公式サイト ショート感想 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話 感想 囚われの女王 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 19時追記 前回はこちら
えりなに課された“教育”。祖父・仙左衛門が託す願い、親世代の繋がりが明らかに

00055
00107
00307
神の舌を持つ味見人えりなと、料理人創真、彼らを取り巻く若き世代の物語再スタート!
 幼少期、誰より鋭敏な舌で、味わい続けたのは“元十傑トップ級”・父の味!
 他の料理が、不完全に感じるのも当たり前
 
 自身で作るにも、父を越える“創作”は困難同じ王道スタイルに

「正しい」という呪縛
 また、アリスからの手紙も絶って孤立させ、幼い心を徹底的に追い込んだという父
 囚われの女王、物理的以上にトラウマで縛られ
 料理人としても縛られる事に

 破るのは同世代、創真を入学させたのは自分という仙左衛門殿ですが…!

変わりつつあるえりな、華麗なる家出編スタート!

00209
 祖父、仙左衛門に言わせれば、昔はよく笑う子だったという

囚われの女王
 秘書子は、薊に変えられた以降のえりなしか知りませんが、穏やかになっていると。
 父の「教育」、料理には正解しか必要ないというのは
 薊が植えつけた思想だったという話

 対し創真が、薊と同世代の父から受け継いだのが、“正解”だけじゃつまらない。という思想だと。

えりなを頼む、総帥の地位を離れた仙左衛門は頭を下げる

00274
 ただの祖父として、今回めっちゃホリデーだった…!

あらすじ
 学園総帥を解かれたえりなの祖父、薙切仙左衛門は、創真を尋ねて「孫を頼む」という。
 実は、創真の父・“才波 城一郎”と仲の良かった彼は
 創真入学を勧めていた事を明かした

 城一郎は薙切の父、薊の先輩であり、薊が十傑3席の頃の2席

 10年前、薊が施した“洗脳”教育が、えりなの人格を今に至るまで歪めていた
 事情を知るアリス達は彼女を極星寮へ逃がす

 だが薊の計画に、「神の舌」えりなは不可欠、続き彼は教育メソッド改定を宣言する

 次回、第7話「火蓋は切られた」

帰ってきたえりなの父は、十傑を抱え込み遠月を乗っ取る。しかし…?

00130
 えりなの父、薙切薊は、遠月を追放された料理人であった
 ちょうど、一席の料理に驚愕した創真達だったが
 その十傑上位の大半が薊に付く

 りんどー先輩が寝返った「ドキドキする」とは、、彼女の料理人としての性格(26巻)故と思われる。

久しぶりだな城一郎! その頃、創真の父もまた「再会」していた

00131
00132
 当時、マッスル堂島先輩が1席、そして創真の父は2席だったのだ

再会、友よ…
 偶然再会した二人、ちょうど創真とタクミのように、雑な城一郎と几帳面な堂島銀
 対極だけに、馬が合ったという所か
 で

 何が奇遇だなだ! 何年も連絡を寄越さずに!!

 実は学生時代以来の再会
 それも一度だけ、連絡を寄越したっきりのクソフレンズだったのである

 幸平家のDNA強すぎィ!

彼らの時代こそ、寮母が言っていた極星寮黄金時代だったのだが…

00133
00134
00135
00137
 見ての通り、右側のフサメンが堂島先輩。ある理由の為か剃ったらしい。

極星黄金時代
 何せ、1席2席が在籍していたので、食戟で次から次へと奪って拡張し
 現在の、独立採算制をとる“別法人”まで発展
 頭がおかしい…!

 何せ、料理が上手いものに、全てを与えるのが遠月の理念

 その理念により、遠月十傑が裏切ってしまうと
 総帥の任命権さえ左右

 現在、仙左衛門殿は、「総帥」の座を追われてしまう事に。

あの、中村薊が…、新総帥に!?

00138
00141
 そして当時、“一年生で”第三席だったのが、「中村薊」だったと。

遠月3傑
 つまり、あざみんは入り婿なんですねー、創真とえりなが同い年なように
 彼と城一郎もまた、同世代だったのです
 で

 当時の父は「才波城一郎」、苗字が違った為、創真と親子と気付きませんでした

 何故「幸平」となったか?
 その前日譚部分は、アニメ第4期エピソードになると思われます(原作23巻)。

 ちなみに、現・3席の人は「裏切り」に参加していません。

オープニングも、薊メソッド!

00142
 シルエットから解禁され、薊新総帥が着任に。
 教育機関の長、彼の打ち出す「教育」
 その1!

「薙切薊」新総帥確立、遠月十傑評議会は議決を行う

00143
00144
00145
00146
00147
00148
00149
00150
 フードを被った人が第3席、女木島さんといいます

裏切りの十傑
 というか、参加しなかったのが「3席の女木島」「ふんどし」「久我」「えりな」の四人。
 残る6人が薊についた為、総帥は薊に委譲。
 学園の運営権が移ったことに

 ただフツー、生徒は「学園長」とかあんまり気にしないよねっていう。

ジビエ吉野『せんぱーい! 総帥が変わったってマジ!?

00151
00152
00153
00154
00155
00156
 十傑の過半数が合意しましたが、先輩の下半身の方が気になりますね。

総帥は薙切家
 総帥交代、権利があっても、まさか「やる」人間がいるとは思わなかったのが正直なところ
 何より、「総帥は薙切家」という伝統があるからです
 で

 良く考えたら、あたしら生徒には全然かんけーないよねー♪

 吉野はどこの世界でもアホ可愛い。
 銀の匙のチーズ吉野も、サクラクエストの国王由乃も、よしのはアホキャラの法則…!

 全国の吉野さんすまぬ…、すまぬ…!

ここで、燻製マスター伊武崎は思う

00157
 新総帥に寝返れ、という根回しは、一色にはこなかったのか?
 パイセンは七席、久我・叡山(守銭奴)・えりなの上
 二年生では2位に相当

 しかもフンドシかつ裸エプロン、ブーメラン水着の事もある、恐ろしい料理人である

えりなを震えさせた「父」、新総帥・薊の就任演説とは

00158
00159
00160
00161
00164
00165
00166
00168
00169
00171
00172
00173
00174
 暴言を吐いた、とすら思っていないのかも?

さわやか新総帥
 予想に反し、先代総帥を褒めちぎり、謙虚な態度とあふれる若さ、死んだ眼で就任演説に。
 本性を知る面々は、「猫被り」と呆れるが…
 と 

 何があろうと、思い通りになる事を少しも疑っていないのか…?

 前回の酷い言動も謙虚さも本音。
 薊は自分を偽らない、たとえ「エサ云々」を暴露されても、それで権力が揺らぐと思っていない

 だから伸び伸び、本音で喋ってるだけなのだ…、と。

秘書子もえりなも、まとめてレ○プ目にする畜生の鑑

00175
00176
00177
00178
00179
00180
00181
00182
 薊は一方的に「秘書解任」を通達、えりなが抵抗しない為、秘書子は緋沙子に。

秘書解任
 そもそも何故秘書が必要かといえば、日頃えりなは、「味の審査」「助言」を行ってきたから
 オマケ漫画では、食べすぎで力尽きてる事も。
 が 

 手を取り合い、一緒に頑張ろう? ね? えりな

 だがこれからは違う
 えりなの「神の舌」、その顧客管理は、全てマジック総帥が行うことになるのだと。

 秘書子は解任、新戸緋沙子に格下げに。

創真『前の総帥は、どうしてんのかな…?

00183
00184
00185
00186
00187
00188
 ここに居たァ!?

前総帥・薙切=ギレン・仙左衛門
 本作3大マッスルの一人、仙左衛門殿が唐突に自室に居る恐怖…! なお創真は慣れた物で
 驚いたが、すぐに茶を出してもてなしている
 で

 君の遠月への受験を城一郎に勧めたのは…、儂なのだ

 第1話で唐突に店を閉めた
 どうも「創真を編入させる」、口実の為にいきなり店を閉めてしまったらしい

 残った商店街と、可愛い幼馴染は不憫である…!

仙左衛門殿『少し…、表に出よう』

00190
 実は彼も、「城一郎」と呼ぶほど、創真の父とは仲が良かった
 いわゆるフレンズである。
 と

 けじめもあってか、逆に創真とはあまり接触しなかった(初接触)らしい。

すまぬな! 儂の日課につき合わせてしまって!!

00191
00192
00194
00195
00196
 総帥という重責から解き放たれ、身体まで軽くなったようだのう! フハハハハッ!!

薙切家ダイナミック!
 いやもう、総帥引退で、むしろ前より元気になった気がする仙左衛門殿!
 野性味あふれる大車輪!!
 で

 君から見てえりなは、どんな料理人かな?

 創真から見てどうか?
 いつも怒ってる…、というか創真が怒らせてるのだが、相性が水と油ですものねえ

 父に入学を勧めた件は、いずれ父などが語るだろうとの事

仙左衛門殿『えりなは、よく笑う子だった

00199
00200
00201
00202
00203
00204
00206
00208
00209
00211
 まずいわ。だって、おいしくないんだもの…。でも、ありがとうアリス

天使の2P
 登場時、えりなに敵対する雰囲気だったアリス、でも幼少期はとても仲良し
 揃って天使のようだった
 と

 残りは、いらないけどねっ

 悪魔かな?
 とまれ、「えりなに美味しいと言わせたい」と、強く思ったのでしょうね

 やっぱり天使じゃないか!

アリス『ほくおーへ、いきたいです! おねがいっ!

00213
 神の舌を持つえりな、対抗には、「未開拓な分野」こそ最短と考えたアリスは
 母の務める、旨味科学、最先端料理の北欧に旅立ち
 現在の料理スタイルを確立

 黒木場リョウと出会い、「真剣勝負」し続ける事で、飛びぬけた技量を得る事に。

『私が北欧から戻っても…、吠え面かかないことね!』

00215
00217
00219
00220
00221
 手紙…、書いてよこしなさいよね

幼い頃からツンデレで
 こうして皮肉な理由で、えりなとアリスは、離れ離れになってしまうのですが
 手紙を交換し合おうと約束に
 が

 えりな…、良い料理人になりたいかい?

 父の「教育」がスタート。
 これこそ、前回、仙左衛門殿が言った「お前に任せたのが間違いだった」という部分

 そして、“物語 第1話時点のえりな”への第一歩でした

薊『さ、これから君に“料理”を教えてあげよう』

00222
 前回薊は言いました、芸術のように「味が解る人間」の為の料理
 それが料理であり、でないものは「エサ」
 ただの栄養補給に過ぎない
 と

 美味しくする為に努力するなら、それを解って貰えた方が嬉しい、それは確かだと思いますが…

さて、どちらが正しい味付けかな?

00223
00224
00225
00227
00230
00234
00235
 よろしい。では、左の皿にあるものを、くず入れに捨てなさい。

不出来を許すな
 えりなの鋭敏な舌は、父の「正しい味」を的確に見分けますが、問題はその次。
 父は、正しくない味は捨てろ
 と

 語るべきは味の是非だけ、不出来な品を決して許すな

 えりなの舌は正確な神の舌 
 父もまた天才であり、「正しい味」を次々と提供し、舌の経験値を増やし鍛えます

 この問題は、とりあえず2つあって…。

『この父の認めるもの以外は…、屑だ、芥だ、塵だ』

00236
00237
00238
00239
00240
00241
00243
00244
00247
00249
 不味いわ! よくもこんな品を、私の前に出せたものね!

「教育」の結果
 父の最高水準ばかり食べ続け、並みの料理では、まったく旨いと思えなくなった
 不味い皿は「価値が無い」と捨てるように
 と

 反省なさい…!

 神の舌の持ち主
 えりなは、生まれて間もない頃から、「最高の味見役」として期待されていました

 それが、殆どの皿を不味いと思うように。

こんなものは教育ではない、洗脳だ!

00250
00252
 父と同等か、それ以上の皿じゃないと、旨いと思えなくなったえりな。

父の教育
 これは、中村薊なりに「神の舌」を完成させる為でしたが、気付いた仙左衛門が阻止
 父は追放、超チート味覚の“女王”が残る事に
 と

 貴様は追放だ! 二度と薙切を名乗る事は許さん!!

 父の味を「基準」に。
 最高級のみが、料理だと刷り込まれ、えりな自身もそういう系統を得意とするように

 他の料理を食う程、「父の料理の方が旨い」と再認識するわけで。

薙切薊の料理は旨すぎる、それがえりなに影を落とすことに

00198
 当然他人の皿でも、自分の調理でも十傑上位料理は越えがたい壁
 前回の司瑛士のように、上位陣はキチガイじみた水準で
 易々と、越えることなど出来ません

 食べれば食べる程、「父の料理が正しかった」と再確認し続けることに
 
遠月追放後、薊は富裕層のコミュニティで権勢を振るう事に

00255
00256
00260
00261
00262
00263
00265
00266
00267
00268
00269
00271
 当時、薊はえりなへの連絡を全て絶ち、アリスの手紙も全て処分してしまった

消えない爪痕
 えりなは少しずつ、人間味を取り戻していったものの、「洗脳」は根深く
 現在、味見役として苛烈なのも父の影響だ
 と

 アリスやアリスの両親、城一郎、秘書子らのおかげでかなり改善した

 しかし恐怖心は根深く
 逆らえないえりなは、外界と連絡を断たれているに違いない…、と

 幼少期のアリス、めっちゃ可愛いのに!

仙左衛門『君への用件はただ一つ!』

00274
 えりなを、救ってやって欲しい!
 あの、誰より偉そうだった「総帥」が頭を下げた
 ただの祖父として。

 ある意味、総帥職を解かれて、正解だったのかも知れませんね…。

幼いえりなに刷り込まれた、“逆らったらどうなるか”

00275
00277
00278
00279
 父に逆らえば、自分こそ屑かごに捨てられてしまう…、と。

囚われの女王
 トラウマと、そしてもう一つの原因によって、えりなは父に従い続けることに
 サブタイトルは、物理的なもの以上に
 心が囚われている
 と

 薊パパの傷跡は深い…!

えりなこそ何をしているの、お屋敷から逃げ出すのよ!』

00280
00281
00282
00284
00285
00287
00288
00293
00296
00298
00300
00302
 なおアリスが聞きつけたのは、亡霊状態の秘書子を見つけた為

薙切連合軍
 事情を聞いたアリスは、両親経由で聞いていた、「薙切薊」のやり口を思い出し
 秘書子も、今度こそ父から詳細を聞いて
 えりなを助けようと参加

 となると、当然、黒木場リョウ君も付き合うのがお約束!

 珍しいパンチラ!
 というか、原作では割と描写されるも、アニメではカットされてきたパンチラ!!

 何を思ったのか、3期からはパンチラ解禁に。

『手紙…、あれだけ出したのに。一通も返事をくれなかった!

00304
00306
00307
00309
00310
00316
 普段、能天気なアリスが泣くのは本当にズルいな…。

十年の涙
 もちろん、今はアリスだって解っている、10年前の誤解をようやく解きあった二人
 当時、手紙が来なかった事も傷付いた要因の一つ
 と

 家出よ! こういうとき世間の少年少女は家出するの!!

 えりなから手紙が来ない
 その誤解が、登場当初の妙にツンケンしたアリスに繋がってた、と解釈すべきでしょうか

 幼いえりなも、アリスから手紙が来ずショックだったのでしょうね

アリス『えー!? 誰か飼える人いないのぉ!?』

00000
 アリスは薙切家住まいだし、秘書子も、家自体が薙切の家臣団にあたり
 どうにも、家出する先がない!
 家出する家がない!

 猫えりなさま、ちょっと怖いなこれ!

『ホテルを…』『えりなに、ホテル暮らしなんて無理よ!

00001
00002
00004
00005
00006
00007
00010
00014
00015
 えりな様、世間知らず過ぎて、ホテル暮らしすら無理なレベル。

借り暮らしも無理エッティ
 なら秘書子が付き添う…、のも「秘書子が消えたぞ追え!」と、そこから足が付く
 雨まで降り出し、えりなは諦めようとするも…
 と

 そこで現れた人が、行方を決定付ける事に

 めっちゃ、えりな様ってばショック受けてる!
 土壇場で役立たない秘書子!

 秘書として優秀なのは、前期スタジエールで描写されましたけどね!

創真『俺には別に、関係ないんで

00020
00021
00022
00023
00024
00027
 不味いわよって、言われたままなんス

関係ない
 一方、仙左衛門からえりなの事情を聞いた創真、しかし「関係ない」という。
 創真のやる事は、とっくに決まっているんだ
 と

 俺は、あいつに美味いって言わせなきゃ、気がすまないッスから!

 えりなを救って欲しい
 漠然とした目的に、創真は彼なりに挑むと

 結局、料理人が出来る事は一つ!
 
『お前の言った通りだな、城一郎…』

00028
 仙左衛門も<思う、「家族」として、ここ十年えりなの心を救おうとしてきたけど
 結局、家族に出来る事なんて限られている
 いちばん影響を与えるのは

 心を救うのは、同じ世代、創真と“玉の世代”の少年達なのだろう…、と。

風邪ひいちゃうべさ! 早く入って、極星寮に!

00031
00036
00037
00039
00040
00041
00043
00046
 薙切だ…?/…お邪魔しているわ

透けブラ案件
 かくて勢い込んで帰った創真と、たまたま、極星寮まで逃げてきていた薙切えりな一行は
 あっさりとまあ合流する事に
 と

 風呂の用意は出来てるよ! 温まってきな?

 やはり田所は天使だべ…
 裏が騒がしいので、様子を見にきたら薙切ズを発見したらそうな

 アリスは、丸投げて帰りました!

『さすがアリスだ、行き先を探っておくだけで構わないよ』

00050
00051
 家出を聞いた外道パパ、「ここはえりなの気持ちを尊重したい(原作)」と。

お父さんは大忙し!
 何より、学園の引継ぎと“計画”があり、そちらであざみんは大忙しなのだ
 金髪の人は彼の秘書。
 で

 明日は、大変革の幕開けの日だ…!

 秘書の相田ショーン 
 ショーンさん、声は興津和幸さん、先のナイツ&マジックではディー先輩役。

 初代ジョジョことジョナサン、ガンダムBFのサカイ・ミナト!

吉野『あ、あたしたち、誘拐犯扱い!?

00055
00056
00057
00059
00060
00062
00064
00069
00071
00072
00073
00074
00076
00077
 親のするこっちゃねーぜ!/いくらでも居ていいからね! えりなっちー!

容赦ないサービスシーン
 当初、極星寮の面々は渋った、それはもう退学案件だから、めっちゃ渋ったが
 事情を聞いては、ご覧の風呂&着替え回だよ!
 と

 えりなっち!?

 にくみっちに続く、吉野命名の第2弾!
 全く吉野は最高だぜ!

 伊武崎さえ、後ろの方でこっそり泣いてるレベルだよ!

服を着てる一色先輩『薙切君、夕飯は?

00081
00082
00085
00086
00087
00088
00089
00090
 みんな! 極星寮にスペシャルゲストがやってきた!! 大宴会と行こうじゃないか!

大・炎・戒!
 かくて始まった、極星寮えりな様歓迎大宴会だったが、トップバッターから打たれる!!
 つらつら、3行褒めて25行責める感じ!
 と

 喩えるなら、出かけようとした瞬間に雨が降ってきた、そんな味かしら

 しっとり仕上がっているがクドい
 付け合せも合ってない、「美味しい」と思おうとして、がっかりさせられるような味

 せっかく、白身魚に低温バターでゆっくり火を入れたのに!

総じて言うなら、全然ダメね

00092
 それでも皿を投げ捨てないだけ、ずっと和らいだのです…。
 えりな様に不味い皿を出すと、漏れなく蔑みの目…!
 ご褒美…ッ!

 圧倒的ご褒美……!

秘書子『えりな様…、穏やかになられた』

00093
00096
00099
00100
00103
00106
00107
00108
00111
00112
00113
00114
00118
 美しさの中に暗い影が落ちているのを感じたが、少しずつ、少しずつ…、和らいでいる

見えるもの
 一見、酷い応対のえりなだが、極星寮の面子は、選抜・美作戦での創真の言葉そのまま!
 負けず嫌い、それが料理人いうものだ!
 で

 ちなみに私は食べませんからね! 君の料理なんて!!

 えりなは「城一郎」の影を見る
 しかし、未だに創真の父とは知らない事から 創真にやっぱり塩対応。。。。

 色気なしパジャマで優しい表情の秘書子、本当にいい…!

僕は僕じゃなきゃいられない 変われるほど器用じゃないしさ♪

00119
00120
00121
 エンディングも一部変更、薙切薊がこちらにも出没!

えりなと創真
 また、ラストは「月を見上げる創真と田所」、旧シリーズ流用のカットでしたが
 創真とえりな、二人に変更され
 物語も折り返し!

 料理人と味見役、スタートから周りまわって、メインヒロイン・えりなとなる薊編へ…!

薙切薊にとって、「えりな」は鍵。薊の教育メソッド公開へ…!

00122
00123
00125
00127
00128
 合宿編以来、トランプ好きという描写がちらほらなえりな様。

薊メソッド
 遠月学園を薊が乗っ取ったのは、当然、教育方針を大転換する為。
 薊身は、美食の“理想郷<ユートピア>”だと
 が

 美食の魔王が世界を二つに分かつ、“暗黒郷<ディストピア>”だ!

 生徒自身にも大きな利点
 薊の遠月大転換!

 次回、料理人の卵たちに課される、“教育”の転換とは…!

メインヒロイン・えりなとなる、食戟のソーマ、クライマックススタート!(?)

IMG_7333s-
 原作第1話で語られた、「良い料理人になるコツ」。それは…。

料理人と味見人
 本作の根っこは、「良い料理人になりたいなら、食わせたい女と出会う事だ」という言葉
 多分、この城一郎の言葉がゴールにあると思うので
 いよいよって感じですね

 続く場面で、最高の味見人、神の舌えりなが登場し第1話はシメ。

 本作は彼女に美味いといわせる話。
 そんな、えりながメインヒロインになった今シリーズ、16巻よりスタートしまだまだ続行中!

※アニメ3期は多分20巻が最終話、現在28巻まで刊行中

共に元十傑に育てられた創真、えりな

00121
 創真は、父いわく凡人、でも自分にはないモノを持っていると。

天才と凡人
 創真が、元2席の父に、10年くらい前から挑み続けて、今も勝とうとしている事と
 今回のえりなは、まったく正反対なんだなー
 と

 絶対に勝てない人、いつか必ず勝ってやるという相手、父への気持ちが正反対なのね

2017年11月8日 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」

00039
 原作パンチラを再現、濡れて透けたのはアニメオリジナル

スタッフ
 脚本:ヤスカワショウゴ
 コンテ:佐藤 光
 演出:則座 誠
 作画監督:小松沙奈/廣田 茜/前田ゆり子/松岡謙治/小野和美/谷川亮介/山本雅章
 総作画監督:小森 篤
 アニメ制作:J.C.STAFF
 原作:附田祐斗&佐伯俊/週刊少年ジャンプ/集英社
 制作協力:なし

あらすじ
 遠月十傑の半数以上が寝返り、えりなの父親・薙切薊が遠月の新総帥へ就任! その情報は遠月内外に衝撃走らせ、学園は不穏な空気が漂っていた……。そんななか、創真が部屋に戻ると、元総帥である仙左衛門が待ち構えていた…!そして、仙左衛門の口から、えりなの衝撃の過去が語られ……?

次回、“食戟”の行方? 食の魔王の教育メソッド!!

00249
img_0
 原作は17巻目に突入! 画像は16巻目での一コマ。

魔王の教育
 問題は、薊自身が天才料理人である事、えりなは桁違いに敏感な「神の舌」ですが
 それは極端な話、成分分析に優れているだけに過ぎません
 薊は「完成させる」べく洗脳に

 つまり、幼少期に最高の美食を施し、「美味い料理」とはこういうものと体感

 以降は何を食べても、「薊の料理より美味かった不味かった」が基準に
 また「あれと比べ足りないからだ」等など…

 料理人は舌の記憶の確かさが大事と言いますが、強烈な洗脳でしたねえ

 次回、第7話「火蓋は切られた」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 5巻“わけあり”の天使

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻※'''この半ばまで、アニメ一期相当'''
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 ※ここまで第2期にてアニメ化
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い” ※ここまで3期でアニメ化?
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”
 食戟のソーマ 27巻“3nd BOUT” ※十傑プロフィール掲載

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第5話「翳りゆく食卓」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第7話「火蓋は切られた」