2018年6月15日発売 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 2,160円 16時追記 これまでの記事はこちら
袋のねずみか…これじゃ、アラモだぜ……」。連邦陸軍、俊足の白兵戦機!

IMG_1071
1000124478_10
1995年発売SFCソフト初出、大河原邦男氏が、“忍者”の依頼でデザインしたガンダム
 初のガンプラ化で、外装新規、エフェクト付きダガー付属の贅沢な作り!
 関節部は「陸戦型ジム(2017年1月)」を流用

 水中型に続きピクシーまで! 次はGT-FOUR(空軍機)ですね!!

受注開始当時の記事はこちら
 プレバン限定ながら、新造部品は色分けもしっかりし、モノクロ説明書なのが残念。
 ビームダガーは、エフェクトのないモノもちゃんと付属しており
 本キット専用ランナーに。

 手首も、“トリガーに指をかけた”専用品が、左右ちゃんと付属しています。

HGUC RX-78-XX ガンダムピクシー

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 宇宙世紀0079 一年戦争期MS
 連邦陸軍が主導したガンダム
 犯罪者部隊のピクシー
 北米戦線にて

重力下の白兵戦を重視し、ガンダムを再設計した高機動型ガンダム

RX78XX_Front
 都合3機が建造されたとされるが謎が多い。今回は“2号機”バージョンとされる

RX-78XX ピクシー
 正式名はピクシー、開発はジム配備前、連邦の白兵戦MSはほぼガンダムしかなく
 コアブロックを排し軽量化、装甲を耐弾性重視のモノに換装し
 アポジモーター(姿勢制御用スラスター)を追加

 瞬発力に特化し、至近距離の白兵戦を重視した異色の設計を持つ

 この2号機は、ホワイトベース隊へ移送される途中に襲撃を受け
 結局届くことはなかった

 機体はその後、連邦軍によって回収されている。

ホイルシール、ハートマークを再現するテトロンシールが付属

1000124478_2
IMG_1078
IMG_1079
 電撃ホビーwebでは、未塗装サンプルは公開されなかった様子

ザクレロみたいよね!
 当時の大河原氏デザインの特徴、▼マークや、独特な両頬ダクトもシールで補色
 また、首元にもグレーがある細かいデザインで
 ここもシールで補色

 スネのグレーもシールで補うなど、地味に色分けが厳しい

 キットというより、デザイン的に厳しい!

ランナーA1~3、タグ「HGUC 1/144 ガンダムピクシー」

IMG_1080s-
IMG_1081s-
IMG_1082s-
 もちろん完全新規、2と3は二つ作る部品で、スイッチで切り分けている

いろプラ
 結構な多色成型がされており、アンクルアーマーなども色分け再現
 こうしてみると、鎧状でプロトタイプ・ガンダム似。
 コクピットの白も分割で再現

 胸部ダクトが当時では割と大型で、冷却重視なのも感じます

 特徴的な胴部は、設定上、軽量化目的でコア・ブロックを省略
 現代設定で、陸戦型ガンダムに繋がりそう。

 胸のところのエッジみたいなのが、何となく忍者っぽい。

ランナーB1、2、同じく「ピクシー」

IMG_1083s-
 紫がかったランナーで、上腕や腿など

パープル
 独特な足の色分けも、すね以外はちゃんとパーツ分割で再現
 どことなく、懐かしくなってくる色ですね
 スイッチも気になります

 このキットでは、用途が解らないランナー切り替えスイッチもちらほら?

 或いは、B3・4と金型を共用するため?

ランナーB3、4、タグは同じくピクシー

IMG_1085s-
IMG_1086s-
 同じ金型を使っているのか、B1、2と別色ながら同じ「B」扱い

グレー
 最近のHGUCでは、「トリガーに指をかけた」手首に復活の傾向が。
 その分、多少なりとも高額化していってると思えば
 割と挑戦的ですね

 一体化し、比較的簡易な造形ですが、ないよりはずっといい!

 小さく、取り回し重視なマシンガン!

ランナーC1、2は、「HGUC 202 1/144 陸戦型ジム」

IMG_9869
IMG_1089s-
 もはや連邦MS用、汎用関節ランナーとなりつつある陸ジム関節

軟質グレー
 2017年とはいえ今も関節規格は同じなので、特に古めかしさはありません
 また、マシンガンがほぼ付属
 ただし弾倉がない!

 とまれ、BDや陸ガンといい、こうして流用できる利点が大きいのか

 HGUC陸戦型ジムは偉大な存在だった…。

全身を新規造形で再現! ゲーム初出の“大河原デザイン”ガンダム!!

20180403_hg_pixy_02
20180403_hg_pixy_03
20180403_hg_pixy_04
20180403_hg_pixy_05
20180403_hg_pixy_06
20180403_hg_pixy_07

■HGUC 1/144 ガンダムピクシー
 販売価格:2,160円(税込)
 獲得ポイント:21P
 予約受付開始:2018年4月3日 13時
 お届け日:2018年6月発送予定

■商品詳細
 初 キ ッ ト 化 !荒 野 を 舞 う 妖 精 [ピクシー] ―
 ゲームソフト『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』より、
 ガンダムピクシーがHGUCシリーズでついに登場。

 特徴的な頭部、胸部、肩部、腕部等外装はすべて新規造形!
 ビーム・ダガー、90mmサブ・マシンガン等の特徴的な武装が付属!

● ガンダムピクシーの機体形状を全身新規造形で徹底再現!
  頭部から脚部まで外装はすべて新規造形で、特徴的なスタイリッシュなフォルムを
  ディテール豊かなパーツで徹底再現。

  ・頭部・胸部
   ガンダムピクシーの特徴的な頭部を再現。頬部スリットも緻密なディテールにより立体化。胸部の二段ダクトも再現。

  ・腕部
   両腕側面に90mmサブ・マシンガンのマガジンを装備した腕部形状を再現。

  ・肩部
   肩部アーマーも新規パーツを使用。特徴的なマーキングは、付属マーキングシールで再現。

  ・腰部
   フロント・リア・サイドにわたる腰部アーマーをディテール豊かに再現。
   サイドアーマーにはビーム・ダガーの柄を収納可能。
   リアアーマーには90mmサブ・マシンガンを2丁マウント可能。

● 90mmサブ・マシンガン、ビーム・ダガーを新規造形で再現! 
  90mmサブ・マシンガンと、ビーム・ダガーが、各2つずつ付属。さらにビーム・ダガー用の、
  斬撃エフェクトパーツが付属。組み合わせることで、多彩なアクションが楽しめる。

  90mmサブ・マシンガンのマガジンを外し、ビーム・ダガーの柄に変える事で特殊な銃剣状態にできるギミックを搭載。

● 広範な可動域により、武器を両手持ちにした躍動的なポージングが可能。

 付属武装:90mmサブ・マシンガン / ビーム・ダガー


1000124478_1
1000124478_2
1000124478_3
1000124478_4
1000124478_5
1000124478_6
1000124478_7
1000124478_8
1000124478_9
1000124478_10
 プレミアムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000124478/

機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 早いもので受注開始は4月、思った以上にしっかり色分けされてて嬉しい!
 また、あまり積極的に流用しようという風でもないのに
 新規パーツが多いのが意外

 プレミアムバンダイ、かなり受注(元が取れるアテ)が増えたんでしょうね

 以前なら、せいぜい大判ランナー1枚分ってところだったので
 嬉しいような哀しいような。

 送料やら手数料やら割引やら割高ですが、「それでも欲しい!」というチョイスが増えた!

宇宙世紀0079、初代ガンダムと同時期に開発・建造された

8.ガンダム・ピクシー
 ゲーム「機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 」初出

RX-78-XX(RX-78XX)ピクシー 2号機
 UC.0079、連邦陸軍開発とされ、ホワイトベース隊へ運ばれる予定だった
 ゴビ砂漠基地・アルバトロス輸送中隊が襲撃を受ける
 ボルク・クライ大尉が搭乗、消息を絶つ
 後に回収

 開発計画はG-4計画とも呼ばれ
 宇宙軍「NT-1アレックス」、海軍・水中専用、空軍「GT-FOUR」が作られたとされる

開発にあたり、一説では“G4計画”によって建造されたとも言われる

MSジェネレーション (1)
Aaa_196
 ホワイトベース隊がジャブローに向かっていた頃、既に完成していたピクシー

G-4計画
 戦時、連邦各軍がMSを競作していたとされる計画で、アレックスは“宇宙軍”の作
 運用データが少なかった上、宇宙軍がデータを独占した事から
 空軍のGT-FOURは動作もおぼつかなかった

 対し陸軍がピクシーを開発できたのは、陸戦型ガンダムの実績あって

 ルナ・チタニウム装甲を活かし飛び込む白兵戦機
 同じ白兵戦機ジム・ストライカーが、重装甲化、“間合い”を重視したのと対照的。

 軽装に見えるが、装甲は耐弾性重視で換装されている

ホワイトベース隊に移送中、襲撃事件を受けてしまったガンダム

1000124478_1
 アラモだぜという台詞は、敵の包囲を受けた「アラモ砦」の古事より。

ピクシー2号機
 3機あるという設定は、原作ゲームが当初4部作シナリオを予定していたから。
 2号機が辿ったのは、身勝手な上官に振り回される途で
 軍隊映画を思わせるハードな展開

 原作はゲームなので、「どうなったか」は、プレイヤーの手に委ねられます

 しかし近年、こうした古い外伝ゲームがワンパッケージ化され
 本機も回収された事に。

 どうなったかは濁し、かつ実機は残ったと明言へ。

ゴビ砂漠を舞台に、あの「イフリート」の初出作品となった

1000124478_10
 そして発表時に予感させた通り、「イフリート」もHGUCとなった。

アルバトロス輸送中隊
 WBへ、ゴビ砂漠基地のアルバトロス輸送中隊が移送を担う事になるが
 破壊を狙うジオン特務部隊、ウルフ・ガー隊の襲撃を受け
 護衛小隊、ボルク・クライ大尉が独断で起動
 ヘンリー・ブーン隊長と激突する

 ウルフ・ガーもはぐれもの部隊”、部下に良い思いをさせたくて、必死で戦っていた

 最終的に本機は囮にされ、「はぐれもの」同士で死闘を繰り広げる

ダークカラーに塗装され、“犯罪者部隊”でも運用された

00000
00000
 そのパイロットは、後にガンダムUCで“イフリート・シュナイド”に搭乗する

機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク 
 連邦軍スレイヴ・レイス隊では、同部隊カラーに塗装、フレッド・リーバーが搭乗した
 複数設立された、MS実験部隊の一つという体裁をとっているが
 実態は“汚れ仕事”を担っている

 知りすぎた彼らは、やがて連邦軍に追われる身になってしまう

 こうした経緯から、本機パイロットは後にジオンと行動を共にし
 UC.0096年代でも現役で闘った

 かつての敵機、イフリート・シュナイドを、“短剣”を複数装備するMSとして預かる事に

北米戦線で確認された機体は、ゲーム“戦場の絆”にも出演した

Aaa_002
Aaa_041s-
Aaa_042
 ゲーム「戦場の絆」を元にし、一年戦争末期、北米戦線をマメッコーラと共に描いた。

機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
 同作では、ジム・スナイパーカスタム等を駆った特務パイロット、コルテスが搭乗
 何と、Gファイターとの合体まで披露し
 敵として立ちはだかった

 北米戦線でも精鋭中の精鋭部隊を、単騎で殲滅するなど桁違いの猛者

 ジム・ストライカー、ジムを主役とした同作での“ラスボス”として
 高機動を武器に縦横無尽に立ち回った

 ピクシー1号機はベルファスト、3号機はアフリカに配備されたハズだが、詳細は不明。 

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91