2018年2月発売 RE/100-8 1/100 ガンキャノン・ディテクター 4,320円(税込) ランナー写真 機体設定 “連邦MSのゴーグルの話”
ガンダムUC“MS博物館戦”登場、Z-MSVを初出とする砲撃戦機!

IMG_8961
153_2183_o_1bu5naakq1m8f1k5cv5911491rfi23
1000円台キットに倍する厚さの箱! この手ごたえ、やっぱり代え難いですね
 内容的には「でかいHG」的で、パーツ数が決して多くないのも魅力
 コイツがガンプラ化される日がくるとは!

 トリントン基地戦で一蹴、それでも嬉しい“Z-MSV”が初ガンプラ化!

メタスの砲撃戦仕様機
 要望元カラバが、元WB隊のガンキャノン乗り、ハヤト・コバヤシに率いられた組織。
 メタス派生機ながら、彼に因んで命名されたのが本機
 逸話も姿も面白いMSです

 ボックスアートも無骨でイイです…、後ろのネモの、170mmキャノン砲も付属。

Zガンダム時代、地上の対ティターンズ組織「カラバ」が要望したMS

00002
 いわゆるグリプス戦役、UC0087年ごろ完成し、UC0096年“ラプラス戦争”にも参戦

MSA-005K ガンキャノン・ディテクター
 メタスは、可変機の黎明期に生まれた試験機でしたが、砲撃戦仕様も検討されています。
 それが「MSA-005S メタス改」で、同様に宇宙戦闘用に開発され
 ハイメガ・キャノンが搭載されました

 対し本機は、「ゲリラ戦に適した砲撃戦機」を求められ、アナハイム社が設計

 メタスは、誕生したばかりのムーバブル・フレーム構造で「外装と骨格」が別々でした
 そこで外装を差し替え、再設計したのが本機。

 フレーム直結「第3の脚」で、不整地のゲリラ戦でも、安定した砲撃を行えるのが魅力のMSに。

ガンダムUCでは、トリントン基地の防衛戦力として登場

20180202_re100_guncannon_dt_02
 Z-MSVでは2機完成した設定だったが、その後、一定数が生産されたらしい。

ガンダムUCカラー
 本タイプは、ガンダムUCで登場した無骨、地味な実戦本位を思わせるカラーに。
 初期設定、「ガンキャノンカラー版」はプレバン限定となり
 先ごろ受注されました

 詳しくは、こちらの記事でどうぞ。

ホイルシールは僅かで、豊富なマーキングシールが付属

IMG_8963
IMG_8962
 地味系カラーなので、設定色を十分に再現。

シール
 ホイルシールはセンサーに使いますが、クリアグリーンで成型されています
 使った方が、より光を反射して好む人もいるので
 お好みでどうぞと。

 ガンダム系でも目だけは、塗るよりシールの方が…、とも言いますものね

 豊富なマーキングは、「プラモオリジナル」とのことです。

ランナーA、以下タグは「ガンキャノン・ディテクター」

IMG_8964
 以下、ほとんどのタグは「RE/100 ガンキャノン・ディテクター」で統一

いろプラ
 前述のZ-MSV版は、アゴの形状などが違う為、再現用にスイッチが仕込まれてます
 一見、Z版はモノアイっぽく見えますが一応ゴーグル型。
 アゴがガンダム系を連想させますね

 また、ガンダムUCの頃、連邦系MSは「ゴーグル顔」への統一が推進。

 連邦系はゴーグルで統一し、ジオンやティターンズと違うと主張する事
 これが、UC0096年代の特徴でした

 暴走した組織、ティターンズと連邦は別物なんだ、と。

ランナーB ※2枚あり

IMG_8965
 これも右下、一部が切り離せるようスイッチが。

軟質プラ ×2枚
 いわゆる関節用ランナーで、しっかりディテールがあるものの
 装甲とフレームが、別々になっていないあたり
 HGっぽく感じますね

 MGでも、一部そういうのがありますが。

ランナーC1、C2

IMG_8966
IMG_8967
 同じランナーから、2つ組むのに必要な部分のみ残したC2.

ダークブルー
 外装用のランナーで、ガンキャノン風の装甲を再現しています
 でも、ディテールが細かいデザインなので
 量産型ガンキャっぽい。

 ガンキャは連邦系でも走りなので、割と丸っこいですよね。

ランナーD、2枚

IMG_8968
 肩の付け根など、それこそ「ガンキャっぽい」形状。

ブラック
 腕の付け根やヒザ装甲など、アクセントを与えるブラック。
 同じランナーが2枚。
 と。

 また「砲撃姿勢」に際し、足先が完全に折れ曲がるのも本機の面白いところ。

ランナーE、少し硬めの軟質ランナー

IMG_8969
 本タイプの特徴的なライフルや、腰部パーツなど。

軟質プラ
 やはり、RE/100らしく腰は「回転」のみ、というかデザイン上の制約もあってか
 回転すら出来ず、左右スイングのアピールが精一杯。
 デカいですしねえ。

 MGもですがデカい分、保持力を心配してか可動は抑え目。

 昔は逆に、デカい方がパーツ数多くて可動が良かったですが
 今の1/144は可動良いですからね

 高額化もしてますし。

ランナーF1、F2は、素材から異なる

IMG_8970
IMG_8971
 F1は膝裏に使う動力パイプで、軟質樹脂で出来ています。

ランナーF
 対しF2は、普通のプラスチックで出来ている黒のランナー。
 同じ金型を使いつつ、別々のランナーにする為か
 スイッチが用いられているようです

 ものすごく目立たない部分ですが、チューブ再現は嬉しい。

ランナーG、「1/100 170mmキャノン砲」

IMG_8972
 一種の特典パーツで、MG 1/100 ネモUC用のキャノン砲。

Gランナー
 なので、タグ名も別になっており、別キットへの流用を考えてるのかな的な。
 一見、陸戦型ガンダムのキャノンと似てましたが
 まったく別物ですね

PC-210 ポリキャップ

IMG_8973
 シリーズ第1弾、ナイチンゲールは「PC-209 ポリキャップ」でしたが
 第5弾、イフリート改同様の210が同梱
 やはりシンプル。

 大型ボールジョイントがないのが、HGと違いますね

2月10日発売 RE/100 1/100 ガンキャノン・ディテクター、4,320円

o_1c5lijagf1baourj1efsgvjt0v7

■RE/100 ガンキャノン・ディテクター
 価格4,320円(税込)
 発売日2018年02月10日
 対象年齢15才以上

■『機動戦士ガンダムUC Episode4重力の井戸の底』より、トリントン基地でジオン軍残党と激戦を繰り広げたガンキャノン・ディテクターを初キット化!
■RE/100のスケール感に合わせて、装甲やバックパック基部など各所をハイディテール化。
■また、RE/100シリーズの特徴である“組み立てやすさ”も健在。
■脚部や腰部の可動ギミックにより、劇中における砲撃ポーズを精密に再現可能。
■ガンキャノン・ディテクター専用のビーム・ライフルを精密なディテールで立体化し、グレネードはトリガーと共に再現。
■トリントン基地に配備されたネモが使用した170㎜キャノン砲も付属し、同スケールのMGユニコーンシリーズにも装備可能。

【付属品】
■専用ビーム・ライフル×1
■ビームガン×1
■ビーム・キャノン×2
■170mmキャノン砲×1

【商品内容】
■成形品×12
■シール×1
■マーキングシール×1
■取扱説明書×1


153_2183_o_1bu5naakq1m8f1k5cv5911491rfi23

155_2183_o_1bu5nal5h151al9f1osreu51pv02d
156_2183_o_1bu5napn41gvduhm1mm71mrulol2i
157_2183_o_1bu5naugo1esddcarkm1oj4g472n
158_2183_o_1bu5nb4aep051lj74ruc5b36k2s
159_2183_o_1bu5nb92t5tq1co31q1eb8dqno31
189_2183_o_1bu5nbdicp277u31vd317tv1i4f36
 バンダイホビーサイト該当はこちら

UC版ガンキャノン・ディテクター
 劇中、ほとんど活躍せず、「出たことが最大の見せ場」の機体からのキット化!
 Z-MSVでは、アームはバックパックから伸びる設定でしたが
 UC版に合わせてか股間に

 設定上、体育座りのような砲撃姿勢”というのが、イマイチだったのかも

 股間から伸びるというやや卑猥ですが
 リゼルやアンクシャも、可変時に着陸脚にしていると思えば珍しくないかも。

 支持脚は機体フレームそのもので、強度も反応も良好なそうな。

大出力ビームキャノンを持ち、空のSFSも正確に射抜いて見せた

00002
00003
00004
00000
 バックパックから盛大に排気され、高出力を窺わせる。

「カラバ」の砲撃支援機
 特に面白いのは独特の形のライフルで、非正規組織のカラバが、間に合わせで作った物。
 手持ちのビーム用デバイスを、一まとめにして作ったという急造品で
 複数の機能、用途を兼ね備えている

