公式サイト おそ松さん 第2期 第2話 2話 感想 祝・就職!!/超洗剤 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 前回はこちら
乳首が散りゆく就職回! 六人揃って、内臓までロクでもないな!!

00304
00392
00454
結局、面白いことをやろうとするより、日常のほうが面白いんだよおそ松さん達は!
 つまり、彼らを描く本作はチビ太の動画配信だった…?(哲学)
 本気に期待したこっちがバカだった!

 お約束の透明薬回、内臓になる六つ子、(作画班が)めんどい! ただの本音!!

六つ子という概念
 むしろ、ラクガキ状態なら識別が可能って、イヤミは本質を見抜いていた…!
 バカでクズでエロい、突き詰めると兄さんになる…?
 おそ松兄さんは概念だった…?

 ダメ人間なんて誰でもなれる、でもクズは努力が必要…、兄さんの言葉がミョーに深い。

透明になるー!? って、おいちょっと待て!

00329
 髪の消え方に、バラつきがありすぎる! ハゲの品評会だこのハゲー!!

あらすじ
 就職しろ、さもなくば乳首の命はない…、両親の怒りに触れた六つ子は飲んだくれ
 酔った勢いで、動画配信者になろうと決意するも
 一夜で「クビ」になってしまう

 翌朝、彼らは「本気」でハローワークに駆け込み、一騒動起こすのだった

 続いてイヤミがウンコを投げつけられたのがきっかけで
 六つ子は内臓を露呈

 互いに、ペンキでラクガキしあうが、期せず本質を鋭く描き抜いてたと発覚する

 次回、第3話「トト子の挑戦ほか」

というわけで、松野家はいつもに戻りました

00000
 前回前期の大成功に溺れ、みっともない事になった「未来」を見てしまった六つ子は
 ちゃんとしようと頑張って、ちゃんとしたアニメにしたけれど
 それもファンに暴動の的に

 グータラもダメ、ちゃんとしてもダメ…、磯野ー! とりあえず就職しようぜー!

ニート達! 分かっているのか? 父さんと母さんは、怒っているのだぞ? んん?』

00001
00004
00007
00008
00010
00011
00012
00013
00016
00017
00018
 え~~~~~と…、あ、童貞だから?

じわ(じわと笑いが来)る
 揃って怒られた六つ子は、「何故怒ってるか当ててみろ」と、両親に睨まれる
 長兄・おそ松は、あさっての方向へ答えた結果
 は

 乳首がなくなったなぁおそ松?/じわるな母さん?

 どないな罰やねん!
 アンタらね、男だって乳首は性感帯なんですよ!?

 授乳とか出来ないし、感じるしか役割がないものを切断するなんて!

お父さん『一松! お前はどうだ? 何か怒らせること、してないか?』

00019
 そもそも童貞だから親が怒る、と思ってる時点で判断が分かれるところ
 実際、性欲の強さを問うてきた事もあるから
 怒っても不思議はない

 この「やめて! こっちに話を振らないで!?」感!

一松『あ…、わかった。ツナ缶だ』

00021
00023
00024
00027
00031
00032
00033
00035

 は、働いてないからです!
 もう20歳を越えた大人なのに、ずっと無職だからです!!

 ごめん! サーセン! サーセンッしたァッ!!


00036
00037
00041
00042
00043
00046
00048
00049
00050
00054
00055
00056
00057
00060
00062
 お、おう! もちろん今日からだ!! …就職! いいだろう受けて立つ! 俺は逃げない!

逃げない俺!
 意外や、真っ先に答えを出したのは十四松だったが、働くのは五年後?とか言って
 乳首限定で惨殺されてしまう
 で

 志は正しい、言い方がハラ立つ。

 カラ松も玉砕!
 あ、一松は「ツナ缶を黙ってやったから怒ってる?」と、明後日ってな返事で玉砕に

 兄弟の乳首は、今日この日、惨殺される為についていた…!

『『うん』』

00064
 なおカラ松の演説に対し、全松一致で「うん、ハラ立つね」だそうな
 カラ松、二期に入ってもこの扱い!
 だがそこがいい。

 そこがいい…、のか?

『トド松? お前は今日から何の仕事に就く?』『トッティ?』

00065
00067
00068
00069
00071
00073
00075
00077
00079
00080
 知るかバァカ…! …僕は、一生しんどい思いはしたくないの! じゃあね!!

我が人生に一片の乳首なし
 就職か乳首か…、人はいつも、人生の岐路で迫られるものですが
 トッティは自乳する事を選んだ
 と

 自らァ!? 何て美しいんだよ!?

 美しいかなぁ!?
 チョロ松兄さん、その反応はどうなのかなあ!?

 遂に松野6兄弟は壊滅…!

じゃあな、チョロ松? 後の事は頼んだぞ』

00083
 次はいよいよ、兄弟最後の就職の砦、チョロ松の出番かと思われたが
 意外や、両親は乳首を放棄して去ってしまう
 いや頼まれましても!

 常日頃から、「就職しよう!」と言ってる彼だけは、許してもらえたのか…?

チョロ松『え? えええええええええ…?』

00084
 後には乳首を失った兄弟の乳首なし死体が転がる中
 許してもらえたチョロ松、頼まれても困る
 正直困る!

 許されても困る風景だった!

就職しないのが、そんなに悪いこと~?

00085
00087
00088
00089
00093
00094
 勝手な親だよね! もう少し、養ってくれてもいいのにーっ!

乳首返せェ!
 いやいや、取れたままなのかよ乳首…、相変らず、クズの鑑な六つ子たち
 働かずに飲む酒は、今夜も最高!
 で

 期待という名の暴力ね~? 大変だよな~、お前~?

 唯一乳首を許されたチョロ松
 悩むチョロ松に、案外、真理な事を言ってのけた気がするクソ松兄さん

 呆れられてるって、ラクでいいってね!

チョロ松『ていうか、お前が悪いんだろ!?

00095
 困るのはそのせいでお鉢が回ってくるチョロ松、本来なら兄が受けるべき!
 両親の重圧なんて、まず長男が受けるべきなのだ
 だってのに!

 おそ松が受け流すたび、後ろで直撃するのが、チョロ松なのだ…。

『いやいや~、俺はそういうのから、ちゃんと逃げ続けてきたから?』

00099
00100
00102
00104
00107
00108
 ダメ人間ってのは誰にでもなれンの。でもクズは、努力が必要だから!

クズ松さん
 曰く、おそ松はそうやって、両親が諦めるよう仕向けてきて、その成果であるのだと
 クズとは、ダメより一つ上のステージだった…?
 で

 いい加減、働くしかないって? このままじゃ家を追い出されちゃうよ?

 とか言うチョロ松
 いやいや、オメーそんなんだから、両親に任されちゃうのだが……

 トッティとカラ松、なんで叩かれた!?

一松『死のう…』

00110
 とりあえず自殺推しする一松、でも何だかんだで、一番死なない気もする…
 だって一松が死んだら、誰もネコにエサをやらなくなるからさ!
 だからさ、きっと死なないよ!
 ネコが居る限り!

 てか、「長男の責任論」で、完全スルーされてる次男カラ松、扱い軽くない!?

トッティ『ん~…、じゃあ何か、配信でもやる?』

00112
00115
00117
00118
00121
 配信かぁ…、良いかもね?/俺達にも、できそうだな!

ニート進化論
 現代っ子の末っ子は、今、小学生の間でも「将来の職業」として人気沸騰の職
 ユーチューバーへの進化を提案
 なお

 いや、死のう!

 とか言ってスルーされる一松
 ていうかさっきから、チビ太の表情にオチしか見えない…!

 チビ太、親代わりみたいな心境であった

『いつでも良いよ~?』『え、もう流れてるの!? 

00125
 というワケで、さっそく始める辺り、トッティは行動力と性欲の獣である
 チョロ松が、何かと理由つけて行動しないのと
 ちょっぴり真逆。

 トド松、バイトだってやってるし、何だかんだで行動力のある松なのだ

おそ松でーす♪ これからカラシおでん食べま~す♪』

00128
00130
00131
00132
00133
00135
00136
00138
00139
00141
00143
00146
00147
00149
00150
00152
00156
 結局、脱ぐよな! お前らって!!

全裸マーン!
 しかし、ただの酔っ払いの戯言に始まり、オチは全裸までがお約束…!
 一松、何で真っ先に脱いでるの!?
 で

 チョロ松も何かやれ!/えぇ!? ケツからおでんを食うだって!?

 後者は一松
 おかげで、チョロ松も脱がされ、ケツから熱く滴るものをねじこまれたらしい

 結局、酔っ払って動画配信はやっちゃダメなんだなぁ…。

『かんぱーい! これで俺達、遂に就職しちゃったなぁ~』

00160
 酔った勢いで、「就職した」と騒いだ一同は、このまま潰れるまで飲んでしまい…
 結局、残ったのは12,300円あまりのツケのみ
 チビ太もいい迷惑だよ!

 そもそも、こいつらがいるとフツーの客だって来ねーし!

『『『『『『『あははははは…』』』』』』

00161
00165
00166
00167
00168
00171
00174
00175
00179
00180
00181
00182
00183
00184
00185
 削除されてる…/…はぁ~、何だよ、もう失業かよ…

今がその時だ
 翌朝、寝相にも性格が出てますが、やっぱり動画は削除されていた
 局部露出ダメ、絶対。
 と

 しょうがない、本気出すか!

 だが人生、失敗だって悪いことばかりじゃあない!
 遂におそ松が本気だす!

 失業した今、おそ松が本気を出す!

『見せてやろうぜ…、俺達の底力を!!

00187
00190
00193
00194
00195
00196
00197
00201
00203
00204
00205
00206
00210
00211
00212
00216
00219
00224
 何で!? 俺達、さっき失業したよ?! 失業したら貰えるのが失業保険だよね!?

動画配信
 後日談というか今回のオチ、本気で「配信者失業」の失業保険を取りに行き玉砕
 その発想は、何ていうかもう帰れ!
 で

 おー、ほ、ほっほっほっほ、すげー…
 
 良い声とかコメント付いてる!
 結局、「面白い事をやろう!」とするより、日常の方が面白かったのである

 つまり、本作自体が六つ子の動画配信だった…?

イヤミ『ぶぶぶぶぶぶぶぶ…』

00225
 イヤミの朝は、歯にヤスリをかける事から始まる…
 以前、六つ子に家を壊されてしまって以来
 すっかり川暮らしに

 川暮らしのイヤミッティである。

ウッヒョー! 今日はパーチーザンス~♪

00226
00228
00229
00230
00233
00236
00238
00239
00241
00242
00245
00246
00247
00249
00250
 へん! これが社会ザンス! 勉強になったザンスねー?

社会ベン強
 今日は朝からパーティーだ…、と盛り上がったイヤミだが、さっそく社会の洗礼に
 いやあ、子供は社会の宝ですね!
 と

 シェ!? シェ!? シェーーーーー!?

 偉そうに言ってこの様だよ!
 子供に泥汚れを、どころか一張羅にウンコ付けられるわと散々なイヤミ!!

 さすがに、ウンコは同情せざるをえない…!

取れないザンスー! 間に合わないザンスー!?

00254
 お分かり頂けるだろうか? 1797年に欧州で発明された文明の利器、洗濯板で洗うイヤミ
 表面がデコボコした板に、洗剤をつけてこすり付ける事で
 汚れを洗い落とす道具である

 現代では、「部分洗い」「独り暮らし」で見直され、百均でも取り扱いが増えてきている。

ホエホエ! 心配は要らないダス!!

00255
00257
00259
00260
00263
00264
00265
 なお金のボールの傍に置いてた…、金玉じゃねーか!

超洗剤
 そこでデカパン博士の大発明! たちどころに汚れを落とす、その名も素敵超洗剤!
 なんと、ブッかけるだけで一発!
 と

 市販のものとは、比べ物にならないダス!

 ならなすぎる!
 当然、扱いはデリケートであり、使い方を誤ると大変な事に……!

 てかSHEEEE、ってどんなブランドだよ!
 
『これも日頃の行いの賜物ザンスね~♪』

00268
 当然「扱いは難しい」の解説を聞き流し、華麗に持ち逃げするイヤミ
 持つべきものは、変な発明家の友達である
 多分

 てかダヨーン、なんで当然のようにメイド服だったのだろうか…。

『おやおや! トド松ザンスか?』『おそ松だよ!

00269
00270
00271
00272
00273
00274
00275
00276
00278
00279
00282
00283
00284
00285
 わざわざ別々の服なのに、やっぱり見分けがつかないのかよ!

正しい昭和な走り方
 もちろん、六つ子に見つかってしまったイヤミは、パーティーだと隠そうとし
 頭隠して尻隠さず!
 と

 ありゃあ~? イヤミく~~~ん?

 ただの散歩なのに忙しい…
 イヤミ君は相変らず、ウソが下手だなあ…、欲望の開放が実にへた…!

 一松兄さん、「CAT」じゃなくて「DAT」なの!?

というワケで、イヤミのパーティーについていったのだが

00287
 全日本出っ歯総会、そういうのもあるのか! 名だたる出っ歯が勢揃い!
 出っ歯が、げっし類みたいだからか
 ゲシ研も参加してるらしい

 世の中、色んな会合があるものです。

『別に働かなくても、こうして食っていけるんだね~』

00288
00289
00290
00291
00292
00293
00294
00296
00297
00299
00301
 おっ…、これは旨そうな酒、発見伝!

飲みたいです!
 六つ子は食い散らかし…、特にチョロ松、一番高いカニを狙って貪るのに性格が出る!
 こいつも、立派にクズだよって感じる!
 で

 ほら! オレのが飲みたいんだろ、このクソ虫共!!

 酒っぽいボトルだから!
 危険な超洗剤を、何と流すように飲んでしまった六つ子たち

 トイレに立ったイヤミ、さすがに迂闊だ!

一松『で、これ何の酒?』

00304
 酔い過ぎてわからん ガハハハハハ…
 酔っ払いは、何でも飲んじまうからね…
 お酒はホント気をつけよう!

 感覚マヒして、酒なら何でも良くなっちゃうから!

『じゃーなー? イヤミー』『『『『『『バイバイーイ!』』』』』』

00306
00307
00308
00309
00314
00315
 人間じゃないザンス…

また乳首か!
 まさかホントに人間じゃなくなるとは…、タッパーに山ほど詰めて帰った六つ子たち
 連れてきたイヤミは顰蹙であった
 と

 シェーーーーーーーー!

 何でいる!
 と思ったら、そういや「ウンコの子」も出っ歯だった…

 あの出っ歯は前振りだったのか!

『旨かったねー!』『生きてて良かった』

00317
 一松でさえ生きてて良かったと感謝するレベル、ただで飲む酒は旨かった…
 いつもいつも、チビ太にたかってるし
 六つ子はクズ!

 特にカラ松の表情に、満ち足りたものを感じます
 
カラ松『酔い過ぎだぞ? 見ろ、身体が透けてるじゃないか!』

00319
00321
00322
00324
00325
00327
00328
00329
00331
00334
 なんでー!? なんで体 透けてきてんのー!?

ハゲ祭り
 透け方に悪意がある! ルパン三世とか、ハゲ散らかしたみたいになってるよ!?
 ってか、驚くの遅ェ!
 で

 うわあああ透明になるーーーーー!

 様々なハゲを描く物語
 チョロ松、頭がサザエさんになってるよ!

 どんどん描くのが大変になって…

あれ…?

00336
 透明になりきらない…!? 肉と骨と皮だけ!!
 内臓や、血管なんかはそのまんまだよ!
 人間じゃなくなった!

 超洗剤は、強力すぎて、“透明化する”薬剤だったと

トド松『どうして!? こういうの普通さあ!?』

00339
00340
00341
00342
00346
  なんで途中で止まるんだよ…、これってただただ、不便なだけ…

めんどくせえ!
 普通は透けて、お風呂を覗きに行って、そこで戻ってバレちゃうパターンじゃないのォ!
 めんどくせえ!
 で

 気持ち悪ぃ!

 誰も得しないパターンだコレ!
 てか「面倒くせえ」って、ただの作画班の本音ですよね?!

 死ぬほど、作画めんどくせえぞコレ!

トド松『! みんな見て! おそ松兄さんの内臓!!

00347
 普段、だらしないおそ松は、内臓までもだらしなかった…。
 やる気がない…、寄生虫が住んでますよ!
 あちこちボロだし!

 兄さん、これ早死にするパターンや!
 
チョロ松『それに比べて、見てよ僕の優秀な内臓を~』

00349
00350
00351
00352
00354
00355
00356
00357
 でも、なんかつまんなくない…?/うん、内臓がつまんないね、チョロ松兄さんは

内臓談義
 逆に面白い内臓はカラ松、前回にしたって、変な動力が胸にくっ付いてたが…
 お前、内臓光らせるの好きだな!
 で

 何で心臓、ミラーボールなんだよ!?

 このカラ松ノリノリである
 チョロ松は、お手本みたいにちゃんとし過ぎて、つまらんのだそうな

 あんな生活なのに、意外に内臓丈夫なのな!

十四松『僕は、こう! 

00362
 わー!? 内臓が笑ってる!?内臓まで十四松!?
 十四松、それは十四松という生き物だから
 内臓もまた十四松

 十四松、それはまだ見ぬフロンティア

トッティ『僕はフツーだよ?』

00363
00364
00366
 ああ確かに…/あ、待って?! コイツ心臓がないよ!?

オズの魔法トッティ
 トド松、大事なハートをどこに落としてきたんだよ!? 心が無いとは言われてたけど!
 物理的に心臓がなかった!?
 と

 あはは、ホントーだー、ウケるー♪

 笑ってやがる…
 モンスターや、トッティはやっぱりモンスターやったでモンスター兄さん!

 心のないきこりも、これくらい前向きだったらなぁ…。

一松『お、オレはいい! や、やめろ…!』

00370
00373
00377
00379
 わー! ナニコレー! 繊細…!

くっ殺せ!
 最後となった一松だが、やっぱり闇のオーラを放つ、硝子のハートであった
 心が詩人だった…!
 で

 あ゛ー! 割れた!? ごめーん!

 おそ松でさえ謝るレベル
 やめて…、やめて…、って呻きかたが完全に乙女だよ!

 やっぱり繊細な子だった…!
 
『俺たち六つ子といっても、人間、人それぞれ何だねえ…』

00384
 一息ついて、まとめにかかるおそ松兄さん
 ただのいい話になってしまった…
 胃に直通!

 お茶が胃に直通してる!

チョロ松『どうすんのコレ! 生活できないよー!?

00386
00387
00389
00390
00391
00392
 フッ、オレはまあ、このままでもかまわんが/お前はな?

その手があった!
 元々、素で独自のセンスに生きてるカラ松辺りは、立派に生きていけそうだが
 このままじゃ、外に出られないよ!
 で 
 
 ねー、みんなー? 描く? 絵の具で

 納得するから六つ子である
 いやいや、全身くまなくボディペインティングなんて怪し過ぎる…!

 ああ良かった、実写ドラマじゃなくて良かった!

十四松『え゛ー!? 僕こんなひどいー!?

00395
 当然、六つ子に絵心があるわけがなく、出来上がったのがコレ!
 お前ら、互いに関心ないにも程があるよね!?
 雑すぎるコレ!

 こんなん、町歩いてたら逃げるわ!

十四松『こんななの!? こんなに? やっばいね!

00397
00399
00402
 いや…、オレ、こんなに酷い!?

こんな!?
 しかし十四松なので、案外あっさり納得したものの、続く一松もひどい
 昔の漫画だ!
 で

 やばいなー…/やばいね…

 こっちも納得する一松
 何だかんだで、適応力がとんでもない

 絵面が悪夢みたいになってきた…

カラ松『トッティ、ちゃんと描くんだ!

00403
 続くカラ松は、心ないトッティに頼んだ為、「これで十分」とか言われる始末
 実際、先の二人よりはホラー感はない…
 町を歩いてたら怖いが!

 やはりトッティ、他人に対する興味がない!

おそ松『トド松、ちゃんと描いてやれよ~? 見ろ、俺が描いたチョロ松を!』

00406
00407
00409
00412
00413
00415
 オラー! チョマラゴラァー!!

自己愛
 以前、「エロ本なんか買わない」と言い、陰で兄弟の買ったエロ本でシコッていたチョロ松
 もはや生涯、いじられる!
 で

 やれやれ…、自己愛がすぎるぞトド松お前が言うか!?

 一松めっちゃ怒った!
 カラ松、トッティは自己愛が過ぎるから仕方ないっつーか…

 トッティ、カラ松を本気で拒否ったよね!?

おそ松『え? …どうしたの、早く描けよ?』

00417
 残ったのはおそ松、誰も描いてくれないから、ずっと待ってたらしい
 が、「オネガイシャース!」と威勢よく頼むも
 誰も筆を取らない…!

 最後に残ったのは伊達じゃなかった!

トド松『どんな顔だったのか…、思い出せないんだよ(真顔)』

00418
00421
00422
00423
00424
00425
00426
00427
00428

 至ってフツーだからなあ…/おい、フツー言うな!
 これといって特徴がない/おい!
 漠然としている…/おい!
 プレーンなんだよね?/プレーンっていう、表現やめて?

 ひっくるめてキャラが薄い!/やめろォ!? 

 強いて言うなら、バカでクズで、エロい感じに描けば良いんでしょ?
 そうそう、ダメ人間ではなくクズね!

 いや、ボケとかいいから、ちゃんと描けよ!?
 

00429
00432
00435
00440
00441
 って、割と俺じゃねえか!?

クズの形/人の形
 結局、五人が思うバカでクズで、エロい概念をそのまま擬人化した結果
 おそ松兄さんになった、とかいうオチ。
 で

 そっくりか! 良かったァ~

 良くねえよ!
 赤塚先生、言われてますよ! あの世で笑ってらっしゃいそうだけど!!

 すげえや、兄さんは概念そのものだったんだね!

松代『うるさいわニート達! 何やってるのー!!』

00442
 しかし、今時DVDを見ていた松代が乱入、兄弟喧嘩は終了に
 Blu-rayだろうが、ネット配信が始まろうが
 お茶の間の主役はDVD!

 これは当面、揺るがないのかもしれませんねえ(ただし、ツタヤの経営は大変らしい)

チョロ松『あの…、気付かない? 僕たち今、何かおかしいところ無いかなあ…?』

00447
00448
00453
00454
00458
00460
00461
00462
00463
00464
00465
00466
00469
00474
00478
00479
00481
 つまり…、普段から皆には、俺達の姿はこう見えて…

言うな!
 だが、笑いごとで済んだのはそこまで、両親もトト子ちゃんもハタ坊もダヨーンも
 誰もが、「いつも通りの六人」と言い放ったのだ
 と

 えーえんえんえーん……

 イヤミが言い当てた!
 むしろ、今の姿の方こそが、以前より明確に本質を表していた…?

 溶け行く六つ子、人間って難しいね…。

2017年10月10日 おそ松さん 第2話「祝・就職!!/超洗剤」

00483
  EDは、今回は「遅松66」が担当。

スタッフ
 脚本:松原秀
 絵コンテ:古田丈司
 演出:小高義規
 作画監督:沼田くみ子
 アニメ制作:studioぴえろ
 原作:赤塚不二夫『おそ松くん』/漫画/スピンオフ
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

予告・一松『来週も放送するって…、割と勤勉だよね? このアニメ』

00194
00195
00196
00197
00201
00203
00204
00224
 放送を落とすのが前提みたいに言っちゃう一松、マジ業界の闇。

クズになるのは努力がいる!
 いかに、親に期待させないかと腐心していたおそ松兄さん、発想がすげえよ!
 気の毒なのは、期待を背負うシコ松兄さんなのか
 スルーされたカラ松なのか!

 なんで皆して、カラ松スルーすんのおかしくない!?

 しかし、無駄に作画に手間がかかってた!
 前回といい無駄に!

 そういう無駄加減あっての、おそ松さんなんですね!(哲学)

 次回、第2話「トト子の挑戦ほか」


 おそ松さん 第1話「復活!おそ松くん 」
 おそ松さん 第2話「就職しよう」「おそ松の憂鬱」
 おそ松さん 第3話「こぼれ話集」
 おそ松さん 第4話「自立しよう」「トト子なのだ」
 おそ松さん第5話「カラ松事変」「エスパーニャンコ」
 おそ松さん第6話「おたんじょうび会ダジョー」「イヤミの大発見」
 おそ松さん第7話「トド松と5人の悪魔」「北へ」
 おそ松さん第8話「なごみのおそ松」「トト子の夢」
 おそ松さん第9話「チビ太とおでん」「恋する十四松」
 おそ松さん第10話「イヤミチビ太のレンタル彼女」
 おそ松さん第11話「クリスマスおそ松さん」
 おそ松さん第12話「年末スペシャルさん」
 おそ松さん第13話「実松さん」「じょし松さん」「事故?」
 おそ松さん第14話「風邪ひいた」「トド松のライン」「チョロ松先生」
 おそ松さん第15話「面接」「じょし松さんⅡ」「チビ太の花のいのち」
 おそ松さん第16話「松野松楠」「一松事変」
 おそ松さん第17話「十四松まつり」
 おそ松さん第18話「逆襲のイヤミ」
 おそ松さん第19話「しどう 聖澤庄之助さん」「時代劇おそ松さん」「じょし松さん」「チョロ松ライジング」
 おそ松さん第20話「教えてハタ坊」「スクール松」「イヤミの学校」
 おそ松さん第21話「麻雀」「神松」
 おそ松さん第22話「希望の星、トド松」「ファイナルシェー」
 おそ松さん第23話「灯油」「ダヨーン族」
 おそ松さん第24話「トト子大あわて」「手紙」
 おそ松さん第25話「おそまつさんでした(最終回)」
 第13話時点での感想リンクまとめ


 おそ松さん 2期 第1話「ふっかつ おそ松さん」
 おそ松さん 2期 第2話「祝・就職!!/超洗剤」
 おそ松さん 2期 第3話「げんし松さん/チョロ松と一松/トト子の挑戦」
 おそ松さん 2期 第4話「げんし松さん2/松造と松代」
 おそ松さん 2期 第5話「夏のおそ松さん」
 おそ松さん 2期 第6話「イヤミがやって来た/ともだちがほしいじょー」
 おそ松さん 2期 第7話「げんし松さん3/三国志さん/おそ松とトド松」
 おそ松さん 2期 第8話「十四松とイルカ」