公式サイト アニメ 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第3話 感想 刑罰 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら
唯一の味方、八雲さんは信じていいの? 入れ知恵され、股間にも挿れられる陽菜

DaVOgjxUQAA8QR3
00008
00085
明神亜貴、羞恥プレイ強化週間…! 囚人衆人環視の中でバイブ入り朝体操
 皆の目の前で、ガラスに乳首を押し付けられる陽菜
 マジックミラーは基本です

 しかし脱獄の入れ知恵! 八雲さんが黒幕で刑期延ばそうとしてるのか…?

鬼のいぬ間に
 ちょうど亜貴が留守をしてる時に限って、脱獄計画を持ちかけられた陽菜
 一年したら法廷で戦う、そう陽菜が語っていた事自体が
 ラストシーンへの前ふりだったのか

 実は親孝行だった亜貴は…? 余談ですが、「スカケダ2話」も羞恥プレイ回でした

エンドカードは、ヒメユリ先生

DaVOR-zUQAAglQ0
 初めて亜貴以外のキャラが出た! でも亜貴さんの存在感すげえ!!!

あらすじ
 比嘉に救われた陽菜だが、翌朝の体操中、亜貴にバイブを仕込まれてしまう
 衆人環視下で、性的絶頂に陥ってしまった陽菜は
 今度はガラス越しに脱がされる

 幸いマジックミラーだったが、陽菜はますます亜貴に恐怖を抱いた

 比嘉も一年後に出られると言い
 彼が「チャカ密売」と聞いて、やはり危険な男性なのかと考える陽菜

 しかし亜貴の留守中、八雲が陽菜に脱獄を勧めて…?

 次回、甘い懲罰 私は看守専用ペット 第4話

整列! 体操始めーーーーー!

00003
 前回、面会にはしゃぎすぎ、陽菜は明神亜貴看守長を怒らせてしまった
 結果、股間にもぐりこまれるわ、反省房に叩き込まれて
 新しい家族が増えそうになるわと散々

 代わりに比嘉大和と親しくなり、何とか3Pは免れたのだが…?

陽菜『…………………!

00004
00008
00010
00014
 夕べの騒動により…、朝の刑を執行する

YouはShock!
 体操に際し、陽菜が悶えていた理由…、実は大人のおもちゃを仕込まれ
 体操中も、性的快感に震えていたのだ…!
 あらあら朝から!

 堂々とモザイクされてますが、要はバイブローターを仕込まれた陽菜

 性感帯、たとえば女性器の中に突っ込んで固定し
 Switch一つで振動する

 つまり、指先一つでダウンだったのである。

『しっかり動かせ! 3077! 動きが遅いぞ!!』

00017
 要は陽菜は、朝からみんなの目の前で、性器を延々と刺激され
 朝から前戯、いわゆる羞恥プレイなのだ
 快感を受け恥ずかしい!

 その様が、亜貴の快感となり、また見たくてスイッチを押させる悪循環…!

陽菜『(もう…、ダメ…! ああ…!!)』

00018
00021
00023
00024
00025
00026
 久しぶりの外で、貧血でも起こしたらしい…。

モヒカンもいい頭の皮である
 遂に性的絶頂を迎えた陽菜、比嘉は気付くが、待ってましたと亜貴が滑り込み
 行き場のない手をブーラブラであった…
 と

 傷は大丈夫か? お前は医務室で手当てしろ…

 亜貴は昨晩も、陽菜が襲われた時に備え、ずっと懲罰房を監視していたらしい
 ビビらせたかっただけ!

 この子、他人に渡す気はなかったんですって! ねえ奥様!!

亜貴『起きろ、…しっかり朝体操をこなせと命じたはずだが』

00033
 陽菜は、比嘉が医務室に寄って腕の治療、着替えを済ませる間も休ませられ
 やがて、ガラスの向こうで刑務作業が本格化した頃
 ようやく起こされた

 刑務作業、受刑者の改善更生、社会復帰のための技能習得の場!

『ボロボロになるまで刑を続けてやる…、お前の犯した罪は決して許されない』

00034
00036
00038
00039
00047
00048
00050
DaVOgjxUQAA8QR3
00051
00055
00060
00061
00062
 これはマジックミラーだ…。労務へ行け、休む事は許さん

プレイボール!
 陽菜は囚人による衆人環視の中、ガラスに押し付けられエロい事をされ尽くした
 だが、終わると「あちら側からは見えていない」と明かされ
 ようやく羞恥プレイから解放される

 公然バイブ、公開SE○、亜貴は羞恥プレイ強化週間だったらしい

 鞭だかロープだかシュルシュルと回収する様が、とってもシュール。
 本当、一体ナニをされたんですかねえ

 性的刑罰の執行、受刑者の性癖改善、性的技能習得の場。

陽菜『私は、秘書の仕事をあてがわれた』

00067
 仕事も、他の刑務者とは別室とし、楽な仕事を割り振った亜貴
 当初は、足でグリグリするなどやりたい放題だったが
 どっこい実害は小さかったと判明する

 ペットとは愛玩動物、亜貴専用だから仕方ないね!

