WEB漫画。続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻 感想 レビュー 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
サイザーと王の悪夢”編、クライマックス! 二つの意味で、彼女の願いを叶える人

jaa_002
jaa_004s-
IMG_1547
IMG_1542
IMG_1541
ライエルは両親を失った直後、同じく苦しんでいた、幼いサイザーに救われたと再設定
 登場初期、比較的、あっさりハーメルへの復讐心を捨てられたのは
 幼いサイザーに救われていたからだ、と

 私から奪ったと苦しむなら、これからの一生を私に下さい。ライエルの告白が素敵!

サイザー悔恨劇場は、ライエル、愛の劇場へ!
 夢世界、殺戮鬼と化したライエルは、“サイザーが想像した彼”に入れ替わってたのね
 贖罪を願うサイザーが、彼に罰して欲しいと願って生み出した偽者と
 サイザーを愛で救った本物!

 罰する事も救う事も、ライエルだけに求めてた。サイザー様の愛が深いッ!! 

続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻 感想

 第55楽章「天秤と亡者と鳥籠」
 第56楽章「小さな翼たちの誓い」
 第57楽章「オカリナとゲルヒルデ」
 第58楽章「罪深き者の願い」
 第59楽章「自分を許せるように」
 おまけまんが「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 これまでの感想

ヴォーカルが“渇く”理由、ホントにそれでいいの? まだ渇いてるよ…?

IMG_1544
 フリーズ曰く、他人に従う“良い子”を強いられるのが、ヴォーカルの渇きだそうですが…?

あらすじ
 この悪夢の創造者、サイザーとスラー王の罪を計る、と天秤を用意したオル・ゴール
 オカリナは、サイザーの辿ってきた人生と己の罪を悔い
 ワルキューレ誕生経緯を思い起こす

 サイザーの死を強いる悪夢は、彼女自身が後悔し、死を望んでいるからだ

 だがヴォーカル乱入で、サイザーが創造した夢ライエルが殺害され
 本物のライエルが解放される

 彼らは愛を誓い、悪夢は解放されたかに見えたが、スラー王は諦めていなかった

裁判開廷! フリーズに唆され、往年の“彼らしさ”を取り戻したオル・ゴール

IMG_1563
IMG_1562
IMG_1561
IMG_1560
 渾身の邪悪作画オル・ゴール…! この箱、ニセモノって事ですよね…?

第55楽章「天秤と亡者と鳥籠」
 さあインチキ裁判のお時間です! 後から思えば、罪に怯え裁かれたいサイザーと
 復讐に逸り、己の邪悪さに無自覚なスラー王という図式で
 更にサイザーを苦しめる事に

 オル・ゴールは、苦しむサイザーを後押し、悪夢完遂へと誘導

 際し、本作で自我が強調されたワルキューレ達
 サイザーと彼女らの出会いへ

 泣き虫だったサイザーが、どうして、“ああなったか”を掘り下げる物語に

サイザーが、まだ泣いたり笑ったりしていた頃の物語。ワルキューレも同様だった

IMG_1559
IMG_1558
IMG_1557
IMG_1556
 サイザーの鎧ブリュンヒルデ、実はインケンと再設定! おまけ漫画でも大暴れさ!!

第56楽章「小さな翼たちの誓い」
 元々、魔族に無理やり戦わされていたサイザーが、どうやって生き延びたかを描く
 孤独だった彼女は、友達欲しさにワルキューレ創成の魔笛を発動
 彼女たちと絆を深めていった

 しかしある日、自分が騙されていたと知り、魔族への謀反決意

 以来、読者もよく知る彼女へ
 ワルキューレは、泣き虫だった頃のサイザーを知る、保護者みたいなものでもあると。
 
 しかし、貧乳ばっかなのは何故なんだぜ?

“友達”の為に! 奮戦するオカリナ、長女ゲルヒルデvsスラー聖鬼軍!!

IMG_1555
IMG_1554
IMG_1553
 しかしゲルヒルデ、よりによってライエルに殺害。ヒィ!?

第57楽章「オカリナとゲルヒルデ」
 この裁判、裁かれ、死にたがっているサイザー側が圧倒的に不利な状況!
 しかし、サイザーが死を望んでるなんて思いたくないと
 オカリナとゲルヒルデが奮戦

 残るメンツも、天秤を支える為に手を出せない中、聖鬼軍3鬼と刺し違える!

 聖鬼軍、正気に戻って欲しかったけど散ってしまった…!
 正直、ゴーン割と好きだけど…!

 またオカリナは、“サイザーが騙されてると知りながら黙ってた”と、こちらでも悔いる

今のヴォーカルは、“盲目のキューピット”として役割りを強いられている

IMG_1552
 盲目のキューピット、自ら考える事をせず、サイザー達の仲立ちをする役割…?

渇望
 この世界では、ちゃんと魔界軍王をやっているヴォーカル、それがそもそもおかしい!
 彼は、純粋なヴォーカルではなく「10人の悪夢」の集合体
 悪夢の部品を演じてるに過ぎない

 フリーズに焚きつけられ、ヴォーカル暴走、“自分らしく”大暴れする事に

 曰く、それが「渇き」を癒す事。
 しかし見てる限り、彼の渇き云々は愛情にも関わってるっぽい?

 彼は夢世界の創造者、“見る10人”側じゃなくて、彼らに創られた側だった?
 
“この悪夢世界”、振られた役割は、全てがサイザーの贖罪にあった

IMG_1550
IMG_1551
IMG_1549
IMG_1548
IMG_1547
IMG_1546
 現実の妖精族、大樹は、とっくに闇の妖精にってあんまりだ!? 救いがねえ!

第58楽章「罪深き者の願い」
 仲間を庇い、非業の死を遂げるワルキューレさえ、サイザーの願いだと読むクラーリィ
 自分=サイザーに関われば不幸になる、という象徴として参加させられ
 スラー王国も犯した罪の具現化だと

 到達点こそ、愛するライエルに罪深い自分を殺して貰う事!

 しかし、ここまでの仮説が“おかしい”と気付いた所で
 今度はライエルが死亡!

 サイザー関連は、確かに死者続出かもしれません。かつてのスラーといい!

ライエル殺害! ヴォーカル封印鉄球は、片割れが解除されてしまう

IMG_1544
IMG_1543
 ところがぎっちょん! 仮面騎士こそ、“本物のライエル”だった!?

第59楽章「自分を許せるように」
 夢世界で異なる人生を辿り、無口な悪鬼と化してたライエルも、実は回復していた。
 オーボゥが、夢からまどろみへと移ってたように
 とっくに開放されていたと

 またサイザーは、自分を殺してくれるライエル”不在に、幻影を生み出した

 スラー王の執念が加わり、あの大改造ライエルとなっていたが
 十字架仮面こそが本物だった!

 夢の創造者サイザー、彼女による幻が優先され、“ライエル”として動けなかったと

偽ライエルの凶暴性は、“自分は恐れられている”というサイザーの恐れ

IMG_1542
IMG_1541
IMG_1540
IMG_1539
IMG_1538
IMG_1537
 もし… 奪ってしまったと… 思うのなら これからの一生分をボクにください…

プロポーズ
 ライエルに恐れられている、彼に罰されたい、という願いが“偽ライエル”を生み出した
 しかし本物は言う、オカリナもワルキューレもあなたを恐れてない
 ボクなんて救われてすらいたと。

 幼い日、両親を奪われた日、一緒に泣いてくれたあなたがいたから

 復讐劇情が一瞬で愛の劇場に!
 ライエル、新シリーズでは堕ちる一方だった彼が、純白になって戻ってきた!!

 しかしスラー王、ヴォーカルにまで“洗脳釘”を…?

収録

IMG_1536
 双頭のごついリュート王子とかいうパワーワード。

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2018年7月発売(前巻2018年1月)

収録
 第55楽章「天秤と亡者と鳥籠」
 第56楽章「小さな翼たちの誓い」
 第57楽章「オカリナとゲルヒルデ」
 第58楽章「罪深き者の願い」
 第59楽章「自分を許せるように」
 おまけまんが「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 これまでの感想
 トップに戻る
 カバー下他、おまけマンガあり

 無料&有料配信公式 http://www.michiaki.net/
 
渡辺道明 続ハーメルンのバイオリン弾き 感想 ネタバレあり

 続ハーメルンのバイオリン弾き 1巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 2巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 4巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 5巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 6巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 7巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 8巻“誕生と消滅の聖杯”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 9巻“叶った願い”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 10巻“恋と機械と妖精の悲劇”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 11巻“復活の鬼”矛盾する黄金の夢たち
 続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻“ライエルの正体”