公式サイト ガンダムBF ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話 4話 感想 俺たちの戦争 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり あらすじ 4日13時追記 前回はこちら GMの逆襲はこちら
ジンクス小隊発進! シリアスにミリタリーに、大人気ない戦争が始まらない!?

00089
00290
00293
外伝漫画を経て、丸くなったレナート兄弟の「戦争」、またも阻むのは「遊び」ってワケだ!!
 ラスト、何も言わないメイジンに食ってかかる兄弟に笑った!
 末っ子いたのかよ!?

 ガンプラの最高峰、PGを大人気なく投入するメイジン、何か言えコラ!!

ただの仲良しだった!?
 オチで、因縁のない末っ子が嬉しがってて、妙に笑えます。3人目の説明して下さいよ!
 でも、ブ厚いプラ厚を誇る大スケールモデルを貫く閃きと勇気
 さすがレナート兄弟だった!

 無言の1/60刹那フィギュアとか、あんなん卑怯だわ! 笑うしかねェ!!

本編でメイジン・カワグチを追い詰めた“戦争屋”、再び!

img_0
 当時のガンプラ「ジムスナイパーK9」。量産MSの“信頼性”こそ、重視する異質なファイター。

戦争vsガンプラバトル
 相手の全力を出し切らせ、受け止めた上で、それを上回って勝利する三代目メイジンの哲学
 逆に、相手の関節を破壊するなど、実戦的な戦術を得意とし
 それこそがガンプラバトルと豪語した強豪

 勝利至上の二代目メイジンを信奉し、敵も客も楽しませたい三代目に立ちはだかった

レナート兄弟の、熱い「なりきり」バトル! 立ちはだかるパーフェクトグレード!!

00167
 いきなりシールド投げてきたり、00本編が懐かしくなる闘いだったわ!!

あらすじ
 正規軍からの情報を受け、私設武装組織の基地の手掛かりを求めジャングルで待機する3機のジンクス小隊。そんな時、敵の輸送コンテナがセンサーに反応する。即座に追跡を開始するジンクス小隊だったが、コンテナの中からケルディムガンダムサーガが現れその行く手を阻む。散開しケルディムガンダムサーガとの戦闘を開始する2機のジンクス。残りの1機はそのまま輸送コンテナの追撃を続け光学迷彩に隠された敵基地を発見するが、そこに現れたのは各所を発光させた巨大な敵影だった。

 次回、第5話「ガンプラは最高だ!」

ガンプラバトルとは!

00001
 前回は、ガンプラ自身が、意思を持った世界を描いたような物語でした
 果たして邪型ミヤガとは何だったのか…?
 謎は深まるばかりである 

 皆、今回もLEDが大活躍ですぜ!

このポイントに来てから、もう四時間…

00004
00006
 全身がメタル化、どうも「ELS」と一体化した設定らしく、動くと金属音がする。

レナート3兄弟
 森で獲物を待つマリオ、フリオ、そしてセリオの「戦争屋」、レナート兄弟たち。
 正規軍から、敵が来るという情報を貰ったものの…
 と

 焦るなセリオ、奴らは世界中にケンカをふっかけた私設武装組織…!

 敵はソレスタルビーイング!
 ここは、「ガンダム00」の劇場版後の世界だ…、と

 CB相手に、油断は禁物という長兄

セリオ『もしかして…、僕らの動きが読まれている?』

00008
 あご髭があり、口調がちょっと幼いのが新キャラ、末っ子のセリオだ。
 彼らは、ガンダムビルドファイターズ 第1期で登場した
 レナート兄弟!

 今回、さらに末っ子まで付いてくる! ※彼らの死闘回はこちらこちら

『来た!』『通信撹乱領域からして、敵の輸送コンテナの可能性が高い…』

00009
00010
00011
00014
00015
00016
00019
00020
00025
 補給物資でも運んでンのか?/だとすれば、後をつければ敵基地の場所がわかるかも!

それが戦場だ
 やがて、設置したセンサーが反応、長兄マリオは「ストライカージンクス」に搭乗
 次男三男は、専用カラーのジンクスⅣへ!
 と

 各機、有視界暗視モードに切り替えろ!

 この高まる緊張感!
 予告の多眼は、この「ストライカージンクス」の、新型頭部だったのね!!

 わかるか…ッ、わかるかそんなもん!

マリオ『レナート小隊、出るぞ』

00027
 GN粒子の最大散布と共に、メタル化が解け、人間風の外見となる3人
 というか、「コクピット用フィギュア」はメタル化彩色していたが
 この場面から「中の人」になった
 と

※冒頭で話してたのは、ガンプラの中のフィギュア、以降はプレイヤー自身
 
長兄マリオ『様子を見る、…敵基地に向かっている可能性も…』

00031
00035
00036
00038
00041
00042
00043
00045
00047
00050
00053
 誘い出されたのは、俺達の方か!

喋れよロックオン!
 GN粒子の撹乱で、一般的なレーダーから隠れ、悠々進む輸送コンテナ…と思われた!
 しかし、敵はレナート達を“待っていた”
 と

 ガンダム!?/タイプ、“ケルディム”!!

 不意を突いたという確信
 そのはずが、逆に奇襲され算を乱すレナート兄弟だったが、さすがに慣れたもの!

 敵も、中にロックオンが乗ってるのね!

マリオ『…その重武装型か』

00055
 貫禄の高ステータスを誇る「ケルディムガンダム サーガ」が、3人を迎え撃つ
 サーガとは、外伝OOVに登場した特殊戦形態であり
 全身に銃を持つ「セブンガン」。

 エクシアの開発コード「セブンソード」とかけた、多装備バージョンと思えばよろし!

長兄マリオ『…セリオ(末っ子)、輸送コンテナを追え』

00057
00059
00060
00064
00066
00069
00070
00073
00074
00081
00082
00083
00084
00085
00086
00087
00089
 サーガは、腰背部にコンテナを装備、ミサイルや機雷がどっさり入ってるのだ!

洒落た真似
 こちらは3人、2対1でガンダムを相手取り、末っ子にコンテナ追撃を任せたのだが
 機雷、からの無視界乱射戦で遅れを取ってしまう
 で

 どわっ!?

 狙われてたのは末っ子だった!
 左腕を失い、そのまま落下してしまうセリオのジンクスⅣ

 初陣からついてねーな、末っ子!

『ガンダムのパイロット、洒落た真似を!

00090
 ガンダムを2機がかりで足止めしたマリオ達、末っ子を引き離した安心感を利用
 引き離されながらも、長射程の狙撃を行ったガンダム!
 セリオ、油断して直撃したワケだ

 気をつけよう、遠い位置にいる狙撃機の怖さ!

セリオ『左腕をやられた! でも、追撃は続行できる!!』

00092
00093
00095
00097
00100
00102
 フリオ、時間が惜しい。一気に叩く!

ストライカー!
 ちまちま攻めるのをやめ、一気に展開する長兄と次男、まず両肩ディスチャージャー!
 肩の6発は、「煙幕弾」が入ってるのだ! 
 と

 いいねェ…、戦争らしくなってきた!

 この煙幕は粒子撹乱つき
 サーガの銃は、大半が小口径粒子銃なので、粒子を阻害され無力化に

 対し、長兄のストライカージンクスは!

マリオ『粒子撹乱つきだ…、それと!

00104
 GNスマートガン粒子撹乱も関係ない、大出力ライフルを見舞う長兄!
 ガンダム的には、ミリタリー色の強い「センチネル」が初出の武器で
 同作では、ライフルの3倍以上の出力!

 撹乱ごとフッ飛ばす出力! 

マリオ『! トランザムか…!!

00105
00107
00108
00109
00110
00111
00116
 へっ、最初から使っておけば良いものを!

トランザム!
 武装の大半を失ったサーガは、リミッター解除、性能3倍化機能トランザムを使用
 だが、粒子解放中に直撃、あっさり大破!
 と

 セリオを追う!

 多々一は辛い!
 トランザムは、粒子を一気に消費するので、最初に使えば息切れするという判断か

 グムー、出し惜しみしたのが敗因でしたねえ

末弟セリオ『…一体、どこまで行くつもりなんだ…?』

00117
00118
00119
00122
00123
00128
00129
00134
00136
 光学迷彩! こんなところに、やつ等の基地が…!!

閃光のセリオ
 追尾するセリオに、輸送コンテナは観念したのか、自動操縦なのか本拠地まで移動
 光学、「目に映る映像」を偽装した基地を発見
 が

 何だ、あの粒子放出量は…

 セリオさん死んだァ!
 いや生きてた、けどやっぱり、隠された「エクシア」は予想通りの代物だった…!

 何せこいつ、2017年12月発売で予約受付中…!

『あ、兄貴…! あの機体の発光は!?

00138
 オーロラ・ルミネセンス、12月発売のエクシアは、同時に特別版が発売!
 時間経過で、色を変えていく専用LEDによって発光し
 発光をケーブルで全身に伝達

 その輝きの変化は、さながらオーラの如し!(言い過ぎ)。

マリオ『PG エクシアか…!

00140
00141
00144
00146
00147
00151
00153
00155
00156
00157
00161
00162
00167
 あくまでガンプラ、土台となっているのは、アクションベースなのだーー!!

PGエクシア
 全身が発光するエクシアは、PG、パーフェクト・グレードと呼ばれる最高峰ガンプラ!!
 スケールは1/60、1/144のHGなどアリンコよ!
 と

 森へ逃げ込む! セリオ機と、合流するぞ!!

 やはり出たなLED発光卿!
 キービジュアルで、「エクシア」が映ってた時点で予想してしかるべき存在!!

 定価34,560円(税込)、発売日2017年12月02日だ…!

セリオ『両腕をヤられた…』

00169
 案外平気だったセリオ、サーガにヤられた左に続き、右腕も失う。
 ちくしょう、せっかく両肩にシールドがあるのに!
 ジンクスⅣはかっけえなあぁ!

 きっとアレだ、幸い、シールドでそらして無事だったのだろうか!

次男『あいつら…、PGなんか持ち出しやがって、雰囲気が台無しだ!

00171
00173
00175
00183

 ダメだ。
 フリオ、セリオ、俺たちは何故ここにいる?
 決まっている、戦争する為だ! 故にレナート小隊に撤退は無い!

 どんな状況になろうと、たとえ命を散らしてでも戦果を挙げる
 それが俺達の求める戦争だ…

 そうだろう!


00185
00188
00189
00193
00194
 ああ…、その通りだぜ兄貴!/うん、しよう! 僕たちの戦争をッ!!

僕らのセブンズガン戦争
 相手はPG、高度な内部フレームや独自ギミックも完備した、ガンプラ最高峰である
 だが、それでも引かないのがレナート流だ!
 と

 補修後、3機で強襲をかける…、トランザムアタックだ!

 この3兄弟ノリノリだ!
 第一期では、「勝利の為に手段を選ばない」様をして、戦争と称していた兄弟

 今は、苦難を越える事が戦争なんだね兄さん!

補修の為、関節が無事な左腕側を移植する事に

00195
 2個イチパーツを融通することで、次兄の左腕を末っ子機に移植
 同じHGジンクスⅣ、ならではですね!
 しかしシュールな絵面だ!

 モビルスーツってのは、元々は重機だったんだからね!

『行くぞセリオ』『『トランザム!』』

00196
00198
00199
00202
00203
00206
00208
00210
00212
00213
00215
 装甲が厚過ぎる!

了解トランザム!
 サーガ同様、トランザムして巨大エクシアに挑む2機、こいつらは設定上は量産機
 だが、トランザム可能な量産機なのだ!
 と

 当たるかよっ!!

 劇場版MSのジンクスⅣ
 TVシリーズでは、ガンダムや高級機の代名詞だったトランザムも思いのまま!

 まー、粒子が切れやすいけど!

しかしPGエクシア、容赦なくシールドを投擲!

00218
 エクシアといえば「投げる」のが特徴で、投げる為のダガーを持つ異色のガンダム
 ちなみに、こうして投げた武装の“回収班”が別途存在し
 彼らの外伝も描かれている

 その名もフェレシュテ、ガンダム開発を担当してきた試験チームでもある!

まだだ! 勝利のみを信じて戦え!!

00219
00222
00224
00227
00229
00231
00232
00233
00235
 BGMが変わった瞬間、「もう何も怖くない」か? と思った00ファンだらけのはず!

俺達の戦争
 シールドで体勢を崩した末っ子、頭部を失った次男、追い詰められていくレナート兄弟
 だが、彼らにだって勝機があった!
 PG「だから」

 出すんだ! お前のとっておきをな!!

 このPGエクシアは発光する
 LEDの色が変化し、通常状態の「緑」から「青」へ、色調変化する史上初のガンプラ!

 これをレナート兄弟は待っていたのだ!

来たぜ兄貴、トランザムだ!

00236
 最終段階は赤、トランザム状態に入るまで、彼らはずっと粘っていたのだ!
 なお、実際の製品は各部の発光は行うものの
 装甲自体は発光しません!

 こんな風に、光ればいいのにね! 

トランザム同士の推進力でブツかれば、どんな装甲だろうと!』

00238
00241
00242
00244
00246
00250
00254
00255
00257
00259
00264
00265
00266
00268
00271
00275
 その面…、おがませろ!

トランザム!
 互いに最大限に加速する事で、相手の装甲を破る、長兄の捨て身技が炸裂!
 さすがに、増加したアーマーは殆ど失われた
 が

 これが俺達の…、戦争だ!

 さすが1/60!
 中には、同じ縮尺の刹那・F・セイエイが格納されており、めちゃくちゃデカい!

 が、それはそれとして爆破!

バトル・エンデッド!

00276
 特に劇場版00で同じお馴染み、トランザムの臨界状態で自爆を敢行!
 こうして、レナート兄弟は「戦争」を完遂
 死なば諸共!

 最後、地面に突き刺さった、GNソードがかっこいい!

セリオ『…でも、もっとリアルな戦いをしたかったなぁ…』

00277
00278
00282
00284
00285
00286

 か、カワグチぃ!?
 すごい、メイジン・カワグチだぁ!
 喜んでんじゃねえセリオ!

 カワグチ、リアルな戦場で戦うんじゃなかったのか!

 そうだよぉ! わざわざ、コクピット周りやフィギュアまで作りこんできたのにっ!!
 何、さわやかに笑ってんだよ!
 謝れよぉ!

 お…、俺達の戦争をかえせえええ!!


00288
00290
00293
 つまり、「リアルな戦場」を指定され、わざわざコスプレまでしてきたのである!

俺達の戦争を!
 やっぱり、対戦相手はメイジン・カワグチ、リアル戦を指定してきたくせにPG!
 あんなデカいエクシア、いる訳ないじゃないか!
 汚い!

 せっかくなりきりバトルだったのに、台無しじゃねえか!

 ねえ返して! 彼らの戦争を返してあげて!?
 ひどいわメイジン!

 そのグラサン、全部叩き割ってやる!

次回、このスーパーヘビー級ガンプラは…!?

00301
00302
00304
 奥のガンダムは、足側面が出っ張っているのが特徴、このタイプは案外少ない。

ガンプラは最高だ!
 サブタイ、なんだか最終話っぽい感じですね…、機体もゴッテゴテだし!
 SEED系ポーズを決めた、いかにもヒロイックな機体と
 重装の飛行型MS?

 両方とも、オリジナルガンプラでしょうか?

サブタイから連想させた通り、レナート兄弟メイン回! まさかの主役!?

00188
 ガンダムBF⇒トライの間を描く、外伝漫画A-Rでも、再びメイジンに立ちはだかった

第8回世界大会編
 これは同3巻、GMの逆襲の前後を描く「世界大会編」中、メイジンと酒場で出会った場面
 アニメ本編でも、メイジンとは和解に至らなかっただけに
 予選、本戦と再戦する事となる

 今回は、その更に後だったのか、すっかり険の取れた様子が微笑ましかった!

※卓上は「アッザム」の原型兵器、ルナタンクのガンプラ。

立ちはだかったPG、パーフェクト・グレードの猛威!

00185
 2017年9月末に予約を開始、12月2日発売のPGエクシア。記事はこちら

パーフェクト・グレード
 ガンプラ、というか第1弾はエヴァ初号機だったりする、バンダイ製プラモの最上位。
 現在は、1/48のメガサイズが登場したものの
 一般販売では最大級の1/60

 本キットは、ガンダム00の特色、“発光”に着眼した多段発光LEDを搭載

 全身のケーブルを、発光、GN粒子が伝わるギミックを加えるなど
 高級キットならではのギミック!

 ちなみに、PGダブルオーライザーでは、あのデザインの“保持力”が課題となってました。

ソレスタルビーイング」所属機として、1対2を繰り広げたケルディム!

00000
 元は外伝、ガンダム00Vの機体「ケルディムガンダムサーガ」。カラーリングが変更に

ケルディムガンダムサーガ
 元々は、敵拠点内、狭い空間でも闘いやすいように、短い銃を多数装備した特殊戦仕様
 チームの一員、狙撃機、バックアップとして戦うのではなく
 単独で任務をこなす為の装備

 特徴的なシールドも、センサーを内蔵し、「身を隠しつつ索敵する」事が可能

 また今回、腰背部から機雷を散布したが
 奥にはミサイルも搭載

 ビットを廃したのも、狭い空間で使うのは向いていない為

ガンダム00 2期を生き延びるも、劇場版には登場しなかった「ケルディム」

00081
00047
 代わりに、新装備を施した「ガンダムデュナメス」が再登板した

その後のケルディムガンダム
 今回、「00劇場版」以降を連想させる舞台でしたが、実際ケルディムガンダムは健在であり
 この“サーガ”に固定、アリオス共々に別働隊に預けられて
 ひっそりと活動しています

 特に、顔を隠せる「センサーモード」を多用、ガンダムである事を隠して活動。

 アリオスも、パイロット単独の運用なので“単騎戦闘力向上”プランに変更
 アリオスガンダム アスカロンに

 政権が介入困難な事件に、ひっそり対応し続ける中、「劇場版」が訪れる事に。

レナート3兄弟、長兄マリオが登場した機体だよ兄さん!

00001
 2018年1月、一般販売が決まっており、先ごろキット情報公開されました。

ストライカージンクス
 量産機こそ、故障が少なく性能も安定した、手足として扱いやすい「兵器」である…。
 レナート兄弟の信念に基き、ガンダム00世界を支えるMS
 高性能量産機“ジンクス”を改造

 中でもスナイパーK9同様、「上位機種」を元にしつつ、実戦本位なガンプラ!

 頭部センサーを装甲で覆うなど
 敢えて、普通は「かっこ悪い」とやらないような改造を行うのも、彼ららしいと感じます。

 00V戦記の“ノーヘッド”に近い形なのも、ちょっとしたお遊びですね

原型は「アドヴァンドジンクス」、下にはイケメンフェイスが潜んでいる!

00001
00257
 アドヴァンスドジンクスは、今年MGがプレバンで受注生産。記事はこちらと、こちら

アドヴァンスドジンクス
 原型は、ガンダム00第1期の後、連邦が苦労して「ジンクス」を解析し量産体制を整えた後
 現場の要請で、エース向けカスタム機として生産された機体であり
 宇宙世紀の「ジムスナイパーカスタム」に近い。

 ストライカーにはないものの、GNランス試験装備されていた。

 ランスがジンクスⅢでの標準化するなど、データは後の汎用機に生かされたものの
 ELS戦役でも乗り続けて生き抜いた変態も。

 その名はエイミー・ジンバリスト、外伝00Vの主要キャラであった

00世界におけるガンダムは、“世界の敵”だった

00138
 光学迷彩で姿を消すのも、「ガンダム」が劇中で持っていた機能の一つだ。

00世界の「ガンダム」
 作中、数世代先の技術で猛威を振るい、圧倒的な力の象徴となった「ガンダム」。
 しかし、ある事件から、決定的に世界的に憎まれるようになり
 強く横暴な存在の象徴に

 ジンクスは、そんな「ガンダム」を倒し、世界に平和をもたらした量産機でした

 量産機ながら、その存在感が別格なのが特徴。

ジンクスとは、人類が初めて手にした「量産型ガンダム」であった

00254
 ジンクスは、ガンダムスローネの後継機、中間の試作機に「スローネ ヴァラヌス」が存在した

GN-X ジンクス
 また作中、一般人には知られていないが、「ガンダムを倒す兵器」として密かに国連に供与
 後に、地球連邦誕生で、主力となっていったジンクスだが
 元々はガンダムであった

 連邦は、ガンダムという悪」を否定し、特務部隊アロウズも設立

 しかしアロウズが暴走し
 劇場版00の頃は、「アロウズは悪」「ガンダムは英雄」に世論は摩り替わる

 ジンクスⅣは、“ガンダム”に意図的に似せて作られる事となった

レナート兄弟の次兄フリオ、末っ子セリオが使用した「ジンクスⅣ」

img_0
00002
 特に両肩シールドが付くと、ダブルオーライザーを髣髴とさせるシルエットに

ジンクスⅣ
 国連は、ジンクスの量産体制を整えた後、試験機的な位置付けでジンクスⅡを開発し
 更にジンクスⅢを開発、大量生産して主力機化しつつ
 ⅠとⅡも順次「Ⅲ」に改造された

 続くⅣは、アロウズ暴走で、量産機「アヘッド」のイメージが悪化したのを一因に誕生

 アヘッドを発展させる予定が崩れ
 得られたノウハウを、改めて「ジンクス」「フラッグ系MS」の改良へと差し向ける事となった

 完成したⅣは、V字アンテナなど“ガンダム”に意図的に似せられている

そこで立ち消えとなった試作機がコイツだ、どう思う?

IMG_7267
 頭がないようだが…/あんなもの、良く壊されるので廃しました。

GNX-Y802T ノーヘッド
 余談だが、これが本来の主流だった試作機で、アヘッドの正統進化として誕生。
 頭を排除して、センサーを各部に分散配置する
 実戦的な仕様で試作

 バックパックは、超兵ソーマ・ピーリス用、ミスターブシドー機の刀も活かされた

 問題点を克服し、エース機のノウハウを一般機に活かした優れた機体だったが
 政治的事情からお蔵入りに

 また、かっこわるいMSであった(エイミー・ジンバリスト談)

冒頭、なんでレナート兄弟はメタリックだったの? 金属質なの?

00006
 動くと金属音がし、口パクも合ってない、というか必要ないのでしょう。

ELSレナート
 宇宙世紀、初代ガンダムの世界は、「人類の来るべき宇宙進出」が一つの柱となってますが
 ガンダム00の世界は、本当に人類が進化を迎えた上に
 異星生命体まで訪れた

 その異星生命体、ELSと融合した新人類…、というイメージだったのだと思われます

 チッ、お前らってば、立派に進化しやがってよう!
 00劇中「こうなった」例も。

 こうした変化を嫌い、劇場版の“空白の数十年”、新旧人類で戦争が起きたという設定も。

メタルレナート兄弟の獲物、「私設武装組織」って?

00035
00045
 私設武装組織ソレスタルビーイングは、ガンダム00の「主役陣営」

私設武装組織
 ガンダム00は、そのCBが、人類に向けて「我々は3年待ったのだもとい!
 当時、3つの陣営にまとまっていた人類に対し
 紛争根絶を宣言
 
 紛争解決のために武力介入とは、存在自体が矛盾している!

 と、劇中でも呆れられるなど大きなインパクトを与え
 物語を牽引します

 今回は、連邦正規軍から情報を得て、彼らを狙ったという「設定」。

兄弟が警戒した、「戦術予報士」とは?

00043
 ちくしょうCBの罠にはまった! 敵の戦術予報士の仕業だ!! …という「設定」。

戦術予報士
 ガンダム00の劇中職業で、いわゆる参謀職ながら、“民間所属”と強調する為のネーミング。
 同世界は紛争が多発し、軍に頼っては手遅れになりがちで
 民間も自力解決が求められた

 そこで、戦力として「PMC(傭兵)」を、参謀として予報士を雇う、と。

 もちろんマネキンのように、軍に雇用される事もある。

今年はガンダム00の10周年! その連動もあってのチョイスでしょうか

00288
 端々に、00の用語が飛びかう回でしたね!

コングラッチュレーション!
 また、旧シリーズでは「勝利の為に手段を選ばない」、非情な人物だったレナート兄弟
 彼らも、いまやすっかり丸くなったんだなぁ…
 と、感じさせる回に

 メイジンとの口論も完全にギャグ、タツヤさん嬉しそうでしたねー。

2017年11月3日 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話「俺たちの戦争」

00153
 本編での味方が敵で、敵が主役! 異色っていいよねー。 

スタッフ
 脚本:黒田洋介
 絵コンテ:西澤晋
 演出:大張正己
 キャラ作画監督:千葉道徳
 メカ作画監督:宇田早輝子
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:アサツー ディ・ケイ

あらすじ
 正規軍からの情報を受け、私設武装組織の基地の手掛かりを求めジャングルで待機する3機のジンクス小隊。そんな時、敵の輸送コンテナがセンサーに反応する。即座に追跡を開始するジンクス小隊だったが、コンテナの中からケルディムガンダムサーガが現れその行く手を阻む。散開しケルディムガンダムサーガとの戦闘を開始する2機のジンクス。残りの1機はそのまま輸送コンテナの追撃を続け光学迷彩に隠された敵基地を発見するが、そこに現れたのは各所を発光させた巨大な敵影だった。

次回、12月配信は「ガンプラは最高だ!」

00167
00282
00284
kv_bl
 ひっくりかえっている、刹那フィギュアがシュール

僕らが望んだ戦争だ!
 ガンダムと、双子の兄弟といえば物騒な事になるのがお約束ですが、実に平和!
 ラスト、メイジンは「彼らも丸くなったなー」と
 そんな風に笑ってた?

