公式サイト ゴールデンカムイ 第11話 感想 殺人ホテルだよ 全員集合!! レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり アイヌ語 14時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
あなたの“完璧”は何時だった…? 薬膳・同物同治にしがみ付いた男の大爆笑…!

00014
00132
00049
3年B組チンポ先生! 思った以上にドリフ! 懐かしいすれ違いコント完全再現!?
 今週の殺人鬼、女装女将・家永は、薬膳の同物同治で“老いを治したい”食人鬼
 牛山に共感を求める姿、少し切なかった
 
 会えば殺しあう柔道家、性欲暴走チンポ先生、カレーは食べていいオソマだ!

爆発オチは基本
 往年の“8時だョ!全員集合”視聴者には、脳髄が懐かしさで勃起する楽しさだった!
 喰ったら若返る、病は気からと言いますが
 思い込みの力はスゴい。

 うっかり、杉元を激怒させた妖怪・目玉舐め。策も性欲にも溺れてはいけない!

ゴールデンカムイ 第11話 感想

00109
 冒頭
 Aパート
 Bパート
 女装女将、若さの正体
 Cパート
 感想追記
 これまでの感想

今週のヒンナは“エゾシカ肉カレー”! 当時、最先端のヒンナだぜ!!

00106
 もちろん現代でもヒンナだぜ! 増えすぎてるらしいから喰いまくろうぜ!!

あらすじ
 白石と札幌で落ち合う約束をしていた白石は、近場で唯一のホテルを訪れる
 だがホテルは、女装した刺青の囚人・家永カノが経営しており
 家永はヒヤヒヤしながら応対した

 家永は薬膳思想“同物同治”に基き、牛山とアシㇼパを食おうとする食人鬼

 他方、杉元たちは“チンポ先生”と牛山を呼び、慕うようになるが
 大騒動の果て爆発オチに。

 杉元は、強敵“不敗の牛山”を心に刻み、一路網走監獄のっぺら坊を目指す

 次回、ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」

前回ラストで、ホテルに泊まった客は、気付けば拘束されていた

00000
 前回、のっぺら坊こそ“小蝶辺明日子(アシㇼパ)”の父だ、とキロランケが語り
 彼を道連れに加え、一行は札幌・旭川経由で
 網走監獄を目指す事に

 だが、白石の馬だけは小さかった

『あ…、きゃあああああああ!

00001
00002
00003
 目を覚ませば、つれの男が殺されていた…。

殺人ホテルへようこそ!
 のっけから怖すぎない!? 開始30秒で犠牲者が出るスタイル!
 なるほど、確かに殺人ホテルだ!
 それ以外に言葉がない

 一行、またしても死地へ飛び込むというワケだ!

 山野にはヒグマ、町には殺人鬼!
 北海道は地獄だぜ!

※舞台は明治時代であり、現代は平和な場所です。乳製品が死ぬほど旨いです。

札幌は、北方開拓の中心地として計画的に作られた都市

00005
 日本でも数少ない、計画的に作られた都市・札幌が舞台。
 当時は、港町である小樽ほどは栄えていなかったが
 日露戦争によって発展していた

 札幌は当時、軍需によって潤っていたんですね。ヌルッヌルに!

店主『いつの間にか経営者が若い女将に代わっててね? これが何とも色っぽくて~』

00006
00007
00008
00009
00010
00011
00012
00014
00015
00016
 いらっしゃいませ、お客様。女将の家永(いえなが)と申します

日露戦争は明治38年終戦です
 当初予定した火器調達はあっさり済んだ、「銃砲火薬類取締法」は明治43年なので
 どうも当時は、まだその辺がユルかったらしい。
 欧米か!

