公式サイト 衛宮さんちの今日のごはん 第7話 感想 さらりと頂く冷やし茶漬け レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前回はこちら
大人気ない! この弓兵、大人気ないッ!! 3人揃ってノリノリだぁ!!

00023
00042
00092
00220
楽しかった過去”から繋がる今、衛宮家の日常は最高に楽しい! 凜が可愛い夏回だ!!
 にっこりマッサージを要求する凜、あかいあくま魅力的!
 たっぷり三杯、お茶漬けが美味しそう!

 ああ食欲がない…、そんな気持ちがウソに思える美味しさってあるよね!

安心の士郎キラー
 無駄に本気すぎる作画最高かよ! 無駄に本編すぎて、一挙一投に腹筋がつらい!!
 作画というか、凜が「ぷしゅ~」って空気抜けていく感じ
 好き。なにあれかわいい

 たべちゃった、驚きの言葉は褒め言葉だった!

衛宮さんちの今日のごはん 第7話 感想

00190
 冒頭
 常連さんは眼鏡
 どこかで見た事あるゴツい兄さん達
 料理パート
 これまでの感想

もう七月! 折り返しという事で、キービジュアル更新!!

img_main
 堂々たるアーチャーさん! 士郎の扱いに安心感すら感じる!!

あらすじ
 七月、藤ねえがくれたチケットで、士郎と凜とセイバーは「わくわくざぶーん」
 はしゃぐ凜、耀くセイバー、常連の眼鏡さん
 見覚えあるゴツい兄さん二人

 最高に楽しくて、散々な目に遭った士郎、凜も疲れて食欲がない!

 士郎、ストックしていた冷やし出汁で
 さらりと頂く冷やし茶漬け!

 凜もぺろりと平らげて、楽しい夏は、彼女の笑顔で始まった

 次回、衛宮さんちの今日のごはん 第8話

遠坂凛は、今日、最高に盛り上がっていた

00000
 前回は6月、梅雨と藤ねえとハンバーグは、衛宮士郎の中で一つの記憶だった
 幼い日、義父・衛宮切嗣の為に、初めて挑戦した日の事を
 士郎はふと思い出す

 切嗣はもういない、藤ねえは居てくれる。そして士郎は、今日もご飯を作るのだ。

『ヨーロッパの本格リゾートを思わせる、ゆったりとした空間が魅力的…ッ!』

00001
00002
00003

 ヨーロッパの本格リゾートを思わせる、ゆったりとした空間が魅力的!
 水温は、体温に誓い温度に保たれ!

 一年を通じて楽しめる全天候型屋内レジャーランド!

 きたわよぉー! わくわくざぶーん!!


00004
00005
00006
 あー…、説明をありがとう、遠坂ー…

お代は命で支払って貰う
 というワケで、七月らしくプール回! ちょうど海開きやプール開きやらの昨今
 まったく、時期にピッタリな配信というワケだ!
 プール回!

 まあ一年を通じて楽しめるから、夏回関係無いっちゃそうだけど!

 わくわくざぶーん!
 ちなみに、七月に新都にオープンした施設で、全面ガラス張りの巨大ドームを持つ

 なお「きのこのすべり台」があるらしい。誰なんだ(真顔)。

セイバーさん『おおおおおおお!?

00007
 開幕CG! CGによって、あのウォータースライダーの内部を完全再現!
 今の時代、こんなことが再現できちゃうんだから
 CGってすごいのね!

 ウォータースライダーは楽しい!

凜『ぃやっほー! 士郎ーっ!!』

00008
00009
00011
00014
00015
00017
00020
00021
 み、耳に水が…/ごめんごめーん♪

この味は悪いと思ってない味だぜ!
 ウォータースライダーで、いきなり士郎に浴びせかける凜! さすがあかいあくま!
 セイバーも、まさか室内で川下りが出来るとは!
 と、感動しきり

 いや「川下り」って表現に、昔の人だなあ…、ってしみじみ感じますね

 騎士王かわいい!
 士郎、開幕早々、とんだとばっちりである。

 ぷはーっ! と凜さんノリノリ!!

『あっちのフジヤマスライダーは、今の倍の長さがあるみたいよ!』

00022
 スムーズに騎士王に火をつける凜、このあかい着火剤ノリノリである。
 いやあ、まったく設備が充実してますね
 さすがわくわくざぶーん!

 ちなみにオーナーは、某黄金律様らしい。さすが。

『なんと! これはのんびりしてられません! 早く行きましょう、シロウ!!』

00023
00024
00026
00027
00028
 元々は、藤ねえが行く予定だったのだが…

さすが冬木の寅、三段腹!
 藤ねえ、ちょうど友人達とのスケジュールの折り合いがつかず、たまたま居合わせた3人に
 ありがたーく、チケットをご下賜たまわれたらしい
 持つべきものは冬木の虎

 フジヤマスライダーとか、絶対対抗して突撃しただろうに! 惜しい!!

 勉強中だった士郎たち
 さすが成績優秀、身を乗り出して教えてくれてる凜ちゃんさんかわいい!

 セイバーさんノリノリじゃないか!

波のあるプール、流れるプール、水をひっくり返す樽!

00029
00030
00031
00032
00034
00036
00037
00039
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00049
 はぁ~、笑った笑った~♪

ファウンテンパークも気になる!
 青春! 思う存分、“高校生の夏休み”を満喫する士郎、凜、セイバーさん
 水鉄砲に流れるプールと設備が充実!
 充実し過ぎ!

 後は~、飛び込み台もやってみたいし…

 充実し過ぎてて、アレもしたいコレもしたいとプランニングする凜ちゃんさん
 セイバーも、川下りをもう一回やりたいという

 しかし凜はノリノリで、まだ行ってないところから!と。

凜『ン? 何、士郎?』

00051
00053
 まるで娘を見る父のような雰囲気で、「楽しそうだな」という士郎さん
 対し凜は、「そりゃ楽しいわよ!」と照れも否定もしないのが
 何とも気持ち良いです

 やる事はちゃんとやっている、だから遊ぶときは遊ぶ! コレ大事ね!!

????『士郎?』

00054
00055
00056
00057
 決めたッ! 次、行く場所よっ!!

君に決めた!
 そこに現れたのはライダー! 残念ながら、桜は一緒ではない。繰り返すが桜はいない。
 曰く、身体を動かしたくなった時にはよく来ている
 だそうな

 なにその世のナンパ男が押し寄せそうな案件

 日頃から自転車に乗ってますし
 カーニバルファンタズムでは、自転車で慎二を引きましたし、身体を動かすのが好き

 その一言で、カッ!と叫んじゃうのが凜らしい!!

四人いるなら、アレが出来るじゃない!

00060
00061
00063
00064
00065
00066
00067
00068
00069
00070
00071
 やったー、先制点! やっぱりライダーがいるこっちが有利かしらねっ

私の理想は姉様です(半ギレ)
 ライダーだけにウォータースライダーかと思いきや、4人揃ったのでビーチバレー!
 さすが凜、強力な英霊・ライダーの戦力にノリノリである!
 なお

 フフフそうですね…、大きいですからね…

 とはライダーさん
 何せこの人、“性格・容姿(身長)がコンプレックス”だから仕方ない!

 さすがは諸葛凜、我知らず地雷を踏んでる!

士郎『くそ! いつも負けてばっかいられるかっ!!』

00072
 勝とうぜ、セイバー! とこちらも負けず嫌い!!
 特にセイバーは、負けてばかりではいられない! 
 さあ戦争の始まりだ!

