試し読み ガンダムビルドファイターズA-R 5巻 感想【最終回】レビュー 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
GMの逆襲”同時期に行われた第8回世界大会、劇的決着! タツヤの挑戦は続く

00478
00477
00466
00455
本編最強クラスと謳われた、二代目メイジン、カイザー、ジュリアンの3人が激闘!!
 メイジン、“ユウキ・タツヤというガンプラ少年”に影響を与え続けた男達の本気!
 本編で輝けなかった男達が輝いてた!

 ガンプラを好きな人、本気な人、やめられない人たち。想いが詰まってた!!

幼いレディも大躍進!
 最終巻、一番驚いたのは、マスク・ド・セカンドGが、本編由来のギミックを使ってた事!
 言われて見るとまんまだし、続くレディとプリンセスのバトルも楽しい!
 アレを見立てるとか、なるほどな着想!

 ベスト4はカイザー以外キット化、最終決戦仕様となるのも楽しかった!

ガンダムビルドファイターズA-R 5巻 感想

00420
 第22話「挑戦者vs挑戦者」
 第23話「二代目のバトル」
 第24話「メイジンを継ぐ者」
 第25話「次世代ビルドファイター」
 第26話「太陽、そして月と星」
 第27話「ガンプラよ、永遠に【最終回】」
 ガンダムビルドファイターズ感想
 ガンダムビルドファイターズトライ感想
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 感想
 これまでの感想

今ノ夜先生の作画も良かった! 次連載にも期待ですね!!

00451
 ガンプラとして作画されていますが、全体にイキイキした作画もとても好きだ!

あらすじ
 第8回ガンプラバトル世界大会、メイジンは準決勝で“皇帝”カイザーを今度こそ破り
 同じくジュリアンは、“二代目メイジンの思想”を愛したMSGを破り
 世界大会は再びガンプラ・イブを迎えた

 公開バトルで、レディはプリンセスと激突し、後の女流メイジンへ繋がっていく

 やがてメイジン、ユウキ・タツヤは初めての世界大会優勝を飾り
 同大会データは“3on3制”の礎となる

 時は流れ、14回世界大会へ慌しくなる頃、物語は静かに幕を下ろすのだった(終)

第22話“メイジン以上のバカ”。かつてタツヤを倒した男、カイザーとの死闘!!

00421
 全長、実に9mにも及ぶ“ガンプラ”! 宇宙要塞カイラス・ギリーの猛攻!!

第22話「挑戦者vs挑戦者」
 アニメ化された中で、宇宙世紀最後のガンダムが、V2ガンダムであるように。
 同作に登場し、最強の巨大兵器と謳われる宇宙要塞を制作!
 火力は、コロニー・レーザー以上!
 ∀ガンダム小説版!

 とはいえ最大の怖さは、これを高クオリティで制作、“独りで操る”規格外さ!

 対するメイジンも、これまでの“アメイジング”を総結集
 全身火器としたフルアメイジング!

 膨大な数を作り、同時に操る、異次元なセンスが試される攻防よ!

炸裂、ビッグキャノン! 艦載機に押し込まれ、閉じ込められたメイジンは…

00422
00423
00424
 ザクアメイジングの分離支援メカを元にした、フルアメイジングブースター!

燃え上がれ!
 間一髪逃れられたのは、アランが送り続けた戦況データによる高速離脱!
 セイとレイジ同様、相棒がいるのがメイジンの強みですね
 対し、“孤軍”のカイザーもスゴい!

 先のフェリーニ戦機、バイク戦艦アドラステア投入!

 戦艦の護衛に戦艦!
 反則極まるも、“これを一度に操れる”操縦センスあったらばってモノね!

 土壇場で護衛艦隊が現れ、挟み撃ちされた、何て燃える状況だと吼えるメイジン!

押し通るメイジン、押し潰すカイザー! 語られた“前大会の敗因”

00425
 アニメ本編で敗れた理由は、カイザーが動揺していたのもあった。と“後付け”。

約束
 アニメ本編でのカイザーの役割は、“前大会覇者瞬殺”という、時代の激変を描く事
 同時に、フェリーニやルワンら、カイザー同世代「古豪」の活躍で
 初見殺しさえ乗り切れば、古豪もまた劣らぬと強調
 覇者カイザーの株を補いました

 更に今回、病弱な娘プリンセスに、ネメシスが臓器提供してくれたと。

 純粋な善意だったかもしれない
 ネメシス会長は孫煩悩で、共感してくれたのかもしれませんから。

 しかしカイザーは割りきれず、注意力を欠いてしまった。

勝負に不純物を持ち込んだカイザーは、顔向けできないと悔やんでしまっていた

00426
00427
 本編8話の後、タツヤはメイジン就任を告げるべく会いに行き、全てを知ってしまった

挑戦者vs挑戦者
 勝負に私情を入れてはならない、負けた以上に、勝負を穢したと悔いていたカイザー
 しかし、愛する者の為に身を捨てるのが強さなら
 己の弱さを受け容れるのも強さ

 カイザーは敗れたけど、真っ向から受け止め、また立ち上がれるはずだと

 この時、タツヤは「第7回(本編)大会では優勝し頂点に立つ」と
 次は王者として迎えると約束

 結局、タツヤはセイとレイジに敗れて…、挑戦者vs挑戦者ってワケね!

道を究める為、愛する者の為。挑戦者同士の戦い、決着!

00428
00429
 私は お父様を誇りに思います(プリンセス)

完全燃焼
 前大会で完全燃焼できなかった、それが今、カイザーが熱く燃え上がっていた理由!
 対しメイジンも、「ザクアメ」「Hi-νヴレイブA」の支援機を特攻
 ビッグキャノンの弱点であるスクイードを轟沈

 互いに操縦負担が大きく、短期決戦を期した戦いは8分16秒で決着

 精魂込めた、“フル”アメイジングを使いきったメイジンが辛勝を飾り
 第7回大会の壁を乗越える事に

 大型機に特化した世界覇者、カイザーの名に恥じない戦いだった!

第23話。“二代目メイジンに最も近い男”の新型、飛ぶ!

00430
 最後に再び熱い握手、カイザークッソ格好良いお父さんだった!

第23話「二代目のバトル」
 さて控え室では、前巻ラストに邂逅した、“メイジン候補生”ジュリアンらが激闘!
 本編での代名詞、F91にV2の翼と家伝の槍を加えた新型
 マッケンジー家の「M91

 対するはタツヤにガンプラバトルを教え、出発点となった男トオル

 ジュリアン曰く、トオルは「楽しいガンプラバトル」を感じさせるもので
 戦って良かったと感じ入ります

 二人はタツヤにとって、先輩と呼べるコンビなのよね!

トオルの餞別とは、新型機M91が抱えている難点、そして期待

00431
 ジュリアン最強の技を見たトオルは、二つの餞別を贈った

タツヤなら別だ
 M91は、追加した光の翼と特製手甲を活かし、最速突撃を実現したガンプラ
 対しトオルは、「敵の弱点を責める」二代目メイジンなら
 見抜いて避けるだろうと忠告

 高速という長所は、進路を変えられない短所にもなっていると。

 でもタツヤなら別だ、その「高速突撃」を真っ向から打ち破るような
 面白い戦いをするはずだ!と

 そこでジュリアンも、技、模擬戦で見た全てを伝えて欲しいと返します

自分の“最高”を、どんな手段で破ろうとするか? ジュリアンも見てみたい!

00432
00433
 二代目のマーズジャケット(ASTRAY)に対し、シャルル専用RFゲルググ!

何この火星大決戦!?
 RFとはリファイン、ジオン火星残党が、UC.0120年代に作り上げた最強機!
 地球圏の技術革新の結晶、F90に匹敵するというのだから
 技術供与されてるとはいえ半端ない!

 もとい二人の姿に、自分達の世代を思う老兵マッケンジー

 当時は、ひたすら勝利だけを競いあう苛烈なバトルだったはずで
 三代目が忌避するもの
 でも、それでも。

 柔和な彼が、あれもまた楽しかった、と思ってくれるのが本当に嬉しい。

二代目を体現するもの”マスク・ド・セカンドGの猛攻!!

00434
 以下長いので、MSGと略称します。

MSGvsジュリアン
 本編でのジュリアンは、タツヤでも全く勝てず、二代目メイジンに最も近かった
 しかし、“勝利こそ絶対”という二代目の在り方についていけず
 継承を放棄し逃げ出した男でした

 彼もカイザー同様、設定上は強豪ながら、一話限りに終わった“先達”!

 しかし今は、「親兄弟でも、勝利の為なら容赦無用」という教えを
 当時、「一理ある」と思えてしまって逃げたものを
 今、心から否定できる!

 だって楽しさを教え、自分の根っこを作ったのは“家族”だ、と応えられるから!

覇者圧倒! MSG、“二代目の思想”を否定するジュリアンを追い込むも

00435
00436
00437
 こんなに嬉しい事はない! 初代ガンダム、アムロの台詞を踏襲するジュリアン

師vs挑戦者
 二代目の戦法は“必勝”、相手の長所を潰し、短所を責める事を突き詰めたもの
 加えてMSGは、つい「相手の問題点」を指摘してしまう
 教師的な面も持っています

 槍による間合いの広さ、突進力を、遺跡という舞台を活かして潰すMSG

 対し、突進は「相手に避けられる」事を逆用したジュリアン
 MSGから距離をとる為に活用!

 しかし、闇雲に4門ヴェスバーを連射しても、MSGにはまるで通じませんが…

突進を見切ってしまうMSG、ジュリアンが編み出した奇策とは

00438
00439
00440
 本編視聴ファンに、あまりに懐かしい挙動を見せ始めるMSG

円卓の一撃
 必殺武器とも呼ぶべきヴェスバーを、たかが障害物排除に使ってくるとは!
 突進といい、出し惜しみせず大技を使って事態を打開し
 ジュリアンは“質量ある残像”を展開
 光の翼で突撃!

 F91の質量ある残像で、単身、“円卓”状に包囲攻撃するジュリアン!

 新技“円卓”誕生の瞬間ですが
 撹乱した分、肝心の突進がごく僅かに鈍り、トドメを刺すには至らず。

 結果、MSGを本気にさせてしまう事に

第24話。二代目本人が納得し、三代目が描き変えた“メイジン”の姿

00441
 メイジンを継ぐ者としてではなく ただ一人の二代目を継ぐ者として(MSG)

第24話「メイジンを継ぐ者」
 二代目は、苛烈なファイトでタツヤに嫌われましたが、それも思想あっての事。
 マシタ会長が望んだ、「絶対的に強いメイジン」を演じ抜く事こそが
 誕生した頃のガンプラバトルに必要だった

 普及の為に、ショーアップされた非情なバトルこそ必要だったと

 三代目の在り方は、“メイジンが敗れる”可能性を含み
 興行としてリスクがあるから。

 二代目は、憎まれて構わなかった、バトルが普及さえしてくれたら満足だと。

MSG“自身”は弱い、ガンプラの未来もどうでもいい。それでも、だとしても。

00442
00443
00444
 機体名が黒(シュバルツ)なのに、白くなったの!?と突っ込むメイジン!

カテドラル・ヴァイスリッター
 MSGが欲しかったものは、“二代目メイジン”、個人への尊敬を取り戻す事!
 メイジンではなく、二代目という忘れ去られかけたものへ
 最強という名誉を添える事

 かつての二代目同様、粒子制御の上位、フィールド自体を御するMSG!

 ジュリアンに下るように告げたのは
 MSGが、「自分では二代目後継たりえない」と思っている為でしょうか

 もしジュリアンが下れば、二代目の思想もまた、継がれたのでしょうけれども…。

二代目最大の大技! “フィールド場の構造物”を粒子化、ぶつけるMSG!!

00445
00446
 あなたは勝利の為に“捨てよ”と言った! 僕は“得た”事で勝利を求めた!

ジュリアンの“スタイル”
 本作第1期で、タツヤをメイジンが試したフルムーンスプリームアローの再演
 しかしジュリアンは、二代目の「捨てろ」という路線に対し
 独自の答えを得て切り抜ける

 二代目とも三代目とも違う、ジュリアン自身の“得る”というスタイル!

 本編で、ジュリアンが前評判ほどの力を出し切れなかったのも
 何より心が定まっていなかったからだと。

 カイザー同様、ジュリアンもまた、「本当はこのくらい強い男」なんだわ!

初めてMSGをフッ飛ばしたジュリアン! 対しMSGは

00447
 いや わからんな(マスク・ド・セカンドG)。

これがいいのです
 最中、MSGの正体を見切ったジュリアンの問い、掛け合いが男らしい!
 ジュリアンは高速戦だから、本当は槍だって軽いが一番
 金属パーツなんてナンセンスなんです

 それでも使う、MSGなら、何故なのか誰より解るはずでしょう?と

 MSGは、行動自体がナンセンスなんです。
 ただ、二代目が大切だからやる。
 ただ大切な人の為に。

 その一点で、MSGと、家伝の槍にこだわるジュリアンは何も変わらない!

“最高技”再撃! しかしジュリアン、粒子の渦に自ら突撃し……

00448
00449
00450
00451
 MSGは、彼のヴァイスリッターは、勝利を確信したまま力尽きていた。

信念の立ち往生
 MSGの破格粒子技に対し、ジュリアンは、“光の翼が自壊する”程に大加速!
 ジュリアンの槍を、MSGは見切って回避する技量があるから
 これはイチカバチかの賭け

 ドンピシャ、“MSGが技を放つ瞬間”だけにこそ、有効打となる!

 ジュリアン、その神業を見事にやりきって勝利を掴みとり
 MSGこと“マクガバン先生”を撃破

 敗れたりといえど、立往生したヴァイスリッター、男だった!

第25話、MSGを“可能とした技術”とは。言われて納得そのまんま!

gundamebirudo21 (396)
00452
 本編で、アイラ・クルシンデンネンを追い詰めた“エンボディ”。そのまんまだ!?

第25話「次世代ビルドファイター」
 MSGの正体は、二代目に心酔していたマクガバン(男)先生でした。
 驚きは、タツヤを洗脳する際に用いた応用技術 
 二代目化を使っていた事

 無論、ヤジマ製システムでは動作しないはずで、予想外も予想外の使い方

 正体は、後にトライでセカイが見せる「アシムレイト」であり
 思い込みを強化する道具にしてたらしい

 言われて見れば形状そっくり、二代目化する機能、なるほど気付かなかった!

第8回大会ガンプラ・イブ開催! あの時の構図そのまんまやで!!

gundamebirudo23 (1480)
00453
00454
00455
 トオルのトールストライクも完成形へ、その“レヴ”はアメストにも付くぞッ!!

ガンプラ・イブ
 世界大会決勝戦を前に開かれる、お祭りイベントが本作でも開催! 最高だ!!
 最中トオルは、ジュリアンの本気バトルに感動したタツヤが
 真っ向勝負を挑む事を伝える

 そしてフリーバトルでは、A-Rにおける転機、“幼いレディ”バトルが!
 
 対するは、本作ヒロインとしてずっと成長し続けてたプリンセス!
 カイザーの娘も、新作で参戦だ!
 レナート3兄弟もいるぞ!
 仲良いなルワン!

 病弱ゆえこれが初バトル、生まれたての子馬みたいでかっわいい!!

ここに来てる皆は、“ガンプラ”を楽しんでいる。だからレディは言う

00456
 ここで自分達がすべきは、ガンプラ大好きな皆を、もっともっと楽しませるバトルだ!

ガンプラバトル・コンバットモード!
 カイザー譲りの同時操縦、何とGレコ改造機“パックナイフ”制作! まさに真夏の夜の夢!
 対しレディも、ルナゲイザーに、スターゲイザーのリングそのものを装備!
 更にパワーアップしとるなオンドレ!

 まず見せたのはプリンセス、“パトリックの技”を再現する離れ業!

 作中、世界級ファイター達に「学び続けた」小さなお姫様
 その成果が描かれる!

 やっぱり本編も本作も、“ガンプラの祭り”は最高だ!

第26話、レディの人生を変えるバトルの始まり!! “パックナイフ”すげえ!?

00457
00458
00459
 Gレコ機マックナイフ、その変形を「巨大弓矢」に見立てたのか!?

第26話「太陽、そして月と星」
 やはり優勢はレディ、大規模攻撃で、同時操縦の弱点を突くのは上手いね!
 しかし「合体」して距離を取りつつ、操縦機数を減らして対応
 レナート兄弟の実況がいい味出してる!

 しかししかし! 真価は、何と“二代目の技”再現にあったとは…

 ポイント、技術の根っこは、粒子を集めるというルワンの新技。
 色んな意味で発想が面白い!

 さすがカイザーの娘、ってレベルじゃねえ技量! ロビン・グッド・フェロー!

堪えたルナゲイザー! ポイントは、“スターゲイザーのリング”

00460
00461
 自分はメイジンのようになれない、だが心が震えた、憧れた! だから彼女は…。

月を見る者
 スターゲイザーの輪は、SEED世界での、“光の翼”の根底にある技術!
 本作では、粒子を受け止め、推力に変換する技術として機能し
 凌ぎきるものの推力が暴走してしまう

 レディは思う、自分は、“自分が憧れる姿(メイジン)”を目指す者になろうと。

 個人的だろうと、それが女流メイジンという道に繋がっていくのなら…。
 と、プリンセスの思想を受け容れる事に。

 機体も暴走の末、辛くもプリンセス機を撃破、勝利を飾る事に

続いてお楽しみ! 皆の挑戦を、“決勝進出者コンビ”が受けちゃうぞ!!

00462

 ガンプラが好きな人がいて
 ガンプラに本気な人がいて
 ガンプラがやめられない人がいて

 一人一人が 違う想いを抱いて 煌めいてる!

 そうそれは夜空を埋め尽くす星々の海


00463
00464
00465
 ガンダムBFAで敵対した“悪いレイジ”こと、ショウキも元気にやってるみたい!

とっちめちまえ!
 結局、レディは大推力を制御しきれず、システム判定の直後にフッ飛んでノーゲーム!
 そんな、ちょっと足りない所も「ア・メイジング」で素敵ですが
 続くレナート兄弟が最高だ!

 フリーバトルで大人気なくメイジンをボコろうとする姿勢! イエスだね!!

 続くモノローグは、本当に心から共感するものでした
 皆、それぞれに違う想いを持っていて
 ガンプラで繋がってる

 マクガバン先生は闇に消え…、でもこれもまた、彼らしいというべきなのか。

決勝戦! 二人のガンプラも“最終決戦仕様”へ!!

00466
00467
00468
 月と星が輝きを見せたのだ 太陽も負けずに輝かなければな(ユウキ・タツヤ)

至高の領域
 決勝戦、ジュリアン先輩は、祖父のマーキスマントを装着し威風堂々の参戦!
 対し、メイジンはグリッターアメジングストライクフリーダム!
 真意は「輝く」という事!

 親友トオルの武装で、セイとレイジの得意技“パワーゲート”を構成!

 二代目メイジンをも破った至高の槍!
 これを、ビルドストライクのナックルを彼なりに再現した一撃で迎え撃つメイジン!!

 しかしアメストのナックルは、槍に粉々に打ち砕かれて…!

決勝続行! 本作を通し、“幼いユウキ・タツヤ”が学び続けた事は

00469

 ガンプラ どうすれば上手くなるかな?
    ヤナ「好きならきっと上手くなりますよ

 好きだけじゃ越えられない壁もあるよ!

 相手だって!
 好きなんだから!

   ヤナ「そうですね
   ヤナ「では 何事も基礎からしっかいりゃるという感じでしょうか


00470

 好きだということ
 そして 堅実な努力はきっとあなたの力になります

 たとえ今は届かなくても いつか大きな財産になる

 だから焦らず しっかりとゆっくり
 好きな気持ちを忘れずに
 全身全力で!!


00471
 好きなら勝てる? いや、相手だって好きなんだから、それじゃ頭打ちになる。

第27話「ガンプラよ、永遠に【最終回】」
 決勝戦、実はダブルナックルだったアメストは、右腕を失いながらも食い下がった!
 思いは一つ、お互い、この組み合わせだからこそ
 遺恨なく全力で燃えられる!

 最中で過ぎったのは、作中繰り返した、問いかけるような戦いの数々

 好きなのは周りも同じ
 であるなら、大事なのは焦らない事、着実に努力を重ねていくという事。

 それも全身全力で! 自分に出来る限りを尽くして!

太陽のように! なりたい姿を目指し続け、タツヤは進化し続ける!!