 何でコイツが…!(家永)

 スケベ王・白石は、トラップホテルに突撃する気マンマンだったが
 どっこい訪れたのは牛山。

 女あるところ牛山あり、この辺には生憎、このホテルしかなかったらしい。

家永『札幌へは観光ですか?』

00017
 しかし女将・家永、声こそ、cv大原さやかの妖艶な未亡人だが
 内心、牛山をよく知っていると描写
 つまり…。

 近年、年上キャラといえば大原女史。メイドインアビスのオーゼンとか。

牛山『女将は未亡人だって?』

00018
 ええ、このホテルは主人の形見なのです。

急所
 牛山、セクハラ言葉責めかと思いきや、「前の経営者は老夫婦だが」と急所を突く
 さすが格闘家、急所を突く事を心得てらっしゃる
 女を突くのは牛山の特技

 主人の両親です(私に気付いているのか? どっちなんだ…)

 誤魔化そうとする家永、対し牛山は

牛山『女将、尻も可愛いが、声が小鳥のさえずりのように可愛らしい』

00019
 その声で、一晩中ささやかれたい。とセックスアピールする牛山
 普通はセクハラだし、色んな意味で警察を呼ぶべき案件だが
 家永、おかげでホッとした様子
 気付いてなさそうだ
 と

 まあ、cv大原さやかさんに一晩中罵られたいというヒトは多いはず。

女将『恐れ入ります』

00020
00022
00024
00025
00026
 女将、抱かせろ

綺麗な瞳だろ、これ欲情してんだぜ
 壁ドンはともかく。女将、“かつて自分が語った話”を、牛山に振ってみるのだが
 牛山、どうやらまったく気付いてないらしい
 ダメだこりゃ!

 何て力強い…、野獣のような腕…、とても憧れます

 中国の考え方で、不調を治すには、同じ部分を食べると良いという話がある
 女将曰く「こうかはばつぐんだ!」だそうだが…?

 網走監獄に、同じ話をする“爺”がいたと。

『すみませーん、だれかいますかーっ』

00027
 息詰まる猿と性欲の化かしあい、割って入ったのは平和そうな声
 もちろん、杉元佐一さんだった。
 ホント平和な声!

 このギャップが魅力ですよね

『失礼致します』『……部屋で待つ!

00029
00031
00032
 白石由竹です! 独身で、彼女はいません!!

本日は刺青デー
 性欲去ってまた性欲、応対に出た女将、今度は性欲王・白石とご対面
 付き合ったら一途な男だそうな
 へー。

 何でコイツまで(女将/内心)

 まったくである。
 女将、今日は厄日ってレベルじゃないね!

 何この空間の刺青率!?

杉元『随分と、入り組んだ作りだなあ…』

00034
 もちろん、白石も“正体”に気付かず、一同は殺人ホテルへご案内
 どうも、来客を逃がさないための構造らしく
 ひたすら入り組んでる

 女将にいわせれば、「古く、無計画に改築しまくった結果」だそうな。

『何か落ちつかないなぁ』『山じゃ松の葉を敷いて、地べたに寝てるもんねー』

00035
00036
00037
00038
00039
 フゥ~! 久々に火照ったぜッ!!

キロランケ曰く
 すっかり山慣れした二人はともかく、キロランケも案外シモネタはイケル口で
 白石の話に平然とノッてくるから面白い
 曰く

 白石、女ってのは抱き心地だ。やはりもっと太めじゃないと!

 太め好き! そういうのもあるのか!!
 ロシア系だもんねえ

 ま、いいトシした男が集まると、どうしても高校男子みたいな会話になるものです。

色惚け王・白石『これは全力で口説くしかねェ!』

00040
 入り組んだ構造は、裏側は、ハリボテや書き割り風になっており
 このように、監視用の通路として機能するらしい
 まるでニンジャだな!

 家永カノ、二人の同時来店は、ただの偶然だろうとケツ論する。 

家永『(まあいい…、今は牛山の強い身体が欲しい。私は更に完璧な人間に近づける)』

00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00049
 ヤバい! 白石が見つかる!!

志村ー!牛山牛山ー!!
 って完全にドリフじゃねーか! 書き割りじゃあねーか!!
 すれ違い続けるのもドリフじゃねーか!
 と

 白石、後ろー!(家永)

 この様、1970~1980年代放映された公開バラエティ番組そっくり!?
 8時だョ!全員集合ーーー!!

 その放映は、全803回にも及んだという…!

家永『ダメだ。もう殺そう

00050
00051
 ゴートゥーヘル! 牛山とニアミスし続ける白石に耐えられず
 即断即決する女将
 速い!

 ケツ断はやいよ! さすがケツを褒められただけはある!!

『何か、変な音しなかった?』『私のおなかだ』

00052
00053
00055
00057
00059
00061
00064
00065
00067
00069
 言う事が聞けないの?

勃起!
 落下した白石、久々の体内貯蔵庫から人間ポンプし、灯りを取り出したのも束の間
 上層では、性欲を持て余した牛山がKISSする
 が

 堪らんぜェ…、外で頭を冷やすか

 むしろクリティカルだったらしい
 舌を噛むような気の強い女! むしろご褒美だった!!

 後でどうするか、考えただけでもう、上も下も噴出しそうな牛山である。勃起!
 
白石『とんでもねーやつが、このホテルにいる…』

00070
00071
00073
00075
00078
00082
 私が欲しいのは牛山の身体…、そしてもう一人

ブルーフレンズ
 つまり女将も牛山も、互いの身体だけが目当てだったのである。
 まあいやらしい! バイオレンス!!
 で

 瞳の綺麗なお客様

 冒頭、牛山と面識がある、アシㇼパさんだけは別腹…
 と思いきや「瞳」が目当てだと。

 のっぺら坊の探す、“小蝶辺 明日子”の話を聞いてるのは、やはり土方だけなのか

瞳の綺麗なお客さま達『シンナキサラ?』『シンナキサラ』

00083
00084
00085
00086
 それは柔道耳ってやつだ。アンタ、相当やってたね?

ああ、ヤッている
 お馴染み、アイヌ語で「変な耳」。いつもと異なるのは、柔道を続けた習慣
 受身、投げられ慣れる為に耳が変形してしまったのだ
 と

 俺は体質なのか、そんな耳にはならなかったよ

 とは経験者の杉元。
 普段、斬ったり撃ったり剥いだりばかりだが、柔道の心得もあったらしい

 すんげえヤバいメンツが揃ってしまった…!!

牛山『ほう…、心得があるのかね?』

00088
00089
00095
00097
00098
00099
00103
 すげえ…、このオッサン、重心が地の底にあるようだ!

違いの解る男たち
 聞いた事がある、ジュードー経験者たちは、3秒目が合えば殺し合いに落ちると!
 どちらが“投げられるか”、試したくてワクワクしてしまうのだ!
 が

 このままでは、殺し合いになる

 達人は、しっかり“重さ”を下半身に置いて崩されない、投げられない!
 牛山も“デキる”と看破した様子

 完璧超人風に言えば、審判のロックアップであった。

牛山『気に入った! 奢ってやる、飲みにいこうッ!!』

00104
 スムーズな体育会系の論理展開! 世界よ、これがタイイクカイケイだ!!
 牛山は、互いに「どっちが強いか確かめたくて」堪らなくなると
 杉元をいたく気に入った

 筋肉を鍛えた時、人は分かり合えるのである。

奢ってくれる牛山さん『エゾ鹿肉のライスカレーだ!

00106
00107
00108
00109
00112
 どうしたぁ?/ヒンナすぎるオソマ………ッ!!

声にならない美味しさもある
 ライスカレー! 当時最先端をいく“洋食”を、気前良く奢ってくれた牛山さん
 飲む!打つ!買う!は男のたしなみであった
 と

 サッポロビール呑み勝負だ! じゃんじゃん持ってこい!!(牛山さん)

 それ、食べてもいいオソマだから。
 とは杉元の談

 当時は流通が良くなく、鹿肉も臭みがあったろう。臭み消しできるカレーは極上…ッ!

