公式サイト ショート感想 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話 感想 麻と辣 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 前回はこちら
台湾料理で中華に挑め! 田所健気、アリス暴走、校歌斉唱で“月響祭”開催!!

00261
00102
00143
創真の回答は、窯焼き料理“胡椒餅”! 前半は、久我の得意とする“辛味”の解説でしたが
 興奮のエンドルフィン、幸福のβエンドルフィンと脳内麻薬を促す辛味!
 これを旨味と組み合わせる達人!

 辛味を、食べずにいられない味へ! 久我さんが強いワケよね

圧倒的田所…!
 言われて気付くほど、当然のように全部放り出して、手伝ってくれる田所いいよね…。
 前期スタジエ編で、打ち解けた秘書子の助け舟!
 エプロン姿が可愛い!

 騙される汐見教授、ぐいぐい引っ張るアリス、ヒロイン勢もめっちゃ輝いてた!

校歌斉唱! 唯一、高等部からの編入生・創真は戸惑うばかりである

00267

■遠月茶寮料理學園 校歌 歌詞
一.日出ずる国の 懐に
  意気軒昂と 牙集う
  食の頂 仰ぎ見て
  いざ勢(きお)え 嗚呼

  研ぎ澄ませ
  研ぎ澄ませ(輪唱)
  美食の聖地
  遠月学園 此処に在り

二.遥かに見ゆる 月の下
  今ぞまことの 試練なり
  卓を賄(まかな)う 若人よ
  いざ熾(おこ)れ 嗚呼

  捩(ね)じ伏せよ
  捩(ね)じ伏せよ(輪唱)
  美食の覇道
  遠月学園 此処に在り


00268
 この遠月生徒達ノリノリである。困惑…、圧倒的困惑…!!

あらすじ
 中華研の目の前、しかも料理ジャンル「中華」で月饗祭への出店を決め、久我へ宣戦布告した創真! 一方、アリスと黒木場、葉山が組んで模擬店を出すことになったりと、ほかの仲間たちも月饗祭への準備を着々と進めていた。そんななか創真は、恵に手伝ってもらいながら模擬店で出す料理の試作を始めるものの、なかなかうまくいかず…?

 次回、第3話「月響祭」

『月響祭のガイドブック! 出来たてほやほやでーす! 持ってってくださーい!!』

00000
 前期、選抜本戦、「パーフェクト・トレース」美作戦で仲良くなった新聞部のみつる
 彼の協力で、創真の“配置”は一気に学園内外に知れ渡った 
 注目度の高い中華研の隣!

 創真は、前回での課題、「知名度」を一気にクリアする

秋の学内イベント“月響祭”、その目玉、十傑の模擬店の隣へ!

00001
00002
00003
00005
00006
00008
00009
 内心、腸が煮えくり返っているご様子。

月響祭!
 計五日間開催される、いわゆる文化祭だが、計50万人もの集客が望まれる大イベントに!
 創真は、「十傑八席・久我照紀」への挑戦権を得る為に
 彼に売り上げ勝負を挑む事にした

 知名度の差は歴然、そこで「中華の達人に中華で挑む事に

 汐見潤先生かわいい!
 また、この件で、目立ちたがりの薙切アリスにも火をつけてしまう事に

 巻き込まれるのは、いつだって黒木場リョウ君である…!

前回、チラッと出てきた丼研究会

00011
00012
00013
00015
00017
00018
00019
00020
 一時は、部員が全員逃げてしまい、創真たちに頼ったクソ部であったが…。

明日のナオ
 現在は、秋の選抜で一皮剥けたにくみがカリスマとなり、中等部から入部が殺到
 すっかり大所帯となり、「姐さん」と慕われる事に
 と

 元は肉のエキスパートでしたが、他の食材への目配り

 選抜では予選で脱落するも
 学内上位の生徒でも、ほとんど得点できない中で、高得点をゲットした才女!

 アレ見てると、丼研部長も決して雑魚じゃないと思えますね。

薙切ズ、アリスがわがまま言い出して大いにモメる

00022
00023
00028
00029
00030
00031
00034
00035
00037
 秘書子のエプロン姿、身体のラインが出すぎじゃないですかね!

