公式 GETTER ROBOT DEVOLUTION ゲッターロボ デヴォリューション -宇宙最後の3分間- 4巻 感想 レビュー ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
世界消滅!? 早乙女博士が“エンペラー”を作ったカラクリ。今、第1巻冒頭へ!!

00024
00023
00019
00016
本作は仮想世界!? 原作・石川賢の作風上、てっきり本物の並行世界かと思ってた!?
 本作“仮想博士”は、現実の博士が、何故、自分達を必要としたかまで考え
 無数の仮想世界から、博士自身を並列化するチートで
 現実の“敵”を討つ研究をしたらしい

 故にエンペラーが作れ、故に敵もまた“ゲッターエンペラー”である!?

「物語」の手で、現実を救え!
 作中、“主人公”がキーワードなのも、竜馬らが“現実竜馬”から見れば被造物だからか!
 今までの台詞が連鎖し、謎が解けていくのが快感の巻
 新たな敵は、どうも恐竜帝国っぽい?
 ゲッターザウルス?

 今巻ラストが、ようやく第1巻冒頭へ繋がった! ここからがスタートだ!!

ゲッターロボ デヴォリューション 4巻 感想

 第20話「機能性パラダイムシフト」
 第21話「反逆クラウニング」
 第22話「閉じる世界」
 第23話「900000105」
 第24話「適者進化態」
 第25話「世界を滅ぼすモノ」
 第26話「叛逆する物語」
 第27話「世界が終わり、始まる進化」
 第28話「出現」
 巻末解説「ゲッター1」
 巻末解説「進化体エンペラー」
 これまでの感想

“被造物の世界”は消滅。現実世界の宇宙で、“最後の3分間”へ再挑戦!?

00013
 この世界を終わらせる事で、世界を存続させる。その意味するところとは…?

あらすじ
 不進化体が進化し、竜馬は“ミチルの姿をしたゲッター線”に、世界の真実を聞いた
 本世界は、ゲッターエンペラーの猛威に晒された“現実”を救う為
 ゲッターを進化させる仮想世界だったのだ

 博士、いや仮想早乙女博士は、早くからこれに気付き、“抗う力”を開発

 被造物である自分達が現実を救う
 ミチルの声で、仮想早乙女の狙いに応え、“仮想竜馬”は適者進化態へ

 仮想世界存続の為、仮想世界を消滅、現実竜馬の想像を越え“現実化”を果たす!

第20話、“ゲッタードラゴンを模した不進化体”! 武蔵、進化の時!!

00000
00001
 いや… あれは転化ではない …進化だ(早乙女博士)

第20話「機能性パラダイムシフト」
 武蔵の見せ場! 作中、ピリッとしなかった武蔵は、奮闘せにゃならなんだ!
 技名こそ叫ばなかったのの、敵に腕を絡めて投げる大技
 伝統技、“大雪山おろし”を披露!

 彼もまた、“奪う側<ゲッター>”と見せつける変化、ゲッターチェンジ!!

 ところが、不進化体が真ゲッターへ進化して圧倒…
 何この圧倒的っぷり

 タイトル“パラダイムシフト”とは、当然と思われていた認識の劇的変化

 敵の機能性、進化が焦点だったのでしょうか

第22話、真ゲッターへ進化し始めた不進化体ゲッター。しかし

00002
 武蔵、その本名は「車 弁慶」だった…。この武蔵坊弁慶野郎…!(新)

第21話「反逆クラウニング」
 ドラゴンから、真ゲッターへ進化し始めるも、スーッっと消えてしまった不進化体
 どうも、竜馬が意識不明の重態になってしまった為
 空気を読んだ(狙いだった?)。

 対し幼くして死んだ武蔵に代わり、育てられた拾い子”の弁慶

 過去世界に詳しくないでしょうし、大仰な名前だったのに驚いたんでしょうか
 ゲッターロボでは「武蔵の死」「代役弁慶」は定番

 また、彼らの世界を観測する「不進化体ボスの早乙女」

 現在起動中の並行世界が、全て本世界(の枝)に繋がるって…?