 この「成功」は、以降、どんなデバイスを調達するかの検証にも貢献した

 2門のキャノンは機体反応炉に直結
 大出力を賄うと共に、ビームライフル同様の「E-CAP(電池)」も予備に持っていた

 総じて、資材に乏しい現場でも使いやすい融通性を持っていたと言える。

ジオン残党にいち早く空を抑えられ、対応に苦慮したトリントン基地

00001
 トリントンと沿岸基地は、“一年戦争戦後”のジムⅡやガンタンクⅡなど
 旧式機や、また生産終了で、数が揃わず扱いにくくなったネモなど
 少数生産機の吹き溜まりと化していた

 本機もその一つで、古いMSとは言い切れないながら、活用に苦慮していた事がうかがえる。

宇宙世紀0096年、連邦軍が打ち出していた“ゴーグル”統一化

img_0
 バイアラン・カスタムも、上は「顔はゴーグルに直すように」とだけ注文をつけたという。

「連邦軍」として
 宇宙世紀0079年の一年戦争後、技術統合の中、“モノアイの連邦系MS”が多数登場。
 しかし、グリプス戦役での「悪事」をティターンズに押し付ける中で
 彼らを象徴するモノアイは排除が進む

 バイアランも元ティターンズ機」という事で、忘れ去られようとしていた

 しかし経歴を隠し、整備兵に身をやつした元ティターンズのディエス・ロビンは
 愛したバイアランを再び飛ばす事を夢見た

 試験の口実を具申し、時に笑われ、整備し続けた機体は思わぬ形で活躍する事となる。

元カラバのディタクター、元エゥーゴのネモ、元ティターンズのバイアラン

00005
 ちゃんと生還し、別の任務に赴く姿が外伝“『袖付き』の機付長は詩詠う”で描かれた

機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
 基地の日常は、外伝漫画「星月の欠片」にて、彼らの視点で描写されています。
 また、ジムⅡを自分の操作感覚でセッティングし続けた人物もおり
 彼以外では乗れなくなったという機体も。

 何せ幹部さえ、元ティターンズで左遷させられた人物だったりするという。

 0083の頃は、僻地を活用したMS試験や、核も保管された重要施設だったはずが
 GP-02事件の失態でガチ僻地に格下げされた為。

 MSマニアには堪らない状態ですが、内情は大変だったようです。

機動戦士ガンダムUC バンデシネ 感想 漫画

 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 9巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 10巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 11巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 12巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 13巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 14巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 15巻
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 16巻“それがラプラスの箱だ”
 機動戦士ガンダムUC バンデシネ 17巻“最終回 可能性という名の神を信じて”

機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想 2016年春、夏アニメ 4月~9月

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」

ガンプラで見るユニコーン 電撃ホビーwebより

 ガンプラで見るユニコーン その1
 ガンプラで見るユニコーン その2「MG 1/100 ユニコーンガンダム」
 ガンプラで見るユニコーン その3「HGUC 1/144 クシャトリヤ」
 ガンプラで見るユニコーン その4「HGUC 1/144 シナンジュ」
 ガンプラで見るユニコーン その5「HGUC 1/144 リゼル(隊長機)」
 ガンプラで見るユニコーン その6「HGUC 1/144 ロト ツインセット」
 ガンプラで見るユニコーン その7「HGUC 1/144 ドライセンuc.ver」
 ガンプラで見るユニコーン その8「HGUC 1/144 ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機」
 ガンプラで見るユニコーン その9「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)」
 ガンプラで見るユニコーン その10「HGUC 1/144 ジェスタ」
 ガンプラで見るユニコーン その11「HGUC 1/144 バイアラン・カスタム」
 ガンプラで見るユニコーン その12「MG 1/100 リゼルC型リゼルC型 (ディフェンサーa+bユニット/ ゼネラル・レビル配備機)」
 ガンプラで見るユニコーン その13「HGUC 1/144 ローゼン・ズール」
 ガンプラで見るユニコーン その14「HGUC 1/144 クシャトリヤ・リペアード」
 ガンプラで見るユニコーン その15「HGUC 1/144 バンシィ・ノルン(デストロイモード)」
 ガンプラで見るユニコーン その16「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」
 ガンプラで見るユニコーン その17「HGUC改造 1/144 ジェガン(エコーズ仕様/コンロイ専用機)」
 ガンプラで見るユニコーン その18「HGUC 1/144 ネオ・ジオング」
 ガンプラで見るユニコーン その19「PG 1/60 ユニコーンガンダム/FA拡張ユニット」

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE100 1/100 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC