公式サイト キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3話 3話 感想 迷惑な国 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 10/22 14時追記 前回はこちら
迷惑な国々と、狙撃手キノ。三日ルールを敢えて破った、仰天と非日常の“旅する国”!

00259
00242
00072
旅先で出会えたら嬉しい、設備と治安が整った国に緩むキノ。先日の国々とは大違い!
 塞いでた国は、旅人にいじわるな、“二度と行きたくない国”の典型か
 最後に、冒頭の意味が解ってすっきり!
 
 自分の権利を主張し譲らず、大損こく国も妙に寓話的だった!

誰もが加害者で被害者で
 高圧的に武力で脅すも、負けた途端に善意に訴え始めた、将軍の手のひら返しも醜い…
 どっちも迷惑な国、だけど便乗し通らせて貰ったキノにしたって
 他人事じゃなく同罪ですよね

 誰もが周りに迷惑を、その自覚の大切さを煮詰めてた気がする!

どんな人間でも どんな国でも ある程度 他人や他国に迷惑をかけながら存在している

00292
 だから足を止めない。気に病み始めたら、際限がないのですから。

あらすじ
 途方に暮れていたキノは、通りすがりの「旅をする国」と遭遇。5日から10日ほど同乗を決めた
 科学の結晶にして、遮るものに注意を促し、時に踏み潰して進む「国」は
 迷惑だと自覚しながらも止められない者たちの国

 やがて彼らは、「通せんぼする国」に行き当たるが、旅する国は易々と突破

 実はキノ達も、この国に悩まされ立ち往生していたのであり
 自身も突破に協力する

 人は誰しも迷惑をかけている、自覚しながらも、キノも「国」も、今日も足を止められないのだった

 次回、第4話「船の国」

前回では、珍しく感情的だったキノさんですが

00000
 剣豪王子シズと、イケメンボイスで喋る犬・陸との出会い、コロシアム経て
 今度やってきたのは、山の中でした…
 前回同様、山の中でした…。

 旅と山、味噌と汁のように切り離せないものなのでしょうか。

キノ『ふう…、やれやれ、だ』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
 そうだなあエルメス…、良い考えが浮かぶまで、寝る事にする

何かあったら
 いきなり不満顔、不貞寝、いつものようにリボルバーを抱く事すらせず
 無防備に寝てしまうキノさん
 で

 やれやれ…、どうするんだろうねえ

 ホントに何があった…。
 何故か、自動式拳銃(通称:森の人)を見つめていたキノさんですが…?

 彼女だって、ダメな気分の事もあるんですねえ

そのままガチ不貞寝してしまうキノさん

00007
 ハンモックにアイマスク代わりの帽子、バカンス・スタイルで寝てしまうキノ
 いつもの、「それでちゃんと寝れるの?」という
 直立不動スタイルと対照的

 不貞寝(確信)。 

エルメス『キノ! ……地面、揺れてるでしょ?』

00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
00015
 地震…かな?/違う。揺れは小さいけど、だんだん大きくなっているし。

重い物体
 太平の眠りを覚ます上喜撰…、もとい、眠りを覚ましたのは巨大人工物の進行
 振動が、地震にも似た振動を起こしたのだ
 と

 あれは…、何?/やっぱり、国じゃない?

 エルメスさんブレねえ!
 キノでさえ仰天、今度は「国」が、重い物体がやってきてくれた!

 まさしくヘヴィーなオブジェクト

サブタイトル「迷惑な国

00016
 遠目には、でかくて白いプリンにしか見えないそれが、森を蹴散らしてく
 確かに、これは迷惑な国だ…。
 思った以上に!

 白くて四角い、まるで、でかいババロアだな!

キノ『すごいな…、こんなの初めて見たよっ!

00018
00019
00020
00021
 で、どうするキノ? 親指でも立ててみる?/ひょっとすると、それは良い案かもしれない

ヘイ! カントリー!!
 好奇心が、残虐弾を持って歩いているようなキノは、この「移動国家」にも興味津々。
 冗談めかした提案に乗る事にする
 が

 旅人さんですか? あなたは入国を希望されますか?

 案外あっさりと.
 タクシー!? 語り口も実に穏やかで、提供カットの物騒さが嘘のよう

 喩えるなら、ひげを蓄えたナイスミドルのような声だ…。

入国官『では、しばらくお待ちを』

00022
 しかもこの国、普通に問題なく「停車」が可能であった
 止まると、まるでバケツのようである
 これはすごい!

 さぞかし、たくさんプリンが入るに違いない
 
キノ『おお…っ』

00023
00024
00025
00026
00028
00029
 こんにちは旅人さん。私はこの国の入国審査官、兼案内人、兼警察官、兼その他です

はたらく公務員さま!
 国の重量による、巨大クレーターをエルメスで下りると、中から収納式のエレベータが展開
 公務員さん、仕事兼ねすぎッショ…。
 で

 我が国では、公務員が色々な仕事を兼任しますので…

 人口が少ないのだろうか?
 などなど、出てきただけで想像を掻き立ててくれるナイスミドル。

 パスも下げており、まるで工場の職員のよう。

キノ『こんにちは。やはりこれは…、“国”…、なんですか?』

00030
 巨大キャタピラで移動する「国」は、もちろん国民が住んでおり
 今は、平地に沿って、西へと移動中であった。
 さながら三蔵法師である

 ミスター公務員、「観光」「移住」どちらかと、当たり前のように聞いてきた。

『お客様はいつでも大歓迎です。何日ほど、滞在を希望されますか?』

00033
00034
00035
00036
00037
 五日から、十日ほどを希望します。

破天荒遊戯
 いつもの三日…、でなく、目配せするや「長期滞在」を申し出たキノとエルメス
 今週は、色々と破天荒である
 で

 すいませんエルメスさん、本来、モトラドを乗せるように出来ていないもので

 荷台に固定。
 公用車が、ミニ・トラックなのも実利的な感じですね。

 しかし、すげえ機械文明である…。

公務員『あれが、動力炉です』

00038
 玄関開けたら二分で動力炉! 炉は蒸気を生み、発電機を動かしているという 
 ちなみに、現代の「原子炉」も同様の仕組み。
 蒸気は基本。

 自動制御されており、人間は監視くらいで済むという。

『必要なのは、キャタピラや駆動モーターなどの整備や交換ですねえ』

00040
00041
00042
00043
00044
00045
00046
 やっぱり移動してるの? よい土地を見つけて、定住とかは??

居住区にて
 この国が、「定住」しない理由は二つ、一つは止めるとエネルギーが余って炉を傷める。
 炉は、やすやすと停止できない。
 で

 キノさんと同じですよ。…国民全員で、旅をしているんです

 変わり移り行く景色が好き
 行く先々を楽しみ、まだ見ぬ風景を探す旅人たちの国なのだ、と。

 すなわち、国民総ロマンチスト…!

『こんなに豊富にお湯が使える国は、間違いなく初めてだ』

00047
 現代でも、旅先で何が困るって、奇麗な水、そして「お湯」が使えるか否か
 その点、この国は合格も合格!
 大合格だ!

 また、水は循環しており、濾過され飲料水にもなるという。

キノ『川の泥水を、布で濾過して飲むよりはマシ』

00048
00049
00050
 そのパジャマは?/お客様用だって


 いつになく緩んだ空気、また、回転式・自動式に続く“第3の銃”もお目見え。
 射程に優れた狙撃銃、ライフルだ。
 で

 岩でも乗り越えているのかなあ…? あ、収まった

 ナニを踏んだんですかね…。
 視聴者的には、「人里でも踏んだ…?」と思ったが、キノさん熱いノーツッコミである。

 今週、ホントに緩んでいらっしゃる…。

『うまく行くかな?』『さあね? それも四、五日でわかる』

00051
 しかし、急に思わせぶりな事を言い始めるキノたち
 それで「五~十日」滞在だった
 と

 それからキノは、今作で、たぶん初めて“シーツを被って”寝てしまう。

『あ、キノ』『話はまた明日、おやすみ』

00052
00053
00054
 えっと…、“電気、ぜんぶ消す”。

音声入力
 言いかけるエルメスと、遮ってしまうキノ、この3話で何となく見慣れたやりとり
 やがてキノは、珍しくぐっすりと寝入ってしまう
 だって

 奇麗なベッド、白いシーツ……

 何て素晴らしい…
 何だかんだで、「快適」を満喫するキノさん、キノさんも人の子

 いつも、殺し屋みたいな生活してるワケじゃない!

入国二日目、今日も進行中の巨大バケツ

00055
 前回鉄球使いと戦ってた世界と、同じ時代とは思えない近代さ。
 世界自体の、この未開拓っぷりを考えると
 改めて異質な国ですね

 ババロア食べたい…。

『おはよー、キノ? 夕べ言えなかった事なんだけどね?』

00056
00057
 髪が完全に乾かないまま寝ると、翌朝、すごいよ?

今朝のオチ
 日頃、そんな生活が出来ないキノらしい失敗ですねえ
 何てボンバーなヘッド!
 ボンバヘッ!

 ホント、今週のキノさんはいつもと違うぜ!

公務員『ここが最上階です。直接太陽光を浴びることが出来る、唯一の場所です』

00058
00059
00060
00061
00062
00063
00066
00070
00071
00072
 豊かな大自然に、これだけの痕を残すのは、とても心苦しいです… 。きっと迷惑でしょう

迷惑な国
 翌日、国の最上層を見せてもらったキノたちは、図らずも「下」を見下ろす事となった
 大自然に対する、大きな傷痕。 
 だが

 しかし、人が歩けば、足跡は残ります。これだけは仕方ないと…。

 割り切る他ない…。
 人間は、周囲の環境を少なからず傷つける、そのひとつだと思って諦めるしかないという

 また、飛行式カメラで周囲を撮影しているらしい

キノ『あれは…?』

00076
 続いては巨大クレーン、無地に見えた壁面に「壁画」を描いているのだ
 まるで、建築現場に、近くの幼稚園や小学校から
 ラクガキを募るアレのようです

※たとえば、九州の福岡ドーム建造の際、付近の工事フェンスに壁画が行われた。

エルメス『うーん…、ここからじゃ何を描いているのか見えないねえ?』

00077
00080
00081
00082
00084
00086
00088
00089
 この景色は、1200日ほど前に通った場所です。それはそれは、美しい場所でした…。

幼年学校の卒業記念
 生徒全員で話し合って、在学中に見た中で、もっとも印象深かった景色を壁に描くという
 絵は、ドローンを利用すれば全体像が見られる
 で

 次の生徒たちが卒業する五百日後まで、城壁を飾ります

 完成後は記録し一旦保護。
 こうして、生徒の移り変わりと共に代替わりしている…、と。

 すごい規模、気合入った卒業制作ですわ

公務員『今日は、農場をご案内しましょう』

00092
 自然を愛し、傷付け、記録し…、旅がらすな「迷惑な国」。
 もちろん、中には農場も完備され
 自給自足なのでしょう。
 が

 しかし突然のサイレンで観光は終了に。l

これは…、進路近くに、別の国を発見したという警報です

00093
00094
00097
00098
00099
00100
 おや? 旅人さん、初めまして…、私がこの国の大統領です。

私が町長です
 緊急警報、実は外交官でもある公務員氏に、キノは「交渉」まで見せて貰う事となった
 司令室、まるでエヴァじゃないか!
 で

 どうか、ゆっくり見学を。

 この国どんだけフレンドリー…
 仕事し過ぎな公務員、そして女性大統領さえ、物腰柔らかく迎えてくれる。

 この司令室の形、完全にエヴァ(大和)のパロだよね!?

『これまた何とも…』『困った事ですねえ…』

00103
 実は問題の国ダムさながらに渓谷を塞いでしまっていたのである。
 冒頭、提供カットの「国」はここか!
 これは通れない…。

 しかも完全武装、戦う気マンマンという。
 
公務員『こちらは常に移動している国です、あなたの国を、横切らせてください』

00105
00110
00111
00113
00115
 え゛!? そんな非常識なことは、受け入れられん!

要請と権利
 交渉に応じた「将軍」は仰天、前代未聞の申し出だが、移動する国も困っているのだ
 何せ、平野を完全に塞いでるのだから
 で

 我が国も“自衛”の為、武力を以って当たるしかない!

 塞ぐのは自分達の権利
 そう主張する将軍は、まったく取り付くしまがない! 交渉の余地が無い!!

 国々が「街」程度の本作では、実に異質な国であった

公務員『ドームを』

00121
 一切、交渉の余地がない相手に、唯一、開口された上部を閉鎖
 太陽が当たる、最上層までもふさいでしまい
 移動国も腹をくくった

 互いに譲らない今、もう激突しかない!(物理)。

将軍『貴国は、我が領土を侵犯する意図ありとして攻撃を開始する!』

00122
00123
00126
00130
00132
00135
00137
00138
00141
00144
00147
 こまった人たちだなあ~…。大統領閣下、畑のところが通れそうですねえ?

アリvs象
 ちょっと通りたいだけの国と、通らせたくない国の衝突は、あまりに一方的だった
 塞国の大砲は、まるで通じなかったのだ
 で

 それは、とても良いですね?

 損害莫大じゃないですかー!
 民家を潰さなくて済む、とホッとする公務員と大統領、その感覚が恐ろしい…

 けど、多かれ少なかれ潰さなきゃ通れないから…。

将軍『たとえ大砲が通用せずとも!』

00152
 だが将軍も、自慢の城砦は、「移動国」をストップさせると信じていた
 何人も通らせない、鉄の意志が築いた城壁!
 が

将軍『一体…、何をした?

00154
00156
00158
00165
00170
 高出力のレーザーだよ。森の人のレーザーサイトのおばけ。

レーザー
 森の人とはキノの自動拳銃の事で、前回、火炎放射器使いの爺ちゃんに使ったように
 レーザーサイトなら、キノだって持っていた
 が

 では、通りましょう

 城壁がバターみたいに!
 レーザーサイトとは、銃が当たると予測される所へ、レーザーで点を映し出す照準器

 点が、撃ちたい場所に重なった時に撃てば良い訳だ。

『将軍殿? 申し訳ありませんが、危険ですから、家の人に退避するようにお伝え下さい』

00176
00177
00180
00183
00185
00187
00188
00189
00191

 あなた方は! 自分達の恵まれた環境を!
 これ以上なく悪用している!!

 踏み潰される、他の国に! 他の人々の迷惑や被害、悲しみを考えないのか!!

 そのような、人として最低限の考えすら持てないのか!


00193
00195
00196
00198
 あんなこと言ってるけど…、どうする?

言葉のブーメラン
 老婆が、頑固に話を聞かなかったが、塞国も自国民には優しい国で、必死に救助。
 また、将軍の説教は情に訴え始めるが…
 と

 聞かなかった事にしよう…/そうだね

 自分は努力で他人は環境。
 彼の我田引水さは、後々の場面を見てからだと、一層に引き立つものでした

 負けた途端に、被害者ぶる将軍!

『小型ミサイルで、城壁側面が撃たれているようです』

00201
 紅茶を飲む余裕すらある、完全勝利の移動する国でしたが
 塞ぐ国は、ミサイルを積んだバギーを用意し
 執拗に追撃

 もちろん効きません、が。

『それが、“壁画”のところらしく、教育委員会から対処要請がきています』

00206
00210
00211
00221
 わざとですねえ~、何とも酷い嫌がらせです! 子供たちが、とても悲しみます!!

酷い嫌がらせだ!
 公務員を初めて嘆かせたのは、砲撃ではなく、「壁画」を傷付けられた為
 敵より教育委員会の方が怖かった!
 が

 必要以上の、犠牲者は出したくありません

 ミサイルの狙いをつける装置
 照準器を狙って、無力化したいという大統領ですが、それは難しすぎる!!

 人命最優先、幼稚園には自分が話すという大統領の鑑

キノ『…もし宜しければ、僕にやらせてください』

00224
 際し「パースエイダー(銃)」で撃つ事を提案し、誰も出来ないなら自分がやる
 キノも、騒動に介入する事に
 と

 そこでさっき、持ち出していた銃の出番ってワケだ!

開けて下さい!』『お気をつけて!

00225
00228
00230
00232
00234
00236
00238
00239
00240
00242
00244
00246
00247
00248
00249
00250
00251
00252
00253
00254
00256
00257
00259
00260
00265
00267
00268
00269
00270
 車を重石に命綱に、緊急時は、引っ張りあげられるようスタンバイしてたらしい。

神業戦線
 他の2丁より、遥かに長く重い銃身、ゴツイ照準器で命中精度に優れたライフルで
 キノは、ミサイルの照準装置を次々と狙撃
 破壊してしまう

 一台のみ発射させてしまったが、咄嗟に照準を合わせて撃破

 無駄な死者を出す事なく
 壁画も護り、キノは一躍「動く国」のヒーローとなった

 ホント、常人離れしてらっしゃる…。

公務員『どーも、お騒がせしましたー

00271

 謝罪と、損害賠償を要求する!
 これは我が国の持つ、正統な権利である!!

 移動を停止し、交渉に応じよ!

 

00274
00277
 迷惑な国 Leave Only Footsteps!

権利のありか
 こうして、武力に訴え情に訴え、最後は「権利」を主張した国を、「国」は通り抜ける
 領土侵犯は、本来いけない事だが…
 が

 それは応じかねます。では、ごきげんよう

 足跡だけを残して去る国
 対し、最後まで、自分の権利だと訴えた国は大損害を受ける事となった

 譲り合いって、大切なんだなって…。

キノ『これだけの力があれば、他国を攻め滅ぼすのも、支配下に置くのも容易でしょうね』

00278
 これがもし「戦争」だったら、塞いでた国のほうは、今頃崩壊してたでしょう
 今でも充分自由だし、世界中を敵に回すことになるのも愚かだから
 だから「やらない」と公務員は言う

 彼らの技術は、一貫して、自由に生きる為の技術だった。

エルメス『それでも、移動は続けるの?』

00279
00281
00284
00285
 どんな人間でも どんな国でも ある程度 他人や他国に迷惑をかけながら存在しているものですよ

最善と際限
 旅をやめることはない、迷惑だと解っているけど、そんなものだと自覚しているから
 最善を尽くすだけなのでしょうね。
 で

 面白い国だったねえ~、それに迷惑な国でもあった

 WEB予告でやってますが
 極論、人間が歩くだけでアリでも何でも、物いわぬ何かに迷惑をかけてるし。

 ごめんと言ってちゃ、際限が無いのでしょうね。

『どっちが?』『両方…、かな』

00290
00291
00292
00295
 数百日後には、キノがライフル構えてるところが壁画になるよ

通せんぼの国
 実はキノ達は、「通せんぼの国」に先に向かい、通りたければ銃を寄越せと迫られていた
 道を塞ぎ、“迷惑をかける”国だったのだ
 と

 それは…、ちょっと…、恥ずかしいかな?

 だから冒頭で不貞寝してた。
 確かに「移動する国」は、迷惑をかけたけど、通せんぼの国もわざとやっていたのだと。

 便乗し、無事難所を越えたキノの旅は、まだまだ続いてゆく。

補足、冒頭でキノが悩んでいたのは

00002
00003
00183
 冒頭のワンシーン、銃の後ろの「シリンダー(丸い奴)」がない自動式拳銃

迷惑な人たち
 つまり、先に「通せんぼの国」に行ったキノは、通行料に拳銃(森の人)を寄越せといわれ
 迂回できないかと、しばらく戻って試してみたけれど
 道が見つからなかったらしい

 そこに「旅する国」が現れたので、便乗させて貰ったという話

 なにせキノさん、塞ぐ国から、五日も必要なほど戻っていたので
 相当に迂回路を探したのでしょうね

 強制労働ならやったのに…、と愚痴ってもいました。

だからキノも「同罪」だからこそ、手を貸したのだと思います

00256
 旅する国は迷惑だけど、キノだって、通らなきゃいけなかった

便乗
 ラストの愚痴のように、キノは働いて通行税を払えるなら、働いたって良かったようです
 でも、自動拳銃じゃなきゃダメだと言われたので…
 迂回路も見つからなかったらしい

 だからキノも、「旅する国」に便乗して通るしかなく、彼らと“同罪”になった。

 それで、妙にはりきって手を貸したんだろうなーって感じでしょうか

これらを踏まえると、「通せんぼの国」がホントに迷惑だった感じも

00277
 これまでであった「国」にしても、城壁で囲む以外は、領土は主張していません

通せんぼの国
 これまで、3話見てきた中で、あれほど城壁を広げまわった「通せんぼの国」の異質さ
 その上、通りたければ「こっちが欲しいものを寄越せ」と指定する
 本当に迷惑な国

 不貞寝、長期滞在と疑問を感じさせ、ラストで「そういう事だったんだ!」とスッキリさせる

 今回も面白かったですねー。

将軍『他人の迷惑とか、考えないのかー!(意訳)』

00188
00189
00195
 国民の保護そっちのけで、文句ばかり叩きつける将軍。現場の人よく頑張った!

迷惑な国
 特に、この文句に対し、「聞かなかった事にしよう」と言ったのが、じわりと面白いですね
 後から思えば、「通せんぼの国」だって迷惑な国で。
 キノ達は実害を蒙ってます

 なのに、そんな自分達を棚に上げ、旅する国を罵った将軍!

 聞かなかった事にしよう。
 というキノ達の台詞は、「彼らへの優しさ」なんだなーって、後から思いました。

 彼らの無思慮さを、敢えて指摘しない優しさ!

キノさん、作中、初めてのシーツ!

00052
 奇麗な水、お湯、清潔なベッドとパジャマのありがたさ!

本日のキノさん
 この子も、やっぱり人の子なんだなあ…、と妙に微笑ましく感じました
 ほら、第1話からして、シーツも被らないどころか
 銃を構えて寝てたし!

 あの寝方が衝撃的だったし、「あ、用心深いんだ…」って感じたから

 だから今回も、妙に衝撃的でした。

余談、動力炉の見た目凄いけど、蒸気で発電とかしょぼくない?

00038
 と、リアルに言われた話。

蒸気を作って発電する
 でも、現代の原子炉も「軽水炉」が主流で、まったく同様のやりかたで発電してるんですよね
 原子炉も、熱を生んで蒸気を作り、それで発電器を回して
 発電している…、と

 ごく簡単なものが、電気事業連合会のサイトで見ることが出来ます

 大昔の蒸気機関車だって
 高熱で蒸気作って、ピストン動かして動かしてたわけで…、基本は一緒なんですね 

 風車、水車、「回転」させてエネルギーを生み出すのが基本。

2017年10月20日 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3
話「迷惑な国」

00077
00086
 独特の雰囲気の回。演出統括、という珍しい役職も。

スタッフ
 脚本:菅原雪絵
 絵コンテ: 齋藤徳明
 演出統括:笹原嘉文
 演出: 伊藤史男
 総作画監督:立川聖治 
 作画監督:山形孝二/渡辺真由美/永田陽菜/もりやまゆうじ/稲田雅樹
 アニメ制作:Lerche
 原作:時雨沢恵一/イラスト:黒星紅白/ライトノベル/電撃文庫
 制作協力:なし

あらすじ
 キノがハンモックで一休みしていると、突然地面が揺れた。揺れは次第に大きくなり、巨大な灰色の城壁が現れる。動く国の姿に驚愕するキノとエルメス。キノが試しに手を振ってみると、動く国はキノに入国するかと尋ねてきた。応じたキノたちは歓迎され、常に移動しつづける動く国で数日を過ごすが……。

次回、船の国。港町? それともファンタジーな海上国家…?

00050
00033
00044
 まるでホンダやトヨタ、自動車工場を思わせる服装の国。

迷惑な国
 旅の中、どうにもならない要求を押し付けられ、途方に暮れていたキノが便乗する回。
 迂回路もなく、あの国が迷惑極まりない国だったんだなー
 と、ラストで判明に。

 キノが手を貸したのは、便乗する自分も、他人事じゃないからでしょうか

 罪を自覚して進む国
 恩恵を受けた以上、一緒に背負う必要があったのかな…、みたいな。

 次回、第4話「船の国」


 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第1話「人を殺すことができる国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第2話「コロシアム」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3話「迷惑な国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第4話「船の国」