2018年1月発売 HGBF-65 1/144 ストライカージンクス ガンダム 2,160円 ガンダムビルドファイターズ バトローグ第4話 感想
それが俺達の求める戦争だ!” レナート3兄弟、ミリタリー精神の改造機!!

189_2167_o_1c2dnmg8slaep319601sfl70k36
158_2167_o_1c2dnm91sb1s1bdbm217kt5v52s
ガンダム00初出のジンクスに、同じくティエレンを思わせる重武装を施した改造機
 腰部アンテナ等、HGジンクスから持ち寄ると「アドヴァンスド」に組み換え可能と
 ニヤッとさせるのが素晴らしい!

 可動部は古くとも、HGジンクスの良さを再確認させてくれる改造機!

ジンクスはいい…、いいぞ…!
 ライフルも、よくよく見れば、余剰部品でアドヴァンスド用に組み換え可能な凝りよう!
 設定は、「ジンクスⅣへのテスト機」として作られたことも解り
 レナート兄弟と握手したくなりますね!

※誤解していましたが、本キットのみではアドヴァンスドジンクスは再現できません。記事修正

ジンクスⅣ開発へのテスト機。“原作”を意識したオリジナルガンプラ!

00027
00064
00060
 あくまで「オリジナルのガンプラ」だが、原作を踏襲した設定で制作している

多様な装備を抱えた“テスト機”
 ガンダム00劇場版では、新鋭量産機「アヘッド」が、政治的に量産不能となった。
 そこで、従来の主力機だった“ジンクス”の改良が持ちあがり
 主力機に返り咲く

 このジンクスⅣ開発に際し、地上戦データ収集用に作られたという設定!

 頭部は、データ収集の為に大型化しており
 試験用という位置付けからか、増加装甲も無骨で「後付した」感バリバリなのがいい!

 バトローグ4話では、“実戦”を想定したNPCバトルに投入された

原型キットは2008年発売、ガンダム00より「ジンクス」

00000
 ポリキャップはPC-123プラス、HGUC-80番台まで多用されたもの

HGBF ストライカージンクス
 前述の通り、アドヴァンスドジンクスに組む事も可能。説明書には明言されず。
 また、ランナーは「GN-X A/S」と銘打ったものもあり
 キット化も視野と思われます

 後はプロトGNランスで、専用ライフルは再現可能

 ただし腰部アンテナなどが足りない為、HGジンクスからもってくる必要があります

シールは、胸部やカメラアイなどを補足する

IMG_8665
IMG_8664
 レナート兄弟が「兵器としてのMS」を好むことから、彩り自体が少ない。

シール
 主にカメラアイと、ジンクス系特有の「丸」シールが懐かしいですね。
 物価もあり、2008年当時・定価1200円と安価にキット化
 30(29)機も買った人も

 原型は、無敵を誇ったガンダムを圧倒した、“次世代量産機”だったからです

 量産機としての活躍は、全ガンダム通しても語り草

ランナーA.「HG 1/144 ジンクス」

IMG_8657
 ランナータグには空白、おそらくテレビ局の記載を削ったものでしょうか?

いろプラ
 当時の感動が蘇る流用ランナー、ビームサーベルまで一体化されてますね
 番組制作に辺り、毎日放送も出資している事から
 タグにも記載があったはず

 本ランナーは、クリームがかったグリーン成型

 腕の裏など、目立ちにくいところにパーツ切断跡がくるので
 組み立て後の見栄えがいい!

 当時、それが「当たり前になっていく」、過渡期のガンプラだったんです。

ランナーB、「HG 1/144 ジンクス」

IMG_8658
 これも、最初のジンクスから流用されたもの

ホワイト+オリーブグレー
 スリッパは新造パーツを使うので、「アドヴァンスド」を組む時以外は使いません。
 ストライカーのスリッパは、「スペルビア」と似ており
 ファンをニヤリとさせるところ

 ジンクスⅣは、特殊部隊用「スペルビアジンクス」を基にしているからです

 本機は、アドヴァンスドを改造したという設定ですが
 中間的な形状なんですね

 爪は小さく、馬蹄に近い形となってます

ランナーC、「HG 1/144 ジンクス」

IMG_8659
 これもお馴染みジンクス流用、特徴的なロングバレルも付いてきます

グレーパープル
 機体名に繋がる、Ⅹ状の巨大粒子アンテナ、その「裏打ち」パーツが懐かしい!
 胴体と腰の接続が、ボールではなく「軸」であることも
 時代を感じる構造です

 今は当たり前の、「胸をそらせる」等の動きが出来ない

 もっとも、ボールだと重みに負ける場合もありますが。

ランナーG1、タグは「HG GN-X A/S」

IMG_8660
 グレーに見える部分は、薄いチョコレート色で成型されています

色プラ
 タグ名の通り、ガンダム00のMSV機、アドヴァンスド・ジンクスのパーツが成型
 下部は、ストライカージンクス専用パーツが集中し
 切り離し可能になっています

 アドヴァンスド特有の、大型ディフェンスロッドが目を引きますね

ランナーG2、HG GN-X A/S

IMG_8661
 2個組む必要あるパーツを残し、G1からパーツを削ぎ落としたランナー

色プラ
 ディフェンスロッドや、ジンクス系随一の大型を誇る、膝バーニアが特徴的。
 これが、ジンクスⅣ辺りになるとグッとスマートになりますが
 隠密用のスペルビアを経たからか

 扱いが難しい推進系強化は、エース用MSならでは。

H1、H2ランナー、タグ「ストライカージンクス」

IMG_8662
IMG_8663
 本キット「ストライカージンクス」専用パーツ群

グリーン
 装甲の角ばりっぷりに、「ティエレン系の開発者が参加したのかなぁ」的な。
 大型頭部も、同系列にあたるノーヘッドを髣髴とさせ
 人革連魂を感じます

 また前述の通り、スリッパがスペルビアに似た爪型

 しかし、忍者のような機動は不要ですから
 爪は大幅に小型化

 地上戦で大地に機体を固定し、砲撃精度を上げる為って感じに見えますね!

君はアドヴァンスドジンクス」を知っているか!

20170428_advanced_gnx_02
 各パイロットに最適化、有名なエイミー機は、推進器の限界を解除した暴れ馬だった

GNX-604T アドヴァンスドジンクス
 ガンダム00第1期の後、国連軍は、新型機「ジンクス」の供給元を失ってしまった
 そこで、彼らなりに解析し量産へと漕ぎつけたのが
 後期型ジンクスだ

 アドヴァンスドはそのカスタム機で、ガンダム00のMSVを代表するMS

 ガンダム00は量産機に力を入れた作品でした
 代表とも言えるジンクス、そのエース仕様は強烈な印象を残し、様々な形で商品化

 今回、遂にHGガンプラ化への道が開けたといえます

HG初の“アドヴァンスドジンクス”用パーツを設計! 原型へ繋げる派生機

189_2167_o_1c2dnmg8slaep319601sfl70k36

■HGBF 1/144 ストライカージンクス
 価格2,160円(税込)
 発売日2018年01月20日
 対象年齢8才以上
 
『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』第4話に登場する新機体「ストライカージンクス」がHGBFで商品化。
フルアーマーを思わせる重厚な追加装甲の他、ディフェンスロッド等装甲パーツを新規造形で再現。
カスタマイズされた装甲はパージして軽装状態にすることが可能となっており、頭部は新規造形で再現されている。
新設定の大型ライフルが付属。
各所のグリップにより両手で保持が出来る構造になっており、ダイナミックな射撃ポーズが可能。

【付属品】
■GNスマートガン×1
■GNディスチャージャー×1
■GNディフェンスロッド×2
■GNビームサーベル×2
■アーマー×1式

【商品内容】
■成形品×8
■シール×1
■取扱説明書×1


153_2167_o_1c2dnlh5q1bdn1uu8gok1ijrfc223
157_2167_o_1c2dnm5441n811ocm1m6b1ti91htn2n
158_2167_o_1c2dnm91sb1s1bdbm217kt5v52s
159_2167_o_1c2dnmcjk4ou10dr13a166a1n8p31
156_2167_o_1c2dnm0duktipbn1cs6u51g8r2i
155_2167_o_1c2dnlsp4sbcqn31ks61p2o1c0p2d
o_1c3eunc61ab78vm53e4ib19fo7
 バンダイホビーサイト該当ページはこちら http://bandai-hobby.net/item/2167/

ストライカージンクス
 ガンダムBFバトローグ4話は、「戦争」というサブタイで、レナート兄弟を連想させたもの。
 先行し、このミリタリー感あふれるガンプラが発表された時は
 あっ…と思ったファン多発に

 彼らは、確実な動作性を持つ量産機」を好む珍しいファイター

 MSをヒロイックな「ロボット」である以上に
 戦場で命を預ける「兵器」として愛し、作り上げるという一風変わったファイターです

 それだけに、第4話中盤~終盤のパニックも楽しいものでしたね!

レナート兄弟とメイジン、その激しい確執と昇華!

00259
00268
 バトローグ4話彼らを、「らしくない」と思った方もいらしたと思います。

アルゼンチン代表レナート兄弟
 彼らは、ガンダムBF初代作では、結局メイジンと分かり合うには至りませんでした
 それはそれで、異なる思想を持つのは素晴らしい事ですが
 変化も訪れます

 翌年の第8回世界大会で、再びメイジンと合間見えた兄弟

 そこでの戦いが、また彼らの関係を変えていったのです。
 これはアニメ化されていません

 外伝コミック、メイジン主役の「ビルドファイターズA-R(4巻まで刊行)」で描かれました

本キットのポリキャップも、非常に寿命の長いものだった

img_1
 最後に余談ですが、本キットのポリキャップも寿命が長く
 HGUCシリーズ、最初の「ガンダム」である
 GP-01にも使われました

 そう! HGUCは「ガンダム」キット化がかなり遅いのです。これも時代を感じますね

ガンダムビルドファイターズA-R 感想 BF無印の前、及び「トライとの間」を描く

 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”
 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-R 4巻“ベスト4”決定! メイジンよりバカがいた!?


 ガンダムビルドファイターズ アイランド・ウォーズ
 ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話「AIバトローグ」、公式無料配信
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第2話「敵の秘密開発工場を叩け」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第3話「ふみなとギャン子の大冒険」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話「俺たちの戦争」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話「ガンプラは最高だ!」[最終回]

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF