公式サイト アニメ にごじょ 25歳の女子高生 第11話 感想 最低最悪の日 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 前回はこちら
それだけは言ってはならぬ! 蟹江君、珍しく地雷を踏み抜く25歳…!!

DYI0wH5VAAU9UkS
00019
00024
何やってんだ俺…、と珍しく落ち込む蟹江。自他とも認めるチャラ男である彼が
 花の前では、恋を知ったばかりのような純情さになってしまう辺り
 正直、傍から見ると微笑ましい。

 あの真面目虫の花も学校休むとか、どんな濃厚なカー○ックスを…?

カー(古代エジプトで精神の意)
 とは冗談で、「いつまでこんな事やってんだ」って言葉、そんだけ刺さったんでしょうね
 花自身、ずっと気にしてる図星を突き破られ
 珍しく反抗期(25歳)に。

 蟹江君の焦りは意外でしたが、でも花さん、すぐ押し倒されるし放っとけないよね…

エンドカードは、白峰先生!

DYI0M61U0AAmLzL
 おい名鳥、ウインナーくれ。⇒ダメ!って感じで可愛い。

あらすじ
 改めて、蟹江が立派な社会人になった事を思い、負けじと奮起する花だったが
 蟹江は「相田と付き合いたいのか?」と誤解してしまい
 言い合いの末カーセック○

 翌日、花が学校を欠席し、蟹江は本格的に焦ってしまう

 蟹江は「名鳥花」の家を訪れ
 花は…?

 次回、25歳の女子高生 第12話

花『(やっぱり、感じ悪かったかな…。私、勝手に落ち込んで…)』

00000
 前回、蟹江がヤキモチを焼いている事に、さすがの花も気付いたが
 都合の良い考えだ、と“彼の好意”を信じることが出来ず
 自立しようと動き出す

 開きゆく距離、開かされた股、花と蟹江の心の距離も開いてゆく

蟹江先生『名鳥! …お前、用事とかウソだろ?』

00001
00002
00004
00007
 もしかして…、本当は相田と二人で会いたかったのか?

かみ合わない二人
 前回ラスト、不機嫌そうだった蟹江だが、何とそのまま追いかけてきた!
 どころかなるほど、彼は疑っていたんですね
 でも

 避けすぎたら、余計疑われるかもって…

 相田君には疑われている
 花としては、これ以上疑問を持たれないよう、彼に応じる必要がありました

 でも蟹江さんは…、彼も焦りますよね…。

蟹江『疑われているって言っても、証拠がないんだからどうとでもなるだろ…』

00010
 おお…、珍しい! 生まれた時からニヤケ顔だったとしか思えない蟹江さん
 彼が本気で、心の底から焦ってる!
 目を逸らしてる!

 あの余裕と性欲の権化が、高校生みたいにふて腐れてる!

蟹江『大体…、そんな不安なくせに、いつまでこんなバカな事続けるつもりだよ!』

00011
00014
 バカな事…、か。その通り過ぎて、言い返す事も出来ない…!

バカな事
 しかし蟹江君、言うに事欠いて、花が今一番気にしてる地雷を踏み抜いてしまう
 英語で言うとホットワード!
 と

 ああ…、いや別にお前を責めてるわけじゃ…。

 これもまた珍しい
 静かに怒る花、焦る蟹江のいつものと逆の構図

 花自身、気にしている事だから…。

『もういい。…蟹江君には関係ない!

00015
 誰しも、「言われなくても解っている」事を言われるほどイヤな事はありません
 珍しく怒った花は、そのまま彼を振り切ろうと。
 決裂寸前に陥る二人

 普通なら、ここで仲違いし、花が相田君と関係を持ってしまうパティーン…!

蟹江『…関係ない?

00016
00017
00018
00019
DYI0wH5VAAU9UkS
 関係ないかどうか…、俺が決める!

関係ないかは
 しかし蟹江監督、何と花の腕を掴むと、強引に車に押しこんでしまった
 花さん! 初めて押しの強さが出たと思ったらコレだよ!
 押し倒された!

 カーセック○! そういうのもあるのか!!