第22話。間もなく、この世界は終わる。何故ならば…。

00003
 周りの人間を大切に思っても、両親やミチルのように亡くすだろう、という怯えか

第22話「閉じる世界」
 いやもう、ホント首つり! 竜馬は、両親、ミチルと相次ぎ失ったのがトラウマ
 現実、将来に希望を持っても、「奪われる」悩みの象徴
 首つりは、その象徴なのでしょうか
 
 対し幻影は、奪われる程度の希望は、“欲望の値が低すぎると断じます

 半ば諦め、希望や理想を、「欲しい!」と強く欲していないから。
 それは確かにあるかもしれません

 現実を見るのは大事ですが、諦め半分で望んでも、何も手に出来ないのかもしれません

奪われない為に大切なのは何か? “現実に抵抗する”為に

00004
 大丈夫 何故ならこの世界は…(   ) だから アナタが全てを奪いなさい(ミチル)

主人公
 再び出た本作キーワード、誰もが、自分の主観で生きているんですから。
 誰もが主人公、誰もが、“自分はこうしたい”と強く願うという
 現実を変える手段を持っている

 竜馬に限らず、やりたい事をやる事にこそ、生まれた意味があるんじゃないか?

 ここまでは、読者を含めた「誰もが主人公」という一般論
 そして、本作は特殊な設定がある

 この世界は、今にも終わる。その“特殊な設定”を覆すのが本作の鍵!

 主人公云々は、思った以上に大切なキーワード。

世界は終わる、何故なら“仮想世界に過ぎない”から

00005
 竜馬たちパイロットは目が緑に。ゲッター線の影響が高まっていく中で。

世界の真実
 なるほど、過去、全ての世界が滅んできたのは「仮想世界」だったから!
 全て、コンピュータが再現した仮の世界に過ぎない
 それじゃあ続くワケがない!

 再現を担うゲッターがスイッチを切れば、プツリ消えるそれっぽっちの存在

 SF定番設定ですが、なまじ、石川賢先生(原作)は何でもありですから
 てっきり、マジ並行世界なのかと!

 本作の“人の良い敷島博士”は、若い頃の博士を再現したものだったらしい

 アドレナリン博士も、こんな青臭い頃が…。

第23話、“900000105”。現実の博士たちの狙いとは

00006
 仮想世界のデータをオーバーロードさせて こちらのゲッターを強制進化させるなんてよ

第23話「900000105」
 サブタイは、その為に繰り返されたシミュレーションの回数、データ採集が狙い!
 真相を聞いた若敷島は、瓦礫に飲まれ消息不明に
 若博士! アンタ敷島さんなら…!

 老敷島博士など、現実側は、VRの要領で仮想世界に侵入可能

 仮想世界を大量稼働、更に不進化体で攻撃して経験を積ませ
 実機に反映し、進化させるのが狙いと
 鬼も蛇(恐竜)も沢山だよ!

 まさか、その中に、ゲッターエンペラーをつくるバカがいたのが計算外だったのね。

 いや、そもそもどうやって作ったの!? …も今巻で判明!

第24話。瓦礫に足をやられた弁慶に代わり、竜馬、単独出撃!

00007
 奪われるくらいなら 俺がこの世界ごと 全部奪ってやる(竜馬)

第24話「適者進化態」
 ゲッターが、単身では性能を発揮できない“現実”を、思い込みで打ち破る事
 先のミチルの言葉は、ゲッターロボ(エンペラー)の助言と感じ
 竜馬は単身突撃、完敗します。

 しかし彼は、博士の狙い通り、“適者進化態”へ進化を遂げる事に

 博士、妙に嬉しそうだったの想定内だったからか!
 本当ロクな事せんなァ!

 まさにエヴァ劇場版、弐号機オマージュで、食い荒らされたゲッター!

 竜馬、アンタどっちかっていうと1号機でしょ!

第25話「世界を滅ぼすモノ」。竜馬の目的とは

00008
00009
00010
 やはりミチルが聞かせたのは、この世界が、仮想世界である事。その突破方法

第25話「世界を滅ぼすモノ」
 博士曰く、もう心配は要らない。竜馬は、この世界=ゲッター線に認められた
 仮想世界が、ゲッターロボという計算機で動いているなら
 同機そのものに認めさせればいい

 ロボの動力、意思あるエネルギー、ゲッター線に“価値あり”と認めさせる

 さすれば、シミュレータを使っている“現実側”もひとまず干渉不能に(?)
 電源自体を落とされない限り大丈夫?

 ダイナミック! ゲッター線の特性を生かした、ダイナミックな解決法じゃのう!

 称して、“世界(ゲッター線)”が、竜馬に順応したってワケだ!!

実は、“現実側”にも時間がなかった。危機は間近に迫っている!

00011
 アレの合体が終われば 世界が終わる(現実側の早乙女博士)。

ゲッターエンペラー(本物)
 原作で、エンペラーは、合体する時の余波だけで“敵母星”を滅ぼしていますが
 どうも本作でも、同様の事態が起こっていると判明
 それも「人類」に対して!?

 現実側は、もう仮想世界に干渉できなくなり、演算機のゲッター1を搬出

 際し同じく旧作より、シュワルツ&ステルバーの名も出ています。
 相当に大型化しとる?!

 竜馬の狙いとは、“この世界を終わらせる事”、…サブタイの「滅ぼすもの」ってお前!?

第26話。“皇帝の欠片”の正体、ゲッター線の記憶

00012
 現実と仮想が、まったく同じコマ割りで推移する演出。面白い。

第26話「叛逆する物語」
 魔法少女仮想早乙女は、世界が一様に消滅する様を、人為的なものと解釈
 現実曰く、皇帝の欠片は、シミュレーション過程で生まれたゲッター線の記憶
 聞いた感じは副産物らしい

 仮想早乙女は、膨大な情報を持つソレを、シミュレータにする事を思いついた

 自分は仮想存在だと結論し、自分達を必要とした“現実側の問題”へ
 数多の仮想早乙女自身を並列化

 膨大な早乙女博士の合算で、“抗う力”として小型ゲッターエンペラーを作った、と

 なるほど、エンペラーの一つや二つ作れますって話よ!

では、“現実”が対峙する問題とは…? それが前回の話ってワケだ!

00013
00014
00015
 敵はエンペラー! ただし、「正確にはゲッターではない」という。

被造物が現実を救う物語
 だからエンペラーを作った! 抗う為、現実早乙女の想像を越える答えを提示したのね
 ともかく、現実が滅んだら「仮想」も滅んでしまうし
 単に敵を倒しても用済みになる

 そこで“存在させ続ける”為に、この世界を終わらせる矛盾した結論

 まやかしの世界じゃなくするという事。
 原作のエンペラーは、記録されたデータから人間を製造していましたが…?

 狙いは、現実世界側に、独立稼動する、シミュレータ専用ゲッターを確保する事か?

第27話。世界の終わり。“頼んだぞ、与える者たちよ”。

00016
00017
 ゲッター=奪還、奪うから逆、「与えるもの」と仮想早乙女は言った。

第27話「世界が終わり、始まる進化」
 実は、仮想竜馬たちのエンペラーは、皇帝の欠片そのもので稼動していた
 掲げたのは、炉心でなく、皇帝の欠片の核にあたるパーツで
 敵、半端エンペラーはこれに食いつく

 仮想竜馬は、半端エンペラーの力で、皇帝の欠片を破壊

 ゲッター線を暴走させ、消されるより先に“仮想世界”を消滅
 隼人、弁慶達に再会を誓い…?

