公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第5話 感想 聖地・ペリシア レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 20時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
万死に値する! 製作技術の世界トップ、シャフリアールとガンプラ愛・炸裂!!

00212
00404
00420
魔改造、データ改竄で、変形ギミックを誤認させる技を思わせる大改造!?
 台詞的に実在したようで、ザムドラーグがガンダムジエンドへ魔変形!
 ガンダム00ネタ、色んなガンプラてんこもり!

 愛のビルダーと格闘覇者! 強豪の誘いを断り、“自分のフォース”を切り拓け!

シバの狙い/アヤメとの齟齬
 敵の狙いも、不正ツール販売を“手段”に、バグを増やしゲーム自体を破壊する事か
 シバとアヤメの齟齬で、彼女がスパイとしてリク達のフォースへ潜入し
 リク達に感化される流れが見えたっぽい

 回想スーとコージーとは? アヤメも“GBNを壊したい”気持ちに共感しているのか?

記事修正、変形は実在したと考えるべきか

00263
 コメントを頂き、記事修正しました

ポイントは「装甲が開かない」
 奥の手を使えと言った際、単に、関節に砂が詰まった云々でなく「装甲」と言及した事
 変形は元々存在し、落下のショックで砂が取れ機能が復活
 ブレイクデカールで強化した

 変形が物理的におかしい面は、差し替えか、ZZの足を参考にしたのか

 そうなると、これだけの改造技術を「愛がない」「何も感じない」と完全否定
 ブレイクデカール増強しても突破さえ出来ない

 それっておかしくない? とシナリオ自体に疑問を感じるのが、ポイントでしょうか。

予告、“実際にガンプラが動くバトル”って、ガンダムBF方式!?

00469
 逃げる“顧問”を捕まえろ? 前回のカプルを作ったナナミさんの知り合い?

ガンダムBF⇒ガンダムBDだった…?
 今回、ザムドラーグが付けてた武装、変形した“ガンダムジエンド”はBFのガンプラ
 予告では、次回“実際にガンプラが動く”という事は
 プラフスキー粒子方式?

 世界観は一新したけど、ガンダムビルドファイターズ世界の未来なのか…?

ガンダムビルドダイバーズ 第4話 感想

00093
 冒頭
 Aパート
 これを愛と言わずして、何だと言うんだい?
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記「魔改造」
 感想追記
 感想追記「展示MS」
 感想追記「変形自体は、実際にあったのか」
 感想追記「誤った認識を訂正します」
 ガンダムザムドラーグ(仮)の原型?
 これまでの感想

世界最高クラスのビルダー、作品も愛に溢れてた!

00118
 この超カッコイイ騎士ガンダム、マント的に“メタルロボット魂版”がモデルか。

あらすじ
 ビルダーの聖地ペルシア、しかし中立地帯の為、低ランクのリク達はガンプラで入れず
 通りかかった少女、アヤメに連れて行ってもらい
 百花繚乱のガンプラに感動する

 そうともガンプラは好きに作っていい、楽しさを共有する仲間もGBNにいる!

 知らずGBN最高のビルダー・シャフリアールと交流
 アヤメの八百長とも知らず、彼女を攫った“偽シャフリアール”も共同戦線で撃破

 シャフリ達に誘いも受けるが、リクは自分達でフォースを作る事に決めた

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」

リク『ねー、ユッキー…、いつになったら着くんだよ~』

00001
 前回、近接格闘を極めるフォース・虎武龍に修行にいったリクたちは
 GBNもガンプラも、思うよりずっと広い可能性を持つ事と
 操縦上達のコツを学んだ

 また、作る事と戦う事、経験が唯一無二の“必殺技”へ昇華する事を知る

リク『ガンプラに乗ってきたほうが良かったんじゃ…』

00002
 何でなの…? 地図だとこんなに近いのに……

聖地ペリシア
 聖地らしく、“中立エリア”に設定されており、ガンプラに乗って入るどころか
 ランクによって、持ち込むことさえ厳しく制限されており
 リクたちは“持ちこみ”さえ出来ない

 今のリク達が行くには、陸路を歩いていく以外にないらしい

 ヒッジョ~にキビシー!
 要するに、ランクが低い者を門前払いする仕組みなのかもしれません

 何故なら砂漠は、とっても広かったのです…。

サラ『モモっち、これなに?』

00004
 前回、落下時にビックリしたサラ、どうも徐々に“人間らしくなってる”なってるらしい
 モモにそう呼べといわれたのか、モモっちだかモモちーだか
 愛称で呼ぶように。

 その気持ち、まさしく愛だ!  

『いち、じゅう、ひゃく、せん、まん…? 百万分の一!?

00005
00007
00009
 百キロ以上あるじゃなーい!?

距離も絶望もあるんだよ
 子供らしい、というかこれもガンプラネタというか、地図の“縮尺”を見てなかった!
 普通は諦める距離を、うっかり歩き始めていたのである
 で

 どうしよう…/解決策なし?!

 皆、ユッキーに頼りすぎ!
 ガンダム的に言えば、「ハハッ!ざまあないぜ!」である。

 オレは ようやく歩きはじめたばかりだからな このはてしなく遠いペルシア坂をよ…

『車だ!』『助けてくださーい! ていうか乗せてくださーい!』

00010
00011
00014
00015
00018
 何してるの? こんなところで…

遭難…?
 こうして通りすがりの忍者と出会い、彼女のジープを追いかける事になったのだった
 そうなんですよ!
 で

 ふーん…、そっ待ってくださーい!?

 クール系くノ一良いよね…
 砂漠と忍者、こうして面々は出会うことになったのだった、と。

 クール系巨乳くのいちいいよね…。

しかし今回の行動、どこまで“気まぐれ”なのだろうか

00079
 視聴者視点では、彼女は“リクたちの監視者”、敵のスパイと解っていますが
 良い意味で受け取れば、困っている彼らの無策っぷりに呆れ
 顔を出してしまったのかもしれません

 根はお人よしなんだよ、って前振りなのかも。

アヤメ『呆れる、ペリシアまで何キロあると思ってるの?』

00020
00022
00023
00026
00027
 ガンプラに乗っても横断が難しいの。…ガンプラの中に砂が入って、最悪動けなくなるわ

砂塵のバリア
 そこそこ詳しいという彼女は、砂漠が、防砂必須の危険地帯と教えてくれた
 ジープもガンプラか、それとも“アイテム”なのかも。
 で

 いいのよ、運賃はしっかり貰うから

 冗談よ
 と、慌てる面々に付け加えたアヤメ嬢

 クールではあるけれど、やっぱりノリが良い子なのである。

おいしーっ♪ ガンプラもいっぱーい♪』

00029
00032
00033
00034
00035
00037
00039
00040
00041
00042
00044
00045
00046
 このペリシアは、ガンプラビルダーの聖地と呼ばれてる場所でね~

吉崎 観音デザインのエロい制服!
 ペルシャを下敷きにした本エリアは、バトルではなく、展示と交流が主題
 GBNなら、世界中の作品・製作者と出会えるのだから
 と

 究極のガンプラ作りを目指してるんだっ

 広い技術交流が可能な、ネットゲームである事を活かした素晴らしいエリア!
 展示ガンプラについては後述(こちら

 ケバブも美味…、砂漠の虎はいませんか!? SEED的な意味で!

ユッキー『僕、この場所をリッくんに見せてあげたいって思ったんだ』

00049
 前回ラスト、オプションパーツや塗料などを買い込んだリク
 彼が、最近ガンプラ作りに励んでいるのを知り
 ユッキーが提案したらしい

 第3話に続きマギーさん提案じゃない、少しずつ独り立ちしてるぜ…!

『いなくなってる?』『アヤメさん、どこいっちゃったんだろう…?』

00050
00052
00054
00055
00057
 GBNを始めたばかりの初心者を…、どうして…?

監視者
 アヤメは何らかの理由で、“ハッカー(仮)”こと、シバ・ツカサに従って行動している
 シバは、キョウヤやマギー、タイガーに認められた“初心者”として
 リクの存在に注目

 彼の指示で監視しているが、理由については伝えられていない

 後々では、かなり頭ごなしに命令されている場面もあり
 リアルで主従なのかも。

 ガンダム的に「監視者」だと、00を思い出しますね。アレハンドロ・コーナーとか。

『極限にまでプラを削ったから、こんな持ち方しても倒れたりしないんだよ♪』

00058
00059
00060
00062
 ガンダムZZのハンマ・ハンマに、センチネルのFAZZ(ファッツ)の武器
 その名も素敵、ハイパー・メガ・カノンを持たせている
 重量火器を削って最適化!

 後ろのドラム缶頭もZZ初出のキャトル、コロニー建設時代に作られた“重機”だ!

『マルチカラーのLEDユニットを搭載したんだ! ゴージャスだろ?』

00064
 ゴージャス! 2018年現在も、時間経過で色が変わるLEDは存在し 
 ガンプラ最高峰、PGエクシアの上位版に搭載
 2017年発売、34,560円(税込)!

 本作、ユニコーンガンダム(ガンダムUC)に組み込んでやがる! フヒヒ!!

リク『どのガンプラも、手が込んでる…』

00065
00068
00069
00070
 ねーねー、あれ見て? 何、このガンプラ?

目線
 リク達の目を引いたのは、ガンプラ初期、プラモ狂四郎にも同・原型キットが登場
 1/100ガンダムの初代モデルだった
 が

 このガンプラ、腰や足首に可動域がない…?

 可動域が極端に限られ
 また、胸部はコア・ファイターがむき出しな上、バラバラになりやすい

 ガンプラはバトルの為、そう思う彼らには不思議だった

『こんなんじゃ、まともにバトルできないんじゃない?』

00071
 モモカは言うに及ばず、リクも、現代の精緻なガンプラから入り
 また何より、バトルの素晴らしさに惹かれた事で
 ガンプラを始めました

 だから“バトルに適さないガンプラ”は、不思議に思えたんでしょうね

嘆かわしいねェ~、この作品の素晴らしさが解らないとわっ!』

00075

 嘆かわしいねェ~、この作品の素晴らしさが解らないとは!

 私には解るよ?
 このガンプラは、バトルをする為に作られたものではない事を
 そして、これを製作したビルダーが

 このガンプラにどれほど愛を込めているかを!

        子供たち「「「「愛!?」」」」

 そうさ愛さ!
 古いキットを最小限の改装に留め
 限りなく美しく仕上げるという思想とこだわり…

 これを愛と言わずして、何だと言うんだい?


00076
00078
00080
00081
00084
00085
00086
00087
 つまり、古いキットの味を活かしているという事ですねっ!

だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!
 特に初代ガンダムは、今まで数え切れないほどガンプーラ化されているネ!
 そして、それぞれにスタイルは異なっている!
 で

 その通り!

 キットにより造形は違う
 それを、「思ったのと違う」と改造するのも、また一つの愛でしょう

 しかし“そのままに作る”、それもまた愛なのだ!

『古いものも新しいものも、それぞれの良さがガンプラにはあるっ』

00088
 今回の例では、たとえば背中に突きだした、不恰好にさえ思えるサーベルも
 クリア部品に置き換えつつ、可能な限りにキットを活かし
 塗装や合わせ目を消すなど工作

 これもまた味わい深い、と愛して作り上げたのだ、と

自分の理想を体現していく

00090

 古いものも新しいものも、それぞれの良さがガンプラにはあるっ
 バトルで勝つ事だけが目的じゃない
 自分の理想を体現していく

 それもまたガンプラの、その気持ちを共有できる、GBNの魅力なのさっ♪ 


00092
00093
00095
00096
 それぞれの良さ、自分の理想…

温故愛故
 前回、タイガーさんが語ったのと同じ事、GBNは“自分の好き”を貫いていい
 バトルをしないのもまた自由!
 と

 リク、あのガンプラ、あったかいっ♪/そっか…

 ガンプラも好きに作って良い
 好きに作って、こういう風に「そう作るのか!いいじゃん!!」と思いを共有できる

 多分、“製作コンクール”でもランク上げもできるんでしょうね

ユッキー『あ、あの、良かった僕らのガンプラを見てもらえませんかっ!』

00097
 いいよ、君達の愛の尺度! 図ってみよう
 こうして、愛と言わずには生きられないビルダーと出会い
 さっそく見て貰う事に

 驚きの鑑定結果はこちら! デデーン!!

獣耳さん『…“こうしよう、こう作ろう”という思想と理想を感じるっ』

00098
00100
00101
00102
00105
00106
00107
 愛があるね! …しかし、その理想を形にする製作技術が足りていない

判定:愛!
 しかしままある事ですが、技術がまだ追いついていないと評された
 リクとユッキー、精進あるのみである
 と

 少し、背伸びをしすぎかな?

 プラモは納得いくまで作り込むこと、これが最高の面白さなんだ
 とは、プラモ狂四郎のマスター(店主)の言葉

 納得いくまで作り込む、作りこめる、制作技術はいくらあっても足りない!

モモ『そこまで言うくらいだから、あなたの作ったガンプラは、さぞお上手なんでしょうねー!』

00108
 これに反発したのがモモ。「見て下さい!」と言ってこれもどうかと思うが
 やっぱり、上から目線にはイラッ☆と来るもので
 お手並み拝見となった

 が、これがまた予想外のチョイス!

『プチッガイだ!』『かわいーっ

00110
00111
00112
00113
00116
 解らないのかい? このプチッガイに込められた私の愛が…!

本当に、この世界で生きてるみたいだ!
 プチッガイパーツ数が少なく、安価で組み易いが、個性が出しにくいキット
 だからこそ、個性的に作った彼は凄いのだ
 と

 この子達、本当に幸せそうっ

 一般ガンプラの腰までしかなく
 更に「プチプチッガイ」は、足首程度の高さしかありません

 それをここまで…、これはプロの犯行ですねえ

シャフリアールが最新作のガンプラを発表するらしいって!』

00117
00118
00119
 これは、去年のGBNガンプラビルダーズ優勝作品!

レジェンド・ビルダー!
 聖地には聖者! GBN内コンクールで優勝した、凄腕ビルダーが訪れたと噂が飛び
 ユッキー、さっそく作品を見せてくれた
 で

 世界的なプロモデラーなんじゃないかって噂される程でっ!

 リアルタイプの騎士ガンダム!
 Gガンダムの、風雲再起(HGFC マスターガンダムに付属)に騎乗させるクロスオーバー!

 戦ってるのは宇宙世紀0150年代のMA、ドッゴーラだ!(Ⅴガンダム)

『大したことないねっ。まだまだ愛が足りないよっ』

00120
 ここで、“獣耳さん”がシャフリアールさんを「たいしたことがない」というのだが…
 その正体はまあ、お察しですよね
 まだまだ愛が足りない!

 もっと愛を込めて!

タイガー『ようマギー、この前お前が紹介してきた連中、なかなか面白かったぜ♪』

00121
00122
00123
00124
00127
00128
 ぺりしあ?! まさか目的はシャフリの野郎か! ダメダメだっ!!