牛山『ハハハハハ、知ってるか?』

00116

 ハハハ!
 知ってるか? 札幌のビール工場を作った、村橋久成ってお侍さんはなー?
 函館戦争で、土方歳三と戦った
 新政府の“軍監”だった

 土方のヤロウ、「戦争に負けたのは悔しいが、奴の作ったビールは旨い」ってよー♪

   杉元「ン? 土方歳三が?」

 ン? …もしも生きてりゃ、そう言うだろうな、って話よ~


00117
00119
00121
00122
00126
00130
00131
00132
00135
 皆手伝えー!/こらこら、取れないよ? コブ取り爺さんじゃないんだから

おやめってば!
 話して見ると、牛山は気風が良く、子供にも優しいたいした男だった
 うっかり口を滑らすのも、また人間臭いというか。
 で

 アシㇼパさん、おやめなさいって!

 敵味方キロランケと混ざった、不思議でオソマで優しい夕餉
 好きですねえ、後が怖いですが

 それでも、杉元も牛山さんも、敵対すれば容赦なく殺しあうタイプ!

牛山さん『お嬢ちゃん、良い女になりな? 大事なのは…』

00137
00139
00140
 大事なのは、チンポだ(牛山さん)

チンポは海で見たけど…
 牛山先生の熱い人生訓、対しアシㇼパさん、辺見をシャチから奪還した時を思い出す
 あの時、杉元のチンポは「鼻で笑うようなモノ」だったなぁ…
 と

 男は寒いと縮むんだよぉ!? 伸びたり縮んだり! 知ってる!?

 知ってる、これ薄い本か本編でネタになる話だ!
 チンポは友達!

 と思ったら、勃起を見せられ、アシㇼパさんがひぎぃ!する前振りだ!!

牛山さん『大きさの話じゃあないぜ! その男のチンポが、紳士かどうか』

00143
 見極めろって話よ! と締めくくるチンポ大明神。
 キロランケも「その通り!」である
 分かり合えた!

 ヒトは柔道家にならずとも、チンポで分かり合えるのである。

よし、帰るぞ! チンポ講座終わり!! 女将が俺を部屋で待っている』

00145
00146
00147
 センセー! ご馳走様ー!!

チンポ講座
 オジギ! 杉元たちはカンシャした!! 感謝を体で表したのである
 キロランケさんまで頭を下げておる!?
 いい話だった!

 かくて杉元たちの中で、牛山さん=良いチンポ、の図は確定したのであった

 この時、うっかり滑らした“土方”発言も繋がっていくワケですね

チンポ先生『ン…、こんな穴あったっけ?』

00153
 したたかに酔った牛山は、ウキウキしながら勃起して戻ったが
 さっき、壁ドンで壊し、扉を閉めた衝撃で壊れた壁が
 見事に開通してしまっていた。

 壁にだって、穴があるのだ。

牛山さん『隠し通路…? 女将、そこか…?』

00157
00172
00174
 牛山?! 何でここに!? …とにかく助けろ!

若おかみは囚人さん!
 不幸にも牛山が開けた穴は、“もう殺そう落とし穴”のカラクリ間近
 彼は、手探りで操作し白石を発見してしまう
 何という遭遇率!

 ここの女将は、俺達の知ってる奴だ!

 そして先んじて気付いていた
 白石は、カレーとビールをご馳走になり損ねたが、女将の正体に気付いたのだ

 もちろん女将もまた、“刺青の囚人”の一人!

牛山『女将…? 女将ぃぃぃ!

00175
 だが不幸な事に、白石にも穴はあったのである。襲われる白石!
 牛山は、ビールですっかり理性が飛んでしまい
 白石の豊満な身体を誤解

 女将と間違え、とんだボーイズラブ展開に突入してしまう。

『思い出せ牛山! …あの口元のホクロ、医者だった爺がいただろ!』

00181
00183
00192
00193
00195
00198
00200
 あの女将は女装した、刺青の囚人だ!/関係ねえ…

薔薇の下で男同士が契りを結ぶ
 幸い、白石は臭みが強く、さすがの牛山先生でも生食は出来なかった
 白石は、女将が“化粧で姿を変えている”のだと諭す
 が

 あの女将とイッパツやらなきゃ収まらん!

 荒ぶれる性欲の前に、理性や壁とは何て脆いものなのでしょうか
 牛山、壁を突破して出てしまう

 さりげない辺見!

