信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 51話 第51話 感想 レビュー 考察 お市争奪戦 アニメ 画像 内容 ネタバレ。前回はこちら
千鳥の約束、長政公こそ真の良夫よ! お市さまの“他人顔”も尊い…!!

00044
00055
00083
元々は家臣の為に裏切り、己の誇りより、妻・お市の命が助かる事に安堵した長政公
 信長様は必ず勝つ、千鳥の信頼が言わせた約束に
 笑い飛ばした長政は男だ!

 対し、孤独に裏切りを思い返す信長公、後の第六天魔王である…!

浅井家、滅亡前夜
 長政様を筆頭に、どいつもこいつも愛すべきバカばっかで、あまりに虚しすぎる…!
 裏切られた、と震えていた信長様は「アレ」をやるのか?
 次回、最終回!
 
 敢えて、「他人」として千鳥に接したお市さま、すごく風呂回だった…!

2017年9月23日 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第51話「お市争奪戦」

00004
 次回、感動の最終回! 姉川は死屍累々の決戦、その前夜「俺達の戦いは略」エンドか?

あらすじ
 しつこいようだが元亀元年1570年、信長は、外交官・不破光治に交渉を命じていた

スタッフ
 演出:向井雅浩
 絵コンテ:大地丙太郎/監督 全話担当
 作画監督:松本澄子
 アニメ制作:トムス・エンタテインメント/V1Studio
 制作協力:なし

おかしい…、市はまだ戻らんのか!

00005
00006
00010
 織田と浅井の同盟は消滅した、ならば市は離縁し、織田に戻ってくると思ったが…!

我思う 妹帰らず
 と、先に裏切った信長様が考えておりましたの図。
 兄上、それはちょっと楽天的過ぎるというか…
 ぶっちゃけどうかと

 既に結ばれ、子供も2人、その縁よりも自分を大事にしてくれる…、と思っていた信長様

 ノッブ、それはちょっとどうかと思うやで…。

千鳥『どうしたんだろう~…

00011
00013
 殿! お市さま出戻り歓迎会の日取りは如何致しましょう

延期せい…!
 ただ、千鳥も気持ちは同じだったようで、こっちも信長様が好きすぎてしまう模様
 ただ一人、助ちゃんだけは察してるようで…
 と

 何か企画してたー!?

 ツッコミ忙しいな常識人!
 ノッブナガ様、生まれてこのかた暮らしてきた実家の方が、きっと好きに違いない…!

 と、考えてらっしゃったんですね…。甘すぎる…!

不破! 浅井家に出向き、市を返すように交渉してこい!

00015
 というワケで、今回の武将「不破光治」の出番、彼は織田家の外交官であった
 ちなみに、例の“美濃三人衆”と同じ
 元・斎藤家家臣。

 彼を加え、美濃四人衆とも呼ばれ、彼らと違い最後まで斎藤家に仕えた

信長様『千鳥、お前もついていけッ!!』

00016
00017
00019
00020
 前、来たときと、全然雰囲気違うねー…?

怒りの筋肉一族
 というワケで、最小にして最強の護衛をつけられ、不破は浅井に交渉へ
 しかし、浅井はご覧の有り様だよ!
 怒りのマッスルだよ!

 長政さまも、ますます筋肉すごくなってるよ?

 千鳥ちゃんも、そんなとこ見てる場合か!

浅井『そ、そうか?

00021
00022
 殿、敵国の使者ですぞ!/筋肉褒められて、喜ばない!!
 家臣団に、盛大にツッコまれる長政
 愛されすぎィ!

 元々、彼は家臣団に担ぎ出され、簒奪に近い形で当主になってますしねえ

不破『同盟が解消された今、お市さまがここに留まる理由はないかと

00023
00024
00025
00026
00027
 断る! …市はもう、信長殿の妹ではないッ!! 儂の最愛の…!

浅井の日輪!
 不破の申し出は、外交官らしく簡潔明瞭で、対する筋肉の返答は愛だった
 家臣一同、愛しかなかった!
 と

 浅井家の希望の光!/女神女神女神ィ!!

