公式サイト ただこい 多田くんは恋をしない 第10話 感想 本物、じゃないよな レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 10時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
本物だと思いたくない、どっこいこれが現実です。多田くん“後悔”せず済むか…?

00221
00528
00471
合宿、テレサへの励ましが、雨を通じて返ってくるのが快い! 雨の後には虹が出る!
 辛い後悔も、だから、“今度こそテレサに素直になろう”と思えるはず!
 ゴルゴの援護にめっちゃ笑った!

 テレサは同じ後悔をした、だから光良に響いたんだと私は思う!

“さようなら”は言えないけど
 多田くんのせいじゃない、そう言って欲しい、でも安っぽい慰めも欲しくない。
 多田くんは、テレサが自分と同じように悩んだと知ってるから
 余計に響いたんだろうなって。

 これが最後だと解ってたから、目一杯楽しんだテレサ。二人の温度差が切ない

多田くんは恋をしない 第10話 感想

00120
 冒頭
 Aパート
 本物、じゃないよな
 アイキャッチ
 Bパート
 予告
 感想追記
 これまでの感想
 関連感想「月刊少女野崎くん」

多田くんの選んだ写真、1話と同じくテレサの瞳に。

00413
 きっと二人で雨を降らし、結婚式をブッ壊すって流れですね!

あらすじ
 9月、テレサに誘われ、一緒に「れいん坊将軍展」に訪れた多田くんは
 何かにつけ、楽しそうに笑う彼女に困惑しながら
 楽しいひと時を過ごす

 他方、多田珈琲店では、アレクが“テレサの乳母・麗子”の手紙を正造に届けた

 思い切ってスターツリーに登った多田くんは
 同じ雨の日、亡親への後悔を思い出し、自分がテレサに贈った言葉で励まされる

 しかし翌日、テレサ達は帰国したと聞かされ…?

 次回、多田くんは恋をしない 第11話「特には何も」

テレサ『わーっ! 良いお天気ですっ♪』

00000
 前回、テレサは“多田くんへの想いを止められない”自分を思い知った
 それでも自分は、祖国に帰りシャルルと結婚せねばならない 
 テレサは覚悟を固める

 彼女は、多田くんをれいん坊将軍展に誘うのだが…?

テレサ『ここでしたね…』

00001
00002
00003
00004
00005
00007
00008
 チェリーちゃん? ニャンコビッグさんも♪

恋はスリル、ショック、サドンデスマッチ
 第1話で多田くんと出会った場所、桜田門を元気良く訪れ、感慨にふけるテレサ
 ニャンコビッグは…、相変らず相手にされてない様子
 残念! 

 気をつけてね~♪

 予告にも出ていたツーショット
 てっきり、ニャンコビッグさんの大願が叶ったと思ったのに!?

 恋はやっぱり、そう簡単にはいかないの?

……』

00011
00015
00016
00017
00020
 多田くーんっ!

Re:恋に落ちた瞬間
 第1話冒頭、“テレサに見入った瞬間”を再び繰り返し、思わず目を見張る多田くん
 二人、やっぱり両思いなんですが…
 で

 今日は、ありがとうございますっ♪

 早いな⇒今、来たところです。
 初々しいね!

 凝った会話じゃないのが、本当二人らしい

テレサ『春もステキでしたけど、秋のお城も格別ですね~♪』

00023
 格別ね…と口にしつつ、景色よりテレサに目が行く多田くん
 目は口ほどに物をいい、テレサ当人には届かない
 視聴者にはこんなにも届くのに

 同じ景色でも、四季によって違う“良さ”がある。ステキよね。

多田くん『アレクは?』

00024
00026
00027
 今日は用事があって…/ふーん…、でも、何でここで待ち合わせ?

えへへへ
 テレサの身分を知る視聴者には、「アレク不在って大変な事では?」と湧き上がるも
 知らぬ多田くん、矢継ぎ早に質問が飛ぶ
 曰く

 せっかく、れいん坊将軍展に行くなら♪

 多少遠回りになっても、その方が楽しいかなと思ったというテレサ
 多田くん、これには一応納得

 しかし視聴者的には、哀しい雰囲気が倍増しになる…!

テレサ『では参りましょう!』

00028
00029
00031
00032
00033
 いつも心は虹色にっ!

目立つゥ!
 いつものポーズを決めるテレサ! これは恥ずかしいと、足早に去っていく多田くん!
 観光地で、パツキンの外人さんがこんなんやってたら
 そりゃ皆見るよね!

 他方、やっぱり上手くいってる様子のニャンコビッグさんも

 テレサの若さが、めっちゃ弾けてて可愛い!
 振り向かないことさ!

 ニャンコビッグさんの“例”、やっぱり思いは貫くのが大事って事で…?

テレサ『すごーいっ! 高ーいっ!!』

00034
00036
00037
00038
00039
 ちょっと嬉しいです♪/何がだ?/何でもありませんっ♪

東京スタースクリーム
 地元民あるある、多田くんも初めて訪れたという東京スターツリーに
 テレサは「嬉しい」、その真意を届かせないのがいじらしい
 とまれ

 写真はもう大丈夫ですか?

 二人できたのに、テレサそっちのけで写真を撮っていた多田くん
 常識的に「悪い」と謝る多田くんですが…

 しかしテレサ、もちろんニッコリ笑うのでしたと

テレサ『いつもの多田くんでいて下さい♪ えへへへ♪』

00040
 テレサの真意を知らぬまま、言葉に疑問ばかり募る多田くん
 テレサ、多田くん、視聴者の視点で
 把握してる情報が違う

 いつも以上に、「えへへ」と連呼するテレサが不憫可愛くてもう…!

多田くん『しかし……、確かに思ったより高いな』

00041
00042
00045
00047
00048
 大丈夫だ…、行くぞっ、スターツリー!

お許しくださいメガトロン様!
 足早に通り過ぎるゴルゴに笑ってしまいますが、そう、多田くんは高いところが苦手!
 当人いわく、「飛行気が苦手なだけ」と言い張っていますが
 明らかにアカン奴!

 肩肘張って、タワーに挑む珍しい多田くんの姿が!

 日頃、何でもホイホイやってのける多田くんだけに
 珍しく駄目なワンシーン

 うーんかわいい。

テレサ『あっ…、多田くーん!

00051
 なお、れいん坊将軍展の入り口は実際はこっち! 
 いけない…、怖さに我を忘れてる!
 珍しい多田くん!

 ちょっと、言いにくそうに指摘するテレサが可愛い!

『良かったですねー、こっちで…』『だから大丈夫だって…』

00056

 多田くん「スターツリーは空飛ぶわけじゃないし…
 テレサ「えへへ、無理はよくないです! また、病気になっちゃいますよ?
 多田くん「大げさだなあ…

 テレサ「大げさくらいで、多田くんはちょうどいいと思います

 自分の事は、いつも後回しで。
 我慢しちゃいそうだから


00059
00061
00062
 大げさくらいで、多田くんはちょうどいいと思います

ディアブレイブ
 強がる多田くんと、強がらないでいいんですというテレサ
 伊集院も、“困った時は話してくれ”と言いましたが
 多田くんも珍しく照れてる…

 本当に、ほんの心持ち程度に頬が赤くなるのが多田くんらしい!

 視聴者にすれば、テレサこそ!と言いたくなるけれど
 思いやりが心地よい

 この言葉、きっと後々また響く…!

すごーい!』『結構、本格的なんだな』

00063
 てな話しながら、前回、常連の老夫婦に貰ったチケット+αで訪れた二人
 放映40周年記念企画・れいん坊将軍展
 本格的!

 セット、劇中に入り込んだみたいになってる!

テレサ『あれわっ! 多田くん、ありましたよっ!!』

00064
00065
00067
00068
00069
00071
00073
00076
00077
 将軍の使ってる隠し井戸! 本物ですっ!!

れいん坊将軍・イド
 第1話、二人がセカンド初対面する縁になった、将軍が出入りに使ってた井戸!
 本物なのかセットか、彼女にとっちゃあ本物さ!
 で

 はい、これ/かたじけないっ!

 射的が楽しそうというテレサに、ノータイムで手渡す紳士の鑑
 多田くんは、阿吽の呼吸ですねえ

 こういうところ、妹の世話で慣れてるのかもしれない!

多田くん『どれがいい?

00082
00083
00085
00086
 じゃあ、四十周年記念のれいん坊ドロップ!

おめでとーございまーす!
 当然のように“とってあげる”と構える多田くん、射的の腕も多田くんだった!
 さすが! 武芸十八般だな!!
 で

 かたじけないっ!

 まーた、多田くんは二人の思い出になりそうなものを…。
 颯爽と構えるのが格好良かった!

 中の人が、ガンダム作品・撃墜王常連ボイスなだけはある! チョリーッス!!

テレサ『じゃあ、私の番です!』

00089
00095
00098
00099
 ? じゃあ…、あれ/お目が高い!

後ろ! 後ろー!!
 自分が言われるのは想定外だった多田くん、テキトーに指差したら褒められた!
 第3期17話、偽れいん坊将軍の“逆さ虹の扇子”ですね!
 わかんねーよ!

 そっ…、そうなのか?

 勝手に盛り上がるテレサ
 後ろで、じわっと狙撃体勢に入るゴルゴで2度美味しいよココ!

 マニアと一般人、埋められない溝がそこにある!

『任せて下さい! では! れ・い・ん…、坊!!

00101
 勢い込むテレサ、王族として、銃の訓練も受けてるのかと思ったら
 案外、というかまったく当たらなかった!
 王の仕事じゃないしね!
 
 ラスト一発!

テレサ『やったあああああああ!

00108
00110
00111
00115
00120
00121
00123
 キミ…、何でこんなところにいるの?(警官)

ゴルゴは犠牲となったのだ
 それはお前に言いたいわ! と言う警官はともかく、陰からゴルゴが援護狙撃!
 なるほど、それがしたくて出てきたんですね!
 狙撃が終わるの待っててくれた警官
 優しい!

 ゴルゴ、気分は風車の弥七だったんでしょうか!

※水戸黄門で、陰からフォローする忍者。シリーズにより居ない事も

テレサ『えへへへ、ゲットです♪』

00126
00127
00130
 どうぞ、多田くん♪

立役者ァ!
 こうして押し付けられた扇子が、多田くんにとってどんな意味で宝物となるのか
 それはまだ、視聴者には分からない事ですが…
 それより後ろ後ろー!

 しっかり連行されるゴルゴ、立て役者なのに扱いがひどい!

 だがそこがいい。

ええーい! 出会え! 出会えー!!』

00133


 将軍「虹の色を一つ…、言って見ろ
 悪党「虹の色など…

 知るか! 


00135
00136
00137
00139
00142
00144
00148
00158
 本物ですよ、多田くん!/本物、じゃないよな

サブタイ回収
 続いて上映会と思いきや、舞台演劇とリンクしたショーだった!!
 何これ面白い!
 で

 たわけ! 本物の悪代官だ!!

 自分で言うてはる!
 ここで多田くん、ツッコミ体質が悪目立ちしてしまう事に

 持ってて良かったツッコミ属性!

『人質にしてやる!』『二人とも逃げてくださーい!』

00160
 多田くんのツッコミを聞きとがめられ、ショーの“人質役”に選ばれた!
 何てフレキシブルな対応、芸の道って深いですね!
 多田くん、テレサと追われる事に

 或いはテレサが目立つから、選ばれちゃったパターン?

テレサ『多田くん! 逃げますよっ♪』

00161
00162
00163
00164
00165
00166
00169
00171
00174
00184
00188
00191
00193
 虹の色は虹色だ! 成敗ッ!!

かたじけない!
 誘導された二人はステージに上げられ、追い詰められたかに見えたとき…!
 将軍、颯爽登場で事件解決!
 で

 では皆さん、最後はご一緒に!!

 いつも心は虹色に!
 観客、揃って扇子持ってる事にツッコまざるをえない! 大人気か!!

 この“逃げますよ”、繰り返す事になりそう!

え?

00195
00199
 に…、虹色にっ テレサと将軍に促され
 多田くん、めっちゃ恥ずかしそうに「虹色に」
 これは照れる…

 将軍、劇中劇と別人で、ちょっと若い感じなのがリアルだった!

町娘『ご協力ありがとうざいました♪ 可愛い彼女さんですね♪』

00200
00206
00209
00211
00213
00216
 初めて見ました、多田くんの“虹色に”♪

初めて尽くしで
 最後は、お約束の記念写真を贈って貰うも、それどころじゃない一言が!
 加えて「初タワー」「怖がり」そして虹色に…
 初めて尽くしに

 笑いすぎだろっ!

 困ってしまう多田くん、嬉しくて楽しくて笑ってしまうテレサが可愛い
 笑ってしまう理由を思うと切ない

 ついでに、舞台将軍がcv吉野裕行、またガンダム00声優なのも笑っちゃう!

