公式サイト ラーメン大好き小泉さん 第7話 感想 全国 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 前回はこちら
“ラーメン”が生まれてはや百年、小泉さんと悠、歴史と旅行の意外な楽しみ!

00031
00098
00422
通算7杯、よく食った感動した! 浴衣も可愛い3人娘に、悠の妄想も大活躍だった!!
 浅草で生まれ、広がった、ラーメンの進化形たちを食べる“旅行”
 浅草で食べられる歴史は美味しい!

 醤油に始まり、煮干を食べ、“二毛作”を楽しみトンコツ醤油で〆る完璧さ!

満腹回想、悠ちゃんさん
 思えば初めても、「食べ切れない…」って体験だった、ってな繋がりも面白い
 前半、別の番組かってくらいキャッキャウフフの浅草観光から
 見事なラーメン漬けだった!

 オチで「太った…」かと思いきや、兄さん怒ってた! アニメオリジナル回だったそうな

目次 ラーメン大好き小泉さん 第7話 感想

00323
 全国旅行
 浅草
 旅行
 二毛作
 感想追記
 予告
 関連店舗
 これまでの感想

元々は中華料理、「醤油」でアレンジした来々軒から108年…!

00176
 だからこそ「浅草の店」、オールドスタイルにこだわるという与ろゐ屋さん

あらすじ
 小泉さんと全国旅行! 悠の妄想は、夏休み初日に浅草にくり出して始まった
 美沙と潤、3人、手近な浅草で済まそうと思っただけなのだが
 これが意外と楽しい!

 満足した悠は、実は朝から、ずっと浅草にいた小泉さんと遭遇

 彼女のラーメン屋めぐりに付き合う内
 この店舗めぐりこそ、「小泉さん流の全国旅行」なのだと気付かされる

 満腹した悠は、ラーメンでなら一緒に旅行してくれるんだ、と断られるのだった

 次回、ラーメン大好き小泉さん 第8話「ご当地袋麺/家系」

悠『久留米…、九州……、随分遠くにきちゃったね?』

00000
 前回朝ラーメンに冷やしラーメン、どちらも、特定地域では日常的な品
 続いて、各地の名店が集まる「ラーメン博物館」を訪れ
 ドイツの幼女と出会う

 もちろん小泉さんの隠し子でなく、レギュラーでもなかった

悠『まさか夏休みに、こうして小泉さんと旅行できるなんて…』

00001
00002
00003
00004
00006
00008
 日本海側をぐるりと旅して、今は九州…

当然です
 サブタイ「全国」とは、文字通り全国ラーメン味勝負編…! ではなく夏休みラーメン旅行
 日本全国を、水戸黄門以上に回るのだ…!
 と

 ねえ小泉さん、次はどこ行く? ここで終わりって訳じゃないよね

 勢いで東京から千葉
 北上して青森、富山と日本海側を巡り、今は九州入りしたという

 夏休み、それは人類最後のフロンティア。

夏休みです、進学を考えている人も、そうでない人も…』

00009
 時間はチョッピリさかのぼり、発端となる終業式の日
 可愛い山田先生は、「有意義な夏休み」を言ったのだが
 終わった途端にはしゃぐ悠!

 旅行に行こう!と、美沙と馬鹿騒ぎしていた悠、夢見ることは自由だから!

『旅費、どうするの?』『どうにかなるでしょー♪』

00010
00011
00012
00013
00014
00016
00018
00020
00021
00022
00023
00024
 友情と進学、どっちが大事なの!/進学/ですよねー

リミッター解除
 時間と熱意があっても旅費がないし、日頃、塾に通っている潤も付き合えない
 色男、金と力はなかりけり…、とはちょっと違う。
 が

 夏休みはどうするの? 私達と一緒に旅行とかいかない?

 台湾?バリ島? でも予算はない!
 さすが、日頃から小泉さんを誘う勇気がある女、無謀は悠のトレードマークですね!

 無謀と勇気は、ラーメンとソーメンくらい違うんです!

