公式サイト アニメ 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第7話 感想 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前回はこちら
亜貴の手の上で踊る比嘉! 彼の運命は? 3分アニメで1話2回キスの偉業を達成

00070
DdE-acnVwAEJ2An
00035
比嘉暴走! 模範囚の彼を挑発し、重罪に追い込んで陽菜から引き離すつもりなのか?
 冒頭から4P! スタイリッシュ禁鞭する亜貴と策略
 比嘉の本心を引き出す策略!

 惚れたらキス! 見返りは要らない!! 比嘉って男は思い切りがいいな!

脳が理解を拒むほど早いキス!
 いきなりキスした時は驚きましたが、見せ付けてキスする亜貴もさすがだ!!
 比嘉と陽菜の、頭文字Hコンビに屈辱を叩き込む亜貴!
 おっぱい隠し増量し過ぎ!

 荷物の積み込みは過酷、比嘉さん! アンタちょっと過保護よ!! スカケダ6話感想

エンドカードは、こも先生

DdE-DN3U8AAjweU
 おっぱい久しぶりすぎてイエーイ乳袋~!と描かれたとの事。イエーイ!!

あらすじ
 比嘉と陽菜の関係を疑った亜貴は、一計を案じて陽菜を3人の囚人に襲わせる
 彼女を守りたい、比嘉は自分の気持ちに素直になり
 熱いキスと共に告白する

 見届けた亜貴は、比嘉の目の前で陽菜を辱める“屈辱刑”を執行

 比嘉は、陽菜が来るまでは亜貴を信頼していた
 だが今は彼女を守りたい

 彼は声が濃い看守を騙して殴り倒し、独房を抜け出すのだが…?

 次回、甘い懲罰 私は看守専用ペット 第8話

『おーいこっちだー、早くしろー』

00000
 前回、陽菜は脱獄を理由に懲役を一年加算、面会を禁止され孤立無援となった
 亜貴の豹変に、元々疑問を抱いていた比嘉大和は
 健気な彼女を守ろうとする

 亜貴と陽菜の為、比嘉が一肌脱ぐ時だ! 既に胸元全開なのに!!

比嘉『今度は荷物の積み込み? 女の出来る仕事じゃねえだろうが…』

00001
00003
 比嘉ァ! 手が止まってるぞ!/へいへい…

ヘイヘイホー(ヘイヘイホー)
 荷物の積み込みは過酷な仕事、前回の洗濯に続き過保護が止まらない比嘉
 いや実際、荷物の積み降ろしは腰にくる作業ですから
 女性には辛いのも確かです

 実際、腰をやるドライバーも多いし、陽菜は腰をいつも使ってそうですし。

 でも比嘉さん!
 今のご時世、「女だから」って言うとセクハラになりますよ!!

 黒翼印のトラック、手広いな刑務所!

モブ『へっへっへ…、この女をヤるチャンスを狙ってたんだ!』

00004
 しかし狭いトラックに男女4人、何も起こらないはずがなく
 男達の、猛る欲望のはけ口に狙われる陽菜
 白昼堂々と!

 ちょっと! そんな杜撰だから刑務所送りなのよアンタ方!!

比嘉『おい!?

00006
00007
00008
00010
00011
00012
00014
00015
 散れ…、ケダモノ共が…。

宝貝:禁鞭
 あわや公開4Pとなる陽菜を救ったのは、意外や明神亜貴その人!
 すごい! 未来の日本は鞭を使うのもオッケーなんだね!
 Mの人にはご褒美です!

 亜貴の非情な面しか知らない陽菜は、(貞操を)助けられた事に呆然

 しかし、公式あらすじにによれば「ここから」罠。
 襲われると計算づくの配置

 鞭られた男達、とんだ鞭損だったワケだ!

亜貴『フッ…、看守聞こえるか? 今から聞こえる事を復唱しろ』

00016
 亜貴は、“その場に居る比嘉”に聞こえるように、通信先に復唱を命令
 命令が、ちゃんと聞こえているか確認したいから
 声を出して繰り返せと命じる

 陽菜が“亜貴と”医務室に、いやらしい事をされてしまうぞ、と。

復唱します、3077を念のため医務室で処置を行う』

00018
00020
00022
00024
00025
00026
00030
00031
00035
00037
00039
00040
 お前が、好きだ…!

守護らねばならぬ
 比嘉視点では、“幸い”陽菜は独りきり。安心した彼は迷わず陽菜にキスする
 躊躇いもない早いキス!
 と

 お前を守りたい!

 比嘉は思ったのだ、陽菜が汚されると焦ってしまった自分に
 自分の気持ちに素直になった

 早い! 開始1:30秒、記録的な速さのKISS!!

陽菜『比嘉さんの気持ち、嬉しいです…』

00043
 対し陽菜も立派なもので、即座に、ちゃんと彼の気持ちを断った。
 変に期待させず、自分には外に大切な人がいる
 気持ちには応えられない
 と

 立派なのは、おっぱいだけではなかったのだ

比嘉『…フッ、俺が勝手に惚れただけだ。気にするな』

00045
00047
00049
 気持ちに応えられないのが心苦しい…

気にするな
 比嘉もまた見返りは求めない、ただ好きになった、守りたいという意思表明なのだ
 ちょっと唇は奪ったが見返りは求めない
 と

 糞! ここがシャバだったら、あんな野郎の好きにはさせないのに!

 たちまち笑いたちまち怒る!
 比嘉さん喜怒哀楽!

 ヤクザ絡みだそうですが、慕う男も多そうな男よ! アッー!!

『囚人同士で逢引か…、貴様らには許可なく私語を交わした罰を与える』

00053
 公式あらすじによれば、こうやって「二人の関係を確かめる」罠だった!
 疑惑は確信に、比嘉を敵認定した亜貴だったが
 いけしゃあしゃあと“罰だ”という

 何なんです…? 胸に乳首を書き足したりするんですか…?

亜貴『只今より、貴様ら二人…“屈辱刑”に処す』

00055
00056
00058
00060
00063
00066
00068
00069
00070
00071
00073
DdE-acnVwAEJ2An
00076
 う…、うわ!? やめて!?

さらけ出す心、さらけだす胸
 比嘉を「敵」認定した亜貴は、比嘉だけを牢屋に閉じ込めた上で深いキスをし
 更に、おっぱい隠しが乱舞するほどおっぱいし
 彼女の身体を弄ぶ

 お前の気持ちは分かった、だが俺の物だと見せつける公務員

 恐るべきNTRプレイング亜貴
 比嘉が、陽菜にキスする事まで計算されていたんでしょうか

 予想外だったので、内心ガチギレしているのか

陽菜でぇす♪』『早く積み込め』

00077
 エッチパート隠しは、刑務所のアイドルとなる陽菜!
 待って、この子ちゃんとスパッツ穿いてる!
 ガードバッチリだ!

 眼帯してるのかと思いましたが、ウィンクしているみたいですねペッパー警部!

『何だその目は? ナイト気取りか? 貴様に何の力がある?』

00079
00080
00083
 てめえだって制服脱げば、ただの根性腐った人間だろうが!

騎士vs武者vsコマンド
 立場なんて捨ててかかってこいよ! とばかりに挑発する比嘉さんだったが
 今の彼は、亜貴に対するモンキーのようなものだった
 と

 せいぜい吼えておくことだ…

 以降は私語禁止。
 亜貴は、「これで比嘉が諦める」と踏んだのでしょうか?

 そこまで甘く見てないと思いますが…?

『あいつ…、あの女が現れるまでは、信頼できるやつだった』

00084
 今回、亜貴を根性腐ったコスプレ制服セックスマシーンと罵倒した比嘉ですが
 少し前までは、亜貴の事を深く信頼していました。
 信じたいのでしょうか?

 ただ今は、何より“陽菜に何かしてやりたい”。

比嘉『何かできる事があるはずだ…、あの女の為に!』

00086
00089
00093
00092
00095
 腹が痛ェ、医務室に連れて行ってくれ

比嘉、疾走る
 と看守を騙した比嘉は、やたら声が濃い看守を手刀一発で昏倒
 脱獄…、というほどではないでしょうが
 命令を破って動き始めます

 今回と違い、捕まったらマジモンの刑罰必至状況!

 亜貴は、比嘉がここまですると読んでいるのか?
 それとも動揺を見せるか?

 とりあえず、看守の声が妙に濃かった! にごじょの蟹江くん役かよ!!


00007
00009
00023
00030
00034
00037
00038
00039
 恋人候補の関係になった二人は遊園地へ

本日のプレイ「痴漢」
 第1話で、二人がなぜ街コンにいたのか語られた、初めてのデート回。
 サブタイが涼の理由、求められすぎる涼と
 自分に自信が持てない静歌

 涼にすれば、こうして自然体で話せ、自然体で痴漢できる関係は幸せなのに

 自己評価の低い静歌には、彼の想いが届くことはなく
 届くのは股間にあたる膝ばかり

 にしても、よく雨に降られる子たちだわ!

スカートの中はケダモノでした。第7話 煽ったのはキミだからね

00001
00004
00007
00009
00019
00034
00036
00038
00048
00060
00063
00073
 刺激的なサブタイに対し、純愛だった…。と思ったら!

キミはキミが思う以上に
 モテモテの涼が、何故静歌に固執するのか。彼の口から愛が溢れる遊園地
 観覧車の密室なので、いつドアが開くかヒヤヒヤしましたが
 最後まで二人っきりで幸せエンド

 雨に濡れ、かっこつけて上着を貸した涼さんも、どうにも締まらない!

 でも、そんな“かっこ悪いところ”も受け容れる静歌が好きだという事
 こうして胸に顔を埋める涼

 幸福なキスをして終了、のお手本のような幸福感だった…!

2018年5月14日甘い懲罰 私は看守専用ペット 第7話「屈辱」

DdEViHZUwAADLiB
 アイドル陽菜ならぬ、陰のあるアイドル亜貴! 

メインスタッフ
 原作 : いづみ翔
 監督 : 熨斗谷充孝
 脚本 : 戸田和裕
 キャラクターデザイン : ななし
 音響監督 : ひらさわひさよし
 アニメーション制作:マジックバス
 制作:ピカンテサーカスピカンテサーカス
 原作:いづみ翔/彗星社(漫画)

キャスト
 明神 亜貴 : 山谷祥生
 早乙女 陽菜 : 三宅麻理恵
 比嘉 大和 : 中島ヨシキ
 八雲 聖徳 : 酒井広大
 鮫島 剛 : 石谷春貴
 五十嵐 健 : 前内孝文

あらすじ
 脱獄以降、過酷な労働を強いられることになってしまった陽菜。そんな中、他の囚人たちに襲われかけていたところを明神亜貴に助けられる。意外な対応を不思議に思う陽菜だったが、それは比嘉との関係を疑う亜貴によって仕組まれた卑劣な罠だった……!!「只今より貴様らを“屈辱刑”に処す」比嘉1人だけを牢檻に閉じ込めた亜貴は、彼の目の前で陽菜の身体を弄びはじめて――!?

看守を気絶させ、刑罰覚悟で動き始めた比嘉。彼を待つ運命は…?

DdE-acnVwAEJ2An
DdE-DN3U8AAjweU
 解禁バージョンは有料配信中 https://anime.iowl.jp/video_titles/65

ズキュウウン!
 比嘉のハイスピード☆KISSに、今も動揺が治まらない第7話! 早い、早いよ!
 まったく、イケメンのやる事には躊躇いというものがないのだわ!
 感情を制御できない人間はゴミだと教えたはずだがな!

 次回、罰則覚悟で動いた比嘉は、亜貴の手の上なのかそれとも…?

 亜貴の鮮やかな鞭捌き
 罠に嵌める際の笑顔、久々の「手袋脱ぎ」も素敵だった!

 あの仕草いいよね! 手袋のアレ!

 次回、甘い懲罰 私は看守専用ペット 第8話


 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第1話「黒翼」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第2話「面会」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第3話「刑罰」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第4話「計画」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第5話「脱獄」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第6話「天使」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第7話「屈辱」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第8話