2018年6月15日発売 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]機動戦士Zガンダム外伝 AOZ ティターンズの旗の下に 1,944円 これまでの記事はこちら
ティターンズの勝利を信じる者は続け!」。実験小隊が積み上げた結晶!!

IMG_1072
1000124339_2
1000124339_1
2002年から2008年、Zを敵組織“ティターンズ兵”視点で、戦前から描いたAOZ
 テスト小隊として、数々の試験機で積み上げてきたデータの結晶が
 今、初めてガンプラとして商品化!

 宇宙世紀、“ガンダムが戦場に及ぼす影響”を描いた作品、最後のガンダム!

受注開始当時の記事はこちら
 内部パーツに至るまで完全新規、本機はコアMSなので、武装版“EX”も出て欲しい!
 でも、出ただけでも嬉しい! 完全新規必須=商品化するコストの高さが
 当時キット化されなかった理由なんでしょうね

 特にA2ランナー、頭部造形が細っかくてワクワクするわ!

HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 宇宙世紀0088.“グリプス戦役” 機動戦士Zガンダム外伝機
 本機が辿った“最初の結末”
 TR-6と“TR-S”
 TR-6の“U.C.0091”
 寡兵で多数と戦う為に
 参考:A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
 これまでの記事

TR-6とは、“コアMSを中心とした兵器体系”のコードネームである

TR-6 (1)
 奇しくも同時期、アナハイム社も、“Sガンダム”で似たコンセプトに辿り着いていたが…?

RX-124 TR-6[ウーンドウォート]
 本機は換装を前提に、“あらゆる環境、戦場で最高の性能”を発揮する特殊なMS
 極端な話、本機と換装パーツであらゆる任務に対応でき
 他のMSは不要となる

 換装によっては、サイコ・ガンダムや、戦略級MA相当の機能さえ得る

 当時、ティターンズが多数開発した試作機を“一本化”する狙いもあり
 全機種の「後継機」にも位置付けられる

 本機は、決戦兵器にして“汎用量産MS”、二つの役割を併せ持つという

極端な話、こういう形態も取りうるということ

TRシリーズ (4)
 画像は電撃ホビーWEBより。TR-6は、現・連載作品でも重要な位置を占める

“対抗兵器”という性格
 たとえば、かつてジオングとの交戦でガンダムは失われた。対抗兵器は不可欠であり
 大型機サイコガンダムが誕生、引き継いだのが本形態だ
 サイコ・ガンダムⅡと呼称される

 計画案は嘲笑されたが、やがて現実にクィン・マンサが姿を見せる

 多機能化は操縦を困難とし、たとえばGP-03デンドロビウムでは薬物さえ使用
 そこで、Sガンダム同様に制御プログラムを発展

 強化人間人格OSで、サイコミュ兵器も一般パイロットで扱える(NTなら更に高性能)。

ホイルシールとテトロンシールが付属、もちろん色分けは十分

IMG_1075
IMG_1077
1000124339_2
M5A1690
M5A1687
 一番下2枚は、電撃ホビーwebでの「シール未使用」のテストショット

シール&ホイルシール
 ガンダム系に珍しくない事ですが、黄色、ダクト部が悪目立ちする以外は十分
 そうでなくても、白い部分が多く要スミ入れですね
 シールの大半はライフル

 また股間の連邦マークが、シールによる再現となります

 見ての通り華奢で、Vマークも超小さいのです。

ランナーA1,2,3は「HGUC 1/144 ウーンドウォート」

IMG_1091s-
IMG_1092s-
IMG_1094s-
 特に2枚目、A2ランナーのヘルメット造形が細かくて嬉しい

ホワイト
 なんとなく「そうそう、こんな色だった気がする」、という感じの白。模型付録的な白
 どうも、1と2が同じランナーで、2個組むために必要な部分を残し
 削ぎ落としたのが2

 多分1(2)と3は同一金型で、成型後に割って、分けたみたいですね

 3は、特徴的な腰パーツを、ランナーから除外できる作りみたいですが
 派生キットを見越してるっぽい?

 大型ライフルも、もちろん除外できる構造のよう。

ランナーB1、2、3、タグは同じくウーンドウォート

IMG_1095s-
IMG_1096s-
IMG_1097s-
 これも1と3が同じもので、2個組む為に必要なもの以外、削ぎ落としたのが「3」

軟質ティターンズブルー
 フレームがティターンズカラーなんて、今にして思うとなかなか洒落てます
 ただ当然、設定画のような「指の先端だけ別色」なんてのは
 1/100でも再現困難!

 こういう細かさが、“模型作例企画”らしい! アニメ化を考えない!!

 巨大なライフル部品
 また、前述の「腰背部」の丸みあるパーツが除外可能っぽい

 手首は残念ながら、2パーツの簡易な構成。

ランナーC1、C2、D、ランナーレス台座付属

IMG_1098s-
IMG_1100s-
IMG_1101s-
IMG_1104s-
IMG_1103s-
IMG_1102s-
 ランナーレス台座BA-0は、2個が付属

ポリキャップ他
 小型ランナー、C1と2にD、それに、武装再現用リード線が付属
 ポリキャップは、大半を使わないものの
 PC-001を採用

 この採用が少し腑に落ちませんが、派生キットを見越してでしょうか?

 今後、軟質関節ランナーを使わずに商品化しやすいよう
 敢えてポリの多いPC-001を?

 素材を絞ったほうが、商品化ハードルが下がる的な? あくまで想像ですが。

新規造形で徹底再現! “AOZ”初代シリーズの最終MS!

20180323_hguc_woundwort_02
20180323_hguc_woundwort_03
20180323_hguc_woundwort_04
20180323_hguc_woundwort_05
20180323_hguc_woundwort_06

■HGUC 1/144 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]
 販売価格:1,944円(税込)
 届け日:2018年6月発送予定

■商品詳細
 TRシリーズの集大成―ウーンドウォート、初キット化の時―
 RX124 TR-6[ウーンドウォート]

『ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~』より、
 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]をHGUCシリーズで初ガンプラ化!
 新規造形で、個性的なスタイリング、MAモードへの変形を再現!

● ガンダムTR-6(ウーンドウォート)を新規造形で徹底再現!
    ・TRシリーズの集大成として開発された兵器「TR-6」のコアMSとなる、
     「ウーンドウォート」の機体形状を新規造形で再現。

    ・個性と独特な雰囲気を併せ持つデザイン、ディテールを徹底再現。股間部分にはアームも搭載。
     複雑な面構成の頭部を設定に合わせて忠実に再現。

● モビルアーマーへの変形を再現!
    ・機体の特徴であるモビルアーマーへの変形をパーツの差し替え式で再現。
    ・ブースターポッドを核に、脚を折りたたみ、専用の頭部パーツに差し替えることでMA形態を再現。
     MA形態時に展開されるウイングは専用パーツを取り付けることで再現。

● コンポジット・シールド・ブースターは、ライフル、クローに変形可能!
    ・多機能シールド’コンポジット・シールド・ブースター’は、射撃用のライフルモードに加え、
     パーツの差し替えでクローモードへの変更も再現可能。

    ・ライフルの全長は約225mm。
     肩部分の装甲にジャバラアームの先端部を接続可能。MS本体に装着する形で使用する。

    ・ジャバラアームとシールド部を切り離し、リード線を付けることでクローの射出状態を演出可能。
     クロー裏面のビーム口も、パーツ差し替えで再現。

● 全身の幅広い可動構造と、変形機構で、多彩なポージングが可能!  
 付属武装 : コンポジット・シールド・ブースター


1000124339_1
1000124339_10
1000124339_2
1000124339_3
1000124339_4
1000124339_5
1000124339_6
1000124339_7
1000124339_8
 プレミアムバンダイでの受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000124339/

ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~
 2002年から2008年にかけ、多分、劇場版Z企画に連動して展開された模型企画AOZ
 クゥエルと共用するTR-1、ギャプラン共用のTR-5は一般商品化されるも
 TR-2 バイザックは1/400模型オマケに

 たとえプレバンだろうと、コアだけだろうと、TR-6が出ただけで嬉しい!

 コアといっても、ジム・ライトアーマー的な高機動MSとして戦えるそうですが
 機体に比して推力のバケモノな見た目

 足は推進器! TR-1ヘイズルから受け継いでますね

宇宙世紀0088。Zガンダム最終話頃に実戦投入された

TR-6 (2)
 初出は、模型作例企画「ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~」

RX-124 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]
 UC.0088.2月20日 ティターンズ「コロニーレーザー奪還作戦」で実戦投入決定
 現場指揮官オットー・ペデルセン大佐の判断で、廃棄が指示
 搭乗者エリアルド・ハンターの独断で戦闘へ(漫画版)
 交戦後、廃棄

 UC.0091,別機体が遠く火星の地に持ち込まれ、「レジオン」の旗印となる。

グリプス戦役で、敢えて戦果を示す事なく消えた“ガンダム”

IMG_1000
IMG_0999
 本機はTR-1から続く、“ティターンズ・テスト・チーム”、T3部隊の努力の結晶

ティターンズのガンダム
 完成はUC.0088、グリプス戦役終盤にもつれこみ、現場の判断で破壊されました
 何故なら、既に大局が決してしまった戦争に投じる事は
 混乱を招くと判断されたからです

 戦後、連邦による“ティターンズ=悪”とするプロパガンダでも要となります

 グリプス戦役は連邦軍の内紛
 全てティターンズが悪い、と、“戦時中の問題”を彼らに押し付けてしまったのです

 連邦の正義の象徴・ガンダムは、ティターンズには存在しなかったと

AOZ第1期の軸、“連邦の象徴”としてのガンダム

IMG_1107
1000115790_4
 物語初期主役機、TR-1は「ガンダム頭をしたジム」でした

“ガンダム”という象徴
 物語当初、TR-1が味方を鼓舞し、ジオン残党を怒らせたように“ガンダム”は象徴です
 TR-6、高性能ガンダムが戦場に現れれば
 ティターンズは奮起したでしょう

 結果、“まだ戦える”と現場の兵士を鼓舞し、泥沼に導くと判断されたのです

 漫画版では、パイロットのエリアルドは反発して出撃してしまいますが
 あまりの性能と“影響”に納得

 犠牲を増やさぬ為の破棄、TR-6は、数あるガンダムでも異彩を放つ機体と言えましょう

TR-6は生まれるべきではなかった。組織の変容、開発遅延を受けたガンダム

IMG_0997
 TR計画とは、決戦兵器「インレ」開発構想で、TR-1から5へ分散し開発試験が行われた

TR計画
 この試験結果から、万能化換装システム搭載機、TR-S ヘイズル・フレアが開発された
 しかし当時、ティターンズで乱立した試作・量産機を統合する計画
 機種統合計画が立案

 TR-Sはお蔵入りし、TR-6が開発、結果“インレ”完成が遅延してしまう

 これにより、インレを使う前提のTR-6も実戦投入が遅れてしまい
 最終戦では間に合わないまま出撃した

 戦後、TR-Sはエゥーゴ=アナハイムに接収、“MSA-0012 ZZZガンダム”となる

しかし第2期“刻に抗いし者”を経て、TR-6は再び姿を現す

00000
 このMSは赤く塗っちまったのかい? うん、その通り!

TR-6 U.C.0091
 元々、模型作品「ガンダムF90」等で、火星にジオン残党がいる設定がありましたが
 AOZでも、第2作で火星移民について触れ
 第3期では本格的な舞台に

 何とTR-6が持ち込まれ、性能を“実証”、少数生産される事態にまで?!

 年代はジョニー・ライデンの帰還と同時期で
 逆襲のシャア本編2年前

 一般人でもサイコミュ兵器が使えましたが、NT搭乗で更なる高性能を発揮に。

軍用MSのTR-6一本化、“エリート主義”たちの構想

1000124339_8
 華奢な機体は、換装パーツを支える高出力かつ堅牢な中核、OSに特化した“素体”なのだ

少数精鋭として
 決戦兵器量産! しかし開発したティターンズは、一時連邦政府の主導権を握っています
 少数精鋭主義と高い政治力、“軍用MSのTR-6一本化”も
 不可能ではなかったのかもしれません

 少数精鋭、寡兵で多数と戦える“万能MS”は、ティターンズに必要な兵器

 また軍用MSがTR-6一本化し、少数精鋭化を進めた場合
 熟練操縦者を多く抱える隊が優位

 ティターンズという軍閥が、政治力を高める上でも、有用なMSだったのかもしれません
  
ここで思い出されるのは、宇宙世紀で途絶えた“無人兵器化”構想

1000116344_4
 これはMETAL ROBOT魂(Ka signature) Ex-Sガンダム タスクフォースα

無人MS開発構想
 同時期、連邦は大戦での損害から、無人MS実用化を進めSガンダムを開発しました
 Sガンダムは、人工知能「ALICE」を搭載・運用する為の
 テストベッドでもあったのです

 しかし人工知能は、“連邦政府”に従い、個人には従いません

 軍に私兵を持つ者達は、政治力低下の危機になってしまうワケで
 開発は妨害、ALICEは封印処置となります

 明言されていませんが、軍閥ティターンズにとって、特に邪魔だったのかもしれませんね

面白MS博覧会ティターンズが、“一本化する為の兵器”

バーザム
41XQBV4XGDL
 たとえばハイゼンスレイⅡは、このガブスレイをベースにした発展機であった

全軍機の規格統合
 UC0087当時、連邦は様々な開発部署をもち、独自規格の試作機が乱立していました
 そこでティターンズは、これらを単一機種に統合する事を考え
 TR-6に盛り込んだとされます

 各部暑が好き勝手に作り、集めたノウハウを換装パーツ落とし込む!

 過剰とも思える換装は、当時の世相を反映したものでもあったんですね。
 TR-6単機種が“全て”となる!

 よって換装形態は、「バーザムⅡ」など、原型機にⅡと付けた名が多数ある模様。

参考:A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-

 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-(漫画)
 担当デザイナー・藤岡建機氏描き下ろし『A.O.Z』イラスト企画

※共に電撃ホビーWEB
 
ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91