公式サイト 名探偵コナン 95巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
ボス発覚で深まる謎。灰原の両親、宮野厚司&エレーナ夫妻も本編・初顔見せ!

00035
00034
00021
00004
世間へ、新一生存を隠したやり方が面白かった! ボスが“烏丸蓮耶”だと1008話で明言
 約18年前、彼の財閥へ、灰原の両親が“マッドな研究”で招かれていたとも強調し
 毒薬アポトキシン、本来の「若返り薬」効果を活用したとすれば
 ボスが生存している可能性が示唆へ

 両親の引き金は、灰原を身篭り、研究成果を求めたから…。切ない。

新一と蘭、キスをする
 ただしホッペだがな! 95巻目にして、“付き合ってる”へ前進したよヒャッホウ!
 最強キャラ勢、工藤優作、有希子夫妻も日本滞在が決まりましたが
 裏をかかれるフラグかもしれません
 味方が強すぎ!

 旧作YAIBAから、あのクール妹・鉄 諸羽のゲスト出演も嬉しかった!

名探偵コナン 95巻 感想

00000
 第1004話「薄紅の回答」
 第1005話「濃紅の予兆」
 第1006話「じっとしてなさい!」
 第1007話「焦ってんだよ」
 第1008話「ホラ」
 第1009話「黒ウサギ亭にて」
 第1010話「バイバイだね」
 第1011話「あの女性の記憶」
 第1012話「ぬかったな」
 第1013話「同い年なのに…」
 第1014話「臨場」
 名探偵コナン「ゼロの日常」感想
 名探偵コナン「犯人の犯沢さん」感想
 これまでの感想

巻末から次巻へは、婦警・三池苗子シリーズがスタート。犠牲者多数が痛々しい

00029
 あとめっちゃ少女趣味。そら中学生言われますわよ(24歳)。

あらすじ
 修学旅行中の殺人事件を解決、工藤新一生存は、一気に日本中に知れ渡った
 表向きは「誤解」へ、しかし黒の組織が怪しんでいるのは明らかで
 工藤優作、有希子夫妻も日本滞在を決めた

 黒の組織ボスは、烏丸蓮耶、30巻で描かれた“故人”だったのだ

 更に東尾マリア行方不明、黒いバニーガール毒物事件が続き
 婦警連続殺人事件が発生した

 犯人は婦警二人を殺害、次いで、三池苗子を狙う

第1004話「薄紅の回答」。燃える天狗、突然現れた血しぶき、そのトリックは

00001
00002
 亡くなった出栗さんは、夢が叶う瞬間を待ち続けていた。彼の恨みを晴らす為に…。

第1004話「薄紅の回答」
 トリックは静電気付箋! 糊不要な付箋を使い、痕跡を残さず覆い隠してたのか
 天狗はやはり作り物、肝は「フラッシュペーパー」という燃えやすい素材で
 瞬時に燃える為、周りに燃え移らない程だとか。
 なので「フラッシュ」か!

 この回、出だしが切なくて、犯人候補がみんな故人を思ってるんですよね

 ギャラ問題と、出栗氏自身が暗号に詳しい事を利用したサプライズ
 全てが裏目に出ちゃったのか…。

 わざわざ「清水の舞台から落とす」のも、見所でしたね!

「学生」を突破しようとするも、思わぬ反撃に!?

00003
00004
 実は全部京都府警…、って、蘭姉ちゃんが行ったー!?

Chu(効果音)
 イヤァ! 前巻あれこれしてた蘭姉ちゃん、キスしちゃったよ!!
 今巻、「ボスの名前が…」と煽ってましたが
 これも立派な大事件ですね!
 この青春探偵野郎!

 修学旅行生ばかりの土地なのでと、学生に変装してた警察も見所!

 道理で、女生徒が妙に太っちいと思ったら。

第1005話「濃紅の予兆」。蘭の“回答”に、工藤新一、清水の舞台から…!

00005
00006
00007
00009
00008
 沖田が好きな子は、彼の初出作「YAIBA」終盤で衝撃を与えたキャラ、鉄 諸羽!?

第1005話「濃紅の予兆」
 そっか、六代目沖田総司にも恋が…、元々綺麗な子でしたが磨きがかかりましたね
 曰く、兄=YAIBA主人公、鉄刃を倒さないと告白できないそうで。
 世界一難しいプロポーズだったか。

 とまれ蘭の勇気に、新一は答えようとするタイムリミット

 小さくなる薬ってば、毎度ながら空気を読みすぎである。
 まあ、コレで一応“恋人関係”に。

 95巻目にして快挙、“ニヤけてると気付いてない顔”の蘭姉ちゃん、いいよね…

ところが、前巻での“問題”が一気に表出

00010
00011
 なお今回の件、平次さんのハードルが上がった模様。微笑ましい。

“工藤新一”の波紋
 新一は、自分の生存に緘口令を敷いたものの、SNS時代には無力
 何より前巻、テレビカメラに映ってましたから
 生存確定として拡散へ

 加えて、世良の母“領域外の妹”は、身体を戻す薬を確信

 元の体に戻れば、「反撃する」と言ってのけ
 何より灰原そっくりな上、本名が“メアリー”、灰原母ことエレーナの姉妹か…?

 元の年齢に関わらず幼児化するのか? 投薬時期は? 歳を取らなくなってる可能性も?

 妹一家を開発から引き離そうとし、邪魔扱いされ投薬されたのか?

第1006話。付き合い始めてウキウキのコナン、今回は蚊帳の外で…?

00012
00013
00014
 京都で“工藤新一を見た”と拡散したのは、なんと工藤ファミリー全員のファンという人物

第1006話「じっとしてなさい!」
 タイトルは、旅行中、コナンも病気だった事にしていた為。いきなりおでこかよォ!
 さて工藤邸、新一生存を知ったマスコミがおしくらまんじゅう状態で
 珍しく仰天した灰原から急報が。

 その灰原自身は、久々の“東尾マリア”が、休んでる理由を探す事に 

 マリアの行方を捜す、プチ推理ゲーム展開ですが
 展開が意味深でしたねー。

 だってタイミング、転校生、“マリアも薬物で幼児化してる?”って思いますもの!

 さすがにそれはない…、よね…?

第1007話。マリアの行方探しに必要なのは、古典的な品物だった

00015
00016
 前回サブタイと繋がるタイトルは、どうやって正体を隠そうか悩むコナンの台詞

第1007話「焦ってんだよ」
 順調にマリア探しを続けた灰原たち、仕掛けを残したのは、マリアの亡くなった祖母
 祖父も先んじてなくなっており、二人の家全体がゲームとなっていた
 オチも含め、孫想いの人物だったらしく切ない

 新一生存が暴露、大荒れな中、平常運転だったマリア捜索事件

 先に言えば、ここから一気に、「居場所」判明へ繋がりましたが
 本編とは無関係な事件回だったのでしょうか

 一応、「祖父が故人である」共通項はあるも、普通の一般人みたいですし…?

 実は「ボス」への壮大な前振り回だった…、とか…、ないですよね…?

第1008話。思わぬ繋がりから、“新一生存”は沈静化!?

00000
00017
00018
00019
 なんと「沖田総司と見間違えた」と。ああ、顔そっくりネタをここで使うか?!

第1008話「ホラ」
 マリアが閉じ込められてた部屋は、祖父母が、亡くなる前に遺した思い出の部屋
 オモチャに、YAIBAのゲロ左衛門、ナマコ男人形があって笑えますが
 何とも微笑ましいオチに

 さて本作屈指の強キャラ、工藤優作&工藤有希子夫妻が来日!

 新一の目撃者が、工藤家フリークという事を活かし
 こっちも口封じてしてしまった

 曰くブログにメール欄があったから…、ウチのブログでは出来ない芸当である

“黒の組織ボス”、正体発表! このサブタイでそれやるの!?

00021
00020
 正体は烏丸蓮耶、30巻に故人として登場、以降ちらちら影が見える人物

烏丸蓮耶
 正体を突き止めたのは父・優作で、赤井さんも同様の考えに至っていたらしい
 このカットでは、バーボンたち「潜入組」は描かれておらず
 ジンとウォッカ、ベルモット、キャンティ、コルン
 彼ら五人は「純正構成員」らしい

 黒ずくめなど、「黒」と「カラス」の繋がり等が、烏丸蓮耶への示唆か

 烏丸蓮耶は、40年前には余命幾ばくもなく、ここ20年で死亡したとされており
 優作も、“この世にいないはずの大富豪”とし
 日本で最も強大な人物と呼んだ

 組織が完成されすぎ、当人不在でも回る…、とは珍しくない話…?

 しかし今巻、「アポトキシンで延命してる」可能性が急伸。

第1009話、赤井秀一vsバーボン! ドラマティックな冒頭からエロティックなお店へ

00022
00023
 バニーさんのお店! 小五郎のおっちゃんが、バニーさん触ったのも伏線だったのね

第1009話「黒ウサギ亭にて」
 新一生存、黒の組織は、“潜入スパイ”であるバーボンに調査を命じます
 というワケで、話題の安室透シリーズ回となった今回
 小五郎は、警告を受けている富豪に頼まれ
 彼を狙う犯人を捜す事に。

 エロオヤジ富豪、諸岡氏へ、「黒ウサギ亭に近付くな」との警告!

 バニーガールは、背中にスマホを差す
 といった業界ネタも楽しい

 というか、あの格好でスマホに即応するって、バニーさん大変ですね…。

第1010話。毒で倒れた店員・朝倉有里(25)は、諸岡氏と疑われていて…

00024
 富豪・諸岡氏と、店員の有里さんは、食事の趣味が似ていた。かわいい。

第1010話「バイバイだね」
 事件の形が見えてくる回。サブタイは、安室くんの回想“エレーナ”さんの言葉
 外伝漫画、“ゼロの日常”一巻にも繋がっている話で
 犯沢さんとも繋がるシリーズ

 この回は、諸岡氏の激痩せや激太り、すぐ転ぶなど前振り

 人間、思いつくことは一緒なんだなぁって思うと
 ちょっと切ないものを感じます

 この回、箸の持ち方もポイント。そこまで注目してませんでしたわー。

第1011話。安室透が思い出す、大切な原点の記憶

00025
00026
 灰原の母エレーナが、彼女を身篭って、三ヶ月目の頃。

第1011話「あの女性の記憶」
 当時、宮野厚司氏は、烏丸グループの支援で“マッドな研究”を進めるか思案
 妻・宮野エレーナの姉、おそらく“領域外の妹”メアリーは
 胡散臭い、と止めていました

 しかし灰原こと、宮野志保を身篭った事で、烏丸グループ参加へ前向きに

 この研究が、約18年後、アポトキシンと呼ばれる「若返り薬」なのでしょうか。
 ボス、烏丸蓮耶が死期に焦ってた頃ですし。

 エレーナはクールな人物だったようですが、同じハーフの安室を見かねたそうな

 この思いやりが、安室さんの人となりを作っていったんでしょうね

第1012話。黒ウサギ亭事件・完! 犯人、そして犯行の構図は

00027
 スマホのズーム、警報、バニー服での差し場所。「スマホ回」だったのね

第1012話「ぬかったな」
 犯人は執事の深町さん、亡くなった奥様に付き添った忠義の人の犯行だと
 でも、バニー店員の有理さんは、諸岡氏の駆け落ち時代の娘さんで
 激太りは、“服を仕立て直す”口実を作って
 服屋の隣の店を訪れる為

 性格悪そうな紗菜さんも、父が病気で、お金を焦ってたから

 フタを開けてみれば、みんなが思いやりで行動してた事件で
 大事にならなくて本当に良かった…。

 続く事件は、取り返しつかないだけに、なおさら「良かった…」って思う…

黒ウサギ亭事件・冒頭へ! アムロvsシャアは水入りに

00028
 この場面の後は不明。全てを聞いた安室さんは…?

ゼロのティータイム
 安室氏も、黒のボス=烏丸と聞き、新展開を見せるようですが
 多分、組織には“安室はスパイ”と解ってる気がします
 何となく展開的に。

 以降、共闘を呼びかけるも、安室は拒絶し、単独でボスかラムへ潜入捜査

 正体がバレていたと語られ安室ピンチ、赤井さん救援…、が王道か?

第1013話。小太り・千葉刑事に恋する婦警、三池苗子シリーズ!

00029
00031
00001
00030
 なんか久々の「犯人」が! …と、笑ってられるシリーズでもなかった

第1013話「同い年なのに…」
 サブタイは、まだ幼馴染と気付かない千葉氏に、中学生とか言われる三池さん。
 自室の趣味も、めちゃくちゃ少女趣味と判明(初ですよね?)し
 色々頑張って24歳!

 ふて腐れる三池、先輩婦警の八木、桃崎さんが励ましてくれますが…

 帰り道、善意で「子供の泣き声」を探しに行った桃崎さんが殺害
 それもスタンガンからの鉄バット

 柔道三段、公私共に善意溢れる人が、卑怯にも殺されるのが痛々しい。

 ヒントは交通ルール、彼女の死に間に合わなかったんでしょうか?

第1014話。“女性警察官連続殺人事件”、最後のターゲットは

00032
 どうも三池達3人が、“ルール違反”でしょっぴいた人間の逆恨みらしい

第1014話「臨場」
 婦警たちが、ルールを強制しなければ、彼女を助けられたのに…的な?
 いずれも、「焦ってたので、やむを得ず」と思わせるもの
 ブランコ、彼女が末期に見たもの
 英語でSwing…
 バット?

 また犯人をしっかり認識した八木さんは、7155をダイイングメッセージに死亡

 今回のテーマは「標識」っぽいですが、どう繋がるのか気になりますね

収録

00033
 電話だと名前を取り違える、同様の原因の誤解なのか?

 少年サンデーコミックス「名探偵コナン 9巻」、青山剛昌。
 週刊少年サンデー誌上にて1994年より連載中。
 2018年10月(前巻2017年12月)

名探偵コナン 95巻 感想
 第1004話「薄紅の回答」
 第1005話「濃紅の予兆」
 第1006話「じっとしてなさい!」
 第1007話「焦ってんだよ」
 第1008話「ホラ」
 第1009話「黒ウサギ亭にて」
 第1010話「バイバイだね」
 第1011話「あの女性の記憶」
 第1012話「ぬかったな」
 第1013話「同い年なのに…」
 第1014話「臨場」
 これまでの感想
 トップに戻る

■探偵名鑑
 弓神適当…、刑事ゆがみシリーズより
 

 名探偵コナン ゼロの日常 1巻“安室透の同居人”
 名探偵コナン ゼロの日常 2巻“ゼロとヒロ”安室の好物

名探偵コナン 犯人の犯沢さん 感想

 名探偵コナン 犯人の犯沢さん 1巻“衣食住”地獄の米花町!
 名探偵コナン 犯人の犯沢さん 2巻“あだ名は歩く米花町”
 名探偵コナン 犯人の犯沢さん 3巻“あの男”発覚! ゼロのコラボ巻!?

漫画 まじっく快斗 感想

 まじっく快斗 5巻“怪盗キッドvs黒キッド”10年振りの新刊!

名探偵コナン 感想 青山剛昌 公式サイト サンデー アニメ公式

 名探偵コナン 80巻
 名探偵コナン 81巻
 名探偵コナン 82巻
 名探偵コナン 83巻
 名探偵コナン 84巻
 名探偵コナン 85巻
 名探偵コナン 86巻
 名探偵コナン 87巻
 名探偵コナン 88巻
 名探偵コナン 89巻
 名探偵コナン 90巻“裏切りの真相”
 名探偵コナン 91巻“若狭先生”登場!
 名探偵コナン 92巻“赤い一家との出会い”
 名探偵コナン 93巻 特集“ラムは誰だ?”収録 鬼丸&総司”ゲスト出演!
 名探偵コナン 94巻“工藤新一として”紅の修学旅行編!
 名探偵コナン 95巻“黒の組織ボス”発覚! 鉄諸羽ゲスト出演!?