 ……と思ったら、戦争はいつも、第三国介入エンドというのが相場であった

士郎『…とまあ、こうして俺達は、楽しくビーチバレーを始めたハズだったのだが…』

00073
00074
00075
00076

 どうしてこうなった…!
 あの、どこかで見たことのあるゴツい兄さん達は何しにきたんだ…!?

 というか、いつの間に混ざってるんだ!?

 ゴツい兄さん青「よーし! まず一点~♪
 ゴツい兄さん黒「アレをとれんようでは、話にならんな


00078
00079
 なによ! 生身の人間相手にムキになっちゃって!!

この弓兵ノリノリである
 本作初登場のアーチャーさん! アンタ、これが初登場でホントに良かったの!?
 EDでも背中のみ、割と思わせぶりな人なのだが…
 と

 大人気ないと思わないのっ!

 凜に言われちゃお終いである。
 ああ、お終いさ!

 しかし弓兵、えたりとばかりに言い返すんだコレが!

アーチャー『違うな、凜』

00080

 違うな、凜
 どんな勝負であれ、手を抜くほうが相手に失礼だ
 もっとも?

 かの騎士王様が、手加減を所望するなら話は別だが。


00081


 騎士王様「…いいでしょう、相手がサーヴァントなら、力を抑える必要はありませんね
 ランサー「おお! セイバーの奴、やる気だぜ!
 アーチャー「ふっ…、そうこなくてはな

 士郎「……え?


00083
00084
00085
00086
00087
00092
00094
00095
00097
00098
00099
00101
00103
00104
00105
00109
00110
00111
00112
00113
00116
00117
00118
00119
00120
00121
 チッ、外したか。すまんなっ! わざとではないっ

顔面セーフという奴だ
 アーチャーに指摘は逆効果! 三倍くらい煽られ返され、燃え上がったセイバー
 ランサー、アーチャー、勃発する“三騎士”の戦い!
 と

 ひどいですね…/完全に、顔を狙ってきてるわ…

 完全に作画が本編
 さすがアーチャー、士郎キラーはもはやノルマと言えよう

 申し訳ないが唐突なUBWはHF

おのれ!』『ふっ!』『まだまだッ!

00122
 Fate本編、聖杯戦争のルール上でも、特に優良スキルや能力を持つ3クラス
 セイバー、アーチャー、ランサーの三大騎士が
 大人気なく激突する事案が発生

 もうこれただの聖杯戦争!

『もう、ゲームではないですね…』『見てたら腹立ってきたわ…』

00123
00124
00125
00127
00129
00132
00135
00137
00138
00139
00140
00141
00143
 おのれ…! ゲームとはいえ勝負は勝負! このような負け方は騎士の名折れ!!

愛ある限り24時間戦いましょう
 熾烈な攻防は、当然ながら、非・英霊シロウが混ざってるセイバー陣営の大敗北
 しかし、負けず嫌いでは定評ある騎士王
 ワンモア!

 これでは終われません! もう一度戦いましょう! シロウ!!

 シロウの戦いはこれからだ!
 またこの回、アーチャーは最後まで「顔を映すことなく」終わった

 本作は“平時”なので、緩んだ顔はNG的な?

凜『つっかれたーっ…』

00144

 つっかれたーっ
 あー、もう動けない!
 これでもか、ってぐらい遊びたおしたわー…

 結局、セイバーがムキになっちゃって、最後までビーチバレーだったわね…


00145
00147
00148
00149
00150
00151
00152
 セイバーはどう? 楽しかった?/ええ、とてもっ

ついてこれるか
 はりきってやがて悲し! 小さくなるセイバーさんだったが、笑顔は値千金
 二人とも、「その笑顔が見れただけで満足です」的な
 で

 さて…、今から夕飯つくるけど、二人とも食べられるか?

 ようやくご飯パート!
 しかし凜、全力投球で遊びまくった結果、胃腸さえもが疲労で動かない!

 動け胃・腸! 何故動かん!!

