公式サイト おそ松さん 第2期 第11話 11話 感想 復讐のチビ太 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 16時追記 前回はこちら
次はどの松♪ て や ん で え ! チビ太の逆鱗は「ツケ」じゃなかった!!

00493
00391
00598
諦めるザンス、チビ太に狙われた時点で、もうチミ達は終わり…と言わしめた狂気
 歌うバリカン、怒りの頭突き、怒らせちゃダメと誰もが知っていた!
 ニコニコ笑顔でやる事がひどい。。。

 一度決めたら、ロケット弾だろうと十四松だろうと粉砕する執念!!

誰も抜いてはならぬ
 とか言って、次回にはフツーに生えてそうですが、アレを平然と受け容れた両親もスゴい。
 オチで、トト子ちゃんに褒められて主旨変えしちゃう辺り
 チビ太も男の子ですね

 抜いた元凶、十四松の股間に頭突きとからし壺! 一番容赦なかった!!

「ドブス」再登場で思い出す、この回はチビ太回なのだと

img_0
 前期の担当回「チビ太の花のいのち」。

チビ太と花
 あの「ドブス(キャラ名)」、チビ太が花に水をやってたのを見てたカラ松が
 同じく、自分も彼女欲しさに水をやったところ
 現れてしまった大怪物!

 まさか、イヤミと付き合いだしていたとは。 

しれっと家を取り戻していたイヤミ。何? 巻き上げたの?

00308
 イヤミは第1期3話で失って以来、ずっとホームレスでした。

あらすじ
 いつものように、チビ太をおだてて、おでんの支払いを先送りした六つ子。
 しかし、パチンコで浪費してるところを見られて怒らせてしまい
 どさくさで一本きりの毛を抜いてしまう

 だが実はチビ太は、一本残ってる内はハゲじゃないと思っていたのだ

 逆鱗に触れた六つ子は
 翌日、恐怖を味わいながら一人一人狩られてしまう

 しかしチビ太は、今の方が良いとトト子に褒められ、あっさりと主旨変えするのだった

 次回、第12話「栄太郎親子」ほか

てやんでえバーローチキショー!

00000
 前回の主役、実は気が小さかったカラ松を、拉致した事もあるチビ太
 あの時同様、踏み倒し続ける六つ子にキレた彼は
 酒やおでんを取り上げしまう

 飲むな飲むな! 食うな食うな!

お腹すいたアピールすんじゃねーよバーロォ!

00001
00002
00003
00004
00005
 今日という今日は、何も出さねえからな!

ゴーホーム!
 今では珍しいやり方、「ツケ」を許しているチビ太。そこにつけ込んだ六つ子は
 後で払うから、と食うや飲むやの繰り返し!
 で

 カネがねえなら、とっとと帰りやがれ!

 江戸時代の風習の名残「ツケ」。
 掛け売りと言って、日頃は支払い代わりに帳面へ記入、後で取り立てる時代があった

 盆暮れの2回、請求して回る時は大戦争だったという…!

おそ松『チビ太違うんだよ! これには深~いワケがあってね~?』

00006
 しかし長兄以下、「お腹すいたアピール」がダメなら、持ち上げてきた
 曰く、お金がないのは解ってる!
 解ってるんだ!

 けどチビ太のおでんが美味いから、つい来ちゃうんだよ、と。

チビ太『そんなに?

00007
00012
00013
00017
00018
 でも、ダメだよ! ツケがこんなに溜まってるんだからチビ太に悪いよ…

チビ太シェフ!
 散々、持ち上げた六つ子だったが、でもダメだ!と自ら帰る!!
 これぞ交渉術「席を立つ」である
 で

 今日のところは、帰ろう?

 チビ太の自尊心をいや増し!
 でも悪い、食べられない、「チビ太のおでんを食べたかった」と最大限に強調する

 つまり、そんなに俺のおでんが好きなのか、と!

チビ太『待ちな! …ほら食ってけよ』

00020
 ツケなんて、水臭い事を言うなよ…。と考えを改めたチビ太。
 水臭い、つまり他人行儀な事を言うなよ
 と

 人間関係を、水分が多い、つまり「薄まった味」に喩えた言葉…、さすが料理人!

ありがとー、チビ太ーっ!!

00022
00023
00024
00027
00029
00000
 ケッ、…ったく、しょうがねえ奴らだなあ。

ツケも払えよバーロォ!
 ツケと言いつつ、結局、いつもこんな感じになってしまうチビ太
 まったく、イイ顔しやがってよ!
 が

 ふんふっふふーん♪

 翌日の買出し中。
 ていうか、一皿出しただけなのに、あっと言う間に全部食っちまうって!

 六つ子ちょっとやりすぎじゃない!?

『『『あ~、今日も負けた~』』』

00032
00035
00037
00038
00039
00040
00042
 おめーら飲み食い代払わねえで何でパチンコ競馬やってんだー!
 
大噴出
 長い付き合いなのに知らなかったのかよ! とツッコミたくなるエピソード!!
 チビ太は、ホント人が良いんだな!
 で

 もう誤魔化されねーぞォ!

 何年誤魔化されてんだよ!
 やっぱりアレですね、日頃優しい奴を怒らせちゃいけないんですよ!!

 溜まってるもんが、まとめて噴出してくるから!

大丈夫かチョロ松! 今助けるぞチョロ松ゥ!!

00045
 じゃあ止まれよクソ松ゥ! しかしチョロ松が転倒!!
 前回同様、見捨てるカラ松!
 前回と同様に!

 もー、普段ならカラ松が犠牲になる展開でしょ、こういうの!!

ぎゃー! 取ってー!!

00046
00048
00049
00055
00056
00057
 はーなーせー!/はなれーん!!

六つ子も本気になるレベル
 まるでスッポンか、宇宙から来た異生物のようにチョロ松に噛み付いたチビ太!
 やっぱりね、普段優しい奴を怒らせちゃいけないんですよ!
 で

 がんばれー!

 トッティも手伝えよ!
 六つ子一丸となる辺り、今回マジで怒ってたって事なんでしょうね

 うんとこしょ どっこいしょ それでも ちびたは ぬけません

チビ太『あっ…

00059
00060
00064
00065
00067
00071
 チビ太…、大丈夫か?/ごめんごめん…、もしかして毛ぇ…、抜けちゃった?

共感
 しかし、き、切れた…!僕の体の中で何かが切れた…。決定的な何かが…と。
 具体的には毛が抜けてしまった
 と

 今日はこの辺で…/ごめんチビ太ぁ!!

 六つ子でさえも、申し訳なくなるレベルで悲しんでしまうチビ太
 世界の一つだけの髪の毛!

 六つ子でさえも!

ですが何という事でしょう 一天にわかに掻き曇る…!

00076
 絵に描いたように、「一天にわかに掻き曇る」
 ああ、この表現って、こう使うんだなと感じます。
 昔の人は上手いこと言うなぁ。

 巷に雨の降るごとく われの心に涙ふる。 かくも心ににじみ入る この悲しみは何やらん?

一松『ぁあん…? もうこんな時間?』

00080
00082
00083
00084
00085
00088
 何だこの天気、すげーな…?

一松だけに
 散々心に涙が降ったチビ太、次いで訪れたのは、心の暴風雨!
 チビ太、その刃物どこで買ってきたの!?
 ユザワヤ?

 おォ…?

 そんな事は露知らぬ一松
 昼の16時、一番に起き出した彼は、何も知らず最初の犠牲者に。

 最初の犠牲者! そう「一」松だけに!!

おそ松さん『良くないなぁ~、こんな生活、罪悪感がないワケじゃないんだよね~』

00090
 続いて起きたのは、合コン回など、案外ちゃんとした奴なんじゃないか?
 疑惑が巻き起こっているクズ松兄さん
 解ってるんだよ!

 だって第1話「ちゃんとする」も、兄さんが一番マトモだったやん!

トド松『やっぱダメか…』

00094
00096
00100
00102
 あと、テレビの調子も悪いんだよ/あと電気も! ずっとパカパカしてる…

ニートの孤島
 携帯は圏外、テレビも不通、両親も姿を消して陸の孤島と化した松野家
 空は暗く、風雨吹き荒れ出る事も出来ない
 で

 一松の奴もだ。起きてきたら姿がなかった

 とはカラ松の台詞
 何げに、カラ松って一番一松を気遣ってるよね…、一松だけに。

 パカパカしてる、って懐かしい!

おそ松『うわぁ…、何だこれ!?

00105
 派手にガラスが割れる音があり、急いで駆けつけた六つ子たち
 ついで、異常な事態に気づいたのはカラ松だった
 と

 思えば「小心者」、周りに注意を払う男なんですねクソ松兄さん。

うわああああああああ!?

00108
00109
00113
00117
00118
 一松ぅー!/一松にいさーん!?/…チビ太の奴だ!

一松は犠牲となったのだ
 劇的ビフォーアフター! 哀れカラ松、チビ太のように毛をツルツルに剃られ
 喉には、おでんが詰まっていたではないか! 
 と

 げぇ…っ! 戸締りしよう!!あいつまた絶対来るよ!!

 まるでデコッ八じゃねえか!
 デコが腫れ上がり、赤塚作品「もーれつア太郎」キャラみたいに!!

 何て熱い原作者リスペクトでしょうか!

チョロ松『家ン中入れちゃダメ! 早くっ!!

00119
 こうして怯えたチョロ松の指揮下、慌てて戸や窓を打ち付ける五つ子
 緊急時、慌てちゃいけないという恒例であった
 いけない…、怯えに我を忘れてる!

 すなわち六つ子は、自ら「閉じ込められてしまう」事に。

カラ松『これでもう、入ってこれないだろう』

00121
00126
00128
00130
00134
 外に出なければ安心だよね…

敵は内にあり
 一松を介抱する十四松、心癒されるシーンですが、こうして閉じ込められる事に
 とっくに、チビ太は入り込んでいるのに!
 で

 チョロ松兄さん、トイレ行きたいんじゃないの~?

 恐怖で縮み上がった五つ子!
 結果、膀胱も縮み上がり、自然とトイレに行きたくなってしまう

 やだトッティってば、他人のせいにして~!

おそ松『えー? トッティトイレ行きたいの~?』

00137
 誰が最初にトイレに行くか、押し付け合いになってしまう松たち
 十四松が、「あー!トイレいきたいなー!」とか言うが
 それはそれとして!

 誰だって怖い、誰だって怖いんだよ!!

カラ松『よぉし分かった多数決だ! 誰がトイレに行くべきか!!』

00140
00141
00144
00149
00150
 何で俺ェ!?/…まぁこういう時に押し付けられるのが、カラ松がカラ松たる所以だから

チビ太の心のように
 とか言って、最後は、おそ松兄さんが行く事になってしまうのだが
 兄さんが一番我慢弱いからね!
 で

 よぉし、よぉ~し、怖くないよおそ松ぅ~

 しかし何で般若の面が…
 日頃からですが、ここぞと陰影に凝っててガチで怖い!

 彩色に気合入ってる!

おそ松『よぉし、よぉ~し、怖くないよおそ松ぅ~』

00153
00154
00158
00165
00168
 よぉし、よぉ~し、怖くないよおそ松ぅ~
 ねえ~? こんなのぜんぜん平気だから…
 ヒィエ!?

 はい! ぜんぜん怖くな~い! そもそも入り口は全部ふさいだからね~

 そもそも襲われても俺、勝つし!
 ケンカとか強いし~!


 怖ァ! 全然怖いよ!! 何で俺!? 腹立つゥ!


00171
00172
00174
00177
 何やってんだよ…。めちゃめちゃビビってんじゃねーかよ!

ガラ松
 怖くないと言い聞かせ、「入り口塞いだ」と言ったら、不安定にガタガタ鳴るし
 強いといったら、トカゲに怯えるし!
 で

 情けないっ!