 のっけから、レナート兄弟が3人いるわ、メタル化してるわとツッコミどころ満載!

 現行外伝、彼らとメイジンの因縁が強調されていますが
 出演が決まってたからなのね

 後はもう少し頭脳戦を…、もう何も怖くない、怖くはない…、だったら完璧だった!

 次回、第5話「ガンプラは最高だ!」


 ガンダムビルドファイターズ 第1話「セイとレイジ」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第2話「紅の彗星」。その追補記事OP記事ED記事
 ガンダムビルドファイターズ 第3話「フルパッケージ」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第4話「ガンプラアイドル☆キララ」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第5話「最強ビルダー」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第6話「戦う理由<わけ>」、その追補記事。
 ガンダムビルドファイターズ 第7話「世界の実力」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第8話「逢戦士たち」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第9話「想像の翼」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第10話「開幕!世界大会」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第11話「ロワイヤル」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第12話「ディスチャージ」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第13話「バトルウェポン」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第14話「暗号名C<コードネームC>」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第15話「戦士<ファイター>のかがやき」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第16話「再会、父よ?」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第17話「心の形」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第18話「ブラッド・ハウンド」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第19話「アストレイの刃」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第21話「きらめく粒子の中で」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第22話「名人VS名人」。その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第23話「ガンプラ・イブ」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 第24話「ダークマター」、その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ 最終話「約束」その追補記事
 ガンダムビルドファイターズ ラルさん誕生の経緯
 ガンダムビルドファイターズ 放映終了、各話感想まとめ

ガンダムビルドファイターズトライ

 ガンダムビルドファイターズトライ 第1話「風をよぶ少年」、補足、補足、補足
 ガンダムビルドファイターズトライ 第2話「結成! トライ・ファイターズ」、補足、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第3話「その名はギャン子」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第4話「Gミューズ」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第5話「憧れと挑戦を胸に」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第6話「戦場の支配者」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第7話「素組みのシモン」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第8話「この盾に誓って」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第9話「決戦のソロモン」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第10話「ガン☆コレ」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第13話「ビヨンド・ザ・ナックル」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第14話「好敵手たち」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第15話「新生!トライファイターズ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第16話「華麗なるシア」、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第17話「亡霊城の罠」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第18話「スナイバル・ドラゴ・ギラ」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第19話「運命の再会」、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第21話「蒼き翼」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに」、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 第23話「ビルド・ファイター」
 ガンダムビルドファイターズトライ 第24話「ファイナル・バースト」
 ガンダムビルドファイターズトライ 最終話「僕たちのガンプラ」、捕捉、捕捉、捕捉、捕捉
 ガンダムビルドファイターズトライ 全25話 感想リンクまとめ。より“ガンプラバトル”に徹した後継作!

三代目メイジン「ユウキ・タツヤ」主役、ガンダムビルドファイターズA

 ガンダムビルドファイターズA 1巻
 ガンダムビルドファイターズA 2巻
 ガンダムビルドファイターズA 3巻
 ガンダムビルドファイターズA 4巻
 ガンダムビルドファイターズA 5巻※第一期完結

ガンダムビルドファイターズA-R 感想 BF無印の前、及び「トライとの間」を描く

 ガンダムビルドファイターズA-R 1巻
 ガンダムビルドファイターズA-R 2巻“レディvsプリンセス”
 ガンダムビルドファイターズA-R 3巻“第8回世界大会予選”黒騎士参戦!
 ガンダムビルドファイターズA-T 全1巻“アフター・アイランド・ウォーズ”


 ガンダムビルドファイターズ アイランド・ウォーズ
 ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話「AIバトローグ」、公式無料配信
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第2話「敵の秘密開発工場を叩け」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第3話「ふみなとギャン子の大冒険」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第4話「俺たちの戦争」
 ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第5話「ガンプラは最高だ!」