今週のコーラサワー
 さて虎武龍、タイガーが前回の事で世間話をしたところ、思わぬ方向に飛び火
 あら、狐虎の仲だった!?
 で

 あのキザったらしいビルダーバカにリク達を会わせるな!

 そこまで言わなくても!
 マギー、今週は優雅にティータイム中、本当GBNの楽しみ方は千差万別

 後ろじゃコーラがすっげーヘロヘロだけどな!

このところペリシアには、マスダイバーが出没するってウワサがあるから…』

00129
 噂のマスダイバーがこちらです、とばかりに描写されるザムドラーグ
 予告に出てましたが、貴様マスダイバー側だったか…
 ガンダムAGEでも悪役ですしね

 小説版だと、“立ち場が違う正義”として描かれ、すごく格好良いんですが。

『すっごい人だかり…』『それだけ、シャフリアールさんが有名なんだよっ』

00130
00131
00132
00134
00135
00136
00137
00138
 へー…、ミステリアスなトップビルダーか…、何かカッコイイかもっ♪

シャフリアー……、る?
 曰く、シャフリさんはGBN内でも滅多に表に出ない、ミステリアス・パートナーな人物
 マスダイバーは、それを利用して成り済ましたらしい
 が

 あの男は…

 際し、マスダイバー側であるアヤメには見覚えがあった
 リクは困惑した

 小太りで、とてもとてもそんな人物には…、おっさんアバターもっと選びなよ!

お付き『これがシャフリアールさんの最新作!

00141
 とはいえ、正体不明の有名ビルダーだと言われたら、押しきられるのがご同輩
 世の中、何が良くて何が正しいのかなんて
 そうそう分かるモノではない

 分かるモノでは…、ない?

『タイトルは武装多様性に垣間見る、善悪の彼岸!

00142
00143
00144
00145
00147
00148
 前衛芸術だと捉えるべきだ!/なるほど、前衛芸術か…

さすシャフ!
 大仰なタイトルに反し、単に、ザムドラーグに武装を追加しただけに過ぎず
 一同は困惑、だがそういうものかと納得しようとする
 が

 何よアレ…/愛が微塵も感じられないっ!

 愛判定:失格!
 もしも、本当に凄い代物なら彼も認めたんでしょうねえ

 光輪に付いた武装は、ガンダムBFのザクアメイジングEz-SRから流用
 
『ビルダーとしての技術を、高めようじゃありませんかっ』

00151
 偽シャフリの提案は、街に集った高レベルビルダーたちを集め
 技術を教えるから、外に集まって欲しいという
 もちろんデータも忘れずに!
 と

リク『…何か、ピンとこないな…?

00152
00153
00155
00156
00157
00158
00159
00160
 デキが良いとか悪いとかじゃなくて、…ザムドラーグへの想いもリスペクトも…

ピンとこない
 ぼんやり呟いたのはリク、思わず、思った事が口を突いてしまったのだったが
 彼は、このガンプラには何も感じない
 と

 あの人の言葉を借りるなら、“愛が足りない”んだ…

 この機体が好きだと感じない
 ザムドラーグは、AGE終盤に登場した大型MSです

 つまり強いMS、強いMSにたくさん武装を積んだ、それだけじゃないのかな?と

???『(なぁにこれ、かっこ悪くない?)』

00161
 いいの! 皆の愛が詰まってるでしょっ!
 アヤメに飛来した想い、それを口にした少女と男は誰なのか
 キャストから「スー」「コージー」?

 デキじゃなくて愛、そういう人達だったのでしょうか

『君にガンプラ作りのノウハウを教えてあげよう! 来なさい!

00163
00168
00169
00007
00174
00175
00177
00178
00180
00182
00183
 あのガンプラは、シャフリアールの作ったものじゃないわっ!

出ていきなさい!
 リクの危機に、後先考えずに動いてしまったアヤメは、公然と偽物だと主張
 動かせば、歴戦のビルダー達に丸分かりだと突きつけてしまう
 と 

 この積載過多のガンプラが、どういう“機動<マニューバ>”を見せるのか!

 結局、男達はそそくさと出て行ってしまい
 事件は一件落着に

 飛び降りる際、わざわざ、一回転ひねりを入れる作画のこだわり! 

アヤメ『別に、あなた達を助けたわけじゃないわ…』

00185
00186
00188
00189
00190
 それでもありがとうっ!

ジムⅡとリーオーの存在感
 礼を言い、もっと話を聞きたい、一緒に見て周って欲しいというリク達だが
 無論、アヤメはすげなく断ってしまった
 と

 お断り。仲良しごっこは苦手なの

 これを見たシャフリ、「足りないね」と呆れるのだったが…?
 単に「素直じゃない」という意味か

 それとも、ビルダーとして彼女を知っていたのか…?

シバ・ツカサ『“余計なことをしてくれたな。クレームが入ったぞ”』

00195
00196
 どんな理由があれ、客は客だ

アフターケア
 マスダイバーはシバ達にとって「顧客」、彼らもアヤメの事を知っていたらしく
 シバにクレームをつけたらしい
 で

 アフターケアをしっかりとな

 薄い本が厚くなるなとしか!
 シバ達、非公式ツールを“売って”バラ撒いていたんですね。

 しかし後述の“目的”からすると…?

ぬわーーーっはっは!』『リク、あれ!』

00199
00200
00202
00205
00207
00208
 キミ達! もし良かったら、私のガンプラを貸そうか?

ビルダーの気まぐれ~艦船風~
 こうして八百長が始まった! リク達はもちろん、1も2もなく助けに行こうとしたが
 今回、ガンプラをもって来れなかった!
 が

 さて…、気まぐれだとでも言っておくよ

 展示用の作品を化してくれた“狐耳”。
 思わぬ作品に困惑する3人、ユッキーめっちゃ輝いてるのがガンダム好きらしい!

 いや、リクの愛機と同作品でもあるんだけどね! 

俺らの計画が台無しだぜ!

00210
 偽リアールさん曰く、ビルダーたちの改造技術を盗む気だったらしい
 とはいえ、ビルダー達に質問されたら答え切れないでしょうし 
 データをコピーでも出来るんでしょうか

 何より今後、“改造データを盗んだ機体”が出てくる前振り、って気がしますね

『ガキ共、助けにくると思いますか?』『来る訳ないわ!

00212
00216
00217
00219
00220
00221
 宇宙船!?/“プトレマオス”!? でもあの大きさ…?

プトレマイオス
 ガンダム00第1期に登場した主人公たちの母艦で、通称はトレミー!
 コンテナ部は、輸送用や武装に換装可能!
 が

 バックパック・ブースター?

 よくぞ見抜いたお嬢ちゃん!
 同艦を模し、バックパック、ブースター(増加推進器)となる追加ユニットなのだ!!

 単品販売版なら、6月発売予定だからヨロシクな!

リク『モモ! サラ! 敵は俺とユッキーがひきつける!!』

00224
 といってもバックパックユニット、リク達の狙いは囮となる事で
 その隙に、サラとモモがアヤメを助けるシナリオなのだ!
 身体能力凄いからね!

 サラもやっぱり、身体能力すごいのかしら…?
 
ユッキー『操縦は僕が! リク君は攻撃に集中して!!』

00225
00226
00228
00230
00232
00234
00237
00239
00242
00243
00244
00246
00248
 何でこっちばっかりあたるんだ?!

トレミーvsザムドラーグ
 突如勃発した夢の大型対戦だが、ミサイルの打ち合いはトレミーが圧勝!
 当たるし避ける、精度がダンチなのだ
 と

 俺じゃない! このガンプラの性能のおかげだよ!!

 ミサイルを作り込む凄み!
 ちなみに設定上、原型艦にGNドライブはなく、粒子は“ガンダム”から補給される

 コーン状のパーツは、あくまで推進器となっている
 
ユッキー『“ガンプラの出来で性能が決まる”っていうのは、そういう事なのかも』

00252
 工作精度が違う、たとえばミサイルを精密に組み立てていないからこそ
 ザムドラーグの攻撃は、思ったような命中精度が出ない
 ガンプラの出来に左右されている

 微小な誤差が、1/1=実物大になった事に跳ね返っているのだ

偽シャリフ『おい…、奥の手を使え!

00256
00262
00263
00264
00265
00266
00268
00272
00275
00277
00282
00284
00286
 それが…、関節に砂が詰まって…、装甲が開かなくなっちゃって!?

奥の手だ!
 やはり冒頭は前振り、防砂していなかった為、可動せずに“奥の手”失敗!
 そうと知らないリク達は攻撃を直撃させてしまい…?
 と

 あなた達、どうして…?

 他方、同じく冒頭で助けてもらったお礼だと言うモモ
 恩にあっては百倍返し!

 しかしサラは、“そういうんじゃない”と

サラ『リクは、あなたが誰でも助けに行ったと思う』

00287
 恩には恩をでなく、困ってる他人を見捨てられないんだろうと訂正したサラに
 アヤメは、思う所があったようで。
 彼女の過去とは…?

 第2話の人達みたいに、友達が辛い目に遭って辞めちゃったのか…?

“マスダイバー”『まさかな、俺に、“奥の奥の手”まで使わせるとはなあ!』

00289
00293
00295
00296
00298
00302
00303
00305
00309
00310
00311
00315
00319
00323
 機動性が上がって…!/持ちこたえるんだ!

ガンダムザムドラーグ・ジ・エンド!
 奥の手の奥の手! 落下した衝撃で砂がフッ飛んだか、可変したザムドラーグ
 もちろん、原型機にこんなギミックはねえ!
 が

 モモ達が安全な場所に行くまで!

 原型機とほぼ変わらないザムドラーグ
 いかなる可変か差し替え変形か、ガンダムBF“ガンダムジエンド”に早変わり!

 特に足の生え変わり!? ZZでも参考にしてんの!?

『俺様をコケにした報い、受けるがいい!』『コケにされたのはこちらの方だよ!』

00330
00331
00334
00337
00338
00339
00341
00344
00345
00346
00347
 製作技術を高めようとせず、データを改ざんして強くなろうとするその浅はかな考え

シャフリアールさんのガンプラだ!
 初代ガンダムの“ワッパ”で駆けつけたのは、もちろん本物のシャフリアール!
 不正ツールを使った事が、怒りをもう一つ上乗せしてしまった
 と

 万死に値する! “セラヴィー”!!

 言っちゃったよ!
 原型の搭乗者、ティエリア・アーデの台詞をまんま言っちゃったよ!!

 降臨するセラヴィー、ヴァーチェの初登場シーンだコレ!

『セラヴィーガンダムシェヘラザード、シャフリアール! 目標を壊滅させる!』

00348
00351
00352
00356
00360
00362
00365
00368
 GNフィールド!?/それだけではないよ!

セラヴィーガンダムシェヘラザード
 ガンダム00第2期の主演機、リクの00D原型の、僚機だったセラヴィーを改造
 GNフィールドの“圧”だけで吹き飛ばすほどの造りこみ!
 と

 無様だな、邪な力を手にしてもその程度…

 この00ファンノリノリである
 今回は、武装を持って来ていない状態なのだが、それでも十分倒せそう!

 てかジエンドの武器、鉄血の“ユーゴー”そっくりだなソレ!

『ならば、“本物”をお見せしよう!!

00374
00377
00378
00382
00385
00386
00387
00389
00391
00392
00393
00395
00396
00398
 これが…、これこそが! シャフリアールのガンプラ! その真の姿!!

変形合体
 ガンダム00界のギミック担当、ティエリア機の系譜は伊達ではない!
 プトレマイオスとガンダム、遂に合体する時がきた!
 と

 よく解んないけど、かっこいー!

 それでええんやでモモちゃん!
 敵の「付き人」もまたガノタ、強そうだとビビッてしまうのも仕方のないこと!!

 支援メカとの合体、ラファエルガンダム ドミニオンズのようだ!

色々くっつけりゃ良いってもんじゃねえぞ!

00401
 それをお前が言うのかよ! と視聴者総ツッコミの突撃をかけるジエンド
 実際、それらを削ぎ落とした「ジエンド」への変形はすごいが
 ホントどうなんでしょうね

 ともかく、お前が言うなお前が!!

シャフリアール『そう…、付属していればよいというものじゃない』

00404

 そう…、付属していればよいというものじゃない!
 解っているじゃないか
 君のガンプラは美しくない!
 そうさ…

 愛が足りない!!


00407
00409
00412
00413
00415
00417
00419
00420
00421
 う…、美しい…!

愛ある限り戦いましょう
 不用意に突っ込んだジエンド、実は分離合体したトレミーは大砲となっており
 原型機同様、バーストモードで一蹴してしまうのだった
 と

 最後に勝つには、やっぱり愛だろ?

 青・緑・紫・黄色(オレンジ)と、ガンダム00での4パイロットを意識したのか
 4色バーストによってジエンドは粉砕

 ザムドラーグとジエンド、作品終盤クラスの合体機が…!

シャフリでいいよっ♪

00424
 自分達は、GBNナンバーワンビルダーのガンプラを使ったのだ!
 興奮冷めやらぬ少年達に、シャフリは軽く尻尾を動かすと
 自らの「フォース」へと勧誘する

 世間に出ないけど、自分のフォースを束ねる人でもあるんですね

ちょっと待ったァー!

00426
00428
00433
00434
00436
00439
00445
 リク、ユッキー! 虎武龍に入れ! この俺が、お前達を“本物”にしてやる!

世界最高に大人気ない
 さっき、慌てて通信を切ったタイガーだが、実はペルシアへと急いでいたのだ
 疲れないのに汗をかく! かほどに焦っていた!!
 と

 おいリク! ユッキー!/どっちのフォースに入るのかな?

 犬猿ならぬ狐虎の仲
 筋肉バカと気取り屋、世界最高クラスの大人気ないケンカ!

 いかん、まともなフォース長ロンメルさんしかいねえ!

リク『えっと…、すみません、俺、どっちのフォースにも入れません』

00452
00454
00457
00459
00460
00463
 俺も、自分なりの強さやスタイルを見つけたいんです!

オリジナリティ
 リク達は“二人”を尊敬している、だからこそ彼らのように自分の道を拓きたい
 勢い込む若者に、ベテラン達もにっこりする
 と

 俺達のフォースを作ろう!! …作ろう、フォースを!

 世界最高級の誘いを蹴ったリク
 しかしユッキー、モモ、サラもまた否やがある訳がなく、アヤメも…?

 操縦と製作、フォースも彼らなりに動き出す!と

シバ『君に送ったブレイクデカールは、今までより強力なものになっている』

00465
 という次なるマスダイバーだが、宇宙世紀“暴走”の代名詞の一つ!
 EXAM搭載機、イフリート改ベースのガンプラで
 リク達に立ちはだかる…?

 畜生! HGUC イフリート改はプレバン限定販売だったでしょ!

