公式サイト ゆるキャン△ 第3話 感想 ふじさん と まったりお鍋キャンプ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 21時感想追記 前回はこちら
なでしこの恩返し! リンちゃん、浜松っ子の餃子をたーんと食うがいい!!

00185
00194
00368
00347
朝日が昇る私は二度寝る♪ カイロで温まって、熱い鍋を二人で突く至福…!!
 ちゅるん、と、一口サイズ・水餃子が口内をくすぐる快感!
 なでしこメシが美味しそう!

 〆は優しい呼び捨て、幸せな朝と二度寝は最高ですね!

ツッコミ上手のしまりんさん
 第1話のブタ野郎! が強烈だったお姉さんも、ホント妹に甘いし美人ですよねー。
 歌詞通り、「たわいもないこと話しながら」二人で過ごす夜
 幸せな押しかけキャンプを見た!

 ソロキャンプ好きなのにゴメン、なでしこの理解も温かいですね

目次 ゆるキャン△ 第3話 感想

00288
 Aパート
 Bパート
 へやキャン
 ふゆびより 歌詞(ききとり)2番
 感想追記

へやキャンは、ふじこ誕生篇

00431
 片思いなでしこ、めっちゃ可愛いですよね!

あらすじ
 斉藤恵那から教えられ、ふもとっぱらキャンプ場のリンに押しかけた各務原なでしこ
 カレーメンの恩返し、坦々餃子鍋をリンにご馳走し
 再会時の一件を和解

 翌日、富士山の日の出を見届け、二人は距離を少しだけ近づける

 野クル先輩コンビはバイト面接を受け
 この冬こそちゃんとキャンプしようと、資金調達に燃えていた

 次回、第4話「野クルとソロキャンガール」

今からお鍋! やろうっ!!

00001
 野外活動サークル、略称「野クル」に加入した各務原なでしこだったが
 予算と人員が不足し、枯れ枝でコーヒー淹れるのが関の山。
 だが、志摩リンと再会する

 リンが独りキャンプしていると聞き、なでしこは土鍋を抱えて乗り込むのだが…?

なでしこない…、ない…、ない…?』

00005
00009
00011
00013
 ぅあった! テントっ!!

探せ!探せ!探せ!
 前回ラストの少し前、なでしこは、物置きをひっくり返してテント探し!
 あったよ、テントが!
 でかした!

 が。

なんか違う…

00017
 残念! そいつはおそらく、「タープ」って奴だな! ほら広島の!!
 もとい、テントは“携帯寝室”を想定してますが
 こっちはリビング

 日差しを避け、開放感ある空間を演出しぶっちゃけ寒い!

なでしこ『富士山……』

00022
00026
00029
00030
00032
00034
00035
00037
00038
00042
00048
00049
00053
 さいとーさんだっ!

お願いします!
 前回、忽然と現れたなでしこですが、その旅路には様々な人の協力がありました
 斉藤さんが教え、お姉ちゃんが車を出してくれたのです!
 と

 おねーちゃん、ありがとーっ♪

 食材すんげえ抱えてる!
 拙者、この一篭で三日は食いつなげそうな量に見えるでござるよ!!

 見てるだけで、何か腹減ってくるねコレ!

なでしこ『おねーちゃん…』

00060
00061
 お金かかるんだってーっ… だから何故うれしそうなんだ…
 とは言いませんが、リンが散々言ってたように
 2000円かかるんですよ!
 にせんえん!

 バイトしてない高校生、ちょっと辛いお値段ですね

『リンちゃーんっ! 今からお鍋、やろうっ!!

00063
00066
00072
00073
00074
00075
00079
00080
00085
 何か、手伝おうか?

すげえ不安
 前回、リンが歩いたのを逆回しにするように、あちこち彷徨ったなでしこ
 なぜ鍋かって? 冬はお鍋が一番だからさ!
 と

 だいじょうぶ! 切ってぶちこんで煮るだけだもんっ!!

 圧倒的(不)安心感…!
 切って、ぶちこんで、煮る!この語感の良さ!!

 でも今年、白菜1玉800円するんだぜ…

リン『ねえ? まさかここまで自転車で来たの?』

00088
 調理バサミで、すぱすぱ切っていく各務原なでしこですが
 もちろん、ここまで車で送って貰いました
 ちなみにアニメ補完されてます

 原作では台詞のみ、ここまでのシーンは、ほぼ全部アニメ☆オリジナルです

リン『ああ、キウイのお姉さん』

00089
00095
00098
00099
00100
00101
00106
00109
00111
00114
00118
 でも、テント持ってないから車で寝るんだけどねー、お布団も持ってきたしっ

お姉ちゃんは富士宮にいってます
 今回はお泊まりします! オートキャンプとは、「自動車(オートモービル)」を使うもの。
 と言っても、別にキャンプカーじゃなくて良いんだよ!
 で

 好きなだけ使いなよ…、鍋、作ってくれてるし

 1500円カップメン再び!
 もとい寒いなら、貼るカイロをくれてやろうというリンちゃんさん

 第1話の湖キャンプ、外気温5℃でしたしねえ。

なでしこ『でもこれは、あの時のおかえしなんだっ』

00120
00122
 カレーメンのおかえしだよっ! ニッコリ笑って鍋を作るなでしこ。
 別に、キウイーを貰ったよ?なんて無粋は言いません
 楽しいのが一番だよ!

 出来るまで、鍋を覗いてはいけませんよ…?

リン『(なでしこの恩返し…)』

00124
 なんだか、鍋を覗いたら鶴になって飛んで行きそうな感じですが
 一杯のカレーメンと、一夜の恐怖とドタバタが
 こうしてリンに戻ってきた

 フタをカポッと閉めたなでしこ、可愛い。

『ねえリンちゃん、貼るカイロってどこに貼ったら聞くのかな?』『両目

00129
00130
00132

 カイロを張る時は 首のつけ根
 みぞおち
 肩甲骨の間

 など、太い血管が通っているところに貼り
 上からマフラーやダウンを着込むと
 効果的です

※素肌に直接貼ると低温やけどになるので注意。
 原作では、「みぞおち」で、シャツをめくって素肌に貼ってました。エロくはないです。


00133
00134
00135
 5分だけ、横になっていい?

ナレーション大塚AKIO
 聞かれて即座に、「両目」と返すリンちゃん、いい(性格してる)よね…。
 明日から使える豆知識をあなたに!
 と

 やめた方がいいと思う

 寝たら(時間が)死ぬから仕方ないね。
 人間、全身に血が巡っているので、太い部分を温めると全身ポカポカだ…、と

 お前の血は何色だ、という奴ですね。

『よ…、よろしくお願いしますっ!

00136
00138
00141
00144
00155
00157
 はいよっ。いやー、ずっといた子がやめちゃって困ってたんだよねー。

酒の川本 身延店
 その頃、野クル部長の大垣 千明、通称「あきちゃん」はバイト面接中
 ガッチガチだよガッチガチ!
 が

 本栖高校! 俺もあそこ卒業したんだよっ

 いい…、笑顔です。
 店長さんが、めっちゃ気さくな人で良かったねアッキー!

 店長、こんな顔してたのか!(原作未登場)。

テンチョー『…狙ってんの?』

00161
 いや…、助けてもらって良いッスか…? あきちゃん…。
 掴みはOK、ちなみに実際に存在する店がモデルです。
 閉店したけどなッ!

 ちなみに付近、「身延どんぶり街道」という、町おこし企画もやってるらしいよ!

『疲れた…』『アカンかったの? 面接

00163
00164
00165
00166
00169
00171
00177
00180
 これでとりあえず、今後の活動資金は確保できそうやねえ?

おーっ!
 前回、「お金がない!」と言ってた地獄の上級生コンビも、なでしこ加入で奮起
 ないなら作ろう、バイトするぜ!
 と

 この冬こそ、キャンプやるぜっ!

 原作では特に描写がなかった部分で、2巻収録分でイヌ子が始めてました。
 アニメ版では、ばっちりフォローされたワケね!

 首が埋まっててかわいい!

遠き山に 日は落ちて星は空を ちりばめぬ

00182
00183
00185
00186

 リン「ま…、真っ赤だ…
 なでしこ「坦々餃子鍋っ!

 そんなに辛くないから心配しなくていいよ
 辛そうで辛くない

 少し辛いお鍋だよ 奥さんっ!!

 リン「スーパーの実演販売か」


00188
00192
00194
00195
00197
00200
00202
00204
 はいはい、たーんとおあがり?/田舎のおばあちゃんかっ

各務原なでしこ(静岡出身)
 なでしこ達の夜はこれからだ! 坦々餃子鍋の赤さに、ぎょっとしたリンちゃん
 でも汁にびっくり、齧りつくようにパクパクと!
 と

 うまい…!ぃよしっ!

 見たか! これが浜松人の心意気よ!!
 鍋にも餃子だよ!

 ふわり浮かぶ湯気、恐る恐る…、どんだけ美味しかったのさリンちゃん!

『どうじゃ~? 体の芯から温まるじゃろぅ?』

00208
 田舎のおばあちゃん気に入ったのか。とはリンちゃん。
 毎回、いい感じにリアクション返すので
 ホントかわいい

 クールだけどクールじゃない!

リン『(でも、唐辛子がじんわり効いて、身体の芯からぽかぽかと…)』

00212
00216
00222
00226
00228
00229
00234
00236
00237
 暑いっ! …もしかして、その餃子ぜんぶ入れたの?

カレーメンの音楽隊
 汁をたっぷり吸った餃子を、レンゲで丸一個ずつ、口に放り込んでははふはふ
 ちゅるっと口内をくすぐり、肉汁がじゅわっと甘い…!
 と

 美味しいでしょ、浜松餃子っ!

 消費量日本一だからね!
 他にもウナギとか、徳川家康とか、浜松は名物多いよね!!

 宇都宮と熾烈な日本一争いだからね!

あ゛! 〆のご飯わすれたー!!』

00239
00240
 いや、そんな食えんし…と呆れてしまう志摩リン
 いやいや、餃子50個もぶち込んでおいで
 まだ食う気かよ!

 切ってぶちこんで煮るだけかよ!
 
リン『(ホント…、旨そうに食うな)』

00242
00244
00250
00253
00255
00258
00259
00260
 あのさ…、この間はごめん/この間…?

ごめんvsごめん
 人心地ついたリンは、先日(前回)、野クルの誘いを(表情で)断った件を詫びます
 でも、なでしこは「こっちこそすまなんだ」
 と
 
 私も何だかテンションあがっちゃってて…、無理に誘ってごめんなさいっ

 冷静に考えたら迷惑だったなぁと
 なでしこだって、年に数回は冷静になる時があるんです多分。

 年中、窓にぶつかってるワケじゃないです、と。

『あの後、あおいちゃんに言われたんだよ~』

00261
 リンちゃんは、グループでわいわいキャンプするよりも
 一人で、ひっそりとやる方が好きなんじゃ?って
 言われて「そっか」と。

 なでしこ自身、あおいに言われて「悪かったなぁ…」と、思ったんだ、と。
 
リン『それは…、そうだけど』

00265
00268
00271
00273
00274
 じゃあ、またやろうよ? まったりお鍋キャンプ

気が向いたら
 いかにも話を聞かなそうななでしこ、けれど聞けば、ちゃんと考えてくれる子なのだ。
 リンも、少しだけ気持ちが和らいだ様子。
 で

 …って食い終わっちゃってるよ!?

 そして良く食べる子なのだ。
 本作のカロリークイーン、それは間違いなく各務原なでしこなのだ、と。

 気が向いたらまたやろう? 二人は約束する事に。

大食い王『ポテチあるけど食べる~?』

00275
 まだ食うかっ! 圧倒的…、圧倒的胃袋!!
 餃子50個、野菜に汁を堪能し
 ポテチさえも食う!

 気をつけろ! 各務原なでしこの仕業だ!!

ふじこ『夜の富士山、やっぱり良いね~♪』

00277
00278
00280

■ふゆびより 歌詞 2番(聞き取り)

 鼻先に触れる 木々の香り 時間も忘れて
 いつもの生活
 やる事が たくさんで
 少し休んでも
 大丈夫だよ

 星が彩る
 光が流れる
 優しい四季 心も 包まれたら

 灯りを消して 隣で眠ろう
 たわいもない事
 話しながら


00281
00285
00286

 なでしこ「日の出って何時ごろ?
 リン「6時くらいかな
 なでしこ「起きれるかなぁ…
 リン「私は寝てるかな
 なでしこ「目覚ましかけて、見よっか ふじさん
 リン「うーん………、ん

 リン「やだ 寝てる。起こすなよ


00288
00290
00292
00294
00296
 今夜のラストナンバー、いかがでしたでしょうか? 明日の天気は全国的に晴れ

おやすみなさい
 リンは言う、「聞いた事がある。朝霧で、朝日で幻想的な富士山が見れるらしい」
 なでしこは返す、いいね一緒に見ようじゃないか!
 と 

 朝から冷え込みますので 暖かくしてお出かけくださいね?

 腹から温かいぼんやりした会話
 つっけんどんに、「やだ起こすな」と返すリン。それは本当に他愛のない話で…。

 本当に、幸せな時間だと感じます

『……………』

00299
00302
 その後、リンは自分のテントで。なでしこは車に戻って車中泊。
 力いっぱい、温まった体でぐっすり眠る
 幸せな丑三つ時

 それはもう、犬も寄り添って寝る幸せな時間。

各務原 桜『……ん。なでしこ起きな。日の出見るんでしょ』

00303
00308
00309
00311
00313
00315
00316
00318
00319

 なでしこ「んぅ~…、おきてるよぉ~…、おきてるって~~…

 桜「コンビニで朝食買って来るけど、何にするの?
 なでしこ「やきにくちゃーはんとぷりんと からあげとあんぱんとぽてちとばーむくーへんと あいすととんこつしおらーめん

 桜さん「おにぎりとお茶ね」


00322
00327
00332
00334
00335
00337
00341
00344
00345
00347
 濡れてる……。…ん?

至福の朝
 朝、ふとんの温もりを引きずり、ぼんやり幸せな頭で起こされたなでしこは
 リンの椅子で、じわり幸福な朝を迎えるのだった…
 と

 まぶしい………

 ホントに起きてるのだろうか…?
 ただ言えるのは、寝起きの、目覚めきっていない幸福感は最高だという事でしょうか

 あと、夜露でけっこう濡れてるから注意しような!

リン『……?

00349
00353
00354
00355
00357
 まあ、いいや…

まんぞく、まんぞく
 朝日を見届け、なでしこは、そのまま暖を求めてリンのテントに乱入
 勝手に包まって寝る残虐ファイトを敢行
 もう勝手にしろ状態。

 なでしこもリンも、二度寝は最高であった

 眠いからね。
 仕方ないね。

 リンちゃん、色々幸せと諦めの境地すぎる。

※この後なでしこは餃子になりました

00360
 単行本では「その後」が4コマで加筆され、なでしこが起きませんでした
 起きなかった彼女は…、原作1巻113P(あと123P)にて。
 カバー下ページもあるよ!
 あるよ!

 なお一巻では、アニメの「次の話」まで収録されています。たぶん。

翌日、リンちゃんは再び図書室の主に

00362
00365
00366
00367
00368
00369
00370
00371
00376
00378
 さっきから何ニヤニヤしてんの?/な、なんでもない!

何かある時の言い訳じゃん?
 翌日、ストーブを抱え込むようにして暖をとりながら、昨日の写真を楽しむリン
 だが斉藤恵那、華麗なる強襲!
 で

 お前の差し金だろうが…

 魚目になるリンちゃんいいよね…。
 誰もこない冬の図書室、ストーブを半ば独り占めするトショイインの幸福

 あの後も、しっかり富士山を楽しんだ様子。

恵那『リンって、この時期しかキャンプしないよね?』

00380
 冬キャンプって何が良いの? 志摩リンはキャンパーではありますが
 第1話冒頭の通り、「この時期になると訪れる常客」であって
 普通のキャンパーと逆なんですね

 寒いのに何が良いの?と

恵那『めちゃ寒いじゃーん?』

00383

 ん~…

 虫がいない
 汗かかない
 他のキャンパーがいなくて静か
 焚き火と、温泉が気持ちいい
 景色が遠くまで奇麗に見える

 …汁物が旨い…って、ところかな。


00385
00387
00389
00390
 ん~? この時期の鍋は旨いよね~、私もなでしこメシ食べてみたかったナ~。

温泉がきもちいい
 特に「汁物」に、感情が篭もったリンに、嬉しそうに笑う斉藤恵那。
 恵那と名がつく子は良い子である
 なお

 あいつ、殆ど自分で食っちゃったけどな

 なでしこは胃袋バニシングだからね。
 とまれ「シーズンオフ」こそ、リンには素敵なキャンプ時間なのだ、と。

 特に景色は、空気が澄んで奇麗に見えますものね。

『今度、あたしも、ちくわ連れて行ってみようかなっ』

00392
 リンの友達だけに、恵那も行ってみたいと常々思うも
 でも前回の通り、寒いのが苦手なので
 結局いけないのが常らしい

 で、「今週はどこか行くの?」と、リンに訊ねる恵那ですが。

恵那『もうなでしこちゃんには言わんからーっ』

00393
00394
00395
 というワケで、またリンには腹案があるんですが…。

次の予定は?
 とまれ、「一緒にやろう!」と、なでしこが突撃気味に誘ってくるのも一段落
 リンは再び、ソロキャンガールに戻るのですが…? 
 ところで物欲って大切だよね。

 鍋といえば、ごま豆乳鍋とゴボウだよね。

リン『……そろそろ起きなよっ』

00403
00404
00410
00415
00416
 おきてるよ~…、リンちゃん……。

なでしこ
 再び富士山の朝、起きてこないなでしこに、優しい一言。
 リンちゃん、渾身の呼び捨て…!
 と

 起きなよ…、なでしこ。

 そうだったのか!(原作読者)。
 この下りはオリジナルで、距離の変化を強調する幸せなラストシーンだった…!

 なおリンちゃん、恵那の事は「斉藤」と呼んでます(斉藤)。

へやキャンは、二人とも見てみてーっ!!

00418
00420
00421
00422
00423
00426
00427
 ふじさん! 行ってきたよーっ!!

しまりんじゃんっ!
 後日談その2.野クル先輩ズに、富士山キャンプの報告をする各務原なでしこ
 見たまえ、これが我々の戦果だ!
 と

 富士山尽くしやなぁ~

 着てきてやがる!
 ていうか、チラッと写ってる姉やんがめっちゃかわええな!!

 富士山ソフト、めっちゃ美味しいらしいやんな!

イヌ子『そんなに好きなら、登ってきたら良いんやない?』

00428
00430
00431
00433
00435
00437
00438
00439
 そんなぁ、私がふじさんに登るなんて~、遠くから見ているだけで私は満足なんだよ…

片思い少女やね…
 もはや、富士山に恋してるようにしか見えないなでしこ、ここで命名決定に。
 ちあきちゃん先輩ひでえ!
 と

 ふじふじうるせーから、お前今日から「ふじこ」な?

 いいですとも!
 こうして、「なでしこ」「ふじこ」二つの呼び名を手に入れたのでした、と。

 恋するなでしこちゃん可愛いな!

今回、挿入歌として「ふゆびより」2番が使用に

00290


■ふゆびより 歌詞 1番(聞き取り)
 額に感じる 澄んだ空気 吐く息が弾む
 止まる 事もなく
 歩き続けていたの
 ここで 振り返る
 もうすぐ だよ

 朝日が昇る
 私は旅する
 新しい日に 自由を 吸い込んだら

 温かい火を かこんで座ろう
 たわいもない事
 話しながら
 
■ふゆびより 歌詞 2番(聞き取り)
 鼻先に触れる 木々の香り 時間も忘れて
 いつもの生活
 やる事が たくさんで
 少し休んでも
 大丈夫だよ

 星が彩る
 光が流れる
 優しい四季 心も 包まれたら

 灯りを消して 隣で眠ろう
 たわいもない事
 話しながら


00278
 エンディングテーマ「ふゆびより」。CDは間もなく発売だよ!

ふゆびより
 発売日は、2018年1月24日。通常盤は¥1,500(税別)。ちなみにOPも同時発売となります
 ただし、通常版はフツーにアーティストさんの写真が収まっており
 アニメ仕様は「キャンプ盤」に

 こちら【キャンプ盤】は¥1,900(税別) なお表題曲は本人作詞・作曲

 初回限定生産で、リンの描き下ろしイラストデカ帯仕様。
 特典DVDとして楽曲MV、ドキュメンタリー映像「佐々木恵梨のソロキャンプ(仮)」を収録。

 OPのアニメ盤は、アニメ主演cvさんのドラマパートが付属。

でしこの恩返し。二人が近付く、初の泊まりこみ押しかけキャンプ

00032
00242
00250
 どこへ行く気だ?! 的なごっそり具合ホント好き

なでしこ飯
 本作、1巻収録の山場!だと思うなでしこ飯。全身で旨さを表現するなでしこ
 無言で含んで、うまい…と小さく呟くリンちゃんで
 対照的なのも微笑ましい

 賑やかなのが好きで、姉に頼るなでしこと、リンは色んな意味で対照的で

 一環冒頭、てきぱき「独り占めだ…!」ってキャンプするシーンといい
 何だか良いですよね

 映像化で、富士山の日の入りも、より鮮やかに感じました

何より、1話でも思ったけどBGMがいい!!

00345
 カントリー調の曲自体もですし、高まっていくのが本当に良かった!
 逆に、二人でたわいもない話をする場面にEDをあてて
 まんまだなぁって。

 リンちゃんが、餃子をパクつく時の音といい、ホント音もいいです

アニメになって、より感じること

00132
 原作でもそうなんですが、なでしこって、姉に甘えてリンにも助けられて
 何でも、独りでテキパキやっちゃうリンと
 そこも対なんだなぁって

 冒頭の追加シーン、アニメ化で、そんな事も前より感じるようになりました。

2018年1月18日 ゆるキャン△ 第3話「ふじさん と まったりお鍋キャンプ」

00275
 夏目友人帳の、朱夏社が制作協力(下請け制作?)

スタッフ
 脚本:田中 仁
 絵コンテ:山崎雄太
 演出:岩崎太郎
 作画監督:青野厚司
 アニメ制作:C-Station
 原作:あfろ/まんがタイムきららフォワード(芳文社/4コマではない)
 制作協力:朱夏

あらすじ
 富士山の麓でソロキャンをしていたリンの目の前に、突然なでしこが現れた! どうやらリンの友達・斉藤恵那が居場所を教えたらしく、なでしこは本栖湖で食べたカレーめんのお返しにと、ここで鍋を作ってくれると言ってくる。最初はなでしこの料理に不安しかないリンだったが、出来上がった担々餃子鍋は、ぽかぽかと体の温まる美味しさで……。そんな鍋をつつきながら鍋をつつきながら、二人はまったりとおしゃべりを始める。

次回、出荷事件。開発、出撃、新装備!

00315
00355
00362
00442
 本作はキャンプと飯テロとイヌ可愛いで出来ています。

朝日が昇る 私は二度寝る
 原作を補完され、姉さんの優しさが染み渡る第3話。甘いってレベルじゃねーぞ!
 口では厳しいのに、めっちゃ甘いじゃねーか姉さん!
 可愛いじゃねーか!

 部内では傍若無人な、千明部長も、バイト先では借りてきたチワワよ!

 ところで本作は飯テロですか?
 はい、まだ序章です。

 次回は野クルとソロキャンガール、ダブル主人公な本作なのです。

 次回、第4話「野クルとソロキャンガール」

魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ 感想

 魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ 第1巻
 魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ 第2巻
 魔法少女ほむら☆たむら ~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~ 第3巻“完結”
 シロクマと不明局 1巻
 シロクマと不明局 2巻(完結)

ゆるキャン△ 感想

 ゆるキャン△ 1巻
 ゆるキャン△ 2巻
 ゆるキャン△ 3巻
 ゆるキャン△ 4巻 ※アニメ最終回
 ゆるキャン△ 5巻
 ゆるキャン△ 6巻

アニメ ゆるキャン△ 感想 2018年1月 公式ツイッター

 ゆるキャン△ 第1話「ふじさんとカレーめん」
 ゆるキャン△ 第2話「ようこそ 野クルへ!」
 ゆるキャン△ 第3話「ふじさん と まったりお鍋キャンプ」
 ゆるキャン△ 第4話「野クルとソロキャンガール」
 ゆるキャン△ 第5話「二つのキャンプ、二人の景色」
 ゆるキャン△ 第6話「お肉と紅葉と謎の湖」
 ゆるキャン△ 第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」
 ゆるキャン△ 第8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」 ※OP小変更
 ゆるキャン△ 第9話「なでしこナビと湯けむりの夜」
 ゆるキャン△ 第10話「旅下手さんとキャンプ会議」
 ゆるキャン△ 第11話「クリキャン!」
 ゆるキャン△ 第12話「ふじさんとゆるキャンガール【最終回】」※OP小変更