公式サイト 石田スイ 漫画 東京喰種:re 15巻 感想 レビュー 画像 考察 内容 ネタバレあり 前巻はこちら
“見たいんだ 自分のやった事”、六月の結論、旧多の狙いが動き出す!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_9963
IMG_9936
IMG_9924
カネキ帰還! ところが竜とは、リゼ再構築と“人類喰種化”の為だったと判明
 旧多は「リゼと幸福になりたい」、両カップルが再会する皮肉巻!
 カネキは副産物みたいなモンだった?!

 人と喰種は和解できた、次は“問題の解決”が始まるワケだよ!

精神的和解から「具体化」へ
 人と喰種は共存が難しい、“全人類の喰種化”問題が具体的な解決へ導くわけか
 永近の素顔も公開、自分が起こした問題を直視する事が
 今巻、突きつけられたテーマに

 でも六月が願ったように、“他人の居場所”にもカネキはなれるのよね!

六月が吐き続けた嘘、彼女の根っこにあったものは

IMG_9952
 もう( )は要らない。瓜江は本当にいい男になった。

あらすじ
 Q's班は六月、安浦 晋三平と向き合い、カネキは内にいた「リゼ」に罪を突きつけられる
 竜化とは、リゼ赫包ベースである“量産型カネキ”を食う事で
 彼女を「集める」事に等しかったのだ

 Q's班は和解、カネキは罪を無視した事を恥じ、背負うと告げ現実に戻る

 怪物は一体が崩れたが、残る3体の一つに“リゼ”が目覚め
 人を喰種化する毒をまき始める

 更に“異なる生物”となったカネキだけが、この毒に耐性を有しており…?

喰種(白鳩)に大事な人を殺された、納得なんて出来るはずないのだ

IMG_9962
IMG_9961
 でも詰まるところ、「争いがないのが一番」だと思うから。

安浦 晋三平の結論
 正直、彼が生きていた事には前巻ビックリしましたが、尊敬する叔母の近況で和解に。
 大切な叔母、清子が傷つけられ、許せなくって戦ってた。
 けどその人当人は決して弱くなかったと

 彼女がへこたれてないのに、自分が背負い込んでどうするんだって事!

 だから「彼女の為に」は済んだ。
 そして安浦 晋三平自身だって、クインクスの皆が好きなのは同じだから。

 人が好きだから戦って、好きだから和解する。人って難しい。

六月がハイセを愛する理由、彼が“優しいウソつき”だから

IMG_9960
 ハイセ=先生=カネキは、とっくに六月が女の子やって気付いてたんやね…。

優しいウソ
 偶然、彼に身体を見られた時、あまりに自然に「見なかったフリ」をされた。
 事実はそれだけ、でも「つまり最初から知ってた」と
 そして「私が傷付かないようにだ」と
 何て優しい人だろう
 と

 六月自身、“自分を守る為に嘘をつく”、それだけで彼女は精一杯だったから。

 他人の為に嘘をつく優しさを知って、彼に惚れこんだと。

瓜江は才子は、むっちゃんを止める! “家族”だから!!

IMG_9959
IMG_9958
IMG_9957
IMG_9956
IMG_9955
 瓜は… すごい… 生身で受けるの… 痛いし 怖いわ… やれや!(才子)

やれや!
 六月はハイセに近付く為に、「肉」を食ったし、才子はそれに気付いてた。
 だから、六月は“才子と元通りの関係になる”事を諦めたし
 瓜江の優しさは下心だと思った

 でも散々二人を傷つけて、結局、傷付いたのは六月自身

 他人を傷つけたら報復される、でも、そしたら遠慮なく憎みあえますから。
 傷つけても、憎んでくれない方が困るんですね

 虐待され続けた六月、痛いのはイヤだって良く知ってる、彼女らしい気がします。

痛いのも怖いのもイヤ、幼少期からそうだった六月は一番知っている

IMG_9954
IMG_9953
 むっちゃん あんたが選んだ事なのに どうしてそんなに辛そうなんよ…(才子)

磨り減り合戦
 多分六月は、痛くても怖くても、それでも「仲良くしよう」って言う難しさを知ってる
 それに、虐待され不運続きで、自分をうそつきだと思っている彼女が
 他人に愛される、なんて信じ難いはずです

 かといって、この二人を殺す事も出来ないのだと。

 やり続けるほど、二人ともめっちゃ死にかけていくけど
 むっちゃんもどんどん磨り減ってく。

 瓜も才子も、めっちゃパパとママやっとるやんか…!

ぜんぶ引っぺがした先にあった、六月のホントのホントの望みは

IMG_9952
 また元通りにしたかった 彼に振り向いてもらえなくてもいいから…(六月)

ホントの本当
 虐待され育った六月が、初めて幸福を感じた、「あの頃」をただ取り戻したかった
 むっちゃんは、先生が好きだ!わたし女だ!!とか色々あったけど
 全部引っぺがして残るのはこれ

 一番欲しいのは何? 真っ先に浮かぶのは「ここ」だった

 六月は愛が欲しいって思ってた。
 けどそもそも、幸せと縁が遠い子だから、きっと「愛して欲しい」なんて未知数なんですよ

 それより、あの幸せに戻りたい、ささやかな願いこそが根底だったと。

自分をもう騙せない、六月は、自分は死ぬべき人間だと結論する

IMG_9951
 ふざけんでや あんた…才子は 才子はなあ むっちゃんが好きなんじゃボケエ!

だ、そうだ。
 六月には境遇があって、悩みがあって、しこたま罪を犯した人間です。死ぬべき。
 客観的に、むっちゃ死ぬべき人間なんですむっちゃんは
 でも死んじゃいかんのです

 何をしようと、どんなになろうと、「私は絶対味方だ!」って言い続ける!!

 だって好きだ、それが家族だと。
 そして、「次」を起こさんよう全力で止めて、立ち直らせる!ここまでワンセット!!

 それが家族なんだって事なんだと私は感じました。

私が思うに、むっちゃんは“幸せ”に疎い子なんです

IMG_9965
 自分が幸せだとか、他人に“ちゃんと好かれる”ってそういう事に疎い子

疎い子と解らせたい子ら
 自分自身が嫌いだから、だから「好きだ」「家族だ」って言っても届かなかった
 自分には、あの最低な家族がお似合いだって思ってる
 自分自身が最低だから

 そうやって、自分が愛されてる、って信じられない子だったから。

 今までの暴走は、それが根拠にあったで
 不幸で変なのに好かれて、自分自身が嫌いで、周りを傷つけて嫌われようとする子

 傷つけられようが嫌わないぞ!って叫んでくれて嬉しかったんだと思いました。

まどろみのカネキが出会ったのは、“リゼ”その人だった

IMG_9949
 どこへ行くの? 人殺し

リゼと罪
 カネキは、リゼの赫包を移植されたし、量産型ことオッガイ達も同様だった
 彼らを食う事で、“リゼ”を集めて一つにした事で
 彼女と対話できる事に

 場所は海上の館、海には、カネキが食った無数の人達が沈んでいる

 また、そもそも、カネキが「喰種を組織化して守る」為に動いたのも
 喰種達の死を早めるだけだったと。

 まとめるには象徴が、「隻眼の王」が必要だったけど、それがCCGを過激化させた。

でも「組織化」しなければ、CCGだって話し合いには応じない

IMG_9947
IMG_9946
 ふーん カネキさんは「独裁者」になりたかったのね(リゼ)。

血の海
 喰種が個人のままでは、CCGに狩られるだけ、でも組織化したら「戦争」になる。
 カネキは、無視できない組織を作り上げる事で
 対等な対話が出来ると思った

 あなたが動くから人が死ぬの(リゼ)

