初報はこちら、朗読劇に登場。映像化は詳細不明。16日13時修正
10周年記念イベントで公開されたエクシア、デュナメスリペア設定画が公開!

picture3
picture2
picture1
picture4
DavoQEyVQAAjsF3
 GUNDAM.INFOにて設定画公開に(こちら)。

機動戦士ガンダム00 新作
 イベント朗読劇が行われ、新作映像が制作されるといわれているガンダム00
 作中で、生ハム大興奮だったというグラハムガンダムが公開!
 武士を思わせる諸肌脱ぎガンダム!

 問題は、新たな左腕が、エクシアのものじゃないという事だカタギリ!

 見たまえ指先を!
 エクシアと違う、ジンクス系統のような鋭い指に換装されているのが判ります

 そもそも腕自体の形から、00でもクアンタでもない! 

グラハムは、ELSと融合する事によって地球圏に帰還。グラハムリペアである

picture3

■ガンダムエクシアリペアIV
 刹那・F・セイエイが搭乗していた「ガンダムエクシア」から4度目の改修を経た機体。ソレスタルビーイングに加入したグラハム・エーカーに受け継がれることになる。

■グラハム・エーカー
 大型ELSに突撃しそのまま命を落としたかと思われていたが、刹那の導きでELSとの同化を選択し、地球圏に戻る決断をする。


picture1
 グラハムと「対話」中の刹那の意識が邂逅、地球を守るように頼んだという

グラハムガンダム
 作中、ダブルオーは劇場版で破壊、クアンタは旅立ってしまいもう機体がない!
 そこでCBは、エクシアに近代化改修を施していたが
 これをグラハムが継承した

 ポイントは左腕で、新たな腕は従来装甲と合わない為か、諸肌脱ぎ状態
 
 左腕は、グラハムにとって利き腕でもある事から
 何かあるのかもしれない

 内心、ガンダムへの憧れもありまくった事が描かれたようだ。

ティエリアの記憶を受け継ぐイノベイド(人造人間)、デュナメスを継承

picture2
picture4

■ガンダムデュナメスリペアIII
 ロックオン・ストラトス(ニール・ディランディ)が搭乗していた「ガンダムデュナメス」から3度目の改修を経た機体。レティシア・アーデに受け継がれることになる

■レティシア・アーデ
 ティエリア・アーデの記憶がコピーされたイノベイド。姿形とDNAはティエリアと同じだが、個別の人格を持つ。

※人造人間であるティエリアは性別が無いので、彼も無性だと思われる。


00000
00001
00002
00003
 リペアⅢでは、ヴァーチェの代わりとして武装を継承したらしい。

ガンダムデュナメス
 劇場版では、修復されたリペア1が登場、気付けば“Ⅲ”となっている事から考えると
 劇場版の後に一度修繕して2、レティシア搭乗が決まった事で
 彼に専用化した“3”になったという事か

 作中、初代ジンクスだって、改造すればⅣへアップデート可能な設定です

 本機だって元はジンクス同等の機体
 これまた改修すれば、最新鋭機に劣らない性能になるのでしょうね

 GNアーチャー、確かナドレも残っているはずですが…?

外伝では、ラファエルガンダムが再建された事も描かれていた

IMG_9311
 その名もラファエルドミニオンズ、全身の装甲が分離合体し、支援機となる

ラファエルガンダム
 元々ラファエルは、ヴェーダと一体化したティエリアが、こっそりと作っていた機体
 開発は、ヴェーダがある“宇宙船ソレスタルビーイング”内で行い
 イノベイド達の「ガ」系が母体となっている

 外伝ではまさにELS戦役後、人類とイノベイターの戦争中に参戦

 同エピソードでは、ヴェーダと深く関わる機体と思われる為、目撃証言は黙殺された
 時間軸上、本機参戦の可能性も…?

 劇場版のオリジナル機も、3機の擬似太陽炉で動いていた

アニメ本編、劇場版での、ソレスタルビーイングのガンダム達

00003
00005
 最終アレルヤ機、ハルートは爆散してしまった。

ガンダム00 1期
 エクシア…、健在
 デュナメス…、健在
 ヴァーチェ…、回収されるも再登場せず
 キュリオス…、連邦(人革連)に回収、アヘッドの研究素体に。

ガンダム00 2期
 ダブルオー…、劇場版で爆散
 ケルディム…、大破、外伝で再生されて、CB支援組織で運用。健在
 セラヴィー…、本体であるセラフィムが爆散
 アリオス…、大破、外伝で再生されるも、ELSに取り込まれ喪失
 GNアーチャー…中破。劇中はコンデンサ稼動だが、本来は太陽炉MSだった

ガンダム00 劇場版 
 ダブルオークアンタ…、外宇宙へ
 サバーニャ…、健在
 ラファエル…、自爆
 ハルート、爆散

 こうしてみると、ロックオン機、3世代が全部健在なのね