試し読み モーニングブライド Mourning Bride 巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 森山大輔 これまでの感想はこちら 前巻はこちら
“試練”の意味とは何だ? 敵は誰だ? 浮き上がり始める焦点

00052
00051
00029
00031
次兄は拉致られ、三男が病院送り! おまけにFBIの問題児と敵対だ!?
 またマフィアのボスとは、「空気を支配する男」とするのが面白い
 実際いますが、場の雰囲気を染めてしまうタイプね!
 なら、ベリーニは片鱗を見せたのか

 では四兄弟を追い落とそうとする“敵”は誰? 新たな問題の浮上巻!

位打ち
 現状は「主人公らの味方」と描かれた、現ドン・エドガルドが怪しい…?
 組織内で嫌われる原因、拉致に至る状況を作れた立場
 ラストと予告、FBIに捕まったクリスも気になる!
 末弟ディーノも可愛い!

 例外ルールで“試練”に参加、膨れてたマリカさん可愛い!

モーニングブライド 2巻 感想

 第5話「HANGOVER NIGHT」
 第6話「AGENT RACHEL」
 第7話「RESPECTED SUIT」
 第8話「BREAKEFAST AT STREET」
 第9話「THE SET UP」 
 君死ニタマフ事ナカレ 感想
 これまでの感想

一年半ぶりの新刊、今巻もマリカさんは正体不明

00039
 前巻の車上荒らしも再登場、相変らず不憫!

あらすじ
 マフィア・コルサーノ、創始者直系四兄弟へ、亡祖父の“試練”は続く
 試練で、祖父の喧嘩友達ジェイクと、情報屋と縁を得て
 またFBI問題児、レイチェルに目を付けられるも
 マリカにより当面は目こぼしへ

 ある日曜。次兄ベリーニは、本来ドンが担う“三頭会議”を担当

 しかし何者かに攫われるが
 第6の試練と併せ、なんとかクリアする

 兄弟は組織内外に、“追い落としを謀る敵がいる”と知った

 また三男クリスが負傷、FBIによって回収され…?

第5話。“第4の試練”は…、呑み比べ勝負!?

00002
00008
00009
 いや待て! 未成年が1人いるんスけど!?

第5話「HANGOVER NIGHT」
 ソッコーで二人轟沈! 残った三男、フフフ我らが兄弟でも最弱…!
 試練自体は、「預かり物を返しにいく」というモノだったも
 亡き祖父が喧嘩別れした人物
 故に

 返す! 断わる! 受けとれ!! なら酒勝負だ!!

 フフフ、スムーズ!
 温厚そうで、怒ればマフィアも震え上がる元ファミリー

 話は通じないし、しかも「祖父が死んだ」と伝えちゃダメ!!

 引退済みで、祖父の死は殆ど知られていないから
 
想定外の勝負”に、マリカは何か考えるところが…、で

00010
00011
00012
00013
00014
00015
 彼女にプライドを刺激された三男、クリスが男を見せたッ!

試練の意味
 ほぼ情けで勝ちを貰うも、片づける店員さん達が笑える!
 とまれこの勝負、祖父が死んだ事で返せなかった
 喧嘩したまま、死別してしまった男と
 再び縁を結ぶ話

 ジェイク老もまた、祖父を今でも大切な友達と思っていて…

 祖父、厳格そうな人物に見えましたが
 クリスみたいな熱血漢なのね

 この“試練”とは、祖父の心残りか、生きた軌跡を辿るもの?

 祖父のまだ見ぬ顔、受け継がれた血。試練の意味。

 後々に、繫がりそうな回でした

第6話。今回の「試練」はアッサリ、しかし奇妙な縁が

00016
00017
00018
 ムスッとするマリカさん、クッソ可愛いな! 悪魔か!!

第6話「AGENT RACHEL」
 FBIが動き出す話。破天荒な捜査で、犯罪者一歩手前なレイチェル!
 旧作、クロノクルセイド主人公ロゼットを彷彿とさせ
 現在は、子供の親権を旦那に奪われ
 トホホなキャリアウーマン

 妙にコルサリーノを敵視し、“朝食会”にいち早く目を付け…?

