公式サイト ショート感想 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話 感想 十傑に挑む レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読
“学園祭”編! 遠月最強集団、十傑との緒戦は“中華”と模擬店勝負!!

00035
00096
00152
模擬店編、最初の難題「知名度」を、えりなとの合宿戦を糧にして解決する創真ですが
 料理店経営を目標に、多数のお客を「自分で」捌くにあたって
 学園祭は実習にうってつけですね

 まず、十傑八席への「挑戦権」を得るべく、これまでにない課題へ!

店員教育
 第一期、合宿では「単独で大量の料理を作る」課題があり、前期は店員として実習が
 続く今期は、自ら“率いる側”にならなきゃいけないと…
 ステップアップを感じる!

 料理は“激辛麻婆豆腐”、日本でよくある麻婆とは、もはや別物ですよね! マツコ感ある!!

というワケで、予告ではファイヤーしてます田所ッチ!

00169
 可愛い、口から火を吹いてても可愛いよ田所!

あらすじ
 創真は、秋最後の一大イベントである学園祭「月饗祭」が近々開催されることを知る。十傑第八席・久我照紀から「何かひとつでも料理で勝てるものがあれば食戟を受けてもいい」と言われていた創真は、久我に勝負を挑むため「月饗祭」への参戦を決める!
 そこで、創真は久我の根城である中華研究会へ行ってみることにするが…!?

 次回、第2話「麻と辣」

遠月十傑、本格登場! えりな、裸エプロン、叡山先輩を含めた十名

00013
00014
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00024
00025
 見たまえ、この圧倒的色物感!

遠月(色物)十傑
 十傑登場は、OVAとして消化してしまったので、創真と田所の回想からスタート。
 また、遠月はクソほど広い学校なので
 創真も免許を取りました

 彼、編入初日から、そんなこと言ってましたものね

 余談ですが
 田所、自転車なのに上半身がまったく動かず、「作画大変なんだなぁ…」感も

 自転車アニメは大変(作画)。

席上で、創真たちは“第四席”の料理を振舞われる

00026
00027
00028
00030
 第四席茜ヶ久保 もも、ちなみにcv釘宮理恵でくぎゅぅぅぅぅぅ!

パティシェ
 そこで、改めて格の違いを味わう一同、この席は、前期での「一年生・秋の選抜」上位者
 つまり将来的な十傑と、現十傑の面通しイベントなのですが
 現時点では、レベルが全く違う!

 アホみたいにカネがある学園の、全てを好きに使って良いのが十傑

 入るだけで高いレベルが必要な上
 学園のツテや資金で、好きなだけ自己研鑽が出来る、というのが最大のメリット

 しかしデザートというには、美しい一品ですねえ

第3期のオープニングは、BRAVER!

00031
00032
00033
00035
00036
00038
00039
00040
00041
00042
00043
00045
00046
00047
00048
 映像的に、原作14巻から、20巻までを描く模様。

食戟のソーマ 3期
 かなり、丁寧めに原作をなぞった1期から、2期と今期はぐっと駆け足めだと示唆してますね
 えりなと裸エプロン先輩を除く、十傑7人が壁に。
 最後は麻婆!

 選抜編で田所も成長し、今期よりえりな様が原点回帰でヒロイン化

 エロ本だとか、薄い本だとかいわれる映像!
 ラスボス様も出てますね

 ひとまずは、秋の最後のイベント、学祭・月響祭が大きな山場に

十傑に入りたい創真、しかし、誰一人として相手をしてくれず…

00050
00051
00052
00053
00057
00058
00059
00060
00062
00063
00064
00067
00068
00069
00070
 覚えてるでしょうか、選抜編からの新キャラでも、上位ランクだった中華の北条!

中華決戦!
 唯一、八席の久我 照紀だけが「一つでも、料理で勝てるものがあれば勝負を受けてやる」と。
 つまり、食戟する権利を得る為の闘いとして
 創真は学園祭を選択

 月響祭、その五日に渡る模擬店で、売り上げで勝って挑戦権を得よう、と

 同じく、中華畑である一年生の北条
 彼女のツテを借りる事に

 しかし、毎度ながらばいんばいん揺らしてらっしゃる…。

しかし「模擬店」こそ、久我の中華研究会の独壇場であった

00071
00072
00073
00074
00075
00076
00079
00081
00082
00083
00085
00086
00087
00089
00090
00091
00092
00093
00094
 これだけのメンバーが、皆、同じ味を再現できる。圧倒的店員教育!

辛いと店員
 もちろん、目玉料理である「麻婆豆腐」も最高に辛くて旨い! のみならず生産性が高い!!
 部員全員が、久我のレシピを再現できるよう鍛えられ
 多数の客に応えられる!

 何せ、毎年50万人が訪れるモンスターイベント、1000食は売れなきゃ

 もう生徒ってレベルじゃねえ!
 毎度ながら、求められる水準が高すぎませんかね!?

 ともかく、久我は「店主」として格が違うのね

辛い旨い! 中華・四川料理に特化した「久我・中華料理研究会」

00085
00086
 いわく辛さを恐れない、辛くとも恐れない、辛くない事を恐れるという3つの地方
 そこで数百年に渡り、研鑽を重ねてきた「四川風麻婆豆腐」
 久我はその達人なのだ
 と

 これまでの、オリジナル感ある料理とは、一味違った勝負って風ですね。

店員は創真一人、レシピは着想すらゼロ、そこで創真に見出す勝機は…?

00096
00099
00100
00101
00103
00104
00105
00106
00107
00108
00109
00110
00111
00114
00115
00118
00120
00121
00122
00123
 更に大きな問題として、「知名度」が浮上する

噂のバンド「チメイド」
 やっだもー、裸エプロン先輩ってば、今期も絶好調ですね、おそ松マクギリス兄さん!!
 まず、「十傑の店!」というだけでハンパなく客が集まるので
 創真は勝てない

 そこでどこに店を出すか、目抜き通り、中央、山の手の3つのエリア

 一品で500円~、1000円~の目抜きと中央に対し
 山の手は一品で5000円以上

 どこでも裸エプロン先輩でも、上品にタキシードを着ちゃうレベル!

出店場所をミスれば、その時点で青春ゲームオーバーである、と

00124
 十傑は当然、多くが山の手に出店するが、大規模な店舗運営が出来る久我は
 敢えて、一品1000~5000円クラスの
 中央エリアに配置

 ここなら、大規模な模擬店が可能なのだ、と。

えりなに散々に挑発された創真だが、華麗に聞き流し、着想を得る事に

00125
00127
00129
00130
00131
00132
00134
00135
00136
00137
00138
00141
 にくみちゃんは、かつて、えりな様の部下でした。今も敬意は変わってないんだからね!

模擬店勝負!
 特に、校門から整然とテントが立ち並ぶ「目抜き通り」は、熾烈な場所取り争いが行われ
 丼研のにくみと、ゲテモノ料理を得意とする貞塚 ナオが
 食戟に発展する場面も

 ナオは、秋の選抜戦で、最初に高得点をマークした圧倒的変態!

 際しては、自家製くさやを応用したカレーで
 くさい!旨い!を実現…!

 えりなのストーカーから、秘書子のストーカーにクラスチェンジした女!

創真が選んだ出店場所は。「今年の月響祭、楽しみが一つ増えた」と

00146
00149
00150
00151
00152
00159
00160
00161
00163
00164
 なお赤字を出すと、もれなく退学となる模様。

また退学か!
 油断するとすぐ退学の本校、ともかく、ライバル「久我の店の目の前」に出店!
 合宿で、えりなに並んだ客を奪った経験を元に
 知名度への相乗りを目指す事に

 一方、白い人が十傑一席、八重歯が可愛いのが二席

 学内の頂点!
 特に白い人、実力に見合わず肝のが小さいのが特徴ですが…

 創真も彼も、画面が白いな!

2017年10月4日 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」

00073
 中華研、鉄の統率力!(CG)

スタッフ
 脚本:ヤスカワショウゴ
 コンテ/演出:サトウ光敏
 作監:山川宏治/谷川亮介/小野和美
 総作監:山崎正和
 アニメ制作:J.C.STAFF
 原作:附田祐斗&佐伯俊/週刊少年ジャンプ/集英社
 制作協力:なし

あらすじ
 創真は、秋最後の一大イベントである学園祭「月饗祭」が近々開催されることを知る。十傑第八席・久我照紀から「何かひとつでも料理で勝てるものがあれば食戟を受けてもいい」と言われていた創真は、久我に勝負を挑むため「月饗祭」への参戦を決める!
 そこで、創真は久我の根城である中華研究会へ行ってみることにするが…!?

次回、「中華料理」試作開始! 麻婆豆腐ならお手の物だが…?

00155
00156
00168
00169
 田所は、口から火を吹いても可愛いよ!

EDも映像流用!
 三期、原作既読なので「制作が厳しそう」とか、アニメ的な部分が目に付くね! ヤムナシ!
 何でって今期、映像美が試される「クジラの子らは」と
 バトル物の「ユーキューホルダー」を制作

 ジェーシースタッフってば、毎度ながら、無理して沢山作りすぎぃ!!

 しかし食の作画は流石!
 素晴らしい麻婆、辛味が漂ってくるようで、久々に食べたくなる!

 辛いものを食べるときは、食前に牛乳、食後に乳製品をとると良いらしいよ!

 次回、第2話「麻と辣」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻※'''この半ばまで、アニメ一期相当'''
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 ※ここまで第2期にてアニメ化
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い”
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第5話「翳りゆく食卓」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第7話「崩れゆく学園」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第8話「錬金術師-アルキミスタ-」