうな展開!

 実際、裏では事態が動いていた…、というのが今回の話。

高い壁 飛び越える為 今隣にいてくれるのは誰?

00079
 というワケで前期オープニングもラスト、アヤメさんの機体はどうなるのでしょうね
 正直、最初は少なからず「!?」って思った曲ですけれども
 今、言うならイエスだね!

 テンション高い曲は、やっぱり本作ピッタリだと思う! 

ロンメル『チャンピオン、今日の主役が来ていないようだけど?』

00005
00006
00007
 チャンプとロンメルの周りは、エゥーゴ(Z)女性服などひたすらに女性が多かった。

ロンメル残念事件
 モフられ慣れしたロンメル大佐は、リク達が起こした、あの現象を知りたがっており
 彼を「今日の主役」と呼ぶほどの持ち上げっぷりだった
 が

 その件だが、リク君本人にも解らないらしい

 色んな意味で残念なお知らせ
 キョウヤは、バグで不安定なシステムで偶発的に起きたのかもと推測する

 確かにその解釈も、納得させるには十分かもですね

『ともあれ、戦闘時のログデータは残っている』

00008
 システムが強制復元された今回、ログ=記録がちゃーんと残ってくれたので
 運営も、ようやく修正パッチ(BD無効化)に着手できるらしい
 全ては良い方向へ進んでいる
 と

 今まで、“改竄された痕跡”すら残らず、どうしようもなかったですものね

ユッキー『うーんダメだね…、アヤメさん、ログインしてないみたい』

00009
00010
00011
00012
 リクは優しいね…、でもゴメン。私は自分が許せない。だから…。

戻ってこれない
 アヤメは戻ってこなかった、“ネトゲ”である以上、連絡を絶たれるとそれっきり
 ある種、ネットでの付き合いの「壁」に突き当たるリク達
 アヤメは自分が許せない

 たとえモモ達が、事情があったからと理解してもダメはダメ

 ならぬものはならぬのです。
 そしてこの場面、アヤメさんの作画が素晴らしく美しい

 やはりアヤメさんは美しいのです。

『でも、僕達と顔を合わせにくいって気持ちは解る…』

00013
 アヤメの気持ちに、「経験がある」と理解したのは年長者コウイチ
 周りが、いくら言ったってダメなときはある
 コウイチもそうでしたから。
 優しい…。

 経験するほどに、それが共感となり、他人に優しくなるタイプの人。

サラ『リク……』

00014
00015
00016
00018
 BDの販売ルートや、購入者リストなどが判明した

流浪人
 話を聞いたキョウヤ、世界最強チャンプとて、この件ばかりはどうにも出来ない
 ただ彼は、「ブレイクデカール流通データ」を提供した匿名人物
 それがアヤメだと推測する

 修正パッチと合わせて、これでブレイクデカールを撲滅できるハズだ

 アヤメは来なくなったのでなく
 リク達と顔を合わさぬよう、設定変更(公式機能)をした上で活動してたんですね

 自首しても物証がなく、改竄で消えてるから無意味ですし。

『キョウヤさん! GBNはアヤメさんの事を追い出したりしないですよね?』

00020
 キョウヤは、証拠がない以上、「彼女は事件の功労者だ」と優しく言う
 全てがデータである以上、それを書き換えられるなら
 物証と呼べるものが極端に限られます
 データは怖い

 リクは無論、罰があるなら自分達も一緒に…、と勢い込むも

キョウヤ『しかし、罰されないからと言って、全てが元通りになるワケじゃない』

00022

 しかし、罰されないからと言って、全てが元通りになるワケじゃない

 BDを使った人も
 それを使われた人も
 そして、それを広めた人も
 等しく心に傷を抱えて行く事になる

 彼らをどう受け容れていくか、それが次の課題だよ


00024
 俺達ができること…、アヤメさんの為に…?

君の為に出来る事
 罪悪感は消えないし、罰されない事が、“酷い目に遭った側”の怒りを増幅させる事もある
 現実の犯罪と、心の在り方では変わらないのかもしれません
 ならば?

 また気がねなく戻ってこれるように、笑顔で帰って来れるように…

 これがリクの結論でした
 心の問題は、心の中で解決するほかない、リク達には手伝えません

 なら“その後”に備えておくという事か。

キョウヤ『以前のような、皆が笑顔になれるGBNを!』

00025
 キョウヤもリクも、GBNを楽しみ、健やかに強くなった代表として物事を考える事に
 しかし、本作感想で「ロクなプレイヤーがいない」という声があるように
 受け取り方は人それぞれ

 果たして、本当に“以前のGBNは、笑顔にあふれていた”のか…?