『おみやげコーナーですよ♪』

00218
00222
00221
00224
00228
 どうですか♪/なんか、似合ってるぞ

スリケン!
 珍しく笑い混じりの多田くんと、町娘カツラが似合いすぎるテレサ!
 れいん坊まんじゅう、お土産の定番ですね!
 手裏剣!

 アレクが好きそうです♪/使いそうだもんなあ…

 多田くんにもそう見えるか!
 多田くん、「アレクが実は忍者になりたかった」なんて知らないはずなのにー!!

 そしてこの時、ふと気になったものが…、と。

テレサ『すごーい!

00229
 ここまで虹色なのか…とは多田くんの弁
 そっか、この海鮮丼は虹色なのか…
 いつも食事は虹色に!

 江戸といえば江戸前、海産物が名産品でしたものねー。イクラはないだろうけど!

『ん~、美味しいです!』『そうだなぁ…』

00230

 テレサ「さすが! れいん坊将軍の虹色パワーですっ!!
 テレサ「 ものすごーく元気が出ます
 多田くん「好きなんだな、本当に

 多田くん「れいん坊将軍

 テレサ「……、はははははは、はいっ♪


00236
00241
00242
 …って、何がおかしいんだ?

何が可笑しい!
 将軍丼にもパワーを貰うテレサと、不意討ちでときめかせる多田くん
 多田くんは、まっこと心の暗殺者ですよ…
 でも彼も困惑しきり

 アレクがいない、笑いまくるテレサに困惑する多田くん

 多田くん自身、そんな彼女に見惚れたり
 実に青春しています

 EDの通り、それがどんなに尊い事か知らない多田くん

テレサ『子供の頃から、いつも元気を貰って…』

00245

 子供の頃から
 いつも元気を貰って…
 彼の強さと優しさに、憧れてきたんです

 自分もあんな風になりたいって…、そう目指していれば、なれるかもしれないと

 レイチェルが、言ってくれたから。


00254
00259
00261
00265
00268
 レイチェル? …あ、北極星の人か!

レイチェル麗子
 乳母レイチェル、本名“竜崎麗子”は、逆にラルセンブルクへ留学に訪れ
 旦那様と結ばれ腰を落ち着けた人物だった
 また

 お手紙を預かってまいりました

 多田くんの祖父もまた、その“レイチェル”から手紙を受け取っていた
 北極星の言葉、根っこは同じだったと

 多田珈琲店に大切に飾られた写真、若き祖父と、一緒に写ってるのがレイチェル。

多田くん『ふーん…、海外で暮らすなんて、俺には想像できないな』

00275
00278
 知らずテレサを曇らせる多田くん…、彼女は女王
 だから、結ばれるとすればこれしかない
 知らないとはいえ!

 幸い理由は、非常にしょーもない!

多田くん『その人、スゴイよな…、だって飛行機、乗って行ったんだろ?』

00279

 多田くん「その人、スゴイよな…、だって飛行機、乗って行ったんだろ?
 テレサ「そこですか?!
 多田くん「テレサもだよな?

 多田くん「飛行機もだけど、留学を決めて、誰も知らない場所に来たんだもんな

 多田くん「それも勇気いるよな?」


00285


 テレサ「勇気…、そんなに深く考えていなかったから、来られたのかもしれません
 多田くん「来て良かった?

 テレサ「はいっ♪


00287
00292
 勇気…、そんなに深く考えていなかったから、来られたのかもしれません

来て良かった
 軽い天然ボケから始まった言葉ですが、確かにその通り
 テレサのそれは、勇気ある行動だったんだよ
 と、讃えてくれた多田くん

 来て良かった! たとえどんなに哀しい別れに終わっても

 テレサにすれば、留学が終われば“王族の義務”に生きねばならない
 行きたかった場所に行きたかった

 ある種の“逃げ”さえ、勇気だと言ってくれる。尊い。

多田 正造『麗子さんは…、元気ですか』

00295
00298
00301
00306
 あ、いや、どこでも彼女は元気でしょうね

たとえ道が分かれても
 他方、多田くんとテレサの“未来図”とも呼べる二人。祖父は想いを馳せながら
 すぐ去ろうとしたアレクに、コーヒーを淹れてくれた
 レイチェル曰く

 あなたの淹れてくれたコーヒーだけが、心残りだったと

 レイチェルに心残りは無い
 たとえ別の道を選んでも、悔いなき人生を選んだ…、みたいな。

 元気の良さ、髪型、ゆいちゃんそっくり…?