比嘉『手を止めるな。…監視されてる、小声で話せ』

00076
00078
00085
00086
00089
00090
 一年後…、絶対に無実を証明して見せます

チャカ
 やがて彼女を心配したのか、比嘉が作業のフリをして話を聞きにきてくれ
 互いに、どうして投獄されたのか明かしあうのだった
 と

 比嘉大和。…チャカの密売容疑でお縄になった

 陽菜の決意に感心した比嘉
 チャカとは拳銃の事、となればヤクザなのだろうと陽菜も察しがつく

 当たり前だが、やっぱり犯罪者なのだろう、と。

比嘉『まあ…、俺がここに入ったのはワケありでな』

00092
 ただ比嘉は、投獄されたのには理由がある、と語ったところで別室へ。
 容疑という事は、誰かを庇って身代わりになったのかもしれないし
 チャカじゃなく茶菓の密売だったのかもしれない
 闇かりんとうとか。

 とまれ、残る刑期は後一年、陽菜と同時期に自由というワケだ。

起床ー!

00096
 今日はあの男がいない…、良かった…

明神亜貴の狂気
 翌朝、24時間監視を謳った亜貴だが、本日は現れなかった
 陽菜はひとまずホッとする
 が

 でも、明神亜貴の狂気に、このままでは私の身も心も崩壊してしまう…

 狂気…、知らない感情ですねl
 もとい陽菜視点では、やはり明神亜貴は恐るべき狂人という事らしい

 視聴者視点だと、結構ソフトなドSだと思うんですが…。

『今日は、母さんの好きな花を持ってきた』

00106
00107
00108
 綺麗だろ? …また来るよ

明神亜貴の正気
 当の亜貴は、昏睡状態の母をお見舞いする、孝行息子だったと判明
 私服が完全に喪服にしか見えない亜貴だが
 医療費を払い続けているらしい

 何だ、いい子じゃないか…。

陽菜『八雲さん♪ いつも面会に来てくれて嬉しいです~』

00114
00116
 やっぱりこんなの変だ…、耐えられない!

脱獄の勧め
 しかし亜貴が目を放した隙に、陽菜は八雲さんに入れ知恵をされてしまう
 入れるのはアレと刺青だけで十分なのに…!
 で

 脱獄するんだ! 僕が手引きをする…!!

 ケース1:本心
 ケース2:実は黒幕であり、罪を重くし心象を悪くし刑期を延ばす為

 おそらくは後者。きっと後者だ…!

2018年4月15日甘い懲罰 私は看守専用ペット 第3話「刑罰」

Da09g3WU8AEtGIh
DaVOgjxUQAA8QR3
DaVOR-zUQAAglQ0
 予告は大和を疑うも、正直絶対良いヒトだよねっていう! 

メインスタッフ
 原作 : いづみ翔
 監督 : 熨斗谷充孝
 脚本 : 戸田和裕
 キャラクターデザイン : ななし
 音響監督 : ひらさわひさよし
 アニメーション制作:マジックバス
 制作:ピカンテサーカスピカンテサーカス
 原作:いづみ翔/彗星社(漫画)

キャスト
 明神 亜貴 : 山谷祥生
 早乙女 陽菜 : 三宅麻理恵
 比嘉 大和 : 中島ヨシキ
 八雲 聖徳 : 酒井広大
 鮫島 剛 : 石谷春貴
 五十嵐 健 : 前内孝文

あらすじ
 グラウンドに集合し体操をはじめる囚人たち。だが陽菜の様子がおかしい。実は明神亜貴に「あるモノ」を仕込まれていたのだった。必死に耐える陽菜だったがやがて限界が近づき……!?――さらには作業中の工場でも、ガラス張りの監視室で新たな罰を受けることになる陽菜。全く逃げ場のない状況に思い悩む陽菜だったが、そんな彼女に対して比嘉が徐々に距離を縮めてくる。彼は果たして敵なのか味方なのか――?

次回、八雲を信じている陽菜は、脱獄を試みる…?

DaTdqHGUQAAucwR
00120
00123
00124
00127
00132
00134
00137
00139
00141
00147
00155
00156
00160
00161
00165
00167
00168
00171
00182
00183
00188
00193
00195
00197
00199
00200
 同じ制作所のスカケダ2話も、奇しくも羞恥プレイ回だった

入れられる知恵とバイブ
 前回、亜貴の性格的に「他の男にヤらすかな?」と疑問だったんですが
 公式ツイッターで、言及してあったのでスッキリしました
 いや性的な意味ではなく。

 亜貴は母の見舞いなど、一気に印象が変わりましたね

 マジックミラーは羞恥プレイの基本ですが
 刑務所プレイとはたまげたなぁ…

 次回は八雲が味方か黒幕か、ちょっとした分水嶺でしょうか?

 次回、甘い懲罰 私は看守専用ペット 第4話


 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第1話「黒翼」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第2話「面会」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第3話「刑罰」
 甘い懲罰 私は看守専用ペット 第4話