公式サイト おそ松さん 第2期 第3話 3話 感想 げんし松さん/チョロ松と一松/トト子の挑戦 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 前回
うはは…、幸せだぁ! チョロ松一松ぶっちゃけ合戦で、ただの照英回だ!?

00254
00282
00479
チョロ松と一松、レアな組み合わせで本音ぶっちゃけ回なのに、照英だった…!!
 日頃聞けない二人の本音、日頃は邪魔な明るい四人
 非日常すぎて色々ダメだった!

 実は根が不真面目で夢見がちなチョロ松、真面目で現実的な一松ってね!

真逆じゃねーか陰キャ松!
 現状はダメだと叱るも、内心「アイドルと付き合いたい」と、童貞の夢しか考えてねえシコ松!
 内心、これじゃダメだと思うし、めっちゃ「仲間」とかに憧れるし
 猫にしか興味ない一松

 そういや、「ちゃんとする」第1話でも、仲間と冒険のファンタジーでしたね一松!

『世界一の番組を作ります! 照英でーす!』『しょえー!』

00318
 クズ化するオチじゃなくて良かった、照英でーーーーーす!!!

あらすじ
 げんし松さんは、マンモックスにショックを受け、各々オナホ開発に取り組んでしまう。
 やがて現代、チョロ松兄さんと一松が、二人きりになってしまう事案が発生
 人一倍、「周り」を気にする二人は困ってしまう

 二人は本音をぶっちゃけあい、おそ松兄さんのありがたさを再確認するのだった

 また、トト子はTVの大食い番組に挑戦
 照英だった。

 次回、第4話「松造と松代ほか」

『『『『『『げんし松さーん!』』』』』』

00001
 前回では彼らはニートから、動画投稿者へと就職し
 やがてイヤミに「人間じゃないザンス」と言われ
 そして今回は原始人となった

 ちょっと約一名! 進化遅れてるザマスよ十四松!!
 
『『『『『『ウッホホ、ウホホ、ウッホホ、ウホホ』』』』』』

00002
00004
00005
00008
00010
00011
 いつものように徘徊していた彼らは、ある時、マンモスの交尾を見た

マンモックス
 交尾、いわゆるセックスである。俄然、興奮した六つ子達は、原始的な行動に出た
 いまどき、マンモスでもセックスしているというのに
 お前らときたら…

 十四松など、興奮のあまり自ら額を割ってしまう始末

 いわゆる自害
 もしかしたら、これが人類初の自害だったのかもしれない

 こんな無修正動画、流していいのかよ!

原始一松は、木をパイプ状に彫る事を思いついた

00013
 いわゆる文化への目覚め、原始的文明開化である。
 だが、いまいちしっくりこない。
 そこで。

 彼は丁寧に、“パイプの中”を彫って、改良する事にした

一松『ん~♪ ………んん?

00015
00016
00018
00019
00023
00025
 んん…? が、いつもの一松すぎて変に笑える

改良の歴史
 しかし、股間に押し付けても、狙い通りの快感が得られない
 そこで改良、文明の発達は常にエロスと共にある
 と

 いわゆるオナホール、男根を刺激するパイプは、一松の発明だった…?

 人の歴史は、オナホと共にあったのである
 進歩ってすごいね!

 これがニュータイプか…!

一松『おおーーーーー!?

00026
 しかし原始トド松これを容赦なくクラッシュ!
 いわゆる破壊である
 ひどい!

 トッティは、こんな頃から心がなかったんや!

原始トッティ『チッチッチ

00027
00029
00032
00033
00035
 おお~! って一松の声のバリエーション、cv福山さんと潤さんはすげえや!

発想
 だが原始トッティは、更に一歩先へ進んでいた! オナホでありながら美しく!
 お部屋のインテリアに、またはアクセサリーに
 携帯電話に!

 多目的お洒落アイテムとして、オナホを再設計したトッティ!

 これが、文化的な必要最低限のオナホ…!
 発想が違うね!

 一松、こんなオナホでいいの!?

原始カラ松『ンホー!

00036
 しかし今度は原始カラ松、これも容赦なく破壊!
 お前ら、モノを大切にしろって学ばなかったの!?
 イチモツを大切にって!

 で

カラ松『ホゥ~~♪

00037
00039
00041
00042
00044
 だから、お前らの文化レベル一体どうなってんだよ!?

未来型ラバーズ
 しかしカラ松はトッティを否定、外見ではなく、文字通り機能面で多機能化した
 スイッチ一つで、往復運動、振動するバイブ機能
 そして電流…

 股間に、三種の刺激を、自動で与えるギミックを盛り込んだのである

 いわゆる三種の神器。
 一松なんて、これ一発で昇天するレベルよ!!

 カラ松兄さんはやっぱすげえや!

原始おそ松『おー! おー!!

00046
 今度は破壊される事なく、続いておそ松兄さんの登場に
 彼のオナホは、天を衝くオナホであった
 やだ、すごくおっきい…。

『『『ほーーーっ!』』』

00047
00048
00050
00051
00054
00055
 トッティも、何ですげえワクワクしてたの!?

残念な結果
 まずは、トッティで試すこととなったが、股間を刺激する以前にデカすぎて転倒
 やはり巨大建造物は、人類にはまだ早かったか…
 後のバベルの塔である。

 というか、このサイズの木材、どっから調達してきたんだよ!

 原始時代ってすごい!

原始十四松『ほーっ!

00056
00059
00060
00062
00063
00064
00065
00066
00070
00071
 あーん! カラ松が死んだ!! このひとでなしー!!!

さらば愛しき股間よ
 原始十四松は、何故かボール大のを彫ってきたが…、なるほど股間に投げ当てて!
 投げて、当てて、股間が死んだ!
 ダメじゃん!

 思ったよりグロい結果なったよ!?

 原始時代でもカラ松が!
 思わず、兄弟でも総ツッコミするレベル

 この頃は、まだ皆、カラ松に優しかったんですねえ…。

チョロ松『ほぅ!』

00073
00075
00077
00079
00080
 十四松の目、十四松的に、これはアカン奴だったのか…?

シコ松の可能性
 どんじりにチョロ松は、技巧の限りを尽くし、全自動で股間を刺激し続けるオナホを開発
 これだけ、大掛かりに歯車組んでそんだけかよ!
 技術の無駄遣い!

 これがホントの水力発電ってやつだ、アッハッハ! ハハッ!!

 原始、オナホは太陽だった…?

提供絵は、ますます酷いんですけど!?

00081
 十四松が投げたオナホが、モザイク処理されてブチ当たるMAD!
 モザイクつけると急に卑猥になるね!
 ひでえ!

六つ子『おなか空いた~』『空いた~』『腹減った~』

00082
00084
00086
00087
00089
00094
00095
00096
00097
 フッ、どうやらこれまでのようだ…。グッバイ? カラ松ガールズ…。

チョロ松と一松
 ある日、松代が出かけてしまい、五つ子たちは腹へって途方に暮れていた
 自分で作る? その発想は無い!
 で

 うるさーい! 全く底辺中の底辺だな、この家は…

 キレイに壁に刺さっちゃって!
 しかし懲りずに、「逆にパチンコに行こう!」とおそ松が提案

 逆にって、どこをどう逆にすりゃそうなるの!?

『あれ? 一松兄さんは?』『行かない、今日はいいや』

00099
 人間嫌いで、何より自分が嫌いな一松は、自分が行ったら負けると 
 敢えて、その場に残るのだった
 と

 俺が行ったら負けるよ?⇒留守番オネシャース!って、ひでーな十四松!!