『お断りします、明日は旅行に行くので』

00026
00028
 日本全国です…と、謎めいた返答を返した小泉さん
 もはや、「付いて来い」と言ってるようにさえ見える
 謎めいた返答を返す小泉さん

 小泉さん、相変らずミステリアス・パートナーですねえ…、で翌日。

美沙『夏休みなんだから、気合入れて行くわよォ!』

00031
00032
00033
00035
00036
00039
00040
00041
00042
00043
00044
00045
00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
00054
 やっぱり、最初はこれでしょー!/そうなの…?

ニアミス小泉さん
 翌日、結局3人娘は、手近な「風(花)やしき」を訪れ、特に美沙は満喫する
 しれっと、絶叫マシンに怯えてる潤ちゃん!
 で

 おっ…、「いいね」付いてるぅ♪

 子供用カートでドヤ顔…
 こういう場所でも、全力で楽しめる美沙ちゃん、まさに人生の達人と言えましょう

 ノーコスト・ハイテンション!

潤『昨日は…』

00055
 前日、二人に浅草行きを提案され、もちろん美沙はグズったのだったが
 潤は塾があるし、悠も夕飯当番があるから
 時間も予算も近場で済まそう
 と

 一番ぐずったのに、一番楽しんでる、何だよ美沙ちゃん最高かよ!

潤『…この歳で、お化け屋敷って……』

00056
00057
00058
00059
00063
00064
00066
00067
00069
00070
00075
00076
 何か、キャッ♪って可愛い悲鳴が聞こえたような?/言わないで…

美沙ちゃん可愛過ぎ大事件
 むしろ、ぶつくさ言うのは潤だったが、一番「お化け屋敷」を堪能したは彼女という。
 眼鏡に冷え性、神経細い…、弱点めっちゃ多いな!
 で

 浴衣?/お祭りか何か、あったっけ?

 すわラーメン博物館再び?
 と思ったら、観光地らしくレンタル浴衣で盛り上がっていたらしい

 前回のハナちゃん、また出ませんかねえ

『いいねー』『どれにしよっか♪

00079
 実際、浅草のレンタル浴衣や、中には陸海軍の軍服や人力車まで担う店
 その名も「浅草 時代屋」さんとか有名らしいですが
 取材欄には特に。

 というか、「花やしき」も取材協力になかったのが、少し意外でした

美沙、賑やかなの大好き! テンション上がるぅっ!』

00081
00082
00083
00085
00086
00087
00089
00091
00092
00094
00095
00097
00098
00100
00101
00103
 あれ? 今そこに小泉さんが…?

仲見世見物
 さすが! 夏休み初日とあって、東京有数の観光地は大いに盛り上がっていた!!
 潤ちゃんさん、さすが浴衣が似合うわね!
 で

 あんた、だんだん壊れてきてない…?

 センサー系が研ぎ澄まされる悠
 浴衣も3者3様、特に美沙のはしゃぎっぷりには、作画体力が費やされている!!

 悠も、黙っているとボーイッシュ美人なんですよねー。

美沙『いいよっ! 撮って撮って? いえーい!!』

00104
00105
00107
00108
00109
00110
00112
00113
00115
00116
00119
00120
00122
00123
00124
00126
00127
 あった!メロンパンっ!!/けっこう、並んでる……。

浅草大好き大澤さん
 普通に女子高生の日常が描かれすぎて、視聴者に静かな動揺が広がる一幕
 いいよね、美沙のはしゃぎっぷりが最高ですぜ!
 で

 ちょっと休もうか?/賛成ーっ

 何より「周りが見てる」。
 雷門とか、はしゃぐ3人を周りを見てるのが何だか妙に楽しいです

 潤ちゃんのうなじ、素晴らしいですよね…。

潤『もう、見ただけで涼しくなるねー♪』

00128
00129
 アニメの宿命で、見てる側は冬まっさかりなので変に笑えますが
 やっぱり、食べ物作画が綺麗な作品ですね
 カキ氷って難しそう

 添えてあるお茶が、すげえ美味しそう。
 
潤『夏休みの課題に、レポートってあったでしょ?』

00130
00132
00134
00136
00142
00144
 二人は、何て書くの? 将来、なりたい職業とかって、あったりする?