相田君『エーッ!? ここで俺一人なのー!?』

00020
00021
 そりゃ確かに、このコーナーに出たいって言ったけど…

ゲェーッ!
 いつもと違い、花と蟹江が仲違いしてしまっている
 ここは、ピンチヒッターとして相田君が当番
 無事、心の三者凡退に。

 いつもなら花と蟹江がイチャイチャしますが、そういう場面じゃないですし

 SD絵で抱いても構わんのよ? 激しくか? それとも優しくか?

蟹江『……何やってんだ、俺は…』

00024
 まさかの全カット、どうも、嫌がる花を本気で抱いてしまった様子
 普通、世慣れた彼ならいくらでもあしらいようがあるだろうに
 こうなるのが可愛い気がします

 彼女の前では、一周回って純情なままなのね(性的な意味以外では)。

翌日『せんせー! 三芳さん、今日お休みでーすっ』

00025
00026
 そりゃ来ないよな…

煮て良し妬いて良し
 翌日、出席を得る為に扮しているはずが、学校を休んでしまう花と
 そりゃそうだ、と思ってしまう鬼畜眼鏡君。
 一体どれだけひどい事を…?

 いつもの彼は、なんだかんだで優しかったんでしょうね…。

花『あれ…、おばさん居ないのかな? 今日行くって言ったのに』

00027
00029
00030
00031
00036
00038
 名鳥! …今、いいか?

家を訪れる25歳
 この流れ、「本物の三芳カホ」と対面する流れかと思いきや…?
 結局、学校を休んでしまった事にも深い意味はなく
 花は本当に自暴自棄だった様子

 あの真面目を絵に描いたような花が、バックレたとなれば相当なこと

 しかし「名鳥花」の家へ蟹江くんが訪れて…?
 次回、彼は何を言うのか

 彼も相当慌ててるみたいだし、結婚しようとか言い出す可能性も…?

2018年3月18日25歳の女子高生 第11話「最低最悪の日」

00019
 自分の人生左右した人だし、他人と思われたくないのは解るけれども…。 

スタッフ
 脚本:佐和山進一郎
 絵コンテ:三池走二郎
 演出:太田秀太
 作画監督:
 総作画監督:山本佐和子
 アニメーション制作:リリクス
 制作:ピカンテサーカスピカンテサーカス
 原作:マカナ/彗星社(漫画)

■通常版キャスト
 名鳥花:原田ひとみ
 蟹江亮人:沢城千春
 相田直之:高塚智人

■完全版キャスト
 名鳥花:和央きりか
 蟹江亮人:森下京平
 相田直之:古河徹人

あらすじ
「関係ないかどうかは、俺が決める」――ふとした一言で蟹江を傷つけてしまった花。車の後部座席に押し付けられ、激しくしゃぶりつかれて…/もどかしくすれ違う、不器用な2人はどうなっていくのか…!?クライマックス直前の第11話、ご期待ください!

公式あらすじで「激しくしゃぶりつかれる」とか書かれる25歳…!

DYI0wH5VAAU9UkS
DYI0M61U0AAmLzL
 解禁バージョンは有料配信中 https://anime.iowl.jp/video_titles/64

名鳥家を訪れた蟹江は…?
 エンドカードの二人、仲むつまじくて可愛い! こんな子があられもない姿に!!
 こうした、女慣れした態度であしらっていた蟹江が取り乱すほど
 すっかり心に住み着いてしまった花

 次回、先生として訪れたのか、一人の男として来たのか

 それとも動転して押しかけてしまっただけなのか…?
 攻守逆転ですね!

 次回、25歳の女子高生 第12話


 25歳の女子高生 第1話「それは突然の再会」
 25歳の女子高生 第2話「保健室のベッドで…」
 25歳の女子高生 第3話「ヒミツの放課後レッスン」
 25歳の女子高生 第4話「同窓会の夜に」
 25歳の女子高生 第5話「とんでもない忘れ物」
 25歳の女子高生 第6話「秘密がバレちゃう」
 25歳の女子高生 第7話「二人だけの勉強会♥」
 25歳の女子高生 第8話「あの日あの時あの場所で」
 25歳の女子高生 第9話「その朝、二人は…」
 25歳の女子高生 第10話「それってヤキモチ?」
 25歳の女子高生 第11話「最低最悪の日」
 25歳の女子高生 第12話