試し読み 俺の彼女に何かようかい 5巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 高津カリノ これまでの感想はこちら。前巻はこちら
無垢達の罪悪感、“親世代の事情”。黒無垢が可愛すぎ、気を失う篤志君!

00032
00031
00000
00021
次巻最終回? それぞれ恋愛が動き出し、両親の事情を知り、無垢が篤志君の“彼女”に
 親世代が、妖怪と人間、出身が違う恋でケンカ別れに終わった事に
 今、特攻気味に挑んでいく事に

 しのぎ様も羞恥心がなかった理由、ジュノンへの想いが花開いて大惨事だよ!

完全に特殊プレイですよしのぎ様!
 真魚と愁也も、彼はペットという事で落ち着いたし、お泊り会では祖母がぐいぐい来るし!
 本作は妖怪モノですが、“添い遂げる”のは覚悟がいるよ?
 って、テーマが普遍的で身近で面白い
 しのぎ様かわいい!

 氷華様も、妹との仲直りに向け、ブーメラン連射してるし最終回だよコレ!

俺の彼女に何かようかい 5巻 感想

00002
 第64話「子供の力ずく」
 第65話「俺の上をいっていた」
 第66話「むっくちゃん髪型変えた!?」
 第67話「私達ってどういう関係なんですか?」
 第68話「しのぎは 凪が過ぎるところがあっての」
 第69話「ノットハレンチ!!」
 第70話「寿々の思考が方向音痴になっている」
 第71話「父から言えるのは」
 第72話「お泊り会したから死ぬ!」
 第73話「戻れにゃい」
 第74話「先輩の仕事」
 第75話「母の決断」
 第76話「しのぎ目覚める/ジュノン加速する」
 第77話「私達親も人間じゃから」
 第78話「恋する乙女の特効薬」
 第79話「一緒にいると罪悪感がある…」
 第80話「事情はあっても」
 第81話「タイトル回収」
 カバー下おまけ
 WORKING!! 感想
 これまでの感想

※正式な章サブタイはありません

第64話はカラーページだったらしく、見開きが収録

00001
 お月見する見開きページ、改めてしのぎ様のお胸すげえな…。

あらすじ
 妹、氷景の娘だと知らず“六華”と知り合った氷華は、仲直りする約束をしてしまった
 氷華の話に、すっかり「心が凪」になっていた娘へ一計を案じた雲雀ヶ丘母が
 愛娘しのぎの為“敵”となる場面も

 お泊まり会騒動など経て、しのぎはジュノンと添い遂げたい意思を自覚

 一件は、“親を悲しませるのは良くない事だ”と無垢に考え込ませ
 経験者たちが無垢の背を押す

 母たちの事情を全て聞き、その上で、篤志と無垢は恋人同士となるのだった

第65話。すっかり、“ハーフの子供”に懐かれた氷華様

00003
 そう! 沖縄生まれの人間と、北海道生まれのにんげん…? のハーフ!

第64話「子供の力ずく」
 まさか妹の子供と知らず、元気すぎる六華をもてあました氷華様
 思えば、「華」と大好きな姉の名を頂いてたりとまあ
 妹さんがいじらしい

 落ち着かせる為、「私だったら、謝られたら許す」と言ってしまった氷華様

 本来、福住家に持って行くはずだったおみやげを渡したら
 周りまわってそっちに行くし!

 氷華様の人生、万事が塞翁が馬過ぎィ!

第65話。少し前、氷華さんを探し、福住さん達は二人で行動

00004
00005
 篤志君もっと 人気のない所 行こう(無垢様)

第65話「俺の上をいっていた」
 発言も発想もダイナミック! 無垢の母を捜す為、“必要だから”二人で行動してる…
 と、内心、自分を𠮟っていた篤志君でしたが
 さすが彼女は上を行っていた

 更には母は人ごみ嫌いだから)、人気のないところへ誘ったり…

 また、無垢の家政婦が「妖怪・垢嘗」だったと発覚
 掃除好きな為で、不本意だったとの事
 不憫な人!

 結局、氷華様が「とうとう子供以下に」とかボロクソ言われるわ。あーもー…

 そして無垢様、オールウェイズ篤志君好き過ぎる!!

第66話。無垢様、“沖縄の子供”りっかちゃんと…、おままごとしなきゃ!

00006
 私 篤志君の子供欲しい(無垢様)

第66話「むっくちゃん髪型変えた!?」
 現在、北海道の住まいに内覧に訪れている六華、無垢と再会。
 沖縄旅行時は、無垢は「人間」だったワケですから
 ある面、初対面なのね!

 そんな六華とおままごと、“福住君が旦那役”と聞き食いつく事に

 挙句、六華の頼みに乗って「子供を作ろう!」と言って見たり
 みなさんハレンチですわ!

 しかし真魚の口癖と化した「ハレンチ」が、まさか次回に尾を引くとは

第67話。「ハレンチ」がピンとこないから、明文化して欲しいと頼まれる真魚

00007
 まるで付き合っているかのような!(真魚&美園)

第67話「私達ってどういう関係なんですか?」
 貞淑な真魚と、奔放というか、男子と二人暮らしするしのぎの価値観がかみ合わない
 そこで、ハレンチの線引きとは何かについて考えた結果
 真魚が一番ハレンチと判明

 おめでとう! お前がナンバーワンだ!!

 猫形態の美園くんを、あれやらこれやらしてしまったのが原因で
 人に当てはめたら完全に…

 オチ、美園くんはペットだから大丈夫! …大丈夫?

第68話、しのぎ親子とジュノン君と“凪”

00008
 幼い頃、「自分が凪だとジュノンと居られる」と、味を占めてたしのぎ様

第68話「しのぎは 凪が過ぎるところがあっての」
 色々、無頓着なしのぎ様。元々、そういう性格だったのも大きいのですが
 更に社長令嬢時代、いずれ上に立つなら「凪のように」と
 冷静になるよう育てられた

 かつ、ジュノンと引き離そうとした際、凪なら居てくれると味を占めてしまったと

 つまり、ジュノンが性的な意味で悩んでいるのは
 これまたブーメラン的な…

 そこで二人の関係に荒波を起こすべく、“婚約者”を匂わせた

 イヤァ! ダイナミック・オカア=サン! ハハ・ハ・ツヨシ!!

第69話。無垢様、久々に豆腐を買う

00009
 しのぎに「元気が無い」、だから豆腐を買った無垢様ですが…

第69話「ノットハレンチ!!」
 しのぎ=ハラペコ、だからお腹を満たそうとした無垢様たちに対し
 一番、普段のしのぎ様から縁が遠い「花」を贈ったジュノン
 愛しか感じない…

 顔には出ないが、“婚約者を用意する”発言に落ち込んでいたしのぎ

 こうやって、心に荒波を起こすのが母の狙いなんでしょうね
 実にハレンチな良い母です

 なおこの初々しさに、真魚が「ノットハレンチ!」と喜び、いい雰囲気をぶっ壊した模様

 さすがマナティー・ナビーユ・エリンですわ…。

第70話。七、十八、それに六華! 名前繋がり勢揃い!!

00010
 あんな妹がいてたまるか…(南郷先輩)

第70話「寿々の思考が方向音痴になっている」
 着実に勢力圏を増す六華、今度は妖怪コンビ&南郷先輩たちにIN!
 結果、「名前に数字がないのに南郷と一緒に居る」
 寿々は彼の特別なんだなー、と。

 言われた南郷、寿々は妹みたいなものだと説明

 後輩、という概念を理解させる為ですが
 結果色々暴走に

 寿々は女子として見て貰いたがるし、結果、南郷先輩はもう…! もう…!!

 前向き、前は向けない、という単語の使い方が面白い

第71話。篤志に恋をし、変わりゆく無垢。そんな彼女に…

00011
00012
 お泊り会をしましょう!(真魚)

第71話「父から言えるのは」
 物語初期、一帯最強クラスの妖怪だった無垢ですが、最近は溶け続ける毎日
 回復するとはいえ、RPGで言えば「毒」状態みたいなもので
 真魚が心配することに

 大丈夫、すぐ仲直りできるよ…、と言えないのが本作の持ち味!

 何せ、氷華様とかいう悪い実例があるからね!
 悪い実例が!

 傍目にはクールな無垢の父も、この件になると頭を抱えるのが妙にかわいい

 この人も、ホント嫁大好きなのよねー。

第72話。真魚と無垢、それにしのぎでお泊まり会は思わぬ方向に

00013
00014
00015
 オチ、ウチのしのぎ様が、輝かんばかりに可愛くて困る(ジュノン)。

第72話「お泊り会したから死ぬ!」
 お泊まり会! 結果的に、ますます仲良くなる氷華様と雲雀ヶ丘母も笑わせますが
 しのぎ様、婚約者を用意されると聞いても一応飲み込んだものの
 ジュノンの花で心が揺れた
 あと風呂回!

 そこで真魚の婆ちゃん! 大事なのは、我を通す事なんだぜ!!

 作中、屈指に「我」を通してるのは氷華様ですが
 妹達の愛には負けました…。

 最後に勝つのは愛! で「婚約者なんて嫌!!」としのぎ様も成長

 結果、物騒なことを言うけど可愛い、とジュノン丸得エンド!

第73話。愁也が「猫形態」を好むのは、最近になってからだった

00016
 もやっとする!(今回の皆の心の声)。

第73話「戻れにゃい」
 昔は、猫の姿になって、可愛がられるのを毛嫌いしていたという愁也君
 男の子らしい反発ですが、それが急に猫連発したので
 体に負担がかかったらしい

 結果、人間体に戻れず、女子に可愛がられまくることに。

 もやっとする!
 男子は、「彼女が修也を撫で回す」のにもやっとする!!

 真魚は猫園は自分のペットだから、他人に可愛がられると気に食わなくて…

 なお、人間体に戻ったら興味はなくなったという。

 もやっとする!

第74話。“篤志を鍛える”ことに、疑問を抱えた南郷先輩は

00018
00017
 納得できる理由を、400文字でまとめて俺にもってこい(南郷先輩)

第74話「先輩の仕事」
 退魔師として、篤志を鍛える=氷華様にけしかけることに疑問を抱いたパイセン
 しかし、脳を使うのが人類屈指に下手な篤志くんは
 キャパオーバーで悩む事に

 そも強豪妖怪、母と戦わせたくない無垢も悩んでしまった

 要は、「自分の為に皆に迷惑をかける」のが
 無垢様も耐えられなくて…

 そんな彼女への“嫌がらせが俺の仕事”と称し、手を貸す先輩は素敵です

 篤志を鍛える→無垢は困る、なら奴を鍛えてやるぞと。

第75話。ふと、「母が居ないのが寂しい」と言いだした六華の為に

00019
00020
 そしてブーメランを投げてしまった氷華様。今巻、何度目?!

第75話「母の決断」
 何とか、妻・氷景を氷華と仲直りさせ、姉妹仲を直したい六華パパ
 娘がゴネたのに力を得て、北海道で家を借りてしまい
 嫌でも妻を呼び寄せる暴挙!

 もう姉と会う気はない、“姉を傷つけたくない”氷景さん大困惑!

 際し、我知らず呼び寄せる後押しをしちゃった氷華様
 圧倒的ブーメランパワー…!

 また六華ちゃん、お胸鑑定士っぷりを披露、微妙な空気を量産しおったわ!

第76話。しのぎ様が“凪”を抜け、表情豊かになってきた事に

00021
 って、これ完全に特殊なプレイですよしのぎ様!

第76話「しのぎの目覚め」
 遂に目覚めたしのぎ、具体的には羞恥心が芽生えてまともへの第一歩
 対し、日々可愛くなっていくしのぎ様にジュノンは…
 ジュノンはもう…!

 なおしのぎ様、第一歩として、身につけてたスカーフで目隠しに

 ジュノン、スカーフに残った体温と残り香を感じながら
 着替える衣擦れだけが聞こえる…!

 結果、おめでとう! ジュノンの妄想は進化した!! …かわいい!

第77話。ジュノン君、奥様と対決! 婚約者を取りやめて下さいッ!!

00022
 ナイスノットハレンチでした…(無垢様)

第77話「私達親も人間じゃから」
 読者には、奥様の真意も見え隠れしてますが、ジュノン君は対決!
 しかし、「婚約者をとりやめて」と頼んでも
 それでは説得できず

 子は好きに生きたい。それは理屈。でもさ、親だって人間だよ

 親だって、子供と仲違いなんかしたくないし
 何より幸せになって欲しい

 ジュノンは精一杯、若者の主張をぶつけましたが、それだけじゃ解決しない

 もちろんクソ親なら話は別ですが、この親子は好きあってますし。

第78話。“親を悲しませるのは良くない”。ジュノンの件に学んだ無垢は

00023
00024
 悩んだ無垢の為、本当は嫌な、「人間になる薬」を用意したマナティー

第78話「恋する乙女の特効薬」
 篤志が好きだけど、親の事も不幸にしたくない。ますます不安定になっていく無垢
 妖怪として、好意によって溶けてしまい弱体化するだけでなく
 心身ともに不安定

 そんな親友の為、“自分が嫌”を敢えて捨てる、マナティーはいい真魚だ…

 他方、じわっと寄りそう愁也さん
 彼が猫化を多用するのも、傍目にはマナティーへの好意っぽいしね!

 なお篤志くん、展開が早過ぎてついてけなかった模様

第79話。ヒャッハー! 人間だァ!! 貞操レベルでおおはしゃぎ!

00025
 罪悪感がある 私も篤志君と同じ気持ち(黒無垢)

第79話「一緒にいると罪悪感がある…」
 黒無垢、人間化は、無垢の心身に負担をかけると思うと楽しめない篤志くん
 トハイエ! 黒無垢がカワイすぎて理性が!
 語彙力が足りない!

 でも、搾り出した罪悪感の一言は、無垢の心に指針を与えます

 語彙力不足でも、素直な気持ちで動かす篤志君
 さすがの真っ直ぐさ

 何より無垢さん可愛い! 可愛いから絶対正義だからちきしょう!!

第80話。無垢を探し、「六華の母」に行き当たった篤志君は

00026
00027
 事情はあっても(氷華は)クソババアはクソババアよ!(福住花火)

第80話「事情はあっても」
 困惑の末、ようやく「氷点下の彼女」編、親世代の過去を聞かされた子供達
 ここぞと、氷華をクソババア言いまくる花火さん!
 抑えて親友!

 なお無垢、氷景さんが添い遂げた事がすんげえ羨ましかった模様

 まずはそこですよね…!
 親たちは、「自分達の事など気にするな!」と言います

 が、この一件で、無垢がどう思うのか? それが今巻ラストに繋がる事に

第81話。話を聞いた無垢は、性格上、「篤志と別れる」と言いそうでしたが…

00028
00029
 私 篤志君の彼女になる(無垢)

第81話「タイトル回収」
 真魚が友情チョップでスタンバイする中、本作の冒頭“告白”が再び
 前回、親たちは「気にするな」と言いましたが
 旦那さんは違いました

 申し訳ないが、君は好きな人に 苦労してもらう覚悟をして欲しい

 周りを哀しませるのが今までの悩み
 発想転換、経験者が告げたのは「まず好きな人こそ、苦労をするんだよ」と

 そしてその先に、素晴らしいものが待っている!

 篤志の意地、食い気味な無垢が可愛い!

収録

00030
 親世代コンビ。このあとむちゃくちゃ凍治の苦労話があった

 ガンガンコミックス「俺の彼女に何かようかい 5巻」。高津カリノ
 月刊少年ガンガン連載。スクウェアエニックス社発行。
 2018年9月(前巻2017年9月)

収録
 第64話「子供の力ずく」
 第65話「俺の上をいっていた」
 第66話「むっくちゃん髪型変えた!?」
 第67話「私達ってどういう関係なんですか?」
 第68話「しのぎは 凪が過ぎるところがあっての」
 第69話「ノットハレンチ!!」
 第70話「寿々の思考が方向音痴になっている」
 第71話「父から言えるのは」
 第72話「お泊り会したから死ぬ!」
 第73話「戻れにゃい」
 第74話「先輩の仕事」
 第75話「母の決断」
 第76話「しのぎ目覚める/ジュノン加速する」
 第77話「私達親も人間じゃから」
 第78話「恋する乙女の特効薬」
 第79話「一緒にいると罪悪感がある…」
 第80話「事情はあっても」
 第81話「タイトル回収」
 カバー下おまけ
 WORKING!! 感想
 これまでの感想
 トップに戻る
 定番のカバー下オマケ漫画&巻末オマケのコメント有り。
※正式サブタイトルなし

WORKING!! 感想 高津カリノ

 サーバント×サービス 最終巻(4巻)
 WORKING!! 最終巻(13巻)
 WORKING!! Re:オーダー(実質的な最終巻)
 WEB版 WORKING!! 1巻
 WEB版 WORKING!! 2巻
 WEB版 WORKING!! 3巻
 WEB版 WORKING!! 4巻
 WEB版 WORKING!! 5巻“ワグナリア姉妹店”
 WEB版 WORKING!! 6巻“シリーズ完全完結巻”!

WORKING!!! アニメ第三期シリーズ 感想

 1品目「ワグナリア戦線異状なし」
 2品目「愛の嵐!?」
 3品目「史上最大の夜」
 4品目「ハート・ノッカー」
 5品目「スーパーバッグ・イン・ザ・ハート」
 6品目「山田、やまーだ」
 7品目「グッバイ山田(ガール)」
 8品目「ミスティック・シュガー」
 9品目「危険な事情」
 10品目「その女シズカ」
 11品目「愛と追憶のなにか」
 12品目「ワーキング・ガール?」
 13品目「まひるの決闘(続)」
 最終回すぺしゃる第14話「ロード・オブ・ザ・小鳥遊」


 俺の彼女に何かようかい 1巻
 俺の彼女に何かようかい 2巻
 俺の彼女に何かようかい 3巻“氷点下の彼女に何かようかい”
 俺の彼女に何かようかい 4巻“20年目の告白前夜” 黒無垢さんの全力(七割)
 俺の彼女に何かようかい 5巻“タイトル回収”