 お前の方が怖ェよチョロ松!
 前回同様、兄弟には、めちゃめちゃオラつくチョロ松!!

 おそ松兄さん、最後はビビっちまうのね!

トッティ『だいじょうぶ~?』

00178
00180
00181
00182
00183
00185
 もー、せっかくおどかそうと思ったのに…、ブゥエ!

スプリング松
 何だかんだで怖がってる人を見ると、何故か怖くなくなるのが人情
 だって、怖がってる奴ってバカみたいじゃん!
 と

 もー、やめて死んじゃう死んじゃう♪

 ただの肝試しじゃねーか!
 十四松、一松に優しいと思ったらとんだ扱いだったよ!!

 おそ松兄さんスプリングみてえ!

『あれ…、カラ松は?』

00192
00193
00195
00196
00197
 ど…、どういう事…?! 何で…? 

復讐のチビ太
 しかし目を離した隙に、今度はカラ松が耳におでんを詰められて死亡
 死因は急性耳おでん中毒か…!
 で

 決まってるでしょ! 外に逃げるんだよ!!

 トッティが決壊した!
 チビ太が家の中にいると気付き、真っ先に逃げようとするトッティ

 さすが! 普段バイトで外に出てるだけはある!!

離してェー!

00201
 冷静に考えれば、みんなで固まっていた方が安全なのだが
 こういう時、恐れてしまうのが末っ子だった!
 ドライモンスターが!

 合コンでも、自分をさらけ出せなかった子だものね!

チビ太『ケッケッケッケッケ…』

00202
00206
00208
00210
00211
00212
00215
00218
00219

 松狩り 松狩り 楽しいな~
 紫松は口の中~
 青い松は耳の中~
 次はどの松
 てやんでえ~


00225
00229
00231
00232
00236
00242
00246
00247
00248
00251
00252
 何だこれ…!?

松狩り
 童謡「おべんとう」、おべんとおべんとたのしいな~♪ の節で、松狩りを歌うチビ太
 もう完全に和製ホラーである
 で

 何だこれー!?

 単独で脱出を図ったトド松
 しかし、バットで「補強」を壊したと思ったら、鉄板が張られていたと判明

 さすが料理人、仕込みは既に終わっていた!

トド松『…あ、あ、ああ…! あ、あ……!!』

00254
00258
00261
00262
00265
00268
00269
00273
00274
00277
 おそ松にいさーん!

徐々に奇妙な物語
 こうして第3の松は狩られ、その残酷な有り様におそ松達は逃げ出す事に
 トド松の死因は鼻、窒息死であった
 と

 わああああああああああああああ!

 徐々に心を折られたトッティ
 最後に叫んだのが、おそ松兄さんの名だったのが意味深ですね

 内心、合コン会で敬意が芽生えたのでしょうか。

チョロ松『ちょ、ちょと待ってェー!?

00279
 さっきまでオラついてたチョロ松が、一番ビビってるのも彼らしい!
 ていうか、さっきもコケてたし
 誰も助けないし!

 こういう時、一番動揺するのはチョロ松なのかもなブラザー!

イヤミー! イヤミ開けろォー!!

00282
 驚きです! 何とイヤミ、かつて失った家を取り戻していた!!
 1期3話でトリックオアトリートされて以来
 長らくホームレス

 今期に至っては、一時完全に浮浪者だったのに…!
  
『何ザンスか一松!』『おそ松だけどね!? 家の中入れて!』

00287
00295
00299
00301
 あ、そう。帰ってチョ/いや、死んじゃうんだって!

いやみけ
 断ろうとするイヤミも大概ロクでなしだが、結局押し切る3人もろくでなし!
 毛布のボロさは、生活の厳しさを物語ります
 が

 何? チビ太がチミ達を? それは災難ザンスねえ♪

 人の不幸は蜜の味
 特に、松の樹液は「松脂」と呼ばれて活用されてきたから仕方ないね!

 貧乏でも、ティッシュは欠かさないイヤミ家!

十四松『イヤミ、武器もってない?』

00302
 ミサイルとか爆弾とか! 十四松の発想が怖い!
 イヤミの家は米国国防省か!
 諦めるザンス!

 曰く、「チビ太に狙われた時点で終わり」。いやチビ太何者だよ!

おそ松『俺達、親友だろ? なあ~!』

00303
00304
00305
00308
00310
00318
 ちょっとイヤミちゃん誰~? 早く帰らせてよォ!

元・カラ松の彼女です
 実はイヤミ、ちょうど今から「お楽しみ」の時間で、邪魔されたくなかったのだ
 ドブス! 第1期15話以来じゃねーか!!
 で

 まったく、しょうがないザンスね? 匿うのは今日だけザンスよ

 表札は伊矢見。
 彼の家で、ドブスを騙して転がり込んだ…、という訳でもないらしい

 何? お前カラ松みたいに尽くすタイプなの?

イヤミ『これでまたミーは、徳を積んでしまったザンス~』

00323
 タイムリーですが、徳を積む、つまり「良いコトをしてしまった」というイヤミ。
 ちょうど、今期「キノの旅」でもそんな話がありました
 彼らを匿うというイヤミ

 お茶を出し、店屋物(出前)でも取るイヤミ、持つべきは友達である…! 

おそ・チョロ・十四松『『『……そんなワケねえし!?』』』

00325
00330
00332
00335

 松狩り 松狩り 楽しいな~
 紫松は口の中~
 青い松は耳の中~
 桃色松は鼻の中~
 次はどの松

 て や ん で え !


00341
00344
00347
00351
00353
00356
00359
00361
 ま、待ってチビ太落ち着いて!

日本の童謡「松狩」
 イヤミは優しい? そんな訳なかった! 彼にチビ太へ通報されてしまい
 松狩りソングが再び響く!
 と 

 何でそんな怒ってるの? ツケ払わなかったから? 毛抜いちゃったから?

 フル装備だった!
 そう、チビ太の獲物は巨大なバリカンだったのだ…、今の若者は知らないよ!?

 これ昔の! 昔のバリカンだこれ!!

『で毛なんてまた生えてくるから』『バーロオ!

00363
 今は電動が主流ですが、昔はこういう手動のバリカンが主流
 ハサミみたいに、握る事で毛を刈れるという
 今となっては珍しい代物!

 すげーな、このサイズなら羊の毛だって一発だよ!
 
『これが抜けちまったら…、完全につるっぱげの仲間入りじゃねーか!』

00366
00368
00376
00382
00387
 思ってんだろ! 昨日からオイラの事「つるっぱげだ」って思ってんだろー!

遺影
 実はチビ太は、自分をハゲだと思っていなかった! この毛は最後の砦
 これが抜けたらツルッパゲだ
 と

 正直、出会った当初からずっと…

 好き放題に言う六つ子
 チビ太にとって、額縁に入れるくらい大切な毛だったんですよ!

 毛の遺影じゃねえかイエーイ!

チビ太『おいらにとっちゃ世界が終わるくらいショックだったんだ…』

00391
 だから…、殺すんだバーロォ! 完全に目が攻撃色
 チビ太にとって、踏み倒されるよりショック!
 ツケよりショック!

 この毛だけが、人と獣の繋ぎ目だったのでございます…。

おそ松『助けてー! おねがーい!!

00392
00394
00395
00396
00403
00406
00409
00411
00413
00417
00420
00421
00422
00424
00428
00430
 ほらよ!/裏切ったなお前ら! どういう性格してんだよ!!

おそ松粉砕
 もちろんイヤミは鍵をかけており、切羽詰ったおそ松はチョロ松たちを盾に 
 十四松でも、ガチで怒ってしまう事案!
 で
 
 おめーら、覚えてっか! オイラの自慢の石頭をよー!!

 イヤミの歯と同様!
 チビ太が、「石頭」という長所を久々に活かしてくるファンサービス

 一松たちも、こうやって犠牲になったんだね!

『幼馴染だから知ってるよな…、オイラの執念深さ!』

00433
00434
 体力自慢の十四松が、チョロ松をお姫様だっこする事案!
 幼馴染だから、そう言ってやりすごしてきたが
 幼馴染だから知っている!

 おでんに人生懸けたみたいに、一度決めたら諦めないんだチビ太ァ!!

チビ太『そして…、打たれ強さッ!

00435
00436
00441
00443
00445
00448
00450
00453
00455
00456
00457
00460
00462
00465
00466
00469
00472
 やられたら絶対にやり返す…、美学をよぉ!

容赦なんてなかった
 頭で受け止めるのかと思ったら、普通に生身で受け止めていくチビ太!
 どころか、幼馴染にロケットランチャー!
 で

 ケ~ッケッケッケケケケケ!

 どこから出したよ!
 そして、どうして効かないんだよチビ太!?

 十四松さえ、兄弟を見捨てて逃げるとか、すげー時代になったな!!
 
一対一のケンカじゃ、絶対俺に勝てねェぜバーロォ!!

00475
00474
 ちょうど、イヤミがお楽しみ中のスケベホテルで決戦となった十四松
 イヤミ曰く、チビ太に狙われたら終わり、確かにその通り!
 調子に乗りすぎたのだ…。

 最後はオメーか十四松! と妙に息巻く理由は一つ。
 
『オメーだろ! 俺の毛を抜いたのは!!

00476
00479
00481
00490
00493
00494
00495
00496
00497
 怒られると思って黙ってたな?/ハァ!/

バッターvsピッチャー
 実は抜いたのは十四松! でもバレてたな? とかツッコまれる十四松!!
 チビ太、案外冷静じゃねーか!
 で

 でもバレてたな?/ハァ!

 振りかぶった十四松!
 すげーな、今日の十四松かっこいいよ!! 目の焦点があってるもん!

 打者vsボール(ハゲ頭)の対決!

おらああ!』『おーりゃあああ!

00499
00502
00504
00505
00509
00512
00516
00524
00526
00528
00531
00535
00536
00539
00543
00546
00547
 ヴォエヴァー!? 一体ナニが…!?

再起「不能」
 スローモーションでもう一度! 実は、デカパンとダヨーンとハタ坊を召喚し
 カネの力で、協力プレイをしていたのだ
 と

 勝ったぞー! てやんでバーロォチキショーめーィ!

 やだチビ太かわいい!
 ていうか、どうして服が避けちまったのかは意味不明じゃねーか!!

 十四松の十四松が再起不能に?! 

チビ太『さーあ、みなさんご一緒に♪

00552
00556
00558
00559
00561
00562
00563
00564
00566

 松狩り 松狩り 楽しいな~
 紫松は口の中~
 青い松は耳の中~
 桃色松は鼻の中~
 緑の松は目ン玉に~
 赤い松はケツの穴~
 黄色い松は下の松~
 
 こーれで完成 てやんでえ~♪



00568
00569
00571
00572
 いやー、何が起きたのか全く解らんが、こりゃ何かしらの罰が下ったんだろうな~?

そうだろうな~
 こうしてチビタの復讐は完成し、和からしをたっぷりと患部にすり込むファンサービス
 最後まで、おでんスピリッツは忘れなかった
 と 

 へっへー、ざまあみやがれっ!

 ハワイに行ってたご両親。
 平然と、息子達が悪いと決め付ける熱い信頼には頭が下がりますね

 やっぱり、日頃の行いって大事なんだヨーン…?

あー、つるっぱげだー♪

00578
00582
00586
00588
00591
00592
00593
00594
00595
00598
 可愛いね~、こっちの方がいいよ~

嗚呼 人生
 しかしトト子ちゃんに褒められるや、そうだよね、一本だけとか見苦しいよね!
 とか華麗に今回の怒りを否定!
 で

 いやー、モテちゃったよ~、参っちゃったな~♪

 チビ太も男の子なんだなぁ…。
 あと一日、たった一日早く声がかかっていれば松は狩られずに済んだのに

 人生、すれ違いの連続ですねえ(真顔)。

次回、栄太郎親子って?

rare_top
 昨年2016年9月頃、ソシャゲとおそ松さんがコラボ

ブレイブオンライン~残された光~
 その制作会社が、エイタロウソフトで社長が「西島 栄太郎」氏だっていう。
 考えすぎですかね?って程度のつながりですが
 とりあえずこんな感じ?