秘書子いいよね…
 昨年、中等部時代は面倒くさがってた薙切アリスだが、創真がド派手に目立ったのに触発
 今から参加したい、と親戚で十傑のえりなに頼み込み
 今にも野良食戟を起こさぬ勢い!

 既にガイドブックは刷り上ったが、私費で刷り直しても良い(原作)という程!

 これだから金持ちは!
 とまれ創真は、美作の一件同様、軽いノリで「神の舌」えりなに試食を頼む事に

 秘書子も、スタジェール(洋食屋修行編)以来、創真と仲良しに…。

“麻と辣が足りない”、元二席の店・ゆきひらの麻婆豆腐にダメ出し!!

00038
00044
00046
00049
00053
00055
00057
 えりなっちは、「ゆきひら」が、元二席・才波城一郎の店だと未だに知りません。

麻と辣(マーとラー)
 サブタイのこれは、麻=マーが唐辛子のヒリつく辛味、カレーでもお馴染みの“辛味”であり
 辣=ラーとは、ホワジャオ(花椒)を用いた痺れるような味わい
 ウェイ、とは味の事

 この二輪による、麻辣味<マーラーウェイ>こそ、鍵であると

 日本でも前者が主流でした
 近年は後者も注目、選抜予選でも、にくみが角煮丼をさっぱり食べさせる為に使用

 個人的には、“ラーメン発見伝”で知ったよ!

中国は、“中国八大菜系”と呼ばれる料理大系が広がっている

00058
 もはや別の国といって良いくらいに、気候も、事によっては言語や文化もまちまちな為
 中国八大料理、と呼ばれる区分が出来上がっている
 その一つが“四川”。

 日本でも、あの「陳建民(息子である陳建一)氏」が、四川料理人なんだそうな。

久我の“激辛麻婆”を病みつきにさせる秘密、麻辣味!

00061
00065
00066
00067
00069
 ちなみにエビチリも、四川料理を陳建民が大きくアレンジした料理なんだそうな。

迂闊で残念
 日頃、料理人にダメ出しするのが「仕事」であるえりなが、ついつい説明し過ぎてくれたが
 ついでに、味覚を科学する“先端料理人”アリスも
 本件に解説してくれた

 辛味は「痛覚」「温度覚」、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の、「味覚」ではない

 また、強い辛味は、脳内麻薬とも言われる興奮物質アドレナリンや
 幸福をもたらすβエンドルフィンを分泌

 強い中毒性は、「興奮」「幸福」を直接刺激する故!

「痛覚」である辛さ、ならではの現象らしい

00071
 強い辛味は、異常扱いされる向きもあり、味覚が壊されるという噂まであるくらいだが
 このように、「辛味が病み付きになる」仕組みは判明しており
 ハマるのも当然だ
 と

 ちなみに「味覚が壊される? ノーです!」という、エキサイトニュースはこちら

薬膳の達人、秘書子も「辛味」の有益性を説く

00074
00076
 薬膳でも、辛味は内臓の働きを助け、ストレス発散にも寄与するという。

辛味の達人
 日々、ストレスが多く、強い刺激を求める現代人がハマるのも無理からぬ事
 選抜覇者、葉山も嗅覚特化によるスパイスの使い手ですが
 久我は辛味に特化

 辛味、病み付きになる攻撃的な味わいで、十傑入りを果たした達人らしい

 十席はえりな
 九席は、からあげ勝負と、美作を介して間接的に戦った叡山

 七席は裸エプロン先輩となる。

久我の料理は辛い、痛い、誰もが大汗をかいてしまう

00077
00078
00080
00082
 しかし辛くても食べてしまう! 支配的な味なのだと。

久我と創真
 自分の料理がキツいと知っている、それでも、食べずに居られなくしてやるいう信念!
 狙い通り、客がヒーヒー言いながらも食べる姿こそ 
 久我の喜び…!

 創真ら親子も、変な創作料理で、客を悶絶させるのが大好きだしね!

 変態同士の熱い共感…!
 ともかく、辛味の強烈な刺激が、人を病みつきにすると熟知するのが久我

 それでも「旨い」といわせる味、破るのは容易じゃない!

創真の麻婆豆腐、その「弱点」とは

00084
 選抜本戦、美作とやったビーフシチュー対決でも、「定食屋の味」は通じず
 優劣ではなく、一回こっきりの「勝負」となると
 印象の強さで負けてしまう

 食べ飽きない事を狙った味では、勝負事に向いていない、と。

従業員問題は、ひとまず、田所が協力してくれることに

00085
00086
00088
00090
00091
00094
00096
00098
00100
00102
 必死に言い募る田所いいよね…、ホント好き。

田所恵
 郷土料理研究会や極星寮、他の誘いを、当たり前のように断ってきたという田所
 協力してくれるの? と言われて初めて気付くほど!
 当たり前!

 この当たり前に手を貸してくれるのが、良いところだとホント思う!

 勤勉な彼女が知識面をフォロー
 また、実家での経験と、スタジエールの経験から“接客”を田所ッチが担当ッショ!

 縦セーターいいよね…。

秋の選抜覇者・葉山アキラ、ようこそ…、薙切アリス被害者の会に…

00103
00107
00109
00110
00113
00115
00117
00118
00120
 異世界アーチャー食堂こと葉山アキラ、アリス陣営に強制参加!

青春、それは
 既に外堀は埋まっていた! 孤児であるアキラの親代わり、塩見潤教授を篭絡したアリスは
 アキラの、「汐見ゼミ出店」をのっとって出発!
 この白い悪魔!!
 巨乳!

 隔絶した実力と性格で、孤立がちなアキラに、まあお友達が!

 やだもー、潤ちゃんさん騙されて!
 可愛い30代!

 経験者の黒木場リョウ、止めるのは無理、とかいう熱い経験談!

なお、葉山アキラたちの出店は

00124
 目抜き通り、校門を入ってすぐの通りなので、創真ともえりなとも異なる
 残念…、圧倒的残念…!
 と

 いやー、ホント今週アリスさん、イキイキしてるッスね!
 
創真、激辛麻婆試作開始! まだ足りない…、まだ! まだまだ!!

00125
00126
00128
00131
00132
00136
00137
00139
00143
00145
00149
00150
00151
00153
00155
 既に唇が腫れてるべー!?

ファイヤー田所
 ひとまず、久我の辛さを基準とした麻婆、ホイコーロー、チンジャオロースを調理!
 赤い、赤いぞ! どっかの3倍速そうな赤さ!!
 角が必要だコレ!

 ちゃんと完食した田所ッチ、マジ偉いショ! 英雄ッショ!!

 なお没となった模様。
 英雄というのは、華々しく死ぬまでがワンセットなので…。

 くぴくぴ、水飲んでる田所かわいい!

作って解る、久我という“十傑八席”の怪物っぷり

00156
 辛味は病みつきそれを成立できるのは、「旨味」を作り出しているから
 辛い、けど食べたいと思わせる確かな美味しさあってこそ
 食の麻薬は完成する…!

 北条曰く、中華調味料の豆板醤、オイスターソース、それら全てがオリジナルなのだそうな

創真『まさしく、“料理人の顔が見える”一品…!

00157
00158
00161
00165
00166
00168
 四川料理を元に、久我の信念をちりばめた、“料理人の顔が見える”一皿

スペシャリテ
 創真は、あの麻婆豆腐も「必殺料理“スペシャリテ”」、選抜以来、目指す高みだと気付かされる
 十傑ともなると、それを他人に作らせなお感じさせる
 作って解る格の違い!

 やがて月響祭の準備スタート、前期、創真に挑んできた串焼きの達人も!

 串焼き先輩や
 また、えりなに潰され再出発した「ちゃんこ研究会」の顔も。

 まさしく、顔が見える準備風景…!

『そう! 我ら極星寮が作る模擬店は芋煮会!

00170
00172
00174
00175
00176
00178
00179
00180
 こう見えて山の手、通常は一品5000円以上という、最高級エリアでふんどし!

