公式サイト ブラクロ ブラッククローバー 第24話 感想 ブラックアウト レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
“標的”発覚! ラデスを折った本当の劣等感、立ち上がるユノの対比!!

00397
00307
00339
シルフを手にした幸運より、「四葉」「努力」を、容易く上回られたショックが勝った
 ユノが努力家で自信家だからこそ、喜びより喪失感が勝ってしまったと思えば
 本当「そこ!?」って思うし、彼らしい気がします

 何よりアスタに負けたくない!生成ならぬ“精霊魔法”、プチクロでも炸裂して笑った!!

勿体ねえ!
 実は一種類しか魔法が使えなかったラデス、標的がフエゴレオンだったのも驚きですが
 何より、彼の「俺は優れてるんだー!」って自信の裏の劣等感
 乏しい可能性へ、工夫する事は素晴らしい!

 勿体ねえって評するのもアスタらしいし、ノエルのうっかり敬礼も可愛いわ!

目次 ブラクロ 第24話 感想

00026
 前半
 後半
 プチットクローバー
 予告
 これまでの感想

プチットクローバーは、“誕生日”

00365
 お前喋るんかい! オチが「ですよねー」って感じだった!!

あらすじ
 ラデスの“己の価値を証明する戦い”は、敗北に終わり、魔導書を見られる屈辱を味わう
 彼の魔導書は、たった1枚しかページがない「恥ずべきもの」だったのだ
 しかしアスタは勿体無いという

 お前は才能も、逆境を越える意思もある凄い奴だと言われ、ラデスは呆然

 だが、“フエゴレオン団長を狙う”、本当の作戦が動き出し
 魔法騎士達は強引に排除されてしまう

 ユノも魔女キャサリンに追い詰められ、風の精霊シルフが発動する!

 次回、ブラッククローバー 第25話「逆境」

正しき精神を伴わねば ただの暴力 誰からも認められん!

00000
 前回ラデスは、アスタやレオポルドに、彼らが苦手とする属性使いを割り振り
 騎士団長フエゴレオンにも、無敵の護りを誇るNo1を投入
 終始、優位に進めるかに見えた

 しかしフエゴレオンは瞬殺、激を飛ばし、アスタは“騎士団長”の姿に感銘を受ける

ラデス『何でだ…、俺は誰よりもとてつもない魔力があるんだぞ…!』

00003
00004
 今日、この時の為に…、何年も…、何年も…!

彼の結末
 優れた素質に驕らず、屍霊術を研究し、“No”シリーズなど磨きをかけ参戦したラデス
 直情でもあるが、長い時間を費やしての攻撃だった
 が

 なのに…、何でだよ…!

 壊滅した屍霊軍
 No1と命名した、魔法騎士団長さえ凌ぐ強力な個体さえ、容易く撃破された

 フエゴレオンが叫んだ通り、彼も研鑽を重ねた末だったんですね

レオポルド『うおおおお!

00006
 叫びに目をやると、泥魔法に対し、劣勢な属性相性を持つレオの姿が
 炎は泥に、また泥の槍を回避し続けるにしても
 ぬかるみに足をとられる!

 通常なら不可能な、複数属性を従えるラデスは確かに強い!

『ノエルよ、感謝する!』『感謝はいいから早くやんなさいよ!』

00010
00011
00016
00022
00024
00025
 どうだ! 大火力で蒸発させてやったわー!!

炎の御一族
 レオの勝機は、直接大火力を叩き込む事で、水の防壁ごと蒸発させる事にあった
 ノエルが支援、守りの魔法によってレオも勝利する!
 と

 よぉし、よくやった! それでこそこの国を牽引する王族だ!

 激賞するフエゴレオン!
 でも実際、「近付くまで」が問題だったので、ノエルが良いコンビしてましたね

 やっぱり接近ファイヤーは最強やな!
 
ノエル『ハッ! 釣られて敬礼しちゃった!?』

00026
00027
 礼儀は「尽くさせるもの」である王族、ノエルでさえ敬礼してしまう迫力!
 やっぱり、フエゴレオン先生は熱血指導だぜ!
 イエス!ユーキャン!!

 ノエルは可愛い!

ラデス『バカな! 俺の魔力は王族にも劣ってねェんだ!! 俺は…!』

00033
00036
00037
00038
00040
 何だ…、この魔導書は…? ページが、一枚しかない!?

行き止まり
 己の“魔力”を誇るラデス、彼が抱えた劣等感は、この特殊すぎるグリモワールにあった
 彼は、たった一つしか魔法を使えないのだ
 と
 
 返せ! 俺を…、蔑んだ眼で見るんじゃねえええええ!!

 研鑽を重ねた事をラデスは思った
 でもそれは、“たった一つしかない魔法”を死に物狂いで磨き上げたという事だったと

 最初からどん詰まり、どれだけ蔑まれたのか…

アスタ『誰が、そんな目で見るかよ…』

00042

 誰が、そんな目で見るかよ…

 自分の力を認めさせるのに、違うやり方はなかったのかよ…

 そんな…、すげえ魔力があるのに
 そんな這い上がってくる力があるのに、勿体ねえ…!


00044
00045
00046
00047
00048
 ほら、掴まらせてあげるわよ

逆境
 ラデスもまた、アスタとは違う形で苦しみ、違う形で乗越えようと努力した
 だがラデス自身気付かなかった、「それこそ尊いんだ」と
 が

 逆境をも越えられるお前に足りなかったもの…、それは正しき心だ

 罪を償えというフエゴレオン
 逆境をも越えた、団長は「たった一枚でここまでやったのか」と驚いた

 彼を見る“驚きの眼”は、賞賛だったんだと。

『“もう、気が済んだだろう”』

00050

 もう、気が済んだだろう
 団長を倒すという事は、やはりお前独りの力では無理だったんだ
 魔力量が多くても、勝てない事がある。

 俺の魔力もそろそろ限界に近い、今からは予定通りいかせてもらう

 あの方の為にな


00051
00052
00053
00055
00057
00061
00063
00064
00065
00067
00068
00070
 一体…、こいつらの目的は…?

MARKING!
 身体を鍛えに鍛え、耳まで動物並みなアスタだけは、魔道具の通信に気付く
 ラデスの行動は仲間にも諫められていた
 で

 全員…、マーキングエリアに入ったようだな

 勝った勝った…、と勝利に沸くエース達と市民
 でもゾンビは誘導だったんですね

 騎士達は、迎撃する為、“敵が印をつけておいた区画”に入り込んでしまった、と。

ユノ『…グリモワールが?』

00075
 ユノは、四葉=シルフが突然発光し、咄嗟に浮く事が出来たが
 他のメンバーは、黒い空間に捕えられてしまう
 これぞ「ブラックアウト」!

 ラデスは“屍霊魔法”のみ、黒い転移術は、潜んでた人の仕事だった!

おつかれさま、魔法騎士団の諸君…』

00076
00079
00082
00083
00084
00088
00090
00096
00098
00099
00101
00102
00103
 どこですか、ここは…?/王都から、数百キロメートルは離れているようだ…

いわゆるバシルーラ
 ラデスを支援していた空間術師、さすがに騎士団長達も存在には気付いていたが
 ここまで、高度な使い手だとは予想していなかった
 と

 不覚ゥゥゥウウウウウウ!

 やめて先輩!
 そんな叫び、読者から「不覚先輩」とかあだ名をつけられるパターンよ!!

 身内の空間使い、フィンラル先輩を思い出しますね

フエゴレオン『この大規模な空間魔法、術者は別にいるのか…?』

00109
 暴牛のフィンラル先輩も、「希少な空間魔法の使い手」と評されていましたが
 加えて、こんだけやれるなら相当な魔力がなきゃ出来ないはず
 相当予想外だったのでしょうね

 先輩も、人間大のゲートをしばらく繋ぐだけで、「ここで限界を越えろ!」されましたし。

“魔女”『今のうちに、若いエキス貰っちゃおうっと~♪』

00111
00115
00117
00123
00125
00129
00136
00138
00145
00147
 かわいこぶってんじゃないわよ、メスブタがァ!

灰呪詛魔法
 ガチ魔女! 対象の生気を吸い取り、一瞬で老化させる“呪詛魔法”!?
 下手な攻撃系より万倍怖いじゃねえか!?
 で

 ねえ? あたしキレイ? 何歳に見える~、ねえねえ♪

 元ネタが完全に都市伝説
 文字通り「吸い取る」、生気を吸って若返り、若い女が大嫌い!!

 趣味と実益、なんてタチが悪い人だろうか!

『何て事を…、このバケモノめ!』

00148
 好きな事は若返り、嫌いなことはバケモノ扱い、たちまち怒る魔女!
 多分、吸われた子が好きな子だったんでしょうが
 叫べた彼はイケメンだった…

 この事態を見て、媚びないとかすげえよ!
 
『あらあ~、超イケメン! 超タイプ~♪ ねえねえ、あたしと楽しいことしな~い♪j』

00153
00155
00156
00159
00162
00164
00165
 その人達から離れろ…、おばさん!

ガンダルフのように
 魔女はたちまち笑い、たちまち怒る! ある面、ファンタジーの金字塔みたいな奴!
 ユノも、言う事が直球過ぎて清々しいね!
 と

 殺す!

 魔女キャサリン
 その役目は、転移からこぼれた奴を始末する事にあったんだそうな。

 アフターケアも万全、お肌のケアも万全だったのね…。

『殺す! 誰がおばさんだーーー!!

00168
 攻撃に転じる場合、“様々な効果を持つ呪弾”を連射、制圧にかかる魔女
 効果は様々、当たってみてのお楽しみ!
 嫌なくじびきもあったもんだ!

 対しユノも、「何が目的だ!」と問う辺り、真っ向勝負な子である
 
『おしゃべりなんて余裕じゃない? いいわ、イケメンに免じて教えてあげる』

00169
00173
00178
00180
00182
00188
00189
00191
 ある人物の抹殺…、それが私達の目的よ? ねーねー、誰だと思う~♪

くびじきアンバランス
 意外や、あっさり教えてくれたと思いきや、余計な考え事で回避を鈍らす策か
 ユノも咄嗟に、王城へと目を巡らせてしまうのだった
 と

 ま…、教えないけどね!

 ここで迎撃すべきか
 それとも、魔法騎士として護衛に転じるか、迷いが生じた様子のユノ

 さらっと精神戦をかける辺り、年の功って奴ですね!

フエゴレオン『王を狙う為の陽動にしては、どこか引っかかる…』

00198
00201
 絶賛尋問中の紅蓮団長フエゴレオン、確かに、騎士を転移させたのは見事だが
 敵が、王都制圧を狙っているにしては静か過ぎる
 兵の少なさを物語っていた

 そもそも、あの王なら暗殺されたほうがトータルで国益じゃない?(読者視点)。
 
『お前の目的は復讐だとして、お前“達”の目的は一体なんだ?』

00209
00212
00215
00220
00221
00222
00223
00227
 本当の狙いはな…、フエゴレオン・ヴァーミリオン、あんただよ!

いざ“巣”へ入らん
 煌くペンダント、彼らが転移されなかったのは、“狙い”だったからか!
 てっきりラデスがいるからかと!
 が

 これは空間魔法…、良いだろう。虎穴に入らずんば、だ

 敢えて、逃げようともしないフエゴレオン
 虎の巣へ入る獅子王の図

 絶対の自信を持つ、魔法騎士団長らしい所作ですが…。

『…何だ、ここは…?』

00230
 敵の狙いに乗っても、真っ向突破できる自負をもつ実力者
 特に、彼みたいな有名人だと「対策済み」パターンも 
 相当に出会っているんでしょうね

 しかし落ちた先は、危険どころか魔法陣らしいものしか…?

ユノ『(とんでもない魔力量だ! 灰の玉自体、たいしたダメージじゃないが…)』

00237
00238
00246
00248
00249
00255
00259
 じわじわ~っと効いてくるのよ♪ 目が見えなくなり、耳が聞こえなくなり…♪

地獄の九所封じ
 回避能力に長けたユノは、呪弾も回避し続ければ魔力切れすると思ったらしいが
 どっこい、これまた魔力量がスゴい! 
 と

 恐怖しながら、私をおばさん呼ばわりした報いを受けるのねえ~♪

 呪いは、視覚聴覚味覚など感覚を鈍らせるもので
 最後は身体が動かなくなる

 また視覚聴覚が鈍れば、「次に何をされるか解らない」、恐怖はいかばかりだろうか

『(四葉を期待され、魔法騎士団最強の“金色の夜明け”に入団し…、俺は一体…、何を!)』

00262
 優れた素質で、いつもアスタをからかっているユノが拠って立つ「自信」
 素質と努力、自分を信じられるからこそ
 何を言われても平気だ
 と

 どんな雑音より、ひたすら自分を磨き「目標」へ邁進するだけだった、が。

『(周りの声なんて関係ない、俺は…、負けない為に自分を磨くだけだ…!)』

00266
00267
00268
00270
00273
00276
00283
00285
 別に我々は、あんな下民に期待などしていない…

偶然か努力か
 ユノは「マルス」に自力で勝てなかった、勝てたのは偶然手にした力のおかげ
 周りの蔑みが、改めて“無力なユノ”を苛むかに見えた
 が

 いや…、違う! 俺が悔しいのはそんな事じゃない!!

 偶然手にした「手に負えない力」シルフ。
 長年の努力、強い意思より、“貰いもの力”の方がずっと有益なのが辛かった

 でもユノが悔しいのは、そんな事じゃなくて…?

キャサリン『キミのこと聞きたいなァ~、ねーねー、教えてよぉ~♪』

00286
 五感を奪う灰呪詛魔法、例えば、ギネス認定「世界一静かな部屋」に入った場合
 人間は、自分自身の“内臓の音”の煩さなどで
 45分で発狂するといいます

 ユノは、それさえ聞こえない“何もない世界”、しかし結果的に成長を促す事に

ユノ『ありえ…、ねえ、…お前の事なんて知らない』

00288
00295
00302
00307
00312
00318
00319
00322
00325
00333
00334
00339
00341
00342
00346
00347
 俺はただ…、あいつに…、アスタに…、負けたくない!

風“精霊魔法”シルフの息吹
 シルフは、ずっと「マナ」で呼びかけていた、今、元々マナに敏感な風使い系ユノは
 感覚を絶たれ、ようやく気付く事が出来たのだった
 と

 俺の事を一つだけ教えてやる…、俺は、死ぬほど負けず嫌いなんだよ!

 キャサリン曰く「マナを支配した」ユノ
 対し、彼女が他人から奪ったのは、生命力=魔力であったらしい

 その膨大な力を、咄嗟に防御に費やすのですが…?

フエゴレオン『…お前は?!

00354
00357
 他方、空間魔法で飛ばされたフエゴレオンは、見知った顔に出会い…?
 いや別に、見知った顔とも限らない反応か
 どうなのか?

 おそらく、魔法帝はこの事態を見越して動いているはずですが…?

プチットクローバーは、“誕生日”

00359
00361
00365
00367
00368
00369
00371
00372
00373
00378
00380
 あれ…? ケーキは?

誕生日
 後日、彼女に「ベル」と名付けたユノは、いい笑顔で今日を誕生日とし
 彼女に“一歳の誕生日ケーキ”を贈るのだったが…
 と

 ありえねー……

 お前そんなキャラだっけ!? 考えてみりゃそうか!
 てっきり、「ユノの部屋から喋り声がする」って、クラウス母さんが心配するオチかと!

 吹き消す時は願い事を…、“兄弟”の多いユノ、面倒見が良かった!

予告レオポルド『貴様、兄上をどこへやった!

00389

 貴様、兄上をどこへやった!
 返答次第によっては、ただじゃおかん
 兄上!? その姿…

 兄上ー!?

 どんな時でも冷静に…、うあああああああ!?


00392
00394
 薄々解ってたけど、予告で正体がバラされてるぅ!?

