公式 食戟のソーマ L’etoile エトワール 7巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
少年の“Au revoir(またね)”。いよいよ、本作も大きな転機を迎える…?

00029
00028
00012
00022
原因は誤解、しかし弟子アルベールがいよいよ独り立ちを決めた! そうこなくっちゃ!!
 タイトルのエトワールとは星、誰もが持っている心の支えがテーマ
 でも、アルベール少年は流されてばかりだったから
 今、自分の星を探すのだと。

 冷たい人と誤解されたコジロー、原作での冷たい彼になっていくのか?

小次郎の転機
 本編の前日譚ながら、若かりし四宮小次郎ってフツーに良い人なんですよね
 今巻では、いよいよ亡くなりそうな恩人の為に頑張ったり
 親子の絆に立ち入らなかったり。
 顔面筋が不器用なだけ。

 その彼が冷たい人になった原因、もしやアルベールと別れたせいなのか?

 だとすれば、本編中にアルベールがいないのとも辻褄が合いますし。

食戟のソーマ エトワール 7巻 感想

 第36話「Adieu」
 第37話「とある少年の秘密1」
 第38話「とある少年の秘密2」
 第39話「家出1」
 第40話「家出2」
 第41話「誰かの記憶」
 食戟のソーマ 感想
 これまでの感想

恋心にまるで気付いて貰えず、「またね」で別れる事になったアルベール

00004
 「またね」。あー、このシーンで今巻クライマックスへの前振りだったのねー。

あらすじ
 好意を持っていたユーリが急に帰国し、アルベールはショックを受ける
 岸さんが倒れ、エメの給食セーヌ川騒動を経て
 アルベールは姿を消した

 実はアルベールは、会いに行った弟にも責められていたのだ

 コジローの背中を追うだけではいけない
 想いを彼自身に伝えないまま、アルベールは決意を固めてしまう

 翌日四宮小次郎は子供の頃の祭りを思い出し、そしてある電話が入った

第36話。第3巻に登場した岸氏が倒れた。小次郎はアンナ婆さんに頼まれる

00002
00003
00005
 他方アルベールは、ユーリ(さっぱりした)が帰国してしまって大ショック!?

第36話「Adieu」
 頑固な野菜ババアのアンナさん、しかし愛し合った岸氏が余命いくばくも…
 小次郎は、もうロクに食べ物が喉を通らない彼のため
 魚の味を浸透させたダイコン料理を創作
 彼にひと時の笑顔を。

 同じくアルベールは、岸氏の“大切な人に心配をかけたくない”想いを指摘します

 こういう指摘は、無骨なところがある四宮小次郎には難しい話
 アルベールの良さが光りましたね!

 大根に浸透させるブリ大根を応用、“すり下ろして再成型してる”料理も面白い

 また前巻以来、小次郎は積極的にコンテストに参加。良い傾向ですが…?

第37話。通りすがりに給食ぶっかけられる日もある! 四宮小次郎の受難・前編

00006
00007
00008
00009
00010
 やたらセーヌ川に飛び込みたがる保母さん、エメ・リィシャーとピーター君の回!

第37話「とある少年の秘密1」
 たまたまアイスをぶつけられる…、くらいなら漫画でよくある事ですが
 スープをブッかけられるなんて滅多にある事じゃないぜ!
 ハッハッハ!

 同じ被害にあったシルベットに依頼を受け、幼稚園の問題解決に動く!

 ポイントは、「子供に食べたくない給食」を押し付けている大人の問題…?
 かと思いきや割と心因性でした

 この前後篇、助手アルベールが「優しい」と言われ、自己否定に陥るのも肝

 親の気持ちと子の気持ち、これが彼の問題の一端なのね

第38話。カボチャのスープを嫌がるのは、“裏ごし(シノワ)”が下手だった為で…

00011
00013
00014
 カボチャのカラメルを使ったクレープが美味しそう! カボチャ自体は好きなのね

第38話「とある少年の秘密2」
 つまり問題は、スープを作ってた給食センター職員=ピーターの母が亡くなった
 代わって父が作っていたが、裏ごしが下手で飲めなかったし
 飲めなかったと「父が知ればショックを受ける」
 父を傷つけたくなかったと。

 大人は大人なり、子供も子供なりの思いやりで接したのがすれ違ったのね

 根っこは好意だから分かり合える。
 多分アルベールの問題も、同様のポイントで分かり合えるのでしょうが…

 なおエメさんと川の話は、実際に落ち、“優しい息子”に助けられた思い出がポイント

 経産婦!? エメさん、シルベットと同い年くらいだと思ってたわ!? 

第39話。姿を消したアルベール! ヒントは「置手紙」でしたが

00015
00016
 手紙が完全にホラーだったからちきしょう! 「犬カレー空間」って奴!?

第39話「家出1」
 実は2、3日で戻るという意味の置手紙だったらしく、事件自体はあっさり解決
 問題は、読者視点では「四宮小次郎は必死に彼を探した」事
 小次郎ってばツンデレさん!

 しかしシルベットとアルベールには、“まるで動じなかったように見えた”

 小次郎自身忙しい上、ツンデレヒロインみたいに探してたのに
 全く伝わらないのが気の毒ですね…

 この回は前振り回で、続く回が種明かし編といったところ

 久々のエルベさん、顔芸面白すぎでしょこの人ォ!

第40話。アルベール視点からもう一度! 出会って既に数年が過ぎていた

00017
00018
00019
 エルベさんに預けた弟と妹は成長、特に弟は「自分が妹を守るんだ」

第40話「家出2」
 アルベールは一人前のシェフを目指し、コジローに弟子入りしました
 弟から見れば、自分達、というか守るべき妹を置いていってしまった
 信頼できない兄と映ってしまったんですね

 特にアルベール、手紙もダメ、携帯も持ってない…、………そりゃダメだよ兄さん!

 せめて、何かの連絡を続けていたならともかく
 弟は本当に不安だったんでしょうね

 読者視点では、アルベールは懸命! でも日々に忙殺されていた

 あれ? 弟⇒アルベールと、アルベール⇒コジローの「誤解」って同質なのでは…?

ユーリ帰国の真相、パティシエを目指す動機だった友達が亡くなったのだと

00020
00021
00022
00023
 前回シルベットが思わせぶりだったのは、アルベールがそこに居たからだったのか?

星-エトワール-を求めて
 誰もが、心の支え、たとえ失おうとも輝く「星(エトワール)」を持って生きている
 アルベールの場合、今はただコジローの後を追っているだけ
 彼に「従う者」では終わりたくないと

 更にコジローが冷たいと誤解し、Au revoir(さよなら)を告げる事に

 ただ、Au revoirとは「またね(また会いましょう)」なので
 これっきりってワケじゃない。

 誤解が重なっての独り立ちですが、始まりがどうあろうと独りで立つのは大切な事さ!

 私はそう思うから、どんな一人前になるのか期待したいなって思うね!

第41話。再び小次郎視点。疲れきっていた彼は、祭りの音で目を覚ます

00024
00025
00026
00027
 女の子の鼻緒を直したが、次に会ったらよく似た別人。「母親の幽霊」だった?

第41話「誰かの記憶」
 意味もなく思い出したワケでなく、アルベール同様、離れ離れな家族の話でした
 幼少期、妻と強引に別れさせられてしまった男と出会ったのですが
 子供側も男を誤解で恨んでおり
 和解させる事に

 本当は互いに思いあっていた、行動に気持ちが表れてたから和解できた

 多分、親=コジロー/娘=アルベールと重なっているのでしょうが…?
 さてラストの電話とは?

 幼少期、たこ焼きせんべいに助言した小次郎

 アイデアマンなのは昔からだったのねー

収録

00001
 作中はトーン処理の関係が色白ですが、本来は有色なのね彼。

 週刊少年ジャンプコミックス「食戟のソーマL’etoile -エトワール- 巻“”」。
 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀。
 2019年2月(前巻2018年5月)

食戟のソーマ エトワール 7巻 感想
 第36話「Adieu」
 第37話「とある少年の秘密1」
 第38話「とある少年の秘密2」
 第39話「家出1」
 第40話「家出2」
 第41話「誰かの記憶」
 食戟のソーマ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第5話「翳りゆく食卓」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第7話「崩れゆく学園」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第8話「錬金術師-アルキミスタ-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第9話「残党狩り」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第10話「鮭は踊る」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第11話「食卓の白騎士-ターフェル・ヴァイスリッター-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第12話「頂を目指す者【最終回】」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 5巻“わけあり”の天使
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 6巻“小次郎の異変”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 7巻“家出”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 8巻【最終回】“星”


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い”
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”
 食戟のソーマ 27巻“3nd BOUT” ※十傑プロフィール掲載
 食戟のソーマ 28巻“一年坊主” ※4周年人気投票
 食戟のソーマ 29巻“終局戦”
 食戟のソーマ 30巻“二人の食戟”、連隊食戟最終戦・決着!
 食戟のソーマ 31巻 新生“遠月学園”
 食戟のソーマ 32巻“朝陽の実力”
 食戟のソーマ 33巻“真夜中の真価” 
 食戟のソーマ 34巻“交差する刃”
 食戟のソーマ 35巻“神の舌”の絶望
 食戟のソーマ 36巻【最終回】“食戟のソーマ”

※トップに戻る