『(もしかして一松だけ?)』『(こいつだけか…、マジか!)』

00101
00103
00107
00108
00109
00110
00114
00115
00118
00119
 油断してたなぁ…、普段、あんまりないレアな組み合わせ、きちゃったよ…

レア松
 たとえるなら、皆で居るとワイワイ出来るのに、二人だけだと話が見つからない!
 この電車、あと何駅だっけ!? みたいな…。
 と

 兄弟なのに…、いや逆か! 兄弟だから際立つ、この/変な感じ…!

 むしろ息ピッタリである。
 別にイヤじゃないが、他人に厳しいチョロ松、他人嫌いを公言する一松の組み合わせ!

 共に、クールっぽい松の組み合わせきちゃったよ!

『ん……』『んー……』

00124
00125
00126
00127
00129
00130
 ダメだ…、内容が全然入ってこない!

気まずい…!
 共に、積極的に話しかけないし、カラ松のように空気を読まないタイプじゃない
 トッティのように、心ない天使でもない
 と

 さっきまで平和だったのに、急に来るんだよな…、この気まずさ

 せめて十四松さえいれば…!
 ボケがいないツッコミは、こうも気まずい空気なのか…!!

 無情に流れる、謎の気まずさ!

チョロ松『(向こうは…、どう思ってるんだろう?)』

00134
 二人の共通項は、「相手にどう見られているか」を、気にするタイプな事
 チョロ松は、エロいと思われたくないあまり
 隠れてシコッた事がある

 一松は、見た目には病み松だが、繊細なクリスタル松であるし…

一松『ねえ…、テレビ、いい?』

00136
00138
00140
00141
00142
00145
 すげえ気ィ使ってきたー!? TVつけていいかの、許可、とってきたよー!?

今はこいつと喋れッ! 
 先攻は一松、「ねえTVつけていい?」に出るのだが、これは悪手だった!
 そんなの、友達同士でも聞かねーよ!
 と
 
 いや俺、友達居ないか…、いつも独りぼっちの寂しんぼうか…

 いや、誰が寂しんぼうかようっせーな!
 とか自問自答!

 一松、根は寂しんぼ、って隠さなくなってきたな!

チョロ松『ねえ…、最近、どう?』

00153
 気を使われている、と気付いた後手のチョロ松は、「最近どう?」を切った
 おめーは、休日に息子といたたまれない感じの父親か!
 パパ松か!

 お父さんなのは、第1話でちゃんとした、おそ松兄さんで十分だよ!

一松『ねえ…、今日、天気いいよね? 明日も晴れンのかなあ…』

00157
00158
00159
00162
00164
00165
00166
00169
 天気ってさ、マジ天気だよね…/そうだね………

兄ゲンカイハヨカエレ
 さっき、兄弟だからか? と一松は思ったが、実際、行動マジ兄弟
 行動、どれも、マジ一致
 と

 ボケを! 誰か超絶くだらないボケをかましてくれ!!

 気まずすぎる…!
 かつて、こんなにカラ松が、おそ松兄さんが待たれた日があったろうか!!

 松野家で、最高に陰キャな二人なんだコレ!

チョロ松『(流れ変えてくれ、流れー!)』

00170
 だけどごめんな一松? その唐突なボケは、チョロ松兄さんでも無理だよ… 
 ダメだなあ、二人は欲望の解放がとっても下手…
 このボケじゃダメだなあ…

 むしろ、ますます場をクールダウンだよ…、たとえるならミント味。

一松『あのさー、もう良いかな? ぶっちゃけ言うね? さっきからすげえ変な空気じゃない?』

00173
00174
00175
00176
 疲れた~/なんでこんな事になるの? 兄弟だよ?/わからん…

仲良しか!
 意外に、土壇場で先に声を出せたのは、松野家で最高に暗い一松のほうだった
 ようやく「疲れた」、と本音を吐けた二人
 で

 僕たちは今まで、見て見ぬフリをし過ぎたのかもしれない…

 これを見て、妙だと思う人もいるかもしれない
 でもね、悩むんです

 こんな風に、、、勝手に悩んで、勝手に疲れてる人種も世の中にはいるのです…。

チョロ松『一回、距離をとってみない?』

00179
 まるで、恋愛に疲れたカップルのような事を言い出すチョロ松
 物理的に、ちょっと離れてみようよ?
 と

 恋愛ドラマなら愛を強くし、R-18なら、彼女から無記名のDVDが送られてくるパターンだが…?

チョロ松『そっからさあ、いつもみたいに普通に喋れる? 本音で』

00183
00184

 本音ェ…?

 おいこのシコ松!
 このシコ野郎が!!
 地下アイドルのケツばっかり追っかけてんじゃねえぞ

 童貞中の童貞!


 おお~…、この距離だったら本音が言える


00186
00188

 ゴラァ病み松!
 病んでんじゃねえよ犯罪者予備軍!!
 そのくせ、ハートがガラスみたいに脆ェって

 どんだけ面倒くせえんだよお前は!!


 あ~、本音が言える~♪


00188
00193
 よし、じゃあ近付いてみよう…。

ていうかゴメンね?
 いや、その理屈はおかしい…? 物理的に距離を取れば、いつもの二人に!!
 いやいや、そんな風に思ってたのかよ!
 で

 気を使いますな~/使いますな~…

 近付いたら戻る…
 お前ら、もうわざとやってるよね? この謎の距離感…。

 一松、ちゃぶドンするほど謝らなくても!

チョロ松『てか嫌い? 嫌い? 僕のこと?』

00194
 勢いにノッてむしろ、普段聞けないことまで切り込んじゃうチョロ松
 いけない…、変な空気に我を忘れてる!
 嫌いなの僕の事?

 もちろん一松、「別に嫌いじゃない」と、さっきの本音をゲロ。
 
『直球で来たよ…』『もう直球でいこう! 嫌いなの?』

00195
00198
00201
00204
00205
 嫌い…?/悩んじゃったよ!? すぐ否定してくれる事を、ちょっとは期待したのにね!?

チョロ松こわい!
 一松は、ああ見えて「今の自分はダメだ」と、本気で思ってるのが他の兄弟と違う
 それこそ、チョロ松自身とも違う
 と

 ちゃんとしようとする姿勢? そういうの見てると…

 だから怖いのだ。
 自分と違い、ちゃんとしようとするチョロ松は、別の生き物だと思う…、と、一松は卑下する。

 カラ松とは、別の形で「怖い」のでしょうね。

『怖くないよー! 兄弟なんだから、仲良くやろう~?』

00206
 チョロ松はちゃんとしてないけど、周りを叱るし「ちゃんとしよう」とする
 少なくとも、改善しようとする姿勢だけはある
 だから怖いのだ

 こんな風に、「仲良くやろう」とか、言えちゃう精神が怖い!!

一松『怖ァ!? で、さっきから読んでたあの本は何?!』

00209
00210
00211
 怖ァ!? ただの真人間?!

チョロ松怖い!
 一松は、「真面目になりたいけど出来ない」から、真面目になろうとするチョロ松が怖い!
 資格の本とか、怖くて読めない!
 と

 真面目、怖ぃ~~~~~~!

 真面目なチョロ松
 見てると、自分がダメダメだと感じちゃうから、チョロ松が怖い!!

 一松、やっぱり根が真面目じゃねーか!

チョロ松『僕だって、お前のこと怖いんだけど?』

00215
00218
00220

 お前の持つ、その暗い感じ?
 常闇(とこやみ)のオーラ?
 世の幸せという幸せを、憎んで生きてるよね?

 特に復讐する理由ないのに、復讐の為に生きてるよね?

 好きな言葉は?
 皆殺し(即答)

 何になりたいの?
 獄卒

 怖いに決まってるよね!?


00223
00224
00226
00227

 誤解だよ、俺、けっこう普通だから?
 ほら、怖くないよ~?