これが逆境だ!
 次回、珍しくちゃんとした予告だけど、ちゃんとした言葉になってない!
 レオをそれほど焦らせたのは、一体どんな惨状か
 アスタ、非情の「転移オフ」パンチ!

 転移でもっともらしく逃げるはずが、解呪されたラデスですさん!

 次回、先輩がチャーミーすぎるからさ…?

2018年3月20日 ブラッククローバー 第24話「ブラックアウト」

00070
 最近では、パチンコ表示用アニメ制作を手がける株式会社スタジオピーコックが制作協力

スタッフ
 脚本:筆安一幸(シリーズ構成
 絵コンテ:川崎博嗣
 演出:千葉大輔、森田静二
 作画監督:前原薫ほか5名
 総作画監督:砂川貴哉、 赤坂俊士
 アニメ制作:studioぴえろ
 原作:田畠裕基/漫画/週間少年ジャンプ連載
 制作協力:株式会社スタジオピーコック

あらすじ
 魔法騎士団の活躍に人々が歓喜する中、突然、強力な空間魔法“ブラックアウト”によって騎士団員たちの姿が消えた。その直前にグリモワールが反応したことで難を逃れたユノは、とてつもない魔力量を持つ敵・キャサリンとの戦いに突入。
 彼女が放った“灰呪詛魔法・喜々壊灰(はい じゅそまほう・ききかいかい)”の呪弾によって、体の自由と感覚を奪われてしまう。
 追い詰められ、悔しさに打ちひしがれるユノだったが、そのときユノの“魔(マナ)”に変化が起きる!
 一方、ユノたちとは別の場所にいたアスタたちも“ブラックアウト”から逃れていたが、
 フエゴレオン団長に拘束されてピンチのはずのラデスは、なぜか不敵な笑みを浮かべる。

予告『どんな時でも冷静に…うああああ!?

00395
00397
f7ae3f3bbb0ce164b223707006037c63ddeaf700_5aae5cb0381cb
 提供原画は、思ったよりドヤ顔してるベルさんだ!

命名「ベル」
 プチクロで(アニメ版)先行公開された名前、思ったより懐いてらっしゃる?!
 フツーに、わーいとか喋っててちょっと笑えますが
 確かに、見た目ティンカー“ベル”っぽいね! 
 ねえベルスタシオ=イヴル!

 本作は1年放送なので、もうすぐ折り返し、公式では新メインビジュアル公開へ

 第3クールは”白夜の魔眼”との抗争が激化
 ラデス達があしらっている「眼」は、この組織名によるものだったんですね

 新ビジュアル、金色団長の姿が見えないのは…?

 次回、ブラッククローバー 第25話「逆境」


 ブラッククローバー 第1話「アスタとユノ」
 ブラッククローバー 第2話「少年の誓い」
 ブラッククローバー 第3話「クローバー王国、王都へ!」
 ブラッククローバー 第4話「魔法騎士団入団試験」
 ブラッククローバー 第5話「魔法帝への道」
 ブラッククローバー 第6話「黒の暴牛」
 ブラッククローバー 第7話「もう一人の新入団員」
 ブラッククローバー 第8話「ゴーゴー初任務」
 ブラッククローバー 第9話「獣」
 ブラッククローバー 第10話「護る者」
 ブラッククローバー 第11話「とある日での城下町での出来事」
 ブラッククローバー 第12話「魔法帝は見た」
 ブラッククローバー 第13話「続・魔法帝は見た」
 ブラッククローバー 第14話「魔宮」
 ブラッククローバー 第15話「ダイヤモンドの魔導戦士」
 ブラッククローバー 第16話「仲間」
 ブラッククローバー 第17話「破壊者」 ※OP一部改定
 ブラッククローバー 第18話「追憶の君」 
 ブラッククローバー 第19話「崩壊と救済」 ※OP一部改定
 ブラッククローバー 第20話「王都集結」 ※OP大変更
 ブラッククローバー 第21話「王都騒乱」
 ブラッククローバー 第22話「魔法乱舞」
 ブラッククローバー 第23話「紅蓮の獅子王」
 ブラッククローバー 第24話「ブラックアウト」
 ブラッククローバー 第25話「逆境」