 早乙女博士の口調からして、当分復活は出来ない様子。

第28話。ゲッターロボ“強制進化”! 竜馬の想像を越えた事態!?

00018
00019
00020
 敵は尻尾などがあり、旧作のハチュウ人類系らしいと窺える

第28話「出現」
 現実側の狙い、仮想世界で蓄積したデータによる、ゲッター進化は成功!
 しかし、彼らの予想外として「仮想竜馬」自身まで
 現実世界に現れてしまった!

 仮想早乙女と竜馬が、世界を消滅させたのは、これを狙ってたワケね!

 また、強制進化させられたのは“世界シミュレータ”だったゲッターなので
 仮想世界のデータも内包

 本機を守る事が、“世界”を守る事に繋がるのでしょうか

 このラストが、第1巻冒頭だったのね!

巻末解説「ゲッター1」。仮想世界シミュレータも兼ねた、プロトタイプ機

00021
 本機が変容し、本作版ゲッターエンペラーとなったが、動力は…?

巻末解説「ゲッター1」
 設定的には、初代ゲッターのプロトタイプ(プロトゲッターと同一かは記載なし)。
 ゲッタードラゴンの予備機として、初代ゲッター同等を目安に改良されたが
 最終的にシミュレーター兼“器”として使用

 当初は、進化ゲッターは竜馬が使うはずだったが、仮想竜馬が付属してきた

 仮想世界での、“エンペラーの圧縮小型版”の記憶をオーバーロードし
 強制進化に成功する。

 今回、表紙に使われたのはコイツだった様子。

巻末解説「進化体エンペラー」。ガッカリな姿を持つ“不完全なモノ”

00022
 当初は顔のドアップだったが、実は顔以外はショボいことが判明。

巻末解説「進化体エンペラー
 不進化体ドラゴンが、ゲッターエネルギーを取り込む事で、擬似エンペラー化したもの
 進化は不完全なモノであり、一部しか再現できておらず
 醜く歪な姿となった(原文ママ)

 実際問題、エンペラーを再現できるなら、最初からそうしてるワケで。

 現実陣営側が、マトモに再現できなかったのは当然かもしれません。
 更なる進化を欲し「皇帝の欠片」まっしぐら!

 コイツが、欠片を壊してくれたので、無事世界が滅べた、という感じでしょうか

収録

00011
 というコトは、現実側で変形中のコレも、実は歪? ゲッターザウルス?

 少年チャンピオンコミックスEXTRA「ゲッターロボ DEVOLUTION -宇宙最後の3分間- 4巻」。
 清水栄一&下口智裕、月刊別冊少年チャンピオン連載、秋田書店発行。
 2017年10月(前巻2017年1月)

収録
 第20話「機能性パラダイムシフト」
 第21話「反逆クラウニング」
 第22話「閉じる世界」
 第23話「900000105」
 第24話「適者進化態」
 第25話「世界を滅ぼすモノ」
 第26話「叛逆する物語」
 第27話「世界が終わり、始まる進化」
 第28話「出現」
 巻末解説「ゲッター1」
 巻末解説「進化体エンペラー」
 これまでの感想
 トップに戻る

鉄のラインバレル 感想

 鉄のラインバレル 21巻
 鉄のラインバレル 22巻
 鉄のラインバレル 23巻
 鉄のラインバレル 24巻
 鉄のラインバレル 25巻【最終回】

GETTER ROBOT DEVOLUTION ゲッターロボ デヴォリューション -宇宙最後の3分間- 感想

 ゲッターロボ DEVOLUTION -宇宙最後の3分間- 1巻
 ゲッターロボ DEVOLUTION -宇宙最後の3分間- 2巻“おかえり 竜馬”
 ゲッターロボ DEVOLUTION 3巻 “エンペラー”はそこに居た
 ゲッターロボ DEVOLUTION 4巻“世界消滅”