『フッ…、せいぜい振り回されないようにするさ』

00466
 壊れればいい…、こんな世界など

シバ・ツカサ
 いよいよ本腰を入れてきた“非公式ツール”の元締め、てっとり早く強くなりたい者を扇動
 しかし、彼の狙いは「改ざんデータ」でGBNに負荷をかけ
 仮想世界を壊すことか

 以前、デビルガンダムが暴走したように、無法地帯と化す…?

 アヤメが彼に従っている理由とは…? 金銭的な問題?

予告リクフォースを作る!

00469

 リク「フォースを作る!…って言ってもどうすればいいんだろう?
 ユッキー「簡単だよ、受付カウンターにいって手続きすればオッケー!
 リク「メンバーは俺!ユッキー!サラ!モモ!

 ユッキー「もう少し欲しいよね…、あと経験者も
 リク「色々教えてもらいたい…
 リク「ガンプラバトルの事とか
 ユッキー「ガンプラ作りのテクニックとか

 リク「次回、過去と未来

 リク「これが…“実際にガンプラが動く”バトル?


00470
00482
00488
 予告を見る限り、ナナミさんの心当たりで、彼に頼むらしい?

過去と未来
 次回、リアルでガンプラを教えてくれる人に! というテーマになるようですが
 プラモ狂四郎の昔から、ガンプラはデータを読み込ませ
 バトルを行うのが主流でした

 ガンプラそのものが、実際に動いてバトルするならガンダムBF方式?

 本作中は、ガンダムBFの未来にあたる世界なんでしょうか?
 今回、妙にBFネタが出てましたし。

 世界観は一新したけど、繋がっていないとは言ってない、って事なのか…?

予告では、さっそくリアルにガンプラを組む二人の姿が

00484
00486
 モモカが組んでるのはお馴染みザク

リアルガンプラ!
 また、ユッキーが組んでるのは、ガンガム00第2期の狙撃型ケルディムガンダム
 リクが使っている、ダブルオーガンダムの僚機ですし
 射撃型なのでピッタリですね

 何やら真剣、眼鏡さんに講師になって貰っての初ガンプーラ…?

 おーい! 誰かあとアリオス作ってアリオス!!
 次回はリアル多め?

 ちょっとばっかし、異色な回でもあるわけねー。

次回、リク達“フォース”、最後のメンバーが集う!!

00084
00086
00088
 鉄血のオルフェンズ、グシオンをモチーフにしたガルバルディβ

愛機はこちら
 オープニングではクールで、使うガンプラも重量感ある陸戦機となってますが
 予告では、気弱そうな普通の青年が描かれており
 意外な展開になりましたね

 流れ上、前回の“原作準拠なカプル”を作ったのも彼らしい

 一線を退いてしまった元凄腕?
 部活物の定番ですが、果たしてどういう流れとなるのでしょうか

 アヤメも、最初はスパイとして参入するのでしょうね

こんな改造ありえるの!? と言えば“プラモ狂四郎”モチーフ?

Aaa_121-
 プラモ狂四郎の第16話~第17話に登場した「魔改造」。

魔改造
 異常に精密な技術で、零戦など、スケールモデル(実在兵器の模型)を大改造!
 オリジナルの、通常ありえない変形合体を可能とし
 プラモ狂四郎を撃破しました

 ところが正体、データを改ざんするインチキだったのです

 本作中、「これほど技術があるなら一流じゃん?」と思える割に
 ボッコボコだった改造モデラー

 変形自体、ブレイクデカールで改竄したインチキだったのか?と思えました

ちなみに魔改造、どういう風に合体したかというと

Aaa_125-
 文庫版では4巻に収録、当時「狂四郎、最大の壁」とも語られました

魔改造
 正体は、事前に「合体済み」を別途用意し、時間がきたらデータが転送
 摩り替わっただけなのに、合体したよう見せかけるもの
 そうと知らぬ四郎は必死に特訓しました

 特訓編は、狂四郎もシティターボ、車プラモでボトムズプラモとバトル

 車のスケールモデルを、どこまで自由な発想で改造するかというテーマで
 師匠として登場した大津好満氏と戦っています

 テーマは、“見せ掛けだけじゃない改造”、今回に通じるエピソードだったよう思います

見せ掛けだけじゃない改造”をする、という事

Aaa_141
 フルスクラッチとは完全な自作、ザク本体から自ら作ったという。

実在モデラー・大津好満氏
 現川口名人(初代メイジン・カワグチ)が所属していた、ストリーム・ベースと並び
 超絶モデラーと呼ばれた人物の作品に触れ
 師事して挑戦した四郎

 その技術は、可動パーツを自作するなど気の遠くなる精密さ

 あくまで製品自体が少なかった当時の話
 でもこうした技術論より、愛をテーマに、幅広く伝わるストーリーになってましたね

 昭和は遠いどころか、平成ももう終わりッスよ終わり!!

今回のテーマは「製作技術」、そこを騙すチートだったのでしょうか?

00352
 今回の敵ガンダムは、ジエンドに酷似した完全オリジナルガンプラ

ガンダムザムドラーグ
 設定上、こんな変形ギミックは存在せず、変形は彼らの完全オリジナルのはず
 でもそこまで改造できるなら、ポン付け重武装化でバカにされた際
 反論しなかったのも妙な気がします

 しかし台詞からすると、実在したと考えるべきなのか

 否定されたのは思想でなく技術
 前回の強豪ダイバーに、リク達が全く敵わなかったのと同様の話だったようです。

 技術は凄いが、間違っていると否定したエピソードに。

ガンダムBFシリーズ通じての問題点に、一応の克服を果たした前回

00133
 ガンダム世界を体験できるGBNは、ガンダムファイター(Gガン)だって体験できる

“操縦”への克服
 GBFは、運動経験があると操縦勘も良くなり、本作でもモモが同様の恩恵を。
 ですが前回、GBN内では、プレイヤーは超人的な体術が可能で
 身体を動かす事も疑似体験が可能

 体験型ネットゲームならでは、超人的な格闘の実践が出来たと判明

 運動経験をゲーム内で積む!
 無茶な話ですが、体験型ゲームならででしょうか

 旧作での“格闘経験者の強み”を、リクもユッキーも手に入れることに。

続いて今回は、“製作技術”を学んだリク達

00100
00101
 今の二人は圧倒的に足りていない。若いんですから当たり前ですが

ビルダーの都
 といっても、実際に手にとって学ぶ…、とはいかなかったようですが
 何を造りたいか、という点はクリアしていると太鼓判で
 手が追いついてないと指摘に

 劇中強かったボス級MS、ザムドラーグも、使い手次第では今回の結末

 こだわりを持つ大切さ、次回、“実際に手を動かす”事にも師匠を得る事に?

指導教官となる人物は、“原作通り”に丁寧なタイプ?

00018
155_2321_o_1cbjdkkbe95o1savch31hkm4uj2d
 それが何を思ってガリバルディを大改造する事に…?

経験者を捕まえろ!
 どうも次回、部活物名物、「不本意な引退をした経験者」を勧誘するようですが
 仮にカプル作者なら、設定通りに作る生真面目な人物で
 眼鏡のキャライメージにも合致します

 その彼もまた、リク達に刺激を受け、殻を破るという回なのか?