凜『はー…、つかれちゃってしょくよくないのよねー…』

00153
00154
 タイヤの空気を抜くが如きムーヴ、この凜、完全に力尽きておる…
 しゅーっ、っと縮んでいく演出と作画がまた…
 ホント全力投球ですね本作!

 そこで「うーん…」と。

士郎『よし、わかった!』

00155
00157
00158
00159
00161
00162
00163
 士郎ー? 麦茶ならそこにあるわよー?

ヴァンプ様のサッと一品
 これは“出汁”、士郎は作りおきしているのだ。凜の「さすがね…」が引き気味…!
 とまれ、食欲なくても食べられるという品を作る士郎だが
 簡単だから任せとけ、と

 じゃ、お言葉に甘えて後は任せますか…/溶けてます、リン

 パッとパワーを費やして生きる
 凜ちゃんさんは、相変らず気持ちの良い生き方をしてますね

 オーイ、誰か空気入れて!

士郎『まずは、茗荷とショウガを、出来るだけ細い千切りにして…、と』

00164

 まずは、茗荷とショウガを、出来るだけ細い千切りにして…、と
 鮭は、骨を取り除き、身をほぐしておく…
 熱ちちちっ

 後は…、少し塩水に漬けたキュウリを揉み、水で洗ってから、軽く絞っておく

 遠坂のは、これでオーケー!
 俺とセイバーは、これじゃ足りないから…、もう何品か作るか。


00165
00167
00168
00170
00173
00174
00175
 よぉし! 出来たぞ、二人と…、も?

本日の調理
 ホントに早かった! もちろん、事前に出汁を作り、冷やしておく手間があったからだが
 士郎、有言実行でパッと作ってしまった
 パッとサッと!

 ちなみにご飯は冷ましたものを使う、だそうな。

 なお宮崎の郷土料理「冷や汁」だと
 アツアツご飯に、焼いた魚、そして“焼き味噌をのばした汁”で頂くという

 また緑茶は、お湯でなく“水”で、2分程度かけて作るとまろやかな味になるとか

カナカナカナカナカナカナカナ…

00176
 さて、消えていた凜とセイバーだが、衛宮邸の縁側に移動していた
 風が渡り、ひんやりと冷たい木の廊下
 聞こえてくる虫の音

 今時の都会では、すっかり貴重になってしまった風景

『うん…、せっかくだから、ここで食べようか?』

00178
00180
00181
00183
00185


 はい
 冷やし茶漬けっ
 冷ましたご飯に、冷たい出汁とかお茶をかけて食べるんだ

 凜「うん…、これなら食べられるかなっ


00187
00188
00189
00190
00191
00194
00195
 …おいっしい! さっぱりしてて、すごく食べやすい!/ええ…、良い出汁が出ています

騎士王、出汁を語る 
 鮭のほぐしたのとか、ミョウガにショウガ、塩昆布、ごま味噌とバリエーション豊かに用意
 そも、かけるものからして出汁と冷たい緑茶で
 実に手が込んでいる

 もっと暑い日なら、氷を入れても旨いんだっ

 経験者は語る。
 藤ねえとか、この季節は「食欲なーい!」とか、元気に言いそうですものねー

 差し出された膳に、キラリと光る騎士王かわいい!

凜『……たべちゃった』

00196

 セイバー「それは良かったっ
 凜「食欲なかったのは本当よ!?
 誘惑「遠坂~、おかわりはまだあるぞ?

 凜「……おかわり
 セイバー「シロウ、私も。
 士郎「りょーかいっ


00197
00199
00203
00206
00207


 凜「うーん…、ゴマ味噌もなかなかっ!
 セイバー「塩昆布もいいですね
 士郎「俺は、ミョウガとショウガ、たっぷりで…

 凜「緑茶も試したくなってきたし…、三杯目かぁ


00208
00209
00211
00212
00216
 少しは体力戻ったか?/うんっ! 食べたら何か、元気出てきたっ♪

まんぷく、まんぷく。
 食欲がない! と言ってた遠坂はどこへやら、しゃきしゃきと刺激的な薬味や
 お茶に出汁、「どんな味かな?」という興味もあって
 さらさらっと入ってしまった

 よぉーし、士郎♪ これでマッサージしてくれたら、完全復活よ?

