漫画 UC.0090 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 17巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり あらすじ これまでの感想 前巻はこちら
地図艦サングレ・アスル争奪戦、決着! 再会の二人、ゴップ議長も自ら動き出す!!

00060
00059
00006
00020
00058
ヤザンとジョニー専用ゲルググ相手に、サイコ・フレーム使っていなかったですって…!?
 試験機ゆえ、起動するとリミッターが全解除! フレームが耐えられず自壊しながら
 僅か30秒程度で、ヤザン達を蹴散らし脱出するシャア
 ヤザン機が片腕だったとはいえ?!

 前巻でも“本当に、百式の男と同一人物か?”と驚かれたシャア、恐るべし!?

レッドとリミア、再会へ
 エゥーゴ時代のシャアは、ストレスで実力を出せてなかった、という演出なのでしょうか
 しかも総帥、まだまだ“ザビ家の復讐装置”争奪戦に絡んでくる為
 さて、どうやって対抗するかドキドキですね
 ジョニ子、いいMSをおねだり!

 私心で行動するシャアを、部下は解って支えてた。という描写もグッときます

ジョニー・ライデンの帰還 17巻 感想

 第86話「RED AND BEAST」
 第87話「TIME TO GO」
 第88話「WANDERINGS」
 第89話「PILOTAGE」
 第90話「AS BEFORE」

トピック他
 大破してしまった「シャア専用ディジェ」
 巻末4コマ
 これまでの感想

トワイライトアクシズ主人公アルレット、サザビー開発へ動き出す事に

00037
 本作基準のサザビー、νガンダムって、どんだけバケモノなんだよ事件(迫真)。

あらすじ
 UC.0090、ミナレットへの地図となる艦、サングレ・アスルは元キマイラ隊に渡った
 シャアは撤退し、正体を知らず狙っていたコンペイトウ司令部も作戦中断
 ゴップはこれを機に宇宙、ルナツー基地に向かう

 FSSのアーガマ級ニカーヤは、キマイラ隊本拠“茨の園”入港

 ミナレットとは、ザビ家の復讐装置とされる「環境破壊兵器“アスタロス”」と
 プラント、膨大なデータを集積した艦

 これを巡る争いは、新たな段階へと移る。

第86話。“赤い彗星”を討て! レッドとヤザン、屈指の撃墜王が共闘!!

00007
00008
00010
00011
 左手でレッド=ジョニーをあしらいつつ、右手のライフルでヤザンを牽制!

第86話「RED AND BEAST」
 人間離れにも程がある!? ファンの間でも、その技量へ評価が多々あるシャア
 本作では、ガンダム史屈指の撃墜王の名に相応しい
 桁外れの技量で演出!

 ライフルで撃ち合い、白兵戦を仕掛け、まるで突破できる気がしない!

 あくまでレッドは、“ジョニー・ライデン”ではありませんが
 それにしてもコイツは…

 しかも後々、まだ全く本気じゃなかったと解るんだから! もー!

 これを「楽しい」と評するヤザンかっけえ!

キマイラ隊の狙撃手”、現役ネオジオンをして、信じられないと思わせる凄腕!?

00012
00013
00014
00015
00016
 ニュータイプ、トワイライトアクシズ主人公・アルレットの勘で辛くも直撃を避けるムサカ

“人間”の狙撃
 戦闘艦クラスに搭載された、大規模な索敵システム。その射程外から狙撃!
 当然、モノが大きいほど範囲は大きいですし
 ムサカは最新鋭巡洋艦

 そのレンジ外から、一方的に狙撃、かつ周到に位置を変えるジャコビアス

 腕がいい上に油断しない、最近は相手が悪い事態が多かったですが
 やっぱり、この人も人間じゃなかった…

 ただ最新鋭艦なので、データがなく、正確な再現CGが作れず狙撃に苦慮する様子も

 宇宙世紀ガンダムにおける、「モニタ上の姿」はCGだものね! 

“シャアとの戦い”、猛烈な違和感に襲われたレッド。対するシャアの言葉は

00017
00018
00020
 出たッ! シャア名物「ならば同志となれ!」

同じ突撃機動軍として
 キマイラ隊とは、“対シャア・アズナブル部隊”である、本作の肝がフラッシュバック
 大戦期、ジオン大幹部キシリアが、シャアにNT部隊を預けると共に
 彼らの反乱に備え仕立てておいた切り札

 シャアも事情を知っており、戦闘機動から、ジョニー当人と確信したらしい

 私を倒す為の存在なら、私の傍にいるべきだ…
 とは、さすが殺し文句ですね

 またシャアは、ガルマの件で左遷され、“大佐”として復帰した後は突撃機動軍でした

 所属は、同じ軍だったろ? と呼びかけるのがちょっと面白い。
 
余談。大戦期のジオン軍は、幾つかの大きな「軍」に分かれていた

00019
 ざっくり、ギレンの本国軍、ドズルの宇宙攻撃軍、キシリアの突撃機動軍。そして地球軍

突撃機動軍
 シャアはアニメ開始当初は、ドズル・ザビ麾下、ソロモン要塞の宇宙攻撃軍でしたが
 傍目に、ガルマ・ザビを「護れなかった」という事になって左遷。
 坊やだからさ、とか言って酒を飲む事に

 しかしキシリアは、公国建国の父、ジオンの遺児キャスバルと突き止め懐柔

 シャアが復讐を考えていたこと
 また公国内で、「ザビ家がジオンを暗殺し簒奪した」と考える派閥への牽制として。

 最後はゴタゴタで、キシリア自身もシャアに暗殺されますが…

 不発だったとはいえ、流石はキシリア、万全に備えていたというお話。

突撃機動軍・キマイラ隊時代のフラッシュバック、レッドは我を忘れて…

00021
 鍵を握るという「エイシア」の幻を見るレッド、既に故人とされるが…?

エイシア・フェロー
 子供だったユーマの言い分では、ジョニーの恋人だったという
 隊長のジョニー、隊の編成を担当するヒュー大佐と並び
 隊内では3トップだったという

 大戦期の記憶、幻に錯乱したレッドは、ヤザンの陽動で我に返りますが…?

 ヤザン、せっかく大きな爆発物を見つけてきたのに!
 上手く活かせたとは言い難い結果

 しかしすげえ爆発する燃料タンクでしたが、艦船用か何かだったのか

 大戦期の残骸か、FAユニコーンガンダムが背負ってる奴みたいなデカさだった!

第87話。ハッタリ! “元キマイラ・ジーメンス隊”の決断

00022
00023
00024
 大戦期の砲台スキウレ。GP-02 MLRS仕様では、ビーム・バズーカに流用されている

第87話「TIME TO GO」
 母艦キマイラを擁し、“キマイラ隊残党”としての、本隊を率いているジーメンス。
 彼らは、リミア乗る地図艦サングレ・アスルを発見し
 連邦艦隊から守る事を決定

 彼らの介入で、コンペイトウ(ソロモン)艦隊を撤退に追い込む事に

 戦力を大きく見せる為、3射しか出来ないスキウレ砲で牽制するあたり
 台所事情が厳しすぎて辛い

 これで使い切ったみたいですから、スキウレはお役御免でしょうか

 大戦期、ザクを砲台に再利用する為の兵器でしたが、本作だと超強力扱いなのね

連邦軍コンペイトウ司令部、一炊の夢に満足する

00025
 良い夢を見させてもらった。司令の言葉に、にっこりする副官がまた渋い

コンペイトウ司令部
 0083、観艦式事件以降すっかり閑職となり、久々の“手柄”に沸き立った老兵達
 自分達の地位でなく、部下を考慮して中断する辺り
 最後まで良い男振りでした

 赤い彗星、シャアの乱入で、艦隊戦力を消耗しすぎていたのも要因

 もし戦力が健在だったら、強気で攻め込んでいたと匂わせる辺り
 シャアの影響を強く感じますね

 久々の戦場、夢、痛いところを突く良い敵でした

シャア曰く“最後のテスト”は、驚きの一言だった

00026
00027
00028
00029
 この時、初めてサイコ・フレームを立ち上げたのだと。

サイコ・フレーム
 前巻でのヤザンの台詞からも、エゥーゴ時代より、遥かに強力に描かれたシャアですが
 初めて、ニュータイプ対応機としてのスペックを解放
 ジョニーとヤザンを瞬殺!