 予告では、マンションの扉を叩いていますが
 大学生なのかもですね

 プラモ狂四郎でも、大学生モデラーが師匠みたいなものでしたし。

今回の「ペリシア」はペルシャ、中東、霊廟タージ・マハルがモデルらしい

00014
00029
00032
 ジープと言えばOVA「08小隊」を連想しますね。個人差があります

タージ・マハル
 遠景で見ると、話題のジ・Oやアッガイ、ドムやガザCなどなど
 宇宙世紀系を中心に、多数のガンプラが展示されており
 リクたちが見たのはほんの一角でした。

 ガンダム的に言えばユニコーン。

中には、今にも殴りかかりそうな展示もあったり

00033
 左がデスティニーガンダム、右がストライクフリーダムガンダム

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 また私も、ストフリとフリーダムの見分けは、とても難しいと思う者ですが
 関節部が金色で、腹部にも金色が配されているのが
 ストフリの特徴となります

 これはパイロット、キラ・ヤマトの異常な反射速度に対応する為の処置

 また、左側の機体こそタイトルを冠した機体…
 デスティニーガンダム。

 ディスティニーではなくデスティニーなんだ! アンタって人はー!!

お分かり頂けただろうか?

00034
00035
 ベース機はゾック、初代ガンダムに登場した水中用モビルスーツ。

あくまでMS!
 見ての通り、作品名は「オリエンタルゾック」となっており
 頭頂部がオリエンタルになっている。
 オリエンタル!

 アッザムが寄ってきそうだ!

ベストメカコレクション コアブースター

00037
 ガンダムなどRXシリーズのコクピット、“コア・ファイター”の追加装備機

コア・ブースター
 コアファイターが戦闘機として有用だと評価され、追加装備を施したもの。
 またTV版では、スポンサーの要望で“玩具的な”メカ
 Gファイターが登場した

 劇場版でその出番をカットし、代替として登場したのが本機

 誕生経緯はともかく設定上は強力
 ガンダムなどの、高度な教育型コンピュータが反映され処理能力が高いのだ

 優秀過ぎて簡易量産機も誕生、08小隊では爆撃任務に参戦した

中東といえばケバブ、ケバブといえばこの人

00039
 左の看板が「アストナージのサラダ」、右が「アンドリュー・バルトフェルドのケバブ」

ヨーグルトソースで!
 画像でも「Yo」と小さくついてますが、作中、ソースに何をかけるかで論争となり
 また、ゲーム「スーパーロボット大戦」にも持ち込まれた為
 更に拡散されたエピソード。

 また、イラクでは四角形に切った肉を、串に刺し焼いたものをティッカというそうな

 アストナージのサラダは「逆襲のシャア」の悲しい話。

ズゴックとガデッサが並んでいても良いのです。自由なのですから

00040
 左がガンダム00の「ガデッサ」、右は初代ガンダムのズゴック。

ガデック
 右は有名にすぎる水陸両用機で、ガンダム作品でもある種の決定版(断言)。
 また戦闘時に敵にクローを刺した後、そのまま抜けない事案も発生し
 取り外し式クローをつけた改造機も誕生した

 左のガデッサは、今回主演機、セラヴィーの異母兄弟機とも呼べる

 00第1期での砲撃ガンダムはヴァーチェだった
 同発展機がセラヴィーだが、同じく、敵組織が発展させたのが“ガデッサ”だった

 同じ機体を元に、異なる進化で敵味方に分かれた面白い例。
 
そんな剥き出しで大丈夫かい? 大丈夫じゃないかい?

00041
00000
 手前のハイレグ軍服は、機動戦士ガンダム0079カードビルダーが元ネタ。

ハイゴッグ&メタス
 左のハイゴッグは、何ともない事で知られるゴッグの再設計機、ポケットの中の戦争初出
 見ての通り、機動力を上げている為に薄くなっている部分もある
 薄着は良くない。

 また右のメタスは、Zガンダム開発の過程で生まれた試験機

 フレーム剥きだしで頼りなく感じるが
 変形に耐え得る、頑健なフレーム構造を探る中での“成功例”にしてヒロイン機

 ZⅡにリゼル、ガンキャノン・ディテクターなど多数の母体となった。

多数の“軍服”がうろつく通りには、ドムも展示されている

00042
00001
 赤い女性制服は、多分こんな感じに透けている

ドム・トローペン
 ガンダム0083スターダストメモリーに出てくるドムトロの
 周囲には、ガンダムWのトレーズ様とレディアンの服や
 ザフトの赤服などがうろついている

 毎度ながら制服の見本市だ!

エゥーゴの女性軍服は、毎度ながらノースリーブでミニスカすぎる

00044
 左がエゥーゴ、右が敵対組織ティターンズの軍服で、仲良く並んでいる(Z)

ガ・ゾウム
 中央の男が展示しているのはガ・ゾウム、ガンダムZZ初出のMSで
 ガンダムUCには、原作時点で“袖付き”が出てたのに
 OVA時にガンプラ化されなかった

 Zガンダム、宇宙世紀0087の頃、アクシズ(ネオジオン)はガザCを量産化

 ガ・ゾウムは、量産しやさから作業機を軍用に転用したガザ系に属し
 ガザC、D、と量産される中で制式採用

 ガザ系を越えた性能から、ガ・ゾウムと名付けられた

現在判明している中で、ガンダム00世界“最新”人型メカ

00046
 クラブ・ザラ、すごくパトリック…。

サキブレ
 ガンダム00世界で、劇場版ラストの“50年後”の風景に登場する作業機
 何と、新造されたオリジナル太陽炉を搭載する機体もあり 
 性能面は大きく発展している

 こんな機体を作業機に出来るほど、平和になったという事

 ELSと共存したパイロットや、またELS専用コクピットも備えており
 一部では“クアンタ”同等の機能も搭載

 すなわち量子テレポートが可能。

そして特徴的なのが、ケンプファーの足である

00054
00055
 アヤメのスカートもまた、鉄壁なのである。

ケンプファー 
 ご存知ガンダム0080ポケットの中の戦争のMSで、今に昔も人気が高い
 また、これが緑っぽい色だった場合は
 プロトタイプケンプファーとなる

 ケンプファーはHGUCガンプラ化済みで、今見てもデキが良い

 と個人的に思う!
 のだが、「ケンプファーアメイジング」で構造が古いとボロクソなレビューを見た

 そうかなあ…、やっぱり古いのかなぁ…。

キャトルの足元には、“ゲモン”のコスプレをしたハッパさんが

00060
00062
 やけにぶかぶかのノーマルスーツは、ZZの「ゲモン」のコスプレ。

“作業機”キャトル
 着ている眼鏡の人は、ガンダムGのレコンギスタに出てきた技師さん
 ハッパさんそっくり、というコラボになっている。
 どちらもメカニック的なので。

 キャトルは、宇宙世紀初期に建造されたコロニーにあった重機

 宇宙世紀30年代に放棄された機体が、ガンダムZZで登場した。

左のコミカルなのは“アッグ”、これも旧キットそのままらしい

00065
 アッグは連邦軍本部まで“掘り進める”べく開発された、特務用モビルスーツ

右はゲーマルク(ZZ)
 アッグは当時キット化されており、プラモ狂四郎内でも大活躍している。
 近年、ガンダムUCで、同じジャブロー特務部隊のゾゴック
 ジュアッグが相次いでキット化

 後はアッグ、それにアッグガイが出れば成仏する霊も多いかもしれない

 右のゲーマルクはZZでの重MS
 末広がりな足で、NT用に優れるもパイロット負荷が大きく、ガンプラ化もされなかった

 火力バカ揃いのUC0089期でも、トップクラスの火力を誇る。

ガンダムBFの世界で、バーザムがガンプラ化されていたように

00000
 足首周りが青いという、特殊な配色でも目を引くゲーマルク=サン

だってぼくは夢を信じているもん!
 BFの頃は、バーザムがガンプラ化されておらず、作中パッケージが登場して注目に。
 ビルドシリーズの世界では、現実には「まだ」ガンプラ化されていないものも
 多数キット化。

 モブにマグアナック隊、ザムドラーグといい、羨ましいですよね

 ゲーマルクはBF世界編でも出てたし
 迫力あるガンプラだから、モブとして出してもインパクトあるんだよ!