約束されし勝利のふんどし
 看板はジビエの吉野が、優れた労働センスを持つ、青木と佐藤が実制作!
 一色先輩の、料理教室のマダムから予約殺到だそうで
 既に勝利は約束済み!

 なお芋煮会は、“河川敷”が定番なので、河を引く気満々であった

 これも、山形県と宮城県って奴の仕業なんだ!
 吉野かわいい!

 これが一色先輩の得意とする、超攻撃的土木工事…!

お馴染み、アルディーニ・ブラザーズの模擬店とは

00182
00185
00186
00187
00188
00189
00190
00192
 天高くアルディーニ弟、肥ゆる秋…、すっかり元に戻っちゃって!

出張版トラットリア!
 既に、実家のトラットリア(イタリア大衆食堂の総称)で働く、創真の生き写しの青年達は
 ファンクラブ、もといクラスメートらと共に
 実家の「出張版」を企画

 選抜では、初見殺し相手に苦杯を舐めたが、逆境で成長してる!

 タクミ君は、本当に真っ直ぐだなあ
 イサミ君は太いなあ…。

 大衆食堂なので、一番お手頃な、目抜き通りに出店する模様

秋の選抜、本戦八名の3名が組んだ! 最強チーム誕生である

00196
00197
00198
00200
00202
 なおまとまりの悪さも、群を抜いてひどい模様。

これはひどい
 アキラは「汐見ゼミ」扱いなので、提携先の企業絡みで、得意のカレーを予定していた
 ゼミとして、開発したものを商品化してくれる「企業」は
 欠かせない存在らしい

 が、自分の料理を見せ付けるのが大好きなアリス、熱い我がまま!

 またも汐見教授篭絡済み!
 彼女の親心、根回しで、アリスの好きに作って良いという許可まで…

 スペック的には最強、問題点しかないって素晴らしい!

まさに青春! 爽やかな賑わいが満たす素晴らしい準備風景!!

00203
00206
00207
00208
00210
 からの熱い強制労働(任意)! どうしてこうなった!!

ただの趣味である
 どう見ても罰ゲームなのだが、さっきの田所同様、好きでやってるから仕方ないね!
 変態揃いの遠月研究会、中でも鉄の結束を誇る組織!
 中華研すげえ!

 爽やかさの欠片もねえ!

 意外に良い顔する中華研
 久我パイセンもですが、表情の落差すごすぎて楽しいよ!

 これだから中華は!

創真が退学だなんて、耐えられないよ! とかいうパイセン

00214
 自ら創真の首チョンパする気マンマンで、こんなん言っちゃうから久我である
 創真は、話題性重視で「久我の隣で中華」を選んだが
 諸刃どころじゃない!

 中華研目当ての客を奪う、というのが創真の狙いですが…?

店構えも大事な要素、久我の一言で、創真が思い出したアイデアとは

00218
00220
00222
00224
00226
00227
 創真に聞かれて、「え?」って顔した田所ッチ可愛いッショ!

北条の手助け
 田所は、創真の頼みで中華料理研究会で使わなくなった窯を、北条に探して貰った
 許可まで取ってくれた北条は「借りがある」
 と

 選抜以前は、実家の男尊女卑な厨房反抗心を持っていた

 しかし漁師達に助けられる田所を見て
 自分に、「あんな関係」を築けるか? と自問自答するようになり、彼女も変化したのだという

 力でねじ伏せるのでなく協力、田所は尊かった…。

毎年焼きそばじゃマンネリ、父も用意したという“窯”!

00231
00233
 つまり十傑、元二席もお墨付きの料理とは、「フージャオピン」
 かつて、父と夏祭りで作ったという料理で
 創真は月響祭に挑戦へ

 このドラム缶みたいな形が肝、まったく何でもある学園だぜ!