 ヤザン曰く、動き、反応はマシンと一体化したそれだったと

 このスペックを、安定し、またそれ以上に使えるのがサザビーのハズ
 対抗したνガンダム共々どんだけ…。

 システム動作時には、強制でリミッター解除され、フレーム強度を無視して稼働!

 エエ!? ジョニ子やユーマも圧倒してたのに、まだサイコフレーム使ってなかったの!?

第88話。FSSの艦ニカーヤと、ゴップ直属艦ブランリヴァルは、それぞれ後退

00030
00031
00032
00033
 扉絵、破損箇所がリストアップされているが、もう新品乗っちまえよレベル

第88話「WANDERINGS」
 地図艦サングレ・アスルはキマイラ隊が回収、FSS艦ニカーヤは追って“茨の園”へ
 FSS会長、フーバーのオッサンがコンペイトウ司令部に出向き
 とりあえず事態は収拾

 他方ギレン暗殺計画”から続投、フィーリウス、ガルバルディβ改は間に合わず

 ヤザンが、戦士としてリベンジを図ってる姿を見て
 感銘を受けるのが面白いですね

 彼は“暗殺計画”で、戦士と呼ぶべきパイロットと戦い、志を受け継ぎましたから

 元カラバ(地球での反ティターンズ)、修羅場は潜ってきた模様

ゴップが発した一言。時代が動いている、って感じがするね!

00034
00035
 ゴップ宇宙へ。なんか戦死しそうな雰囲気ありますね、レビルの名を呼びながら。

もう一度宇宙へ
 ゴップ曰く、「将来の話をする軍人は信頼できる」とは至言、そして実に彼らしい。
 無論、たとえば08のシロー達みたいに、全力で生きてるタイプとは逆で
 実に現実感の強いタイプと改めて感じます

 あけすけに根回しに感謝したり、ココノエ艦長一筋縄じゃない

 とまれ、彼らはルナツー要塞に向かってゴップと合流
 戦力も補充する事に

 秘蔵のヘビーガンダムでさえ歯が立たなかったジョニ子、どうすんでしょうね

他方、シャア総帥も怒られていた。存分に怒られるがいいさ!!

00036
00037
00038
00039
 サザビー建造へ! アナハイムに行く事になったアルレット、ひとまず出番終了?

二手に分かれて
 ディジェは完全にブッ壊れてしまうも、おかげで、サイコフレームのデータは取れた
 この後、一旦ギラ・ドーガに使われて云々となってきますが
 アルレットはおそらく、“失敗”に終わると見越し
 サザビーを見据えてる模様

 シャアは彼女に、アムロの新型のデータを取ってきて欲しいと頼み月へ

 彼女は一時期、シャアにくっついてエゥーゴ入りしていたので
 アナハイムにも顔が利くそうな

 シャアはディジェ自壊に際し、ダントンに助けてもらうつもりだったとも口にします

 こう、あっけからかんと他人を頼れる姿は魅力的ですね

第89話。オクスナー次期首相は、ソロモン司令部を責めない。何故なら…

00040
00041
 最後に「キミは宇宙に来ないのか?」と、チクッと言うゴップ。さすが。

第89話「PILOTAGE」
 唯一、ゴップの宇宙行きを驚かなかったオクスナー、彼はソロモンを責めません
 何故なら宇宙、居住空間が少ない、壁一つ隔てて真空という世界は
 生きる、あらゆる事に懸命になるものだからと。

 これは彼が、スペースコロニー全廃、人類を地球に戻す主張とも関わるのね

 彼にとって、スペースノイドは、死と隣り合わせの過酷な生き方を強いられた者達
 オクスナーが彼らを救いたい想いを感じます

 また、人は懸命に生きる事で発展し、進化するはずです。

 オクスナーは、人類を安全な揺り篭に戻し、発展を緩やかにしたい人なのね

大戦期を生きた連邦・ジオン兵にとって、一緒に行くのはチリチリする事

00042
 ガッガリ。となってるのは、誤植でしょうか。珍しい。

“やってしまった”事
 FSSのアーガマ級ニカーヤ艦長、ディドコットの台詞がいい大人しています
 大戦期の大人は、続く若者に、より良い未来を残せるよう戦った
 その思いは、連邦だってジオンだって変わらない
 大人は、「未来を作ろう」とした
 そして出来たの「今」

 自分達“大人”が、今という時代を作ったなら、受け入れなけりゃ仕方ない

 結果として、かつて戦ったキマイラと同行する「個人的には嫌」な事も
 そう、時代を動かしたのは自分達だから。

 だから、“仕方ない”と思うしかないのだと。

“キマイラ隊”にエスコートされ、彼らの本拠地へ向かうアーガマ級ニカーヤ

00043
00044
00045
 一糸乱れぬドヤ顔トリプル編隊飛行する元キマイラ、美しい光景なのでしょうね

語り草
 FSS勢は、“地図艦サングレ・アスル”を保護した、元キマイラ隊ジーメンス達の本拠地へ
 連邦軍としては、キマイラがいるのは落ち着かないと艦長は言いますが
 やはり、彼らの編隊飛行は華麗の一言!
 エースが集結した隊ですものね

 特に、元パイロットなので、FSS会長フーバーは大はしゃぎ!

 完璧なエスコートをしてのけるキマイラ隊
 元同僚だけに半笑いなユーマ

 キマイラにエスコートされるなんて、語り草にしてもいい、とはごもっとも!

 立場上、実際にはそうもいかないのが辛い所よね

シャアとの決戦時、撤退を強いられたジョニ子。最終戦の録画を見る

00046
00047
 サイコ・フレーム始動、レッド、ヤザン両機半壊まで約40秒の出来事…!?

恐怖
 シャアに歯が立たなかったジョニ子、“更なる本気”があったと知る事に。
 感想、「怖い」と素直に言う彼女を、ヤザンは評価します
 怖いと思うなら長生きする

 だが恐れは糧にしろ、つまり怖いと思ったなら強くなれと激励

 ヤザン自身、怖いと思った。
 けれど彼の場合、そもそも「恐怖しかない世界で育った」そうな

 久々に怖いと思った事は、ダチと再会したようなもんだ。「楽しい」と。

 作戦大失敗で大損害、それでも立ち上がる。

 この図太さが、プロって感じよね!

第90話。シャアは、“3年後”を思わせる発言をしていた

00048
00050
00049
 扉絵、キマイラ隊「茨の園」にホビー・ハイザックが。ネオジオンと合流する

第90話「AS BEFORE」
 ネオジオンは、ミナレット奪取を諦めておらず、シャアは自ら再出撃を示唆
 組織を実際に運営するホルストは、政治家をやって欲しいものの
 シャアは、戦力不足という「口実」を主張します

 何よりシャアはパイロットを辞めたくない。アムロへのこだわりとホルストも解ってる

 逆シャアで、“ネオジオン総帥”として地球寒冷化作戦を遂行しつつも
 内心、アムロとの決着を望んでたシャア

 その思いは、彼を支える重臣達も解ってたんだよというお話

 シャアが“私心”を貫く事は、後の実利主義なフロンタルと真逆、人間的魅力なのよね。

デラーズ・フリート本拠地”だった地、茨の園に集った面々は

00051
00052
00053
 リミアを気にかける帽子兄さん、クリストバルは、彼女の父の部下だった

茨の園にて
 雑多な艦が並んだ港が面白い。「皆に迷惑をかけた」と小さくなったリミアの姿が
 久々の再会で、レッドらにこっぴどく責められると思った彼女と
 固唾を飲んで見守る一同

 無論レッドは、二度とするなと静かに言い、やがて「でも自分は許す」

 やった事は許さないけど、その事を気に病むな
 オレだけはお前を責めない

 誰が責めようと、オレは味方をする。だから病むなと。

レッド『良く帰ったなリミア おかえり』

00054
00055
 未だ、“未帰還”のジョニー・ライデンが言う「おかえり」。

おかえり 
 周りは、レッド=ジョニーが一番キレてると思ったのか、元キマイラ隊を中心にハラハラ。
 とまれ今回の事を、「論功行賞」と呼ぶエメさんがいい女でしたね
 良かった結果と、悪かった結果について
 優しく、厳しく言い分けたと

 さて若者達が落ち着いた後、オッサン達は壊れたゲルググに悩みますが…?

 ここで、颯爽とアナハイム出向社員フークバルトさんが登場ッ!
 やったね危ない試作品が貰えそう!

 現状、シャアにこれっぽっちも抵抗できなかったし、対抗できるモノがいるよなー!

 しかしリミアの表情、「レッドらしくない(ジョニー化)」って事なのかしら?

他方、ゴップ議長も宇宙、ルナツー基地へ

00056
 このわざとらしいメロン味黄色い声ッ!

パトロンは軽やかに
 パパァ! おニューの(モビル)スーツちょうだい! と飛びついたジョニ子
 一ミリも喜ばない辺り、さすがです議長!
 オマケ漫画だとアレだけど!

 ああ解ってる、こういう態度って事は、よっぽど状況悪いんだな?

 大戦期以来、彼に付けば補給には困らなかったという軍閥の鬼ッ!
 今度は何をくれるんでしょうね

 ヘビーガンダムとジェガン試作機、時代的に、最高クラスのMSで完敗したヤザン達

 どんな面白モビルスーツが飛び出すんでしょうか

鮮烈な活躍と共に、退場となってしまったシャア専用ディジェ

00036
 しれっと、「サイコ・フレーム」と素材名で呼ぶようになりました。

MSK-008 ディジェ
 ディジェは、アムロ機の後も一定数生産され、困窮したネオジオンにも譲渡された
 しかし、陸戦用が一機だけあっても、補修部品などで持て余してしまう為か
 厄介者扱いされ、サイコ・フレーム試験機となり
 シュツルム等のパーツで改造

 今回は、最後まで、サイコ・フレームを使っていなかった事が描写!

 MS操縦系サイコミュは、要は「パイロットに迅速に応えるシロモノ」ですから
 限界を探る為、機体リミッターは邪魔だったんでしょうか?
 或いは制御系が未成熟なのか

 ここまでの戦いでは、機能してないサイコミュという、デッドウェイトだったんでしょうか

サイコフレーム起動せず、シャアは何をテストしてたのだろう?

1000129742_6
 HGUC説明書によれば、ギラ・ドーガ改造で作られた試作機が、クェス機となった

MSN-03 ヤクト・ドーガ
 思うに主に、元々NT機じゃないMSに、サイコミュを積む試験だったんのかも。
 NTの脳波を、機械に伝達するサイコミュという機械は大きく
 搭載機は、それを前提に設計されていました
 キュベレイなどがそうです。

 しかし予算的な問題から、ネオ・ジオンは、量産機を総帥専用NT機改造

 結果、機体内に必要な機構を搭載しきれず
 スリムアップの為、サイコ・フレームが導入され「ヤクト・ドーガ」となっています。

 その前段階、サイコミュを後付し、MS性能が維持出来るのか試してたのかも。

 十分だと分かったので、最後にサイコフレームそのものも試した的な。

収録

00058
00057
 はっ! ズゴップ!! やだパパップさんかっこいい…。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還、17巻」。
 Ark Performance、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2018年10月(前巻2018年3月)。

ジョニー・ライデンの帰還 17巻 感想
 第86話「RED AND BEAST」
 第87話「TIME TO GO」
 第88話「WANDERINGS」
 第89話「PILOTAGE」
 第90話「AS BEFORE」

トピック他
 大破してしまった「シャア専用ディジェ」
 巻末4コマ
 これまでの感想
 トップに戻る

 カバー下は、ギャン・エーオース

機動戦士ガンダムMSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ 感想

 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 2巻
 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 3巻
 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 4巻
 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 5巻
 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 6巻
 MSV‐R 虹霓のシン・マツナガ 7巻
 機動戦士ガンダムMSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ 8巻“LATENESS”
 機動戦士ガンダムMSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ 9巻“あの虹を探して(完)”
 MG MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII(カスタムタイプ)
 RG 1/144 MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII

蒔島梓 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 感想

 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 1巻“シャアの期待”アムロを乗せなかったガンダム
 漫画 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 2巻“黒幕達の分水嶺” 制作対談も収録


 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 7巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 8巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 9巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 10巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 11巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 12巻
 MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 13巻“GREETING CARD”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 14巻“ディジェの帰還”
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 15巻“彗星vs幻獣” ガルバルディ出陣!
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 16巻“キマイラ 真なる目的”シャアvsヤザン
 機動戦士ガンダムMSV-R ジョニー・ライデンの帰還 17巻“サングレ・アスル争奪戦”決着