2018年 5月~6月 予約中ガンプラはこちら、2018年 3月発売ガンプラ一覧はこちら。
アフターウォー、最強と謳われた機動兵器。ガロード用“3号機仕様”が登場!!

20180330_mg_gundamx3_02
20180330_mg_gundamx3_03
20180330_mg_gundamx3_04
20180330_mg_gundamx3_05

■MG 1/100 ガンダムX3号機
 販売価格:4,320円(税込)
 獲得ポイント:43P
 予約受付開始:2018年3月30日 13時
 お届け日:2018年7月発送予定

■商品詳細
 蘇ったガンダムX―マスターグレードで起動!

『機動新世紀ガンダム X』より、Blu-ray メモリアルボックスの特典となる、
 新規描き下ろしコミック「あなたと、一緒なら」に登場した、ガンダムX3号機をマスターグレードで商品化!

 かつてのガロードの愛機に、新パーツを交えて再生されたMS
 GX-9900 ガンダムX3号機

 前大戦時に大破した、かつてガロードの搭乗していたガンダムXを改修した機体。
 各地の旧連邦軍研究所に残っていたパーツを集め、足りない箇所は新たな部品を加えて完成させた。

● 3号機の機体カラーを成型色で再現!
   肩部装甲にもライトブルーを配した、3号機用のカラーリングを成形色で再現。
   肩アーマー部分は配色の変更に合わせて、ランナーを追加。

● 新規デザイン 水転写式デカール付属!
   新規描き下ろしコミック『あなたと、一緒なら』を執筆した、
   ときた洸一先生による、新規デザインのマーキング等を収録した、水転写式デカールが付属。

付属武装:シールドバスターライフル / ビームサーベル / サテライトキャノン / ショルダーバルカンユニット


1000124674_1
1000124674_2
1000124674_3
1000124674_4
1000124674_5
1000124674_6
1000124674_7
1000124674_8
1000124674_9
1000124674_10
 プレミアムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000124674/

機動新世紀ガンダムⅩ
 3月23日に発売開始したBlu-rayボックス同梱、描きおろし後日談漫画に登場
 作中、ガンダムDXも最後は失ってしまったガロードへ贈られた
 ガンダムXディバイダーの再改造機

 ガンプラ的には、成型色変更、新規水転写デカール追加のみ

 設定上、Ⅹは3機建造。
 劇中は“1号機”で、ベルティゴ戦で大破し、やがて「ガンダムXディバイダー」に改造

 それを再改造したのが、この3号機という事だそうな。

ガンダムXは3機建造された。「3機目」は行方不明という事になる

20180330_mg_gundamx3_03 -
 この解説の通り、大戦当時に作られた「3号機」とは別物の設定

型式番号GX-9900 NT-00X
 作中でガロードが乗ったのが、実戦投入を見送られた1号機、NT-001でした。
 戦時中に若きジャミルが搭乗、世界荒廃のきっかけを作ったのが
 NT-002こと2号機。

 同NT-002は、ガンダムダブルエックスにデータを移植、島と共に消滅しています

 これは戦時中、NTだったジャミルが“D.O.O.M”へ登録を行った事で
 サテライトシステムが使えたからです。

 本来の“NT-003”、3号機は行方不明のままとし、「黒いガンダムⅩ」に繋げた模様。

サテライトキャノンを使わない”事を、強調する復元機

1000124674_9
 サンプルではサテライト砲ポーズがありません、「使わない」のでしょうね

ガンダムX 3号機
 本機は、出力運用効率が3割もアップし、性能的には別物と言って良い改良です
 単なる復元じゃないので、敢えて「3号機」と名付けたのでしょう
 また、足りない部品は新造したとの事

 フロスト兄弟のヴァサーゴ、アシュタロン等、戦後もガンダムは開発されています

 兄弟機の部品やノウハウは現存
 新たなパーツというのも、頷ける話ではないでしょうか

 他外伝漫画では、別の発電システムを流用し、サテライト砲が「使える」設定もあるそうな

同じガンダムなのに「3号機」というのも、初代ガンダムのオマージュか

1000095672_1
1000095672_2
 大戦時が2号機なのも、アムロ機が2号機だったオマージュだと思われます

G-3ガンダム
 初代ガンダム主人公・アムロの機体も、終盤でマグネット・コーティング改造をされます
 これは「ガンダム3号機」、上のG-3ガンダム最大の特徴
 同じ事なんですね

 機体上は2号機なのに、3号機仕様に改造された初代ガンダム

 これを踏襲した、ファンサービスなのだと思われます
 ちなみにG-3も反応炉が改良。

 小説版ではアムロ「後継機」、異説によれば“影忍”と呼ばれる機体になった話も(真顔)

当面の一般販売ガンプラ新商品一覧、プレバン除く

2018年3月新作
 10日 MG 1/100 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Ver.Ka、5,400円
 10日 HGBD 1/144 ガンダムAGEⅡマグナム、1,944円
 10日 HGBF 1/144 ミセスローエングリン子、2,700円
 17日 MG 1/100 ディープストライカー、21,600円
 17日 HGUC 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“、1,728円
 17日 LEDユニット(イエロー)、756円

2018年4月新作
 7日 HG-ORIGIN 1/144 ガンダムFSD、2,376円
 7日 HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー、1080円(番組スタート限定販売)
 7日 HGBC ダイバーギア、756円
 RG 1/144 トールギス EW、2,700円
 HGUC 1/144 陸戦型ガンダム、1,836円
 HGBD 1/144 グリモアレッドベレー、1,944円
 HGBD 1/144 ジムⅢビームマスター、1,944円
 HGBC 1/144 チェンジリングライフル、648円
 HGBC 1/144 ティトローターパック、864円
 HGPG プチッガイ ダイバーズブルー&プラカード、540円
 ハロプラ ハロ、540円(緑・オレンジ・赤の3種発売)

2018年5月新作
 MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0、4,320円
 HGAC 1/144 リーオー、1,080円
 HGBD 1/144 モモカプル、1,944円
 HGBD 1/144 オーガ刃・X、2,160円
 HDBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード、2,376円
 HGBC 1/144 ダイバーエースユニット、756円
 HGPG プチッガイ きゃらっがい モモ、972円
 ハロプラ ハロ ピンクバリエーション(仮)、648円

2018年6月新作
 RE/100 1/100 ビギナ・ギナ、3,456円
 HGUC 1/144 ガルバルディβ、1,620円
HGBD 1/144 煌・ギラーガ、1,944円
 HGBD 1/144 リーオーNPD、1,296円
 HGBC 1/144 プトレマイオスアームズ、972円
 HGBC 1/144 スピニングブラスター、648円
 ハロプラ ハロ コントロールブルー、540円
 SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム、864円
 SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セット、1,512円
 SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1、864円
 SDガンダム クロスシルエット ナイチンゲール、1,512円
 SDガンダム クロスシルエット クロスシルエットフレーム[ホワイト]、648円
 Figure-riseLABO ホシノ・フミナ、5,940円
 
2018年7月新作
 HGUC 1/144 バイアラン、2,808円
 ハロプラ ハロ ハッピーイエロー、540円
 SDガンダム クロスシルエット ザクⅡ、864円
 SDガンダム クロスシルエット クロスシルエットフレーム[グレー]、648円

2018年8月新作
 SDガンダム クロスシルエット ゼータガンダム、1,080円

企画進行中
 MG 1/100 ジェガン

参考出品
 HG ガンダムピクシー
 SDガンダム クロスシルエット イフリート