チィーッス! 光良ィ~♪』

00307
 しんみりした空気を破壊し、伊集院登場! アレクと見るやさっそく絡み
 テレサがいないなら、一緒にデートと調子良く訴えて…
 見事、彼女にオーケーを貰ってしまう

 あのアレクに!? 

アレク『そうですねえ…、どこに連れてってくれますか?』

00314
00315
00320
00322
00330
00332
00338
00340
00342
00345
00347
 お世話になりました/またね~

またね
 笑ったアレク、嬉しがる薫、楽しい時間は過ぎ去って、万感の想いで辞するアレク
 また、なんてないと伊集院は知るよしもなく…
 温度差…

 え…、雨?

 多田くんもせっかくだと
 意を決し、あれほど怖がったタワーを登るのだが、こんな時まで雨だった

 雨、これもまた“普通は悪い事”なんですが…?

アイキャッチは、花柄のティーセットとタワー

00349
00350
 作中、初めてと思われるセットは、麗子さんの思い出の品なのか?
 タワーといい、別れの象徴なのかもしれませんね
 最後の思い出みたいな。

 もちろん、多田くん達はそうじゃないにしても。

『何でだろうなあ、俺達がそろうと』『雨が多いですね…』

00352
00353
00354
00356
00359
00361
00364
00371
 やっぱり。/違いますよ! 雨の神さまに、祝福されているんですよ!

雨の神さまに祝福を
 やっぱり雨女…、テレサはもう否定せず、“祝福だ”と切り返すのが彼女らしい!
 これはね、プラスの恩恵なんですよ!
 でも

 あの時も、こんな天気だったんだ

 雲に邪魔され写らないカメラ
 多田くんが目を留めたのは、“自分もそうだった”楽しげな親子の姿。

 でも雨もまた、必要なものですから…?

父『“ごめんな光良? 出発が急に早まってしまって”』

00377


 せっかく約束してたのに、急に仕事に出かけるっていうから…
 俺は許せなくて…

 ちゃんと、見送ることが出来なかったんだ

 あの時
 もし自分がちゃんと話せていたら…
 少しでも出発を遅らせる事が出来ていたら

 親父達は、事故に遭わなかったかもしれない…。


00386
00389
00391
00394
00397
 そんな事は…

多田くんの後悔
 第5話冒頭、梅雨の季節に亡くした両親に、多田くんは責任さえ感じていた
 もしかしたら、彼もやっぱり考えてしまうのだ
 と

 なに話してるんだろうな、俺…

 最期だと知らなかった
 それだけじゃない、向き合っていれば、少しでもタイミングがズレていれば。

 交通事故なんて、そんなものなんですよね…。

多田くん『何でだろう…、今まで、誰にも言えなかったのに。…ごめん!

00400
 思わず漏らした呟き、合宿回、彼は“後悔”は活かすのが大切だといいました
 同じ“後悔”に、過去に戻ってやり直したいと思ったテレサ 
 対し、受け入れようと

 やり直しなんて出来ないから、後悔は、二度と繰り返すまいと教訓にすべきだと。

『…多田くんのご両親が事故に遭われたのは、多田くんのせいじゃないと思います』

00404

 多田くんのご両親が事故に遭われたのは
 多田くんのせいじゃないと思います
 絶対…、違います

 だけど、素直に気持ちを伝えられなかったと、多田くんが後悔しているのなら

 これからは、きちんと伝えるようにする。
 それで良いんじゃないですか?

 一度後悔した事は、二度と繰り返さないようにする。

 多田くんが、私に言ってくれた言葉です


00410
00411
00413
 そんな事、言ったっけ俺? …偉そうだな/(偉そうだな)とも言ってました

二度と後から悔いない為に
 思うに、多田くんも誰かにそう言って欲しくて、でも言って欲しくもなかった。
 彼は苦しんだから、簡単に“解るよ”なんて言って欲しくない
 でも

 忘れません、私はその言葉に救われたんですから

 テレサも後悔に苦しんでた
 彼はそれを知ってるから、“解るよ、でも背負わなくて良い”って言葉が重くなる

 彼女の言葉だから、救いになったんじゃないでしょうか

テレサ『虹ですっ!』

00416
 雨が降るから虹が出る、辛い経験も、だからこそより良い選択に進める
 本作、「雨女と雨男」って強調されてますけど
 虹と絡んでるんでしょうね

 二人の雨パワー、必ず活かす流れが来るはず…?

『いつも心は虹色に…』『だなっ』

00418


 同じものを見て
 同じ曲を聴いて
 同じ事を感じることが出来る距離って…、素敵ですね


00419
00425
00429
00433
00435
00437
 ん…? どうした?/何でもありませんっ

話せば答えてくれる距離
 この“距離”で居られる最後の時間、一歩だけ隣に立って呟いたテレサですが
 やっぱり届くはずもなく
 と

 し、下…!/だ、大丈夫ですか多田くん!?

 雲が晴れたら下が見えた!
 スカイツリー名物、下が見えるアレのとこに立ってたんですね多田くん!!

 何だよ、やっぱり雨が降ってた方が良かった!

多田くん『…どうした?』

00440
00444
00449
00455
00457
00460
00463
00465
 あ、そうだ。アレクにも渡しといてくれ。それと、れいん坊将軍の写真

終着点
 帰り着いたらもう終わり、徐々に鈍るテレサを、知らずに急かせてしまった多田くんは
 別れ際、お土産、写真までも彼女に譲った
 と

 かたじけない…!

 嬉しそうに受け取ったテレサ
 徐々に声を詰まらせたのは、これが別れだ、という実感が訪れたからでしょうか

 こんな彼だから、好きになったと実感があったからでしょうか

テレサ『じゃあ!

00468

 テレサ!
 えーと、その…
 あ…

 コーヒー、飲んでくか?

 そっか…、じゃあ
 また!


00471
00476
00479
00484
00487
00492
00496
00499
00500
00501
00507
 多田くんにめぐり合えた事に…、感謝します

多田珈琲店
 去り際、ただならぬ様子のテレサに声をかけた光良、しかし言葉は出てくる事なく
 奇しくも伊集院同様、「また(明日)」で見送ってしまう
 だが

 あれ? テレサちゃん…?

 彼女がマンションと別方向へ去って行くのを目撃した伊集院ですが…
 テレサの去り際、店内が楽しそうで辛い

 こんなにも楽しい場所、多田くんと会えて、嬉しかったんですね

多田くん『ただいま…』

00511
 ご両親に、新たな気持ちで向き合えたであろう多田くん
 他方、妹や祖父はみやげの饅頭で盛り上がる等
 多田家の日常が。

 お饅頭も虹色に! ウコン味って、飲む前に飲むと元気になれそう!! 

ゆい『こら! ニャンコビッグはダメだよ~』

00512
00516
00518
00522
00524
00525
00527
00528
00531
00533
00539
00547
00552
 コンクールに出す写真、決めたんだ?

星の瞳のシルエットフォーミュラ
 相変らず猫がリアル…! 前回、風邪で倒れてコンクール写真を選べなかった多田くん
 題材「星」に、独特な着眼点で選ぶ事にしたらしい
 曰く

 見せてよ見せてよ~/許可貰ったらな

 マンションへ寄ろうとした光良
 選んだ写真、星、「星が映り込んだテレサの瞳」を選んだのでしょうか

 或いはシンプルに、テレサの瞳=星のようだ、みたいな?

伊集院『あれ~? テレサちゃんとアレクは?』

00555
00557
00560
 テレサさんとアレクさんは、ご家庭の事情で帰国されました

現実、じゃないよな 
 しかし現実は非情、やはり二人は帰国。昨日の時点で荷物は片付け済みだったと
 テレサは、家じゃなく真っ直ぐ空港にでも向かったのか
 多田くん轟沈…!

 テレサが楽しそうだったのは、寂しそうだったのは最後だったから

 限られた時間を、嘆くのではなく楽しむ事
 目一杯に楽しんだんですね

 次回予告からして、多田くんが動くのは結構先になりそう…?

予告ニャンコビッグ『みゃあああ~ん…』

00566

 ニャンコビッグ「みゃあああ~ん
 ゆい「ニャンコビッグ? ベランダに何かあるの?

 ゆい「テレサさんのところに、また飛ぼうとしてない?
 ニャンコビッグ「ミャアーン!
 ゆい「じゃあ見てあげる

 ゆい「次回、第11話「特には何も」

 ニャンコビッグ「ミャアン…
 ゆい「お楽しみにっ!


00569
00571
00577
 ニャンコビッグ…、一体なんて言いたかったんだ…?

特には何も
 次回、多田くんは悩みながらも動く…、かと思いきや周囲は冬の装いに
 今回は9月で、まだ半そでの人もいましたけれど
 コンクールは出展見送り…?

 結論を出し、動くのは12月あたりになるのかもしれませんね

 何も言わずに消えられた事がショックで
 今回、祖父が受け取った手紙を通じ、正体を知る事になるのでしょうか?

 結婚報道に、阻止すべく思い切って飛行機に乗るパターン…?

感想追記。テレサ、別れのデート回

 あの日テレサがキレイすぎる訳を多田くんは何も知らなかった
 EDを越え、OPへ走れ!

いつも心は虹色に! テレサと多田くんのお別れデート

00041
 出発に門を選んだのは、“出会い”をもう一度噛み締めたかったのでしょうね

彼女が綺麗すぎる訳
 今回、ED“ラブソング”の1番そのもので、この日々が続いてくと思っていた多田くん
 唐突に途切れた関係に、呆然としてしまうラストに。
 やっぱり、この時が来てしまった。

 来日も含め、テレサは“いつも心は虹色に!”ってそのものだと思うんです

 辛い明日にも凹まない
 まだ“今”がある、今を精一杯楽しもうってするから、綺麗な子なんだろうなーって。

 瞬間瞬間を、前向きに、大切にしようって思ってる子というか。

明日は日本を発たねば、哀しい? それより今を楽しもうぜ!みたいな

00056
 状況に順応して、前向きに生きようとする。テレサはそういう子だと思う!

思いやりブーメラン
 同時に、「無理は良くないです!」と、言ってやりたい気持ちになる
 今回、多田くんが自分の言葉で励まされたみたいに
 やり返すじゃないでしょうか

 自分の事は、いつも後回しで。我慢しちゃいそうだから

 冒頭、多田くんにドヤ顔したテレサの言葉
 まんま彼女の事なのよねー。

 こうして、色んな場面場面が、しっかり繋がっていくんだろうなって感じる。

あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった

00141

■ラブソング 歌詞
 テレサ・ワーグナー(cv石見舞菜香)

 いつまでも続いてゆくと 僕はずっと思ってたんだよ
 あの日君がキレイすぎるわけを
 僕は何も知らなかった

 神様って人が君を連れ去って
 二度とは逢えないと僕に言う

 どこに行くんだよ
 僕は何もできなかったよ
 美しすぎた人よ

 あいたくて あいたくて どんな君でも
 願いごとがもし一つかなうならば

 いますぐに いますぐに 抱きしめたいんだよ
 ずっと君のそばにだけいたかったんだ

 心の中は涙の雨のメロディー
 君と過ごした日々は 忘れるなんてできないんだよ


00144
 神様が連れ去るって、死別みたいな歌詞だなーって思ったら。

ずっと君のそばにだけいたかったんだ
 ラスト、同じものを見、曲を聴き、同じように感じられる距離は素敵だと近寄ったテレサ
 離れる事で、多田くんも同じ気持ちになるんでしょうか
 EDがすごく本編してる!

 OPでも、光の中へ走り去ったり、“この恋を忘れない”ってコピーだったり

 モチーフ「ローマの休日」からして悲恋ですが
 一方で、後悔せずに素直になろう、って幾度も語りかける物語でもある本作

 いよいよ後3話ですね

次回予告が、まんまED2番の歌詞な多田くん

00140
 だけどそいつが僕のカラッポを埋めてくんだよ(ED2番)

忘れるなんて出来ない
 2番で、ガラッと内容が変わるタイプの曲もありますが、この曲は更に深みへ。
 でも最後の最後で、「でも出会って良かった」って繋いでる
 そう感じます

 出会って別れて、カラッポになって、でも想い出に満たされるみたいな

 でもOPは、「思い出になる前に、恋してるって伝えたい」って歌っていますから
 多田くん、命懸けで飛行機でゴー!?

 こうして見ると、OPもEDも繋がってる気がしますね!

ねえ君に 君にひとつ伝えときたいんだ

00321
 思い出というフィルムの中へ君が解けてしまう前に 届けたい言葉があんだよ

今 君に恋してるよ
 オーイシマサヨシ氏のハイテンションなOP! 次回、抜け殻になってしまう多田くん
 EDと同じ気持ちを越えて、次はOPって気がする!
 気付けば恋してるって曲!

 いざ 君に 君になんて話したらいいんだ(2番)

 1番は気付けば恋してた
 2番は、突撃ラブハートして戸惑う彼ら、突然で今さらで!

 OP、きっと本編中も流れると思うので、その時が今から楽しみですね!

2018年5月31日 多田くんは恋をしない 第10話「本物、じゃないよな」

00041
 制作進行二人体制と、かなり切羽詰った状況の模様?

スタッフ
 脚本:中村能子
 絵コンテ:しまづ あきとし
 演出:越田知明
 作画監督:山野雅明、吉川真帆、菊池愛
 アニメ制作:動画工房
 原作:動画工房社オリジナルアニメ

あらすじ
 東京スターツリーの下で、れいん坊将軍40周年を記念して行われているイベント『れいん坊将軍展』にやってきた多田とテレサ。れいん坊将軍にちなんだ様々なアトラクションで遊び、楽しい時間を過ごす二人。せっかくだからと東京スターツリーに登ってみると、いつの間にか太陽は隠れ、雨が降っていた。雨を見ながら、多田はふと両親が事故にあった日のことをテレサに話し始める。

次回、一気に時間が経過し、街は冬の装いへ

00031
00528
 第1話は、「ニャンコビッグの瞳と同じなんだ」と呟いた多田くん

第1話とOPとEDの全部乗せ!
 原点回帰が別れの日、特に「あの日君がキレイすぎるわけを 僕は何も知らなかった 」
 テレサが、楽しそうだった、楽しもうとした理由を知らないまま
 明日も続くと思っていた多田くん

 第1話ラストと違う、心から“テレサの瞳は綺麗だ”と思えた多田くん

 祖父のように生き別れるか
 それとも、ニャンコビッグのように想いを貫き、引き寄せる事が出来るか?

 Blu-rayによれば全13話! まだだ、まだ終わらんよ!!

 次回、多田くんは恋をしない 第11話「特には何も」

多田くんは恋をしない 第10話 感想

 冒頭
 Aパート
 本物、じゃないよな
 アイキャッチ
 Bパート
 予告
 感想追記
 これまでの感想
 記事トップへ


 月刊少女野崎くん コミックアンソロジー(原作者+多作家参加)
 月刊少女野崎くん 1巻 
 月刊少女野崎くん 2巻
 月刊少女野崎くん 3巻
 月刊少女野崎くん 4巻
 月刊少女野崎くん 5巻
 月刊少女野崎くん 6巻
 月刊少女野崎くん 7巻
 月刊少女野崎くん 8巻
 月刊少女野崎くん 9巻“千代ちゃんの弟”!

 
月刊少女野崎くん 2014年夏アニメ

 創刊号「その恋は、少女漫画化されてゆく。」
 第二号「新ヒロインをよろしくね♪」
 第三号「バイオレンス VS プリンス」
 第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」
 第五号『恋を「思い」「描く」男子。』
 第六号「魔法をかけて、あ・げ・る」
 第七号「漫画家脳野崎君」
 第八号「学園の王子様(女子)の悩み」
 第九号「ドキドキ、たりてる?」
 第十号「強まるのは、手綱と絆。」
 第十一号「米しよ?」
 最終号「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」

オリジナルアニメ 多田くんは恋をしない 感想 2018年4月 公式ツイッター

 多田くんは恋をしない 第1話「ほっとけないだろ」OPED
 多田くんは恋をしない 第2話「まぁ、間違っちゃいない」
 多田くんは恋をしない 第3話「それ、好きだなあ」
 多田くんは恋をしない 第4話「見なかったことにしよう…」
 多田くんは恋をしない 第5話「大丈夫だ。いないから」
 多田くんは恋をしない 第6話「雨男、じゃないぞ」
 多田くんは恋をしない 第7話「泣かれるよりはいいだろ」
 多田くんは恋をしない 第8話「雨女だったっけ?」
 多田くんは恋をしない 第9話「今は、もう、ない……」
 多田くんは恋をしない 第10話「本物、じゃないよな」
 多田くんは恋をしない 第11話「特には何も」
 多田くんは恋をしない 第12話「……突然、ごめん」
 多田くんは恋をしない 第13話「俺も、一生、忘れない【最終回】」