 けど結末は「怪物」。
 結局、カネキが動いた結果は、大量の死者じゃないか?と

 なんかもう…、ホントどうすれば良かったのか

そもそも戦えば血が流れる。“命に無責任”だから出来る事だよね?と

IMG_9945
IMG_9944
 だれかに必要とされたかった…(カネキ)

根っこと天衝
 六月の根っこが、「あの場所に帰りたい」だったみたいに、カネキの根っこは「必要」。
 彼の母が、自分を残して死んでしまったトラウマの為でしょうか
 母は優しくて選べなかった

 母は叔母を援助して過労死言い換えれば“叔母を選んだ”

 カネキは、叔母を見捨ててでも自分と生きて欲しかった。
 そしてやがて喰種になった

 戦った、仲間が増えた、「戦えば必要とされる」と学んでしまったと。

でもリゼも疑問に思う、“私と出会い、カネキは後悔しなかったのか?”と

IMG_9943
IMG_9942
 カネキさんに開かれてゆく、ハーレムエンドの可能性

試してみます
 リゼに再び問われた事は、カネキに答えを与えた。喰種になって「こうなった」。
 でも喰種になった事で、「動いた事で」自分は確かに幸せになった
 必要とされ、幸せだったんだと

 あなたが溺れ死ぬのも面白そう…(リゼ)

 リゼは後悔してる。
 だから聞いたけど、それがカネキに「そうだった」と思い起こさせる事に。

 動いて良かった、罪は付きまとう、なら“背負って生きよう”と。

結婚指輪一つを頼りに、カネキを探し続けた董香は

IMG_9941
IMG_9940
IMG_9939
IMG_9938
IMG_9936
 おはようリゼ 僕の可愛い「竜」(旧多)。

本当の狙い
 自分自身を取り戻したカネキは、董香と、瓜ファミリー達の頑張りで帰還へ。
 一度は、目印のはずだった「指輪」が酷い形で発見され
 諦めそうにもなりましたが…

 問題は旧多で、実は“リゼ蘇生”こそが、彼の狙いだったのか

 人は生き返りません!
 でも、ここまで回りくどい手順を踏む事で、“竜”として生まれなおす事に成功する…?

 しかしコレ理性なさげだし、アカン奴ですよ…?

カネキ、今度は「正体不明の新生物」と成り果てていた

IMG_9935
IMG_9934
IMG_9933
 しかし巨大は4体、カネキとリゼと…、あと二つはどなた?

カネキ新生
 生まれ変わる事に定評あるカネキ、旧多いわく「竜」になってしまったらしい。
 ひっこ抜くと、彼をコアにしていた怪物は崩壊してしまいました。 
 しかし「リゼ」側はそのまま。

 カネキは掘り出した、リゼは自ら出てきた、この違いは大きいと?

 リゼはあくまで、「竜」の制御中枢としての生き物で
 カネキとは違うのでしょうね

 というか、ならカネキは「竜」とも、また違うイキモノになってるのか?

瓜江『“会わない事”は 償いじゃないぞ。六月』

IMG_9932
 俺はアイツに「お前は間違ってる」と言ってやりたい(瓜パパ)。

まちがい
 未だカネキが目覚めぬ中、なんと、精神的に「追い越した」のは瓜江でした
 カネキは、何でもかんでも背負い込もうとします
 ジェイソンの哲学ですね

 この世の全ての不利益は、当人の能力不足(ジェイソン&カネキ)

 でも違う、個人でどうしようもない事なんて山ほどあるんです。
 個人とは結果への要素の一つでしかない。

 だから抱え込むな、今までだって、多くの人に救われてきたんだって。

全ての人間が喰種になる、それが有馬の危惧した“変革”だ

IMG_9931
IMG_9929
IMG_9928
 有馬&平子さん、それもっと早めに言って!?