白石『ダメだ…、性欲に我を忘れてる』

00205
 白石は、「上に戻ろう」と牛山を諭すが、情熱に支配された牛山は暴走
 諦め、彼を放置して一人で戻ってしまう事に
 高度な放置プレイである。

 いけない…、性欲に我を忘れてる!

女将『初めて見たときから思ってた…』

00207

 初めて見たときから思ってた…
 本当に綺麗な子

 肌理細やかな肌、艶のある髪、特に…、この瞳

 深い深い碧に、うっすらと翠が見える…
 はぁ…、欲しい…!


00208
00209
00211
00213
00215
00217
00220
00225
 ふん! テメー、何アシㇼパさんの目ン玉舐めてンだ!!

保護者が来た! 
 他方、“完璧なる人間”を目指す刺青の医者は、アシㇼパさんに目をつけ
 目を舐め、足で蹴られていた
 と

 とんでもない! 見間違えですぅー!!

 アカデミー級の演技力!
 今回、アシㇼパを殺さぬようガスの威力を抑えていた為、杉元は起きていた

 丸太のような足でフッ飛ばされる女装女将男!

『オイ…、妖怪・目玉舐め、どうやってこの部屋に入った?』

00234
つっかえ棒してあったのに、うっかり隠し通路から入ってしまった!
 当初は、酔ったアシㇼパを心配し、様子を見に来たと言い訳したが
 怪しいのは明白!

 牛山は性欲に溺れ、策士は策に溺れてしまったと。

白石『このホテルはヤバい! …あの女将は、刺青の囚人だ!!』

00236
00241
00249
 前に話しただろ! …肉をどうこうしてた元医者がいたってよ!

同物同治
 中国に於ける“薬膳”の一つ、身体の不調部位を治す為、同じ部位を食べるのだ
 たとえば腕なら動物の腕を、足なら足を
 そして

 アシㇼパさんの綺麗な目に、齧り付くつもりだったのか!

 同物同治は“動物を食う”薬膳
 これが食人、カニバリズムに向いてしまった変人、それが家永カノの正体

 白石といい辺見といい、キワモノ揃いの刺青たち!!

家永『若さ、強さ、美しさ、充実した生への渇望…』

00251

 若さ、強さ、美しさ、充実した生への渇望…
 結局、人はないものねだり
 欲深い生き物です

 でも見て下さい、私は正しい!

   杉元「そんな都合のいい話あるかい、自己暗示だろう?」


00253
00255
00257
00258
00261
00262
00263
00265
 だが確かに人間ってのは欲深いぜ…、

欲深い男たち
 女将の若さは、もちろん医学的なものじゃない、“自己暗示”によるものだった
 異常な思いこみを、食人という象徴で支えているのだ
 病は気から!

 俺はてめえの刺青を引っぺがして持ち去るつもりなんだから

 己の欲の為なら、他人なんてどうなっても構わない
 その一点で、杉元は同じだと

 とか言いながら、アシㇼパの為なら、命も投げ出すのが杉元なのだが!

家永『あいつらが来たせいで、何もかも台無しだ!』

00270
 彼は、ただ静かに人を喰って暮らしたかっただけなのだが
 全くささやかじゃない彼の暮らしは
 こうして粉々に

 また、“女装”が仇となり、牛山に(性的な意味で)襲われてしまう

家永『全身チンポ野郎!

00274
00276
00279
00281
00282
00284
 出たァー!?(白石)

親方!絵画から殺人鬼が!!
 絵画は入り口! 怖すぎる! これまたドリフのような変幻自在の家永と
 壁をぶち破って、問答無用で突っ込んでくる牛山の恐怖!
 技と力!

 全く起きないキロランケの図太さ! 萌えキャラか!!

 前回、あれほど黒幕臭かったキロランケさんですが
 今回ひたすら和ませる!

 キロランケっていうか、キロケランって感じ!

家永『ヒッ!?

00286
00287
00288
00290
00291
00293
00294
00299
00301
00304
 来るな、変態医者!