■公式サイト
 エイタロウソフト社 http://www.eitarosoft.co.jp/
 コラボ時の告知ページ http://bo.esgm.jp/info.php?i=710

良かった…? 再び一軒家に戻ったイヤミ

00295
00000
00001
 一番上が今回、逃げ込んだイヤミ家。その下が第1期3話でのイヤミ家

伊矢見さん家
 当時のサブタイは「こぼれ話集」、3話にしてショートショートだった回の中で
 押しかけてきた六つ子が、トリックオアトリートを要求。
 ウザいのでお菓子をあげたところ…

 なんと、ご覧の通り、瓦や植木に至るまで全て奪われたという話!

 ひどい話でしたね(物理)。
 その後は、ずっとホームレス描写だったのもビックリでしたが!

 いやー、ちゃんと住めるようになったんですね。

余談ですが、第3話といえば

00003
 この回のアンパンマンパロは、「製作委員会の判断」として映像ソフト未収録
 第1話での、パロディ満載F-6パート同様に
 再放送からもカットに。

 テレ東の高橋雄一社長によれば「オリジナルに失礼な行為だった」とのこと。

今にして思うと、あの頃のカラ松兄さんも苦しんでたのかなぁ…

img_59
00341
img_0
 キャラ名「ドブス」とかいう、ものすごい度胸あるネーミング!

チビ太と花のいのち
 チビタ太が、花に水をやったところ「花の精」が、そこでカラ松も真似たところ出現
 兄弟は呆れたが、「あいつは寂しがりやなんだ」とカラ松は尽くし
 最後は結婚してしまう…

 今思うと、カラ松は断れない性格って表現した回だったのかなーって。

 当時は、尽くすタイプなのかと思ったんですが、表情すげえイヤそうですしね。

じゃあ、みなさんごいっしょにっ!

00552
この後むちゃくちゃ大惨事だった

松狩り
 当初、ぴっちぴっちじゃぶじゃぶ らんらんらん♪って童謡、「あめふり」を思い出しましたが
 この歌の節、たぶん「おべんとう」ですね
 幼稚園なんかの

 おっべんと おっべんと うれしいな♪

 という事で、本文中も訂正しました

完全に余談ですが

00568
 あっめあっめ ふれふれ かあさんが じゃのめでおむかえ うれしいな♪

童謡「あめふり」
 この「じゃのめ」って、蛇の目傘という、江戸時代からの和傘なんですね。
 作詞が北原白秋、初出1925年(大正14年)なので
 時代的に珍しくないもの。

 北原白秋氏は、「待ちぼうけ」「万歳ヒットラー・ユーゲント」なども作詞。

2017年12月11日 おそ松さん 2期 第11話「復讐のチビ太」

00603
 定番のマジックバス社が制作協力に

スタッフ
 脚本:松原秀
 絵コンテ:高柳哲司
 演出:前屋俊広
 作画監督:神戸環、小林ゆかり、野上慎也、小泉孝司
 アニメ制作:studioぴえろ
 原作:赤塚不二夫『おそ松くん』/漫画/スピンオフ
 制作協力:マジックバス

あらすじ
 ?

予告十四松『次回はおならを推して行きたいです! できればミを出したい!!』

00024
00029

■たのしい童謡「松狩り」 歌詞
 松狩り 松狩り 楽しいな~
 紫松は口の中~
 青い松は耳の中~
 桃色松は鼻の中~
 緑の松は目ン玉に~
 赤い松はケツの穴~
 黄色い松は下の松~
 
 こーれで完成 てやんでえ~♪

■カラ松狩り直後
 松狩り 松狩り 楽しいな~
 紫松は口の中~
 青い松は耳の中~
 次はどの松
 てやんでえ~

※「童謡 おべんとう」の節で

■おべんとう 天野蝶作詞・一宮道子作曲/矢田部宏編曲
 おべんと おべんと うれしいな
 おてても きれいに なりました
 みんな そろって ごあいさつ
(いただきます)

 おべんと おべんと うれしいな
 なんでも たべましょ よくかんで
 みんな すんだら ごあいさつ
(ごちそうさま)


00351
00376
00499
00552
00568
 時にはおでん全裸で飛び込み、時には女に化けて六つ子を騙す!