全てがGになる
 ようやく意識を取り戻したカネキは、自分が起こした惨状を見たいと言い
 その様を、「背負う」と言っていた通りに
 自責に苦しみます…、が

 顔に出すなら口に出せ …お前一人で考えても ロクな結論にならん(瓜)

 瓜パパ格好良すぎやろ…
 皆で町を歩き、「大好きだった場所を自分で壊した」と苦しんでた佐々木

 でもリゼの“個人”論も、瓜の“皆”論が違うと言ってくれる!

こちら リポーターのニムラです!

IMG_9927
IMG_9926
 ご機嫌斜め45℃…!(突撃レポーター・ニムラ)

みんながんばれ!
 しかし、有馬さんが予期した「喰種化」が始動、事態は4区から発生
 リゼ竜は19区なので、こちらはまだ脱皮してないのか?
 残ってる2体はどうなん?

 これだ… これを望んでいたんだ 僕は…!(161話の旧多)

 どうやら、竜リゼ発見時に「これだァ!」と言ってたのは
 人類の喰種化!

 もしかして、今の喰種って、大昔に同じ目に遭った人達の末裔?!

カネキ『見たいんだ… 自分がやった事

IMG_9925
IMG_9924
IMG_9923
 なにもできないのは もういやなんだ(カネキ)。

見つめて越えて
 遂に描かれた「永近の顔」、グロいので画像割愛、これは「見たくないもの」だからグロい
 でもこれに限らず、永近はカネキに見せないようにして
 彼の心を守ってきたと。

 自分は支えられていた、皆の手を借りて、やり遂げたいのだと。

 隻眼の王カネキ。
 あの時の、何もかも背負おうとする姿じゃない、頼る事が出来るようになった。

 そして彼だけは、竜の持つ「喰種化」に対抗する力があり…?

収録

IMG_9922
 めっちゃ自我あるやん! 喰種化バンザイやん!?

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 15巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2018年3月(前巻2018年1月)

収録
 第155話「いくつかの嘘」
 第156話「うちがわ」
 第157話「しるし」
 第158話「是」
 第159話「S」
 第160話「忌」
 第161話「来たれ 汝甘き死の時よ」
 第162話「ざくろ手に」
 第163話「不壊」
 第164話「しろい者」

 表紙折り返しは、瓜の考えとか見抜いてた事が…。カネキさん深すぎる。

アニメ版 東京喰種 感想 第一期

 第1話「悲劇」
 第2話「孵化」
 第3話「白鳩」
 第4話「晩餐」
 第5話「残痕」
 第6話「驟雨」
 第7話「幽囚」
 第8話「円環」
 第9話「鳥篭」
 第10話「青桐」
 第11話「衝天」
 最終話「喰種」


 √A 第1話「新洸」
 √A 第2話「舞花」
 √A 第3話「吊人」
 √A 第4話「深層」
 √A 第5話「裂目」
 √A 第6話「千路」
 √A 第7話「透過」
 √A 第8話「旧九」
 √A 第9話「街望」
 √A 第10話「終雨」
 √A 第11話「溢花」
 √A 最終話「研  」

漫画 東京喰種:re 感想 ※旧作未読 アニメ 1期 2期視聴 公式ツイッター

 東京喰種:re 1巻
 東京喰種:re 2巻
 東京喰種:re 3巻
 東京喰種:re 4巻
 東京喰種:re 5巻
 東京喰種:re 6巻
 東京喰種:re 7巻
 東京喰種:re 8巻“殺しただろう? 隻眼の王は”
 東京喰種:re 9巻“俺は かつての仲間を救いにきた”
 東京喰種:re 10巻“黒山羊の蹄”
 東京喰種:re 11巻“アキラの選ぶ道。…アンタ童貞?”
 東京喰種:re 12巻“いいえ、もう童貞ではありません”
 東京喰種:re 13巻“むしろ竜です。さよならカネキ”
 東京喰種:re 14巻“ありがとうカネキ” 和解の成立
 東京喰種:re 15巻“再会”おはよう僕の竜