前門の虎、後門の狼
 白石も負けてはいない、調達した火薬(から作って貰った爆弾)を惜しげもなく投じる!
 後ろから牛山、前からは手投げ弾!
 吹き飛ぶホテル!

 いやー、今週の収録はカネかかってますね! セットが台無しだよ!!

 とか、実写だったら言いたくなる展開だ!!
 実写化まったなし!

 そして遂に、前門の杉元肛門(を狙う)牛山に挟まれた家永は…

女将『こちらのお客様も刺青の囚人でございますよー!』

00312
00313
00315
00316
00317
00318
00321
00322
00323
00325
00327
00330
00336
00339
 不敗の牛山さまでーす!

こんなこともあろうかと
 ドリフの基本に則り、他の訪問客をビックリさせた二人は、そのまま柔道戦へ
 一進一退、やっぱりというか仲良く殺しあう事に
 で

 このホテルはもうダメだ、総てを消さないと!

 お約束を言ってカラクリを始動
 家永は証拠を隠滅し、平穏な日常を取り戻すべくホテル破壊を敢行する

 何とまあ、手回しの良い食人鬼だろうか!

牛山『クソ…!

00340
 これからだったのにと、残念がるチンポ大先生。
 杉元は、よっぽど先生の眼鏡に適ったらしく
 不意の決着を残念がる

 不敗の牛山は、鍛えた力を試してみたい系男子なんですね…。

家永『さっさと逃げないと…』

00343
00345
00346
00347
00348
 タコ坊主ー!

cv大原さん罵声セレクション
 実に、その筋の人にはたまらない回となってしまった今回、白石の表情ォ!
 杉元に牛山、白石と集中砲火を喰らってしまい
 家永氏てんてこまいであった

 女に弱い白石だが、女装した老変態殺人鬼には容赦なかった

 美人は得である。

杉元『…アルコール?』

00350
 他方、落とし穴に落っこちた杉元は、証拠隠滅カラクリを目撃
 すなわち、大量のアルコールを流し
 最後に火種をポットン

 火事を起こして、全てを燃やすつもりなのだ、と。

牛山『白石、何でこのホテルに?』

00353
00360
00371
00378
00380
 そうか…、なるほど。ではアイツが不死身の杉元か。…道理で。

スパイ白石
 すっかり忘れてましたが、今や白石は土方陣営の間諜、カタカナで書くとカンチョーです
 明日、札幌で落ち合う約束をしていたのでした
 と

 ジジイから言伝を預かっている、“常に居場所を伝えろ”

 出し抜けると己を過信するなと。
 白石に釘を刺す土方歳三、どっちを向いてもジジイが怖いという話

 なるほど、それで唯一のホテルで出会ったワケか!

白石『あれ? 袋は……?』

00381
00386
00387
00388
00390
00395
00400
00401
00402
00403
 逃げろーー!

吉本新喜劇
 しかしうっかり王白石、ここで、爆薬満載の袋を地下に落っことすファインプレイ
 火事の予定が、爆発コント確定となってしまう
 で

 ば、ば、ば、爆弾が!

 階段まで仕込み済みなのかよ!
 今も、公開コントでは欠かせない“仕込み付き階段”ですべり台する一行!!

 杉元さん、めっちゃ甲斐甲斐しく庇ってる!
 
白石『ああああああああ! …お、おおお…?』

00405
 当然、ドリフなんですから、落ちてくるカナダライは欠かせません
 ただ残念な事に、当時のタライはまだ木製の為
 涙を呑んで病院の金物に

 歴史考証…!
 
家永『牛山…、鍛え続けているあなたなら解るでしょう…?』

00408
00413
00415
00418
00419
 若い頃は力強くて、美しかった…

医食同源
 崩壊に巻き込まれ、瀕死になっていた家永。“刺青”であることから牛山は回収。
 際し、家永が“治そう”としていた事を語るのだった
 と

 他人から奪ってまで、最高の自分に…、しがみついたの…

 同物同治とは治療法です
 目指す完璧とは、理想というより“過去の己”を、取り戻したいという願いだったのだと

 奪い、しがみついていた、解っていても止められなかったと。

家永『あなたの“完璧”は…、いつだった…?』

00424
00425
00427
00428
00433
00435
00436
00438
00441
00442
 チンポ先生は?! チンポ先生ー!

