弐瓶勉 人形の国 2巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり これまでの感想一覧 前巻の感想
新ヒロイン二人。仇討ち再戦、“戦う動機”を終えたエスローが選ぶ道は…?

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_9069
IMG_9067
IMG_9058
開幕、モッサモサ擬態タイターニアに笑い、仲間と「敵となった身内」の新ヒロイン登場へ
 復讐を求めて、騙し討ち同然に敵“人形”を狩っていくエスロー!
 宿敵も倒し、「戦う動機」を失う事に

 仲間の仇イーユを討つも、今後は「恨まれる側」になってしまうのか?

地底信仰者の国
 本作の重要設定、自我を失う「人形病」患者を、地底への巡礼者と捉える信仰者も登場
 おそらく人形病、科学的に何か理由があっての状態なのでしょうが
 宗教化するのが面白いですね

 また本作の舞台、私は「シドニアの騎士」の遥か未来だと考えます(後述)。

イーユを討ち、仇討ちを果たしたエスロー。しかし今度は彼自身が…?

IMG_9049
 同郷の少女ビコが洗脳、人形化。今後は逆に、「イーユの仇」だと彼女に狙われる…?

あらすじ
 故郷「白菱の梁」を滅ぼした仇、帝国の正規人形、イーユを討つべく旅を始めたエスローは
 まず強くなる為に、エイルとエイム、ジーオなど帝国の人形たちを討ち
 彼らの「エナ」を奪ってゆく

 最中、地底信仰者の人形ケーシャが、タイターニアに協力すべく仲間に

 またイーユは、エスロー同郷の生き残り「ビコ」を洗脳し人形化するが
 エスローは辛くもイーユを討つ

 しかし勝利の余韻を前に、帝国上位の人形フューマとアイム参戦し…?

本作の副題「アポシムズ」とは、消息を絶ったシドニア僚艦の名称

IMG_3574
 一巻冒頭より。アポシムズは、シドニアで「消息を絶った同じ播種船」として描写。

人工天体アポシムズ
 本作、「シドニアとの関係は?」と取り沙汰されますが、私の考えでは未来だと考えます。
 消息を絶ったアポシムズが、独自に発展していたという見方もできますが
 天才・落合の技術が、そのままの名で登場していますし

 私はシドニアから分派した末裔が、アポシムズの名を借りたと考えます

 或いは弐瓶先生得意のスター・システム?
 単に、同じ名前の技術が登場、ファンに対するサービス(説明軽減)になっているだけなのか?

 しかし今回は、アポシムズの名を副題に使ってるのが意味深に感じます。

タイターニア『私も見た目を少し変えるわね』

IMG_9068
IMG_9067
 なんだそれは!?(エ)/毛をはやしたの(タ)

生やせるんだ…
 開幕からモフっていくタイターニア、次は「多脚」輸送が賑わう、大きな町でした
 妙に手間のかかる、車輪を使っていない独特の構造は
 どういう利点があるのでしょうか

 地上は元々居住区じゃないし、平らじゃない部分が多かったんですかね?

 とまれ人形病患者が多数隔離
 人形病とは、罹患すると徐々に「人形」化、最後は意思を失ってしまうようです

 患者は差別されるので、できるだけ身を隠してるみたいですね

人形病患者」と誤解され、捕まってしまうエスローさん

IMG_9066
IMG_9065
IMG_9064
 今度の「帝国の正規人形」は、少年だか少女みたいな双子、エイルとエイム。

闘技場の町
 ここが賑わっているのは、どうも、「人形病を嗅ぎ分ける」自動機械で患者を捕縛し
 人権のない彼らを、闘技場で残忍に殺させる事で
 興行を行っている為らしい

 殺させるのは、遺跡深部で発見された、大型自動戦闘機械!

 迫力はとんでもない!
 しかし「人形」より古い兵器だったのか、あっさりエスローが粉砕に

 兵器、なまじ人っぽい顔に残虐性を感じます

“下位転生者”ながら、双子の連携を活かした高速戦闘! エイルとエイム

IMG_9063
IMG_9062
IMG_9061
 しかしタイターニア、ゴスロリっぽい服を解き、相手を拘束する新技を披露

脱衣アタック!
 高速戦で、こちらの装甲に手をかけ、引っぺがしてしまう手法をとる双子
 装甲が硬くても、可動を確保する為に継ぎ目がありますから
 シンプルに厄介な手法!

 しかしエスロー、その速度に、徐々についていく射撃勘を見せる

 或いは最初は手加減したのか?
 いずれにせよ、「長引くと不味い」と二人は勝負を焦り、タイターニアの拘束にかかって…

 タイターニア、いきなり出てくるのはズルいな!

しかし安心して下さい、双子はもっとズルかった!

IMG_9060
 これだけ大掛かりな砲台で不意打して、なんとか…というのが人形の怖さ

ずるいぞお前!
 まさか、敵になじられるとは思いませんでしたが、劣勢の双子は「数」を動員
 復讐者であるエスローが、生身の敵兵を皆殺しにしていく姿
 ダークヒーローと呼ばざるを得ない

 しかし、「抗エナ剤」というもので、人形の力を弱められるらしい

 敵兵士の命懸けの攻撃で、劣勢となるエスロー
 人間でも、装備で何とかできるのね

 犠牲もとんでもねえですが…

逆転、双子打倒! 「地底信仰者の国」から来た人形、ケーシャの助け

IMG_9059
IMG_9058
 仇の「氷使いイーユ」のように、元素使いというカテゴリがあるらしい

雷使いケーシャ
 彼女の助けで一発逆転…、と思いきや、「抗エナ剤」を駆使する双子に反撃されるケーシャ
 逆に、エスローが助けに入る事で打倒に成功する下りは
 助け合う大切さを感じます

 また彼女らは、「人形病は人類が地底に背いた罰」という地底信仰者

 人形病患者は“神聖なる地下”への巡礼者。
 本作は現在、遥か昔、地下にある「本来の居住区画」から追い出された末裔の世界です

 その歴史が宗教化、信仰者を生んでしまったんですね

地底の使者タイターニアは、信仰者にとって神にも等しい存在だという

IMG_9057
IMG_9056
 初めて素顔を晒した時といい、ケーシャかわいいな!

スーパー意地っ張り大戦
 エスローの仇「帝国」は、惑星が人工物だと理解し、地下居住権を奪い返すベく戦う
 歴史を宗教化し、信仰する彼ら“イルフ・ニク”は正反対の存在ですから
 戦争は必然かもしれません

 しかし彼らは生きている! 弐瓶人類、脆いようで本当タフだな!!

 首都を失ったが、国王(代替わり?)も健在。
 滅びたんじゃないのか?というエスローに、怒りの表情を見せる場面もありました

 協力者するも、「田舎者」「無礼な奴」と、ムキになるのが微笑ましい。

ケーシャの助けを得て、「正規人形狩り」は加速

IMG_9055
 いかにも強そうな帝国人形「ジーオ」、不意打ちで瞬殺

エスロー復讐の旅路
 彼らは、前巻も出てきた「列車」等、遺物化し使えない車両をタイターニアの知識で活用
 神出鬼没で、帝国の正規人形を狩っていく姿
 ルール無用の残虐ファイト!

 主人公側の不意打ち暗殺作戦、キン肉マン初期の北米編を思い出しますね!

 今までのエスローは射撃戦
 しかし高速近接戦、ケーシャ加入によって、彼の支援攻撃力が活きる事に

 やっぱり近遠、両方揃うと強いですよねー。

しかしケーシャ嬢、ナチュラルにエスローを「召使い」扱いする場面も

IMG_9054
IMG_9053
 やりとりからして、ケーシャって良いとこの嬢ちゃんっぽいですね。

コードとは何か?
 また「人形化」に用いるコードは、使った後も大事に持ってて、とタイターニアが念押し。
 その理由を、彼女が話せないと口をつぐんでしまったのは
 どんな意味があるのでしょう

 たとえば、人形が破壊されると、また「コード」は使えるようになるとか?

 現在のエスローは妙に強いです
 理由として、もしや「前任者の経験を引き継ぐ」とかあるとしたら?

 人形化は、地底信奉者には名誉の様子。

エスローの仇イーユ、「人形狩り」に業を煮やし非道な手段に

IMG_9052
IMG_9051
IMG_9050
IMG_9049
 エスロー故郷の生存者「ビコ」を洗脳、人形化して差し向けるイーユ!

帝国人形「ビコ」
 出オチで狩られた帝国人形、盗み慣れたのか、帝国の食料を嬉しそうに漁るタイターニア
 扉絵ケーシャも可愛く、第7話は見所が多かったですね!
 てか生き残りいたの!?

 ケーシャ加入後、いきなり殺した「帝国人形」ジーオ、イーユと親しかったらしい。

 仇討ちを続けるエスロー
 しかし彼も、帝国から見れば既に「仇」となっちゃってるんですよね

 でも、故郷を「ゴミみてえな国」とか言われちゃ黙ってられん!

イーユとの再戦は、エスローに異常な能力を目覚めさせる

IMG_9048
IMG_9047
 ビコの能力は「切断」、建物も真っ二つ、戦車やミサイルに劣らない刃物!!

イーユ氏、超高速驚愕解説
 本作は、シドニアでは敵生命体ガウナを覆う素材だった、エナで「鎧化」して戦います
 おそらく「鎧」は、コードに記録された固有デザインのはずですが
 エスローは独自デザインを成型

 彼の所業は、大量のエナを蓄えておける大容量と、優れた制御センス必要

 これ自体が、帝国でも数えるほどしか出来ない技術な上
 何気なく高速成型しています

 エスロー個人か、或いはコードが、タイターニアの“地底由来”である為でしょうか?

イーユの秘策、事前に「超構造体の落とし穴」を仕掛けていた!

IMG_9046
IMG_9045
IMG_9044
IMG_9043
IMG_9041
 今後は、このビコに、「イーユの仇」として追い回されることになる…?

仇討ちと身内
 しかし、ケーシャ捨て身の攻撃と、「盾を成型する」エスローの離れ業でイーユに反撃!
 鎧の新規成型どころか、新しいパーツを作り出すなんぞ
 桁が違いすぎる所業だった!

 結果、エスローが戦う動機だった、「仇」イーユ打倒に成功

 喜んでくれるタイターニア!
 でもエスローの性格だと、「これで戦う理由がなくなった」とか言いだしそうですよね

 でも面倒見の良い兄さんだから、今後はタイターニアの為に戦う事に?

強襲、フューマとアイム! 格が違う奴が来たって話さ!!

IMG_9040
 眼鏡の女性は「アイム」、なんと馬型になる人形だった!

対話か戦闘か
 作中、非道なイーユと比べて穏健で、優れてた人物らしいフューマ。かっけえな!
 彼の実力は、現れただけでタイターニアが絶望するほど
 推して知るべしですね

 この「馬型」は規定能力なのか、それとも使い手が独自に獲得したのか?

 戦う動機を失ったエスロー
 次は、洗脳されてしまった同郷人「ビコ」救出と、タイターニアへの恩返し?

 単に敵を討つより、困難な旅路になりそうですね

収録

IMG_9039
 エスロー手製のハンマー、「何らかの部品」という雑さに笑う。

 シリウスコミックス「人形の国 2巻」。弐瓶勉
 月刊少年シリウス連載、講談社発行。
 2018年2月(前巻2017年5月発売)

収録
 4第~9話
 サブタイトルなし

シドニアの騎士 感想

 シドニアの騎士、原作コミック購入(ネタバレ無し)
 シドニアの騎士 1巻
 シドニアの騎士 2巻
 シドニアの騎士 13巻
 シドニアの騎士 14巻
 シドニアの騎士 15巻(完結)

■アニメ版感想
 シドニアの騎士 第一期 放映終了、感想
 シドニアの騎士 第九惑星戦役編 全12話(24話)感想

人形の国 感想

 人形の国 1巻“極寒の人工天体”
 人形の国 2巻“仇討ちと身内” エスロー人形狩り!