 流れるように、調子に乗る遠坂凛
 復活しとるやん!

 士郎の気遣い、畳み掛けるように調子に乗る凜ですが…! が!!

凜『ほぉーら、後一押しっ♪』

00220
00221
00222
00224
はいはい…、やりますよっ 士郎の瞳も思わず潤むというもの
 こうして、ふとした仕草が本当に魅力的な少女だから
 何度でも士郎は恋に落ちるのです…
 と

 やっぱりあくまだ! 誘惑だ! あかいあくまさん最高だったわ!!

2018年7月1日 衛宮さんちの今日のごはん 第7話「さらりと頂く冷やし茶漬け」

00123
 待望のアーチャーは、決して顔を映さないスタイル!

スタッフ
 脚本:近藤 光・高中 優
 絵コンテ・演出:白井俊行
 総作画監督:内村瞳子
 作画監督:茂木貴之
 料理作画監督:浦田かおり
 アニメ制作:ufotable
 原作:Fate/stay night/料理監修:只野まこと/TAa/ヤングエースUP/WEB漫画

あらすじ
 大河のはからいで、士郎とセイバーと凛はウォーターレジャーランド・わくわくざぶーんに行くことに。そこで遭遇したランサーとアーチャーに勝負を挑まれ、ビーチバレー対決が始まる。その後遊び疲れた彼女たちに、士郎が作る今日のごはんは…?

凜回! 凜といえばアーチャー、あかいあくまは魅力的!!

img_main
 キービジュアルも更新! 公式サイトも刷新ですよ!!

凜とアーチャー、時々ランサー
 七月だ! 元気いっぱい遊べる夏回という事で、凜ちゃんさん以外におらぬわ!!
 満を持しての凜、アーチャー回楽しかったですね!
 どこの聖杯戦争だ!

 ちょうど暑くなった今、さらさらと滑り落ちる冷やし茶漬け、ああ食べたい!

 しかし、薬味や出汁と気が利いてるのがさすが士郎で
 セイバーさんも煌めいてた!

 楽しかったというセイバーに、にっこりな二人、家族みたいだった!

 次回、衛宮さんちの今日のごはん 第8話

衛宮さんちの今日のごはん 第7話 感想

 冒頭
 常連さんは眼鏡
 どこかで見た事あるゴツい兄さん達
 料理パート
 これまでの感想
 トップに戻る

公式サイト 漫画 Fate/stay night[Heaven's Feel] ヘブンズ・フィール 感想 タスクオーナ

 Fate/stay night[Heaven's Feel] 1巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 2巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 3巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 4巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 5巻

Fate/Grand Order 感想

 Fate/Grand Order - First Order-
 ショートアニメ「Fate/ぐだぐだオーダー」
 Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
 Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~

Carnival Phantasm セレクション 感想 2018年1月

 Carnival Phantasm セレクション 第1話「第5次魔術師大激突チキチキ聖杯戦争」
 Carnival Phantasm セレクション 第2話「働くセイバー」
 Carnival Phantasm セレクション 第3話「FINAL DEAD LANCER」【最終回】


 衛宮さんちの今日のごはん 第1話「年越しそば」
 衛宮さんちの今日のごはん 第2話「鮭ときのこのバターホイル焼き」
 衛宮さんちの今日のごはん 第3話「春のちらし寿司」
 衛宮さんちの今日のごはん 第4話「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第5話「たけのこグラタン」
 衛宮さんちの今日のごはん 第6話「はじめてのハンバーグ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第7話「さらりと頂く冷やし茶漬け」
 衛宮さんちの今日のごはん 第8話