遊矢が、ユーゴ達と“四重人格”で描かれる漫画版 遊戯王 ARC-V アーク・ファイブ 6巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ これまでの感想はこちら。前巻はこちら
敵リーダー“EVE”と決戦! 従えるのは、各シリーズの伝説級モンスター達!?

00039
00038
00037
00021
私も愛で動いている! 追い詰められたEVEの言葉も、遊矢“四兄弟”も素敵だ!
 遊斗、遊吾、遊里は、遊矢を生かす為、命を捨てた実の兄弟だった
 蓮や素良と違い、辛い未来を受け容れたんですね
 結果、幽霊という思わぬ展開に

 でも蓮や素良も、“本来の歴史”では、立ち直っていたとか熱いじゃないか!

望む未来を与えるのが“G・O・D”
 GODが叶えるのは、「ああなれば良かったのに」と、想像力の範囲内に過ぎません
 人間は困難にブチ当たっても、努力し、突破する希望を持っている!
 GODは、そんな努力、想像以上の展開を阻む
 人間賛歌の否定なんですね

 今回、EVEもGODに頼らず、別のカードを入れておけば、勝機があったのかなみたいな

遊戯王アーク・ファイブ 6巻 感想

 第32話「アダムの見たもの!」
 第33話「EVEの実力!」
 第34話「伝説に挑め!」
 第35話「四兄弟の絆!」
 第36話「絆の力!」
 第37話「全ての元凶!」
 追記:G・O・D カード性能(第一段階)
 これまでの感想

EVE主力は、遊戯王GX、5D's、ZEXALに登場した“伝説級モンスター”の眷属!

00008
 幻魔帝、時械神祖、No.XX∞ダークホープ、番号外って素敵。

あらすじ
 かつて、ユーゴが念入りに壊した遊矢の記憶は、“アダムの因子”に復元されてしまう
 アダムの因子とは、遥か未来でG・O・Dに遭遇した人物アダムが
 G・O・Dを、解放する鍵を分化させたもの

 EVEとのデュエル中、遊矢は、遊斗・遊吾・遊里実の兄弟だと思い出す

 だが遊矢は、彼らとの共闘でEVEを追い詰めてしまい
 彼女にG・O・Dを使わせてしまった

 G・O・Dに乗っ取られ、遊矢達に投降を呼びかけるEVE。その力は圧倒的で…?

第32話。素良vsユーリ、決着! あれほど素良になじられた沢渡さんですが…

00000
00001
 前巻素良に、利用してただけとなじられた。それでも彼らは友達なんだと。

第32話「アダムの見たもの!」
 素良が本当に戦う理由は、妹の為でした。でも彼自身、気付かないうちに諦めていた
 変質した自分が、最愛の妹をも人形に変えていた
 こんなに辛い事はない。

 ただ、砕けた“人形”から、妹さんの魂は無事浄化されたらしい。それが救いか

 素良は、死者にすがる生者。
 覚悟してるとはいえ、“生者=遊矢にすがる死者”の、ユーリ達と真逆なのね

 だからこそ、素良に仲間がいる、って事が大切

 それは遊矢達も、なんだか救われた気分になるのでしょうか

アダムとの邂逅! 「GODの力」「アダムの因子」とは…?

00002
 かつてのアダム達。なにこれ幸せそうすぎる…。

アダムの因子
 さて赤馬社長が邂逅したアダムとは、遥かな未来で、肉体を失った精神体
 彼は、遊矢の父が「世界の巻き戻し」でGODを退けた様と
 過去へ飛ばされた遊矢、赤馬を見た

 GODとは、カードに閉じ込められた膨大な力、勝負は“カード”で行われる

 凄腕のデュエリスト、かつ“巻き戻る世界”から逃げ延びた遊矢達なら
 GODとだって戦えると。

 世界から、たった二人だけ生き残るほどの“運命”を持つなら、戦えるってワケね!

GODの正体とは? それはアダムにも解らないという

00003
 GODとは、遥か未来で、星々を滅ぼしたモンスター!?

ジェネシス・オメガ・ドラゴン
 正体はアダムにも解らない、彼は、肉体を捨てる事になった事件で“転移”した
 何らかの、文明的な転移門で「滅びる宇宙」を目撃し
 滅ぼしたGODに鍵をかけた

 遊矢と赤馬の因子とは、GODが力を解放する為の、いわば鍵となるパワー

 今のGODは、かつて、星々を滅ぼしたようなパワーは持たない
 なのに素良のような現象が起こせる

 こんな未知数で、強大な力は、なんとか封印しておかないとって話なのね

第33話、“ラスボス”との対峙! EVEが謳う、GODに与するメリットとは

00004
 いきなりオッドアイズ・ファントム・ドラゴン召喚!

第33話「EVEの実力!」
 GODは、今は制限されたパワーしか持ちませんが、それでも“時間”を提供可能
 たとえば、蓮に「事故が起こらずレースに勝利した未来」を提供
 彼は死ぬまで幸せでした

 本来、事故って終わるのと別の、彼の為の世界作られた

 個々人が、“自分にとって都合の良い世界”をGODに提供して貰え
 死ぬまで満喫できる!

 対し遊矢、オッドアイズモンスターの破壊、ダメージを無効化するエンタメイトを配置

 ミス・ディレクター、遊矢さんのモンスター可愛いのが多いわ!

対するEVA、“召喚”に特化したモンスター達で、あっという間に…

00005
00006
 アダムとイヴのように、聖書の三賢者に因む。実にエヴァー。

EVE召喚
 神科学 ヘル・ゲート 星10
 神科学 ヘヴン・ゲート 星1
 以上、“ミステック”の2体でペンデュラム召喚

 神科学因子 メルキオール
 神科学因子 バルタザール
 神科学因子 カスパール

 以上、各☆10の“ミステック・ファクターズ”の効果で、続々召喚!

シンクロ召喚で「時械神祖ヴルガータ」! 更にエクシーズ召喚を駆使し…

00007
00008
 エクシーズ召喚、No.XX インフィニティ・ダークホープ召喚!

伝説召喚!
 幻魔…、GXに登場した「三幻魔」は、三幻神と対を為す、大物ボスモンスター。
 時械神…、遊戯王5D'sに登場した、同じくボスモンスター群
 ナンバーズ…、遊戯王ZEXALの鍵を握るモンスター群

 幻魔帝トリロジーグ…、DM史上、伝説級の力を持つとされる
 時械神祖ヴルガータ…、全能の神にも「神祖」と呼ばれる存在がいた
 No.XX インフィニティ・ダークホープ…、Noの中でも、伝説として語り継がれたXX

 以上の通り、3作の重要モンスターの上位種的に解説

こんな凄いデッキとは、二度と戦えない気がする! ワクワクする遊矢さん!!

00009
 いきなりの猛攻で遊矢がダウン、唯一、健在だったユートにバトンタッチ!

伝説のデッキ!
 時械神祖…、攻防0だが無敵、戦うと、全敵モンスターを一時的に除外etc
 No.XX Dホープ…、攻防4000、毎ターン、指定モンスターの攻撃力分ライフ回復etc
 幻魔帝…、攻防4000etc

 召喚時大幅にライフが減ったEVEですが、敵、自分ターン、2000ずつ回復!

 見る間にEVEのライフが増殖
 遊矢は、場のモンスターを“一時的に全て除外”され、あっと言う間に丸裸!

 何より“旧作ボス級”揃い、ってのが熱いね!

第34話、“三人の人格”の正体! EVEは全て見抜いているも…

00010
00011
 前巻の“記憶”で、柚子も、3人の正体に気付いた。

第34話「伝説に挑め!」
 手札ゼロのユート、しかし、即座にエース“ダーク・アンセリオン・ドラゴン”召喚!
 エクシーズと、ペンデュラムのハイブリッドという竜へ
 装備品エクシーズウィングを装備

 この翼は、ORUを使用する効果を、再使用させるエクシーズ装備!

 ユートのDADは、相手モンスター一体の攻撃力半分を奪いライフ回復する為
 攻撃力2000を2回奪い、攻撃力7000へ増加

 しかしホープ、(略)モンスターが破壊された場合、そのモンスター一体を特殊召喚!

 倒しても即復活なのね!?

復活したユーゴ、ユーリ! しかし遊矢は、「あの場所」へ

00012
00013
 遊矢は気付いた、3人が、元々独立した人間、「自分の兄弟」だったと。

遊矢の真相!
 なんて濃い兄弟…、人格は分裂したんじゃなく、一つの体に統合された結果
 遊矢の中で、アダムの因子が更に強まってしまったのか
 彼の“ユーゴが壊した記憶”を復元

 彼らは死者、彼らも“GODがくれる世界”を、喉から手が出るほど欲しい!

 欲しいけどしてはいけない。
 その点で、遊矢陣営は、EVE陣営との対比となっているのか

 デュエル自体は、戦闘破壊されたモンスターを特殊召喚する、ホープでEVE優勢

 ダークホープ! 強面だけど、回復や蘇生能力なのね

第35話。遊矢、ユート・ユーリ・ユーゴは、“天才・榊 遊勝”の実子だった

00014
00015
00016
 赤馬零児の父がGODを暴走、“世界の最後の日”は、遊矢の誕生日!?

第35話「四兄弟の絆!」
 この三兄弟、遊矢くん大好き過ぎない!? ユーリは花束、ユートは弁当
 ユーゴは、ライディング・デュエル大会に参加中で
 優勝カップを贈るつもりだった

 特にユーリは女子力、ユーゴは料理、こっちが上だ! ってめっちゃ笑った!

 しかし第3巻の通り、零児の父・零王は、遊勝への対抗意識から暴走
 EVEが、GODに依存する様に近いのでしょうか

 なんせ3巻の通り、遊矢達の父は、自分の功績をポンとくれてやった人

 カッコ良過ぎるし、世間は「遊勝の功績」としか思わないし!

科学者であった遊矢の父は、“滅びを回避するマジック”に打って出た

00017
 ワールド・イリュージョン、世界を滅ぼす膨大な力を、“時間の巻き戻し”に転用する!

一世一代!
 本作での、“触れる立体映像”という技術は、仮想次元からパワーを転用するもの
 際し別次元と接続、膨大な力を秘めた“GOD”のカードが現れた
 次元でなく、ここからパワーを引き出せれば
 何でも実現できる

 結果、GODは暴走、父は、研究室に来てくれと遊矢達“全員”を呼んだ

 GODは“自分の力を解放する手段”を欲しがり
 社長の父・零王や、EVEに呼びかけている、封印状態にあるって事なんでしょうか

 とまれ移動中に遊矢が気絶、保護カプセルは一つを残し全滅

 これ幸いと、遊矢だけをカプセルに叩きこんだのね…

ユート『みんな食え。遊矢に渡し損ねた』

00018

 ユーゴ「…美しいんだな 世界の終わりって…

 ユーリ「ならばもっと美しくしましょう 僕も渡し損ねてしまいました

 ユート「誕生日おめでとう!
 ユーリ「必ず生き残るのですよ!
 ユーゴ「遊矢!!


00019
00020
00021
 世界自体が時の流れを逆流、保護カプセルの遊矢だけが、次元の狭間へ放り出された

四重人格の正体
 衝撃で混乱した記憶は復活、「遊斗、遊里、遊吾」の事を思い出す遊矢
 誰か一人が生き残れる、3人は瀬戸際で遊矢を選択して
 とっくに死を受け入れてた

 だから敢えて、分裂した人格、“いなかった人間”のフリをしたと

 こっちに飛んだ後も、自分達が薄れ始めたと自覚し
 学んだ技術を遊矢に託そうとした

 彼らは、死を受け入れ、もう一度“死後の人生”を始めたんですね

 心身共に兄弟・遊矢を守って、やがて消える覚悟の日々、切ない…。

第36話。例のカードをドローしたEVE、決着へ総力戦!

00022
00023
 GODをドローしたEVE、“使わない”為、一気呵成に攻勢へ!

第36話「絆の力!」
 場の敵モンスター、全てを一時除外する時械神祖で、遊矢のフィールドを制圧
 続いて、攻撃力4000での連続攻撃
 かつての「神」同等!

 しかし遊矢、ライフ2500から耐えに耐え、EVEの総力戦から生還

 攻撃中心、EVEにとっては全身全霊のシンプルな攻撃!
 迫ったトリロジーグ!

 これが通れば私の勝ちです、作画もカッケェ!

対し遊矢“陣営”も、ここで一気に決着に動く!

00025
00024
00026
 最終戦でも、毒をもって毒を征す、このモンスター、混ぜたら危険!

四兄弟一体!
 遊矢、ユーゴ、ユート3人のエース揃い踏み、からのスターヴ・ヴェネミー!
 最終戦は、それぞれが個々のエースを扱うスタンスで
 もう賑やかのなんのって!

 対しEVE、ホープの蘇生、トリロジーグの攻撃、両特殊能力で迎撃!

 こうしてみると、3伝説モンスターって攻防除外とワンセットで
 特にホープさんが忙しい!

 さすがZEXAL主人公、遊馬のエース、“希望皇”系譜だけあるわね!

皆が揃えてくれた力! スターヴ・ヴェネミーで“時械神祖”能力を強奪…!!

00027
00028
 ユーリのスターヴは、“能力を奪う”効果で、時械神祖の除外能力を発動

勝利への一撃!
 EVEに切り札を匂わせつつ、「これが通れば遊矢の勝ち」で続く、完璧なラスト!
 三兄弟が、あくまでサポートに回って遊矢に繋げるのも
 遊矢大好き三兄弟らしい

 ユーリが、ヴェネミー融合に使った、ペネトレーション・フュージョン単発じゃない

 この効果で融合したモンスターは、リリース(墓地に送る事)が可能
 ペンデュラムモンスターの攻撃力500アップ!

 遊矢、オッドアイス・ファントム・ドラゴンは、攻撃力3000となり決定打へ

 ファントムD、夢幻のスパイラルフレイム!

第37話。散ったアイザックは言った、「必ず その手に愛を!」

00029
 あなたの気持ちはわかっていた 私もまた 愛で動いている!!(EVE)

第37話「全ての元凶!」
 我々は愛で動いている、4巻、アイザックの代名詞を踏襲したEVE
 アイザックが、自分への想いを抑えていると知っていた
 抑え、自分を幸せにしようとしてる

 理解してるからこそ、彼の願う通り、アダムを追う! それがEVEの愛なのか!

 無論、素直に、アイザックの想いを受け入れても良かったんでしょうが
 アイザック自身が納得しないでしょうし…。

 とまれ彼女らの“痣”は、次元転移でGODに蝕まれた

 GOD自体を使ったらどうなるは自明の理、それでも“他に手段がない”!

G・O・D、ジェネシス・オメガ・ドラゴン降臨!

00030
00031
00032
00033
 アダムが見た“人工的なゲート”に、縛り付けられた状態らしい

GODの目的!
 EVEを乗っ取ったGOD、目的は星々を滅亡させるべく、人々の願望を実現する
 個々人を、それぞれ望む世界に閉じ込めれば、他人と争う必要もなく
 願いを叶える為の努力もしなくなる
 堕落による滅亡

 実は蓮も素良も、“本来の歴史”では、挫折後に立ち直っていた

 人が、自分で考えた、「こうなれば良かったのに」を叶えてしまう事は
 まだ見ぬ可能性を閉ざしてしまう

 自分で考えもつかない、新しい可能性に出会う事が出来なくなっちゃうのね

 今回、EVEが“GODに頼るしかない”と、発想を狭めたのと同じ事かも。

もしEVEが自分を信じ、別のカードを入れてたら違った展開だったかも…

00034

■G・O・D 現性能
 GENESIS・OMEGA・DRAGON(ジェネシス・オメガ・ドラゴン)
 ☆10 ATK:0 DEF:0

 このカードが攻撃・効果の対象となった時、手札・デッキ・EXデッキからPカード1枚をPゾーンに置く。
 そして攻撃・効果を無効にしターンを終了させる。

 お互いのターンが始まる時、このカードの攻撃力を1000アップする。

 1ターンに1度、自分のPゾーンのカードの数までモンスターを破壊できる。

※カードが白紙の為、性能は未知数。


00035
 人の弱みにつけこみ、誘惑する。アダムとイヴを誘惑した蛇ってワケね!

G・O・D(第1形態)
 遊矢のターン! 攻撃を受けた瞬間、GODha“ターンを終了させる”能力で強制終了
 際し、Pゾーンが1枚増えたと思ったら
 枚数分の敵を破壊!

 結果、遊矢のフィールドは空にされ、危うく即死するとこだった!

 そもそも、“対象になったらターンが終わる”特性を持つ事から
 ユーゴ、G・O・D破壊は無理だと大慌てに!

 こちらも赤馬社長がいますが、そも、現在のGODは力が未覚醒なまま

 遊矢のターンエンドで、一時除外された、“伝説のモンスター”も戻ってきたはずで…?

収録

00036
 次巻で決着? そういや2巻、柚子を遊里たちは知っていましたが…?

 ジャンプコミックス「遊戯王ARC-V 6巻」。
 原案・監修:高橋和希/スタジオ・ダイス。脚本:吉田伸、漫画:三好直人、デュエル構成:彦久保雅博。
 月刊Vジャンプ連載、集英社発行。2018年10月(前巻2018年4月)

収録
 第32話「アダムの見たもの!」
 第33話「EVEの実力!」
 第34話「伝説に挑め!」
 第35話「四兄弟の絆!」
 第36話「絆の力!」
 第37話「全ての元凶!」
 追記:G・O・Dカード性能(第一段階)
 これまでの感想
 トップに戻る
 特典カードは、EVEの“時械神祖ヴルガータ”

漫画版 遊戯王 シリーズ 感想

 遊戯王ZEXAL 8巻
 遊戯王ZEXAL 9巻【最終回】
 遊戯王5D's 8巻(佐藤雅史)
 遊戯王5D's 9巻【最終回】
 遊☆戯☆王 ARC-V最強デュエリスト遊矢!! 1巻“これがオレのデュエル!エンタメデュエルだ!!”
 遊戯王ARC-V 1巻“ペンデュラム召喚!”
 遊戯王ARC-V 2巻“ライディングデュエル!”
 遊戯王ARC-V 3巻“「零」だ!”
 遊戯王ARC-V 4巻“我々は… 愛で動いている” ユーゴの消失…?
 遊戯王ARC-V 5巻“GOD本当の力” 混ぜると危険!混ぜすぎカオス!!
 遊戯王ARC-V 6巻“三人の正体”G・O・D降臨!