 共に力を合わせて、いつかアイツらを殺そうよ~~~?


00229
00230
00231
 怖!? その「あいつら」って誰?!

同居松
 そんな一松の「怖い」のは、むやみやたらと、周囲に対して攻撃的なところであった
 無闇にナチュラルに自然にオーガニックに攻撃的!
 で

 その中に、僕も含まれてそうですげえ怖いんだけどー!?

 チョロ松は賢いなぁ…
 ていうか、いちいち即答する一松ホントに怖いなあ…。

 人の心はいつでもオールウェイズ謎だぜ…

『どうしよっかね…』『どうしよう?』

00233
 こうして途方松、だが、これまた勢いに乗ってチョロ松がぶっちゃける
 実は、「資格とかどうでもいいんだ」
 と

 だから私(視聴者)は思うんだよ、一松が一番マトモなんじゃねーかって!

チョロ松『本当は、アイドルさんのマネージャーになりたいんだよね!』

00235
00236
00237
00239
 クソ童貞野郎だな?/そうだよ?

アイドル@松ター
 本音では、いつかアイドルのマネージャーになって、付き合えたらと期待している
 いわゆる童貞の願望である
 と

 安心した?/安心した

 あれ、もしかしてチョロ松兄さんも、現実が見えてない?と思う一松
 見えてないよ!と

 おいお前ら、なに物理的に寄ってんだよ!

一松『じゃあ俺は…』

00240
 対し一松がぶっちゃけたのは、さっきの「武器」がオモチャである事
 ハロウィンとか、コスプレとかに興味があるけど
 さすがに渋谷にはいけない

 せめて家の中だけでも…、と思って買った、パーティーグッズだと。
 
『ええ!? お前ハロウィンとか興味あんの? フツーの若者だなあ?』

00245
00247
00253
00254
00255
 ドメスティックパリティなんだよ/何? そのダサイ肩書き…/安心した?

ドメスティック(家庭的の意)
 負けじと、実はアイドルに「オムライスに好きって書いて欲しい」というチョロ松
 実は、インスタや「仲間」に憧れる一松
 で

 アハハハハハハハッハ…♪

 自分は優しい(自覚)。
 アイドルの歌に、興味ゼロで性的に見てるチョロ松、スノボで素敵な出会いをしたい一松

 ぶっちゃけエロいシコ松、ぶっちゃけ陽キャになりたい一松…!

ハッ!

00256
 かくて互いに「真面目です! アイドル? 曲が美しいからファンです!」とか
 全て憎い、他人は死ねばいい!!とか
 日頃の“ウソ”をぶっちゃけ!

 このエロ松と、実は繊細で、明るくなりたいだけの陰キャ一松!!

『ぶっちゃけすぎたね…』『程度って、モンがあったね…』

00259
00266
00270
00271
00273
00275
00277
00282
 まったく気が合いませんね/兄弟なのにね、この先も結構、長めの時間を一緒に過ごすのに…

心はいつでもバリケード
 知り合って初日ですから! 合コンで出会ったばかりみたいだが、要はかみ合わないのだ!
 チョロ松はエロいし、一松は猫好きだし!
 で

 こりゃあ、お互い地獄ですな~…

 表面上はともかく
 実は、根が不真面目で夢見がちなチョロ松と、根が真面目で現実的だった一松

 あれ!? 実はまったく噛みあわない!?

救世主『ただいまー! よく考えたら、お金なかったわー』

00284
00285
00286
00288
 おかえりー!/え!? 何ー!?

空に太陽がある限り
 いなくなって解った、おバカ・カルテットのありがたさ! ありがとう、ありがとう…!!
 兄さんがいるから場は回っていた!
 と

 え…? キモチ悪……!?

 トッティひどい!
 さすが、公式で心がないのは伊達じゃないぜ!!

 ボケがいるからツッコミは輝くのだ…

遂に…、遂にきた、この時が!!

00290
 最後はサブタイにもなったトト子の挑戦、絶対に負けられない闘い!!
 てか、このゼッケンで大体わかった! 
 知ってるよコレ!

※うちの家族は、「食べ物をおもちゃにするから好きじゃない」との事。

トト子『そう、爆食い女王決定戦!

00292
00293
00295
00296
00297
00299
00300
00301
00302
00304
00306
00308
00310
00312
00313
 確かに周りは、ブスな庶民だらけ…。ああ違った、強豪だらけ!!

トト子の挑戦
 って、唐突なゴウキ!? 星獣戦隊ギンガマン(1998年)のギンガブルーじゃないか!?
 やっぱりフードバトルだった!
 で

 そして何より…、私には、あの照英さんが付いてるし!!

 この再現度の高さ…! 
 ていうか、何気に声までご本人だし!!

 MC役の照英さんだよ!!

トト子『さすが照英さん、熱い…!

00318
 愛と情熱を持って、みなさんと一緒に日本一の
 世界一の番組を作ります!


 照英でーす!


六つ子『本物だー!』『サインくださーい!』『カモン、照英ー!』

00320
00322
00323
00324
00326
00328
00329
00331
00335
 え? サイン、書くよ? お客さんも番組の一部です!! 俺にとっちゃ大事な仲間

番組MC照英
 さて、トト子の応援に来た六つ子は、照英さんにあつかましくサインを頼んでしまう
 さすがクズ、ニート!
 が
 
 いや、血を分けた家族です…、それが照英でーす!

 照英さん良い人!
 あっさりと、サインを書いてくれる芸能人って好感度高いね!!

 トト子ちゃん、相変らず顔芸すげえな!

『照英さん優しい! サイン書いてあげるんだっ!!』

00336
 普段、カネと権力以外、興味がなさそうなトト子ちゃんですが
 今回はベタボレ、相手が照英さんだからね!
 すげーな照英さん!

『でも、もう本番が始まるのに……』

00337
00339
00341
00345
00347
 ねーねー、何か私物ちょうだいよ照英ー?/おい六つ子、調子に乗るなよ!

聖人照英
 日頃、相手が引いたら、付けこむ癖がある六つ子は、調子に乗ってしまうが
 何と照英、これも受け止めた!
 と

 いいよ? あげるよ? …みんな幸せに、それが照英でーす!

 どこの聖人だこの人!
 ローマ教皇さん、列聖すべき人が野良にうろついてますよー!!

 イヤミ、しょえー!とか言ってんじゃねーよ!!

トト子『いや優し過ぎ! あと、本番が始まる!?』

00348
 俄然焦りだすトト子、六つ子相手に、そんな事したらケツの毛まで抜かれるよ!
 こいつら、限度ってモン知らないから!?
 てか本番一分前!

 ちなみに青坂は、「飢えるジャンヌダルク」こと、赤阪尊子さんのパロディですね!

『俺達さあ、実はまだニートなんだよね…』『ええ、そうなの?』

00350
00355
00359
00361
00362
00363
00367
 しかもまだ童貞なんですよ…/もう人生イヤになっちゃって…

ええ、そうなの?(照英)
 続いて、勝手な事を言い出す六つ子だったが、照英さん、これを真に受けて号泣…!
 照英さんだからね、仕方ないね…!
 と

 泣いちゃった!? まだ大食い始まってないのに泣いちゃった!?

 とかく涙もろい照英さん
 ていうか、照英さんの実際のキャラが面白すぎてパロになってないよ!

 ただの実話になってるよこれ!!

『ニートで童貞、でも負けるなよ、俺、応援してる…! 照英でーす!!』

00369
 思わずトト子も、この有り様、なんて素直な大聖人だろうか…
 ニートでも童貞でも負けるなよ!
 照英でーす!

 何か、このままだと松岡修造も出てきそうだな照英でーす!

勝つ…、絶対に! タイトルは私のもの…!!

00371
00372
00373
00377
00378
00379
00383
00384
00385
00387
00388
 チビ太監督が、3、2、ときて「1」とは言わないのが、妙にリアル。音が入るからね…。

スタートにすんべー!
 かくて始まったフードバトル、緒戦は今川焼き、蜂楽饅頭(九州圏)、回転焼きである
 これがまた、色んな呼び名があるんだ…。
 で
 
 顔が可愛いという、己の才能に溺れる私じゃないの…!

 ギャル曽根さんも今や31歳
 ちなみに彼女、腸内細菌の割合など、体質的にかなり普通の人と違うのだとか

 初優勝は2006年だから、もう11年前ですよ…。

『ね、照英さん…! あれ!? いない!?

00390
00391
00392
00394
00395
 またそっち行ったの!? 本番中よ!? MCは?!

聖人すぎて…
 番組開始後も、六つ子の相談に乗る照英さん、彼の人の良さがっておいちょっと!!
 もう本番中ですよ!?
 で

 ああダメ! 集中しないと負けちゃう…!!

 トト子の顔芸が冴えすぎ!
 六つ子は、「俺達、どうせ一生童貞なんだよ…」って、そこなの!?

 童貞言い過ぎ!

クズ松『うっせなーてめー! 熱いんだよお前!!

00398
 遂には暴言を吐き出したおそ松兄さん、クズの限界を突破してる!
 お前ら、せっかくサインくれたり腕時計くれたり
 照英さん付き合ってるのに!

 熱いって、しょうがないでしょ身体が大きくて、放射熱が高いんだから!

どうしたオラー!』『こいよヒデー!!

00402
00405
00406
00409
00410
00411
00412
00416
00418
00421
 よっしゃあ、かかって来いーーーーーー!

本名:たかはし てるひで
 気安く本名で呼ぶわ、可愛い子紹介してだわ、調子に乗りまくる六つ子に
 大聖人、怒りのフンドシを披露!
 で 

 照英さんすご…!?

 照英さんに風評被害!
 ちなみに、10年前にふんどし姿となった時の公式ブログがこちら

 なお照英さん、現在43歳である。

ええ!?

00422
00425
00426
00427
00429
00431
00434
00435
00436
 照英さん大丈夫ー!? …って、ちょっとー!?

ビルドファイターズ
 優しい照英さんは、自身の恥を捨て、ちゃんと六つ子にも花を持たせるファンサービス!
 見たまえ、鍛え抜かれたこの身体!
 が

 キミ、やるなあ! じゃあ、これでどうかな?

 今度はビルダー対決に…
 すげーな十四松、お前、身体の構造十四松?

 やっぱり十四松は十四松だわ!

十四松『こ、これって…!?

00438
00439
00440
00441
00445
00448
00452
00455
00457
00458
 ありがたやー! ありがたやー!!/いやいや……

七番目の松野
 しかし、十四松さえも戦慄させた鼻ジェットの前には、もはや兄弟も認めるしかなかった
 照英、お前がナンバーワンだ… 
 と

 ありがとう…、照英にいさーん!/なんでェ…!?

 どうしてこうなるのか…。
 六つ子達に、「こちらこそだ!」と答える照英さん、いますぐ英霊化しかねないレベル

 しっかり、路面が鼻の形に焦げてるし!

照英兄さん『どうだ、旨いだろう!

00459
00460
00462
00464
00466
00467
00470
00472
00475
00477
00478
00479
00481
 お前ら、なに勝手に食ってんだよー! 俺は良いんだよMCだから!

MCでもダメだろー!
 後は、みんなで蜂楽饅頭を食べれば仲良しだァ!! と思ったら理不尽な事を言い出すわ
 もう完全に、フードファイトそっちのけだよ!
 で

 うははは…、幸せだぁ!