 さて第5の試練は“情報屋との人脈”
 人脈そのものが、遺産といって良いものだった感じ?

 これは早々クリアも、マリカがレイチェルとトラブル

 マリカ、“マフィア”にどんな想いを持つのかしら?

マリカに庇われたレイチェルは、“しばらくそっとしておく”約束をする

00019
00020
00021
 まだ何もしていない。彼らの人生はこれからなのだと。

見守る者
 既に長兄次兄は、マフィアとして仕事をしているのですから
 レイチェルが、犯罪者だと憎むのは間違っていない
 ただ、まだ法にひっかかる真似はしてない?
 だからか?

 マリカはマフィア生まれが、マフィアになるとは限らないと説得

 またレイチェルは、「ブッ潰す!」と口では言いつつ
 約束を守ってくれる義理堅い人で…

 やっぱり(キャラ的に)ロゼットの直系じゃないか!

 また今巻会合の、2組織は激突中らしく…?

第7話。“現在のドン”登場! 組織を率いていく人物とは

00022
00023
00024
00025
 豪放磊落! 素敵なオッサンじゃあないか!! ええオイ!

第7話「RESPECTED SUIT」
 現在マフィアを率いる男、ドン・エドガルド登場回!
 その存在感は、「場を支配する」というもの
 彼が笑えば、自然と皆楽しくなり
 怒れば震え上がる!

 組織を率いる男は、“場を支配する”雰囲気を持つものだと。

 また組織では、彼の許可を得た者だけがスーツを作れる
 特別な「テーラー(仕立て屋)」が

 またエドガルドは次兄ベリーニを買い、組織内での後ろ盾なのだとか

 現時点で、「彼は味方だ」というのが大きな情報か。

現ボスの大抜擢! ベリーニは大仕事を任せられる事に

00026
00027
00028
 キーワードは「ジョーカー」。朝食会を、兄弟の誰かに託す例外ルール

三頭会議
 街を占める三つのマフィアで、会合を行うというもの
 当然、本来ならドンが担うべきところを
 今回ちょっぴり忙しい

 そこで次兄ベリーニ、“組織内で嫌われがちな次兄”が担当!

 ベリーニは若く、前ドンの直系であり現ドンに好かれてる
 えこひいきだと思われてるのね

 今回の件はその象徴、「もっと偉い人」を差し置いて担当!

 しかしベリーニ、万全でこなすと飄々…!
 
四兄弟の結束、「誓い」。それは両親が死んだ時の約束

00029

)ディーノ
 兄弟として、4人で誓ったんだ

「兄弟はファミリーの名を穢さない」
「兄弟の誰か必ずファミリーの頂点に立つ」
「ファミリーに背くとしても」


「アランはベリーニを」
「ベリーニはクリスを」
「クリスはディーノを」
「ディーノはいつの日かアランを」

「共に支え 成りあがる」

※長兄は次兄を、次兄は三男、三男は四男、四男は長兄を。 
 

00030
00031
00033
00034
 しかし日曜、誰一人として来なかった!? かわいい!

血の結束
 末弟ディーノが拗ねてるのは、誓った頃に幼かった
 自分だけ覚えてない、蚊帳の外に感じる事…
 対し、マリカは言いました

 当時を覚えてなくても、以来誓ってきた日を見てきたでしょ?と

 コンプレックスなんて要らなかったのね!
 実際、次兄ベリーニは末弟を高く買い、命運を託してくれました

 奮起するディーノ、“試練”は兄弟を一つに結束させてるのね

 試練以前は、バラバラになりかけてたそうなので

第8話。当日、拉致られたベリーニ! やったのは誰だ!?

00035
00036
00037
 割と三男共々アホっぽく描かれてるアラン、しかし意外に見識が深い

第8話「BREAKEFAST AT STREET」
 見た目より遥かに強いベリーニ、しかし敵も万全で拉致に臨んでいた
 このタイミングで、会談相手が揃って「一時間くりあげ」を要求
 つまり、解った上でイチャモンをつける肚!
 拉致ったのは奴らだ!
 と描写

 しかし状況的に身内も身内、ドン・エドガルドこそ黒幕って線も…?

 身内は、彼の贔屓で出世してるベリーニへ不満爆発してるし
 護衛不在のタイミングもドンなら解るでしょう

 今回、“拉致に至る状況”を作れたドンが、現時点で一番怪しい

 ベリーニを“大抜擢”し、過大な仕事で潰そうとしてるのか?

諦めかけた三兄弟に、颯爽と現れたのは…

00038
00039
00040
 バスケット! 日本人的には童話っぽく見えるッ!!

投了にはまだ早い
 行き詰る三兄弟に、タイトル通りの提案をしたのはマリカさん!
 放置プレイに拗ね、ベリーニ探しを「試練」として提示
 試練、やはり彼女も決定権があるらしい…
 で、共に捜索へ

 今回は“屋敷外”ゆえ、例外ルールでマリカさんも参加!
 
 末弟ディーノ、涼しげな見た目の割に食べ方きたないな!
 きたない、さすが末弟きたない!

 前巻の子持ちししゃも、“ストレイ・キャッツ”のドロシーがヒントに

 すごいサラッと見てましたね、この巨乳さん!  

第9話。後は簡単! しかし「一時間遅れてしまった」

00041

■長兄アラン
 ベリーニ!
 空気に呑まれるな
 賭場の空気は 胴元がつくるんだ

 お前ならひっくり返せる

 オレ達が信じてる


00042
00043
00044
 長兄に諭されたベリーニ。現着後、いけしゃしゃあと言ってのけた!

第9話「THE SET UP」
 遅れていません。そもそも、早めろと言われ「了承してない」と
 服屋回もですが、ドンも胴元も「場をリードする」のが大切
 圧をかけ、自分が正しいと言い張る事
 リーダーの資質!

 また、「それ」を解ってる博打好き・長兄アランの見せ場!

 こうした、大人によくある“場の作り方”を
 賭場大好きな彼は知ってた!

 ベリーニは今回、図らずも「ドンの器だ」と示せたのね

 また、必要なスーツを用意してた末弟も見せ場!

生意気な若造よ! だが、中国系マフィアは笑った

00045
00046
00047
00048
00049
 敵は誰だ? 今回、「スーツの男」が敵だったのは伏線…?

敵は誰だ!
 堂々やりきった次兄ベリーニは、「格好良かった」
 作中、悪い意味で物静かな末弟ディーノも
 今回は“役立った”と嬉しそう!

 またベリーニ救出の際、重傷を負いながら隠しきった三男クリス

 作中、一番主人公っぽいキャラをしてる彼ですが
 FBIに「救出」される事に

 果たして通報したのは? …怪我に気付いてたマリカさんか?

 四兄弟全員に見せ場、マリカさん可愛い!

収録

00001
00050
 前巻は2018年1月、ケッコー経ってたのう。

 コミックス「Mourning Bride 2巻」。森山大輔。
 月刊少年マガジンエッジ連載、講談社発行。
 2019年6月(前巻2018年1月)

モーニングブライド 2巻 感想
 第5話「HANGOVER NIGHT」
 第6話「AGENT RACHEL」
 第7話「RESPECTED SUIT」
 第8話「BREAKEFAST AT STREET」
 第9話「THE SET UP」 
 君死ニタマフ事ナカレ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

「クロノクルセイド」の森山大輔先生。

 ワールドエンブリオ 10&11巻
 ワールドエンブリオ 12巻
 ワールドエンブリオ 13巻(完)

漫画 君死ニタマフ事ナカレ 感想 原作ヨコオタロウ、作画:森山大輔

 君死ニタマフ事ナカレ 1巻
 君死ニタマフ事ナカレ 2巻
 君死ニタマフ事ナカレ 3巻
 君死ニタマフ事ナカレ 4巻“仏編完 許されない美味しさ”
 君死ニタマフ事ナカレ 5巻“ロシアより”クルミちゃん撮影会!
 君死ニタマフ事ナカレ 6巻“笑うマシロ”血の学園祭
 君死ニタマフ事ナカレ 7巻“校長の動機”

漫画 Mourning Bride 感想

 Mourning Bride 1巻“また来週 次の朝食会で”
 Mourning Bride 2巻“裏切りとFBI”