公式サイト ショート感想 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話 感想 若き獅子たちの群れ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 前回はこちら
選抜編、スタジエール編、唐揚げ編、勝ち負け学んで築いた全てを、この屋台に!

00255
00277
00066
まろやかな「定食屋」麻婆に、ドンと乗った豚バラ肉の肉玉! 割れば、ゼラチンの月が…!!
 時間差で香るカレー、熱で溶け絡みつく刺激的なスパイス!
 麺に絡めて、おあがりよ!

 学び得たノウハウを、“定食屋料理”に集約ゆきひら・改パート2!

完成する屋台
 料理だけでなく、成長した美作や肉魅、富田屋や田所にタクミ、築いた人脈の総力戦!
 創真は、3日間ずっと「求められるものは何か?」を探り
 屋台を“完成させた”と

 タクミも美作に負けない技術、負けたままじゃいられないって男前だね!

先端技術を用い、かつ量産する。アリス達のアプローチ

00283
 ドキドキの見た目だが、カカオ8割、残り2割にスパイスを使った特製チョコなのだ

3Dプリンタ
 立体的に成型できる食品用3Dプリンタで、見た目が楽しく、かつ「熱で溶け変化する味」を実現
 チョコの甘さは、あくまで砂糖を混ぜているからで
 カカオ自体は苦い。

 また、欧米人が“発見”する以前は、トウガラシや挽いたトウモロコシを混ぜていたらしい

お客様を楽しませる、アリスも、幅広い年代&「量産できる」料理へ!

00301
 食材加工用の3Dプリンタ! アリスらしさ爆発の料理だった!!

あらすじ
 月響祭3日目夜、決戦メニューが完成、創真は地元商店街に、田所は郷土料理研究会に頼み
 四日目土曜、“ゆきひら・改 第二弾「時限式・麻婆カレー麺」”の香りと
 商店会のベンチ、郷土研の提灯で客寄せを図る

 更に、創真の実家で“イメトレ”した美作が、肉魅がタクミがイサミ次々参戦

 創真の狙い、客の“要望に応え変化する屋台”は完成を迎え
 遂に中華研を売り上げで上回った

 薙切アリスたち白衣の三人組」も、技巧料理を量産、巻き返しに成功する。

 次回、第5話「翳りゆく食卓」

遠月学園・秋の学園祭“月響祭”! 秋の選抜トップ陣、歴史的大赤字!?

00001
 遠月十傑・第8席久我先輩への「食戟挑戦権」を得るべく、月響祭の売り上げ勝負!
 しかし、創真たちの胡椒餅屋台とアリス率いるカレー屋台は
 初日から大赤字を出してしまう

 続く二日目も赤字、だが創真は“屋台”を活かして、ヒントを掴み…?

全5日中、3日目突入! しかーし、まだまだ黒字化がせいぜい…

00002
00003
00004
00005
00006
00007
00009
00011
00013
 店じまい店じまい♪ ホラホラホーラホラホラする久我先輩、マジファック!

ジビエ吉野いいよね…
 二日目三日目は、「なんちゃって担仔麺」投入により、黒字化に成功したものの
 とても、久我飯店に勝てるとは思えない
 と

 敵は行列途切れぬ有名店、創真は、何故こんな無謀な戦いを…?

 来てくれた極星寮コンビも疑問
 いやまあ、年がら年中365日いっつも無謀な闘いばっかしてる気もするが!

 発酵の榊さん、相変らずナイスバディだぜ…!

創真の着眼点は、中華研は店として100点満点か?

00014
 執念の目で中華研を睨む創真、この「執念」こそが、創真最大の持ち味
 絶対勝てない親父に、負け続けてきた彼には
 親父にもない長所がある

 負けてもしょうがない、と絶対考えず、必死に探し努力するのだ(秋の選抜/及びスタジエ編

試作完了! 創真、田所、ダブルで助勢を頼み込む

00015
00016
00017
 三日目夜、遂に決戦メニューが完成

決戦の土曜日
 後2日、集客が見込める土曜日の「4日目」に合わせ、遂に創真の新作が完成
 また創真は、以前「唐揚げ勝負」で手を貸した商店街の富田さん
 田所は「主将」に助勢を頼む

 創真さん、試作の動きが凄い! めっちゃ手早い!!

 炒め物の音って、それだけでお腹が空くね!
 田所さんが完全に嫁。

 エプロン&セーターが似合いすぎ!

本日も、この調子でいきまっしょい!

00019
 三日連続「中央エリア」で、ダントツ一位をぶっちぎった中華研
 ただ、久我パイセンも思うところがあるのだ
 前々回の話だ。

 十傑第一席、真っ白人間“司”に、彼も約束をしており…?

ガストロン『悪の料理怪人め、覚悟しろ!

00020
00021
00023
00024
00027
00028
00029
00030
00031
00032
00034
 怪人・鮮魚の刺し身七種盛り男…、っく! なんて美味そうな敵なんだ!!

デストロンかよ!
 月響祭は、出店だけでなく「遠月」が総出でお出迎え、中には、ヒーローショウをやるところや
 或いは、料理関係の絵本や漫画を公開する店も
 で

 創真の「助勢」、故郷の商店街の、祭りテーブル炸裂!

 唐揚げ勝負の富田さん!
 彼、若いしヘタレだしノリは軽いし富田家だが、こう見えて商店会長!!

 付き合いって、こういうとき助かるよね!

創真、十傑だろうが「勝っている」と自負するところ!

00037
 店を構えての客商売なら、俺の方が先輩より十年ほど先輩っすよ!
 前回から、「店として」を指摘していた創真
 客商売ならプロ!

 級じゃなく、実際「プロ」なのが創真ちゃんの強みよね!

創真の対抗料理は、向こうを張る麻婆豆腐!

00038
00039
00040
00041
00042
00045
00046
00047
00048
00052
00053
 毎度思うけど、中華研スキンヘッズキャラ濃すぎやで!

「ゆきひら流」麻婆豆腐
 創真の料理は、父の麻婆豆腐に麺を入れ、更に巨大な肉玉をドン!と載せたもの!!
 けど、ひとまず崩さずに一口。
 うまい!

 日頃食べなれた、懐かしい味に感動する常連客・富田の兄さん! 

 常連客だからわかる旨さ!
 しかし、創真は「味で勝つ」と言ったが、とてもパーフェクト中華研に勝てるとは思えない…?

 麻婆のてりってりな赤さ、食べたくなる色合いだわ!

本当に完璧な店? お客を満足させるのは、その道のプロでも難しい

00055
00056
00058
00059
 久我飯店は、ずっと並んでいる、それがそのまま「欠点」だった

行列の出来る問題店
 まず、並び続けるのはキツいし、料理が出てから、20分で退店をお願いしていた
 久我は、中華研の部員を鍛えまくって「生産性」を確保していたが
 それでも追いつかないのだ

 並び続けているのは、対応しきれてない証明

 なお「模擬店の位置」は固定。
 なので創真たちが、このまま行列客に売る…、というのは当然ながらアウトらしい。

 だから前回は、無料試食、として屋台を動かし宣伝していた。

ゆきひらの麻婆は、優しく毎日でも食える味! そこで“肉玉”の出番だ!!

00063
00064
00066
00068
00071
00074
00076
 肉玉を割ると、強烈なカレー風味が行列客を直撃!

香りの爆弾
 以前、葉山とのカレー勝負で生み出したノウハウ、「時間差の香り」を再び用いた創真
 まず香りが腹に響く、やがて麻婆に「月」が溶け込むと…
 と

 まろやか麻婆に、香辛料が刺激的な辛さをプラス!

 両者の強烈なギャップ!
 辛い部分が、ビビッと刺激を与えた後、まろやか麻婆が追い討ち!!

 麺に絡み付き、ボリューム感までドンとくる!

「お月様」は、カレー出汁をゼラチンで固めたもの!

00077
00080
00082
00083
 ゼラチンは熱で溶けるので、時間差で、スープに溶け込んでくれるワケだ。

ゆきひら・改!
 出汁は、滋味深い牛骨で採られた旨味液、これに当然カレースパイスが溶かし込まれ
 刺激的な辛さと、辺りまで漂う「カレーの香り」を武器としている
 更にニンニクとショウガ!

 牛骨を下地に、ガツンとくる味と香りたっぷりの特製ダシ!

 実家ゆきひらの「改」
 すなわち、スタジエール編で学んだ“新しい知識を、実家の味に集約する”やりかた

 ゆきひら・改 第二弾「時限式・麻婆カレー麺」であった

強烈なカレーの香りで、「並んでいた客」を掠め取る創真

00085
00086
 きたない、やはりインドきたない! さすが天竺ですね!!

ゴー・トゥー・ザ・ウェスト!
 今、食べられるか分からない列に並ぶより、ガラガラの屋台に行こう…、と
 すきっぱらにカレー、天竺は卑怯だぜ!
 が

 そんな大量の客を、二人で捌けるワケがない!

 明らかに麻婆より工程が多いし!

中華の達人、久我は“原型”に心当たりがあった

00088
00089
00093
00094
00095
00096
 そういえば聞いた事がある、台湾と中国の一部に、「巨大肉団子」が主役の鍋があると。

知っているのか雷電
 その名もステキ、「獅子頭(シーズートウ)」、ビッグ肉団子を獅子の頭に見立てた鍋
 久我は、“子猫”創真の成長を実感
 すなわち

 初日の敗戦から二晩、創真は、獰猛な獅子となったのだと。

 君よ!俺で変われ!
 でかい肉団子、ボリューム満点に添えられた野菜が旨そう!!

 脂が解けて、汁がめっちゃ旨い奴だコレ!

来場客を迎え撃つ激戦区、目抜き通りエリアも大賑わい!

00097
00098
00100
00101
00102
00103
00105
 肉魅の極上丼、旨そうってレベルじゃねーぞ!

美味しく作るよ!
 分厚い熱々牛肉を、あんなたっぷりと、載せた上に何やら工夫されたご飯!!
 こんなん、フツーに創真の麻婆麺より食べたいわ!
 感想には個人差があります!

 初日は、タクミ、串焼き屋台に負け三位だった丼研究会

 しかし今日は一位も…?
 その一位ホルダー、タクミは「見覚えある影」にイケメンフェイスを曇らせる

 選抜戦、彼を“初見殺し”で破った美作再び…!

客を捌ききれなくなってきた創真たちに、加勢参戦!

00109
00110
00112
00113
00115
00116
00117
00118
00119
00120
00122
00123
00126
00128
 いやデカすぎでしょ美作! 田所が可愛いせいでしょうか?

完全にトラウマ
 前回、幼馴染の倉瀬が見たのは、イメージトレーニング中の美作だったのだ…
 誰も居ない店内で、モノマネし続ける怪人!
 都市伝説!
 
 俺の方が先輩より十年ほど先輩っすよ!

 倉瀬は可愛いなあ…。
 おめでとう美作、遂に成し遂げたんですね。 あなたには沢山の御礼が言いたい

 この「イメトレ」に、ゆきひらの鍵を貸したというワケ

創真の切り札、“一騎当千”×2倍作戦!!

00129
00131
00133
00134
00136
00140
00143
 美作は秋の選抜ベスト4、十傑の九席、叡山が送り込んだ刺客料理人であった

おあがりよ!×2
 美作は、相手になりきる事で、その思考回路までも「真似る」天性のストーカー
 今回、創真からレシピも預かっているとなれば
 真似できないワケがない!

 相手を徹底調査して思考を辿り、「相手の完成形」を試合前に完成

 更にアレンジして上回る技
 自称「周到なる追跡“パーフェクト・トレース”」で、食戟100勝を達成した猛者である

 知識のみ掠めるのも可、伊武崎は燻製ノウハウを盗まれた

創真『ん? なんだって?

00144
 創真は、「相手に勝ち、誇りを奪う」事に没頭する彼の才能を惜しみ
 料理人は、“負けてもやり直す、負けず嫌いだ”と伝えるべく闘い
 勝利し立ち直らせた

 美作は恩義に感じ、返すチャンスを伺っていたそうな。

縦横無尽、田所の“得意分野”!

00146
00147
00148
00151
00152
00153
00154
00156
00157
00158
 お客様の要望は、比重の重いもの、軽いものを頭の中で仕分けしてから行動する

ホスピタリティ
 田所は、合宿編で堂島銀(筋肉)に見込まれたように、気遣いに優れていた
 スタジエール編では、調理場で縦横無尽に働いた上
 接客まで始めて担当を仰天

 教えられた、現実的な接客の、基礎理念で行動する

 全員に100%満足!
 それが理想だけど、実際にはそうはいかないから、と。

 田所の接客(意味深)。

スーパー問題児薙切アリス、思いつく

00159
00160
00162
00163
00164
 日頃、研究室で料理してるアリスは、前回はとんでもない料理を作ってしまった

整いました!
 相手、この場合「単価500円~1000円」の、目抜き通りエリアに合わせる事が出来ず
 前回は、採算に2万円はいるメニューを提案してしまったアリス
 が、今度は閃いた!

 いわくカカオに合うカレーを作れ、とかいう無茶振り!

 ちゃんと応える葉山!
 さすが、異世界からのGateなお客や英霊をもてなすのに慣れた十二天将のアキラ!!

 モブとして、派手すぎる「あのヒト」も顔見せだァ!

暗くなってきた頃、「田所が頼んだ」援軍も来着!

00168
00170
00173
00174
00175
00177
00179
00183
00184
00186
00189
00191
00192
00193
00194
00196
00199
 田所は意味もなく、投げ出す子じゃないから。と手を貸してくれた「郷土料理研究会」主将

ランタン・フェスティバル
 田所が、今回は参加できなかった郷土研、しかし主将たちは快く手を貸してくれ
 全国津々浦々の、提灯コレクションを貸してくれた
 と

 映画「千と千尋の神隠し」のモデル、台湾の“九份”を思わせる情景!

 台湾食がいっそう進む!
 しかし客を引き過ぎ、たった3人では遂にパンクしてしまう

 むしろ、今までで持ったのが奇跡だよ!

ばっきゃろう!

00200
00205
00206
00208
00209
00212
00213
00215
00217
00219
 また、富田屋の「唐揚げ戦争」でも、肉魅は手を貸してくれたことがある

「火入れ」の達人
 続いて、胡椒餅の試作にあたって、手を貸した経験があると参戦した肉魅
 彼女もまた、スタジエールで「火入れ」を学び
 肉の扱いがレベルアップ!

 元々、肉を活かす達人だったが、なんか仙人っぽいひとから学んでいる

 親方!
 胸に肉まんを二つも詰めた人が!!

 何故か自分の模擬店より、露出度が格段にアップしている…ッ!!

うおっほん! 苦戦しているようだな幸平!!

00222
00224
00228
00229
00231
00237
00238
00241
00242
00243
00244
00245
00246
00247
00248
00249
00250
 キミがどうしてもというなら、手を貸してやっても構わないが?

完成する屋台
 更にタクミも参戦、スタジエールでは、忙しく畑違いな日本料理店で働きスキルを蓄積
 一瞬で、周到に用意した美作に並ぶ離れ業!
 ここで久我も気付く

 創真が、四日かけて“求められるもの”を探り、屋台を「完成させた」のだと

 既に「完成」を自負する久我
 だからこそ、客の反応に、変化させてゆく発想に至れなかった

 それに、特訓した料理しか量産出来ないのだから。

『『なぜか他人とは思えない…?』』

00253
 作中、二大他人任せコンビ、ヘタレに定評ある二人が邂逅に
 いや、富田屋さんは自力で捌いてるし
 ドンは「二年」だし!

 どっちも、高いスキルを持ってるのは確かなのよ!? 

ゆ゛・ぎ・ひ・ら・ぢ・ん…!

00255
00256
00257
00258
00261
00262
00264
00265
00270
00274
00275
00276
00277
00282
00283
00285
00286
 こうして、無事全員「おそまつ!」達成だよ、チョロ松兄さん!!

チョコレートカレー
 こうして「4日目の売り上げ」で、創真達の屋台は、久我飯店を追い抜き大勝利!
 アリスも、複雑で立体的かつカラフルな「チョコ」を調理
 カレーと合わせる!

 量産は、食材用3Dプリンタだから出来る芸当!

 カカオ80%のチョコ
 ご存知の通り、カカオ自体は苦く、甘味は「食べやすくする」為に砂糖でつけている

 今回は、残り2割にスパイスを用いた

アリス『でも何より、お客様が喜んでくれて、よかったわ♪』

00287
00293
00297
00299
00301
00303
00305
00307
00309
00311
 アリスの欠点は、弁当に寿司を出すなど、「お題に合わせる」のが苦手なことだった

潤いいよね…
 チョコの苦味がカレーを引き立て、創真同様、溶け出す時間差で味も変化させる!
 味と見た目の美しさで、幅広い年齢層の心を捉えたカレーは
 トータル黒字に持ち直した

 何より、前回注意した事に、見事リベンジされたアキラくん嬉しそう!

 先生も嬉しそう!
 潤ってば、すぐアキラ君の事で泣いちゃうんだから!!

 このダメっ娘アラサーロリ巨乳!!

最高額エリア、山の手ではえりなの店が「開店」へ

00313
00314
00317
00319
00320
00321
00323
00328
 ディナー専門らしく、えりなの店は今から開店。

宝物を温めるモノは
 可愛い秘書子を従えるえりな様、神の舌の料理が、直接食べられる黄金の店…!
 なのだが、必ず「一番良い席」をとっておくえりな
 あれは心の指定席

 以前言っていた、憧れの完璧料理人、彼にいつか来店して欲しい

 えりな、幼い日の願い!
 秘書子可愛い!

 また、学園生徒最強・一席の“司”も、何がスタンバイ中だバカバカしい!! 

余談。選抜で美作昴と創真、タクミが戦ったときは

00158
00229
 相手になりきり、買い込む材料をストーカーする事で、完成品を予想してしまう美作。

パーフェクト・トレース
 対し、創真は事前試作がある程度まで完成した後、最後の仕上げを脳内で考え続けた
 美作も、過去に掠めとった膨大な料理知識を駆使して
 最善の「改良」を加える

 しかし、よく変な試作品で周囲を悶絶させる、試作魔の創真には及ばなかった

 タクミ戦で、事前に美作の手法を知ったからこそ出来た事で
 援護射撃になってたのが印象的です

 何かと割を食いがちなタクミ、現連載中シリーズではどうなるでしょうね。

2017年10月25日 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」

00093
00088
 今期、十二大戦を制作中のグラフィニカ社が制作協力

スタッフ
 脚本:ヤスカワショウゴ
 コンテ:奥野浩行/高田耕一
 演出:三浦和也/サトウ光敏
 総作画監督:山崎正和
 アニメ制作:J.C.STAFF
 原作:附田祐斗&佐伯俊/週刊少年ジャンプ/集英社
 制作協力:グラフィニカ

あらすじ
 月饗祭・三日目! 新メニュー『なんちゃって担仔麺』の追加により売上を伸ばしてるものの、2日連続売上1位の中華研にはまだまだ及ばない。その状況を打開すべく、助っ人を呼びさらなる新メニューを売り始める!
その料理とは、中華研と同じく麻婆豆腐!
 しかしそこには驚きな秘密が…!?
 創真の作戦とは一体!?

次回、創真たちは“一生忘れられない料理人”と出会う…!

00098
00101
00215
00330
 予告りんどー先輩! 16巻の笑顔が、アニメでどう描かれるか楽しみなヒトだ!!

中華大戦 
 月響祭、4日目の売り上げ勝負が終戦、次回、久我先輩があーしてあーなる!!
 次々駆けつける面々、これまでの彼らを思い返すと
 成長が盛り込まれてるのよね!

 学んだ事を自身の分野へ集約、前期ラストで学んだ「改」の精神!

 でも、あの人数で回すの無茶だよね!
 正直原作でも思ったス!

 でも彼らだから、教えた事に特化した中華研に出来ない、「完成する屋台」に至れたって話さ!

 次回、第5話「翳りゆく食卓」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻※'''この半ばまで、アニメ一期相当'''
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 ※ここまで第2期にてアニメ化
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い” ※ここまで3期でアニメ化?
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第5話「翳りゆく食卓」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第7話「崩れゆく学園」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第8話「錬金術師-アルキミスタ-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第9話「残党狩り」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第10話「鮭は踊る」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第11話「食卓の白騎士-ターフェル・ヴァイスリッター-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第12話「頂を目指す者【最終回】」