 集中できなーい!
 トト子の叫びは、成層圏まで高らかに届くのであった…、と。

 まるで最初から兄弟だったみたいな親しさだ…!

2017年10月17日 おそ松さん 第3話「げんし松さん/チョロ松と一松/トト子の挑戦」

00273
00503
00486
 もちろん照英はcv照英さんが担当。初のテレビアニメ参加である。

スタッフ
 脚本:松原秀
 絵コンテ:戸部敦夫
 演出:前屋俊広
 作画監督:佐賀野桜子、服部益美
 アニメ制作:studioぴえろ
 原作:赤塚不二夫『おそ松くん』/漫画/スピンオフ
 制作協力:マジックバス社

あらすじ
 ?

予告チョロ松『ガンガンギンギンでよろしくお願いします!

00490

 チョロ松です! いやあ、今週の照英さん、ガンガンギンギンだったね!
 僕は今週、ガンガンだったかは分からないけど…
 大体、ギンギンでした!

 やっぱり、来週もギンギンでやっていきたいし、いつまでもそうありたいって思っています

 そして次回は、そんな話しをお送りします。
 待つぞう!と待つよ。

 ガンガンギンギンで、よろしくお願いします!


00498
 だいたい、ギンギンでした! とかいう台詞が宇宙一似合うcv神谷浩史さん

陰キャ松の本音
 こういう、原始時代ネタって昔は多かったんですよね、ガンダムでもあったし!
 チョロ松と一松、素直じゃない松同士の心の交流が
 見事なバリケードエンド。

 知れば知るほど、「あ、もうダメだ…」ってあるよね…。

 トト子の挑戦
 前回、予告で唯一公開されてたサブタイですが、ただの照英じゃねえか!

 ただの照英回とか、もう照英だよワハハハ!

 次回、第4話「松造と松代ほか」


 おそ松さん 第1話「復活!おそ松くん 」
 おそ松さん 第2話「就職しよう」「おそ松の憂鬱」
 おそ松さん 第3話「こぼれ話集」
 おそ松さん 第4話「自立しよう」「トト子なのだ」
 おそ松さん第5話「カラ松事変」「エスパーニャンコ」
 おそ松さん第6話「おたんじょうび会ダジョー」「イヤミの大発見」
 おそ松さん第7話「トド松と5人の悪魔」「北へ」
 おそ松さん第8話「なごみのおそ松」「トト子の夢」
 おそ松さん第9話「チビ太とおでん」「恋する十四松」
 おそ松さん第10話「イヤミチビ太のレンタル彼女」
 おそ松さん第11話「クリスマスおそ松さん」
 おそ松さん第12話「年末スペシャルさん」
 おそ松さん第13話「実松さん」「じょし松さん」「事故?」
 おそ松さん第14話「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」
 おそ松さん第15話「面接」「じょし松さんⅡ」「チビ太の花のいのち」
 おそ松さん第16話「松野松楠」「一松事変」
 おそ松さん第17話「十四松まつり」
 おそ松さん第18話「逆襲のイヤミ」
 おそ松さん第19話「しどう 聖澤庄之助さん」「時代劇おそ松さん」「じょし松さん」「チョロ松ライジング」
 おそ松さん第20話「教えてハタ坊」「スクール松」「イヤミの学校」
 おそ松さん第21話「麻雀」「神松」
 おそ松さん第22話「希望の星、トド松」「ファイナルシェー」
 おそ松さん第23話「灯油」「ダヨーン族」
 おそ松さん第24話「トト子大あわて」「手紙」
 おそ松さん第25話「おそまつさんでした(最終回)」
 第13話時点での感想リンクまとめ


 おそ松さん 2期 第1話「ふっかつ おそ松さん」
 おそ松さん 2期 第2話「祝・就職!!/超洗剤」
 おそ松さん 2期 第3話「げんし松さん/チョロ松と一松/トト子の挑戦」
 おそ松さん 2期 第4話「松造と松代ほか」