 今回は足だけだったけど!

ガンプラは愛! 旧キットをそのまま作る面白さを語ったシャフリさん

00085
00086
00087
 特に面白いのが、ユッキーの反応に「おっ…」って顔をしたところ

この気持ち、まさしく愛だ!
 勝つ為のマスダイバーが横行する昨今、効率の悪い、“旧キットそのまま”だなんて
 前回のタイガー同様、決して一般的じゃないんでしょうね
 表情にそんな事を感じました

 これが愛なんだよ! と言っても、普通は聞き流されてるんだろうなあ的な

 タイガーが最初は鬱陶しそうだったように
 シャフリも、自分が偏っていて、一般的受けしない事は解ってるんだろうなあ、と

 それでも自分はこれが好き! と貫くからこそ強いのでしょうな。

逞しいガンタンク、ズゴック、そしてグフイグナイテッド!

00088
 このガンタンク作画いいよね、めちゃ強そう。

ズゴック先生二度目の登板
 右はガンタンク、連邦系“MS”の先祖にあたり、原型機は0079年3月に完成した
 MG 1/100版は、本当にこんな感じのスタイルでかっこいいのです
 HGUC版は定価800円と手軽で組易いス!

 左のグフは、ガンダムSEED DESTINYに登場したMS

 同作では、ザク・グフ・ドムなど宇宙世紀を模したデザインが多数登場
 で、本機はハイネ・ヴェステンフルス専用機

 2006年キットが今も再生産・販売中で、結構ガッチリした体型でカッコイイのですよ

広がり続けるプチッガイワールド、シャフリさんもジオラマ化!

00110
 普通の1/144ガンプラ(例えば鉄血 グレイズ改)の腰に届かないくらい。

プチッガイシリーズ
 初のガンプラアニメ「ガンプラビルダーズ」時、べアッガイが初めて登場
 正直、あまり可愛いと言えないデザインでしたが
 ガンダムBFで可愛さ全振りに

 プチッガイは、続くガンダムBFトライ、ベアッガイFのオマケとして初登場

 その後、単品販売化&新規金型&バリエーションとなった
 初代ガンダム「アッガイ」の派生機

 最新作、「きゃらっがいモモ」も今月発売。もしや劇中にも出てくるのか…?

しれっと映り込む初代グフ。さりげなさが魅力です

00117
00000
 お馴染み初代ガンダムの格闘戦機、ザクとは違うモビルスーツ

MS-07 グフ
 ランバ・ラルが搭乗してガンダムを苦しめ、“ガンダムBF”ではラルさんが愛した。
 ザクは、宇宙で使う事を想定して作られていたことから
 地上では機密性などが無駄となった

 ザクも地上用に改造されたものの、抜本的に練り直したのがグフ

 機体が軽量化された事で、飛行型MSの叩き台となったり
 固定武装を生かし重武装化されたりも

 近年、HGUC-196 グフとして再キット化も。

METAL ROBOT魂 騎士ガンダムをガンプラで再現! ドッゴーラ!!

00118
1000115250_5
 左の騎士は、2017年に受注生産された“完成品”ガンプラ化したもの

騎士vs復讐の龍!
 騎士ガンダムは、意思を持つ生命体、SDガンダム外伝シリーズの初代主人公
 騎乗する馬は、市販されているHGFCマスターガンダムの付属品
 関節ほぼ固定の“風雲再起”

 ガンプラを騎乗でき、ケンタウロス合体ギミックもある面白ガンプラ!

 右側は、キット化されていない宇宙世紀のモビルアーマー
 Vガンダムの“ドッゴーラ”

 漫画版では、見た目そのままの改造機が、ラスボス役も務めています。

今週のコーラサワー、前回の後、虎武龍を訪れた様子

00124
 道着の色や動きなど、存在感に満ち溢れていたコーラサワー
 近接格闘を極め、次はどこへゆくのでしょうか
 ますます楽しみだ!

 次回は、ペリシアにいるんでしょうかね

ZZガンダムがめっちゃカッコイイですよね! 何この水泳部の多さ!?

00130
00004
00001
00002
00003
 冗談にも見えるノーベルガンダムは、セーラームーン華やかなりし頃に誕生

高機動ノーベルは!? ねえスーパーノーベルは!?
 右の円筒みたいなのがジュアッグ、初代ガンダムMSV、HGUC化
 中央奥、ボールK型/先行量産型ボール(第08MS小隊)
 中央中、アッグガイ(初代ガンダムMSV)
 中央前、ZZガンダム
 奥の奥、マラサイ(Zガンダム/HGUC化)
 奥手前、ノーベルガンダム(機動武闘伝Gガンダム/HG化)

 マラサイもオレンジ系だし、オレンジ色のMSって案外多いわね…。

 ノーベルガンダムは、HGFCガンプラ化されてるよ!

ギャンの股間が! ゲドラフかっこいいですよね性格悪そうで!!

00143
00006
00005
 ギュネイやトレーズ様、ファやウルフ隊長など様々な軍服も

ゲドラフいいよね…
 手前、ギャン(初代ガンダム、HGUCで再ガンプラ化済み)
 中央、ゲドラフ(Vガンダム)
 奥、ディジェ(Zガンダム)

 ゲドラフはVガンを象徴するタイヤ型メカに搭乗、大暴れしたUC.0150年代MS

 奥のディジェはアムロが搭乗、最近RE/100でガンプラ化された

後ろの右腕にシールドを付けたかっこいい量産機は

00188
00279
 アヤメさんいいよね…。

ジムⅡ
 宇宙世紀0087年、Zガンダム、グリプス戦役時の地球連邦軍主力量産機
 一年戦争時、大量生産・派生したジムのノウハウを練り直し
 近代化改修したMS

 既に旧式化し、連邦精鋭部隊ティターンズでは、ハイザックを採用

 しかしティターンズが不祥事を起こした為 
 イメージが悪化したハイザックは、ジオン共和国などに払い下げられてしまった。 

 ユッキーのジムⅢは、ジムⅡの発展機をオリジナル改造している。

下半身が見えているのは、お馴染みの“リーオー”

00189
153_2238_o_1c4k5t6omucnmg4149l1fe91em423
 まあ下半身だなんていやらしい!

獅子座の量産機“リーオー”
 今月、待望のガンプラ化を果たすガンダムWの量産機で、主人公ヒイロなども搭乗
 主に扱うOZは、機体名に星座の名前を付ける慣習がある
 ガンプラは「組みやすさ」主眼だそうな。

 本作ではNPDとしても登場、これも来月ガンプラ化となります

 リーオーNPDは、リーオーのパーツがそっくり残されており
 色違いのリーオーとしても制作可能

 リーオーはバリエーションも多い機体ですが、どこまで商品化されるでしょうか

ガンダムザムドラーグジエンド(仮)は、大張氏デザインとの事

00401
 氏のツイッターで、デザインと絵コンテを担当したコメント。

おまえは何者だ!
 台詞から、「装甲を開かせよう」としていた為、ギミックは実在したようです
 ネタバレ対策か、公式サイト&ツイッターでも特に言及なし
 今回限りの一発ネタだったのでしょうか

 ボス級MS繋がりという事で、意図的にジエンドに似せたのか?

 或いは、ザムドラーグなどヴェイガン系MSと、ガンダムジエンドのデザインは同じ石垣氏
 なので「ガンダム」にしたら、似ちゃったんですかね。

 これだけの技術も、思想を持たないと完全否定されてしまう事に。

完全に勇者合体! 完全にティエリア・アーデ!!

00393
00395
00341
 ティエリアの中の人はワカメもとい、CV神谷浩史で、女装時は田中晶子さん担当

シャフリアールさんのガンプラだ!
 担当cvは逢坂良太さん、この方、ガンダムを始めロボアニメには馴染み深く
 鉄血ではミカの舎弟ハッシュ君、Gレコでは天才クリムを担当し
 2013年頃の深夜は主演を大量担当

 今年もシンカリオンで清洲リュウジを担当、レギュラーを演じている

 ダンボール戦機ウォーズ、ヴァルヴレイヴ、シドニアの騎士を主演
 オーバーロードⅡでもクライム君を演じている

 フッハ! もうお前、何回ロボに乗ってるの?!という声優さんだというぜ? フッハ!!

改造ギミックは実在したのか? してないのか!!

00230
 明言されてないので、ギミックは実在していた可能性も高いとは思うんですよ

マスダイバーというもの
 ブレイクデカールが、装甲と出力強化を起こすことは、少なくとも確定。
 データを改竄し、強くなろうとするのは浅はかという指摘は
 ここで意味が通っています

 強くしたいから武器を盛り、ガンダムに変形させる、その発想に愛がない

 1/144ガンプラは、大抵パーツ自体をごっそり差し替え変形するので
 無理がある変形はそういう事なのか?

 それにしたって、完全オリジナル変形って凄いけど…?

愛がない、制度が足りないとボロクソ言われたマスダイバー

00182
 少なくとも、「見た目」では、高レベルビルダー達も判定に悩んだんですから

断言は出来ない、でもそう思うという事
 関節に砂が詰まったり、ミサイルの精度が甘かったりという問題もありますが
 単に杜撰で、後者はシャフリが異常に高いだけにすぎず
 改造する技術力はあったという事らしい

 武器を盛り、ザムドラ関係ないギミックを積む“方法論が否定された”だけじゃ?

 それにしたって、ザムドラーグが所属する陣営にもガンダムがいた為
 模した変形は愛を感じますが…?

 リクとシャフリ、というか“本作自体”に否定される事に

ブレイクデカールに何が出来て、何が出来ないのか?

00129
 このエリアにガンプラを持ちこめたのも、ブレイクデカールの改竄効果? 

ブレイクデカール
 その効果は、制作者以外には正確に把握できるはずはありませ
 劇中も、更になる改良が進んでいるみたいですし
 シバの台詞以外は推量に過ぎません

 よってガンプラの姿、ギミックを誤認させるデカールも存在するのかもしれない

 この部分は、断言できない話だと私は思います。

また、これもコメント欄で指摘いただきましたが

00185
00007
00210
 アヤメさんは思ったより大きいですね、リクより背は高いようですし
 高校生、大学生くらいなのかもしれませんね
 あと思ったよりミニスカでした

 ものっそいミニスカでしたね。ミニスカ!

ザムドラーグの変形について、間違った認識を記事とした事に謝罪します

00264
00360
 しかし高度な技術をブレイクデカールしても、突破できず、一撃で粉砕されるって…

愛って何だ/振り向かない事さ
 単に武装を盛るだけの改造は美しくない、ここは理解できるんですが
 内部的とはいえ、完全オリジナル変形まで盛り込み改造しても
 完全に否定された今回

 変形実在には、そこが引っかかるのが一番気になりました。

 巨体で強力で。単にギミックに適してるからザムドラーグを選んだだけ
 愛、ザムドラーグへのリスペクトが足りないと。

 そこまで出来る人が、そんなに仕上がり悪く作るのかな?って疑問に感じますし

見た目に関して、モデラー達を最低限納得させられるレベルだったワケだし

00496
 ミサイルの精度は、単にシャフリさんが異常に高いだけで、十分に高レベルな造形
 でないと、モデラーたちの前に出した時点で総スカンになるはずです
 だから問題は「思想」なのだと。

 でも、「トライ」でドムにガンダム仕込んだり、意外性もまたガンプラ愛な気がします。 

ガンダムザムドラーグ(仮)ギミック、原型機のコレを流用?

00000
00305
 ガンダムAGE第47話で使用されたギミック、実は、同回の脚本も木村氏だった

ザムドラーグコア
 原型機頭部に、脱出ギミックが存在、これとアレを利用したのではとコメント欄で指摘が
 すっかり忘れてましたが、一部ヴェイガン機にあった“コア”か!
 頭部が、胸部に移動した事にも説明が付きます

 また、胸に顔があるGN粒子MSといえば、セラフィムガンダムじゃないかと

 なるほどなるほど、色々繋がってる!
 偽シャフリさんすげえ!

 脚部可変から、セラフィムとは構造自体だいぶ変えてそう。つまり更にすげえ!

ガンプラバトルのやり方は、作品に応じ異なっていて…?

00255
 ビルドダイバーズ第1話など、スキャンするシーンがガンダムBFにそっくりでしたが…?

ガンプラバトル
 プラモ狂四郎…、スキャン&シミュレータ方式、※ダメージ反映は実際に壊して再現。
 新プラモ狂四郎…、データをプレイヤーが「着込む」、アーマードバトル方式
 超戦士ガンダム野郎…、スキャン&シミュレータ方式、完全なデータのみのガンプラも
 プラモウォーズ…、同上
 ガンプラ甲子園…、脳内
 ガンプラビルダーズ…、スキャン&シミュレータ方式、漫画版はストーリーを大きく変更
 ガンダムビルドファイターズ…、ガンプラを特殊粒子で動かす

 本ビルドダイバーズも、どうも昔は直接ガンプラを動かしてバトルしていたようです

 BF外伝漫画(ガンダムBFA-T)では、粒子再現されたプラモ狂四郎も登場

2018年5月1日 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」

00489
 公式サイトでは黒田氏脚本、しかしアニメのクレジットは木村氏でした。

スタッフ
 脚本:黒田洋介
 絵コンテ:内藤明吾
 演出:孫 承希
 キャラクター作画監督:江上夏樹、斉藤 香
 メカ作画監督:松田 寛
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 リク達の次の目的地は世界中のビルダーが集い、許可なくガンプラの乗り入れが禁止されている中立地帯のペリシア・エリア。見渡す限りの大砂漠をダイバー姿で歩く3人だったが、行けども行けども蜃気楼が浮かぶ変わらない風景に、やがて途方に暮れてしまう。そこに現れた1台のジープ。乗っていたのはアヤメと名乗る女性ダイバーだった。

次回、“実際にガンプラが動くバトル”。GBFと繋がってる…?

00080
00081
00076
 世界観は一新したけど、繋がってないとは言ってない…?

魔改造!!
 アヤメが思った以上にシリアス! 話が暗くならないよう、ポンコツ系かと思いきや
 少なくとも現状は、重い気持ちを抱え他人を信じない
 クールなニンジャガール

 回想では“かっこ悪い”ガンプラを作った男性、その正体とは

 次回、オープニングのキャラクターも出揃って
 物語は更に加速でしょうか

 製作と操縦とフォース、イフリート改がアニメで大暴れするワケよ多分!!

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」

ガンダムビルドダイバーズ 第4話 感想

 冒頭
 Aパート
 これを愛と言わずして、何だと言うんだい?
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記「魔改造」
 感想追記
 感想追記「展示MS」


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」