先の事はノー・プランだ!
 冒頭のバリ島発言もですが、まだまだ、将来とか現実とか考えていない悠
 一方、美沙は「進学しない」事も視野に入れている
 が

 アイドルとかモデルになったら、学校いってる場合じゃないでしょ?

 悠より重症だった…。
 一瞬、「あれ? この子ちゃんと将来考えてる?」とやってからコレだよ!

 実際可愛いからね、薄い本だね。

潤『こんな時、軽く答えが出せる二人が羨ましい…』

00147
00149
 早くも受験ノイローゼに突入するなど、神経の細い潤は悩んでいた
 文系か理系か、それさえ曖昧模糊としており
 ひたすら悩む日々らしい

 ラーメンというより、ソーメンみたいな神経の細さである。

悠『うーん…、ラーメンに携わる何か、かな』

00154
00157
00160
00162
00163
00164
00167
00171
 そう! ラーメンが大好きな小泉さんを、世に広めて回るっ!!

小泉Walker
 悠も、てっきりラーメン屋でも始めるかと思ったら、思わぬ方向に飛んでった!
 これ最終回、「本作は悠が描いた漫画だった」ってオチだ!
 で

 真面目に聞いた、美沙がバカだったわー

 無駄に動く悠いいよね…
 今回、聞けばアニメオリジナル回だそうで、妙に動きまくる回になってる!

 本作は、「ラーメンWalker」が取材協力しております!

悠『お昼、何にしようか?』

00173
 潤と美沙も、小泉さんの話に、ラーメンしか浮かばなくなるほど汚染されており
 今回、事実上の一軒目「浅草名代らーめん 与ろゐ屋」へ
 ちなみに「よろい屋」らしい

 有名店で、コンビニでもコラボカップ麺を出してる程。

おまたせしましたーっ

00174
00175
00176
00177
00178
00179
00182
00184
00185
00188
00190
 こういう、いかにも中華そばって感じの味、ときどき無性に食べたくなるのよね~

浅草名代らーめん 与ろゐ屋
 美沙は「らーめん」、潤が「梅しおらーめん」でしょうか。美味しかったそうな。
 また「双子玉子らーめん」というのもあるそうで
 で

 今度、小泉さんを誘ってこよう!

 悠うしろうしろー!
 こちらは、鶏と豚の出汁に、にぼし・かつお節・昆布で仕上げたのが基本らしい

 そこに梅の酸味…? 気になる…。

潤『なんだかんだで、堪能しちゃったね?』

00195
 ラーメン完食後、潤の塾の時間で、三々五々に帰る事に
 特に潤、なんだかんだで楽しんでたあたり
 彼女も素直な性格ですわね

 しかし悠、仲見世を抜けて帰る事に…。

できれば今度は、小泉さんと一緒に…!』

00197
00200
00203
00204
00205
00207
00210
00212
00214
 よし、夏休み中に小泉さんを誘ってまた来よう!/お断りします

バック・アタック
 毎度ながら、妄想の中では、悠が完全にカレシ化しててどうなのだろうか!
 悠ちゃん、心の性別が間違ってる!
 で

 ここの醤油らーめん、すっごく美味しいんだよっ♪

 めげずに誘うタフネス!
 にしても小泉さん、海外からの旅行客にしか見えませんね

 浅草にいたら違和感なさすぎる。

浅草でラーメンなんて、珍しいね♪』

00219
00220
00224
00225
 何を言っているのですか?

100年史の原点
 何気なく訪れ、何気なく口にした悠は、ラーメンマニアの導火線に火をつけてしまう
 浅草は、知る者には“聖地”なのですから
 と 

 ここ浅草は、総ての…、始まりの地…なのです。

 そうか、もう8年も経つのか…。

『ねえ、キャリーバックの中は何なの?』

00227
00229
 お土産のラーメン、ラーメンウォーカー、それにお腹が空いたとき用のラーメンです
 ラーメンしか入ってねえ!
 ぎっしり!

 悠曰く、「私、ラーメンになりたい」。詩人ですね…。

小泉さん『所説…、色々ありますが』

00230
00232
00233
00237
 にしても私服の小泉さん、初めて見たよ~♪

所説アリマス
 明治時代、1910年に「来々軒」が創業、提供したラーメンが日本ラーメンの原型とされる
 諸君、我々は“ラーメン100年目の時代”を生きているのだ…!
 と

 旅行って何処に行くの?/…まさに今、その最中です

 ブレない悠はともかく!
 浅草を発祥の地とし、先の与ろゐ屋は、敢えて“懐かしい味”にこだわっているという

 中華料理を元に、来々軒は醤油ベースの味を出していたというのだ。

悠『…趣のあるお店だね?』

00240
00241
00243
00246
00247
00249
00256
00258
 へえ~、シンプルなラーメンだね?

自家製麺 伊藤 浅草店
 続く伊藤は、九十九里産の高級煮干を、一杯あたりを約40グラムも使用
 こう見えて、しっかり旨みを凝縮した醤油スープだ
 と 

 シンプルだけど、味わい深い…!

 見落としそうな外観
 それでも成り立つ、しっかりしたファンを掴んでいるという事でしょうか

 トンコツの強い味を好む悠も、感じ入る滋味…!

小泉さん『次はこちらです』

00263
00264
00266
00267
00270
00276
00278
00281
 そばから発祥した青森のラーメンは、油を一切使わないのが特徴です

青森ラーメン
 続いて醤油が香る青森、「中華そば つし馬(つしま)」さんも煮干しラーメン
 そば同様、油がまったく浮いていないのだ
 と  

 確かに、スッキリした味だね! その分、煮干の風味を感じるよ~

 もちろん一概には言えないでしょうが
 スッキリした味で、特に津軽は「朝から食べられるラーメン」としても知られるそうな。

 青森ラーメンは歴史も古く、大正時代には既に存在していたらしい。

小泉さん『…そろそろですね』

00284
 本日3杯目完食…! さすがの悠もギブアップ寸前…!!
 と思いきや、既に時計は17時25分にさしかかり
 小泉さんが動いた!

 待ってたぜェ!! この瞬間(とき)をよぉ!!

小泉さんと食べるラーメンは別腹っ♪』

00287
00288
00289
00290
00292
00295
00299
00304
00309
00310
00311
 え…!? 何これスープが黒い!?

与ろゐ屋、再び
 お目当ては「富山ブラック」、北陸富山のご当地ラーメンを、与ろゐ屋がアレンジした物
 夜のみ、限定提供されるラーメンなのだ
 と

 んー…! 濃い味っ!! 胡椒と柚のアクセントがいいっ!

 昼と夜で提供されるメニューが変化する店
 二毛作ラーメンと呼ばれる形態で、中には「土日と平日」で変えるお店もあるそうな

 代名詞の「オールドスタイル」以外も、こうやって提供するワケですね

『なんだか、ラーメンで旅行してるみたいだね?』

00314
00316
 そう! 冒頭、悠でも日本全国を旅行できた理由とはこれ!!
 小泉さんは、東京で提供されている「ご当地ラーメン」を
 旅行するように巡っていたのだ

 いながらにして、津々浦々の味を楽しめちゃう!

小泉さん『私は、それをめぐる“旅”をしているところです』

00320

 ですから、そう言ったはずです

 東京の下町で生まれた醤油ラーメンが、様々な形に進化して全国に広がり…
 ここ浅草を巡るだけでも、日本中の色々なラーメンと
 出会う事が出来るのです

 私は、それをめぐる“旅”をしているところです


00323
00329
00330
00333
 そっか~、私、小泉さんと旅行してるんだ~♪

お好きにどーぞ
 元は、下町の料理屋が出したアレンジ料理が、いつしか全国に広まって進化し
 それらが、ここ「浅草」に戻ってきたのだ…
 と

 ここまで来たら最後まで付き合うよ~! 是非ッ!!

 一杯のラーメンにだって、経た歴史とロマンがある!
 悠ちゃんには愛がある!

 小泉さん、今週あんまり断らない!

わぁい! とんこつだ~♪』

00334
00339
00344
00347
00348
00352
00354
 ん~、うまいっ!