チビタの執念
 特に、先のハタ坊と友達回もですが、すげえ良い奴なんですよねチビ太。
 だからこそ、軒を貸したら母屋を強奪する六つ子にとっては
 良いカモすぎるチビ太

 しかし怒らせてはいけなかった、実は最強はチビ太だった…?

 ホラーシーン以上に
 明るい空の下、鼻歌歌ってからしをねじ込むシーンが一番狂気だった!

 次回、第12話「栄太郎親子」ほか


 おそ松さん 第1話「復活!おそ松くん 」
 おそ松さん 第2話「就職しよう」「おそ松の憂鬱」
 おそ松さん 第3話「こぼれ話集」
 おそ松さん 第4話「自立しよう」「トト子なのだ」
 おそ松さん第5話「カラ松事変」「エスパーニャンコ」
 おそ松さん第6話「おたんじょうび会ダジョー」「イヤミの大発見」
 おそ松さん第7話「トド松と5人の悪魔」「北へ」
 おそ松さん第8話「なごみのおそ松」「トト子の夢」
 おそ松さん第9話「チビ太とおでん」「恋する十四松」
 おそ松さん第10話「イヤミチビ太のレンタル彼女」
 おそ松さん第11話「クリスマスおそ松さん」
 おそ松さん第12話「年末スペシャルさん」
 おそ松さん第13話「実松さん」「じょし松さん」「事故?」
 おそ松さん第14話「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」
 おそ松さん第15話「面接」「じょし松さんⅡ」「チビ太の花のいのち」
 おそ松さん第16話「松野松楠」「一松事変」
 おそ松さん第17話「十四松まつり」
 おそ松さん第18話「逆襲のイヤミ」
 おそ松さん第19話「しどう 聖澤庄之助さん」「時代劇おそ松さん」「じょし松さん」「チョロ松ライジング」
 おそ松さん第20話「教えてハタ坊」「スクール松」「イヤミの学校」
 おそ松さん第21話「麻雀」「神松」
 おそ松さん第22話「希望の星、トド松」「ファイナルシェー」
 おそ松さん第23話「灯油」「ダヨーン族」
 おそ松さん第24話「トト子大あわて」「手紙」
 おそ松さん第25話「おそまつさんでした(最終回)」
 第13話時点での感想リンクまとめ


 おそ松さん 2期 第1話「ふっかつ おそ松さん」
 おそ松さん 2期 第2話「祝・就職!!/超洗剤」
 おそ松さん 2期 第3話「げんし松さん/チョロ松と一松/トト子の挑戦」
 おそ松さん 2期 第4話「げんし松さん2/松造と松代」
 おそ松さん 2期 第5話「夏のおそ松さん」
 おそ松さん 2期 第6話「イヤミがやって来た/ともだちがほしいじょー」
 おそ松さん 2期 第7話「げんし松さん3/三国志さん/おそ松とトド松」
 おそ松さん 2期 第8話「合成だよん/十四松とイルカ/トト子とにゃー1」
 おそ松さん 2期 第9話「キャンペーン発動!/ゲームセンターイヤミ/トト子とにゃー2」
 おそ松さん 2期 第10話「カラ松とブラザー/新入社員トト子/アフレコ松さん」
 おそ松さん 2期 第11話「復讐のチビ太」
 おそ松さん 2期 第12話「トト子とにゃー3/栄太郎親子/返すだス/トト子とニャー4」
 おそ松さん 2期 第13話「年末」
 おそ松さん 2期 第14話「チョロ松事変ほか」