哀しい叫びが木霊する
 過去にしがみ付く哀しい男、家永の問いと共に、壮絶な爆発オチが展開
 幸い、誰もアフロにはならなかった
 が

 チンポ先生…!?/はんぺんだろ、それ

 関東、東海地方の食材でスケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろしたヤマノイモなどの副原料を混ぜてよく摺り、調味して薄く四角形または半月型にしてゆでた魚肉練り製品である(wikiより)。

 ハンペンだろそれ!

杉元『ますます、網走ののっぺら坊に会わなくちゃいけなくなったぜ』

00446
 チンポ先生、爆炎に死す。もしそうなら、“刺青”が失われてしまったという事
 杉元たちは、警察から逃げるのに慣れた様子のキロランケと共に
 のっぺら坊に会わねばと逸る

 もっとも杉元も、死んだなんて思っていないのでしょうか?

Cパート、粉々に爆砕したホテル跡

00454
 やはり生きていた不敗の牛山は、まるで勃起したチンポのように
 すっくと、朝焼けに立ち上がる。
 刺青、健在!

 家永(本名不明)、その生死は…?

感想追記

 8時だョ!全員集合
 殺人ホテル
 サッポロビールと軍監と
 当時最先端の“洋食”  

殺人ホテルだよ 全員集合!! サブタイ通り、まさかの邂逅回に

00049
00045
 ここかと思えば またまたあちら 浮気なひとね♪

8時だョ!全員集合
 このシーンのような、すれ違いコントが懐かしい、1969年~1985年の公開バラエティ
 今も、「志村ー! 後ろ後ろー!!」とネットスラングを散見するように
 志村けんなどザ・ドリフターズが主演した

 その為、番組名より「ドリフ」を思い出される方も多いかもしれない

 実際、先のアニメ「DRIFTERS」でもネタにされていた。

“殺人ホテル”もまた、史実が元ネタになっているらしい

00022
 H・H・ホームズ、ハーマン・ウェブスター・マジェットという人物が元ネタだそうな

ドクター・ヘンリー・ハワード・ホームズ
 19世紀、連続殺人鬼(シリアルキラー)として記録された最初期、伝説的な殺人鬼
 アメリカのシカゴ、ワールズ・フェア・ホテルを拠点に27件もの殺人を自供
 逸話はフィクション化している部分も多いという

 ほんの2ヶ月前には、「殺人ホテル」を再現したアトラクション開業した

 その名も、「ザ・ホロー・ホテル(The Hollow Hotel)」
 イギリスはロンドンにて開業

 というのも、当時の構造が事件資料として残っているとかなんとか。

殺人ホテルとドリフを繋いだ、その特異な構造

00042
 当時の事件資料によると、全ての部屋が秘密の通路で繋がっており
 隠し扉、のぞき穴といった仕掛けが施されていたそうで
 なるほど今回そのまんまだったと

 作者氏は多分、その様が、なんとなくドリフでのセットと重なって感じたんですね

2018年、イギリスでアトラクション化した「殺人ホテル」

00360
 詳しくはエキサイトニュースでどうぞ。要は「リアル脱出ゲーム」の類で
 宿泊するのでなく、仕掛けられた罠を回避し
 クリアを目指すというもの

 なお繰り返しますが、アメリカの殺人鬼の話ですアメリカの!

サッポロビールを作らせたのは、土方歳三と戦った“軍監”だった?