リク『皆でいっぱい家具アクセサリーなんかを手に入れてさっ』

00026
00027
 アヤメさんの好きな、可愛いぬいぐるみとか♪

バレておる!
 リクの結論は、フォースを盛り上げ、アヤメさんが好きそうなものを集めておこう!
 ガンダム的に言えば、「アヤメ色に染め上げる!」的な。
 で

 もう時間だ! 帰らないと…、それじゃあサラ、明日からよろしくっ

 時間になったらお別れ。
 これは普通の事、でも「サラはデータ世界の存在では?」と疑うと切ないですね

 或いは、何らかの事情で常時接続とか…? 果たして?

『ビルドダイバーズのリクか? …そんなに構えなくてもいい』

00029
 黒幕からのメッセンジャーボーイ、条件は「アヤメの絆のガンプラ」。
 アドレスを渡すから、ここから連絡を取って欲しい
 もちろん、他言無用が条件だ

 なお彼、公式外伝「ビルドダイバーズブレイク」主人公の一人、ゼン君だ!

ゼン『三つほど条件がある』

00030
00031
00034
00035
00036
 ダブルオーダイバー…、一緒に来てくれ

三つの条件
 無論、「他言無用」「独りで来る事」「ガンプラを持ってくること」の三つ
 三つの条件を満たしたなら、アヤメのガンプラを返してやろう
 そう言われたら行くほかなかった

 彼女とて、戻ってきたからどうというワケじゃない、でも他にすがるものがない

 叫びを聞いていた彼は、ダブルオーダイバーを持って行き…。

モモ『集合時間、とっくに過ぎてるじゃん!

00038
00039
00040
00042
00044
00045
00046
 アヤメ君のガンプラを取り返しに!?

河を渡る
 翌日、不器用なリクは、周りに対しウソを吐いて行くような真似も出来ず
 サラが全てをバラしてしまう事に
 が

 ごめん…、ユッキー

 どこに行ったか分からねば同じこと!
 にしてもリク君、ユッキーとの画像が仲良すぎない!? 仲良すぎない!?

 スネるモモちゃん可愛すぎない!?
 
リク『これは…?』

00051

 GPDだよ
 見た事くらいあるだろ?
 リアルでガンプラバトルを行う装置さ…

 サーバー上でデータをやり取りするだけのGBNとは違う

 攻撃を受ければガンプラは傷付き
 撃墜されれば、修復不可能な程ダメージを受ける
 
 本物の戦い…、それがGPデュエルだ


00057
00058
 返してやるとも、俺と戦えばな?

本物の戦い
 シバが望む“本物”とは、やはりコウイチと彼が没頭した、現実でのバトルシステム
 データでなく、ガンプラそのものを動かして戦うのだ
 が、何故戦うのか?

 GBNでは、お前に煮え湯を飲まされたからなァ…

 それが理由だと。
 とは言いますが、正確には前回冒頭でのやりとりが原因なんでしょうね

 リクは“本物”を知らないんだ、だから教えてやる、と。

シバ『…ホンット、まさかだぜ』

00062
 シバ曰く、前回での現象は、GBNメインプログラムへの介入だった
 自分と同じ事をやる奴がいたなんてな?
 と、リクに言いますが…

 中学生のリク君わからない! さっぱり解らない!!

シバ『…しかもアイツと同じチームとは』

00064
00066
00067
00073
00078
 トボけンのか? まあいいさ、さあやろうぜ? 本物のガンプラバトルって奴を教えてやる

リアルネーム
 リクをハッカーだと誤解した様子のシバですが、リクも勝負を受ける他なく
 狙い通りだ、と、ようやくニヤリとするシバ兄さん!
 リアルネームで名乗りあう

 俺はシバ。…シバ・ツカサだ

 GBNを嫌うシバ
 彼からすれば、GBNの申し子リクは、“きっとガンプラを壊したくない”だろうと…?

 瞬間ニヤリ、どんだけデュエリたかったんですか!

ユッキー『…やっぱり拒否されちゃってる…』

00080
 放置プレイ続行中ビルドダイバーズ、久々のナナミ姉さんやはり可愛い
 しかしシバ、もっとも信頼するであろうコウイチが
 リクに付いてる事をどう思うのか

 そして以前、「解れよ、時代は変わったんだ! もう、終わりだよ」と言った真意は…?

サラ『リク…、ダブルオーダイバー…、どこにいるの?』

00081
00082
00083
00086
 いきなり実戦じゃなンだから、少し時間をやる

操作等、全てGBNと基本一緒
 リクとダブルオーダイバー、もしサラが“データ上の存在”であるのなら
 データ同士、プレイヤーとガンプラも大差ないのかも…
 とまれ

 それまでに、GBDに慣れとけ

 意外に人が良いシバ兄さん
 もちろん、操作に慣れてなかったとか言い訳されても困る、叩き潰したいからなのか

 でも、口調といい妙に優しさが見え隠れする気がしますね。

『ミカミ・リク、ガンダムダブルオーダイバーエース行きます!』

00089
 限られた空間ですが、ガンプラが動くには、十分すぎる広さがあるらしく
 いかなるカラクリか、実際に動き出したダイバーエースは
 ドーム状の空間へ突入

 際し“PLA-NET”、どうもネットワークへ接続した様子

リク『これが…、GPD.すごい……!』

00090
00096
00100
00101
00103
00105
00106
 巨大な輪っか状の残骸、エンジェル・ハイロウ(V)や、サイコ・ガンダム(Z)の残骸も

“きしむ”本物のコントローラー
 コウイチ回では、システム半分しかなく、過去データを参照しただけでしたが
 今回、実際に動かしてみて感嘆の声をあげたリク
 操縦性は問題なし

 ウォームアップは必要なかったかな?

 心なしか声が優しくなったシバ
 リクの賞賛にか、はたまた久々のバトルにか、単なる嘲笑か

 それら諸々一体なのか、雰囲気が変わりましたね

リク『その機体は…!?』

00111

 コイツで500戦以上ヤッた

 倒されては直し
 改造し
 改良し
 GPデュエルに特化させた…、俺の相棒 

 アストレイ・ノーネイム!

 …どうした? 間合いだぜ?


00112
00113
00115
00116
00118
00120
00121
00122
 ビームコーティング!?

アストレイ・ノーネイム
 彼は変わってはいなかった、コウイチが背中を任せた機体、アストレイの成れの果て!
 試作アストレイは、レッドやブルーなど「名」を持つのが特徴ですが
 名前さえなくしたという意味か?

 原型を留めぬ改造は、使い抜いた歴史、プライドそのもの!

 それでも、なお使い続ける深い愛着も感じる
 実にシバらしい機体だ!

 ある種、“GPデュエル(ひとつの事)”に執着する、執念そのものでもある!

シバ『GPデュエルでは必須スキルだッ!』

00124
 深読みすれば、必須なほど過酷であるという事! 壊されない為に何でもする!!
 逆に言えば、壊されても「悔しい」だけで済むような
 生温さが許せないんでしょうね

 でも、上級者しか残されない厳しさ、敷居は滅ぶのみ! 初心者を大事に!

リク『一撃が…、重い!?

00130
00131
00134
00135
00139
00141
00143
00144
00147
00149
00154
00157
00158
00160
00161
 ダブルオーダイバー!?

ガチ勢、吼える
 可動性に優れたアストレイの長所はそのまま、ガチ勢ならではの白兵戦!
 初めての“破損”に、リクは堪らず悲鳴を上げた
 が、シバにしてみれば

 その程度で、ガタガタ言うな!

 背景、マザー・バンガードの帆が!(クロスボーンガンダム)
 じゃなくて変形!?

 右肩マントは、変形・開放型ビーム・ライフルに!

のみならず、アストレイ・レッドフレームならではの武器も!

00164
 マントは変形、腕力を大幅アップさせる“パワーシリンダー”を兼ね備え
 原型機同様、超大型刀剣を扱うギミックがあった!
 なんとまあカラクリの多い機械だ!

 流石! ギミックが多い事まで“アストレイ”してらっしゃるぜ!!

シバ『かわせよ?』

00165
00172
00175
00178
00180
00182
00183
00184
00185
00186
00188
00189
00191
00192
 感じるかミカミ・リク? ガンプラの痛み、戦いのリアル、極限の駆け引き…

おいデュエルしようぜ!
 投擲された実体剣に縫い付けられた00D、だが“かわせ”と言う言葉通り
 本命の攻撃、あの実体剣を支えられる極限握力が
 巨大な「帆」をヘシ折った!

 これがGPデュエルだ!

 巨大宇宙艦と推進器を繋ぐ、最も負荷がかかる部分をヘシ折ったノーネイム
 見せたかったのは、この握力!

 すごーい! 斬るんじゃなくてへし折った!!

サラリク!?

00194

 ハハハ楽しいなミカミ・リク!

 解るはずだ
 お前には!
 これこそがガンプラバトルの真髄!

 GBNなど、ガンプラバトルの本質を見失った、偽りの世界!

 まやかしなんだよ!!


00197
00199
00200
00202
 シバがリクを招いたのは、やはり理解を求め、理解してくれると信じての事

極限の面白さ
 ガンプラの痛み、壊し壊される現実の戦い、だからこそ極限の駆け引きが必要になる
 抜き差しならない、ギリギリの状況で戦う事にこそ
 本当の面白さがあると

 多分ですが、タイガーが、“現実じゃないから面白い”と評したのと真逆

 あの時は、どうせ死なない世界だから怖れるな
 楽しめとタイガーは言いました

 しかしおそらく、シバは逆。ギリギリだからこそ面白い!