 どんだけ愛されてんだ市様!
 さすが戦国一の美姫、「溪心院文」によれば、37歳時点で22歳程度にしか見えなかったという

 心も体も、美しゅうございます師匠…!

不破『離縁しない、と申されるか…。当のお市さまは何と?』

00028
 深く動揺する不破、彼にしても、この返答は予想外であり
 政略結婚が、「人質」であるという事が
 改めて感じられますね

 人質とは、「実家」と結びついた人間だからこそ意味がある!

『ご使者殿、私を連れ戻しに来たのですね!』

00030
00031
00033
00034
00035
00036
00037
00038
 いえ…、あなたのトリコに…/ミイラ取りがミイラにー!?

けじめ
 しかし、コメデイもここまで、信長様も織田家の皆も、帰りを待っているという千鳥
 仲良しだった、千鳥らしい言葉でしょう
 が

 ありがとうございます千鳥ちゃ…、いえ、ご使者殿

 だから明確に「分ける」。
 美姫であると共に、聡明であったと逸話の残る、市さまらしい「けじめ」でした

 やっぱすげえよイチは…。 

お市『織田信長にお伝え下さい、私は浅井長政の妻として生きます、と』

00040
 はっきり外向けの笑顔で、全てに壁を作ってくれた市に千鳥も感じる
 これは、彼女なりの別れなのだ
 と

 何一つ曖昧にしない、だからこそ決意が解る。

千鳥『それは…、お市さまの意思なんですね?』

00041
00043
00044
 あの頃には戻れないんですね…、一緒にお風呂で背中の流しっこをしたあの頃には!

Re:CREATORS
 だからって、千鳥が勢い余った告白をするも、まるで動じない市様すげえ!
 意思を貫いている!
 で

 こら、想像するな!

 家臣団ダメダメすぎる!
 ていうか、お二人さまそんな事までしてたの!?

 2歳くらいお市さまが年上なのよね!

『解ったであろう、ご使者殿、これがお市さまを含めた浅井家の総意だ!』

00047
 しかし、当初は反織田派筆頭で、「織田の人質」に渋い顔だった直経
 形は違えど、お市さまの味方筆頭である事に
 時の流れを感じますね

 人の本気を、ちゃんと汲み取る良い男じゃあないか…

千鳥『…浅井長政さま、一つだけ約束して下さいませんか?』

00048
00049
00050
00052
00053
00054
 浅井家最後のときには、お市さまを織田家にお返し下さい!

どよよよ!
 千鳥の爆弾発言とは、見た目に反し、生死に関しリアリストな千鳥らしい一言
 彼女は、織田が負けるとは思っていないのだ
 と

 何だとー!?/浅井家が滅ぶとは無礼千万!

 家臣団激昂!
 いやもう、これバカにされてるにも程があるからね!!

 思っても言っちゃダメな奴だ!

ハッハッハ! よかろう!!

00055
 対し豪放磊落に笑い飛ばす姿にこそ、男の在り方があった!
 よかろう、滅亡が決まったら返してやる
 と

 お市さまの運命を変えたのは、千鳥だった…!?(定期)

千鳥『ありがとうございます!』

00056
00057
00059
 お市さま出戻り歓迎会は、その時にします!!

ご当主様
 なお千鳥、これまた凄まじい一言を飛ばし、不破様を含めてどんよりさせるの図
 てか、長政様も自覚あるのね!
 と

 織田家もウチに負けじと変だな…!

 まあ家臣団がファンクラブ作ったり、裸を想像したりする浅井だからね!

市『殿! 何故あんな約束を?!

00061
00062
00064
00065
00068
00069
 私は浅井家と運命を共にする覚悟と言ったはず!

ハッハッハ!
 無論、覚悟をくじかれた市は怒るも、長政も「負けなければ良いだけだ!」と笑い飛ばします
 何より彼が思う事は一つ
 と

 これで、どんな結果になろうとも市の命は守れる…!

 あの使者には礼を言わんとな…、と。
 当主として、思っても言えなかった助命嘆願を、千鳥が言ってくれたのですから

 何より守るべきは何か、解ってる男だ…!

ありがとー!

00071
 なお全力で叫んだ結果、戦国の名・山城は山崩れ…!
 小谷城落城は、このお礼が原因だった…!?
 まさかね!

信長様『そうか…、市がそのような事を…。わかった、下がれ』

00073
00074
00075
00077
00079
00081
 二度目だな…、“弟”に裏切られたのは。

13年前
 何より信長にショックだったのは、「弟の裏切り」に、13年前の事件を重ねた事
 信長に2度も謀反を企て、殺害した弟を。
 と

 信行…、義理ではあるが長政、市、お前までも…!

 いや今回、先に裏切ったのは信長様じゃ…
 とか思っちゃいけない!

 信長は「身内に甘かった」とされ、それだけに裏切りのショックは大きかった…。

『何故だ…、何故みな、儂を裏切るのだ!

00083
00084
 のぶ散歩か…/ブラキチョウよ♪とか言ってる場合か!!

第六天魔王
 今後、信長は浅井との戦の後、「遺体」にとある事を行った、として有名ですが
 当時の風習から、むしろ礼儀を尽くした
 という見方もあります

 しかし本作では、彼が怒りと錯乱のあまり行う、という前振りか?

 それは、織田家に不和をもたらすのかもしれません
 不破光治回だけに。
 
 次回、第52話「そして姉川へ」

余談、信長の外交官・不破光治とは?

00433
00015
00000
 オープニングの人もこれで全回収! 次回、最悪の苦境の幕開けで最終回…?

不破光治
 元禄時代の軍記物「浅井三代記」にて、お市が、浅井に“嫁ぐ”縁談をまとめた男
 今回知ったことですが、あの三人衆プラスワンだったんですね
 プラスワァン!

 五年後は、佐々成政&前田利家と、府中三人衆とも呼ばれることに。

 ユニット多いな!
 大体、この10年位後に死去したとされる

 信長の死、1582年まで後12年…!

信長の忍び 感想 2016年 10月開始 公式ツイッター




























 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」
 信長の忍び 第14話「出世は大変でござ~る」
 信長の忍び 第15話「みんなで築こう墨俣城」
 信長の忍び 第16話「一夜で築いた事にしといて‼」
 信長の忍び 第17話「引きこもり終了のお知らせ」
 信長の忍び 第18話「京が俺を呼んでるぜ」
 信長の忍び 第19話「半兵衛ゲットだぜ‼」
 信長の忍び 第20話「妹よ」
 信長の忍び 第20話「いつか将軍になりた~い!!」
 信長の忍び 第22話「ツッコミ師 参入」
 信長の忍び 第23話「信長!! 後ろ!! 後ろ!!」
 信長の忍び 第24話「影の伝説」
 信長の忍び 第25話「城とったどー!!」
 信長の忍び 第26話「おいでやす京へ」

 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第27話「デンジャラスじじい登場」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第28話「松永台風上陸」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第29話「政権交代なのだー!!」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第30話「鬼の居ぬ間の六条合戦」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第31話「反撃は歌と共に」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第32話「西の国から1569」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第33話「とある忍び嫌いと超剣豪」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第34話「鬼と化け物」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第35話「水面下の死闘」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第36話「また闘る日まで」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第37話「百年の歴史」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第38話「何かが始まる予感」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第39話「危うい快進撃」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第40話「激震!! 浅井家」 ※第4期OP「花の影」へ
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第41話「いざ!! 退陣!!」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第42話「熱闘 金ヶ崎!!」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第43話「真柄無双」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第44話「朽木の谷のモトツナ」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第45話「家に帰るまでが殿です」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第46話「さよなら金ヶ崎」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第47話「生還なう」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第48話「殿といつまでも」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第49話「とある忍びの火縄銃」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第50話「翼をください」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第51話「お市争奪戦」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第52話「そして姉川へ」