00116
00132
 牛山氏、アシㇼパさんがいる為か、「お侍さん」と呼ぶのが好感度高い。

村橋久成
 現サッポロビールの前身、「開拓使麦酒醸造所」設立に携わったのは侍だった…?
 何でも、薩摩藩士として、同藩の英国留学に参加したインテリ
 奇しくもロンドンを訪れたという

 戊辰戦争、函館戦争では、砲兵隊を率いて従軍し土方らの函館政府と交戦

 旧幕軍征討青森口鎮撫総督府軍監として従軍、同戦争の降伏交渉にも参加した

劇中は、日露戦争が終結した明治38年(1905年)からしばし後

00104
00106
00107
 もうめんどくさいのか、オソマである事は否定しなくなった杉元さん。

エゾシカ肉カレー!
 史料上、日本で初めて「カレー」の名が載った書は、福沢諭吉が執筆したとされる
 この「増訂華英通語」では、コルリと呼ばれており
 江戸幕府末期の1860年の事

 明治38年(1905年)、大阪で国産初のカレー「蜂カレー」が発売

 また、具材であるジャガイモ、ニンジン、タマネギは当時としては珍しい
 いわゆる「西洋野菜」であった

 当時の産地は、開拓地・北海道、その為、今回の登場もごく自然な事であったらしい。

2018年6月19日 ゴールデンカムイ 第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」

00095
 原作ありきとはいえ、入江氏、めっちゃノリノリで脚本書いたんだろうな感。

スタッフ
 脚本:入江信吾
 絵コンテ:神谷智大
 演出:平田豊
 作画監督:小園菜穂、平野絵美
 アニメ制作:ジェノスタジオ
 原作:漫画/野田サトル/集英社/週刊ヤングジャンプ

あらすじ
 札幌で武器を調達後、宿に泊まることにした杉元たち。一行は宿泊先に札幌世界ホテルを選ぶが、時を同じくして土方一味の牛山も同じホテルを訪れていた。女将の家永を気に入り、いきなり口説きにかかる牛山。だが、家永の正体は女装した老人男性で、しかも刺青を持つ脱獄囚のひとりだった。体の悪い部分を同じ部位を食べて治す考えを実践し、客を次々と餌食にしてきた家永は、新たな標的として牛山とアシㇼパに狙いを定める!
 完璧な人間に近づくため、牛山の身体とアシㇼパの瞳を欲する家永。だが、ホテル内で牛山と白石が顔を合わせると、刺青人皮をめぐって厄介事が起きかねない。警戒した家永は、罠を使って白石を地下室送りにする。一方、杉元と牛山は柔道の実力者同士で意気投合し、相手が敵とは知らずに酒を酌み交わす関係になっていた。
 夜を待って杉元たちの部屋に侵入する家永。だが、杉元に気づかれ、地下室を脱出した白石に正体をバラされてしまう。そこに泥酔した牛山まで乱入し、ホテル内は大混乱に。家永は建物を燃やして証拠隠滅を図るが、その火がキロランケの爆弾に引火して爆発!ホテルは全壊し、杉元たちは命からがら生還を果たすのだった。

次回、誑かす狐! 一転してシリアスなサブタイ…?

00082
 Blu-rayは第3巻が12話まで収録。つまり…。

8時だョ!全員集合ー!!
 まさにドリフが大爆笑した家永回! それぞれ、すれ違いコントする中盤で爆笑した!
 というか、冒頭から「実は男だ」と言外に述べていたので
 口説く牛山に笑った!

 奢ってくれるしチンポ先生だし、不敗の牛山最高じゃないですか!

 白石が絡むと、いちいちドリフになるし最高でしたね!
 彼がやると違和感がない!

 前回は黒幕くさかったキロランケも、今週ひたすら気のいいオッサンだった!

 次回、ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」

ゴールデンカムイ 第11話 感想

 冒頭
 Aパート
 Bパート
 女装女将、若さの正体
 Cパート
 感想追記
 トップに戻る


 ゴールデンカムイ 第1話「ウェンカムイ」
 ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」
 ゴールデンカムイ 第3話「カムイモシリ」
 ゴールデンカムイ 第4話「死神」
 ゴールデンカムイ 第5話「駆ける」
 ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」
 ゴールデンカムイ 第7話「錯綜」
 ゴールデンカムイ 第8話「殺人鬼の目」
 ゴールデンカムイ 第9話「煌めく」
 ゴールデンカムイ 第10話「道連れ」
 ゴールデンカムイ 第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」
 ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」