リク『だから…、BDを使ってGBNを!?』

00205

 だから…、BDを使ってGBNを!?
      シバ「ニセモノの癖にデカいツラするからだ」

 ニセモノなんかじゃない!
 GBNを本気で楽しんでる俺達の気持ちは…、本物なんだ!


00208
00209
00211
00212
 リク!?

ニセモノだろうと本物だ!
 前回、コメントで頂きましたが、シバにすれば「仮想スポーツ」のようなものか
 たとえばボクシング選手が、“VRでのボクシング”を見た時
 痛みを感じぬそれに何を思うか?

 本物が衰退し、仮想現実が栄える、そんなのは許せない!

 まだ怒りに燃える勇気があるなら
 巨大な敵を打つべし!
 打つべし!

 しかし仮想だとしても、“それを楽しむ気持ち”は、確かに本物なのだと。

シバ『なぁにが本物だ!

00213

 なぁにが本物だ!
 お前達など、まやかし…

 ガンプラを愛してもいない奴らがァ!!


00216
00220
00222
00223
00224
00228
 うおおおおおお!

二人が見た“GBN”
 確かに! リクはガンプラを愛しています、話しかけたり意思を感じたり!
 むしろ常軌を逸するほどですが、シバから見たら?
 彼はBD販売者

 勝てれば改竄してもいいとか、ガンプラ完成度を無視する輩ども

 シバは、そんなBDを欲しがるプレイヤーばかり見てきた
 視点が違うと思うんです

 たとえ“勝ちたい”理由が様々でも、「なら強くなれよ」と思っていたのかも。

リク『…取り消して。今の言葉は、取り消して!

00229
00231
00232
00235
00238
00239
00240
00243
00246
00249
00251
 あの光…、EXAM? いや、ナイトロシステム? ※共に性能アップ機構の名前

ナイトロシステム
 リクがようやく見せた戦意に、むしろシバはニヤリ。こうじゃなくちゃGPDじゃない!
 アストレイ、面白追加パックユニットは展開
 システムを起動

 リク…、リク! 良かった、繋がった!!

 翼は、SEED世界的に遠隔端末“ドラグーン”として機能
 更にナイトロで性能を跳ね上げる!

 リクが言い当てた通り、“ファイターの能力”を引き上げるシステムが付いていた!
 
『リク、大丈夫!? 私、リクが大変な事が解るのに、会いにいけない…』

00255

 リク、大丈夫!? 私、リクが大変な事が解るのに、会いにいけない
 応援できない
 何も届けられない…
 ごめん!
 

00257

 そんな事ない! 俺、サラから色んなものを貰ってる!
 サラだけじゃなくて、皆からも!
 今だって感じてる!
 皆からの気持ち!

 だから、諦めたりするもんか!!


00263

 必ず、アヤメさんのガンプラを取り戻す!
 だから頼む!

 ダブルオーダイバー! 最後まで俺と戦ってくれ!!

 シバ「GBN育ちのガンプラ如き!


00264

 俺のダブルオーダイバーは、俺独りで作ったんじゃない!
 ユッキー、モモ、コーイチさん
 アヤメさん!

 チャンピオン! タイガーウルフさん! シャフリさん!

 GBNにいたから作れた!


00265
00272
00273
00276
00286
00289
00297
00303
00307
00308
00309
00310
00312
00321
00326
00339
 だから…、負けない! トランザム!

GBNにいたから作れた
 シバにすれば、壊される事もない、生ぬるい環境で育ったガンプラなど弱体!
 しかし、第2話でトランザムに失敗してしまったし
 第5話もシャフリさんに酷評

 見た目は同じでも、ダブルオーダイバーの完成度を上げてきたのだと

 実際、ユッキーのジムⅢも見た目こそ変わりませんが
 シャフリさんの評価は激変しました

 こうしたたくさんの出会いは、広いGBNだからこそ為しえた!

シバ『これだ…、これこそがGPDだ!

00344
00345

 シバ「これだ…、これこそがGPDだ!
 リク「ごめんよ00ダイバー、でも負ける訳には!
 シバ「だが、最後に勝つのは俺だァ! 

 リク「俺達の“好き”だけは! 否定される訳にはいかないんだ!


00346
00347
00350
00353
00356
00357
00358
 激突の末、喜びに震えたシバ、悲しんだリクの対比

笑顔の理由は
 何よりシバは、解ってない奴に、これこそ良いものだと知らしめる為に
 リクは、否定して欲しくないが為に戦い
 決着を迎える事に

 シバにすれば、本気で“壊される”拮抗した戦い、これこそが望み

 喜びに震えたし「解るはずだ」と
 リクが戦うと応えた時、シバが笑ったのは、やれば解る確信なのでしょう

 敷居は高いが、熟練プレイヤーなら楽しさを解ってくれるハズだと。

リク『これで…、最後にして下さい』

00359

 これで…、最後にして下さい
 ガンプラが…
 ガンプラバトルが好きで、皆で笑顔になりたくて始めた事じゃないですか

 あなたが、ガンプラバトル大好きだって分かります

 でも!
 だからこそ!!
 俺たちの“好き”まで否定するのは

 ガンプラを好きだという気持ちで、誰かを傷つけるのは!

 これで最後にして下さい。…俺も、最後にしますから!


00363
00367
00368
00369
00370
00370
00374
00375
00376
 ありがとう…、ダブルオーダイバー…、俺、直すから…、絶対直すから…!!

これで最後にしますから
 リクは、壊れてしまった右腕を直接サーベルに押し当て、引き抜いていたのだ
 皮肉にもシバは、掲げる“極限の駆け引き”で敗北
 頭頂部まで貫通に

 うん…、ありがとう

 リク達のGBDが、ネット回線(PLA-NET)で繋がった事を利用したのか
 サラが位置情報を伝え一同が到着

 アストレイ、頭部にミラージュフレーム要素まで…!?
 
コウイチ『ツカサー! …ツカサ、なのか…?』

00378

 解ってんだろ…
 お前なら

 時代に取り残された者の末路って奴さ

 コウイチ「GBNを…恨んでいるのか?
 シバ「消えてなくなればいい
 コウイチ「そんな事をしたって、どうにもならないじゃないか! 俺達、過去にはもう

 解ってるよ!

 でもな、俺はお前みたいにダンマリを決め込んだりしねえ!
 戦うさ! 戦うに決まってんだろ!!


00381
00383
00386
00389
00393
00394
00396
00398

 なら…、なんで、お前は泣いているんだ

 …俺だって、一度は離れようって思った
 でも! もう一度教えてもらったんだ!! ガンプラが、大好きなんだって!
 お前はどうなんだ?!
 ツカサ!

 感じたんじゃないのか!
 リク君とのGPデュエルで、あの頃の、俺たちの気持ち!
 もう一度

 大好きだって気持ち!! ツカサあああああ!


00400
00403
00404
00407
00408
00409
 ツカサもコウイチ同様、GPNにのめりこめず、“自分が悪い”とは感じた

認め難い想い
 自分は古い、時代はGBNだ、でもコウイチみたいに諦める事は出来なかった
 彼はハッカーとして、ニセモノをブッ壊そうとしたが
 内心では泣いてたんだと

 前回冒頭、サラに言い当てられたのは、まさに図星だったと

 多分、後はアヤメ同様に他に縋るものがなく、一度始めたら止まれなかった
 きっとアヤメとコウイチ二人分。

 シバは今、“楽しかった自分自身”に、戸惑っているのでしょうか

やっぱりココにいたっ♪

00000
 同じく傷つき、辞めてしまったコージー達は、GBNにもログインしなくなっていた
 しかし今回、アカウントを残していたからと現れ
 朗らかにアヤメにアイサツする
 アイサツ!

 曰く、アヤメが送ってくれたモノを、キミ自身に見せたくて来たよ、と

アヤメなんで…? どうして……? ! リク達が!?』

00002
00003
00006
00008
00009
00013
00016
00017
00018
00019
00020
00022
00028
00029
00030
00031
00036
00037
00038
 はは…、そっか。新しい仲間達がいるんだね?(コージー)

覆面の終わり
 アヤメの困惑、“彼女に代わって、何も言わず取り返してくれた”人達がいるという事
 総て諒解したコージー元隊長の言葉に
 と

 はい…、とても…、とても大切な、私の仲間です!

 コージー達は、どこまで行っても大切な先輩であるという事。
 敬語で応えた彼女にそう感じます

 いい笑顔、いい日差し、リク達の苦しみは確かに報われた!

予告『ごめんよ、ダブルオーダイバー…』

00039

 リク「ごめんよ、ダブルオーダイバー、痛かったよな?
 ユッキー「リッくん…、僕に出来る事があったら、何でも言ってよ!
 ユッキー「修理でも何でも手伝う!

 リク「ありがとう、ユッキー!
 リク「でも、ここから完全に修復するのは難しそうだから
 リク「ダブルオーダイバーの魂を引き継いだ、新しい機体を作ろうと思うんだ!

 ユッキー「ダブルオーダイバーの魂を?

 リク「次回、新しい力!
 リク「目指すんだ、俺達一緒の進化を!


00044
 次回予告、これ絶対モフられた後だよね!?

新しい力
 次回、青春っぽい座り方してるチャンプ、シャフリさんやロンメル隊長らの協力を得て
 早くも、リク君の後継機が完成してしまうようですが…?
 世界的メンバー大協力!?

 また予告にいない為、アヤメさんは素顔になっちゃうのかも?

 描写がないのは、変化の証な気がしますが
 単に覆面を取るだけ? それとも…あ、ニーソックスはそのままでお願いします!!

