2018年2月発売 HGBF 1/144 ジンクスIV TYPE.GBF 2,160円.プレミアムバンダイ限定
HG ジンクスⅣ、“地上戦仕様”想定カラーでガンプラ化! やったぜ兄さん!!

IMG_9283
1000119413_2
劇場版ガンダム00時の主力量産機は、「3.5世代ガンダム」をも凌駕した高性能機! 
 キット化に恵まれず、カラー変更のみのガンダムBF版登場とあっては
 買わない選択はなかった!

 ていうか、レナート3兄弟末っ子、8歳も歳下だったの!?

原型キットは「HG00 GN-X」
 2008年発売、ポリキャップはPC-123プラスで、HGUC-80番台まで多用されたモノ。
 受注開始時の記事はこちら。登場したバトローグ4話はこちら
 当然、元はストライカージンクスと同じキットですね

 2018年4月「ビルドダイバーズ」にも派生キット登場、HGジンクス大忙しだ!

説明書はフルカラー&解説付き、ビルドファイターズ系定番の嬉しさ!

IMG_9284
 通常販売の説明書同様、機体、武器などの解説がフルカラーで掲載

GNX-803T ジンクスⅣ
 本機は、ガンダム00のジンクスを「地上配備型 密林地帯カラー」として制作。
 通常、指揮官機専用である両肩シールドを用いている以外
 設定からはみ出さないこだわりを見せる

 武装も設定同様で、トランザムが使えるのも劇中通り

 劇場版00では、人類存亡をかけた激しい戦いとなった為
 多数のパイロットが「自爆」までも敢行

 その為、戦後は全機コア・ファイター搭載機に改良された、という逸話もある

もはや見慣れた「丸」を補足するホイルシール

IMG_9285
 シールを見るだけで、「あっこれジンクス系だ」と解るのが面白い

ホイルシール
 全身の丸模様(関節)を再現、また胸部GNドライブ部シールが目を引きます
 00発表当初、これが「ビーダマン(ビー玉)」みたいと
 揶揄されたのも懐かしいですね

 2期では技術発展で不要になったとし、デザインから撤廃。

 すると逆に「特徴が薄れた」…と。
 そういえばジンクスは、技術的にはガンダム級となるも、胸部はそのままですね。

 でもこれはこれで本機らしく、良いものだと思うのです

Aランナーは、「HG 1/144 ジンクス」

IMG_9303
 テレビ局の版権が終了、「MBS」の刻印がタグから消えました。

色プラ
 めっちゃ黄土色で「これジンクス?」とか、つい思っちゃいますね
 この辺、リアル志向のレナート兄弟らしいです
 迷彩カラー!

 当時は、「開き手」付属が当たり前、造形がいいですよねー。

Bランナー、同じく「ジンクス」

IMG_9304
 これも原型キットから続投。

グリーン
 大半のパーツは使いませんが、スリッパなど続投、原型機と同じ外観を持ちます。
 ジンクスⅣは、Ⅲではなく「スペルビアジンクス」発展機ですが
 あの特殊な足は継承されませんでした

 また設定上ジンクス系は、たとえⅠでも、換装すればⅣに出来るのが特徴

 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳと変わらないスリッパ!

Cランナーも、ジンクス流用

IMG_9305
 特に肩周りが独特で、装甲を「被せていく」デザインが面白い。

グレーブラウン
 これも原型機続投ランナー、見ると「ああ、ジンクスか」と思える独特の形。
 逆に、真ん中の4つのパーツは「腿」なんですが
 いつまで経っても慣れません

 見るたびに、こんな形だっけ?と思ってしまう独特な形状。

※感想には個人差があります。

Dランナー、「アクセルレイトジンクス」

IMG_9306
 昨年6月に登場した、ガンダムBF外伝コミックに登場。プラモはこちら

色プラ
 アクセルレイトの時点で、ほぼ「Ⅳ」の部品が出来、キット化を予感させました
 ガンダムBF初代作で、名前のみ世界大会に登場したキャラ
 パトリック・マネキンのガンプラです

 GMの逆襲の後日談、ガンダムBFA-Rでは遂に登場!

 まんま、ガンダム00のパトリック・コーラサワーが
 カティ・マネキンと結婚した姿

 子供が生まれ大きく成長、A-R4巻では大きな活躍をしています。

ランナーEは、2枚を使用

IMG_9307
 これも「アクセルレイト・ジンクス」タグでプラモ化。

グリーン
 両肩のシールドや、推進器を兼ねた、使い捨ての増加粒子タンクなどを再現。
 宇宙世紀での、シュツルム・スラスター・ユニットを意識したのか
 設定が似ていますね。

 両肩にシールドを搭載するのは、00設定では「指揮官機のみ許される」もの

 ジム指揮官用のように、「見た目で解る」よう意識してでしょうか。

Fランナー1、F2、タグは「24th CW」

IMG_9308
IMG_9309
 HGBC 1/144 24thセンチュリーウエポンズとして、単品商品化されたもの。

グレー
 設定上、ジンクスⅣは、シールド裏にハンドグレネードが必要となる為
 このランナーに追加されている。
 ライフルとソードを再現

 特にバスターソードは、小熊ことアンドレイ・スミルノフ使用

 印象的な活躍から、本機必須といって過言でない!
 元々は「ジンクスⅡ」で開発されたモノ。

 ポリキャップはPC-123プラス

新生レナート小隊には2機が配備、ガンダム00世界の量産機!

20171102_gnx4_02
20171102_gnx4_03
20171102_gnx4_04
20171102_gnx4_05
20171102_gnx4_06

■HGBF 1/144 ジンクスIV TYPE.GBF
 販売価格:2,160円(税込)
 お届け日:2018年2月発送予定

■商品詳細
 2017年11月3日(金)
『ガンダムビルドファイターズバトローグ』第4話 配信開始!

-----------------------------
戦場を自在に駆ける兵士(ソルジャー)
ジンクスⅣ、出撃!

-----------------------------
『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』第4話より、
 ジンクスIVをベースにしたオリジナルカラーのカスタム機登場!

● ミリタリーカラーの機体色を採用!
  アンブッシュ迷彩カラーをイメージした、カーキをベースにした機体色を採用。

● ジンクスIVの機体形状を再現!
  頭部、肩部、胸部装甲、腰部、背面に備えた増加粒子タンクなど、各所機体形状を再現。

● 特有の武装が新たに付属!
  ジンクスIVの特徴的な武装である、GNロングライフル、GNショートライフル、GNバスターソード、GNシールドが付属。
  GNシールドは2基付属し、両肩にジョイント可能。

 付属武装 : GNロングライフル / GNショートライフル / GNバスターソード / GNシールド


1000119413_1

1000119413_2
1000119413_3
1000119413_4
1000119413_5
1000119413_6
1000119413_7
1000119413_8
1000119413_9
1000119413_10
 プレミバムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000119413/

ガンダムビルドファイターズ バトローグ
 量産型MSこそ、実戦的、確実な動作性を持つ優れた「兵器」と考えるレナート兄弟
 バトルを「戦争」と捉え、「遊び」とするメイジンと激突した彼らは
 今回、ガンダム00世界の量産機を選んだ

 挑んだのはGクエスト、与えられた任務をクリアするアトラクションだ!

 しかし、ガンダム00世界にどっぷりハマってプレイしていた彼らは
 同世界にありえない機体に苦戦を強いられる

 バトローグ4話は、彼らの「戦争」を描く、実に楽しいエピソードであった!

バトローグでの彼らは、とある「事件」を経ていた

00006
00027
00290
 いきなりメタル化! いきなり1人多い! 鮮烈な冒頭シーンだった!!

バトローグ4話
 どうもメタル状態は、ガンプラに組み込んだ、パイロット「フィギュア」だったらしい
 3兄弟自身、実際にパイロットスーツのコスプレをしていた為
 同一のように見えたという演出か

 以前の彼らからすれば、びっくりするほどお茶目エピソード

 GMの逆襲後の、「第8回世界大会」で再激突し
 心境が変化した為かもしれない

 そのエピソードも、外伝漫画A-R3巻4巻にて描かれている。

ジンクスⅣは、ガンダム00劇場版にて、地球連邦軍主力機として登場

00002
00000
 既に、「ガンダム」をも凌駕する本機を大量配備してさえ、凄惨な戦いを強いられた

GNX-803T ジンクスⅣ
 本機は、従来機の換装でも良かった為、大半はジンクスⅢの改良機だったとされる
 ジンクスⅢ、そうダブル00第2期での「ヤラレ役」だった機体が
 大幅レベルアップしたのだ!

 というのも、ヴェーダとイノベイド達の協力で、飛躍的に技術向上した

 世論的に「悪者」となったアヘッドは開発中止
 そのノウハウも導入すると共に、「善玉」のイメージも積極的に狙っている

 頭部Vアンテナ等、“ガンダム”を連想させる意匠としたのだ。

戦後は“軍縮”が決定、しかしジンクスは更なる発展を遂げてゆく

IMG_9310
 おわかりいただけるだろうか、股間が新しくなったのである

コア・ファイター搭載型
 劇場版は、かなり時間をすっとばして幕を閉じたが、実は戦争の時代も挟んでいる
 ELS戦後の人類は、増え続けるイノベイターを“旧人類”の一部が忌避
 戦争状態に突入した

 際しては、あの巨大MA,ガデラーザさえ一定数生産され大戦争に!

 この「コアファイター型」はその端緒
 人命尊重を理由に「改良」が、次いで前提とした新型「V」が…、と兵器開発が継続する

 開発継続の口実にされ、戦争激化の一端を担ったという。

しかしソレスタルビーイングも活動し続け、本当の平和に辿り着く事に

IMG_9311
 たとえばあの「頭上ガンダム」、ラファエルも地上戦仕様となった

ラファエルガンダム ドミニオンズ
 劇場版での機体は、あくまで無重力前提であり、重力下ではバランスに配慮し
 支援機「セラ」を分離させ、全身を覆うように装着する事で
 ヴァーチェを思わせる形状とさせた

 本機や、「ガ」系の原型機ガルムガンダムE等でソレスタルビーイングも参戦

 この辺の経緯は外伝作品で触れられ
 本「ドミニオンズ」も、磁石を駆使して作例が制作、「ガンダムウエポンズ 00V編」に収録

 ビルド系作品などで、いつか本機も登場(出来ればキット化)するといいですね!

ガンダムビルドファイターズA-R 感想 BF無印の前、及び「トライとの間」を描く

 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”
 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-R 4巻“ベスト4”決定! メイジンよりバカがいた!?


 ガンダムビルドファイターズ アイランド・ウォーズ
 ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話「AIバトローグ」、公式無料配信
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第2話「敵の秘密開発工場を叩け」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第3話「ふみなとギャン子の大冒険」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話「俺たちの戦争」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話「ガンプラは最高だ!」[最終回]

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC