公式サイト キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第10話 10話 感想 優しい国 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 16時追記 前回はこちら
明日という日は決して来ない。旅人に冷たい国の、“楽しかった”思い出!

00480
00104
00358
迷惑な国の時、キノは「とおせんぼの国」の通行税に、自動拳銃を要求されてしまい
 やむなく迂回路を探し、見つからなかった為に“動く国”と同行しました
 あの銃、“森の人”が大切である理由

 それはあの銃が、今回の国の遺品同然だったからなんですね…。

遺った言葉はすべて遺言
 また、銃を譲ってくれたガンスミス、言動といい笑顔といい師匠の「相棒」だった人か!
 明言してない上、一緒に亡くなったと思われるので
 永遠の謎となるのが切ない。

 だとすれば、人生最後の三日間で出会った「兄妹弟子」、嬉しかったんだろうな…。

果たせない夢を描き、唯一叶えてくれたキノに感謝したさくら。切ない…

00413
 サブタイ「Tomorrow Never Comes」とは、今日出来る事を明日へ延ばすな! という諺。

明日という日は決して来ない
 国民もさくらも、旅人の思い出を作りたい、その果たせないはずの夢を叶えて貰ったと。
 それもエゴ、「彼女を押し付けられずホッとした」キノだって
 大人達を責められない

 どうしようもない中、どんな選択をするのか? 彼らは確かにやり抜いたんだ、と。

キノ担当声優・悠木碧さんが初めて演じたのが、「さくら」ちゃんだったとか

00391
 2003年アニメ化時に演じたのが、悠木さんの声優デビューだったとの事。

あらすじ
 旅人に、すこぶる評判の悪い国に、好奇心で立ち寄ったキノは大歓迎を受けた
 また、銃をメンテに出すと、師匠を知る技師と出会い
 自動式拳銃「森の人」を譲られる。

 案内人志望の少女、さくらに手を引かれ、国の成り立ちと美しさを知ってゆくキノ

 名残は尽きないが、やがて期日に退去させられたキノの目の前で
 国は火砕流に飲まれ消滅する

 彼らの真意を知ったキノは、意を汲み、「楽しかった思い出」として留めるのだった

 次回、第11話「大人の国」

キノ『実を言うとね? エルメス。今から行く国は、あまり、いやかなり旅人の評判がよくない』

00422
 前回は、山賊にキノとシズと視点を変えながら、様々な国を描き
 色々な人の夢や願いや苦しみを描いた末に
 あとがきでした。

 そして今回は、サブタイに反し“旅人に冷たい”国…?

『よそ者に冷たいとか、とにかく不親切で嫌気が差す、旅人が行くと店が閉まる…』

00424
00426
00428
00430
00432
00433
00434
00435
00437
 それだから行くんだ。そこまで言われるなんて、どんな国なのか興味があるっ

優しい国
 とかく悪評ばかりの国で、観光客の持つ嫌な印象を、煎じて煮詰めたような
 でも、だからこそ面白そう!
 と

 じゃあ行こう! とっても思い出深い、一生忘れられない国になるかもよ?

 紅葉の山々を抜けた美しい国
 狐が見守っているのは、それこそ「狐につままれたような目」に会うのかな?

 期待と不安と面白全部! なんとも美しい国へ!!

『何日、滞在するつもりですか?』

00438
 立派な門扉を訪れたキノ、しかし、警備兵からして
 既にうんざり、「帰れ」と言わんばかりの空気
 これは手強そうだ…

 しかし三日間、つまり明後日まで居たいと告げると…?

『我が国へ、ようこそいらっしゃいました! ご来訪、心より歓迎致します!!』

00439
00441
00442
00445
00447
00448
00449
00452
00453
 審査などは要らないんですか? 持ち物検査とかは…?

総員 敬礼せよ
 キノの滞在日数を聞くや、ぱっと明るくなった衛兵は、見違えるほど機敏に挨拶!
 総敬礼で、かつてないほど丁寧な挨拶に!
 と

 ひょっとして、道を間違えた?

 当然あるべき入国審査
 それすら、「あなた方に失礼だ」と快く通してくれるほど!

 聞くは不穏、訪れるは天国!?

キノ『ぇ?

00456
 更に市街地へと入ると、付近一帯の住民が勢揃いしてご挨拶!!
 明るい笑顔、「もっと呼んで来い!」という声が飛び
 今にもパレードがおきそう!

 すげえ! 野球のリーグ優勝パレードみたいな歓迎だ!!

エルメス『別の国だ…、絶対に別の国に来た!』

00457
00458
00459
00460
00461
00462
00463
00464
 そんな事はない…、たぶん。

ご挨拶
 ぶつぶつ呟くエルメスに、キノもいよいよ自信がなくなりそうだったが
 ともかく、歓迎ありがとうございます
 と

 この辺に、値段があまり高くなくて、シャワー付きのホテルはありませんか?

 ついで案内を頼むキノ
 普通なら、そこらを歩いてる人にでも頼む案件でしょうけれど…?

 キノさんってば、なかなか剛毛な心臓ですね!

国民『…………

00466
 途端に落ちた長い沈黙、「あれ? ここからが問題?」と視聴者は思うところ
 あまりの沈黙に、今にも石が飛んできそう!
 イエス・キリストのように!

 が

国民『俺の家の近くの宿は、安くてメシも美味いぞ~♪

00470
00472
00474
00476
00480
00481
00483
00484
00487
00489
00491
 ウチがそうだよっ! 今日は、旅人さんっ!! あたし、さくらって言いますっ

サクラクエスト
 しかし、再び国民さん達は親切そうに騒ぎ出し、我先にと良宿を伝えようとする
 そこで宿屋の娘、“さくら”と出会うのだった
 と

 じゃあ、案内して貰おうかな?/そうだね、よろしくっ

 元気いっぱいで可愛い!
 名の通り、サクランボの髪飾りがトレードマークなんですね

 身振り手振り、まるで演劇を見てるみたいだ!

『ねえキノさん、キノってお名前、短くて響きがよくて、とっても素敵ですねっ』

00492
 こうしてさくらに案内され、一人残らず好意的な声に包まれながら
 キノは、「旅人に冷たい(はず)」の国を行く事に
 ヨーロッパ風の素敵な街並み

 際しキノは、自分の名前へ「昔、同じように思った」と不可思議に返答する事に

『でも、さくらって名前も響きが良いね。どんな意味?』

00495
00496
00500
00503
00505
 お花の名前、春に咲くピンクの奇麗な花♪

名前の記憶
 キノは「さくら」を知らない為、意味を訊ね、さくらちゃんをニコニコぷりぷりさせますが
 ふと、奇妙に目をゆがめることに
 と

 どうしたのキノ?/何でもない。…説明できるようなモノじゃないよ

 名状し難いナントカ…?
 さくらちゃん、名前をもじって「ネクラ」だの言われる事もあるそうな

 さくらでネクラ、フフフフフ!

さくら『お客さんだよーっ

00506
00507
00508
00511
00512
00514
00515
00518
00520
00521
 この辺の観光案内人も兼ねてるの。そして私は、その有望な見習いっ

ド立派!?
 やがて三人は、家族経営ながら立派なホテルに着き、温かいホームドラマに。
 家族三人、イラスト化されたような幸福感!
 で

 キノさん、私にこの国を案内させてくださいっ!

 めちゃくちゃ立派な部屋…
 さっきから、「話が違う」を連呼するキノ達だが、さくらの願いも聞いてしまった

 キノ達は、“観光案内人修行”につきあう事に

さくら『まずは、どこへ行きたいですかっ

00523
 キノは少し考えると、パースエイダースミス、すなわち銃職人を訪ねる事に
 パースエイダー、というのが銃器やその使い手の総称で
 スミス、とは鍛冶師の事らしい

 キノが、たまに呼ばれてますよねパースエイダー。

パースエイダースミス『…どれ?』

00525
00526
00527
00528
00532
00534
00536
00537
00539
00540
 ああ…、解った。だいぶガタがきているようだからフレームから見てみる…

ブラックスミス
 一転、頑固そうな老人が店主だったが、一日かかると「カノン」を受け取った彼は
 キノが出て行った後、銃を見て微笑むのだった
 で

 驚いたよ…、本当に驚いた。ふふっ、長生きはするものだな

 これは、元は師匠が使っていた“回転式拳銃”
 つまり彼は…。

 少なくとも、「幻覚の国」とかそういうのじゃないんだな、とも解る事に。

『この公園では、国の歴史を子供たちに教える劇をやっているんですよっ』

00000
 折りよく劇の真っ最中、昔、遠くの国で迫害された人々がさまよい歩き
 どこも、受け容れてくれぬまま食べ物も尽き
 もはや万策尽きてしまった話
 と

 またここでも皆が優しく、キノ達は前に押し出される事に

ちょっとちょっと! 今そこにいらしたのは、旅人さん達かい?』

00003
00004
00005
00006
00013
00017
00022
00023
00024
00025
00028
00030
 どうでしょう皆さん、…最初からやり直すというのはっ

どん詰まり
 ここでも人たちは親切で、戸惑うキノを半ば押し切るように再スタート
 困窮した彼らが、森へと辿り着いた場面に
 と

 もう少しの辛抱よ…、でも、この子達に上げられるものは何もないわ

 暗く深く恐ろしげな森
 森役のおっちゃん、これは怖いわ子供が泣くぜ!!

 なるほど、森ってつまり“現在地”か

あっ…、見て! 木の実が落ちているわっ

00032
 少し視点を広げると、森には木の実が、獣たちもちらほらいる
 恵みの地だった事が判明したのです
 と

 冒頭でも、キツネがいましたものね(日本では古くは、農耕に役立つ“益獣”だったとか)。

そうだ、ここに国を作るのだっ!

00034
00036
00038
00040
00041
00043
00044
00045
00046
00047
00048
00050
00053
00054
 それから数え切れないほどの時が流れ…、そしてね? あたしが今、ここに居るのっ

美しき故郷
 森の豊かさに気付いた“難民”たちは、迫害するものがない事も気に入り
 国を開き、長い時を経て現代に至ったのだ
 と

 その流れの、先頭にいるのっ!

 建国記を愛して語り
 郷土愛に溢れ、「次」へ受け継ぐ意思に満ちた美しい国

 最後、パっと衣装を捨てるのが美しい!

キノさん、料理上手なんですねっ

00055
 劇の後は、「銀の匙」でもお馴染み、ドラム缶オーブンでバーベキュー!
 キノが焼くとか、前回の惨劇を思い出してしまいますが
 あくまで「焼く」だけに徹してるとの事

 悲劇は繰り返してはならない…!

『これを使って? 旅人さんの服が汚れたら大変だから』

00056
00057
00058
00059
00060
00063
00067
00068
00075
00076
 何か、楽しそうじゃん?

二日目
 日頃は深入りを避けるキノ、しかし今回は、大歓迎してくる国民に溶け込み
 キノらしくもなく、可愛いエプロンで調理をする場面も
 で

 驚きました…、初めてこれを手にしたとき以上です

 翌日は「カノン」の回収に。
 フレームから見直す、と言っていた店主の整備に驚かされたキノ

 それも、代金さえ要らないといわれてしまう。

『…昔、自分の教え子には“師匠”と呼ばせている凄腕のパースエイダー使いが居た』

00078
 知りません。代わりとばかりに、「師匠」の事を尋ねられたキノ。
 当然、用心深い彼女が、身内の事を話すはずもなく
 知らない振りをしてしまう

 師匠…、 トラブルに首を突っ込みまくっていたらしい(知ってた)。

技師『…解った。それとな?』

00080
00082
00088
00091
00093
00095
00096
 誕生当時は、“森の人”と呼ばれた。…コイツを旅人さんに使って欲しい。

時を越えて
 明かされた時間軸、今回の国は、愛用の自動式拳銃“森の人”を譲り受けた時の話!
 旅人時代の愛銃で、朽ち果てさせるには惜しいという
 で
 
 昔みたいに、コイツに旅をさせてやりたいんだ…、受取ってくれるね?

 いつかの“迷惑な国”。
 通せんぼする国に、この銃を要求されたキノは断り、途方に暮れました

 この銃は、かけがえのないものだったんですね。

よっしゃー! そうこなくっちゃあなぁ!!』

00098
00099
 キノは少し考えて快諾、すると“老人”は、往年の笑顔を一瞬取り戻すと
 見違えるように、そして視聴者に「あっ…」と思わせる動きで
 試射するように引っ張っています

 ああ…、この人もすっかり歳を取っていたんですね。

“元・旅人”『ホルスターもグリップも、いじってやらないとなっ! さあっ!!

00102
00104
00105
00108
00109
00110
00111
00112
 こっちは暇で暇で、しょうがなかったよーっ

弟子は出会った
 急に色めきだった老人に、「こいつの癖を教えてやる!」と試し撃ちに連れ出され
 拳銃を入れるホルスターなども調整して貰う事に
 で

 その前にもう一つ、お連れしたい所があるんですっ!

 こうして二日目の日が暮れる事に。
 何も言いませんでしたが、彼は師匠と組んでいた優男、「相棒」が老いた姿だったようで。

 そりゃ、師匠の銃を見たら懐かしくなるよね!

うわあ…、すごいねっ!

00114
 さくらが案内してくれたのは、彼女が一番好きな、素敵だと思う場所
 遥か、城壁の外まで見渡せるパノラマ!
 奇麗だね!

 明日には出て行ってしまうキノ、これが滞在中、最後の夕焼け…!

『いつか、お客さんが来たら絶対に案内しようと思っていて…』

00115
00116
00117
00118
00121
00123
 キノさん達が、最初ですっ!

素敵な国
 いずれは、立派なホテルの支配人、観光案内人になりたいというさくら
 今日はその大切な一歩に
 と

 なれるさ。いや…、もう既に立派な案内人だよ

 もうツッコミは要らない!
 キノもエルメスも、心から素晴らしいと賞賛する事に

 何だ、国の将来明るいじゃないか!

さくら『ありがとうっ♪』

00129
00131
00134
00138

 わたし
 もっともっと色々なことを知って、
 もっともっと素敵な案内人になりたいんです

 私の生まれたこの国に、もっともっと大勢の旅人さんが訪れて
 その人が、一生、忘れられないような思い出を
 たくさんたくさん作って帰っていくんです!

 そのお手伝いが出来るなんて、素敵でしょう?



00139
00145
00146
00147
00150
00152
00154
 ああ…、とっても素晴らしい仕事だ

一生の仕事
 この国での最後の夜、キノは故郷を愛する少女の大切な夢を聞き
 心から追う絵の言葉を送った
 で

 それは、キノさんが「するべき事だ」と思っているからですか?

 なぜ旅をするのか?
 故郷を愛し、迎える側のさくらはキノと正反対なんですよね

 そして彼女は、「国を継ぐべき」立場にいる

キノ『僕がやりたい事だと思っているからさ』

00155
 キノも、「するべき」ではなく「やりたい」から旅をしている
 キノとさくらは逆、だけど動機は同じ
 なんだか素敵ですね

 旅をしたいから、旅をしている!

さくらの母『ねえさくら、さくらさえよければ、旅に出ても良いのよ?』

00157
00159
00161
00163
00165
00167
00170
00172
00173
 そうかな…、…ううん、私はどこにも行かないよっ!

「ここ」で
 際し、両親は旅をして、見識を広めてみるのもどうかと勧めるのですが
 さくらはあくまで、「ここ」で勉強するんだ
 と

 じゃあ、もう少ししたら、私達は暇になるのかな?/その通りっ!

 何て優しい国…。
 優しいBGM、いつものは国の人と距離を取りがちなキノもニッコリ

 そして完全に「前振り」だと感じた…!

さくら『キノさん、ここですっ』

00176
 続いて、早婚の結婚式を訪れた二人。さくらやお客のテンションが高いのは
 新郎新婦の撒く袋に、「欲しい子供の数」だけ種が混ぜられており
 その種を持って、明日の朝を迎えると
 次に幸せな花嫁になる
 と

 ブーケトスの、“優しい国”版なんですね。

キノ『僕も探してあげようか? 一人より二人だっ』

00177
00183
00184
00185
00189
00193
00194
00195
00196
00198
00201
00203
00206
 はいこれ。…昔から運だけは良いんだ

初めてのエンゲージ
 今回は五粒、その一粒を拾ったキノは、さくらちゃんに譲ってあげる事に。
 彼女、初めて貰えたらしい
 で

 ありがとうございます、キノさんっ

 キノに貰った木の種!
 キノに木の!

 フフフ!

『エルメスさん、キノさん、そろそろ出国の準備をお願いします』

00208
 しかし良い気分の束の間、緊張した面持ちの警備兵が待っており
 少し焦った様子で、退去するよう促します
 その理由は?

キノ『その…、もう一日や二日、滞在できませんか?』

00215
00216
00217
00219
 キノ、どうしたの!?/いやなんとなく…、そんなに驚くなよ

出国要請
 キノは“気付けず”、さくらとの別れを惜しんだのか、滞在延長を申し出ますが
 衛兵のヒトは、頑なに出国を要請
 で

 ルールですから、すぐにお願いします。

 旅人がいじわるされる国
 でも、キノは「日数」を告げた途端に大歓迎、両親がサクラに旅を勧めた理由

 視聴者にとっても、想像がどんどん形になっていく!

衛兵『そうですね、必ず尾根まで登ってから休まれたほうがいい』

00220
 出発ダヨ! 全員集合ー!!とばかりに、集まった皆が見送ってくれる中
 さくらの父は、西へ行くなら尾根が良いと勧め
 衛兵さんも激しく同意

 必ず尾根へ、いいかい必ず尾根へ!

母『キノさん、これを。小さい方は今晩中に、大きい方は、明日の朝にでもお食べ下さい』

00222
00224
00226
00228
00230
00234
 皆さんにも感謝します、こんなに親切にされて、楽しかった国は初めてですっ!

大切な
 際し、携帯食まで至れりつくせり、こんな国は二度とないだろうとばかりの様子!
 さくらも、「ご滞在ありがとう」と別れを告げます
 で

 ありがとう、“とても大切な思い出が出来た”

 昨晩聞いたさくらの夢
 旅人の思い出を作りを手伝いたい、その言葉を返してキノは出国する事に

 粋だねえ、いなせだねえ!

さくら『どう致しまして♪

00238
 硬い握手で別れる二人、普段は旅人にいじわるしている国民も
 今回、キノに心から感謝を告げられて
 本当に嬉しそう

 やったやった、やってやった! そんな素敵な笑顔!!

キノ『では、またいつかっ!

00243
00245
00248
00253
00254
00256
00258
00260
00264
 いい国だったね~/ああ、とても楽しかった/噂とぜんぜん違ったねっ

またいつか
 こうして、キノさえ三日越えしたくなる国を出国、珍しく「またいつか」とまで!
 彼女が本当に、心から気に入ったことが解りますね
 で

 何か…、イヤな感じがする。砂を齧るような感触があるんだ

 その夜に跳ね起きたキノ
 思えば、このカノンの「調整」もまた、彼の遺産となったのでしょうか

 それとも彼は、人知れず脱出したのでしょうか…?

キノ『なんだ…、なんだあれ?!

00266
00273
00277
00280
00282
00286
 記憶が正しければ、パイロクラスティックフローだよ。 火山灰とか軽石が高温で噴き出して…

パイロクラスティックフロー
 何もない、エルメスが言った瞬間に大規模な火砕流が発生し、国は一瞬で溶け去り
 日々の営みは、あっというまに押し流された
 と

 何か出来ることあるか/ないよ、火砕流は摂氏1000度近い

 悲壮な口調のキノ
 いつもの、陽気にさえ感じる口調で「もう皆死んでる」と言ってのけるエルメス

 事実、キノに出来る事は何もなかった…。

エルメス『あれじゃ全員死んでる。キノが行っても死ぬだけだよ』

00296
00297
 他の作品なら、主人公は希望を捨てず、「それでも行くんだ」と行くのかもしれません
 でもキノは行かない、けど無情なワケじゃない
 まんじりともしてないキノ

 与えられた状況、そこでどう考えるか。本作に一貫するテーマだと感じます

キノ『はあ…』

00298
 翌朝、すっかり灰に埋まってしまった町が、ようやく全容を現し息を吐くキノ
 彼女はきっと、それでも何か出来ないか考え抜いて
 ここで現実を受け容れた

 私には、そう感じるワンシーンでした。
 
キノ『…食べたら、出発しよう』

00303
 収録は原作2巻だそうで、初版は2000年10月25日付。
 その9年前、1991年、長崎で火砕流が発生し
 初めて鮮明な映像として記録。

 大きなニュースになった雲仙普賢岳噴火事件が、年代的に根底にあるのかもしれませんね

キノ『…手紙だ! さくらちゃんのお母さんから』

00312
00315
00316

 キノさんへ、エルメスさんへ
 あなた方がこの手紙を読まれているとき、私達はもうこの世界には居ないと思います

 ちょうど一ヶ月前、大規模な火砕流が私達の国を襲う事がわかりました

 私達のとるべき道は二つに一つでした
 国を捨てるか、捨てないかです
 私達は答えを出しました。

 この国に留まると。

 旅人であるあなた方には、この行動が愚かに映るかも知れませんね?
 しかし私達はここで生まれ、ここで育ってきました。
 他の場所を知りません、他の生き方を知りません。

 私達は運命を呪うことなく、憎むことなく、悲しむことなく、充実した毎日を送っていました。


00320
00325
00328

 さて、あなた方がご存知かは知りませんが
 私達の国はそれまで旅人に対して、大変不遜な態度をとってきました
 このままでは、私達は失礼な言動をとった民として、人々の記憶に残ってしまうでしょう

 私達は、私達の記憶を素敵なものとして残してもらいたいと
 強く願うようになりました

 ですが、それまでの悪評が祟ったのかもしれませんね

 旅人がまったく来なくなり
 後3日という時に、あなた方が来られたのです
 我が国を代表して、心よりの歓迎を申し上げます。キノさん、エルメスさん。

 ようこそ!


00337
00342
00358

 追伸、この事実を知らされているのは大人だけです
 さくらは何も知りません
 私達は、あなたに無理やりにでも、あの子をお預けしようかと思いました

 でも、昨晩あの子は、私達の跡を継ぐと言ってくれました
 それがあの子の夢なのだとしたら…

 あの子は、私達が連れて行きます。


00362
00365
00366
00378
 僕は…、こう思っている…、さくらちゃんが無理やりにでもお預けされなくて助かった…

エゴ
 これまで傲慢だった国が、“死期”を知り、良き思い出として他人の心に残ろうとした事
 親たちが、子供たちに何も知らせず連れて行った事
 と

 エゴだよ…、これはエゴだ…!

 何よりキノ自身が。
 総てを聞いて、「さくらを預けられなくて良かった」と真っ先に思ってしまった自分に

 キノは、自分が彼らを責められない事を深く自嘲する。

エルメス『どの道、二人乗りで旅は無理さ』

00384
 生きてさえいれば何でも出来た、なんて気休めは言わない
 あの国の人たちの、「記憶に残りたい」切ない想いさえ
 エゴなんだと思います

 誰もがエゴ、ただ何も知らなかった者たちだけがエゴじゃない…?

キノ『…キノさんへ? これは私が…?』

00385
00386
00390
00391
00393
00394
00398

 キノさんへ。これは、私が……。私が持っていても仕方がありません。
 あなたのです、お気をつけて。

 私たちのことを忘れないで。さくら。


00405
00408
00409
00413
 うん…、似合うよ、良い国だったね。

Tomorrow Never Comes
 幼いさくらさえ、「事実」に気付いていたと知り、キノは嘆息し…、森の人を身に付ける。
 この自動拳銃は、あの国の形見なのだ
 と

 ああ楽しかった、とても。文句の言いようも無いさ。…行こうか

 サブタイは、「明日という日は決して来ない」という諺
 今日できることを明日に延ばすなと

 彼らは、“今日出来る事”を精一杯やり抜いた、だからキノもやるのだ、と

「そうすべきだから」じゃなく、やりたいと思ったからやるんだ

00150
00155
 今回中盤、何故旅をするんですか? とキノに聞いたさくら。

義務ではなく
 今回の国は、死に瀕して覚悟を決め、人々の記憶に残ろうとした人たちの国。
 国民、さくらが最初から、死を覚悟してキノに接していたと思うと
 全てが遺言だったのが切ない

 キノの返答に、自分がそうしたいから、国に残ったんだろうなと感じました

 人生の幕切れに足掻くか、それとも穏やかに過ごすべきか?

さくらも「そうしたい」から残った? だとすれば

00172
 キノは、ホッとしてしまった自分のエゴ、“利己主義な自分”嘆きましたが
 さくらも、自分がそうしたいから残ったのだとすれば
 それもエゴなんだと思います

 今回は、誰もが“自分がやりたい事”をやった、エゴな国だったと。

キノはエゴに悩んだけど、国の人の優しさも傲慢も全部エゴに絡んでいた

00228
00230
00408
 国の人たちが望んだように、「楽しかった」と記憶に残すキノ。

エゴと優しさの国
 今回、国民の方々が本当に優しかったけど、それも「優しい国として記憶に残りたい」故
 それまでの自分勝手さも含めて、本当に全てがエゴに絡んでたし
 優しかったことも本当だと思います

 キノを見送る時、やった! 成功だ!!とばかりにガッツポーズした皆

 エゴって、基本的に醜い言葉だと思うけれど
 彼らは決して醜く感じなかった

 一筋縄じゃなく感じるのが、本当に本作らしい物語だったと感じます

たとえば今回の事、シズだったらもっと傷付いたろうと思うし

00245
 正直、付き合わされた側は、本当に複雑な気持ちが残ってしまうから
 今回の国は、本当に自分勝手な国だとも感じます
 でも潔く美しいとも感じます

 知らせなかった両親も、黙っていたさくらも、互いを思いあうのが本当に美しかった!

傲慢でいじわるだった国が、「死」に臨んで転じた話

00456
 でも、本当にいじわるな国だったのはちょっと意外でした。
 でも、だからこそ「エゴ」って言葉に絡むんだろうな
 そう感じます

 自分勝手な人が死期を悟って穏やかになる、そんな話を連想させるエピソードでした

てっきり、「裏ルールがある国」って感じだと思いました

00096
00163
 たとえば、ある条件を満たしたら、出られなくなってしまう国。だとか。

予想してた事
 建国話も、実は当時、「出られなくなってしまった人たち」が、美化して伝えた昔話で
 旅人がきたらいじわるし、さっさと出て行くように仕向けていた
 キノは3日と明言したので例外だった…

 そんな、表向きいじわるだけど、優しい国ってオチなのだと思いました(真顔)

 銃技師の老人も、実は同じく出られなくなってしまった人で
 さくらも、両親が逃がそうとしていた…

 そんな話なのかな、って誤解していました(迫真)。

彼らが「ここ」を選んだ理由が、特に建国物語に詰まっていた

00000
00036
00045
00050
 この立地が彼らを破滅させたけど、この大地こそが、彼らを救ってくれたから

この場所で最期まで
 さくらが見せてくれた風景と、建国物語に、動かなかった理由も詰まっているんですよね
 迫害された彼らを、唯一受け容れてくれた豊かな大地と
 ここまで開拓した努力

 街が奇麗だと感じたなら、それは、先人の努力そのものなんだと感じます

 先祖を生かし、先祖が築き上げ、自分達を育んでくれた街
 見捨てられなかった理由なのだと感じます

 衣装を放り投げ、劇を締めくくる演出も素敵だった!

さくら『その流れの、先頭にいるの!

00145
 、この国を本当に愛していて、つむいできた歴史の「先」にいる自負がある
 自分達は、先人とつながってきた流れの一部だと
 祖国を愛し抜いた彼ら

 明かりが灯っていく場面は、多くが国を見捨てなかったという象徴でもあったんですね。

思えば彼らの行動は、全てが彼らの遺言のようで

00139
00195
 思い出を作る手伝いをしたい、叶わないと知りながら口に出したさくら
 妙に早婚だったのは、国が滅ぶ前に結ばれて起きたかった
 五人、子供を作りたかった…

 彼らの言葉、行動の一つ一つが、覚悟の上だったと思うと切ない回でした

町の人たちをかきわけ、案内役を買って出たさくら

00518
00520
 キノに、案内役を申し出る場面、妙にさくらが真剣だったのも
 最初で最後の夢を果たすチャンスだった
 とか。

 Tomorrow Never Comes、彼女は「今」を精一杯生きたんだなって感じます。

冒頭、「旅人に意地悪な国」に行くと言い出したキノ

00434
00433
00437
 道は幾らでもある、だから行くんだ!

今を精一杯生きる為に
 旅人に、イヤがらせする国なんて避けてもいい、道なんていくらでもあるんだから。
 でもキノは、道が幾らでもあるからこそ
 敢えて行くと言います

 選択肢が無数にあるからこそ、やりたいと思う事をすべきなんだと。

 思い出深い国になるといいね?
 そう言ったエルメスといい、冒頭から既にテーマが描かれていた!

 本当、美しい回だと改めて感じました。

そして勿論、「明日やろう」とか思わない事

00408
00413
 明日なんて決して来ない、「今」しかないと思って生きなさいということ。

Tomorrow Never Comes
 今回、町の人たちが「いじわるしてたから誰も来ない」と、後悔をしてしまった事とか
 色々と、しみじみくる回だと思いました
 日頃って大切。

 自分の命が後一ヶ月と知った時、あなたはどうしますか? みたいな。

2017年12月8日 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第10話「優しい国」

00491
 2003年アニメ化時、さくらは現キノ役の悠木さんが演じた。WEB予告もこれを踏まえている。

スタッフ
 脚本:菅原雪絵
 絵コンテ/演出:笹原嘉文
 総作画監督:アミサキリョウコ/立川聖治
 作画監督:山形孝二/永田陽菜/幸野浩二/甲田菜穂/相澤真梨子/稲田真樹/もりやまゆうじ
 アニメ制作:Lerche
 原作:時雨沢恵一/イラスト:黒星紅白/ライトノベル/電撃文庫
 制作協力:なし

あらすじ
 山に囲まれた小さな国がある。美しい自然に恵まれた国だが、旅人の評判はとても悪い。あまりのひどさに逆に興味を持ったキノは、エルメスとともにその国を訪れる。ところが、住民はキノとエルメスの姿を見るや、大喜び。さらに、さくらという名の少女が立候補し、キノたちをホテルまで案内してくれる。

奇麗に散ってしまった“楽しかった”国の少女、そして次回は「大人」の国…?

00320
00325
00328
00337
00342
00358
 そして今回、さくらを演じたのは13歳の天野心愛さん。ちなみに芸歴13年。

声優としては芸歴5年目
 無論、声優としては一年に一回、非レギュラーを演じる程度という「子役」の人。
 でも今年は3作を演じ、今回の採用からしても
 声優に力を入れるのかも…?

 当初、幽霊の国かと思いましたが、思った以上に覚悟を完了してた国だった…

 キノは自分を「エゴ」だと言いましたし
 大人達だって、逃げずに子供を巻き込むのは「エゴ」としか言いようがない

 けど子供も解っていて…、どうしようもない状況での「エゴ」が、本作らしいと思いました

 次回、第11話「大人の国」


 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第1話「人を殺すことができる国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第2話「コロシアム」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3話「迷惑な国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第4話「船の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第5話「嘘つき達の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第6話「雲の中で」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第7話「歴史のある国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第8話「電波の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第9話「いろいろな国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第10話「優しい国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第11話「大人の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第12話「羊たちの草原【最終回】」