試し読み シャアの日常 7巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 本田雅也&南北 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
彼らには帰るところ(アパート)がなくなるんだ、こんなに悲しい事はない…!

00054
00053
00029
00033
新刊出ないと思ったら、シャア主役編、THE ORIGINと時期を合わせたか!
 今年の劇場作、閃光のハサウェイに繋がるハサウェイとクェスも登場
 タクシー、保育士と今巻は大車輪で働くシャア!
 アパート存亡の危機到来!?

 住むところが駄目になるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ!

通常の3倍の転職
 地上波版のTHE ORIGINは、“王子”シャアが故郷を失う話でもありますが
 本作でも、同じく家を失って金策に翻弄
 シャアが(保)父をやっている…

 この西(シャア)が、ハサウェイ、クェスの(保)父になろうというのだよ!

シャアの日常 7巻 感想

 第58話「シャアの天敵」
 第59話「シャアの工作」
 第60話「シャアの水没」
 第61話「シャアのまぼろし」
 第62話「シャアのタクシー」
 第63話「シャアの出馬」
 第64話「シャアの保育」
 第65話「シャアのロマンス」
 第66話「シャアの親子」
 描きおろし「シャアのお迎え」
 扉絵シリーズ「シャア専用職歴(仮)/ツイッターより
 これまでの感想

父は家族を、子も亡き母を思って。保育園長・ミライさんも登場!

00035
 ミライさんに接するブライト、むしろZZでの浮気時代みたい!

あらすじ
 時は昭和90年代の2月、牙流馬はオウムの“牙美(ガウ)”を贈られ
 霊は水道を壊し、西(シャア)は水道を直し
 結果アパート全体を水浸しに

 アパート修繕費、4000万円を稼ぐべく西は就職

 タクシーに、議員選に、非正規の保育士に奔走し
 ブライトとミライは距離を近づける

 しかし西(シャア)は、夢で「クワトロ」とブライトに呼ばれて…?

第58話前巻、ドイツに骨を埋めるとか言ってたガルマだが

00004
00006
00009
00010
00012
 前巻で渡独行きは延期、さらに変なオウムを飼う様になったッ!?

第58話「シャアの天敵」
 その名も牙美(ガウ)。やだなー、謀られて栄光あれじゃないですか!
 ところが、本作ではむしろ謀っていくスタイル
 前世の行いが悪かったか

 オウムに謀られ、あっさり殺されそうになる西(シャア)!?

 劇中は二月、年末年始に何もなかったとかボヤきつつ
 コタツでダラけるシャアとセイラ

 でも絵面が既におかしすぎる

 ガルマも、鳥が褒めてくれて一段とふてぶてしくなりました

 慣れていくのね…、読者でもわかる。

第59話「シャアの工作」。ああ、原作の名シーンを再現!

00013
00014
00015
00016
 霊くんの入浴シーン! ちがうそうじゃない(迫真)

第59話「シャアの工作」
 あちこち立て付けが悪く、しかもネジ回しが家になかった為
 シャア専用ねじ回しを購入する話
 やってみるさ!

 調子に乗って、「赤い水専」を始めようかというせいら!

 水道を壊してしまうのは、初代ガンダムの有名エピソード
 ミライさんのサービスカットでした

 構図まで真似て、何やってんだこの漫画(絶賛)

 ホームセンターや新しい工具、舞いあがるのは大人の特権だ

第60話。前回、張り切って水道修繕してしまった結果

00017
00018
00019
00020
 アパートが水没…、まさにスイートウォーター!

第60話「シャアの水没」
 上手いこと言ってる場合か! まあ“場当たり的な結果”ではあるけど!
 水道修理に失敗、コロニーもといアパートを破壊してしまい
 難民問題(シャア自身)が発生

 打開へ4000万円が必要に。新章“シャアの職歴”スタートだ!

 もっとも大家さん、どうも実家に頼ればなんとかなるらしい
 シャア同様に「実家が凄い」のか

 そうと知らず、西は「カイジごっこ」する事になり倍プッシュするのでした

 ギレン総帥みたいなあやとりだった!

第61話。似てるようで違う場所、巻末かきおろしのような違和感発生へ

00021
00022
00023
 と思いきや、単に隣町でしたオチ。

第61話「シャアのまぼろし」
 そっくりなのに少し違う街、消えたセイラ、別人のキシリア…
 アパートは、6年前に火事でなくなっていた…?!
 徐々に奇妙な物語

 遂に“この世界”の秘密が…?! でなく隣町オチ!

 ひっでえ漫画(賞賛)。
 最終回かと思い、ガチで騙されましたわ

 そもヤブに入って、「同じ場所に出た」のが前振りだったのね

 なんて手の込んだボケざんしょ!

第62話。車線変更とは いつも二手三手先を考えて行うものだッ!

00024
00025
00026
00027
 見える… 私にも信号が見えるぞ!

第62話「シャアのタクシー」
 色んな意味で出オチ感が素晴らしい! シャア専用タクシー!
 同回は、面接に向かう若者視点で描かれており!
 タクシーに乗ったら仮面さんだった
 なにそれこわい

 自信と、プロ意識だけはたっぷりなシャアが走る!

 また、タクシーと言えば無線
 無線と言えばガルマ

 無線機接触不良ネタをここでやらかすとは

 謀ったのはアンタでしょうが! 前世(?)で!

第63話。タクシー会社をクビに、カネもなく、彼に向いた仕事といえば

00028
 なお大炎上だったという

第63話「シャアの出馬」
 いかがわしい選挙コンサルに見初められ、選挙に出てしまうシャア
 ところが目立ち始めるや、II世議員に脅威と思われ
 コンサルを横取りされ大惨事オチ

 なんだかんだでちゃんと市民を守ろうとする辺り、ベルチルっぽい

 富野監督的には、シャアは私心なく民や組織に尽くす面もある
 と、ネオジオン総帥時代に描かれています

 もちろんこれでは道化でしたが!

 II世議員への同情、“父の名前”に振り回されたシャアっぽい台詞よねー

第64話。作画・南北先生が好きな人、遂にシャア日に登場!

00029
00030
00031
00032
00033
00034
 そう! クェスが噛んだんです! ミライ・ヤシマさんです!!

第64話「シャアの保育」
 父の話に続いて保父、やしま保育園! 昼飯代が浮くのだな!
 ガルマも言ってますが、なんだかんだですぐ職が見つかる
 フフフ、つくづく命冥加な奴よ
 運が良いって事さ
 
 保父といえば子供、子供と言えば父。ブライトさんも本格参戦

 本作では、ミライさん似の奥さんを亡くしてしまったとかで
 恋の予感しかしない…

 クェスの(保)父であろうとし、冷たくあしらわれるシャア

 シャア、貴様ともあろう男がなんて器量が…、器量が……!

 どうなんだろうなぁ器量が…!?

第65話。続・保育園。ハサウェイが、ハンバーグを食べたがってると知って…

00035
00036
 不器用なブライトとミライに、シャアは「中学生か!」と思ったという

第65話「シャアのロマンス」
 亡き母の得意料理、ハンバーグを懸命に再現しようとする父子
 それはそれで、失敗しても笑いのタネとなるのですが…
 ハンバーグだけに…

 そうと知らず、好物なのかとミライさんが作って拗れる事に

 シャアも手伝ったんですよ!
 だってほら保父だし! おこぼれも貰えるし!!

 シャアはハサウェイの保父になってあげようとしている男性だ!

 しかしまぁ…、男の子はいつだって強がりなのね!
 
息子のことばかり考える父、園長の姿に、羽佐上も強がってみせた…、が

00037
00038
 免許が役に立つかどうか聞く、それがミライさんの流儀だ

シャアのトラウマ
 ブライトも、妻の死後、息子が情緒不安定になったと内心を吐露しました
 ミライさんと打ち解けてくれ、ホッとしたと言うブライトですが
 シャアの返事に考えさせられます

 息子も妻の死後に、見えない形で無理をしていたのか

 仕事に家事に恋に手一杯だった父
 同じく(記憶は無いけど)、幼少期に母を失い苦労したシャア

 彼の言葉、息子の本音、向き合う時間を増やすブライトさんが素敵でした

 ラストシーンのシャア、貴様というほどの男がなんて器量の大きい… 

第66話。親子、再会の方法…、教えて! オッケーグーグル!!

00039
00040
00041
00042
 最下位の親子丼だったという

第66話「シャアの親子」
 違う! そうじゃないぞキャスバル・レム・ダイクン!?(シャアの本名)
 保育園ネタ、親子といえばブライトさん
 ハサウェイネタ!
 
 から繋げて、自分たち自身の親を知りたくなった西(シャア)

 こんな流れから、西さんが過去に興味を抱くなんて…
 なお兄妹愛を再確認した模様

 冒頭から、噂のグレート出禁(原作でのデギンの座乗艦)が描かれたし!

 ガルマも父の跡を継ぐ覚悟か…、…あれドイツ行きの話は…?

描きおろし。いまだに定職にない、と責められる「クワトロ大尉」

00043
00044
 お嫌いでしたか…? ふわとろ(ブライト)

描きおろし「シャアのお迎え」
 巻末夢オチ劇場はクワトロ、Zガンダムで名乗っていたシャア4番目の名前
 本名キャスバル、王子的な出自を隠す偽名エドワゥ・マス
 復讐の為の名前「シャア」
 Zではクワトロへ

 撃墜王シャア、国父ジオンの子として、高い政治力を秘めたシャア

 自らの影響力から、逃げ回っていた期間ともされるZ
 ブライトと共闘したのはZ

 今巻のフラフラした職歴と、Z当時のシャアを重ねていたのか

 ボケっぱなしだけど、しっかり話が繋がってて面白い

収録

00001
00003
00045
00046
00047
00048
00049
00050
00051
00052

























 扉絵も今巻「はたらくシャア」。いい蜂の巣駆除をしているな、それに度胸もいい

 角川コミックス・エース「シャアの日常 7巻」。脚本:本田雅也、漫画:南北。
 角川書店、ガンダムエース連載作品。
 2019年4月(前巻2018年1月)

シャアの日常 7巻 感想
 第58話「シャアの天敵」
 第59話「シャアの工作」
 第60話「シャアの水没」
 第61話「シャアのまぼろし」
 第62話「シャアのタクシー」
 第63話「シャアの出馬」
 第64話「シャアの保育」
 第65話「シャアのロマンス」
 第66話「シャアの親子」
 描きおろし「シャアのお迎え」
 扉絵シリーズ「シャア専用職歴(仮)」
 これまでの感想
 トップに戻る


 シャアの日常 1巻
 シャアの日常 2巻
 シャアの日常 3巻
 シャアの日常 4巻“時は昭和90年代”
 シャアの日常 5巻“アムロの日常”
 シャアの日常 6巻“引越しの栄光を 君に!”
 シャアの日常 7巻“クェス”通常の3倍の職歴