ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 3巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ あらすじ 内容 ネタバレあり 大和田広樹 漫画 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
葩子様の本性! ノーガードの死闘、女子高生台湾総統戦、決着!! 次なる敵は…

00030
00029
00006
00007
大国・中国に対し、世代を越え吸収を阻止し続ける総統の意地! 蔡英文(16)決着!!
 試合後、約束を守りつつも、素直な形では応じてくれない強かさも
 また、見た目に反し「ちゃんと美味しい」という誠実さも。
 台湾総統、好漢だった!

 続くは地元ロシア! しかし皇族を滅ぼし久しいはずが…、“アナ”が雪の王女様!?

アナスタシア&怪尼ラスプーチナ開戦!
 歴史というか、歴史モノ創作ファンにも、馴染み深いあの人“ご当人”っぽい雰囲気
 この辺、超展開こそ平常運行な本作らしい力技ですね!
 牌を凍らせるってチートすぎない!?

 葩子様の本質も、実に本作らしい迫力だった!
 
プリンセスオブジパング 3巻 感想

プリンセスオブジパング編
 第13話「見つけた」
 第14話「私はあなたを許さない…」
 第15話「世界のプリンセスは争いを望まない」
 第16話「四暗刻四槓子」
 第17話「台湾海峡を衛るのは伊達じゃない!」
 第17話その2「スパシーバ(ありがとうの意味)」
 第18話「ロシア代表サンクトペテルブルグ女学院」
 巻末:ラクロス少女 片岡理鈴さんはとてもモテる、ロメロ君編
 ムダヅモ無き改革 感想
 ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング 感想

※正式なサブタイトルはありません。

正体は次巻! ロマノフ王朝の末裔と噂される彼女は…?

00021
 弟を探し、怪尼ラスプーチナに従っているようで…?

あらすじ
 麻雀世界女子ハイスクールチャンプ決定戦、グループリーグ緒戦、台湾戦は熾烈を極め
 第14代台湾総統、現役女子高生・蔡英文(16)との死闘を制した葩子様は
 英文との、決勝での再戦を誓った

 しかし続く2戦目は、地元ロシア代表、サンクトペテルブルグ女学院の生徒

 公儀隠密・柳生宗奈と共に挑んだ葩子様
 アナスタシア、ラスプーチナ組の、「牌を凍らせる」闘牌マジックに苦戦を強いられる

 雪の王女アナは、シベリアの凍気はこんなものではないと嘯いた。

第13話。1対3! おヒキ・菊理をキョンシーにされてしまった葩子様は…

00000
00002
00001
00003
00004
 ともだちを「こんな目に遭わせた奴」を見出した葩子様。完全にキルユー。

第13話「見つけた」
 特製の象牙牌、即ち“死体の一部”。中国古来の死霊術、キョンシーを駆使する台湾勢は
 牌を、そして葩子様の親友である菊理をもキョンシーにし
 1対3の状況を作った

 これぞ“勅令還魂<アニメイト>”! 仮死状態の菊理を取り戻せ!!

 アニメイトって、そんな某アニメショップみたいな!?
 葩子様と菊理の過去も明らかに

 皇族の末裔で、誰もが遠巻きにする中、屈託なく話しかけてくれたのが菊理

 幼い頃の葩子様も美しい…! そしてコワイ!!

第14話、“敵”の姿を見極めた葩子様の一撃!

00005
00006
 しかし直後、アバラが! エグい一発が葩子様を襲う!!

第14話「私はあなたを許さない…」
 普段、いたずらっぽい表情や怒りこそあるも、基本ニコニコしてる葩子様
 彼女がキレた時、死霊が宿ったキョンシー牌は一瞬で祓われ
 たった一発で事態を打開!

 状況の意味はよくわからんが とにかくすごい闘牌だ!

 菊理は蘇生し、台湾の霊幻道士・蘭花はダウン
 勝負は一対一へ!

 しかし、僅か16歳(実際の総統は61歳)で、台湾総統は伊達じゃなかった!

※2018年8月、62歳になられました。

第15話。菊理を取り戻した葩子は沈静化、“守る戦い”でこそ力を発揮するタイプ…?

00007
00008
00009
00009
 と思いきや、カウンターでアバラ3本(2本ヒビが入った分、+オマケ)ヒビを入れた!

第15話「好戦的なプリンセス」
 葩子様が反撃を許したのは、他人を守る為の戦いでこそ、真価を発揮するから?
 と、四條絢乃は「プリンセスの性質」から想像したが
 どっこい違った!

 葩子様は、“僅かな例外”、好戦的なプリンセスだったのです!

 蹴るわ殴るわ、麻雀牌を叩きつけるわ!
 まさに卓上の格闘技!

 しかし最後の最後の一打で、またも引率・四條絢乃を驚愕させる事に

第16話、アガリを捨てた葩子様! 引率・絢乃を困惑させた一手とは

00011
00010
00012
 決め技は、それはそれは見事な月光蝶じゃった…。黒歴史がくるぞ!

第16話「四暗刻四槓子<オノゴロアイランド>」
 葩子様の奇手、その真意は、相手の九蓮宝燈をツブすという“正解”だったと判明
 既に、引率である絢乃より上を行くと描かれた葩子様は
 現・台湾総統と格闘戦!

 トドメの一撃は、いつもの“牌に問う”事で得た、山の奥に眠っていた

 両者、一歩も引かぬぶつかり合いとなるも
 制したのは葩子様だった…、と

 卓は宇宙! 聖なる山は卓の上にある!! なんかわからんがすごい!

第17話。刺し違える覚悟の台湾総統! しかし葩子様、もう動く力もなく…!!

00013
00014
00015
 だが蔡英文もまた、既に精神が肉体を凌駕しているに過ぎなかった、と

第17話「台湾海峡を衛るのは伊達じゃない!」
 頭から落ち、即死級のダメージを負いながらも、祖国を衛(まも)る誇りで立つ蔡英文
 しかし、刺し違える覚悟もギリギリで葩子様には届かず
 勝利は日本のモノに

 今回葩子様は、昭和天皇陛下の力を借りず、自力勝利に

 しかし、陛下の力を必要とする決戦が近いと告げ
 大会は“選抜目的”と匂わせる

 そして試合後、菊理の病室からは、猛烈な死臭が立ち込めていたのだった…!

立ち込める蒸気! ニンジャは言う、これは死臭だと!! 菊理は…

00016
00017
00018
 あら? 約束通りピロシキを持って来ただけじゃない(蔡英文)

ただし台湾名物「臭豆腐」だけどねッ!
 圧倒的…! 試合前の約束を、悪魔的発想でやり返した蔡英文!! これだから首相は!
 世界の首相は、どんな形であれ「約束は守る」し
 負けてもただでは転ばない!

 その上で、きっちり“美味しい”というのも、なかなか素敵だと思うね!!

 嫌がらせと真心の両立
 葩子様が、「こっちもクサヤを食べさせてやる!」とか言ってるのも変!!

 最後は再戦を誓うスガスガらしいラスト、やっぱり、眼鏡っ子に悪い子はいない!!

葩子様も案外気に入ったという「臭豆腐」。強烈なネーミングですが…?

00019
 形はどうあれ、これもまた立派な文化交流というオチ。

臭豆腐
 植物の汁や納豆菌などの調味液に、豆腐を漬け込み、発酵させた「食材」
 表面の一部がアミノ酸、旨味成分へ変わって独特の旨みを持ち
 揚げて甘辛いタレで食べる

 屋台で食べるのが、台湾旅行の醍醐味! つべこべ言わず食べると宜しいという

 臭い成分は糞便臭に近いそうで
 2016年2月には、日本のJR関西本線では異臭騒ぎの原因となった(実話)。

 皆! 迂闊にそこらに捨てたりするなよ!!

第17話では、次の敵となる“地元・ロシア代表”も登場! 次なるJKとは

00021
00022
 圧倒的闘牌力を誇り、開始5秒でタンザニア代表をフッ飛ばした

第17話その2「スパシーバ(ありがとうの意味)」
 第17話では、美しき西洋系JKも登場! 名は、アナスタシアとラスプーチナ
 アナは、弟に会う為に闘牌するというプリンセス。
 ただ、ロシアに“王族”はいない

 というか名前の時点で、すっごくドリフターズしてるじゃないか!!

 2016年アニメ「ドリフターズ」では第3話より登場
 歴史上の偉人たちが、死の寸前に訪れる料理漫画「最後のレストラン」では9巻登場

 死んだ目をした怪尼・ラスプーチナと共に、日本勢と交戦…!

第18話。敵は“地元代表”ロシア! 対し菊理は休場、公儀隠密・柳生宗奈出陣!!

00020
00023
00024
00025
00026
00028
 何を言ってるのよ 私のいた シベリアの凍気は こんなものじゃないわよ(アナ)。

第18話「ロシア代表サンクトペテルブルグ女学院」
 ロシア王族は、1917年ロシア革命で途絶えたが、その末裔と噂される少女が出陣
 というより、凍土に埋もれてコールドスリープしていた“当人”が
 蘇生させられ参戦か?

 緒戦の特技は精神の凍結と、牌を凍らせ、動きを妨げるチート技!

 作中、「常人」として描かれてきた宗りんでは荷が重い…
 という予想を覆す戦いに?

 わかります。次巻、ニンジャvsプリンセス、アナと雪の王女様の開演です…!

収録

00027
 それって呼び名の問題なんだ!?

 近代麻雀コミックス「ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 3巻」
 近代麻雀(月2回発行)連載、㈱竹書房発行。
 2018年7月(前巻2018年4月)

プリンセスオブジパング編
 第13話「見つけた」
 第14話「私はあなたを許さない…」
 第15話「世界のプリンセスは争いを望まない」
 第16話「四暗刻四槓子」
 第17話「台湾海峡を衛るのは伊達じゃない!」
 第17話その2「スパシーバ(ありがとうの意味)」
 第18話「ロシア代表サンクトペテルブルグ女学院」
 巻末:ラクロス少女 片岡理鈴さんはとてもモテる、ロメロ君編
 ムダヅモ無き改革 感想
 ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング 感想
 トップに戻る


 ムダヅモ無き改革 10巻
 ムダヅモ無き改革 11巻
 ムダヅモ無き改革 12巻
 ムダヅモ無き改革 13巻
 ムダヅモ無き改革 14巻
 ムダヅモ無き改革 15巻
 ムダヅモ無き改革 16巻“血戦! 尖閣諸島編”【最終回】

ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 感想

 ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 1巻“禁じられた遊び”不屈! トランプ大統領!!
 ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 2巻“vs台湾”! 世界大会編 開戦!!
 ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 3巻“vsロシア”! 台湾総統は伊達じゃない!!