うまかっちゃん久留米とんこつ
 一口、唸って「うまいっ!」が最高に嬉しそう! やはり博多ラーメンは地上最強ですね!
 とはいえ、“博多ラーメン”も実に多様だ
 と

 とんこつ発祥の地、久留米の味を受け継いだコクのあるスープと…

 ストレートな細麺!
 福岡県北部の都市が博多、対し久留米は、「大砲ラーメン」などが有名どころでしょうか

 福岡県南部で、焼き鳥屋密度世界一という噂の都市だ!

悠『久留米…、九州…、ふふっ、随分遠くに来ちゃったね?』

00359
00360
00361
00363
00370
 そしてこちらは、佐賀の有名店「精養軒」の味を継承する伝説の佐賀ラーメン

レジェンド・オブ・サ・ガ
 数ヶ月熟成させた、濃厚なとんこつスープと、ふっくら柔らかい麺が特徴だという
 とんこつながら、太麺に仕上げられているのだ
 で

 ホントだぁ♪ 麺がふっくらしてる~、とんこつラーメンにも色々あるんだねえ…

 やだ今週の小泉さん優しい…
 悠のトンコツ好きを知って、このチョイスをしているように感じる…!

 佐賀…、それは最後のフロンティア。

『今日は、このお店で最後です』

00371
 本日のラストナンバーは、「らーめん弁慶 浅草本店」だという小泉さん
 付き合う事はない、オーバー胃袋で自爆するだけだと諭すが
 悠、本日7杯目にアタック!

 もうやめて悠! あなたの血糖値はもう限界よ?!

悠『ここまで来たら、引き返せないよ…、醤油とんこつ?

00373
00374
00376
00377
00379
00385
00388
00390
00393
 下町に愛された江戸っ子ラーメン、ここ浅草を中心に広がっていった味です

リターン・トゥー・フォーエバー
 最後は、「醤油」から始まった浅草ラーメンと、九州で派生した「とんこつ」の超融合!
 現スタンダードの一つ、醤油とんこつ!
 と

 浅草から広がったラーメンが…/…東京に帰ってきたんだ

 〆に相応しい一杯
 コッテコテだから、味的にはビッグバンだけどな!

 無骨、典型的な店構えに不釣合いな二人!

悠『うー…、夏休み分のラーメン食べたぁ~』

00394
00395
00401
00406
00411
00416
00418
00419
00421
00422
00423
00425
 なんだか、小泉さんと最初にラーメを食べた時の事を思い出しちゃった♪

はて、いつの事でしょう
 すっかり食べ過ぎた悠、でも強烈な満腹感は、初めての“二郎”の感覚を思い出させた
 あれから数ヶ月、相変らず「お断りします」ばかりだけど
 と

 見て、小泉さん! 来週花火大会があるんだって!!

 悠の妄想癖はますます加速
 小泉さんも、「ラーメンの旅行」なら付き合ってくれるようになったんだ、と。

 この一歩は小さな一歩だが、体重増には大きな一歩だと…!

『……なんで食事当番サボった?』

00431
00432
00434
 ぜ…、全国を旅してて…すっかり忘れてたお兄さん!
 そういや、だから早く帰らなきゃって…
 待ってたのかよ律儀に!

 何気に律儀だな! 仲良しか!

余談ですが、日本初のラーメンといえば

00224
 日本で最初に食べたのは、先の副将軍・徳川光圀公、水戸黄門だった…
 という説があり、再現したものがラー博にあるという。
 その更に200年前にあったという話も

 また水戸黄門が食べたものは、ラッキョなんかが薬味に使われてたらしい。

2018年2月15日 ラーメン大好き小泉さん 第7話「全国」

00164
 やっぱり過去最高に作画監督が多い!

スタッフ
 脚本:高橋龍也
 絵コンテ:田所修
 演出:村田尚樹
 作画監督:山村俊了、服部益実、高橋成之、小橋陽介、一ノ瀬結梨、大庭小枝
 総作画監督:谷拓也、小関雅
 アニメ制作:Studio五組AXsiZ
 原作:鳴見なる/竹書房(漫画)
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

予告・悠『フワッホウ!

00081
00085
00089

 悠「フワッホウ! 私、この間、小泉さんと全国旅行に行ったんだ!
 悠「あー、旅行先の小泉さん可愛かったなぁ…

 美沙「はいはい、夢の話はいーから、それよりさー、今度海に行かない?
 悠「いいねえ、小泉さんも誘って!

 悠「小泉さんの水着…、小泉さんの水着…♪
 潤「絶対来ないと思う…


00437
00441
 最後のほうに出た弁慶などは、取材協力にはクレジットされず。

ラーメン大好き百年史 
 まるで、見る番組を間違えたかのような浅草観光にスタートしましたが
 すべては、ここが日本式ラーメン発祥の地だ…
 って話に繋がってたんですね

 以前、ホントに旅行にいった彼女だけに、てっきり…。

 今、浅草は全国に波及したラーメンが戻ってきた場所
 捉え方一つで面白い

 私服に浴衣、妄想もマシマシ回だった!

 次回、ラーメン大好き小泉さん 第8話「ご当地袋麺/家系」

各話参考

 第1話 ヤサイマシニンニクカラメ…、ラーメン二郎
 第1話 まーゆ…、なんつッ亭
 第1話 こってり…、天下一品
 第2話 北極…、蒙古タンメン中本
 第2話 コココココイズミサン…、パパパパパイン柳屋
 第3話 サイミン…、「ハワイのマクドナルド」「えぞ菊」「天下一品」「らーめん山頭火」
 第3話 味集中カウンター、…一蘭
 第3話 即席麺、…メーカー問わず。
 第4話 ようしょくてん…、たいめいけん
 第4話 赤or白…、博多一風堂
 第4話 コンビニ…、どう見てもセブンイレブン
 第5話 トマトラーメン…、太陽のトマト麺(太陽のトマト麺NEXT)
  第5話 ミドリムシ…、山手ラーメン本郷 安庵
 第5話 行列…、麺創房無敵家
 第6話 朝ラーメン…、ラーメン凪
 第6話 冷やし…、麺ダイニング ととこ
 第6話 博物館…、新横浜ラーメン博物館
 第7話 全国…、与ろゐ屋らーめん弁慶
 以下「食べログ」より、伊藤中華そば つし馬精養軒
 第8話 ご当地袋麺…インスタントラーメン甲子園 居酒屋さくら
 第8話 家系…家系総本山 吉村家
 第9話 山…マルタイ棒ラーメン筑波山
 第9話 豚野郎…秋葉原総本店 野郎ラーメン
 第9話 背脂…ホープ軒
 第9話 背脂…、野方ホープ平太周 味庵(食べログ)、なりたけ無鉄砲
 第10話 未知味の拉麺… ラーメン菊や(ねとらぼ より)
 第10話 まわるラーメン… スシロー(店名的に)、かっぱ寿司(メニュー的に)
 第10話 挑戦受付中!!… 神楽坂飯店(週刊アスキーより)
 第11話 美味しいラーメン… どうとんぼり神座
 第11話 大阪…麺屋 丈六ぼっこ志塩専門 龍旗信らーめんstyle JUNK STORY麺のようじカドヤ食堂世界一暇なラーメン屋金龍ラーメン
 第12話 名古屋…Sugakiya
 第12話 再会…荻窪中華そば春木屋


 ラーメン大好き小泉さん 第1話「ヤサイマシニンニクカラメ/まーゆ/こってり」
 ラーメン大好き小泉さん 第2話「北極/コココココイズミサン」
 ラーメン大好き小泉さん 第3話「サイミン/味集中カウンター/即席麺」
 ラーメン大好き小泉さん 第4話「ようしょくてん/赤or白/コンビニ」
 ラーメン大好き小泉さん 第5話「トマトラーメン/ミドリムシ/行列」
 ラーメン大好き小泉さん 第6話「朝ラーメン/冷やし/博物館」
 ラーメン大好き小泉さん 第7話「全国」
 ラーメン大好き小泉さん 第8話「ご当地袋麺/家系」
 ラーメン大好き小泉さん 第9話「山/豚野郎/背脂」
 ラーメン大好き小泉さん 第10話「未知味の拉麺/まわるラーメン/挑戦受付中!!」
 ラーメン大好き小泉さん 第11話「美味しいラーメン/大阪」
 ラーメン大好き小泉さん 第12話「名古屋/再会」【最終回】