2018年3月発売 HGUC-209 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY(宇宙世紀) ランナー写真
後継主役機にして“予備”。一年戦争系ゲームでお馴染みのEXAM機!

191_2205_o_1c81t0ulkg9k18sogt3s0n15o43g
153_2205_o_1bvu0hljlt9p17mhjr31g4m3p523
本来は予備部品となるはずだった為、蒼塗装されず“陸ガン”色のままのEXAM機!
 一年戦争系ゲームでは、非NTを活用できて使い勝手が良く
 原典を知らずとも知名度は割と高いMS!
 
 また今回、ギレンの野望初出“高機動型ガンダム”二連ライフルも装備!

ブルーは漫画版も連載中
 正史上、同“高機動G”は存在しない為、新MSジム・ドミナンス用に再設定され装備。
 キット的には、HGUC 陸戦型ジム(2017年1月)流用で
 BD2号機の色違いとなっている。

 ポリキャップはPC-002、サーベルはSB-13 クリアピンクが2本付属。

NTの猛威を知り、恐れたNT研究者が生み出した妄執! EXAM搭載機

M8A9792
 これは電撃ホビーWEB公開の未塗装サンプル。色分けは十分!

RX-79BD-3 ブルーディスティニー3号機
 BDシリーズは、陸ジムをベースとする0号機での試験時、機体スペック不足が確認され
 急遽、システムを組み込んだジム頭部を残し、陸戦型ガンダムに移植
 ブルー1号機が誕生しました

 続く2号機は、最初から陸戦型ガンダムをベースに、より発展した機体に

 勝手に“敵”を殲滅する危険な兵器
 本質は、「ニュータイプ」が人類に牙を向いた時、倒すべく生み出された対抗兵器でした

 対NT戦機、ユニコーンガンダムの先祖とも呼べるかもしれません

EXAMシステム発動は、赤いホイルシールで再現

IMG_9863
IMG_9864
 発動時の強制冷却システム等もなく、ツインアイの色で発動を表現

ホイルシール
 また、欠かせない「3号機」マークなどの為、半透明テトロンシールも付属。
 地球連邦軍を現す、EFFマークなども付属するほか
 ホイルシールで「▼」を再現

 ガンダムF91系や、ガンダムピクシーなど、当時の大河原メカデザお約束ですね

 ツインアイは、モノ自体もクリアレッド&グリーンの2種用意されてます

ランナーA1、A2は、ブルーディスティニー1号機流用

IMG_9865
 タグはHGUC-207 ブルーディスティニーとなっている。

いろプラ
 元はジム顔だったので、V字アンテナなどが追加された。
 また、1号機のシールドは陸戦型ガンダム系だが
 本機はジム改に近い独自形状に

 2号機では、丸っこいジム・コマンド系を装備していました

ランナーB1、B2は、「ブルーディスティニー」

IMG_9867
IMG_9868
 ブルー1号機(漫画版)同様、肩スライドギミックも残ってるらしい。

いろプラ
 赤や白や軟質素材まで、多色成型されたBランナー。
 両腕両足の為、腰パーツ等を除外しつつ
 Bが2枚入っている

 何より、緑、赤のツインアイがそれぞれ付属

 実際にはシールで覆いますが、塗装派を意識した仕様に

ランナーC1、C2は「HGUC 陸戦型ジム」タグ

IMG_9869
 その名の通り、2017年1月キット、陸ジムから流用されている。

軟質プラスチック
 関節を流用し、外装を大きく変えたキットだったブルー1号機。
 シールドは、さすがにパーツが足りませんが
 マシンガンはそのまま付属

 手首は本ランナーでなく、別途Eに付属する、通常プラスチック版を使用します

ランナーD、ブルーディスティニー

IMG_9870
 頭部や前腕、それにシールドが付属。

ホワイト
 テスト機という位置づけの為か、3機それぞれ、シールドが違うのも面白い所
 もっとも、奪われた2号機はあまりシールドを使わない為
 差別化というと少しアレですが。

 なお通常版ビームライフルは、2号機にもちゃんと入っています。

 これまた、使ってるイメージはあまりありませんが。

ランナーE,ポリキャップ、サーベル

IMG_9871
IMG_9872
 サーベルは、HGオールガンダム以降のSB-13.

グレー
 2連&ビームライフルランナーで、胴体や手首パーツも入ってます。
 元キット、陸戦ジムはグレーが軟質しかなかった為か
 手首まで軟質パーツで成型

 それは不本意だったのか、通常プラスチック製の手首も付属

 手の甲+指の2パーツ構成で、左平手も付属。

3月17日 HGUC 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“、1,728円

189_2205_o_1bvu0if2i17fr1t9i4idshqqud36

■HGUC 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“
 価格1,728円(税込)
 発売日2018年03月17日
 対象年齢8才以上

■1号機2号機に引き続き「ブルーディスティニー3号機」がHG最新フォーマットで登場!
■「EXAMシステム発動状態」は選択式で再現。
■幅広い可動域により劇中イメージそのままのポージングを再現可能。さらに、豊富な武装を装備したまま様々なアクションポーズを実現可能。
■月刊ガンダムエースにて連載中の「機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルーディスティニー」でジム・ドミナンスが使用していた「二連ビーム・ライフル」が付属。
■3号機特有の陸戦型シールドも新規造形で再現。

【付属品】
■シールド×1
■ビーム・サーベルx2
■ビーム・ライフル×1
■二連ビーム・ライフル×1
■宇宙用バックパック×1
■100mmマシンガン×1

【商品内容】
■成形品×9
■マーキングシール×1
■ホイルシール×1
■取扱説明書×1



153_2205_o_1bvu0hljlt9p17mhjr31g4m3p523
155_2205_o_1bvu0hsmnq7dhu46l41kvq15h52d
156_2205_o_1bvu0i0921hncd3k14011a9m1a9j2i
157_2205_o_1bvu0i2r324tq6faov14qj1oi32n
158_2205_o_1bvu0i6ij1kn41gce1sl615d316r02s
159_2205_o_1bvu0ic2il831i2o1o611oh1ais31
153_2205_o_1c81sv06o1ljg1vj6f2m12uprs723
159_2205_o_1c81t0c0c1ueu6qj5ap14k6ic731
189_2205_o_1c81t0hgf18op42bg7p16dbg5436
158_2205_o_1c81t069m135g9v67pf1ebo1m2s
o_1c1a96sgae2115m61qnfglas3u7
o_1c7ss3djn148j1ae31ndsah417v7
 ブルーは1号機が初期(2代目)主役機、2号機がライバル、3号機が後期主役機

機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルーディスティニー
 2007年9月、HGUC-82で商品化されるも、“EXAM”を冠して再商品化に。
 これは、HGUC 陸戦型ジムと新HGUC陸戦型ガンダムで
 多少流用可能な為かもしれません

 また現在、登場ゲームと漫画連載で、“現行作品”扱いもあってでしょうか

 原作同様、各種ゲームでも“ニュータイプ”は恩恵絶大ですが
 コイツはオールドだからこそ使えるMS!

 当方もGNO,ガンダム・ネットワーク・オペレーションで愛用、思い出深いMSです

「高機動型ガンダム」とは、ゲーム・ギレンの野望初出の“オリジナルMS”

高機動型ガンダム
 フルアーマーと似たライフルだが、照準器が付いてる点が異なる

ニュータイプ専用としてのFSWS
 見ての通り、フルーアーマーガンダム系の「FSWS計画」に属する機体。
 ギャン・クリーガーのように、元々ある設定を踏まえて
 ゲーム初出で生まれたMSです

 しかし公式性は低いのか、ライフルのみ「ジム・ドミナンス用」として登場

 ただアレックスのように、連邦軍もニュータイプ対応MSを模索しているので
 追加装備で、高機動化したのは説得力を感じます

 いずれRX-81ジーラインに繋がるMSとして、設定を拾われるかもですね

“ニュータイプ”を危険視して生まれた機体、ブルーディスティニー・ファミリー

img_0
 現在は新漫画版が連載中で、合わせてRE/100 イフリート改もキット化された

RGM-79BD ブルーディスティニー
 NTがもし人類に敵対したら? 対策として開発された、特殊OS“EXAM”搭載機
 NT研究者クルスト博士が、ジオン軍で開発を行っていたが
 MS性能に不満を感じ連邦に亡命

 まず陸戦型ジムに搭載したが、見ての通り冷却機構だらけの実験品に

 そこで急遽、より高性能な陸戦型ガンダムを回して貰ったが
 予算獲得に苦慮

 リメイク漫画版では、予算獲得へ、様々な装備テストも行う姿が描かれます

本“3号機”は、元々予備部品に過ぎないMSだった

158_2205_o_1c81t069m135g9v67pf1ebo1m2s
 ジム・ドミナンスとは、新漫画版で設定されたテスト用ジム。

ブルーディスティニーの運命
 しかし急遽実戦投入、奪われた2号機は、EXAMにリミッターが設定されてないが
 こちらは、安全の為に「EXAM性能を半分程度まで抑える」よう
 システムに上限が設けられた

 それでも死闘の末、3号機が勝利を収めるが、共に爆散する事となる

 とある理由から、EXAMシステムは二度と復元できなかった為
 異端のシステムとして失われる事に

 主人公のユウは生き延び、逆シャアでは大佐となってジェガンに乗ったという。

本当に失われた? “その後”のブルーディスティニー

Aaa_187
Aaa_150
 ガンダムエース連載「機動戦士ガンダム カタナ」に再生機が登場した

ブルーディスティニーΩ
 同作では、なんと爆散した2号機は回収され、新システム「妖刀」の原型となった
 これが発展し、サイコ・ガンダムの礎になったとも解説され
 両者を繋ぐミッシングリンクともなっている
 
 また、同じく“ガンダムEXAでは、目覚めたマリオン乗機となった

 これはアナハイムが残骸を回収したパターン
 システム解析に挑むが不完全に終わり、マリオン自身が乗る事で性能を再現している

 ただし、後者は明確に「データ再現された世界」の出来事である。

派生システム、“HADES”もまた数奇な運命を辿った

1000115441_4
 同じ原作チームから生まれた、ガンダム5号機、ブルーなどの要素が盛りこまれている

RX-80PR ペイルライダー
 EXAMシステムは、前述の通り失われ、再現する事は出来なかったが
 開発段階で、連邦がクルスト博士にデータ提供を要請し
 これを元に「HADES」に結実した

 こちらは異なるアプローチで発展し、強化人間に繋がる技術となった

 システム自体は、主導した連邦高官が戦死して開発中断
 実機は流れ流れジオン残党に

 ブラックボックス化されたシステムを解析できず、頭部以外はほぼ別物となってしまった。


 機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 1巻
 機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 2巻
 機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 3巻“EXAM始動!”
 機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 4巻“騎士と少女” 宇宙戦用イフリート披露!

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBF