公式サイト アニメ にごじょ 25歳の女子高生 第4話 感想 同窓会の夜に レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 前回はこちら
蟹江くんやっぱり! WEB版チラ見せ、これ絶対入ってるよね…?

DUbxIyeV4AE6Ehc
00021
00006
放送部分さえ地上派に流せない蟹江君の本気! 今日は25歳同士だから…
 当人は「足を気遣って」の体裁で、隣から離れませんでしたが
 あれ絶対、俺の物オーラだしてたよね…

 やっぱり高校時代から花が好きだった蟹江、一途なケダモノいいよね…

その時はげしい光が起こった!
 蟹江君が解らない、鈍感な花さんこそ、どんだけ初心なんだ!ってな話ですが
 最後は、花を置いていってしまう事に。
 すれ違いスタート…?

 珍しく、悪い顔した花さんも可愛かった!

エンドカードは、うつぎゆあ先生!

DUbw57FUQAAMxWU
 やっぱり、蟹江くんさんにいじられる花さん光ってますね!

あらすじ
 同窓会、蟹江が傍を離れない事に、「怪しまれる」と口にしてしまった花は
 面白くない、という蟹江に男子トイレに連れ込まれ
 25歳対応の愛撫を受ける

 最中、男子が「付き合ってるんだろう」と噂するのを聞き、満足げな蟹江

 しかし蟹江が、高校時代に花を好きだったという話に移ると
 愛撫は限界を突破

 花は真意を確かめられず、蟹江は、独りで会場へと戻ってしまった

 次回、第5話「?」

前回、体育倉庫でも押し倒された花

00000
 相変らず、初心なあまり、無自覚に蟹江くんを挑発してしまう
 25歳で体操服、ツインテールで汗透けまで発動し
 体育倉庫で個人授業

 しかし今回は、10年振りに「同級生」として蟹江と同窓会に…?

へー、蟹江ってば何か雰囲気変わったね?』

00003
00005
00006
00007
00008
00009
 コイツなんか酷いんだぜ? 俺のこと全然覚えてなかったんだから

多分きっと
 前回、高校時代の蟹江は、茶髪でボッサボサしたお洒落ヘアでしたから
 今のスーツが似合う姿とはまるで別人…
 で

 俺は、一目で分かったのになァ…?

 たぶん一生責められる花。
 作中、これまで押し倒された3連発が挿入されるシーンも

 珍しく悪い顔の花! 

『一目でバレちゃったせいで…、私、あんな目に…!』

00010
 バレなければ、果たしてどうなっていたんでしょうね
 相田くん辺りに押し倒されていたのか
 別の男か

 坊主か、女装か、はたまたお見合いしていたか…。

『(やだ…、蟹江くんどうして私の傍にずっと居るの…?)』

00010
00012
00013
00014
00018
 足。…筋肉痛、大丈夫か?

マッスルデビル
 さっきも、女性陣の会話に割り込んだイケメンは、その後もぴったり離れない
 しかし花は、これを気遣いだと受け止める
 と

 もしかして、私のこと心配して…?

 きっとマトモに歩けない
 倒れた時、フォローできるように傍にいてくれるんじゃないか…?と

 蟹江くんは優しさとエロさで出来ている…!

『ちょ!?』『変に反応すると、怪しまれるぞ?』

00019
 やっぱり最低だこの人ー! そしてセクハラ!!
 この人、基本的にこういうプレイが好きなんですね!
 俺の物アピールなんですね!

 壁の花状態から、花の腰を抱き寄せるイケメン!

『蟹江くん! ずっと二人でいたら、怪しまれちゃうよっ!!』

00021
 面白くないな。

なんと破廉恥な!
 と一言呟くや、足への気遣いはどこへやら、花を引きずるように連れて行き…
 トイレはラブホじゃありませんよ!
 で

 今日はお前は学生じゃないから、ヤめてやらない…

 面白くないと燃えるタイプ!
 つまり蟹江にば、「そういう仲」と見られたいし、あからさまにそういう態度に出ている

 なのに気付かない花、面白くない、オシオキが必要という発想…?

男子『参ったよなー、みんな変わり過ぎだっての』

00029
 しかし愚痴る男子が入ってきた…、ここは男子トイレの個室。
 当然、花は「やめて…」と弱々しく抵抗するので
 自然と蟹江は燃え上がることに

 ダメな事だからこそ、燃えてしまうのは仕方のない事なのですね…?

蟹江『…お前が声出したら、バレるかもなあ?』

00030
00031
00032
00034
00036
 あの二人、仲良かったっけか?/案外、付き合ってたりしてなー?

再確認してみよう
 より加速する蟹江君の指に、放送時間が考慮、激しい光が仕事をする事案に
 指は胸、そして下半身へと縦横無尽…
 と

 俺達、そういう風に見えるんだなあ…?

 色んな意味で、今の状況を再確認させていく蟹江君
 花さん気付くの遅い!

 完全に蟹江君得の状況…!

『そういやさ、蟹江って昔、名鳥さんのこと好きじゃなかったっけ?』

00038
 しかし、ここまで情報が出るのは蟹江君には不本意だったのか
 この先は、「それどころじゃない」状況にして
 思考を封じた模様

 ものっそい胸もんでる…!

蟹江『二人していなくなったから、今ごろ怪しまれてるかもな?』

00040
00041
00046
00048
00049
00050
00053
 蟹江くんの事話してたあれって…/何? …テキトーに理由つけとくから

裏腹の行動
 遂に聞いてしまった花、しかし蟹江は、肯定も否定もしなかった上
 敢えて、先に会場に戻ってしまう
 と

 なんだか…、蟹江君の考えてる事、全然わかんないよ…

 別々に戻るという事
 つまり、「付き合ってると怪しまれたくない」って言ってるも同然ですものね

 自分(花)が好きなら、この態度はおかしいってところでしょうか。

2018年2月4日25歳の女子高生 第4話「同窓会の夜に」

00030
 いともたやすく行われるえげつない愛撫

スタッフ
 脚本:佐和山進一郎
 絵コンテ:三池走二郎
 演出:太田秀太
 総作画監督:山本佐和子
 アニメーション制作:リリクス
 制作:ピカンテサーカスピカンテサーカス
 原作:マカナ/彗星社(漫画)
 制作協力:

■通常版キャスト
 名鳥花:原田ひとみ
 蟹江亮人:沢城千春
 相田直之:高塚智人

■完全版キャスト
 名鳥花:和央きりか
 蟹江亮人:森下京平
 相田直之:古河徹人

あらすじ
「今日のお前は学生じゃないから…やめてやらない」――同窓会で、学生と教師でなく、初めて“25歳同士”として顔を合わせた2人。最初は普通だったのに、突然手を引かれて会場の外へ!?トイレの個室で抱きしめられて、キスされて…同窓会中なのに、止まらない激しい愛撫。すると、そこに人が入ってきて――…!?

次回、一段落した二人の関係は…?

DUbxIyeV4AE6Ehc
DUbw57FUQAAMxWU
 解禁バージョンは有料配信中 https://anime.iowl.jp/video_titles/64

次回、相田くん再び?
 明らかに俺の物オーラを出してた蟹江君、それと気づかぬ鈍感王の花
 付き合ってるように見られていたと確認し
 絶好調の蟹江…!

 と思いきや、敢えて彼女を残し、戻ってしまった真意は…?

 次回、第5話「?」


 25歳の女子高生 第1話「それは突然の再会」
 25歳の女子高生 第2話「保健室のベッドで…」
 25歳の女子高生 第3話「ヒミツの放課後レッスン」
 25歳の女子高生 第4話「同窓会の夜に」
 25歳の女子高生 第5話「?」