00472
00473
00474
00475
 楽しかった! ありがとう! ただその二言に尽きるシリーズだった!!

ア・メイジング!
 決め手となったのは本作の原点、トオルの“レヴ”によってメイジンが勝利をもぎ取る!
 こうして、後に“三連続優勝で殿堂入り”するというタツヤ
 初の世界大会優勝が果たされた

 そしてここから、ガンダムBFトライへ続く新しい日々が動き出して…

 レディのグラサン、注目されるのが恥ずかしくてかけたのが
 そのまま定着しちゃったのね!

 実に全10巻、愛すべきガンプラバカ達の物語はこうして完結へ。

収録

00476
 本作のRはレディ、トライに続く「準備」って意味だったのね!

 カドカワコミックスエース「ガンダムビルドファイターズA-R 5巻」。今ノ夜きよし&千葉智宏。
 月刊ガンダムエース連載、角川発行。
 2017年7月(前巻2017年12月)

収録
 第22話「挑戦者vs挑戦者」
 第23話「二代目のバトル」
 第24話「メイジンを継ぐ者」
 第25話「次世代ビルドファイター」
 第26話「太陽、そして月と星」
 第27話「ガンプラよ、永遠に【最終回】」
 ガンダムビルドファイターズ感想
 ガンダムビルドファイターズトライ感想
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る
 オマケイラストや、登場MS一覧、カバー下にもオマケあり!


 ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第2話「紅の彗星」。その追補記事OP記事ED記事
 ガンダムビルドファイターズ 第3話「フルパッケージ」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第4話「ガンプラアイドル☆キララ」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第5話「最強ビルダー」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第6話「戦う理由<わけ>」、その追補記事。
 ガンダムビルドファイターズ 第7話「世界の実力」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第9話「想像の翼」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第10話「開幕!世界大会」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第11話「ロワイヤル」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第12話「ディスチャージ」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第13話「バトルウェポン」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名C<コードネームC>」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第15話「戦士<ファイター>のかがやき」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第16話「再会、父よ?」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第17話「心の形」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第18話「ブラッド・ハウンド」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第19話「アストレイの刃」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第21話「きらめく粒子の中で」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第22話「名人VS名人」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第23話「ガンプラ・イブ」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第24話「ダークマター」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 最終話「約束」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ ラルさん誕生の経緯
 ガンダムビルドファイターズ 放映終了、各話感想まとめ

ガンダムビルドファイターズトライ

 ガンダムビルドファイターズトライ 第1話「風をよぶ少年」、補足、補足、補足
 ガンダムビルドファイターズトライ 第2話「結成! トライ・ファイターズ」、補足、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第3話「その名はギャン子」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第5話「憧れと挑戦を胸に」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第6話「戦場の支配者」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第7話「素組みのシモン」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第8話「この盾に誓って」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第9話「決戦のソロモン」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第10話「ガン☆コレ」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第13話「ビヨンド・ザ・ナックル」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第14話「好敵手たち」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第15話「新生!トライファイターズ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第16話「華麗なるシア」、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第17話「亡霊城の罠」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第18話「スナイバル・ドラゴ・ギラ」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第19話「運命の再会」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第21話「蒼き翼」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第23話「ビルド・ファイター」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第24話「ファイナル・バースト」
 ガンダムビルドファイターズトライ 最終話「僕たちのガンプラ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 全25話 感想リンクまとめ。より“ガンプラバトル”に徹した後継作!


 ガンダムビルドファイターズ アイランド・ウォーズ
 ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話「AIバトローグ」、公式無料配信
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第2話「敵の秘密開発工場を叩け」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第3話「ふみなとギャン子の大冒険」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話「俺たちの戦争」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話「ガンプラは最高だ!」


 
ガンダムビルドファイターズA 1巻
 ガンダムビルドファイターズA 2巻
 ガンダムビルドファイターズA 3巻
 ガンダムビルドファイターズA 4巻
 ガンダムビルドファイターズA 5巻※第一期完結

ガンダムビルドファイターズA-R 感想 BF無印の前、及び「トライとの間」を描く

 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”
 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-R 4巻“ベスト4”決定! メイジンよりバカがいた!?
 ガンダムビルドファイターズA-R 5巻【最終回】“ガンプラよ永遠に”