 予告が原点回帰してて、平和になった感がするね!

リク達の位置を感じ取り、外部への送信まで行ったサラ

00048
 次回予告、リクとタッチする描写、また「光の翼の中」で手を伸ばす描写は…?

サラ編、突入?
 ツカサはGBNを認められない自分は、時流に逆らっていると頭では理解
 戦う、とは言いましたが、直後にコウイチに諭された辺り
 当分は大人しくしているのか?

 予告で妙にサラをクローズアップするのは、彼女の正体を探るシーズン?

 リク新型からの翼は、例の翼を任意で使えるものにしたように見えますね
 演出が先の事件と酷似

 作ったが動作せず、サラの協力で動き出すとか?

リク新型は、“ダブルオー”の面影を色濃く残すも…?

00055
516ECmLn9bL
 ダブルオー要素を持つデスティニーガンダム? ※画像はMG版

ダブルオーの魂を受け継ぐ!
 形状は、頭部・太腿・腰部がダブルオーに近いも、「受け継いだ」似せた部品か
 同じダブルオー改造は、商業的にないと思いますし
 前腕や背負い物はデスティニー

 問題は翼形状が違いすぎる事、足首がインパルスっぽい

 何より1600円台という安さ
 デスティニーなら完全新規、しかも翼は全く別物?

 でも光の翼再現を志し、原作での翼搭載機、デスティニー改造はありえそう?

似たキットかつ、本作ピッタリと言えばコレ…?

482102e9
 DESTINY MSVに登場した、デスティニーシルエット搭載のインパルスガンダム

デスティニーインパルス 
 足首の形状や、背負った対艦刀らしきシルエットは、こちらのが似てますが
 翼の違い、何より前腕の形が全く違う為
 流用が効きません

 デスティニーインパルスへの変更部が、画像とかみ合わない!

 しかし、インパルスが既にHGCE化してて
 コストが抑えられます

 光の翼パーツは、いずれにせよ完全新規っぽい感じですね

感想追記

 アストレイノーネイム/レッド? ロード??
 ナイトロシステムとは
 外伝主人公がゲスト出演!
 原型がなくなるほど、改造し抜いた男達
 GBNだから強くなれた 

500戦以上もバトルし、改造を繰り返した“ノーネイム”

00000
Dgm2Gp_VQAAPjIY
loadast_zensin1_up2-440x766
153_928_s_i976wjs5ph4dykonk57qbvpfx7rd
 設定画や劇中は、複雑すぎる線を省略し、ガンプラよりシンプルになっている

アストレイノーネイム
 物語上、原型機はレッドフレームらしいが、前腕以外の主要フレームはロードアストレイ
 また、頭を前後ひっくり返し、カバーを割るとミラージュフレームと
 各種アストレイが盛り込まれてる

 或いはレッドを止め、ロードアストレイを作り直し、改造したのか?

 しかしツカサの性格から、別の機体に浮気するのも考えにくい上に赤く塗装
 例の箱にレッドフレームは見当たらなかった…?

 いずれせよ、ここからHGロードアストレイのキット化が見えてきた!

アストレイレッドフレームとは、“原型がなくなるまで改造された”主役機

00278
00218
 初出は機動戦士ガンダムSEED ASTRAY初作、SEED外伝主役機

アストレイレッドフレーム
 本編主役ストライク等、「ガンダム」開発時、勝手にデータを盗用し作られた試作機
 5機が異なる色で作られた、それぞれがバラバラに改造されたが
 グリーンとレッドは基本外観はそのまま

 主役機レッドは、趣味人ジャンク屋に手に渡り、知りえたあらゆる技術が投入

 結果、使えないのに「積みたいから積んだ」機能もあるなど
 技術的には魔改造の極み

 ノウネイムを見たら、きっと目を耀かせ「見せて見せて!」と言うに違いない

ロードアストレイとは、“王への道を歩む”の意味を込めた異端のアストレイ

loadast_zensin1_up2-440x766
 現在連載中「天空の皇女」に登場、感想はこちら1巻、そして2巻)。

ロードアストレイ
 元々、「王道を外れた」の名を持つ本機に、王への道という意を込める趣味人!
 作中では、“読者にはバレバレな黒幕”という立ち位置を演じ
 時に主人公的に振舞います

 設計はレッドと正反対で、実戦的に高級・高性能化されたアストレイ

 当人は趣味と言うも、“あるべき進化”とも呼ぶべき発展を遂げ
 原型とは別物に仕上がった機体

 こちらをベースにした方が、より高性能というのも頷ける機体ですが…?

ひっくり返すと本気になった? ミラージュフレーム要素も

photo_008
00369
 プラモ化前提の外伝シリーズ「VS ASTRAY」に登場

ミラージュフレーム
 唯一、色でないネーミングを持つ5号機で、格闘形態への簡易変形を搭載
 ラストシーンで、意味ありげに弾けて現れたのは
 全力を出してなかったという事なのか?

 或いは、本機も復讐鬼、過去の亡霊だった為オマージュだったのかも

 ミラージュの場合、更に大改造されていきますが、さすがにそこまでは…?

ナイトロシステム搭載で、パイロットをも強化するガンプラ

00246
 ナイトロ、n_i_t_r_oとは、PS3「機動戦士ガンダムUC」初出のシステム

ナイトロシステム
 ガンダムUC外伝漫画「アクロス・ザ・スカイ」、続編「ラスト・サン」で描かれたシステム
 搭乗者のニュータイプ能力を引き出し、遠隔操作兵器を使用可能とする
 要は、パイロットを強化人間化するシステム

 原案担当の関西リョウジ氏が、本作に参加している事もあってか登場

 GPNならまだしもGPDではおかしな仕組み、でも公式サイトで明言!
 本来なら、関節部から青い炎が噴出するのも特徴

 ただこのシステム、多くの場合は人格を壊れちゃいます。彼が凶暴なのはその為?

“ナイトロシステム”とは、強者に対する自衛手段だった

00276
 漫画「アクロス・ザ・スカイ」「ラスト・サン」でのナイトロは、悪い装置です

ナイトロシステム
 作中、主人公達を酷い目に遭わせる悪の親玉が心血を注ぐ、否定すべきシステム
 アクロス・ザ・スカイでは、主人公自身が哀しい現実に直面しつつ
 乗り越え、システムと共存していきます

 でも最終巻で語られた意図は、現状を変える、自衛としてのシステム

 悪として描かれつつ、弱者の抵抗手段だった
 その図式は、今回明かされたシバの本心と深く重なってたように思えました。

 悪なのは確かで、作中否定されます、その点もまんまシバだなーと。

外伝漫画「ビルドダイバーズブレイク」より、マスダイバー主人公がゲスト出演

00067
00034
Dgm5y9gUcAEr2gS
Dgm5y-UUcAA7Riy
 時間軸は二つ、リクがGBNを始める前、後で、キャラの性格や機体意路も変化する。

ガンダムビルドダイバーズブレイク
 以前、有志連合結成回でもアーク君が登場、キョウヤ認めるベテラン勢に。
 対しゼン君は、マスダイバーとしてシバの使いに
 見事に道が分かれてしまったようで

 第1話が、現在発売中のガンダムエース8月号掲載!

 アーク君は、Gガンダム前期主役機・シャイニングを可変機に
 ゼン君はGレコ主役機Gセルフを改造

 この設定画は、「リクがGBNを始める前」でのカラー。

コウイチに「解れよ、時代は変わったんだ! もう、終わりだよ」と言い捨てたシバ

00286
00396
 今回ラスト、「時代は変わったんだ」の続きをツカサは吐き出した

ツカサとコウイチ
 時代は変わったとGPDを離れたシバ、一度はGBNへ順応しようとしたのでしょうか
 そこから、GBNは醜悪だと嫌悪するようになったようですが…?
 またシバは、単騎で何でも出来るギミック満載機に

 互いに原型をなくしても、あの頃を愛し、使いたくて改造してる似た者同士

 コウイチのリベイクは、周りをサポートする重装甲MSとして機能していますが
 でも原型機は、真逆のスピード型なんです
 それでも使いたい!と

 もちろんリク達が直してくれた、彼らに報いたいって気持ちも大きいんでしょうけれども

勝つ為、自機を改造し続けた彼からすれば、GBNは…?

00006
 思えばアヤメ達から奪った機体、機体レンタルの勧めもそうだったんでしょうか

シバのリアル
 ツカサは自機を500戦以上も使い、壊され直し改良し改造しと“使い続けた”一方
 GBNでは、戦略に応じてレンタルするよう勧めたり
 主義と行動が真逆

 自機への愛着を、勝利の為に放棄する連中に嫌気がさしたんでしょうかね

 βテストでバグ発見し、BDを作ってみたところ
 思った以上に、安易に欲しがる奴が多くて、失望したんじゃないかなーって。

 シバ、本心では誘いをはねつける奴を待ってたんでしょうか

頭では解っていても、泣いていても、止められないというシバ

00407
00003
 コウイチとアヤメは、「シバの悩み」を視聴者に理解してもらう前振りを兼ねるのかも

併せ技
 コウイチはGBNが出来ても、それを認められなかった。ツカサもそこは同様
 また、GBNへの敵対行為を「無意味だ」と知りつつ
 続けるという事

 絆のガンプラに縋り、無意味と知りつつ取り返したかったアヤメ

 頭では解ってても、怒りをぶつけなきゃどうにもならないシバを描く上で
 アヤメの苦悩は前振りを兼ねてたのかなーって。

 アヤメさんを苛めたのは許されないが!

GBNだから作れた! これほど説得力のある子も他にいない!!

00006
00007
 ツカサは、壊すか壊されるかのGPDだからこそ強くなれたという

GBN 
 対し、壊れてもリトライできる、データに過ぎないGBNは緊張感がないと言いますが
 データだからこそ、世界中のガンダムファンと繋がり
 有名人とも出会う事が出来た

 リクの場合は出来すぎですが、ネトゲならではの利点なのも確か!

 リアルで対面するGPDは、コミュニティがGBNよりずっと狭いから!

勝利至上主義者、ドージも否定してましたが

00135
 GBNは、ガンダム世界を体験したり、世界そのものを歩いて遊んだり
 とにかく、「ガンプラ以外」にも遊びこめる要素が多く
 ガンプラがおざなりな部分もある
 長所か短所か

 仲間達とのフォースを維持したいあまり、BDしちゃう子だっていましたし

GBNは、ガンダム総合ネトゲである! それは長所か短所か?

00022
 GBNだからこそ、肉球をプニッたり、鉄仮面コスプレしたりも出来るし
 でも、ガンプラで真剣にバトルしたい!ってツカサから見ると
 余計なものが多い生ぬるい世界なのかなー
 って

 ガチ勢とエンジョイ勢、その溝はとても深いという話?
 
バトルするだけじゃないから、古いガンプラを敢えてそのまま作ったり

00092
 本来なら、近所の模型店に飾って貰うような、独りで愛でるだけのガンプラを
 皆に見てもらったり、色んな楽しみ方が出来るんだよ
 と、何話もかけて描いてきた事
 楽しさ!

 GBNの楽しさが、そっくりツカサの苛々ポイントになってるんでしょうか。

だからこそ、リクが勝負を受けるとも思えなかった?

00064
00073
 リクが勝負を受けると言うと、笑顔を見せ、ウキウキした様子でさえあったシバ

ウキウキウォッチング
 リクは、壊れないのが当たり前のGBN育ちだから、きっと勝負を受けない
 そう思ったら受けた、プレイすればリクだって「ガチ勢」だから
 きっと楽しさを理解してくれる

 そんなシバの“誤解”が、Aパートラストの表情だったんだと思います

 生ぬるい奴等と違う、リクは短期間で強くなったガチ勢だと誤解し
 きっと、GPDの楽しさを理解するはずだと。

 でも否定され、しかも“生温い奴”に負けた、兄さんショックだったでしょうね

ラストの一撃は、リクの執念勝ちだったのだと

00375
 両腕と片足を失い、もう戦えなかったダブルオーダイバー

シバの笑顔
 もうリクに反撃の手段はない、だから頭をトバして笑ったんでしょうが
 どっこい、壊れたはずの腕に直接サーベルを突っ込み
 執念で突き刺してきた!

 GPDガチ勢の強さ、執念と駆け引きを、GBN勢に上回られた

 ツカサ兄さん、傷心のままどこへ行く…?

2018年6月26日 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「デュエル -決闘-」

00011
 4・8・10話に続き、ガンダムBFと00の黒田氏が脚本

スタッフ
 脚本:黒田洋介
 絵コンテ:西澤 晋
 演出:児谷直樹
 キャラクター作画監督:千葉道徳、西田亜沙子
 キャラクター作画監督協力:大籠之仁、野崎真一、斎藤香、山崎克
 メカ作画監督:宇田早輝子、平岡雅樹/メカ作画監督協力:有澤寛
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 マスダイバーとの戦いは終結し、有志連合の活躍によってGBNからブレイクデカールの存在は根絶した。AVALONのフォースネストで行われた祝勝会で互いの健闘を称え合うダイバー。しかし、そこにリク達ビルドダイバーズの姿はなかった。

次回、ダブルオーダイバー、魂を受け継いだガンプラとして新生へ!!

00344
00345
00369
 今回、まさにメンタル的な意味での「ニュータイプ」「オールドタイプ」の図式に

子供は皆ニュータイプ!
 初代など、ガンダムにおいて大切な事、“わからず屋な大人”と子供たちの図式
 新しい時代を作るのは、決して老人ではないのです
 でも老人にも大切なものがある

 シバは囚われているけど、それってスゲー大切だからなんですよね

 コウイチは、その根っこにある「ガンプラが好き」に立ち戻れた
 シバはこれからどうするのか

 相互理解は難しい、アヤメさんが可愛かった! 今はそれでいいのだ!!

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」

ガンダムビルドダイバーズ 第13話 感想

 冒頭(今週のコーラサワー)
 Aパート
 Bパート
 500戦以上を越えた相棒
 ガンプラバトルの真髄
 GBNにいたから作れた
 これで最後にしますから 
 アヤメの笑顔は美しい
 予告
 感想追記
 記事トップに戻る


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」