あっという間に月響祭当日! 遠月学園 校歌斉唱!! その歌詞は…

00235
00236
00240
00242
00243
00245
00246
00247
00248
00251
00255
00256
00257
00261

■遠月茶寮料理學園 校歌 歌詞
一.日出ずる国の 懐に
  意気軒昂と 牙集う
  食の頂 仰ぎ見て
  いざ勢(きお)え 嗚呼

  研ぎ澄ませ
  研ぎ澄ませ(輪唱)
  美食の聖地
  遠月学園 此処に在り

二.遥かに見ゆる 月の下
  今ぞまことの 試練なり
  卓を賄(まかな)う 若人よ
  いざ熾(おこ)れ 嗚呼

  捩(ね)じ伏せよ
  捩(ね)じ伏せよ(輪唱)
  美食の覇道
  遠月学園 此処に在り


00262
00265
00267
00268
00271
00273
00274
00275
00276
00277
00278
00281
00282
00284
00285
00286
00290
00293
 輪唱の部分は、研ぎ澄ませ(女子)⇒研ぎ澄ませ(男子)、という風に輪唱を行う。

月響祭 開幕!
 圧倒の遠月学園校歌斉唱! 歌詞も、妙に壮大なのが笑いを誘わざるをえない!
 また、アリスに振り回されたアキラとリョウが力尽きており…
 相当に絞られたらしいね…。

 八席にして二年生、久我もまた、一席の司に「約束」を確認する場面も

 中等部を含む全校生徒集結!
 退学ばかりですが、全員が集まるとちょっとしたものですね

 久我の怪物店舗に対し、創真は屋台一台で…。

熱々のフージャオピンいかがですかー!

00296
 創真の屋台料理とは、肉ダネを包んだ生地を貼り付けて焼く、「胡椒餅」という料理
 台湾料理で、焼き方がインドのナンに似てますが
 既に肉ダネが入ってます

 その名の通り、黒胡椒がたっぷりと効かせてあり…!

『『あ、熱い!?』』

00298
00300
00301
00307
00309
00315
00318
00319
00320
 なお原作では、お客は男性二人でした。なんて素敵に性転換!?

五感の美味
 外側は、パイ生地のようにサクサクになっており、噛み破ればアッツアツの肉汁が!
 じゅわっと濃厚、でも生地が軽く仕上がっている上
 刻みネギでサッパリと!

 たっぷりの黒胡椒が、ピリッと辛く、肉を甘く感じさせてくれる!

 胡椒の豪快な「辛味」
 肉汁たっぷり、外パリッパリに仕上げた、変形肉まんみたいなもんだ!

 ゴマもまぶされて香ばしそう!

2017年10月11日 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」

00120
 我がままアリス組、ホント好き。

スタッフ
 脚本:ヤスカワショウゴ
 コンテ:福島利規
 演出:西野武志
 作監:山田真也
 総作監:山川宏治
 アニメ制作:J.C.STAFF
 原作:附田祐斗&佐伯俊/週刊少年ジャンプ/集英社
 制作協力:なし

あらすじ
 中華研の目の前、しかも料理ジャンル「中華」で月饗祭への出店を決め、久我へ宣戦布告した創真! 一方、アリスと黒木場、葉山が組んで模擬店を出すことになったりと、ほかの仲間たちも月饗祭への準備を着々と進めていた。そんななか創真は、恵に手伝ってもらいながら模擬店で出す料理の試作を始めるものの、なかなかうまくいかず…?

次回、月響祭本格化! だが祭りは“食戟”とは違う…!?

00136
00139
00153
00161
00320
 何で予告が、貞塚ナオちゃんなんですかね!?(わかる)!

食戟と祭り
 と、好調なスタートを切った屋台版ゆきひら、そして圧倒的歌唱の遠月学園校歌ですが
 問題は、まず祭りは「食戟」とは違う事で…
 以下次回!

 激辛麻婆は数あれど、見た目、一口目で閉口する人は多いはず

 辛味は痛み!
 でも、汗だくで口の感覚が失せても「食べたい!」って思わせる旨味

 そこまで、お客を引きつける旨さと辛さ、果たしてどんだけ旨いんでしょうね

 次回、第3話「月響祭」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻※'''この半ばまで、アニメ一期相当'''
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 ※ここまで第2期にてアニメ化
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い” ※ここまで3期でアニメ化?
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」